【建築の公共性2】
 

 



続きなのです・・

 

では、

なんでそういうことになってしまったのか?
ちょっと考えてみました。



言っときますが、
これは勝手に私が妄想したことで、
ほんとのところはまったくわかりませんので、
よく知りもしないで適当なことを妄想しているだけですので、
そのつもりでどうぞ。

 


 


たぶん、
交差点の塀の位置をセットバックしたり、
高さを下げたり、
違う物にしたりしたところで、
かかるお金などはほとんど変わらないでしょう。

まあ、
家のデザイン性とか敷地の利便性などは多少あるのかもしれませんが。

なのに、
そうなっていない。

なぜか?



きっと、
その家々の設計者達はそんなことになるとは、
考えてもいなかったのだろうと思われます。

でも、
私が私なら絶対にそんな設計にはしないと思うくらいで、
実際に1軒の家はそうして建てています。



なんで?



まあ察するに、
きっと設計者達は設計前にこの敷地をみていないのです。

この道路がどういう状況でどんな交差点なのか?
見たことないのでしょう。

 

 




敷地を見もせずに設計する?
そんなことあるの?

あります。
いっくらでもある。

だって、
建売住宅の設計料なんてほんとに安いのです。
俗に設計屋なんて呼ばれる人達は月に何軒も何軒も設計しないと、
月に1軒や2軒設計したくらいでは食べていけません。



なので、
プランニングなんてしません。
営業さんに言われたとおりに設計します。
いちいち考えてる、
そんなお金は貰っていません。

そもそも、
敷地見に行く時間なんてありません。
すぐ近くならよいのですが、
ちょっと遠ければ見に行くだけで1日終わってしまいます。
そもそも見に行くのにだってお金がかかりますから。

だから、
依頼主から見せられた写真だけ見て、
言われたとおりに設計して、
確認申請だけ通してくるのです。



でも、
だからといって依頼した建売業者さんにしてみたって、
そんなに設計料払ってたら、
とてもじゃないけど安く住宅を提供することなんて出来なくなってしまいます。
そんなことしていたら普通に注文住宅建ててるのと変わらなくなってしまう。

するとお客さんは安価に家を手に入れることが出来なくなる。



ま、
ちょっと極論ですが。
そういうことになってしまいます。



難しいですね、
誰が悪いのでもないのです。



ま、
妄想ですがね、
妄想です。

本当はどうなのかは知りません。

 

 




でも、
実際に魔の交差点は出来てしまうのですから、
仕方ないではすみません。

事故に遭われた方からすれば冗談ではすまされない
下手したら命に関わるのです。

 

 

 


なんとかするシステム作りが必要なように思いますね。



救いなのは3軒のなかの1軒は塀をセットバックして建てている、
ということ。
この設計者はわかってやっているのです。

ここに塀をつくると見えなくなってあぶないと。

 

 

 


なぜわかったのかはわかりませんが、
見に来たのかもわかりませんし。

ま、
単なる偶然なのかもしれませんがね。



建築の公共性というのは、
街並みとか景観とかだけでなく、
そういうことも含まれるのだと思います。

そこにあるだけで建築は社会の一部なのです。

 

 

 

 

Atelier繁建築設計事務所HP

 

よもやま建築日記~家づくりの現場から~

 

 

 

 


Yahoo!ショッピング(ヤフー ショッピング)

 

 

一休.com

 

【建築の公共性1】




先日のこと、
いつも車で事務所に出勤する私なのですが、
毎日通勤する際に通過する事務所近所の道路にあるとある交差点で交通事故に出会いました。

いや、
事故自体を目撃したわけではないのですが、
事故直後にそこを通りかかったんです。

 

 

 


交差点に車の前がグシャッとひしゃげた軽トラックと転がったバイクが、
その横にバイクから放り出されたと思われる男の人が倒れていました。

まだ救急車も警察も来てはいないようですが、
廻りには彼を助けようと何人もの人が集まってきています。

私は車を止められる場所もなく邪魔になるだけですし、
たくさんの人が救助していましたので、
そのままそこを通り過ぎました。

 

 

すぐに救急車の近づく音が聞こえてきましたのですぐ病院に運ばれたことと思います。
彼の無事を祈るばかりです。
 

 



毎日通るその道路は事務所のもう目の前で、
裏道ですので車がすれ違うのには気を遣うようなあまり広くない道路です。

それでも幹線道路に近く抜け道になっており、
近くにはお店なんかもたくさんありますのでけっこう車の通りは多いのです。

 


 


状況から言って間違いなく信号のない交差点での出会い頭の事故だと思われます。
どっちが悪いとかは見ていないので何とも言えないのですが。



ただ、
実は、
この場所は以前にもちょっと記事にしたことがあった建築ラッシュで1年2年ほど前に建売住宅が建ち並んだ場所、
だったんです。

 

 

 

 

 


その交差点の4つの角の敷地のうち3つが新しくここ1年2年のうちに建てられた建売住宅です。



その家のうちの2軒、
敷地の道路際交差点際にそこそこに高い塀があるんです。



それがどうした?
はあるだろう!
って思いますか?

 


 


でも、
私が設計していたら絶対にそこに高さのある塀は作りません
実際、
残りのもう1軒の家は道路際の交差点部分は植え込みにして塀は少し下げてつくってあります。
が必要なら私でもそうします。
出来なければ何か違う方法を考えます。



見えないんです。
車から左右の道路が、
交差点のどちら側からも、
塀で遮られて。




もう少し広い道路だったら何の問題もなかったんでしょう。

あまり車が通らない道だったら問題なかったのでしょう。

でも、
そうではないのです。

毎日そこを通る私のような人はよく知っていますので、
そこでは完全に一時停止して最注意の上最徐行で通過します。
でも知らない人なら行ってしまうかも?
実際そんな人はたくさんいます。

 


 


おかげで、
その交差点はしょっちゅう事故がたえない魔の交差点と化してしまいました。

だって見えないのです。
今時のEV車なんて来ると音も聞こえません。



今までその家々が建つまではよく見えましたのでそんなことはまったくない普通のよくある交差点でした。
その家々が建つことによってそうなってしまったんです。

事務所のすぐ近くですのでしょっちゅう聞こえてきます。
ガシャーンっていう嫌な音、
しばらくするとピーポーピーポーと救急車の音が。



決してその家が悪いのではない、
決して建売住宅だから悪いのでもない、
決して誰が悪いのでもない、

でも、
建築の公共性
というのはそういうこともあるのではないのかと思っています。

 

設計者に責任がないとは言い切れないのではないか?

とも思うところです。

 

 

 


結局その交差点には今度点滅信号がつけられるらしいです。

 

 

 

 

Atelier繁建築設計事務所HP

 

よもやま建築日記~家づくりの現場から~

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Yahoo!ショッピング(ヤフー ショッピング)

一休.com

 

【お客様は神様です11】



ご親戚が建築屋さんって人多くないですか?

まあけっこういますよね。

だって建築関係の仕事をしている人って星の数ほどいますから、
その親戚はみんなそういうことになります。



家を建てようと思った時に、
そんなご親戚に、
親戚には限りません、
たとえばお友達でも先輩でもいい、
仲良くしている知り合いに頼んだら、

きっとお得にしてくれるのに違いない!

み~んなそう考えるようです。



そうなんでしょうか?

まあ、
一般的には、
ある程度はお安くなるかもしれませんが、
あなたが考えているほどお安くなることはありません。




たとえば私。
私にもたくさん親戚がいます。
親戚方もたくさんいろんな建物建てたり家建てたりしています。

でも、
私はほとんどそんな家を建てたりしていません。

相談にはたくさんのります。
いろいろ聞いてあげたりもします。
プラン考えてあげたり、
デザイン検討してあげたり、
現場見に行ってあげたりもします。

でも、
仕事はしません。

まあ、
よっぽどお金や仕事がなくて困っていればやるかもしれませんが。



ひとつには、
何かあったら困るからです。
何かあったら下手したら親戚の縁を切られてしまうかもしれません。
何しろ家の建築というのはお金も時間もたくさんかかるのです。



それと、
いくら親戚価格でやってあげたとしても、
それは建てる人が考えるほどお得にはならない
なりようがないからです。

 


仮にそんな話があって、
私が設計料無料で設計監理をしてあげたとしても、
所詮全体代金の数パーセントにしかなりません。
3000万の家なら200とか300万円しか安くならないんです。

 


それでも私は全額無料です無料
私としては所員の給料から外注代からガソリン代から通信費から事務所の経費まで全て持ち出しでその人にプレゼントしていることになります。

なのに言われるのは、
なんだよ、たったそんだけしか安くならないんだ・・



ですから、
家を建てようかという際に、
たいてい建築関係の仕事をしている人に相談しても、
やんわり断られます。

うちは大手だから小さい仕事はしないんだとか、
今忙しくて手一杯なんだとか、
なんとかかんとか言われて、

たいていは良いところを紹介してあげるよ、
なんて言われて、
関連の工務店とかメーカーとかを紹介されます。



家を建てるのにはとても大きなお金がかかります。
それこそ建てられる方にとっては一生に一度の大仕事です。
少しでも安くしたいと考えるのは当たり前のことなのですが・・



ではなぜそんなもんしか安くならないのか?
なぜ半額とかせめて3割引とかにならないのか?

それは家は、
すでに出来上がっている製品ではなくこれから建てる物だからで、
そして、
一人で建てる物ではないからです。



家を建てる際は様々な業者さんが集まってそれぞれの材料を発注して買い、
それを使ってそれぞれの業者さんが家のその部分を作っていきます。

工務店さんが全部作っているわけではありません。
工務店さんはそれをまとめているのに過ぎないのです。

大工さんがいくら、
基礎屋さんがいくら、
材木屋さんがいくら、
屋根屋さんがいくら、
サッシ屋さんがいくら、
設備屋さんがいくら、
内装屋さんがいくら、
運搬費がいくら、
と言う具合に金額が決まり、
それをまとめたものが原価です。

 

 

 

 

 

そこに工務店さんの事務経費や人件費や利益などが加わり、

工事費が決まります。

工務店などの方からすれば、
安く出来るのはこの自社の利益分だけなんです。


この工務店の経費や利益はせいぜい多くても10%程度です。
つまり3000万の家なら300万くらい。

それも会社の事務経費や税金などをなしになど出来ませんから、
いくら安くしてあげると言っても、

3000万の家ならせいぜい200~多くて300万くらい。
それでもその工務店としては利益なしにしてあげています。



でも、
これを聞いた頼んだ方は、
なんだよ3000万もするのにたったそんだけかよ!
とそう思うのはやぶさかではありません。
3000万もするのにたった200万安いだけって!

そりゃそうです。
私だってよく知らなければそう思うでしょう。
親戚なのにたったそれだけかよって・・

 

 

 

それでも少しは安いならと頼むと、
なに言っても工務店の方が聞いてくれない!
安くしてんだから文句言うな

ってなことになったり・

それとも、
親戚だからと言いたい放題!で、
実際現場で作ってる大工さんや業者さんが怒っちゃう。
だって大工さんや業者さんはその工務店の従業員ではありませんから。

なんてことになってしまうかもしれません。



家は一軒一軒これからそこに建てるので、
完成している工業品のように、
売れ残ったから安くしてとか、
客寄せのために目玉商品をだしてとか、
まとめてバーゲンでたくさん売ってとか、
新型が出たので旧型を安くしてとか、
安くしても他で稼いで儲けるなんてことは出来ません。



こういった手法が出来るとすれば、
それは売れ残ったりしている建売住宅やマンションなど、
すでに完成している家だけです。
なのでこういう家には何かしら安く買う方法があるかもしれません。

 


まあ、
売れ残ると言うことはなにか不都合があるからなのですが、
それでもよければですが。

 

 

 

住宅メーカーさんなんかだったらもっとでしょう。

個人の社員さんの裁量で利益無し、

なんて出来るわけがない。

 



逆に言えば、
やってあげるやってあげる!
まかしとけお得にするから!
なんて向こうから言ってくる場合は大抵は仕事やお金に困っている時です。

助けてあげるつもりで頼むのならそれはありです。



実際の話し、
私などでも独立開業したばかりの時などは当然仕事などありませんから、
友人などが家の設計を依頼してくれたり紹介してくれたりして、
助けてくれたりしました。



が、
お得になると考えているのなら、
それは間違い。

お金に困ってる工務店がお安くしたら利益などないのです。

 

 

 

 

Atelier繁建築設計事務所HP
http://ateliershigeru.com
よもやま建築日記~家づくりの現場から~
http://ameblo.jp/ateliershigeru/
     

 

 

 

 

 

 

 

 


【HIS】旅行プログラム

 

Yahoo!ショッピング(ヤフー ショッピング)