アトリエ・ポレポレのブログ

■アトリエ・ポレポレ■


アトリエ・ポレポレは障害のあるなしに関わらず、
あらゆる違いをみとめあいながら、
描き創造するのびやかで豊かな時間があります。


決まったかたちや、技術、既成概念にとらわれず
気持ちよく表現をしたいと思う方ならどなたでも参加できます。


月2回、第2・4土曜日の13:30~17:00、アーツ千代田3331の
AFT オープンスペース(地下1階105号室)にて活動しています。


興味のある方はこちらまでお問い合わせください。



えんぴつABLE ART JAPAN


エイブル・アート・ジャパンは、「社会の芸術化、芸術の社会化」を
キーワードに活動するNPO法人(民間非営利組織)です。


障害のある人の表現と社会をつなぐアートスペース[A/A gallery]の
運営にも携わっています。



えんぴつAble Art Company


障害のある人たちのアートを、広告や商品のデザインに使用することを
仲介し仕事につなげています。アーティストについてのお問い合わせ、
お仕事の依頼も承ります。



ランキングに参加しています


クリックで応援してください!




アトリエ・ポレポレのブログ

1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 最初次のページへ >>
2018-07-16 13:30:26

思いを巡らせて:2018年7月14日

テーマ:アトリエ

7月14日のポレポレの様子をお伝えします。

 

 

3連休の初日ということもあり、

お出掛けされた方もいたようで、参加者は少なめでした。

 

40℃近くになるかもという予報も出ていたからか、

この日のテーマは・・・・・・。

 

 

「とにかくあつい」

 

メンバーの作品を見てみましょう。

熱中症にはくれぐれもお気を付けください。

 

 

 

汗だくでやってきた裕士くんの作品は、

黄色系で埋め尽くされていますが・・・・・・。

 

 

灼熱の砂漠の光景でした。

上のほうにあるのは何かと思ったら、

スフィンクスだったんですね。

 

 

その次の絵では、大きな顔を描いていました。

髪の毛を塗るときには、裕士くんお得意の技法ですが、

画用紙の上に直接絵の具を乗せていました。

 

 

最終的にはこんな作品になりました!

自画像かな?

それにしてもすごい汗ですね・・・・・・。

 

 


 

久し振りに麻子さんが顔を出してくれました。

最近は手芸に力を入れているとのことです。

 

 

「ともかくあつい」時期になると、

姿を現すセミの姿を描いたそうです。

 

 

その次に描いたのは、麻子さんの自画像かな?

ちなみに飲んでいるのは、緑茶とのことでした。

 

 

 

 

こちらも久し振りに顔を出してくれた卓也くん。

ボブさんに作品を説明しているようですが・・・・・・。

 

 

テーマを聞いて描いたのは、

ストーブをつけながら、厚着をして大量の汗をかいている、

減量中のボクサーのような卓也くんの姿でした。

大変そうですね・・・・・・。

 

 

できあがった後も、少しずつ手直しをしていましたよ。

 

 

その次に描いたのは、シロクマでした。

「動物を描くなら、テーマにちなんだ作品にしたほうがいいよ」と

麻子さんにアドバイスをもらって、シロクマにしたようです。

 

「ともかくあつい」ときには、

無意識に冷たいものが欲しくなるので、

これはこれでテーマにちなんだ作品ですね。

 

 

最後には女性の姿を描いていました。

卓也くんのお母さんが、

「『ともかくあつい』思いがあるから

女性を描いたんじゃないかな?」と言っていました。

 

 


 

この日も勢いよく描いていたあやこさん。

 

 

平日は宿泊体験をしているというあやこさん。

今彼女にとってはホットなテーマということもあってか、

施設の職員の方をイメージして描いたようです。

奥が深いですね・・・・・・。

 

 

 

 

こちらはキャラクターの絵の続きを描いていました。

おしゃべりをしながらポレポレに来るのですが、

描いているときは本当に集中していて驚かされました。

 

 

 

 

力くんは前回の続きで、トイレに関する作品を描いていました。

描き終わると、次は占い師の方を描くことにしたそうです。

 

 

 

 

3連休なので来られないだろうな・・・・・・と思っていたのですが、

大河原くんが顔を出してくれました。

下のほうには何かカラフルなものを描いていますが・・・・・・。

 

 

「真夏日より」というタイトルの作品。

カラフルなものを描いていたのは、たくさんの帽子だったようです。

サイモンさんが思わず「おもしろい!」と感銘を受けていました。

 

 

 

 

ゆうまくんは「ともかくあつい」というテーマを聞くと、

最初は「赤いラクダを描きます」と言っていました。

実際に描き始めると、使っているのは青の絵の具でしたが・・・・・・。

 

 

最終的には、青いラクダが

真っ赤な砂漠を探検している絵を描いたそうです。

後ろに見えるのはピラミッドだったんですね。

 

 

 

 

太一くんは「ともかくあつい」テーマを聞くと、

赤ではなく、青色をたくさん使っていました。

 

 

沖縄の海のような作品ですね。

「ともかくあつい」と、逆に涼しく感じるような

色彩を使いたくなるのかな?

 

 

その次に描いた作品の中に

「歌丸さん」という文字を見つけました。

太一くんは毎週「笑点」を見ており、

よく歌丸さんの真似もしているそうです。

 

 

絵の具で勢いよく塗った下には、

歌丸さんとの思い出が隠れています。

緑色が見えますが、「ゴーヤ」と言っていました。

 

 

その時は思わなかったけど、後で思うと、

この緑は歌丸さんの着物の色にもかかっているのかもしれませんね。

 

 

太一くんが文字を書いているときに、気になるものを発見!

「下山晴子さん」? ひょっとして・・・・・・。

 

 

 

 

その通り! 晴子さんが来ていました。

腕を見てください!

絵の具がいっぱいついていますね。

 

 

 

太一くんの絵もそうでしたが、

晴子さんの絵を見ていると、暑さが和らいでくる気がしますね。

 

 

 

 

美名子さんは珍しく小さいサイズの絵を描いていました。

このときに使っているのは、画像の右のほうに見えますが、

マイケルさんにいただいた「お米のクレヨン」です。

 


塗っているうちに画用紙に穴が空いたため、
コラージュをすることにしたそうです。

このときになぜ笑っているかというと、
自分の描いた砂浜を見て、
AKB48の「ポニーテールとシュシュ」という歌を
思い出して歌い出したからでした。



穴を開けたところは、海に映った太陽の姿になっています。
ハプニングがあっても、それを作品の中で
うまく活かしてしまうのが、美名子さんらしいですね。

 

こちらの作品も、暑さは感じないけど、

「ともかくあつい」というテーマから、

逆に思いを巡らせていったようです。

2018-06-30 16:59:22

作品の裏側:2018年6月23日

テーマ:アトリエ

6月23日のポレポレの様子をお伝えします。

 

この日、NPO法人エイブル・アート・ジャパンは

通常総会を行っていました。

 

その後、A/A galleryで開催中の展覧会「豊色の眼」の

関連イベントがあるとのことで、

一般社団法人NOOKの瀬尾さんと小森さんが見学に来られました。

 

NOOKは土地と協働しながら記録をつくる組織ということで、

その活動に個人的に興味を持っていたので、

お会いできてよかったです。

 

 

この日のメンバーは少なめでしたが、

静かな雰囲気の中で集中して描けた方もいたようです。

 

さて、この日のテーマは・・・・・・

 

 

「かくれる」

 

メンバーの作品を見てみましょう。

 

 

 

麻央さんは描き始めたばかりですが、

すでに腕が紫色ですね・・・・・・。

 

 

咲き誇るあじさいのように見えてきました。

 

 

 

 

筆を手にしている時には、

隣で描いている太一くんの様子を気にしていた麻央さん。

麻央さんの作品の裏側には、

太一くんの影響があるかもしれません。

 

 

テーマが関連したのかわかりませんが、

「夜を描く」と言っていた太一くん。

 

画面がだんだん真っ黒になっていたのですが、

後から星を書き加えたようです。

 

 


 

この日は茶系の色を多く用いていた裕士くん。

 

 

草むらや木に隠れている動物の姿を描いていました。

 

 

 



「宿題」と言って、家で描いたこの作品を持参してきたのは・・・・・・。

 

 

周平くんでした。

集中しながらも、まわりを見渡しながら描いていました。

 

 


不思議な作品だな・・・・・・と思っていたのですが、
この作品の裏側には、実は他の方の作品が「かくれて」いました。



2回連続で来てくれた方の作品。
周平くんはこちらの作品をモチーフに描いていたようです。

 

 

周平くんの様子を見たからか、

勢いよく描けないということをサイモンさんに相談されていましたが、

「自分のペースで描けばいい」とアドバイスされていました。

無理せずに、自分のペースを大切にしてくださいね。

 


 

 

「かくれる」というテーマにちなんだのか、

力くんはトイレにまつわる作品を制作中でした。

 

 

力くんの横では萌さんが描いていました。




萌さん曰く、他のものを描こうとしたのに、
アジサイになってしまったとのことでした。

 



裕也くんからは、

「それが萌さんらしい」とフォローされていました。

こんなやりとりが作品の裏側にありました。

 



その前に描いたこちらの作品は、ジャングルなんだそうです。

 



裕也くんはパステルを使って人物を描いていました。
オレンジ色の背景の上に人物を描き終えると、

青色の背景の上に新たに人物を描いていました。

いったい誰を描いているのでしょうか?

 

 




翌日にダンスの公演を控えていた美名子さんは、

コウモリの絵の続きです。
ペインティングナイフで砂を混ぜた絵の具を塗っていたので、
部屋の中でゴリゴリと音が響き始めました。



横から見ると絵の具の盛り上がりがよくわかりますね。



その後は、建物に金色の絵の具を塗っていきました。



いろいろなプロセスを経てできあがった作品がこちらです。



その後は次回描く絵の下塗りをしていました。
ここでも雑巾が登場していますが、
いったいどうなることやら・・・・・・。

 

 

 

 

こちらではキャラクターの絵を描いていたかと思ったら・・・・・・。

 

 

「指に塗りました〜!」と教えてくれました。

思いも寄らぬことをしていて驚きましたが、

実に楽しんでいる様子が伝わってきました。

 

 

 



この日も後半のほうにやってきた大河原くんは、
ワールドカップを楽しみにしている様子でした。

 

 

そんな経緯もあり、こちらの作品のタイトルは、

「今回はどこが1をとるか?」。

ワールドカップにちなんだ時期だからこそ生まれた作品でしょうね。

 

こちらの作品のタイトルは、「かくれてないぞ」。

蓋が閉まっているようですが、実はそうではないんですね。

意味深な作品です。

 

 

 

 

終わってからはいつものようにお茶の時間。

裕士くんが張り切って準備を手伝っていました。

 

 

それぞれの作品の裏側には、

いろいろなプロセスがあって興味深いです。

これからも随時ご紹介したいと思います。

 

 

この日は沖縄の方には特別の意味のある日。

ポレポレの時間をこのように持てることは

幸せなことだな・・・・・・と思いを巡らせた日にもなりました。

2018-06-13 23:27:55

節目の月に:2018年6月9日

テーマ:アトリエ

6月9日のポレポレの様子をお伝えします。

 

 

この日の最初のほうは人がまばらでしたが、

徐々にメンバーのみなさんが集まってきました。

 

この日のテーマは・・・・・・

 

 

「におう・かおる」

 

メンバーの作品を見てみましょう。

 

 

 

新品の緑の蜜蠟を持参したということもあり、

この日は緑色の作品を描くと決めていたという太一くん。

 

 

絵の具でも緑色をたくさん用いていました。

 

 

前日に行ってきたという、諏訪湖の景色とのことです。

草のにおいがしてきますね。

 

 

その後は画面の色が紫になっていましたが・・・・・・。

 

 

季節の花ということで、アジサイを描いたそうです。

 

 

 

 

裕士くんの絵には大きなモチーフが登場しています。

 

 

こちらの紫の花はラベンダー。

オレンジの種類は「バレンシアオレンジ」とのこと。

珍しく背景がピンクでしたが、これも香りにかかわっているようです。

 

 

次の絵では背景を先に描いたようですが、

こちらも紫が登場していますね。

 

 

ラベンダー風呂に入っているところなんだそうです。

 

 

 

 

最近カンパニーアーティストにも登録されたという

ゆうまくんの絵にも紫が登場しています。

 

 

まだ制作途中とのことですが、

ジャングルに咲く花のにおいを嗅ぐ、

レッサーパンダの絵を描いたそうです。

 

 

 

 

夏の装いで登場の晴子さん。

 

 

花のにおいが風で運ばれてきました。

 

 

 

 

濱田さんは「時間配分が上手くいかない」と言いながらも、

慎重に花の絵を描いていました。

 

 

香りが届く空気の流れまで可視化されているな・・・・・・と思いました。

 

 

 

 

周平くんが時々いなくなることがあったのですが、

NPO法人エイブル・アート・ジャパンのFacebookによると、

どうやらA/A galleryの店番などをしていたようでした。

 

 

何となくやさしい香りがしそうな花々です。

 

 

水色の果物はライムとのことです。

こちらは酸っぱそうですね・・・・・・。

 

 

 

 

オレンジのほうに人物を描こうと思っているけど、

どうやって描いたらよいか悩んでいるとつぶやいていた裕也くん。

 

 

その後、サイモンさんに話をする中で、

パステルを使うことに決めたようです。

 

 

ただ、今度はどの色にしようか迷っているということで、

萌さんに相談していました。

「サイモンさんの服の色がいいんじゃない?」と言われたそうです。

果たしてどうするのかな・・・・・・?

 

 

そんな萌さんが描いたのは「夏の思い出」とのことです。

 

 

その後で、「夏にはどんな花が咲くの?」と

いろいろな人に尋ねていた萌さん。

その結果描いたのがこの作品です。

 

 

力くんは描き始めてから3回目のポレポレで、

この絵を完成させることができました。

いろいろな視点から見た女性の姿です。

 

描き始めた頃は意識していなかったかもしれないけど、

この女性が近くに来たら、香水のにおいがするかもしれませんね。

 

 

 

 

地元のお祭りがあるとのことで、楽しみにしていたあやこさん。

「キャベツ」と言いながら黄緑色を塗り込んでいましたが・・・・・・。

 

 

その後、屋台の焼きそばをイメージしたようで、

ソースの色を塗り加えていました。

 

ポレポレの後にお祭りに行くとのことだったので、

きっと焼きそばを買って帰るのかもしれませんね。

 

 

 

 

美名子さんはコウモリの絵の続きです。

 

 

墨のパレットの横には、

家で描いてきたコウモリの下絵が置かれていました。


 

パステルを使って、木などを描き加えていきました。

これからどうなるのでしょうか・・・・・・?

ちなみに、この日もAKB48の「ハロウィンナイト」を歌っていましたよ。

 

 

 

 

6月はアトリエ・ポレポレにとって、年度が変わる節目の月。

私がこのブログを書くようになってから、6年目に突入しました。

まだまだ至らぬ点ばかりですが、今後もよろしくお願いします。

1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 最初次のページへ >>

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス