青い柳の樹のように  - counselor's blog -

青い柳の樹のように  - counselor's blog -

名古屋の老舗カウンセリングルーム「アンフィニ」の代表カウンセラーの青柳と申します。
少しでも多くの人にカウンセリングや心に関心を持つ機会になって頂ければという願いを込めたブログです。
皆様の生活に身近に感じられ「気づき」になれますよう。

このブログは、心理学やカウンセラーを身近に感じ、
目にとまった皆さんの心に、何か「気づき」が届けば…という、
「大河の一滴」のような願いを込めてお届けいたします。キラキラ

虹ホームページリニューアル!!http://www.co-infini.com/

過去記事 はコチラ     ※中部経済新聞2010.12.23掲載

【カウンセリングルーム「アンフィニ」/名古屋市中区】 
【青い柳のココロカフェ/養成講座/お知らせ】


心理カウンセラーと心理学を身近にするブログです。
皆さん、本日の心の天気はいかがですか(^^

さて、今回は「大人と子供」について。

皆さんは、最近どんなニュースが気になりましたか?

大谷選手の顔は見ない日はありませんね。

 

最近驚いたニュースの一つですが、

名古屋の小学生が、同級生から詐欺にあって、

100万円近くのお金を騙し取られたという事件です。

 

事件は、一枚の記念メダルの自慢から始まりました。

「このメダルは価値が上がるよ!」

それを何十万円で買ったことから、他の同級生も被害者の小学生に、

何かしらの紙幣などを価値が上がると言って購入を勧めたのです。

 

被害に遭った小学生が、

お父さんに告白したことから発覚に至ったのでした。

 

ビックリですよねー。

私たちが小学生の頃は、100円もいい価値を放っていました。

それが100万円とは凄いインフレ感です。

 

この事件で驚くのは2点あります。

 

①100万円もの金額がターゲットになったこと

 

この被害者となった小学生は、

「100万円持っているんだ。」

ということを自慢していたそうです。

 

お金を持っていることを自慢してしまうと、

ターゲットにされてしまうんですね。

これは大人も然りの話です。

②価値が上がるとほのめかす詐欺をしたこと

 

最近の子供たちの玩具のなかには、

"レア度"

というものと金額の関係が身近になっています。

 

ポケモンカードなどはその最たるものですね。

今回は知らないような硬貨や紙幣の価値で詐欺られています。

これまた大人の世界の詐欺でも、よくある話です。

どちらも大人の世界でもあること。

 

大人のやっていることを子供が模倣してしまっています。

 

キャッシュレスの世の中。

大人だって、キャッシュレスのほうが出費が増大するようですから、

もしかしたら、現代の子供たちには、

お金の価値が伝わりにくいのかもしれません。

 

子供の世界で起きていることは、大人も関わること。

子供がちゃんとお金を学ぶということは、

現代では大事なことの一つかもしれません。虹
 

 

 

いつも有難うございます。

学んだことで悩んだときはアンフィニへ!

.

ご予約は052-253-5040まで!

∞ ----------------------------------

#カウンセリング #名古屋 #中区
#心理学講座 #コミュニケーション
#カウンセリング口コミ #評判

#法人メンタルケア #社員教育 名古屋

#カウンセラー非常勤 #名古屋
∞ ----------------------------------

 

 

【カウンセリングルーム「アンフィニ」/名古屋市中区】 
【青い柳のココロカフェ/養成講座/お知らせ】


心理カウンセラーと心理学を身近にするブログです。
皆さん、本日の心の天気はいかがですか(^^

さて、今回は「本末転倒」について。

皆さんは、どんなことにこだわりますか?

こだわり度合いは高めですか?

 

日本人というのは、比較的豊かな国ですね。

"これしかない"という選択肢であることは少なく、

多くのことから選ぶことが出来ます。

 

多くのことから選ぶことが出来ると、

選択肢が増えるので、"こだわる"ことができます。

 

選択肢が沢山あって、

更には、関心があることや好きなことは、

特にこだわりやすいですね。

 

例えば、あるところに兄弟がいて、
ある日、おやつのショートケーキの苺が、
兄のほうが少し大きかった日がありました。

弟は、不公平感を感じて、
おやつの時間が楽しくなくなりました。

それから弟は、ポテトチップスの枚数、
ジュースの容量、何から何までこだわるようになったことで、
おやつの時間の兄弟喧嘩は増えたのでした。

本当は、この弟、
おやつの時間が好きだと思いませんか?

好きだからこそ、過剰に反応して、
根に持ってしまったのですが、
結果として好きな時間に、楽しくないことが増えたのです。

 

健康のために食にこだわり過ぎてしまう、
男女平等にこだわり過ぎてしまう、

年齢差別にこだわり過ぎてしまう、
金銭的な収支にこだわり過ぎてしまう。

 

大切にするのは、幸せになりたいからですよね。

幸せになりたいためにこだわったはずが、

多くのストレスになっては、本末転倒ですよね。

 

先日、結婚したのに、

夫婦別姓にこだわるあまりに離婚して事実婚という夫婦が報道されてました。

 

"これしかない"という前提ならゴチャゴチャしないでしょうけど、

下手に選択肢が多いことで、

現代では、"迷走"できてしまうのでしょうね。

 

皆さんや、皆さんの周りで、

こだわるあまりにストレスが積み重なっていることありませんか?虹
 

 

 

いつも有難うございます。

ストレスが溜まったときはアンフィニへ!

.

ご予約は052-253-5040まで!

∞ ----------------------------------

#カウンセリング #名古屋 #中区
#心理学講座 #コミュニケーション
#カウンセリング口コミ #評判

#法人メンタルケア #社員教育 名古屋

#カウンセラー非常勤 #名古屋
∞ ----------------------------------

 

 

 

 

【カウンセリングルーム「アンフィニ」/名古屋市中区】 
【青い柳のココロカフェ/養成講座/お知らせ】


心理カウンセラーと心理学を身近にするブログです。
皆さん、本日の心の天気はいかがですか(^^

さて、今回は「正しさ」について。

皆さんは、かるた遊びをしたことがありますか?

どんなかるたでしたか?

 

かるたって、色々な種類があります。

動物、妖怪、ことわざ、恐竜などなど。

何かしらのキャラクターの場合もあるでしょう。

 

数年前に、香川県が企画した「うどんかるた」。
その「つ」の読み札が問題だとクレームがあり、
販売が延期されました。

 

「強いコシ 色白太目 まるで妻」

 

皆さんは、この札をどう感じますか?

ユーモアと感じますか?

蔑視、差別のように感じますか?

 

個人的には、地元のうどんの良さをアピールしているので、

ほのぼのとしたものしか感じませんが、

誰かにとっては、クレームの材料になったのでしょう。

・顔が見えない
・当人から反論されない
・同調者が欲しい

・うまくいかないうっぷん晴らし

・正しさの押し付け

 

現代は、ちょっとしたことで、

"正しさ"の矛先が、何かに向きやすいです。

 

誰もがそれぞれに持っている、

"正しさ"という危うい矛

 

その矛は、誰かを攻撃するときに"快感"に変ります

…ということを一人一人が知っていると、

もう少しだけ"寛容"な世の中になるかもしれません。虹
 

 

 

いつも有難うございます。

矛を振り回したときはアンフィニへ!

.

ご予約は052-253-5040まで!

∞ ----------------------------------

#カウンセリング #名古屋 #中区
#心理学講座 #コミュニケーション
#カウンセリング口コミ #評判

#法人メンタルケア #社員教育 名古屋

#カウンセラー非常勤 #名古屋
∞ ----------------------------------

 

 

 

 

【カウンセリングルーム「アンフィニ」/名古屋市中区】 
【青い柳のココロカフェ/養成講座/お知らせ】


心理カウンセラーと心理学を身近にするブログです。
皆さん、本日の心の天気はいかがですか(^^

さて、今回は「バランス」について。

皆さんは、子供の頃「否定」されましたか?

全くされませんでしたか?

 

時代の傾向として、

『個の尊重』ということからか、

学校の先生も子供に対して𠮟ることに慎重になっていますよね。

 

昔に比べて、理不尽でアタオカな先生が減ったことは、

きっと子供の環境にとってはよいことでしょう。

 

しかし、、

「叱られる」=「否定」=「悪」

という式はどうなのかなとも思います。

 

先日ワイドショーで辞める新入社員についてのコーナーで、

何調べかはわかりませんが、

4人に1人の割合で叱られた経験がないとのこと。

 

叱られた経験がない人間は、

自分の思い通りでないことに腹を立てるようになったり、

人の助けまでも叱咤に否定を感じるようになります。

 

・してもらったことで喜んだ経験
・何かをされて怒った経験
・別れで哀しんだ経験
・誰かと何かを楽しんだ経験

通常これらは人生の中で、
色々なパターンで繰り返されます。

子供の頃には分からなかった感情も、大人になって分かることがあります。
厳しく感じていた言葉が、大人になって沁みることがあります。

友達との別れが、自分を省みる機会になることがあります。

完璧で絶対だった親。

大人だと思っていた親が、
いつの間にか子供のように見えてきたりもするでしょう。

それは、色々な感情の経験をしているからです。

偏った経験は、偏った感情を作ってしまうのです。

 

流行の尊重というのは、人間としての権利の主張だと思います。

ならば人には等しく『転ぶ権利』があります。

失敗すること。

否定されること。

誰かや自分に怒りを感じること。

悔しいと思うこと。

 

それがあるからこそ、

優しさを知り、優しさを感じることができたり、

有難さや、情熱を燃やすことができるのです。

 

『転ぶ権利』をしっかり使い、立ち上がっていきましょう。虹
 

 

 

いつも有難うございます。

立ち上がれないときはアンフィニへ!

.

ご予約は052-253-5040まで!

∞ ----------------------------------

#カウンセリング #名古屋 #中区
#心理学講座 #コミュニケーション
#カウンセリング口コミ #評判

#法人メンタルケア #社員教育 名古屋

#カウンセラー非常勤 #名古屋
∞ ----------------------------------

 

 

 

 

【カウンセリングルーム「アンフィニ」/名古屋市中区】 
【青い柳のココロカフェ/養成講座/お知らせ】


心理カウンセラーと心理学を身近にするブログです。
皆さん、本日の心の天気はいかがですか(^^

さて、今回は「利己主義」について。

皆さんは、自分を強い人間だと思いますか?

あまり思いませんか?

 

【利己主義】…自己の利益を重視し、他者の善行を軽視、無視する考え方。

 

利己主義な人のイメージはどんなですか?

自分勝手で好き勝手にイケイケドンドンに生きている感じの人が、

イメージとして浮かびやすいかもしれません。

 

しかし、自分のことばかりな「保身的」な人もまた、

同じく利己主義の一種です。

 

□自分がどう思われるか気になる

□自分なんて生きてても仕方ないと思っている

□自分の言葉がどう解釈されるか怖い

□自分の立ち位置をどう振舞えばいいか気を遣う

□自分が嫌われないために言いたいことが言えない

□自分が犠牲になることでしか居場所をつくれないと思う

 

あたかも、誰かのために右往左往しているように見えたり、

一見、人に優しいように見えますが、

実は、どこを切っても「自分」「自分」なのです。

 

利己的な人は、誰かの反応ひとつに大きく左右されます。

自分の価値は、他者の反応とその解釈にかかっているのです。

 

そうすると生き方が弱くなります。

それとは逆に…


□困った人のために自分のできることをしよう
□悲しんでいる人を放っておけない
□誰かの優しさをちゃんと感じられる
□自分の愛する人を大切にしたい
□自分が関われる人たちを大切にしたい
□誰かの笑顔に喜びを感じる


こういう人は「利他的」です。

利他的である人は、「自分」よりも誰かになり、

求められる人になりますし、貢献感も感じられます。

 

そうすると生きる力は強くなります。

細かい部分では、気を付けることもありますが、

利己主義から利他主義に視点を変えることができたなら、

もっともっと強い人間になることが出来るのです。虹
 

 

 

いつも有難うございます。

強くなりたいときはアンフィニへ!

.

ご予約は052-253-5040まで!

∞ ----------------------------------

#カウンセリング #名古屋 #中区
#心理学講座 #コミュニケーション
#カウンセリング口コミ #評判

#法人メンタルケア #社員教育 名古屋

#カウンセラー非常勤 #名古屋
∞ ----------------------------------