笑顔のあふれる 個育てコーチングin仙台

笑顔のあふれる 個育てコーチングin仙台

1人1人の個性を引き出すコーチング「個育てコーチング」

子供たちの可能性を引き出すコーチングピアノレッスン♪

ママと子供たちのあふれる笑顔を引き出す子育てコーチング

生きづらさの解放~発達支援~

仙台でピアノ講師として27年間。
延べ約500名の子供たちと向き合ってきた経験から、子供たちの可能性を信じて引き出す“コーチング”をお伝えしています音譜




子育ては、個育て。


1人1人の個性を大切に育むこと。




そして、子供を育てる大人もまた、自分自身を大切に自分の個性を育てる、個育てを。




両親が、我が子の可能性を心から信じること


先生が、生徒の可能性を心から信じること


そして、自分自身が自分の可能性を心から信じること




そこから、笑顔の輪が広がると信じています。


あなたの笑顔は、周りに幸せを運びます。




個々の可能性と笑顔を育てる個育てコーチングブログです。





ピアノ教室Smile-music・space♪主宰
一般社団法人個育てコーチング協会.代表理事
西城 あやです。

 (認定個育てコーチインタビュー動画UPしました)


 



個育てコーチング協会.
11月(子どもの発達のしくみを知ろう)
12月(プレ講座)のお知らせはこちらです





 
・・・・・・・・・・・
 
 私は、小学校が大好きな子どもでした。

毎日、通学まで30分以上かかる
遠い道のりの通学路でしたが


その行き帰りの道さえも
私にとっては、毎日が楽しい遊び時間。

今思えば
私の土台を創ってくれたのは
あの小学校時代だったのです。


今日は、そんな大好きだった母校で
長年、念願だった
個育てコーチングをお伝えさせて頂きました。



卒業して以来何十年ぶりの母校でしょう!


小学校が大好きすぎて
卒業するのがすごく寂しくて
卒業式の日には、この校門の前で
大泣きしながら写真を撮った記憶があります(笑)


友だちとの遊びも
先生方との時間も

合唱団に入っての毎日の練習も

児童会での活動も

みんなみんな、本当に楽しい思い出。


今日
卒業式以来、入った体育館。


これ!
私たち、第10回卒業生の
卒業制作です!
覚えてるー!

1人ずつ、一文字一文字
作りました。


わーー!感動しちゃう!



廊下も、教室も
校長室も


そして、給食のにおいさえも


懐かしすぎて
涙があふれるほど。

本当に楽しかったなぁ。

子どもの頃の私にとって
小学校は、世界のすべてだった気がします。


そこでの
友だちや、先生方が
私の土台。



校歌は、今でも歌える(笑)



子どもの頃の記憶は
良いことも、そうではないことも
強烈に、その後の人生に大きく残るもの。


だからこそ

子どもたちの記憶にも
「安心していられる自分の場所」を
刻めるように


その環境を、創り続けることのできる
大人の1人でありたい。


校長先生と、お話をさせて頂いた際

「時代がどんどん変化する今です。
だからこそ、私たち教員も
柔軟に、変わっていく必要があるんです。」と
おっしゃっていました。


心から、感動し感謝さえ溢れました。


生徒と、先生
父兄と、先生

この関係性は
お互いの主張をぶつけ合ったり
いがみ合ったりするものではなく


共に、子どもたちの可能性を
伸ばしていくための
チームメイトであるべきもの。


そして、私は

少しでも、そのサポートを引き受けたい。


個育てコーチングが
1人1人の発達のペースの違いを理解し
認めて


1人1人の可能性を信じて
見守り、伸ばしていくための
手助けになれたら


ものすごく幸せです。


今日の講演を、準備してくださった
みなさま。

そして、足を運んでくださったみなさま。


本当にありがとうございました!


大好きな母校での夢が叶って
本当に幸せです。



役員のJちゃん♡
本当にありがとうございました(*^^*)












黄色い花個育てコーチング協会.黄色い花

講座のお知らせや、イベントのお知らせなども

チェックできます。

ご登録はこちらからぜひ!

下矢印下矢印下矢印

友だち追加

 

ピアノ教室Smile-music・space♪主宰
一般社団法人個育てコーチング協会.代表理事
西城 あやです。

 (認定個育てコーチインタビュー動画UPしました)


 



個育てコーチング協会.
あと3日後です!
→11月(子どもの発達のしくみを知ろう)
12月(プレ講座)のお知らせはこちらです





 
・・・・・・・・・・・
 
 今日は、朝から強風の日曜日。
ベランダに干してきた洗濯物が
飛ばされているんじゃないかしら…?
と心配になりながら(笑)

25期のみなさんと
個育てコーチングの1日でした。




25期のみなさんは
ランチタイムも一緒に過ごしながらの
講座になりますので

リラックスしながらの講座です。







1人1人の毎日の
お子さんとの時間の中に


たくさんの気づきや、感動があることに
毎回、私もたくさんの感動をもらっています。








今日は「質問」と「タイプ分け」を。





ワークをしながら

お子さんの立場も感じてもらいます。



タイプ分けでは
予想通り(笑)
25期のみなさんの多くが
共通のタイプ。
(ちなみに私も(笑))



にぎやかに
笑いがあちこちで起こり

テンポが速い。

25期は、いつも元気いっぱいです。





早くも、残り一回となった25期。

さみしさも、こみ上げますが
みなさんと、最終回に向けて
元気に駆け抜けたいと思います(*^^*)






黄色い花個育てコーチング協会.黄色い花

講座のお知らせや、イベントのお知らせなども

チェックできます。

ご登録はこちらからぜひ!

下矢印下矢印下矢印

友だち追加

 

ピアノ教室Smile-music・space♪主宰
一般社団法人個育てコーチング協会.代表理事
西城 あやです。

 (認定個育てコーチインタビュー動画UPしました)


 



個育てコーチング協会.
11月(子どもの発達のしくみを知ろう)
12月(プレ講座)のお知らせはこちらです





 
・・・・・・・・・・・
 
ピアスの練習の中で

ドミソなどの、和音(3つの音をまとめて弾く)を押さえる練習があります。


まだ、手が小さくて
指が届かない幼稚園児くらいの生徒さんに


「もっと、まぁるい手の形で!」などと言っても
なかなか出来ないことが多いです。



(この生徒さんは、5歳)

お指の形の真似はできるけど
ドミソの音をひとつずつ拾って弾くのは
簡単ではありません。



また

鉛筆を上手に持てない

お箸が上手に使えない

など、手の不器用さがあるお子さんも少なく
ありません。


本人も、一生懸命ちゃんとやろう…としているけど


手の発達が、まだ追いついていないのです。


そんな子に

「ちゃんと!」
「しっかり!」
と矯正的しようとしても

お互いに、辛いものがあります。


 私は、そんなとき
お手玉キャッチの遊びを一緒にやってみます。





掴んだお手玉を、離し
落ちる前にキャッチ!




発達にとって必要な遊びをしている時
子どもたちは、無意識ですが
とても楽しく、夢中でやり続けます。


はじめは、2回しか掴めなかったYちゃんですが

「5回キャッチできるまで、やってみよう〜!」と
目標を決めて


ほんの数分で、クリア!!


「やったー!」と2人で達成を喜び


その後、もう一度ピアノへ。





さっきは、弾けなかった
ドミソの和音が、弾けてる!!


指の1本ずつの独立が
手を使う遊びで、自然に促されるのです。



手先に、不器用さを感じる
お子さんへは


ちゃんと!
しっかり!
の声がけよりも



手を使った遊び

ブロック
粘土
ぶら下がり
お手玉
手遊び
あやとり
おはじき


などなど…

本人がやりたい!と楽しくとり組めるものを
一緒に楽しみながらやり切ってみることで

自然に器用さへと繋がるかもしれません(*^^*)
(強制して遊ばせなくていいですからね(笑))






黄色い花個育てコーチング協会.黄色い花

講座のお知らせや、イベントのお知らせなども

チェックできます。

ご登録はこちらからぜひ!

下矢印下矢印下矢印

友だち追加

 

ピアノ教室Smile-music・space♪主宰
一般社団法人個育てコーチング協会.代表理事
西城 あやです。

 (認定個育てコーチインタビュー動画UPしました)


 



個育てコーチング協会.
11月(子どもの発達のしくみを知ろう)
12月(プレ講座)のお知らせはこちらです





 
・・・・・・・・・・・
 
 今日は、メンテナンスデー。

朝にネイルチェンジに行ってから
お昼からは、歯医者さんへ。


実は、私の日々のがんばりのひとつでもある
「歯磨き習慣」


私の、健康の先生は
長年お願いしている、美容師さんなのですが。
美容師さんいわく

「健康な髪は、健康な身体から」

ということで
食事のことや
シャンプーのこと
運動のこと
そして、歯の健康のこと

すべてが繫がっていることを
毎回、詳しく教えてもらっています。

美容師さんに教えてもらってから
毎日の歯磨き習慣が変わりました。


そして、信頼できる歯医者さんも紹介して頂き


今年になってから、通っています。


虫歯治療ではなく
今、過去に銀歯にした歯を
すべて取り除き
白い歯へと変える治療をしています。





過去、私はピアスを開けていたのですが
もう10年以上前に
突然、耳たぶがかぶれる症状がでて

穴を塞ぎました。


金属アレルギーの発症です。


その後も
疲れがたまって、免疫が落ちたときなど


メッキ製のイヤリングなどで
全身蕁麻疹が出る症状などがありました。


お医者さんに診てもらい
金属アレルギーであることは確かだけど


どの金属に反応しているのかを調べるパッチテストは

とても大変なことだから

心当たりのある金属は、極力つけないように。
と言われたこともあり

気をつけていたのです。


それが、ふとしたことから

「金属アレルギーの原因は、銀歯である可能性が高い」

ことが分かり
今回の、歯医者さんでの治療となりました。




今、通っている歯医者さんは
とても丁寧な説明と
ひとつひとつ、丁寧な治療をしてくださるので


歯のクリーニングからスタートし
ホワイトニング
そして、銀歯から白い歯へと

段階を経て
治療を進めています。


あと少しで
私の銀歯は、すべて無くなる予定。


その後、金属アレルギーが
どのようになるのかは
まだ分かりませんが


不安要素が少しでも減るだけで
気持ちがラクになれそうな気がします。



目標にしている8020(80歳で自分の歯が20本あること)

に向けて日々コツコツ積み重ねです。





黄色い花個育てコーチング協会.黄色い花

講座のお知らせや、イベントのお知らせなども

チェックできます。

ご登録はこちらからぜひ!

下矢印下矢印下矢印

友だち追加

 

ピアノ教室Smile-music・space♪主宰
一般社団法人個育てコーチング協会.代表理事
西城 あやです。

 (認定個育てコーチインタビュー動画UPしました)


 



個育てコーチング協会.
11月(子どもの発達のしくみを知ろう)
12月(プレ講座)のお知らせはこちらです





 
・・・・・・・・・・・
 
 
オーストラリアから帰って来て
早くも1週間が過ぎたなんて、少し驚いています。

時間が過ぎるのが早い〜!



でも確実に
オーストラリアで感じたことや

これから先、私が日本で
子どもたちのために
やっていきたいことも明確になっていて


日々、頭の中でそのアンテナが
立っている感じです。


オーストラリアで、1番強く感じたことは

「違いを認めあい、受け入れ合えることの素晴らしさ」

ということ。

肌の色
言語
価値観
文化


色んな人がいるのが普通。
だから、いちいち自分との違いを
指摘しない。

むしろ、そんなことを気にしている方が
物珍しいほど。


日本の子どもたちも
もうすでに、そんな感覚があって
個性が、輝いているはずなのに


「集団」という箱の中に入ることで

みんなと同じになることへ
導かれる。


「規則を守りなさい」という
本人たちが、自主的に決めたわけでも
納得しているわけでもない

一方的な枠に、はまる事が
「いい子」


苦手な科目を、一生懸命がんばって
すべての教科を平均的に点数アップできることが
「いい子」



みんなで、仲良く揃って集団行動ができる子が
「いい子」



でも。
その枠に、大人が子どもたちをはめ込もうとすればするほど


本来の子どもたちの良さや個性を


縮めているように感じています。


はみ出すこと=悪い

という概念をはめてしまうことが
子どもたちに


違いがあること=ダメなこと

違い=変なこと

の価値観をすり込み
自分たちと、少しでも違いがある相手に対して


好奇の目を向け
指摘したり
否定したりすることに繋げてしまっているように思えてならない。


本来、みんなそれぞれ違いがあって当たり前で

苦手があれば
得意もあって当たり前。



枠に、はめようとすればするほど
否定されている部分が多くなってしまうのではないかしら。


子どもたちの良心や、
自分で考えて行動する良識を
はなから信じていない。というメッセージを送っているのではないかしら。



愛されている子
信じられている子は


自由を手にしても、決して
人を傷つけたり
自分を傷つけたりなんてしない。


人を大切にすること
自分を大切にすることができるはず。


そして相手との違いも
柔軟に受け入れることができるはず。




教室に、お誕生日プレゼントでもらった
かっこいい銃を持ってきて
私に見せてくれるKくんも




トンネルに入ったままで
ピアノを弾こうとしているAくんも


自由だけど
ちゃんと、ここでやることを知って

自分で、切り替えをすることができる。



私が、命令しなくても
怒らなくても
禁止事項を増やさなくても


自分で考えて
判断するチカラがちゃんと育ってる。



私は、やっぱり
子どもたちのチカラを信じて見守っていたいな。


どの子にも素晴らしい個性があることを
知って、信じて
その存在を愛して受け止めていたいな。








黄色い花個育てコーチング協会.黄色い花

講座のお知らせや、イベントのお知らせなども

チェックできます。

ご登録はこちらからぜひ!

下矢印下矢印下矢印

友だち追加