マリンバ・ビブラフォン奏者 山田あずさ

1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 最初次のページへ >>
2018年07月20日(金)

nouon 新アルバム制作のお知らせ

テーマ:音楽
nouon(ノウオン)セカンドアルバム制作に向けて準備中。
今作のアートワークは安部田蔵馬さん。
nouonの新しいサウンドと蔵馬さんのフレッシュな感性とが一緒に制作できるのは本当に楽しみ🖌✨

およそ3年ぶりとなるスタジオレコーディング作品。
「新しいnouonサウンド」をサウンド / ビジュアル面とともに表現します。


蔵馬さんは、現在個展中なのでこちらも是非ご覧になってください。
KURAMA Drawing Exhibition – Surface of thought

https://www.thesharehotels.com/lyuro/event/



nouonオフィシャルサイト
2018年07月10日(火)

nouon Live at 公園通りクラシックス

テーマ:音楽
nouon(ノウオン)の公園通りクラシックス

先日行われたnouon(ノウオン)の公園通りクラシックスライヴの様子が動画公開されました。
スタジオレコーディングの直前ライヴということでメンバーもリラックスして色々と作り込みしながら音を出している感じです。
スタジオ版アルバムの制作はなんと3年ぶり!!
このメンバーで制作に入れることが本当に楽しみです!!!


give the pigs their slop
新曲、🐖に餌あげて。冒頭ブタの声からスタート!!


Amor Brasileiro / VINICIUS CANTUARIA
ヴィニシウス・カントゥアリアのカヴァー曲 アモーレブラジレイロ



こちらでLive Movie制作をして頂いてます、オススメ動画満載!!
[ Organic Music Society YouTubeチャンネル ]

[ nouon(ノウオン)YouTubeチャンネル ]

マリンバ・ビブラフォン奏者 山田あずさオフィシャルサイト
2018年07月06日(金)

高木正勝コンサート ”大山咲み”上映会&トークセッションのご案内

テーマ:音楽
大山咲み

高木正勝コンサート ”大山咲み”上映会&トークセッション
2018年7月23日(月)渋谷WWW
上映:19:30〜 / トークセッション:21:15頃〜(予定)
大山咲みLive映像:上映用特別編集版
トークセッション:高木正勝×大石始

高木正勝が2016年京都オカザキループスで披露したオンステージ20名超による伝説的コンサート『大山咲み』。観客の心を揺さぶったそのライブの映像を大画面とライブハウス音響で上映するイベントを開催。上映後には高木正勝と、日本の祭りや民俗芸能を探求する大石始とのトークセッションを行ないます。

桜桜桜桜桜桜

めぐみ
作詞:高木正勝、さとうみかを 作曲:高木正勝




高木正勝 コンサート「大山咲み(おおやまえみ)」
京都ロームシアター・メインホール
2016年9月3日
OKAZAKI LOOPS | 京都岡崎音楽祭

演奏曲:
いのり
ウタリ・オプンパレワ
あまみず
めぐみ

風花
Nijiko
レラ・スエ
サーエ
サルキウシナイ〜かぜこぎ
くさかんむり祝言
おおはる
うるて

充たされた子ども
夏空の少年たち
きときと – 四本足の踊り
I am Water
やわらかいまなざし
紡ぎ風

東野健一「狼の魂」
土取利行 パーカッションソロ

うたがき
ウララ・スウェ
フッタレ・チュイ
山咲き唄
かみしゃま
おやま

〜アンコール
Rama
東野健一「かたつむり」
Wave of Light
めぐみ

出演:
高木 正勝 (ピアノ・うた)
床 絵美 (ウポポ・うた)
郷右近 富貴子 (ウポポ・うた)
熊澤 洋子 (ヴァイオリン)
きしもと タロー (笛・ブスーキ)
法橋 泰子 (ヴィオラ)
菊池 幹代 (ヴィオラ)
佐藤 直子 (パーカッション)
山田 あずさ (マリンバ・ ヴィブラフォン)
前田 剛史 (太鼓・ 鳴り物)
沢田 穣治 (コントラバス)
伊豆 牧子 (踊り)
富木 えり花 (踊り)
相良 育弥 +くさかんむり茅葺職人(祝言、舞台美術)
東野 健一 (紙芝居)
土取 利行 (パーカッション)

スタッフ:
絵、写真:さとう みかを
舞台監督:福田 孝明
照明:高田 政義(流)
映像:吉田 佳弘(エディスグローヴ)
音響:葛西 敏彦、中原 楽(ルフトツーク)
楽器:福本 興司
運搬:只野 松男(417)
ピアノ調律:伊藤 公一
協力:松田 菜瑠美(鼓童)、笹山 かおり
制作:堀内 求(ノーヴァスアクシス)、伊豆 牧子、佐藤 文
主催:OKAZAKI LOOPS 実行委員会

記録映像スタッフ:
録音:葛西 敏彦、稲垣杏理
整音:原 雅人
撮影:naoeikka
編集:高木 正勝
2018年06月30日(土)

nouon Live at PIT INN - Wednesday, June 7, 2018

テーマ:音楽
nouon Live at PIT INN - Wednesday, June 7, 2018

先日行われたnouon(ノウオン)のピットインライヴの様子が動画公開されました。
nouonは、2015年より活動をはじめ、2017年にコントラバスクラリネット奏者ヒュー・ロイドが脱退、今春よりギターリストの加藤一平さんが参加!!
現在のメンバーは、山田あずさ(Vibraphone) Kevin McHugh(Keyboard) 山本淳平(Drums) 加藤一平(Guitar) となっており、よりアグレッシブな構成にシフトしています。

Linda Hamilton / GRAMMIES
グラミーズのカヴァー曲 リンダ・ハミルトンは美しく凶暴!!



Above Average
ファーストアルバムに収録された「Average」のリアレンジ版



[ nouon(ノウオン)YouTubeチャンネル ]

マリンバ・ビブラフォン奏者 山田あずさオフィシャルサイト
2018年03月14日(水)

東京湾ホエールズ企画「nouon with 加藤一平」

テーマ:音楽
nouon with 加藤一平@八丁堀 Sound & Bar HOWL
ご来場ありがとうございました🦉。

次回、5/27(日) 荻窪VELVETSUNとなります。
そして昨年のnouonラスト公演のライブレコーディングアルバムの方も
小休止しておりましたが、進めていく予定です。
よろしくお願いいたします。

nouon with 加藤一平



マリンバ・ビブラフォン奏者 山田あずさオフィシャルサイト
2017年12月06日(水)

キセル『The Blue Hour』本日発売

テーマ:音楽
キセル


キセル "The Blue Hour"
¥3,024
DDCK-1054 2017年12月6日リリース
レーベル:カクバリズム
http://kakubarhythm.com/special/thebluehour/

[収録曲]
1.富士と夕闇 / 2.君を待つあいだに 3.山をくだる 4.わかってたでしょう?
5.二度も死ねない 6.うしろから来る 7.モノローグ 8.来てけつかるべき新世界
9.明日、船は出る10.一回お休み 11.きざす12.ひとつだけ変えた


キセル

素敵な楽曲とサウンドに、ビブラフォンとシロフォンにて参加させて頂きました。
浮遊感とビシッと刺さる歌詞、そして超ナイスなリズムとメロウなフルート、サックス。

ドラムには北山ゆうこさん、サックス・フルートで加藤雄一郎さんが演奏されています。
鍵盤では、エマーソン北村さんと野村卓史さんという最高なミュージシャンが参加です。

初めてキセルさんの音源を送って頂いた時に、エマさんから過去に教えて頂いた
レッド・ノーボのビブラフォンが合うと思って参考にしてました。
翌日、スタジオに行ったら鍵盤がエマさんだったので、最高だ!!って叫びました。(心の中で)
そんな素敵なサウンドが集まったアルバムですので是非聴いてください。



2017年12月02日(土)

The Quiet Soundgraphy

テーマ:音楽
衣斐誠氏の「FUTURE WAS NOW - with JAZZ -」の

東池袋にある素敵なカフェ KAKULULUさんにて、
WUJA BIN BINやnouonでもお世話になっている写真家
衣斐誠氏の「FUTURE WAS NOW - with JAZZ -」の展示が開催されています。
期間中にギターリスト市野元彦さんとのDuo Live「The Quiet Soundgraphy」も開催です。
合わせてお楽しみください。

12/3 (日)
The Quiet Soundgraphy
出演:山田あずさ(ヴィブラフォン) 市野元彦(ギター)

山田あずさ(ヴィブラフォン) 市野元彦(ギター) 山田あずさ(ヴィブラフォン) 市野元彦(ギター)

ビブラフォン



マリンバ・ビブラフォン奏者 山田あずさオフィシャルサイト
2017年11月05日(日)

Cafe Beulmansさん

テーマ:音楽
Cafe beulmans

久しぶりのカフェ・ブールマンさん。夏ぶりでした。
その間も色々ありましたが、時間が速すぎて印象的なディテール以外記憶が薄い...。
楽曲が色々できましたので、昨日は新しい曲も弾いて頂いたりと
変わらず実り多い時間を頂いてきました。


前回に続き初共演シリーズ。ベーシスト須川崇志さんとご一緒させて頂きました。
素晴らしい音色と、タイトなリズム、フレーズの豊かさ。
アコースティックならではの非常に贅沢なサウンドを頂きました。

学ぶことが多すぎて役得感すら感じるひとときでした。
ビブラフォンに落とし込めることが沢山あり、とても有難い。


次回はマリンバ、チェロの組合せで再共演できればと思います。
兎にも角にも、初共演の集中力や演奏中のコミュニケーションは一度きりなので。
この情報量の多さは毎回凄まじいものがあります。
企画してくださったブールマンオーナーの吉岡さんに深く感謝です。

Cafe beulmans


成城学園 Cafe Beulmans
http://cafebeulmans.com


2017年08月22日(火)

nouon ノウオンLive Recording

テーマ:音楽
nouon

nouon ノウオン現編成では最後になります。
2017.8.23(水)新宿 PIT INN
山田あずさ(Vibraphone) Kevin McHugh(Fender Rhodes)
Huw Lloyd(Contrabass Clarinet) 山本淳平(Drums)
recording by Seigen Ono
photo by Makoto Ebi

レコーディング後、
Saidera Mastering & Live Recordingよりハイレゾ音源としてのリリース。
また、ドネーションにご協力いただいた皆さまへのディスクでの送付。
一般ディスク販売に関しては、現在レーベル含めて検討中です。

また、決まりましたらアナウンスをさせて頂きます。

nouon.net







マリンバ・ビブラフォン奏者 山田あずさオフィシャルサイト
2017年08月13日(日)

山田あずさ×パール・アレキサンダー シリーズ3作目

テーマ:音楽:リリース
山田あずさ×パール・アレキサンダー at 茶会記 2017

この度、2017年8月11日に喫茶茶会記にてライヴ録音された音源
山田あずさ×パール・アレキサンダー at 茶会記 "皐月 2017"が配信開始となりました。


マリンバの木質ならではの響きとコントラバスの低弦の世界。
わずかな擦れ、楽器が持つ張力からなる弾かれた音たち、
サウンドの細やかな表情を活き活きと写し出した、シリーズ3作目。


Saidera Mastering & Live Recordingよりハイレゾ音源としてリリースされました。
2015年版より続き、同会場にて録音されたDuoシリーズです。
世界的アーティストの作品を数多く手がけるオノ・セイゲン氏の手によって、DSD レコーディングによりマリンバの微細な振動からコントラバスのわずかな摩擦音までを色鮮やかに収録した作品群です。

視聴可能ですので、是非配信サイトへお立ち寄りください。
Azusa Yamada and Pearl Alexander at Sakaiki 皐月 2017
Marimba & Contrabass improvisation
Saidera Mastering & Live Recording (SDSD-1046)
リリース日:2017/08/11
(P) 2017 SDM&LiveRec / Azusa Yamada and Pearl Alexander
http://www.e-onkyo.com/music/album/sdsd1046/

Azusa Yamada and Pearl Alexander at Sakaiki 2016
Marimba & Contrabass improvisation
Saidera Mastering & Live Recording (SDSD-1038)
リリース日:2016/10/07
(P) 2016 SDM&LiveRec / Azusa Yamada and Pearl Alexander
http://www.e-onkyo.com/music/album/sdsd1038/

Azusa Yamada and Pearl Alexander at Sakaiki 2015
Marimba & Contrabass improvisation
Saidera Mastering & Live Recording (SDSD-1036)
リリース日:2016/07/13
(P) 2016 SDM&LiveRec / Azusa Yamada and Pearl Alexander
http://www.e-onkyo.com/music/album/sdsd1036/



マリンバ・ビブラフォン奏者 山田あずさオフィシャルサイト
1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 最初次のページへ >>

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス