「自分」とつながる時間。~西村由美のTokyoピラティスライフ

「自分」とつながる時間。~西村由美のTokyoピラティスライフ

自分本来の自然体に戻る。
そうすれば自ずと
「美しい動き」に戻ってゆける。
ピラティス=ライフスタイル。

NEW !
テーマ:




9月17日に大阪で開催する
アニマルピラティス®養成講座。
 

先日、その受講生に向けた
ピラティスの事前研修を担当しました!
 

写真左から


保育園の先生で
フィットネスインストラクター
篠原 みゆきちゃん。
 

アクアインストラクターであり
パーソナルトレーナーであり
様々なクラブやスタジオで
アドバイザーとしても活躍している
伊藤 良一くん。
 

スイミングインストラクターで
ベビースイミングのスペシャリスト
(うちの娘もベビー時代お世話になった!)
梅崎 博恵さん。
 

ここに
現役ピラティスインストラクターさんが
あとお二人加わって、9月の養成講座が
行なわれる予定となっています。





あと1名様お席が空いていますよ!





こちらはRyoくんこと伊藤良一くんが
書いてくださったブログからの抜粋。






アニマルピラティス®のコンセプトは
「五感をいっぱい刺激して
 心と体と脳を育てる身体教育メソッド」




体を育てる。
心を育てる。
脳を育てる。


その真ん中にアニマルピラティス®


ぜひあなたもお仲間に!



テーマ:



ピラティスの良さが「伝わる」
「感じる」グループ指導ワークショップ
(ダイジェスト版)にいただいたコメントを
ご紹介させてください♡


写真左から


ピラティスインストラクター
四辻美和子さん




ピラティスインストラクター
齊藤静香さん




ピラティス&フィットネスインストラクター
井藤久美子さん




皆さん、ありがとうございました☆


なお、井藤久美子さんが
以前受けたと書いてくださってるのは
8月26日(日)にオンライン開催する
「教える仕事の心得」習得講座です。


「教える」ということの理解をより深め、
教える技術の活用の幅を広げたい方には
こちらもめちゃめちゃオススメです!


ちなみに
ピラティスのワークショップ
「教える仕事」のセミナーともに
開催リクエストや招致も承っております。


こちらのフォームより
お気軽にお問合わせくださいね。







テーマ:




武庫之荘に帰ってきました。


髪型がちょっと変わったの
分かりますか?


せっかく武庫之荘に帰ってくるなら
以前お世話になっていた青山直美さんに
カットしてもらおうと思って
まず西宮北口のフレスカさんに
お邪魔してきたのです。


ちなみにこちらがビフォー写真。





だいぶ短くなりました!







娘も7年ぶりに前髪を作りました。


さて、
ここからまたヘアスタイルの仕切り直し。


伸ばすのか...
もっとショートにするのか...


どちらが私を「もっと遠く」まで
連れて行ってくれるかな?ニコ


最近はそんなふうに
「今」ではなく「先」を見て
考えるようになりました。


未来を先取りする。
すでに「そうである」自分を作る。
そんなふうに自分をプロデュースする。


そう考えると
髪型だけじゃなくてね
あれもこれもと課題はある。


ダイエットは急務!(笑)
いや、笑い事じゃないさ。顔2


というわけで
ピラティスインストラクターが教える
ピラティス的ダイエット、
実践しながらお届けしていこうか
と思ったりしている次第。





JC娘に可愛く撮ってもらった。ハート




テーマ:




ピラティスグループ指導ワークショップに
受講生の皆さんからいただいたコメントを
ご紹介させてください♡


写真左から順に...


大阪・生野区コンディショニングスタジオ
U-Fitの梅地えみさん



ピラティス&フィットネスインストラクター
小淵美晴さん



ピラティスインストラクター
田中ゆきさん



ピラティス&フィットネスインストラクター
長崎和香さん



ピラティス&フィットネスインストラクター
志々目佳月子さん





皆さん、ありがとうございました!!


次回はレッスンを企画します♡
早めに決めてご案内しますねー。ニコ


テーマ:




一昨日に続いて昨日も
ピラティスの良さが「伝わる」
「感じる」グループ指導
というタイトルのワークショップを
開催させていただきました。


スタジオで開催した一昨日とは違い
今回は実技(デモレッスン体験)を除いた
レクチャー部分のみのダイジェスト版として
カフェでの開催。ということで限定3名。

あ、上の写真には
このあとお約束していた愛子さんにも
いっしょに入っていただきました。


ご要望をいただいての追加開催だったので
実技ができなかったのは残念でしたが
このサイズ感と距離感がとっても良かった♡
 



これはこのワークショップのレジュメの
一番最初のページです。


私がこのワークショップを作ったのには
こんな背景、こんな思いがありまして


それは私のレッスン指導における
土台にもなっています。


お客様に
「ピラティスって難しい」
と感じさせてしまうのは何故?


そこからスタートして
試行錯誤した結果カタチになったのが
このワークショップだったわけなのですが


お話していると
インストラクターの皆さんもまた
「ピラティスを教えるの、難しい」
と感じていらっしゃるようで。





この3つのアイデアを活用すれば
お客様の「難しい」も
インストラクターの「難しい」も
あっさり解決できるんですよね。futabato.

昨日も一昨日もご参加くださった皆さんが
「早くレッスンしたくなった!」
とおっしゃってくださったのが
何より嬉しかった♡


私がお伝えしているのは
やり方のテクニックではなくて
そのベースになってる考え方のほうが
実はメインだったりします。


教えることやコミュニケーションの本質を
ピラティス指導に応用しただけなので





こんなご感想もいただきました!ポイント


井藤久美子さんは2年ほど前に
受講してくださっているので
余計にかもしれませんねー。


「ピラティスインストラクターは
 みんな受けるべき!」
とまで言ってくださってました。きゅー


昨日このワークショップを
レクチャーのみのダイジェスト版
というスタイルでやってみて
これもzoomで開催できるな、と確信♡





というわけで
全国のピラティスインストラクターさん
zoom開催のリクエストもお待ちしています!


実技とセットの対面セミナーのほうが
ご希望でしたら全国招致も大歓迎です。


セミナー開催リクエストや招致については
こちらのフォームよりお問合わせください!



日程・人数などについてはご相談の上、柔軟にご対応させていただきます。


8月26日(日)に開催する
「教える仕事の心得」習得講座
全国からオンラインで受けていただけますよ!




テーマ:

 

 
 

 

 「教える仕事の心得」習得講座のご案内です。
 



 

この講座は、ピラティスインストラクターという「教える仕事」を生業とする私が
松原靖樹さんのあるコラムに感銘を受け、お願いして作っていただきました。


「教育者には教えるのがうまい人と
学ばせるのがうまい人、の2つのタイプがある」


そんな一文から始まるそのコラムは、経験をベースに感覚的に行なっていた、
私の「教える仕事」の在り方を、大きく変えるきっかけとなりました。
→*セミナー講師には2つのタイプがあるので


このコラムを読むと、自分がどんな「場」に最もマッチするのか、
どうやって得意なところを活かして伸ばせばいいのか、
どう欠点を補っていけばよいのか、がよく分かります。


でも、そのためにはまず、
・ 教えるのが得意な人
・ 学ばせるのが得意が得意な人
の違いを理解し、自分がどちらのタイプなのかを知らなければ始まりません。

 

 

 

 



同じように指導していても、Aさんにはうまく成果が出せるのに、
Bさんにはうまく伝わらない・・・そんなことがあったりしませんか?


講師(指導者)にも、受講生(クライアント)にも「タイプ」があります。
タイプに合った習得や成果は簡単に導くことができますが、
タイプに合わないものを採用するとうまくいきません。


講師は受講生のタイプを見分け、特性の違いに対応できる必要があります。
この講座を受講すると、自分のタイプを知り、その強みを生かしながら、
受講生のタイプに合った方法を提供できるようになります。


「教える仕事」にたずさわるすべての方に是非知っていただきたい理論です。

 

 

 

こんな方におススメです!


  本気で講師をしたい方
  人に教える仕事をしている方
  自分のメニューの精度を上げたい方
  自分の強みや特性を生かしたい方
  セミナー講師、コンサルタント、インストラクターの方

 

 



受け手の成果をうまく引き出せるか否かのちがいは、
「教えるスキル」や「知識・技術」の問題ではないことが、
往々にしてあったりします。


自分がどちらのタイプなのかがよく分からないという方は、
ぜひ「教える仕事の心得」習得講座にいらしてください!

 

 

 


「教える仕事の心得」習得講座(3時間)

《オンライン》
・日時 : 
8月26日(日) 10:00~13:00

・場所 : zoom ※パソコンやスマートフォンから簡単に入室できるオンライン会議室です

《東京》
・日時 : 
9月5日(水) 10:00~13:00
・場所 : 都内 

 ――――――――――――――――――――――

 

・価格 : 8,640円(税込) ※再受講4,320円(税込)
・定員 : 各回 5名 


お申込みフォーム >>> https://ws.formzu.net/fgen/S43841023/

 


 ※リクエストも随時受付中
リクエストフォーム >>> 
https://ws.formzu.net/fgen/S49786107/

 

 


 リンク セミナーリクエスト、全国招致、オンライン開催、承ります!

 リンク 効率よく学べる事前学習付きマンツーマンセミナー
 

 

「教える仕事」に自信と誇りをもって取り組んでいくためにまとめられた
「教える仕事の心得」について、私自身の経験と知恵を交えながら
少人数セミナーでゆっくりじっくり分かりやすくお伝えします!

 

 

 

 

 

講座内容


2*学校教育のリセット
講師として、また学び・勉強・習得などを考えたときに弊害となる
3つの思い込み」を解除します。


1*4つのタイプ
講師にも受講者にも「タイプ」があります。
習得や成果を簡単に導くために、自分と相手の特性を理解し、
タイプ別の対応法を学びます。


2*3つの実践法
受講生が習得するときに必要な「適切な方法」と、
習得や成果の「分野」について理解します。


3*6つの講師磨き
講師として心得ておきたい「教える仕事力」の磨き方をご紹介します。

 

 

リンク読んでわかる!「教える仕事の心得」習得講座

 

 

 

 

受講するとどんな成果が得られるのか


  自分にとって最適な「教える」ための方法が分かる
  自分のメニューの精度が上がる
  お客様の成果を出しやすくなる
  受講生によっての教え方を変えることができる
  お客様のリピート率が上がる

 

 

 

 

講座受講生の方の 成果の一例


ニコニコ。 「育成をする人への育成」をするために受講。「直感」や「なんとなく…」が解消されました。
ニコニコ。 明日から、レッスンをするのが楽しみ!
ニコニコ。 生徒さんによって、レッスンがうまくいくときといかないときがあった。相性の問題かと思っていたが、理由がわかった!
ニコニコ。  自分のタイプ・特性が分かり、それに合わせた様々な方法が習得できた。
ニコニコ。  夫婦間・親子間のコミュニケーションにも役立つ内容だった。主人が、なぜ私の説明に毎回いらっとするのかが、わかった!

>>> ご感想一覧はこちらから

 

 


■ 講師プロフィール


西村由美
セミナー講師/ピラティスインストラクター。
フィットネスインストラクター歴26年/ピラティスインストラクター歴13年。年間のべ3,000名以上にレッスン指導してきた経験を生かし、大手フィットネスクラブのインストラクター養成やマニュアル監修を手掛けるなど、フィットネスを「教える仕事」のスペシャリストとして活躍。 現在は「分かりやすい」と評判のピラティスレッスン指導のほか、「教える仕事の心得」習得講座を中心にセミナー講師としても活動している。

 

  

 

 

 

 


テーマ:




早起きして高槻に向かっています。


今日はクローズドで
ピラティス事前研修です。


2日連続ピラティス三昧な1日♡


昨日のワークショップでは
ピラティスを教えるアイデアとして




「感覚を味方につける」
というお話をさせていただきました。


V 視覚 見る イメージ
A 聴覚 聞く 言葉
K  体感覚 実感する 体験


ご参加くださった葉月さらさんから
昨夜Facebookのコメント欄に
こんなご質問をいただきました。




そして、
このご質問に対する私のお返事がこちら。






私たちは「教える」という物事について
自分が「教わった経験」の影響を
少なからず受けています。


「教えるとはこういうものだ」
という、無意識の思い込み。


習った先生に憧れ尊敬していたらなおさら。
「あんなふうに教えられるようになりたい」
と、それを習った先生の「教え方」をも
見習っていたりするんですよね。


そして、
その教え方が自分の本質に
必ずしも合っているわけではないのです。


だから、
自分らしく成果をあげる教え方を
見つけていきたいときには
まず「本来の自分はどうか」から
始めるようにします。


では、
先生から影響を受けた今までの教え方は
全然ダメダメなのかというとそうではなく。


それも自分の武器になります。


だってさ、
お客様には自分と違うタイプの方が
必ずいらっしゃるわけだから。


自分を生かすというのは
強み(先天的に持っている要素)も
能力(後天的に身につけた要素)も
ぜーんぶ生かして使っていくこと!


まず自分の強みを見ていく。
次に強みに能力を掛け合わせてみる。


そんなふうにして
自分オリジナルな教え方を磨き
伸ばしていきましょう♡




テーマ:




最近、インストラクターさんたちと
リアルにお仕事のお話をすることが
増えてきました。
 

みんな真面目に誠実に
愛を持って仕事に取り組んでるからこそ
ずっと勉強し続けて「質」を高めることに
取り組んでいるんですよねー。
 

でもね、だからこそ
それをお客様に届けよう!
 

「教える仕事」オンラインサロンで
いろんなコンテンツを無料で発信したり
勉強会を開催している理由はそこ!
 

使える情報はどんどん使って
あなたが伝えたいことを
たくさんの人に届けていきましょう♡
 

まだメンバーになられてない方は
こちら右下矢印からご登録くださいねー。
 

◆「教える仕事」オンラインサロン


「教える仕事」オンラインサロンは
セミナープロデューサー松原靖樹さん
営業プロデューサー玉置 麻紀さん
と共に運営しているFacebookグループです。



テーマ:




ワークショップが終わりました!

 
今回も皆さんとお話するのが楽しすぎて
なんだか2時間のワークショップが
あっという間に過ぎてしまって...
 

3時間は長いかな~って思って
2時間の設定にしたのですが
「レッスンもっと受けたい」
というお声もいただいたりしたので
 

次回は3時間にするか
2時間ws+1時間レッスン
という設定にする方向で考えます!

 



ワークショップ終了後は
お時間のあった皆さんとランチへ♡
 

インストラクタートークから
現代っ子のカラダについての話まで
ピラティスインストラクターらしい話題で
大いに盛り上がり楽しかったです♪
 




小淵 美晴ちゃん(一番左)とは
なんと20年近くぶりの再会!
 

ぺーぺーなエアロイントラ時代を
知ってくれてる美晴ちゃんからは
「由美ちゃん、大人になったな~」
って褒められちゃいました。きゅー
 

そりゃそーだよね。
あの頃の倍の年齢やもん。(笑)
 

それにしてもやっぱ
ピラティスの良さをもっと伝えたーい
と思って頑張ってる仲間と過ごす時間が
私は大好きなんだなーとあらためて。
 

ん~またやりたい♡
 

皆さん、
今日は遠くからもご参加くださり
本当にありがとうございました~♪




テーマ:




ピラティスメソッドの創始者である
ジョセフ・H・ピラティスさんは
今でいうピラティスのことを
「コントロロジー」と呼んでいました。


これは彼の造語。
control + logy で「コントロールの哲学」と
訳されたりしています。


これを私流に言い表すと
自分と「つながる」という
言葉になったりするんですねー。


自分とつながる。
自分を知る。
身体感覚を取り戻す。


これらはとても近いところにある
という気がしていて


それはつまり
Body―Mind-Spirit


ピラティスさんの言った
「心か体か、ではなく、心も体も、だ!」
という言葉ともまた
同じ意味合いを持っている気がするのです。






そして、まだ一般的には
耳馴染みがないかもしれないけど
私のブログによく登場する
「強み」とか
「価値基準」とか
「一次」とか
そういう言葉たちもまた


自分とつながる


ということに
結びついてゆくもの。


自分らしく在ること。“姿勢” “ポジション”…
自分らしく動くこと。“動作” “行動” “生き方”…


コントロロジー(Contrology)が生きるのは
体だけのことじゃないよね。ニコ