■アトリエ・ポレポレ■


アトリエ・ポレポレは障害のあるなしに関わらず、
あらゆる違いをみとめあいながら、
描き創造するのびやかで豊かな時間があります。


決まったかたちや、技術、既成概念にとらわれず
気持ちよく表現をしたいと思う方ならどなたでも参加できます。


月2回、第2・4土曜日の13:30~17:00、アーツ千代田3331の
AFT オープンスペース(地下1階105号室)にて活動しています。


興味のある方はこちらまでお問い合わせください。



えんぴつABLE ART JAPAN


エイブル・アート・ジャパンは、「社会の芸術化、芸術の社会化」を
キーワードに活動するNPO法人(民間非営利組織)です。


障害のある人の表現と社会をつなぐアートスペース[A/A gallery]の
運営にも携わっています。



えんぴつAble Art Company


障害のある人たちのアートを、広告や商品のデザインに使用することを
仲介し仕事につなげています。アーティストについてのお問い合わせ、
お仕事の依頼も承ります。



ランキングに参加しています


クリックで応援してください!




アトリエ・ポレポレのブログ

1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
2017-08-13 23:34:53

一緒だと楽しい!:2017年8月12日

テーマ:アトリエ

8月12日のポレポレの様子をお伝えします。

 

 

8月の第2週はお盆休みと重なりがちですが、

今回は会場が使えるため、希望もあり実施したところ、

想像以上に多くの方が集まりました。

 

ゲストの方も多く、ボランティアさんのお母さんが

娘さんの話を聞いて興味を持たれて、体験に来られました。

ポレポレが親孝行につながったようでよかったです。

 

さて、この日のテーマは・・・・・・

 

 

「空をとべたら・・・」

 

メンバーの作品を見てみましょう。

 

 

 

ボランティアさんのお母さんに会えて、

うれしかった様子の裕士くん。

海を描いている様子ですが・・・・・・

 

 

トビウオなどの魚が、海から飛び出ているところでした。

海上に気球が飛んでいるのが裕士くんらしいですね。

 

 

 

 

裕士くんの前では、

いつもより早めに来ていた大河原くんが描いていました。

 

 

こちらは「空飛ぶ車」とのこと。

 

 

こちらは空に浮かぶ雲や月を描いたようです。

温泉に入っているのは、ご本人かな?

優雅な感じですね。

 

 

 

 

ゆうまくんが描いているのは、大きなトラとのこと。

よく目立つ、明るい色彩ですね。

 

 

こちらは背景を塗って完成させた、前回の続きの作品。

屏風のように背景を金銀でピカピカにしていました。

 

 

 

 

その前で描いていた力くんは・・・・・・

 

 

上空から風景を描いたそうです。

同じテーマでも、

こういうとらえ方ができるんだな・・・・・・と考えさせられました。

 

 

 

 

この日はクレヨンを使用していた泉くん。

ボランティアさんと鉄道の話を熱心にしていました。

 

 

視点としては力くんとも重なっていますが、

2枚の紙をつなげて、理想の路線図を描いていました。

 

 

 

 

濱田さんは、この日も

水彩色鉛筆を使って慎重に描いていました。

 

 

空には雲が浮かんでいます。

富士山の見える風景だったんですね。

 

 

 

 

重さんが久し振りに来てくれました。

満足そうな表情をしていますね。

 

 

ある品種のブドウとマスカットの木を書いたそうです。

名前を聞いたのですが、忘れてしまいました。

 

スチューベンとシャインマスカット、だったかな・・・・・・。

全く知らない名前でした。

 

 

こちらは大好きな幸水梨とバナナの木でした。

まだまだ暑いと思っていましたが、

重さんの絵の中には、秋の気配が現れていますね。

 

 

 

 

麻央さんは顔がついてしまうのではないかと思われるくらい

画用紙に顔を近付けて描いていました。

 

 

絵の具たちが空に浮かんでいくようなイメージが見えてきました。

 

 

 

3部作になっていますね。

 

 

 

 

最近メンバーに加わってくれたちかさん。

ボランティアさんと映画や音楽の話で盛り上がっていました。

 

 

 

空に浮かぶ太陽を描いたそうです。

情熱の赤!ですね。

 

 

 

 

この日はゲストの方が多かったため、

気合いが入っていた太一くん。

 

 

群馬県の水上に行ってきたそうで、写真を見せてくれました。

 

 

風船の絵とのこと。

水上で風船の芸を見たからなんだそうです。

 

 

こちらは水上の景色のようです。

 

 

この日は三熊さんが見学に来てくれました。

 

三熊さんは私の後輩にあたり、

彼が中心となって6年前と3年前に行われたグループ展に、

太一くんは絵画を、私は補助的に映像を出展しました。

(3年前の様子はこちらをご覧ください)

 

そのグループ展は3年ごとに行われるため、

展覧会のお誘いに来られたのです。

太一くんもぜひとのことでしたので、出展が決まりました。

 

三熊さんは写真が専門ですが、

油絵も描かれるので、キャンバス持参で、

太一くんの描いている様子をよく見られながら、

スケッチをしていました。

 

展覧会に関しては、時期が近付いたら改めてお伝えしますね。

 

 

 

 

ダンスの後に来て、気分が高揚していた美名子さん。

この日も絵の具に砂を混ぜていました。

金色の絵の具で木を描いていたようです。

 

 

サイモンさんと一緒に自分の作品を見て、

何か思うことがあったのか・・・・・・

 

 

今度は青系の絵の具で木を描いていました。

作品がどんな風に変化していくのか楽しみです。

 

 

 

 

最後にこちらの絵を紹介します。

 

この絵を描いた後、「描かないの?」と言われると、

「うるさ〜い!」と言いながらも、

その後に描くわけではありませんでした。

 

だけど、まわりの様子を見ている時の

表情は常に笑顔でした。

場の雰囲気を楽しんでくれていたようです。

 

サイモンさんがよく言います。

「ポレポレに来る前と来た後では、

来られた方の表情が全然違う」と。

 

ポレポレはアトリエ活動ですので、

描くことは大切ではありますが、

一緒に場を楽しむことも

同じくらい意味のあることなのかな・・・・・・と思います。

 

 

この日、ボランティアさんのお母さん以外に、

もうひとりの体験の方がいました。

 

最初に緊張されたようでしたが、

「ここでは間違っていることはないんですよ!」とお伝えしたところ、

徐々に雰囲気になじんで、集中して描けたそうです。

 

別の方からも、

「ポレポレのみんなと一緒に描いていると楽しく、

にぎやかなのに集中できた」という

感想があったことを思い出しました。

 

絵はひとりでも描けるものですが、

直接にかかわるわけではなくても、

同じアトリエの中で、一緒に描くことで

生まれる価値があるんだな・・・・・・と考えさせられました。

 

 

ゲストの方も多かったので、

この日はお茶の時間もにぎやかでしたよ。

 

 

次回は8月26日です。お待ちしていますね。

AD
いいね!した人  |  リブログ(0)
2017-07-24 21:47:23

自分の色とイメージ:2017年7月22日

テーマ:アトリエ

7月22日のポレポレの様子をお伝えします。

 

 

暑い日でしたが、新たに見学の方も来られるなど、

常に人であふれていたこの日のポレポレでした。

 

 

これはポレポレにある画材のパステルですが、

この日のテーマとも少し関係があります。

 

正解は・・・・・・



「青ってなにいろ?」

メンバーの作品を見てみましょう。




美名子さんは墨と赤いアクリル絵の具を混ぜて、
ワイン色の下地を塗り始めました。

 

この日のテーマも影響したのだと思いますが、

下地を塗る中でイメージが湧いたようで、
「海を描く!」と言っていました。



下地を塗り終えた後は、砂をパレットに入れ始めました。
金の絵の具に混ぜるようです。



ペインティングナイフを使って、木を描き始めました。
砂が入っているため、ゴリゴリという音がしました。



横から撮ると、絵の具の盛り上がりがわかりますね。



写真が切れてしまい申し訳ありませんが、
この日は最終的にこのようになりました。

 

最初は「これが海になるの?」と思っていたのですが、
少しずつイメージが形になっていくのが不思議ですね。

 

 

 

 

いつもは裕士くんの隣に誰かが座ることが少ないのですが、

今日はメンバーが大勢いたため、
裕士くんと麻子さんが並んで描いていました。



裕士くんが真っ先に青でイメージしたのは、
富士山だったようです。
ピカピカの太陽も健在ですね。



その後は、青色からイメージしたのか、

「ジーンズを描いているんだよ!」と言っていましたが。
下絵にはどことなく常夏の景色が見られました。

 



マウイ島の風景を描いたそうです。
手前の人は、熱中症で倒れているところとのこと。

ピカピカの砂浜の色を見ていると余計に暑さを感じます。


マウイ島ではなくても、酷暑が続いている時は
熱中症には気を付けないといけないと
この絵は教えてくれていますね。





麻子さんは暑さに負けず、
美空ひばりさんの「真赤な太陽」を熱唱していました。



こちらはラピスラズリやターコイズなどの

青い宝石を描いたとのこと。



その次には、ブルーハワイのゼリーやソーダなど、
夏のスイーツを描いたそうです。
美空ひばりさんの情熱的な歌とは対照的な
クールな作品を描いてくれました。

 





周平くんはテーマを聞くと、

真っ先に青の色鉛筆を手にしていました。





青い魚や鳥が次々と登場!



こちらは「○○先生の保育着」とのこと。
周平くんの口から、「保育着」なんて

普段使わない言葉が出てきたことに驚かされました。



これは「由比ヶ浜で泳いでいるところ」とのことです。

理由は教えてくれませんでしたが、

なぜ由比ヶ浜なんだろう・・・・・・?

そして、なぜこのシャツなんだろう・・・・・・?

 

 




サイモンさんに見守られながら描いているのは、

久し振りの濱田さん。



水彩色鉛筆を使って描いていたのは、南の島でした。
画材が違うだけあって、裕士くんの島とは雰囲気が違いますね。
見ていると涼しさを感じてきました。

 



 

テーマを聞いて、「今日は太一のためのテーマじゃない!」と

お母さんが思わずこぼしたぐらい、

青といえば最近の太一くんの象徴的な色になっています。



果たしてテーマを意識したのかはわかりませんが、
この日も蜜蠟は青が中心でした。



外側に飛び出た青を見てください!

勢いよく絵の具を塗り進めた様子が伝わってきます。

その後はへらを使って削っていました。



 

この絵はどちらも「海」とのことです。

外から見た海か、海の中から見た景色か・・・・・・。
同じ青でも、色の重なりや濃淡の違いがあって、

ひとつひとつ違う作品になっていますね。

 

太一くんはペンで書くときに、

かかわりのある人の名前を取り入れることがあります。

 

最近よく来てくれるボランティアさんのことを気にかけたのか、

自分の名前の横に、勝手に名字を変えて、

「村山朝子さん」と書いていました。



その後にどんどんペンで書き足していったため、

「村山朝子さん」の名前は見えなくなっていきました。

 

ペンで書いた文字などが集まって、

私にはマンボウのように見えてきました。



ペンの後は、青の蜜蠟で勢いよく塗りましたが、

マンボウが海の中を泳いでいるようにますます見えてきました。



蜜蠟の後には絵の具を塗るのですが、
今回は少し塗り方を変え、筆で模様をつけることにしたようです。



最終的にはこのような作品になりました。
タイトルは「加茂水族館」。

ペンの時点でこのような形になるとは想像もできませんでした。

少し技法を変えて、新たな一面を見せてくれましたね。

 

加茂水族館はクラゲの展示種類数が世界一の水族館で、

太一くんは実際に行ったことがあり、

ポレポレでも以前加茂水族館の絵を描いたことがありました。


この日の朝、ちょうどテレビで加茂水族館が
特集されているのを見て、
再び描いてみようと思ったそうです。

 


この日、サイモンさんのような衣装で来たボランティアの朝子さんは、
太一くんの絵を布にした服をぜひ着てみたいとうれしそうでした。




この日に太一くんが使ったパレットは最終的にこのようになりました。

このパレットも太一くんの作品の一部ですね。

 





裕也くんは前回作品を仕上げたということもあり、
「初めての挑戦をする!」と意気込んでいました。

画面を2分割するそうです。



萌さんが裕也くんのために、
液体粘土を入れてくれたため、力をもらえたようです。



これはまだ途中ですが、
このような形で次から少しずつ塗り進めていきます。



バンドも忙しい裕也くんは、

今度ポレポレの日に練習が重なってしまうけどどうしよう・・・・・・と

萌さんに相談していました。

相談した中で、終わってから来るということにしたそうです。




萌さんはこの日もあじさいシリーズでした。
カラフルな作品を描く一方で・・・・・・



テーマを意識したような作品も見られました。






力くんはいつもに比べると
人物をたくさん画面に登場させていました。



これからヒマラヤに登ろうとしている人たちとのこと。
一番右の方は現地の方とのことです。

 

裕士くんも山をイメージした作品を描いていましたが、
青でこういう作品が出てくるということに驚かされました。





麻央ちゃんは暑さにも負けず来てくれました。
青が登場するかと思っていたのですが、

麻央ちゃんの画面には燃えるような炎が・・・・・・。





でも、この日の麻央ちゃんにとって、

青とはこういう色に映ったのかもしれませんね。

自分の色とイメージを大切にしてもらえたらと思います。

 

 




ゆうまくんは前回の続きでした。

こちらも明るい色がいっぱいです。




この日はもう少しで完成のところまで行きました。

完成が楽しみですね。

 





こちらは久々に来られた方の作品です。
「うるさい〜!」と言いながらも、笑顔で描いていました。
また来てくれたらうれしいです。





この日は大勢の方がいらっしゃったこともあり、
お茶の時間も活気がありました。



前回来られた慶應義塾大学文学部岡原研究会の2人が

この日も来られて、サイモンさんからお話を聞いていました。
卒業研究で展覧会の実施を行う予定とのこと。
ポレポレでの経験が生かされるといいな・・・・・・と思います。




こちらはサイモンさんが「おもしろい!」と言っていた、

岡原研の方の作品です。

 



向かい合って描いていた周平くんがこんな作品を描いていました。

関係ないようで、実は意識しているんですね。




さて、8月のポレポレは12日と26日です。
ポレポレに関心がある方なら、
体験や見学、ボランティアなど歓迎しますので、
お問い合わせくださいね。

AD
いいね!した人  |  リブログ(0)
2017-07-23 19:34:55

8月のポレポレの日程について

テーマ:お知らせ

8月のポレポレの日程についてお知らせします。

 

 

例年は第2週目が会場のお盆休みと重なることが多いため、

8月のポレポレは1回になることが多いのですが、

今年は休館日と重なりませんでした。

 

メンバーのみなさんからの要望も多かったことから、

8月は通常通り第2・4土曜日の開催になります。

 

8月12日・26日に開催しますので、よろしくお願いします。

AD
いいね!した人  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。