「ゼロ ALIVE」 " あなたの本来の生き方へ "
  • 21Jan
    • 1番つながりたかった自分を生きるために " あなたらしさを開放する "の画像

      1番つながりたかった自分を生きるために " あなたらしさを開放する "

      ◯あなた自身に目覚める時◯あなたの内側にある『才能』を、開花させて「生きていく」。あなたの【幸福】を、あなた自身で叶えていくために。あなた「らしさ」とは、●あなたの求めているもの●あなたの感じたいもの●あなたの叶えたいものそういった、【生きることを純粋に楽しむ力】を、【開放している状態】のことを言います。多くの人は、【制限の中】で、【命】を生きています。だから、「らしさ」を発揮できにくくなっています。【制限】の中では、生きることを「純粋」に楽しむことは、むずかしくなるからです。人間は、環境に「適応」することが「得意な生き物」なので、【制限】の中でもその環境に「適応」して、命を楽しむことはできます。だけど、『生きることを純粋に楽しむ』とは、そもそも【制限というブロックのない世界】でのお話になります。【純粋】とは、混じりっけなしの100%です。「生きること」を、「純粋に楽しむ」とは、100%のあなたを、100%楽しむということです。そこに、制限はありません。100%のあなたを、98%にした時点で、そこには、【制限】が生まれています。もしその【制限】が、50%もあったのなら、あなたは、「本来のあなた」の50%しか発揮できない状態で、「命を生きている」ということになります。だからこそ、「らしくない」と、あなた自身で感じてしまうわけです。その『感覚』は、とっても「正しい」センサーです。求めているものがあるのに、求めてはいけないと「思い込んでいたり」感じたいことがあるのに、感じてはいけない状況にいると「信じ込んでいたり」叶えたいことがあるのに、叶えることは不可能だと「決めつけていたり」人は、いつの間にか生み出した【自己制限の中】で、自分を抑え込んで生きています。だから、「らしく」在りたいと願い、「らしく」在りたいと恋こがれます。実際にその一歩を踏み出すことをしないからこそ、その「思い」は余計に募っていきます。「自分らしく」在りたいと。だけど、その【制限】を、本当は誰もあなたには、課せてはいません。どんな環境であっても、どんな状況であっても、その【制限】を作り出しているのは、【あなた自身】です。そのことを、ハッキリと受け容れ、【自覚の意識】を持って、あなた自身と向き合うと、◯どれだけジブンに嘘をついて生きていたのか?◯どれだけジブンに無理をさせて生きているのか?◯どれだけジブンのことを愛していないのか?その【自己愛】に気がつきます。自分のことを大事にしていない人が幸福を望んでも、宇宙は、あなたに幸福を用意することはできません。【本人が、望んでいないから】です。その【制限というブロック】を飛び出さない限り、【制限の外に出る】ことはできません。つまり、【あなた自身】の内側で、【変化】を起こさない限り、【あなた自身】が、【変わること】はありません。【制限】の向こう側には、大きな世界が待っています。あなた「らしさ」を思いっきり【開放できる】大きな世界が、そこでは待っています。◯「あなたの宇宙」を書き換える◯世界を変える方法は、「1つ」です。●【認識】を変えることです。「してはいけない」と、【思い込んでいる】認識を、「してもいいんだ!!」に、新しく変えて、【思い込む】ことです。●『視点』を変えることでも、いいかもしれません。『見方を変える』◯なぜ今までは、そのことを【制限】していたのか?そこには、◯自分のどんな記憶や、刷り込みが「紐ついている」のか?◯その『見方でしか』ものを見てはいけないと、思い込んでいる自分のブロックは何か?『視点』を変えるだけでも、自分の【脳内情報】を知ることができます。◯あなたが、思い込んでいる価値観は何か?◯あなたが、信じている情報は何か?◯あなたが、大切にしたいと思っていることは何か?それらの【価値観を構成している】さらにもう1層「奥にある情報」それこそが、【あなたの認識】を作り出す「元」です。その情報に「アクセス」して、●本当にそれが正しいのか?●本当にそれを信じたいのか?●本当にそれを貫きたいのか?を、「確かめていく作業」が、【あなたらしく生きるため】には、とっても大事なことになります。その情報にアクセスする手段こそが、『視点の変化』です。『視点を変える』ということは、今まで信じてきた「ものの見方」を、変えてしまうということです。つまり、あなたの今までの常識を「疑う」ということ。そうすることで、自分の「認識(思い込み)の土台」に、直接働きかけることができます。あなたが思い込んでいる【認識】は、◯あなたが取り入れてきた知識、◯あなたが感じてきた経験、◯あなたが組み立ててきた思考法など、様々な「情報」を総合的に積み重ねて、できあがっています。だけど、「注意する点」があります。それが、それらの情報を、常に「更新」しているのか?という点です。人間の「脳」は、ラクをします。実際に現代人の脳は、5%しか使われていません。つまり、ほとんど「使わない」という、脳の特徴があります。それは、一度【認識】したものを、「永遠に再利用すること」で、脳の機能を使わなくてもいいように、脳自身がしている、ということです。歯磨きを、いちいち脳を使わなくても毎日できるように、自転車に乗ることを、いちいち脳を使わなくても毎日できるように、言葉を話すことを、いちいち脳を使わなくても毎日できるように、「脳」は、機能を保存して、無意識レベルで身体を動しています。身体を動かせるということは、「思考」も操作できているということです。それらは、【あなたの認識】をベースにして、脳が判断をしています。だからこそ、【あなたの認識】が変化すれば、無意識レベルで勝手に「脳」が、あなたの行動を変化させ、あなたの思考を変化させてくれます。これが、【脳の活用法】です。「自分をコントロール(自制)」して、人生を想いの通りに動かしていくには、自分の「脳」と、仲良くなる必要があります。脳は、まだまだ眠っている状態です。その眠っている部分を、1%でも起こしていくことができれば、あなたが、あなたらしく生きることに、とっても役立つことになります。そのために、まずは「あなたの現在の認識」を疑い、「あなたが作り出したのブロックの存在」に、あなた自身で気がついていくことです。あなたにとって、『行動を制限するブロック』が何であるのか?『考え方を変えれないブロック』が何であるのか?を、あなた自身で「知ること」ができれば、必ず改善することができます。【習慣】が変わらないのは、【認識】が変わらないからです。その逆に、【認識】さえ変えてしまえば、【習慣】も変わってしまうということです。◯さぁ、あなたを開放しよう◯人間の持つ『潜在性の開放』は、もっとも自然なことです。それは、あなたらしさを100%開放して、この世界を純粋に楽しむということです。あなたらしさを『開放する』ための【学問】【知識】【情報】は、この世界に溢れています。あとは、あなた自身が『選択をするかどうか』だけです。◯あなたらしく生きたいのか?それとも、●【制限の中】で生きたいのか?それを「決めることができる」のは、この世界で1人しかいません。ぼくたちが、この青く輝く、生命豊かな惑星に生まれてきた理由は、『生きるため』です。だからこそ、●どう生きるのか?今後、人々の『焦点』は、そこに合っていきます。あなたはこの世界に、たった1人の存在です。ぜひ、【あなたを生きる旅】を、【純粋】に楽しんでください。ぼくも【純粋】に楽しみます!尚、今回の記事は、2018年7月25日に、投稿した記事になります。---------------------------------------facebookグループ「セルフリニューアル」では来年からの新しい時代を「軽やかに生きる♪」自分をリニューアルする情報を無料シェアしていきます。来年2021年から新しい時代が始まります。その名も、『風の時代』今年2020年で240年間続いた「地の時代」が幕をおろします。そして、2021年からは、新しい240年間の時代が始まっていきます。軽やかに心地よく「自分をリニューアルしたい方」はぜひ、そんな流れに乗ってください☆ぜひ、気軽に参加してください♪   ↓ ↓  こちらから  ↓ ↓セフルリニューアル2021年から新しい時代が始まると同時に、今までの重たい自分を " あたらしくリニューアル " するための情報シェアする公開グループです。 キーワードは「軽やかに」「どこまでも透明に」 自分を軽くした先にある " 1番つながりたかった自分 " と繋がっていくために。 どなたでも参加可能ですが、すべての人にとって心地よく利用してもらうために、規約を違反し…www.facebook.com---------------------------------------本日も最後まで読んでいただき、本当にありがとうございます。いつもあなたには良い風が吹いています!Chao!西野たかお/nishino takao関連記事:『学び』は繰り返すことで身につく関連記事:他人は決して変えてくれない

  • 20Jan
    • もう過去に縛られない! " 感情にある傾向とパターン "の画像

      もう過去に縛られない! " 感情にある傾向とパターン "

      あなたが今、何かに悩み、とっても辛いと感じるときは、あなたがそう思うのは、「過去のあなたの感情」であり、「過去のあなたの思考」であることを、きちんと知ってあげてください。それは、「今のあなた」とは、まったく関係がない、ということを。ダリル・アンカがチャネリングする、エササニ星人のバシャールはこう言っています。『現象』(現れたすがた・カタチ)は、ただ『現象』として起きているだけだ、と。そこに意味付けをするのは、「あなた」だ、と。つまり、起きた現象自体には、良いも悪いもなく、その起きた現象にどんな意味付けするのかは、「あなた次第」だ、ということです。だから、もし、あなたが悩んだり、辛かったりする時には、是非、覚えておいてほしいことがあります。それは、あなたが感じている『感情』に、フォーカスを当てるのではなくて、その感情を起こしている、もう1人の「内なるあなた」に、フォーカスを当てる、ということをです。「感情」には傾向があり、「思考」にはパターンがあります。でもそれらは、過去のあなたに、すべて『紐付いたもの』です。その過去のあなたの感情や思考に、あなたは迷い、悩み、自己を否定し、自己の価値を下げています。だけど、それは、「今のあなた」には関係ありません。特に女性は、揺れやすい生き物です。でも、「今のあなた」は、過去にはおらず、今から創り出す未来を、生きています。だからこそ、「フォーカスを当てる」のは、そう感じてしまう『感情』の方ではなくて、その感情を起こす、内なるもう1人のあなたの方です。つまり、そう感じたり、そう考えてしまう、過去のあなたです。その「内なるあなた」に対して、もうその思い(感情)は、「今は必要ないよっ」と、優しく接してあげてください。そして、内なるもう1人のあなたが、「握りしめている、その思い」を、そっとゆるめてあげてください。「ポイント」となることは、内なるもう1人のあなたが、納得できる言葉をかけてあげる、ということです。例えば、『よく、今まで大切に握りしめててくれたね。本当に辛い時も離さずに頑張ってくれたね。ありがとう。でもね、今のわたしにはそれは必要なくなったの。だから、少し手をゆるめるね。だけど、全部わたしだからね。大丈夫だよ。』とか。あなたが感じてしまう感情や、あなたが考えてしまう思考を、もう、そう感じなくていいんだよ、とかもう、そう考えなくていいんだよ、ってどんどんと許してあげてください。荷を降ろしてあげてください。固く握りしめていると、誰でも疲れてしまいます。だから、ゆるめてあげることを、許してあげてください。過去に、時間や労力を使うよりも、今や、未来に、時間と労力を使ってあげてください。あなたがしんどく、疲れることに時間を使うよりも、あなたが楽しく、輝くことに、時間を使ってあげてください。あなたが生きるのは、過去ではなくて、あなたが生きるのは、今と、未来です。大事なことは、過去と未来を、つなげることです。過去と、未来をつなげることで、過去のあなたが「転生」して、未来のあなたへと昇華していきます。そのために、『過去』は存在します。すべては、素晴らしい『未来』へと、つながるために。その転生の時にいるからこそ、今、あなたは悩み、苦しんでいることも、忘れないでくださいね。すべてを許し、素晴らしい『未来(あなた)』へと、つながるために。尚、今回の記事は、2018年10月15日に、「facebook」で投稿した記事になります。---------------------------------------facebookグループ「セルフリニューアル」では来年からの新しい時代を「軽やかに生きる♪」自分をリニューアルする情報を無料シェアしていきます。来年2021年から新しい時代が始まります。その名も、『風の時代』今年2020年で240年間続いた「地の時代」が幕をおろします。そして、2021年からは、新しい240年間の時代が始まっていきます。軽やかに心地よく「自分をリニューアルしたい方」はぜひ、そんな流れに乗ってください☆ぜひ、気軽に参加してください♪   ↓ ↓  こちらから  ↓ ↓セフルリニューアル2021年から新しい時代が始まると同時に、今までの重たい自分を " あたらしくリニューアル " するための情報シェアする公開グループです。 キーワードは「軽やかに」「どこまでも透明に」 自分を軽くした先にある " 1番つながりたかった自分 " と繋がっていくために。 どなたでも参加可能ですが、すべての人にとって心地よく利用してもらうために、規約を違反し…www.facebook.com---------------------------------------本日も最後まで読んでいただき、本当にありがとうございます。いつもあなたには良い風が吹いています!Chao!西野たかお/nishino takao関連記事:過去を振り返る「意味」関連記事:「不安」は受け容れることでしか、消えないもの

  • 19Jan
    • 「自我」(エゴ)という太陽は光源だから、影を見ることができないの画像

      「自我」(エゴ)という太陽は光源だから、影を見ることができない

      太陽自身は『光源』だから、自分がどれくらいの光を放っているのかを、正確には測れません。でも、海面は、その光量を映し出しています。それは、人も同じです。自分自身という『主観』で動き、反応的に思考し、反応的に行動をとると、自分の本音や人生に置ける現状認識、日常管理時間管理などを、正確に計れなくなってしまいます。でも、【現実という海面】は、必ず全てを映し出してくれています。例えば、満月前後で、少し余分なエネルギーを摂りすぎたとして、・体調が思わしくない・感覚に微妙なズレがある・内側からの発するエネルギーが弱い・惰性に時間を使っているなんでもいいんだけど、【現実】という現象から、「感じること」「起こる問題」「受けとめ方」などを使って、海面に映る自分を『客観視』そして、『俯瞰視』してみることができます。そうすると【軸のズレ】にも、気がつきやすくなります。【軸】とは、【生きる目的】つまり、【人生の醍醐味】です。軸がズレていたら、『命』は必ず漂流してしまいます。今、ここで、例え命が絶えたとしても、後悔をしない『生き方』をするために、自分と現実を照らし合わせて、『これからの生きる』に役立ててみてください。尚、今回の記事は、2018年9月27日に、「facebook」で投稿した記事になります。---------------------------------------facebookグループ「セルフリニューアル」では来年からの新しい時代を「軽やかに生きる♪」自分をリニューアルする情報を無料シェアしていきます。来年2021年から新しい時代が始まります。その名も、『風の時代』今年2020年で240年間続いた「地の時代」が幕をおろします。そして、2021年からは、新しい240年間の時代が始まっていきます。軽やかに心地よく「自分をリニューアルしたい方」はぜひ、そんな流れに乗ってください☆ぜひ、気軽に参加してください♪   ↓ ↓  こちらから  ↓ ↓セフルリニューアル2021年から新しい時代が始まると同時に、今までの重たい自分を " あたらしくリニューアル " するための情報シェアする公開グループです。 キーワードは「軽やかに」「どこまでも透明に」 自分を軽くした先にある " 1番つながりたかった自分 " と繋がっていくために。 どなたでも参加可能ですが、すべての人にとって心地よく利用してもらうために、規約を違反し…www.facebook.com---------------------------------------本日も最後まで読んでいただき、本当にありがとうございます。いつもあなたには良い風が吹いています!Chao!西野たかお/nishino takao関連記事:覚悟と信頼関連記事:『人生を成長させる法則』尊厳を信じること

  • 18Jan
    • " 限られた命の時間 " あなたは何を選択しますか?の画像

      " 限られた命の時間 " あなたは何を選択しますか?

      これからすごく「当たり前のこと」を言うので、ビックリしないでくださいね。ぼくたちの過ごす1日は、24時間しかありません。そんな『限られた時間』の中で、ぼくたちは仕事にいったり、食事をしたり、睡眠をしたり、お風呂に入ったり、友達と話したりします。そうやって、『時間』(命)を使って生きています。そして、どんな時間の使い方をしても、「必ず」1日は終わりを迎えます。つまり、24時間を使い終わることで、1日が終わり、また次の新しい1日がスタートします。凄く「当たり前」のことなんですが、「当たり前」のことだからこそ、本当に『重要なことなんだなぁ~』って最近感じたことがあったのでシェアしたいと思います。どうしてぼくが『時間の大切さ』を「改めて感じたのか?」というと、ぼく自身のとっている『1日の行動』を、1週間分リスト化して「視覚化」してみたんです。つまり、1週間、毎日、毎日、「1日24時間の使い方」を観察するために、『24時間の行動記録』をつけていきました。その結果、自分が「何に時間を使って生きているのか?」が、ハッキリと出ることになりました。つまり、そのリストを見ると、嘘をつくこともできないし、言い訳することもできないということです。もし今日、ぼくが、「人生の最後の日」を迎える日だったとして、たまたまそのリストを見つけた人が、そのリストを見たとしたら、ぼくという人間が、人生を終える最後の日でも、その日1日を、全力で生きたかどうかが、丸わかりになってしまうリストになるわけです。それぐらいに「シビアな目線」をもって、自分自身を観察してみないと、自分の『無意識の習慣』が把握できないと思ったので、やってみたんですが、逆にやってみると、色んな「改善点」が見えてくることになりました。・自分の癖がどこにあるのか?・どういうことに意識が引っ張られるのか?・何に興味をもっているのか?そういったことをハッキリと、視覚化することができました。なので、次の1週間の『行動の習慣』に役立てることができそうです。自分自身の『習慣』を改革していくためには、とてもおすすめの方法になるので、騙されたと思って、1度チキンと自分自身を、自分で観察してみて下さい。きっと、自分のことを内側から見ているよりも、正確に自分のことを確認することができますよ。と、少し話がそれてしましたが、話を『時間』に戻しまして、そもそも本来、宇宙には『時間という概念』が存在していないことを、あなたは知っていましたか?なぜなら、宇宙には「とき」という存在があるのかすら、わかっていないからになります。1秒1秒「時・トキ」を刻む『時間』は、人間が作り出した概念で『人工物』になります。それは、人間という生命体が、必ず「終わり」を迎えるからこそ、「いま」という瞬間の1秒1秒を大切にするために、『時間という概念』を生み出したんです。(これは、勝手な持論ですので)そして、『時間』という概念を持つことで、ぼくたちは『終わりを意識すること』ができるようになりました。つまり、『時間』という概念は、「物事の期限を知る」ためには、とても重要な役割をもつことになりました。なぜなら、ぼくたち人間にとっては、「物事の期限を知る」ことで、そこに含まれている『価値の捉え方』を、「変化させること」ができるからです。たとえば、人の寿命が「永遠」だったとしたら、1000年という『時間』ですら、そこには何の価値も生まれませんよね?「永遠」という期限の中では、例え1000年という時間ですら、あっても、なくても、同じことになるからです。では、人の寿命が5年しかなかったらどうでしょうか?多分、1年という単位では『時間』を捉えずに、365日の1日1日という単位で、さらには、もっと細かく、1時間、10分、1分という単位で『時間』に価値を与えて、『時間』を大切にして、そこにエネルギーを込めて、全力で過ごしていくと思います。このように、『時間という存在』は、物事に「期限」を生みだし、ぼくたち人間は、その「期限」を知ることによって、そこに含まれている『価値の存在』に、気がつくことができます。つまり、『時間』というものは、「物事の期限」によって、「価値が変化するもの」ということになります。そして、ぼくたちが普段、『時間』を意識する、その「基準」とは、その人の「命の価値観」に比例しています。たとえば、人間の寿命は、長くても100年ちょっとだったとしても、決して自分が70歳まで生きれるなんて保証はなく、ましてや、本当に次の1秒後には「生命活動を終えるかもしれない」ということを『理解』している人と、今日、自分が死ぬはずがないと思い込み、ましてや、明日、自分が死ぬことすら意識の片すみにもなく、平均寿命まで「自分は必ず生きれる」と思っている人とでは、同じ1日24時間を与えられていても、その時間を扱う「価値観が違う」ので、同じ時間を使ったとしても、「その時間の内容」には、大きな『差』が生まれてきます。つまり、『期限』『リミット』『終わり』を自覚している人か、まさか今日、じぶんが死ぬなんてことは、まったく思いもしていない『死と向き合っていない人』とでは、【命に対する価値観】が異なるので、『時間に対する意識』の基準も異なってきます。ぼくはよく言うんですが、人間や、その他の生命体、生物も含めて、この世界に「生み出されているもの」には、必ずなんらかの『意味』が与えられていると思っています。それは、「必要のないもの」は、この宇宙という空間の中では、「決して存在しない」という法則で、この宇宙が成りたっているからになります。「必ず」他の存在に影響を与え、全体の「エネルギーの循環」をお手伝いするために、「必要なもの」として存在が許されている、とぼくは考えています。それは、『自然界の作り』がそうなっているからです。食物連鎖や、海と空の関係性、四季に、自転や公転など、全てのものが「完全な調和」をみせて、全てのものに影響を与えるように『循環』をしています。だから、人間1人1人にも、必ず存在意義があって、その『使命』を全うするために、「生きるということ」を体験するんだ、と思ってぼくは生きています。ただし、ぼくがいう『使命』とは、「その人が一番その人らしくあれる、その人が一番らしく生きている姿」そのことを、【使命】と言っています。『使命』とは、自分自身を正しい方向に動かすための、「命のコンパス」という認識です。だから、世のため、人のためといった大層なことでなくても、全然いいと思っています。自分が、窮屈や、少しの我慢もしないように、心の底からのびのびと生きること。そうやって、「やりたいことを、し続けている」ということが、「使命を全うする」という意味だと思っています。シンプルに言えば、・「生きることを純粋に楽しむ!!」・「命を、そして自分を、最大限に輝かす!」といった、自分が「生きることを、積極的にすること」にあたります。そんな『命の選択』をしていくためには、自分自身に『使命』を与えて、自分にとことん正直になって、常に『生きる方向』を正していく必要がでてきます。なぜなら、人間という生き物は、すぐに周囲の環境に流されてしまうからです。利便性や、環境、状況や常識といった社会通念、そういったものにカンタンに影響を受けて、すぐに流されてしまいます。つまり、自分を正しい方向に動かすための、「命のコンパス」がブレてしまい、しらぬ間に『人生の本質』を見失ってしまいます。『人生の本質』とは、『使命を全うすること』です。つまり、「あなたが、一番あなたらしく生きている姿」あなたが窮屈や、少しの我慢もしないように、心の底からのびのびと生きること。それを「全うする」ことが、「その人が一番その人らしくあれる、その人が一番らしく生きている姿」つまり、自分の【命の使命】です。『限られた命という時間』の中で、あなたの人生をどう生きたいのか?その『使命』を自分自身で決めて、その『使命』をあなた自身に与えれてあげれば、本当の意味で、宇宙からあなただけに与えられた『残された時間の存在』に気がつくはずです。たとえば、自然に囲まれたツリーハウスで暮らしながら、この宇宙や、世界に対する興味を追求した生き方をしたい!という『使命』を自分自身に与えたとしたら、その『使命』を叶えるためには、『現実』として何が必要になるのか?たとえば、世界中のフェス(祭り)を周りながら、1年365日世界中を旅する生き方を実現したい!という『使命』を自分自身に与えたなら、その『使命』を叶えるためには、『現実』として何が必要になるのか?たとえば、広い家に住んで、子供に何不自由させることなく、また自分達夫婦もオシャレをできたり、豊かな暮らしをできる生き方を実現したい!という『使命』を自分自身に与えたなら、その『使命』を叶えるためには、『現実』として何が必要になるのか?『使命』を決めることで初めて、あなたの人生や、あなたの生き方に、確かな「方向」が生まれることになります。そして、使命を『実現』していくためには、「時間」「労力」「知識」「お金」「人の縁といった」様々なものも必要になってくるはずです。人生に方向が決まれば、命の時間を何に使えばいいのかがハッキリとします。そして、・ 命の労力・努力をどこに注げばいいのか、・ 命のお金をどこに使えばいいのか、・ 命の縁を、どこを大切にすればいいのか、そういった、自分の内側の【想い】がだんだんとハッキリとしたカタチとなって、『現実』に現れてきます。その「想い」を日々確認して、大切にしていくことで、『使命』を実現することに、自分で『実感』が湧いてきます。それは、「一番自分らしく、生きている姿」を、現実的にイメージ出来るようになるということです。そして、それは、「夢」や「理想」が、単なる夢物語で終わるのではなくて、『現実』として「実現するための目標」に変わる、ということです。自分の『命』とは、自分だけが体験できる貴重な『時間』のことをいいます。その残された『時間』を、豊かさで満たすこと、自分自身が心から満足のいく『命の時間』を体験すること、それが、なによりも「自分を自分らしくさせてくれる」唯一の方法です。命という限られた時間の中で、あなたが「いま」なにを選択するのか?1日という限られた時間の中で、あなたが「いま」どんな選択をするのか?その「選択の基準」を、『未来に紐つけたもの』にしていけば、そう遠くない未来に、必ず「あなたらしく生きている」現実が、必ずカタチをあらわします。『命の意味』を見つめ直して、「生きるということ」に素直になって、そして、あなたらしい「生き方」を追求してみたら、『時間』を、「どう選択していく必要があるのか」も、自然と理解をしていくはずです。そのことは、『一番自分らしくある』ためには、とても大切なことです。そして、『一番自分らしくある』ことこそが、この宇宙の中では、『一番自然なこと』になります。我慢、違和感、不安、窮屈感などを持って、「生きるということ」は、本来、自然界の中ではおかしなことです。「その存在が、もっともその存在らしくあること」こそがもっとも自然で、「当たり前」の世界で、ぼくたちは生きているからです。そのためには、あなたが、 あなたに対して、キチンと『使命』を与えてあげることから全ては始まります。長くなりましたが、この記事が、あなたの人生の可能性を広げる「出会い」になれば、という想いを込めて。尚、今回の記事は、2016年6月3日に、書いた記事をになります。---------------------------------------facebookグループ「セルフリニューアル」では来年からの新しい時代を「軽やかに生きる♪」自分をリニューアルする情報を無料シェアしていきます。来年2021年から新しい時代が始まります。その名も、『風の時代』今年2020年で240年間続いた「地の時代」が幕をおろします。そして、2021年からは、新しい240年間の時代が始まっていきます。軽やかに心地よく「自分をリニューアルしたい方」はぜひ、そんな流れに乗ってください☆ぜひ、気軽に参加してください♪   ↓ ↓  こちらから  ↓ ↓セフルリニューアル2021年から新しい時代が始まると同時に、今までの重たい自分を " あたらしくリニューアル " するための情報シェアする公開グループです。 キーワードは「軽やかに」「どこまでも透明に」 自分を軽くした先にある " 1番つながりたかった自分 " と繋がっていくために。 どなたでも参加可能ですが、すべての人にとって心地よく利用してもらうために、規約を違反し…www.facebook.com---------------------------------------本日も最後まで読んでいただき、本当にありがとうございます。いつもあなたには良い風が吹いています!Chao!西野たかお/nishino takao関連記事:「あなたが変わってしまう法則」自分に時間を使う関連記事:人生を変えるタイムマネジメント1

  • 17Jan
    • 「引き寄せ」よりも大事な " 受け入れの法則 "の画像

      「引き寄せ」よりも大事な " 受け入れの法則 "

      「受け容れること」そうすれば、楽しめます。拒否すれば、怒り、困惑、苛立ち、失望に、襲われます。受け容れたほうが、「うまくいく」『言うは、やすし』ですがね。これは、秘境で10日間ガチサバイバル生活をする『エド・スタフォード』の言葉。・モンゴルのゴビ砂漠・アフリカのルワンダ・フィリピンの孤島・グアテマラの熱帯雨林など、自然しかない「過酷な状況」で、周りにあるものだけを使い『生活』をする。彼の【行動という言葉】を見ているからこそ、この言葉の『重み』が、伝わってきます。・人生を変えたり、・人生を面白くしたり、・人生に意味を与えることも、同じことだと思います。人生の全てを、受け容れること。そうすれば、初めて、人生を楽しめるようになる!でも、自分や人生を拒否し出すと、怒り、困惑、苛立ち、失望に、襲われることになる。受け容れたほうが、全てが「うまくいく」『言うはやすし』ですがね。「引き寄せる」前に、『受けいれること』それを始めない限りは、望んではいないものを、引き寄せてしまうだけです。でも、本当は、「それを望んでいるからこそ」きちんと、引き寄せているんですがね。でも、ここの永遠のループに気がつくためには、「引き寄せ」よりも前に、『受け容れること』です。なぜ、その状況を引き寄せているのか?それを、受け容れない限りは、『引き寄せの法則』を、正しく扱うことはできません。引き寄せたくないものを、「引き寄せている」のは、一体だれなのか?そのことを『受け容れないこと』には、足元を見ずに、空を見ながら行きたい道と違う道を、必死になって歩いているようなものです。「見たくないもの」から目を背けて、いくら違う場所を見ても、必ず『引き寄せられる現実』は、常に同じところを見さされます。それを、否定し続けるから、苦しみ、悩み、苛立ち、失望に、襲われることになる。ポイントは、「受け容れること」を、楽しむこと。どんな人の現実も、それ自体がすでに、『望むものを引き寄せている』と受け容れれば、何を望んでいるのか?が、ハッキリと見えます。でも、それを見ることを拒否するから、苦しみ、悩み、苛立ち、失望に、襲われることになる。なぜ、人は美味しい話や、うまい話しにばかり、「引き寄せの法則」を、自分都合に利用するのか?その『心の在り方』に目を向ければ、自分が何を望み、何を引き寄せていたのか?を、本当に理解していきます。その「カラクリ」さえ分かってしまえば、『引き寄せの法則』を正しく扱い、望みの質を変えて、望む現実を引き寄せることが、できるでしょう。受け容れたほうが、全てが「うまくいく」『言うはやすし』ですがね。尚、今回の記事は、2018年10月2日に、「facebook」で投稿した記事を、リメイクしたものになります。---------------------------------------facebookグループ「セルフリニューアル」では来年からの新しい時代を「軽やかに生きる♪」自分をリニューアルする情報を無料シェアしていきます。来年2021年から新しい時代が始まります。その名も、『風の時代』今年2020年で240年間続いた「地の時代」が幕をおろします。そして、2021年からは、新しい240年間の時代が始まっていきます。軽やかに心地よく「自分をリニューアルしたい方」はぜひ、そんな流れに乗ってください☆ぜひ、気軽に参加してください♪   ↓ ↓  こちらから  ↓ ↓セフルリニューアル2021年から新しい時代が始まると同時に、今までの重たい自分を " あたらしくリニューアル " するための情報シェアする公開グループです。 キーワードは「軽やかに」「どこまでも透明に」 自分を軽くした先にある " 1番つながりたかった自分 " と繋がっていくために。 どなたでも参加可能ですが、すべての人にとって心地よく利用してもらうために、規約を違反し…www.facebook.com---------------------------------------本日も最後まで読んでいただき、本当にありがとうございます。いつもあなたには良い風が吹いています!Chao!西野たかお/nishino takao関連記事:『次元を上げる法則』すべてがうまくいくために関連記事:『世界の幸福の法則』インサイド・アウト

  • 16Jan
    • 女性というスピリチュアル " 狂気の器 "の画像

      女性というスピリチュアル " 狂気の器 "

      ここ3日間の記事で、スピリチュアルの「知識の土台」を作ってきたのは、今日の記事をより深く理解してもらうためにです。∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞ですので、まだ下記の記事を読まれていない方は、先にこちらの記事から読んでくださいね。 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓『" スピリチュアル好き " のためのスピリチュアル " 地球感覚 "』ぼくたちが生きているこの世界には、「目には見えにくいもの」が、たくさんあります。だからこそ多くの人が、スピリチュアルをふわふわと理解してしまい、…ameblo.jp『" 地に足のついたスピリチュアル " 『ZOE:ゾーエー』』この世界の【本質】を多くの人はよく『誤認識』をしてしまいます。それは、「目に見えている世界」と『目には見えない世界』という、ありきたりでオーソドックスな…ameblo.jp『スピ系が捕まる " 意識の謎 "』「意識を解明する」『物質世界』または、『物理の世界』で、【現象】として目の前に現れてくるものは、◯「わたし」の、●「意識」の、「反映」である、とよく言…ameblo.jp∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞歴史上でも確認できますが、『女性』は今まで、その「力の開放」を許されてきませんでした。この世界にある『本来の女性性』とは、●破壊●クレージー●カオス●自然災害●「ZOE(ゾーエー)」生命力の全体性そのものであり、それらは、「爆発的な創造エネルギー」そのものになります。つまり、「コントロール」の、「できないもの。」だからこそ、現代までの太陽中心(自我)主義である男性世界の中で、『女性(性)』は、・権利を奪われ、・力を拘束され、その力の開放を、長年認められてきませんでした。女性(性)が前に出始めたのは、本当にここ100年ぐらいの間のことであり、近代史でしかありません。コントロールのできない『もの』・自然災害であり、・狂気であり、・破壊であり、・Zoe(ゾーエー)そのものである、「月」である女性を、取り扱うことが『できなかった』からこそ、女性(性)の持つ【この世界の生命力の力】を、【女性という器】に閉じ込めてきました。社会を発展させるのにはその「手法」しかないと、男性世界は、思い込んでいたわけです。つまり、社会に出さないで、専業主婦という器のギュウギュウのところに詰め込まれたわけです。でも、ここにこそ、女性の【強さ】があります。「Zoe(ゾーエー)」は、本来「生命力の全体性」なので、鉢植えではなく、大自然そのものです。だけど、その大自然が、鉢植えの中に収められているわけです。でも、それでも生きていける、その狂気の器こそが、『女性』でもあります。大事なことは、その「ゲーム」(本来は抑えきれないものを、抑えこんでいる、まるでSMのようなゲーム)を、『楽しめているとき』は、それでいいのですが、覚えておかないといけないことは、本来は、『その箱をぶち壊してもいい!』と、いうことです。なぜなら、本来、『大自然はコントロールのできないもの』それこそが、【本来の女性(性)の姿】でもあるからです。そして、そのコントロールのできないものの中には、●狂気があり、●破壊があり、●カオス(混沌)があり、●Zoeそのものがあり、●爆発的な創造エネルギーが、あるということです。男性(性)の『理性』では、到底、理解のできない『もの』そして、エネルギーの赴くままに、発散していってもいいということ。現在の『認識の大前提の世界』である、Bios(ビオス・太陽)中心主義の中では、Zoe(ゾーエー・月)の世界の認識は、『理解されることはない』感覚です。だけど、本来、この世界の生命力そのものである、【女性(性)】その体内に「爆発的な生命力」を持ちながらも、縛られているアンビバレントな状況に、(相反する感情を同時に持つ状況に、)違和感を感じる人は、Zoe(生命力)の感覚に従って、本当の『精神の自由』を取り戻してみてください。大きな岩のてっぺんに、小さな岩が載っていることが、例え、『不自然』に感じられたとしても、この世界からしたら、それは、何の不思議もない、『当たり前のこと』でしかありません。自我(認識)の前に、この世界が存在している、その世界の方を感じて、あなたの内なる感覚だけを羅針盤にして、新しい世界の扉を開いてみてください。これから先の時代は、「自我の力」をゆるめていき、『生命力を開放して』生きていくことこそが、必ず主流になっていきます。女性は、本来『理解のできないもの』=大自然です。だからこそ、その力を開放することで、時に災害になるかもしれないし、時に世界を飲み込む大波になるかもしれません。でも、それこそが、本来の力そのもの、です。まだまだ男性が支配してきた洗脳から、自らを取り戻せていない女性は、この世界に多くいます。でも、男性が支配してまで恐れた、その力を持っていることを、思い出してくださいね。なぜ、現在、ここまで女性が、活躍しているのか?それは、不思議なことでもなんでもなくて、ただ、本来の力を徐々に取り戻しているだけです。「狂気の器」に宿りし力は、本人ですら理解することはできません。それは、大自然を体内に宿しているからであり、理解をする必要のないことだからです。尚、今回の記事は、2018年10月18日に、「facebook」で投稿した記事になります。---------------------------------------facebookグループ「セルフリニューアル」では来年からの新しい時代を「軽やかに生きる♪」自分をリニューアルする情報を無料シェアしていきます。来年2021年から新しい時代が始まります。その名も、『風の時代』今年2020年で240年間続いた「地の時代」が幕をおろします。そして、2021年からは、新しい240年間の時代が始まっていきます。軽やかに心地よく「自分をリニューアルしたい方」はぜひ、そんな流れに乗ってください☆ぜひ、気軽に参加してください♪   ↓ ↓  こちらから  ↓ ↓セフルリニューアル2021年から新しい時代が始まると同時に、今までの重たい自分を " あたらしくリニューアル " するための情報シェアする公開グループです。 キーワードは「軽やかに」「どこまでも透明に」 自分を軽くした先にある " 1番つながりたかった自分 " と繋がっていくために。 どなたでも参加可能ですが、すべての人にとって心地よく利用してもらうために、規約を違反し…www.facebook.com---------------------------------------本日も最後まで読んでいただき、本当にありがとうございます。いつもあなたには良い風が吹いています!Chao!西野たかお/nishino takao関連記事:問題は何度でも目の前に現れる関連記事:あなたが成功することは、世界に新しい可能性を提供すること

  • 15Jan
    • スピ系が捕まる " 意識の謎 "の画像

      スピ系が捕まる " 意識の謎 "

      「意識を解明する」『物質世界』または、『物理の世界』で、【現象】として目の前に現れてくるものは、◯「わたし」の、●「意識」の、「反映」である、とよく言われます。スピリチュアルをかじっている人や、引き寄せの法則などを読んだりしている人、見えない世界の話が好きな人は、こういった類のお話を一度は耳にしたことがあるはずです。では、ここで、あなたに質問します。◯「意識」とは、一体なんのことでしょうか?潜在意識、無意識、顕在意識といった、ふわふわとした「言葉の説明」ではなくて、そもそも「意識」ってなんですか?それを分からずに、潜在意識がどう~とか、集合意識がどう~とか言われても、「・・・」ですよね。でも、現状、こういう人が多く、そして、そういう人が教えようとするので、教えてもらった人も、「・・・」になってしまいます。悲しいけど、これが『現実』です。きっと多くの人は、「わたしという中心」があって、そのわたしの「中にあるもの」を、「意識」と呼び、その意識が、【現象】として現れている、と思ってはいないでしょうか?自分の内側にある意識が、外の世界に反映している、と。実は、その思考には、ズレがあります。まず、あなたが『自分の意識』だと思っている『もの』『情報』『世界』が、あなたの意識よりも、「先」にあります。つまり、「先」に『もの』があり、「先」に『情報』があり、「先」に『世界』があります。それを、【後天的】に噛み砕いたり、分解したり、論理的に理解することで、『わたし、という感覚』が、生まれてきます。つまり、「わたし」の、「意識」が、【先天的】にあって、それが【現象を引き起こす】のではなくて、【現象という世界】が先にあって、その世界を分解し、切り取り、噛み砕くことによって、【後天的】に自我が生み出され、それを「わたし」と、認識しています。そして、その切り取ったり、噛み砕いたり、分解したりする1つ1つを、「意識」だと認識していきます。あくまでも、「Bios(ビオス)」(個体的な生命力)の太陽主義=【個体的な生命力の自我】にぼくたちは慣れすぎて、この世界を生きているので、この「Zoe(ゾーエー)」(生命力の全体性)の世界観は、なかなか腑に落ちにくいかもしれません。∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞「Bios(ビオス)」ってなに?「Zoe(ゾーエー)」ってなに?って方は、「スピリチュアル好き」のための『スピリチュアル』『地球感覚』地に足のついたスピリチュアルを、理解する。『ZOE』こちらの記事を「先に」読んでくださいね。∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞先に自分(自我)があり、その次に世界がある。それこそが、『Bios(ビオス)の太陽主義』の「自我の世界観」であり、きっと多くの人の常識や、認識のベースになっているはずです。でも本当はそうではなくて、「先」に世界があり、その中に自我は生まれてきます。これが「新しい感覚」になり、「新しい概念」になる人も多いはずです。でも、良く考えたら当たり前の話なんですが、ぼくたちが生まれた時から、もっと言えば、「生まれる前から」ぼくたちよりも先に、この世界はあります。この「ぼくたちよりも先にあるこの感覚」こそが、「Zoe(ゾーエー)」(生命力の全体性)なので、本当は誰しもが知っている感覚になります。なぜなら、生まれてすぐの時には、この感覚で「みんなが命の体験をしている」からです。もっといえば、「魂」が肉体に入る前の『天界』にいるときには、自我なんてものはありません。ただ、ぼくたちは生まれてから、人間社会の中で生きるようになり、その過程で、『太陽の自我中心主義』に慣れすぎていくために、この感覚を思い出すまでに時間が必要であったり、完全に忘れてしまっていたりすると、この感覚は、大きなブレイクスルーとして、感じるかもしれません。ではなぜ、このZOE(ゾーエー)の世界観が、今後の世の中で重要になってくるのか?というと、今までの太陽(自我)中心主義の中では生きにくさを感じていた人は、この「Zoe(生命力の全体性)の世界」の感覚で、すでに生きている可能性が高いからです。もともとこっち側にいる人も、もちろん、多くいます。そういう人は、なぜか、今の社会では力を発揮しにくい人や、どこまでいっても、現在の価値観に違和感を感じる人も多くいるはずです。なぜなら、価値観が真逆に違うからです。ぼくたち人間は、『多くの意識が集中しているもの』を、何の疑いもせずに教授してしまいます。その「疑い」を捨てた分だけ、世界を狭くすることになったとしてもです。簡単に言うと、現在の社会の流行りの価値観に、多くの人は従い、命を生きていきます。でも、その『従う価値観』は、ただ、今現在、多くの人が、「そっちに向かっているから」という理由でしかありません。「自我という欲望の世界」が、生きやすい現代社会であるからこそ、多くの人の『人生の価値観』は、「自我主義」になってしまっています。でも、もし、いずれやってくる『理屈じゃない世界』何世紀後になるかは、わからないけども、人の可能性だけが目覚めている世界で、認識よりも前にある器官が発達し、「自我の外側の世界」を『生きること』が、当たり前になる時代がくれば、その時には、ZOE(ゾーエー)の価値観を持っている人が、社会の主流になっていきます。それこそが、『命の本質の世界』だからです。太陽のビオスという「個体的な生命力」の世界では、「自我」が主流のものの見方を生み出します。つまり、「自分が、」です。でも、月のゾーエーという「生命力の全体性」の世界では、「自我の外側にあるもの」が主流の、ものの見方を生み出します。つまり、『全体が、』です。つまり、価値観がまったく異なってしまいます。でも、現在はまだまだビオスの「太陽自我主義」の時代です。だからこそ、ゾーエーの感覚も持っている人にとっては、この世界はものすごく生きにくくなってしまいます。なぜなら、太陽主義が掲げる世界観に、何の魅力も感じないからです。それは、『生命力そのもの』であるZoe(ゾーエー)の世界では、『生きることの意味』が、現代とは【根本】から異なるからです。現代は、全てが、『後付けの世界』です。それは、長年続いている「自我の世界」だけど、集合意識が上昇している今、その価値観も古くなり、徐々に移り変わっています。だからこそ、このゾーエーの価値観にこそ、今後の時代を「楽しむ」秘密があります。「既存の世界」の中でも、『命の楽しみ方』を見つけ、ある意味自由に生きる道を見つける人は、ゾーエーの感覚の人です。例え、物質的に自由であったとしても、『ビオスの自我主義』の感覚の人は、この世界の「楽しみ方」に、選択肢が増えていきません。それは、ある意味「囲われた檻」の中での自由しか手にできないということです。「自我」という、「囲われた檻」です。でも、ゾーエーは自我の外側の価値観を、基準にしています。だから、そもそも檻なんてものは、ありません。でも、「既存の世界」は太陽ビオス主義だからこそ、『現実を見る』必要はあります。「郷に入れば、郷に従う」そうすることで、現実的な『生きる選択肢』を増やすことができるからです。そして、現実的にも動けるようになり、ゾーエーの感覚を持って生きることを始めれば、それこそ、この3次元の世界でも、思いっきり、自分を開放することができます。どちらが正しい、悪いではなくて、すべては『バランス』です。「移ろい」「変化すること」こそが、【宇宙の真理】だからこそ、ぼくたち人間の「感受性」も、今後ますます、自然と高まっていきます。現代のテクノロジーの進化と共に、そのスピードはますます加速していきます。まだまだ、ゾーエーの世界観が浸透するまでにはたくさんの時間がかかることですが、それでも、ゾーエーに目覚めている人も、増えてきています。特に世界を見渡せば!です。新しい惑星を発見することが止まないように、「人間の精神の開放」も同じように、止むことはないものです。だからこそ、「自我主義」という1つのバランスだけで、命を楽しむのではなくて、『生命力そのもの』という視点も取り入れて、この世界(命)を楽しんでいきましょう。自分が先に在り、次に世界があるという意識と、この世界が先に在り、その次に自分が在るという意識。重なり合うところにこそ、『本当の意識』はあります。尚、今回の記事は、2018年10月19日に、「facebook」で投稿した記事になります。---------------------------------------facebookグループ「セルフリニューアル」では来年からの新しい時代を「軽やかに生きる♪」自分をリニューアルする情報を無料シェアしていきます。来年2021年から新しい時代が始まります。その名も、『風の時代』今年2020年で240年間続いた「地の時代」が幕をおろします。そして、2021年からは、新しい240年間の時代が始まっていきます。軽やかに心地よく「自分をリニューアルしたい方」はぜひ、そんな流れに乗ってください☆ぜひ、気軽に参加してください♪   ↓ ↓  こちらから  ↓ ↓セフルリニューアル2021年から新しい時代が始まると同時に、今までの重たい自分を " あたらしくリニューアル " するための情報シェアする公開グループです。 キーワードは「軽やかに」「どこまでも透明に」 自分を軽くした先にある " 1番つながりたかった自分 " と繋がっていくために。 どなたでも参加可能ですが、すべての人にとって心地よく利用してもらうために、規約を違反し…www.facebook.com---------------------------------------本日も最後まで読んでいただき、本当にありがとうございます。いつもあなたには良い風が吹いています!Chao!西野たかお/nishino takao関連記事:『徳の解明』宇宙に情報を書き込んでいく関連記事:【成功する人の条件】動物ではなくて、人間であること

  • 14Jan
    • " 地に足のついたスピリチュアル " 『ZOE:ゾーエー』の画像

      " 地に足のついたスピリチュアル " 『ZOE:ゾーエー』

      この世界の【本質】を多くの人はよく『誤認識』をしてしまいます。それは、「目に見えている世界」と『目には見えない世界』という、ありきたりでオーソドックスなものではなく、「科学で証明されること」や、『科学では証明できないこと』などというくくりのものでもありません。この世界のベースは、「自我」(認識)よりも「先」にあります。あなたは『自分を見る』前に、先に、世界を見ています。そして、「これが私だ」と分かるよりも前に、先に生まれています。つまり、『あなたの認識』の前に、世界は存在していて、『認識』の前に、あなたは生まれていて、すでに存在をしています。つまり、あなたがあなたを認識する「自我の世界」とは、すべて、『後付けの世界』でしかありません。そんな『後づけの世界で生きること』に、あなたは慣れすぎてしまっているので、あたかもこの世界を、自我を中心にして、絶対的に見てしまいます。それが、現在の多くの人の『認識』です。それが悪いといっているわけではなく、「それだけが世界の認識ではない」「それはほんの1つの世界でしかない」と、いうことです。現在は太陽「Bios」(ビオス)主義で、太陽=自我なので、「自我」を中心として人生を構成している人が多くなります。幸福のカタチや、成功のカタチ、喜びのカタチまで、すべてを「自我」を前提にして、物事を成り立たせています。つまり、【生きることの基準】が、自我中心になっているということです。だけど、『生命』という言葉は、決して太陽「Bios」(ビオス)だけではありません。もう1つの生命があります。それが、月「Zoe」(ゾーエー)つまり、太陽の「自我主義」で生きるということは、半分の命で生きているということです。生命には、もう1つの生命があります。それが、「ZOE(ゾーエー)」です。個体の生命を超えたものに触れた時に、ぼくたちはゾーエーを感じることができます。なぜなら、太陽:Bios(ビオス)は、「個体的な生命力」でしかないからです。だからこそ、個体の生命を超えたものに触れた時に、ぼくたちはゾーエーを感じることができます。「自我」は、分離意識を生み出しますが、ゾーエーに境界線はありません。なぜなら、ZOE(ゾーエー)は、『生命力の全体性を支配している力』に、なるからです。「自我の外側にある生命力の力」それこそが、ゾーエーです。それは、海の波であったり、目の立ちはだかる大きな岩であったり、どこまでも広がる青い空であったりします。太陽を中心とした視点だけを尊重する『現代』は、色んな「ものの見方」を軽視してしまいます。例えば、水星の情報であったり、火星の戦いであったり、木星の叡智であったり、土星の時間であったり、色んな角度から地球(自分)を見ることや、太陽(自我)からの視点だけを、肥大化させない、「ものの見方」そんな境界をなくす視点。それらを、ゾーエーは教えてくれます。自我(太陽)が生まれる前に、すでに闇は存在していました。それは、月(闇)中心の世界の中に、「自我よりも先にある世界」が、存在している、ということです。目には見えない世界のことではなくて、目には見えているけども、言葉にはできない世界。科学で証明できることだけではなくて、実証されないことだけど、たしかに体感できたり、存在を疑うことができないもの。この世界の命のベースは、そこにこそあります。アートが、自然を模倣しているわけではなく、自然こそが、アートを模倣しているわけです。難しいですかね。アートがすでにこの世界にはあって、ただそれを、ぼくたちは自然を通して、アートとして認識しているわけです。先にあるのは、例え見えなくても、この世界の方なんです。自然も、カタチも、物質も、すべては後付けの世界です。アートだと感じれる感覚が、すでにあり、それをただ、その被写体を通して、ぼくたちは見ているだけです。先に、ゾーエーが、すでにあるんです。生命は2つあり、太陽と、月の双方を持って、本当に1つになります。波にゾーエーを感じ、波を美しいと思うのは、個体の生命を超えたものに触れているからです。占星術は、今からの時代に必ず必要な価値観を教えてくれます。それは、・救済のためのスピリチュアル・ふわふわとしたスピリチュアル・流行りのスピリチュアルではなくて、◯学問としてのスピリチュアル◯叡智としてのスピリチュアル◯早すぎて理解が追いつかなかったスピリチュアルとして、人間の意識の次元をアセンション(上昇)するために、必要な視点を教えてくれるからです。狭い、固定された視点ではなくて、広く、新しい視点で、この宇宙や、地球(自分自身)を「見る目」を与えてくれます。視点が変わるだけで、この世界の捉え方は、まったく別物になってしまいます。それはもはや、まったく違う惑星を見ていることになってしまいます。それこそが、地に足のついた「スピリチュアル」という学問になります。尚、今回の記事は、2018年10月8日に、「facebook」で投稿した記事になります。---------------------------------------facebookグループ「セルフリニューアル」では来年からの新しい時代を「軽やかに生きる♪」自分をリニューアルする情報を無料シェアしていきます。来年2021年から新しい時代が始まります。その名も、『風の時代』今年2020年で240年間続いた「地の時代」が幕をおろします。そして、2021年からは、新しい240年間の時代が始まっていきます。軽やかに心地よく「自分をリニューアルしたい方」はぜひ、そんな流れに乗ってください☆ぜひ、気軽に参加してください♪   ↓ ↓  こちらから  ↓ ↓セフルリニューアル2021年から新しい時代が始まると同時に、今までの重たい自分を " あたらしくリニューアル " するための情報シェアする公開グループです。 キーワードは「軽やかに」「どこまでも透明に」 自分を軽くした先にある " 1番つながりたかった自分 " と繋がっていくために。 どなたでも参加可能ですが、すべての人にとって心地よく利用してもらうために、規約を違反し…www.facebook.com---------------------------------------本日も最後まで読んでいただき、本当にありがとうございます。いつもあなたには良い風が吹いています!Chao!西野たかお/nishino takao関連記事:スピリチュアル好きのための『スピリチュアル』地球感覚関連記事:あなたの意識に変革を起こす

  • 13Jan
    • " スピリチュアル好き " のためのスピリチュアル " 地球感覚 "の画像

      " スピリチュアル好き " のためのスピリチュアル " 地球感覚 "

      ぼくたちが生きているこの世界には、「目には見えにくいもの」が、たくさんあります。だからこそ多くの人が、スピリチュアルをふわふわと理解してしまい、スピリチュアルによって、人生を左右されてしまっています。でも、どんな学問や知識、情報を学ぶときでも、『主軸』は、『自分』です。この軸がずれてしまうからこそ、学問にひっぱられ、知識におぼれ、情報に流されてしまいます。だから、人生が前に進むどころか、同じところで、いつまでもひっかかり、同じことで、いつまでも悩み、同じ問題を、いつまでも引き寄せてしまい、人生を後退させてしまう人が、多くなっています。なので、『主軸』を正しく理解するために、本日は「スピリチュアル」を使って、正しく自分を認識してもらえればと思います。少し難解に感じるかもしれませんが、きっと、『新しい体験』をしてもらえると、思います。まず、自分を認識するときに必要な視点は、「わたし」という認識ではなくて、『わたしという、もの』という感覚をもつことです。この【もの感覚】こそが、「自分を正しく認識する」ために重要な、「新しい視点」となってくれます。人は、「自我」に縛られたまま、自分を客観視すると、・他人から見て自分はどう見えるのか?・あの人からどう思われるのか?と、「無自覚」で意識を働かせてしてしまいます。そして、それを『客観』だと勘違いしてしまいます。だけどそれは、『客観』ではなくて、ただの【妄想】です。『自我を超える』ためには、『ものである、という感覚』を、育む必要があります。この【もの感覚】を掴んでもらうために、ぼくたちの暮らす星『地球』について、新しい知識を持って「知ること」が、とても大きなヒントになります。『地球感覚』を身につける。それを読み解くためには、『地球』とは、いったい「何」を主張している星なのか?それを知る必要があります。それを知ることによって、『本来の自分を知ること』が、できるからです。●【地球を知る】●ここからは、興味ある人だけ読んでください。(スピりますので)『占星術』の世界では、「太陽」は、『自我』を表し、「月」は、『無意識』を表しています。では『地球』とはいったい、何を表しているのでしょうか?まず、宇宙空間をイメージしてください。そして、「地球」を中心にして、宇宙を見てください。そうすると見えてくるものがあります。それは、「地球」は、太陽である「自我」から見られていますね。そして、「無意識」である月からも、見られています。また、太陽や月だけでなく、「知性」や「美意識」である、水星や金星からも観察されていて、「戦い」である火星からも観察されています。また、「時間」である土星からも見られています。つまり、さまざまな「観察点の重畳(ちょうじょう)」(幾十にも重なること)によって、作られている『もの』それこそが、『地球』ということになります。自我の側面を持ち、無意識の側面を持ち、知性の側面を持ち、美意識の側面を持ち、戦いの側面を持ち、時間の側面を持っている『もの』それが、地球という『もの』です。【もの】とは、●『物質』としての、『もの』であったり、(例えば、リンゴとしての『もの』)●何かの『事例』としての、『もの』であったり、(例えば、そういう『もの』だよね〜という時の『もの』)●『所有』としての、『もの』であったり、(例えば、わたしの『もの』)●『もの』忘れである、『もの』など、(例えば、記憶としての『もの』など)実体があっても、なくても、現実に存在していても、いなくても、表される『もの』そういう『存在で在る』ということです。この『もの』という言葉には、全てが含まれています。例えば、◯美意識も、◯時間も、◯宗教も、◯競争心も、◯自我も、◯無意識も。つまり、「地球の中で暮らす」ということは、この、・もの感覚を養うということに集約されています。それこそが、ぼくたちが『地球に生まれてきた』意味になります。つまり、「わたし」ではなくて、『わたしというもの。』その感覚を養うために、あなたは地球にわざわざ生まれてきたわけです。別に、あなたは地球でなくても、火星に生まれても、水星に生まれても、はるか彼方離れた別銀河の、1つの星の中に生まれても、別に良かったわけです。でも、なぜ地球を選んできたのか?そこを「読み解く」必要があります。つまり、ぼくたちの「本来の感覚」としては、「わたし」ではなくて、『わたしという、もの。』こっちの方が正しいわけです。なぜなら、「わたし」は、太陽(自我)であって、「わたしというもの。」こそが、地球(もの)で在るからです。この『地球感覚』『もの感覚』を養うことで、全体の役割(宇宙空間)としての『もの』(地球)に、素直になっていくことができます。ポイントは、ここです。つまり、『もの感覚』は、大いなる世界での『あなたというものの役割』を、素直に果たすためのヒントになりやすい、ということです。先日も記載しましたが、人はだれでも『自分の理解』でしか、この世界を認識しません。だから、『自分の理解』を和らげてあげないと、自分の認識を変えることができません。そのための『もの感覚』です。(そのためのスピリチュアルです。)大いなる世界での『あなたというものの役割』とは、【魂の使命】を発見することに「役立つ」と、表現した方がわかりやすいかもしれませんね。それは、現代では主流の太陽「自我中心主義」の、「わたしである。」ということに、そこまでの『拘り』(こだわり)を持たなくても良い、ということを教えてくれるので、「わたしである。」という自我の目線だけに、あなたを限定しなくてもよくなります。つまり、「わたし」に、固執する必要がなくなっていきます。それは、「わたし」を、【手放せる】ということ、そして、それを恐れる必要がないことを、教えてくれます。なぜなら、『わたしという、もの。』には、『全てが含まれている』からです。「わたしである。」という自我をも含んだ【わたしという、もの。】その本来の『地球感覚』を養って、あなたの本来の感覚を思い出すこと。そうすることで、「自分という自我」に執着することが、自然となくなります。自分が、世界よりも「先」に来てしまうと、【固執】を生み出してしまいます。そして、その固執が、必要以上のドラマティック性を生み出し、【執着】を生み出します。自分の固執にさまざまな理由、ドラマをつけることで、より固執が強化されていきます。「より自分であること」に、執着していく、ということです。自我は、「自分であること」を主張したがりますが、ぼくたちは太陽(自我)ではなくて、「地球という観測点」の上で暮らしているので、『自分という、もの。』に、主体を置くことが、もっとも自然なことになります。だけど、こんな説明を、丁寧にしないといけないぐらいにまで、ぼくたちは、Bios(ビオス)である太陽つまり、「個体的な生命力である自我」中心の、「わたしの世界」を、当たり前のように、生きています。だからこそ、【自我を超えた世界を生きる】ことが、つまり、地球の中で生きていることがどういうことなのか?ということに気がつくことが、地球で『命を授かった』本来の意味を知る、(あなたの使命を知る)ヒントになります。地球からすれば、太陽も、数ある『ものを形成する』ための、「観点の1つ」でしかありません。つまり、『わたしという、もの。』にとっては、「わたしである。」という見方は、複数あるうちのたった1つの「観点」でしかないわけです。だけど、ぼくたちは、無意識に、【自我の観点】のみで、日常を生きています。◯自我の性質◯実は「自我」は、環境や状況によって、本来は、簡単に変っているものです。このことを理解している人は、少ないです。自我とは、固執であり、執着なので、自分が拘りたい(こだわりたい)という、思いをもっています。自分に「拘りたい」わけですよね。だけど、5年前の自分と『全てがまったく同じ』かと言われれば、好きや嫌いは、いとも簡単に変わっていたりしませんか?つまり、自分が『拘り続ける』ほど、自我は【確かなもの】では、なくなっていきます。なぜなら、「こだわり」自体が、時々で変わっていってしまうからです。でも、このことに、当の本人は気がついていません。本当は、それぐらいに、「わたしという感覚」(自我)ほど、【不確かなもの】はありません。実はずっーーーーと、拘っていないもの。それこそが、『自我』でもあったりします。ではなぜ、自我がこれほどまでに、・抵抗し、・反発し、・拘りたくなるものになっているのか?それは、自我の目標、目的に原因があります。【神学】(信仰を前提にした神の学問)的には、『自我の目標』は、全てを手に入れた、「パーフェクトヒューマン」に近づくことです。自我は、神を模範として創られているので、全知全能になることが、【自我の欲望】として、そもそもあります。だからこそ、「自我」を磁石の中心にして、評価を積み上げる感覚が、競争社会、階級社会を生み出していきました。まさに、現代までの男性(性)社会そのものです。だけど、・地球感覚・もの感覚が育ってくると、太陽(自我)は、数ある『もの』を形成するための、いろいろある「観点」のうちの1つに過ぎない、と、いうことがわかってきます。つまり、「わたしである。」(自我)に対して、強い拘りを持たなくても大丈夫だと、知ります。そしてそれは、決して、『自分を大事にしないこと』ではなくて、自我の力をゆるめていって、その他の「たくさんの観点」を開放していくことに気がつかせてくれます。『もの』としての、【ものである感覚】を取り戻すことで、本当のこの世界の認識に目覚め、本当に自分を大事にするために、「自我を超えた世界」へと自分を導びいていき、『ものとしての使命』を開放することに命を使っていくことができます。「わたし」を大事にするのではなくて、『わたしというもの。』を大事にする。「わたし」(自我)は、『苦しみ』を生み出します。自我中心の観点で生きていると、その苦しみを解決することに人生の多くの時間を使ってしまいます。だけど、『わたしというもの。』は、この世界(宇宙)の歯車としての『もの。』という感覚を養ってくれるので、自然と視点が変わり、問題にフォーカスするのではなくて、すべての問題解決の『循環』に、自然と視点が移っていきます。ある意味、この世界の『潤滑油』のような役割を、『自分というもの。』に、簡単に与えることができるようになります。だけど、「自分である。」という自我は、自我を中心に世界を見てしまうので、常にフォーカスが、自分の「我」になるため、自分を優先させてしまいます。つまり、「拘り」(こだわり)を生み出していきます。だからこそ、・自分が大切にされない、・自分が認められない、・自分に注目がない、と、拘りへの執着から、苦しみを生み出します。だけど、『自分という、もの。』である、【もの感覚】は、その場で、その『もの』はどう動いたら、そこの流れをよくできるのか?また、自分という『もの』が、日常に置いて何をすれば全体に循環するのか?そういった「視点」、「感覚」を、自然と身につけることができます。それは、「自我中心の世界観」から、『出ること』を意味しています。つまり、「太陽の生き方」ではなくて、『地球の生き方をする』ので、その人は、地球とリンクしていき、好循環の無限のエネルギーと、『繋がる』ことになります。だからこそ、人生が嫌でも、うまくいく。それこそが、『もの』という感覚を養うことであり、太陽でも、月でもなく、水星でも、金星でもなく、木星でも、土星でもない、『地球という感覚』になります。この『もの感覚』の視点を意識して生活をするだけで、自然とイライラも減り、「自我の執着」も薄くなるので、拘りがどーでもよくなって、・時間の使い方や、・心情の管理・無駄なことにエネルギーを向けなくていい、・使命に目覚めるなど、様々なことに変化が生まれていきます。この地球感覚は、【新しい感覚】であり、こらからの時代を楽しむためには、とっても重要な価値観になります。この『本来の地球感覚』を、地球の中で生きているぼくたちが、目覚めて、育むことで、本来の『あなたという、もの。』に目覚めて、新しいあなたの存在にも気がつくことでしょう。『自分という、もの』である。【自我】を、すんなりと超えていくための魔法の言葉にもなります。「自我を超えた世界」で、本当の自分を生きたい方は、ぜひスピリチュアルの意味を理解して、自分を生きるための道具として、扱っていってください。尚、今回の記事は、2018年10月20日に、「facebook」で投稿した記事になります。---------------------------------------facebookグループ「セルフリニューアル」では来年からの新しい時代を「軽やかに生きる♪」自分をリニューアルする情報を無料シェアしていきます。来年2021年から新しい時代が始まります。その名も、『風の時代』今年2020年で240年間続いた「地の時代」が幕をおろします。そして、2021年からは、新しい240年間の時代が始まっていきます。軽やかに心地よく「自分をリニューアルしたい方」はぜひ、そんな流れに乗ってください☆ぜひ、気軽に参加してください♪   ↓ ↓  こちらから  ↓ ↓セフルリニューアル2021年から新しい時代が始まると同時に、今までの重たい自分を " あたらしくリニューアル " するための情報シェアする公開グループです。 キーワードは「軽やかに」「どこまでも透明に」 自分を軽くした先にある " 1番つながりたかった自分 " と繋がっていくために。 どなたでも参加可能ですが、すべての人にとって心地よく利用してもらうために、規約を違反し…www.facebook.com---------------------------------------本日も最後まで読んでいただき、本当にありがとうございます。いつもあなたには良い風が吹いています!Chao!西野たかお/nishino takao関連記事:お金のスピリチュアル1関連記事:現実が前に進まない人へ。学びの落とし穴

  • 12Jan
    • " 自己愛に目覚める " 自我を愛し、自我を手放すの画像

      " 自己愛に目覚める " 自我を愛し、自我を手放す

      「悩みを解決」しようとしてスピリチュアルにはまり、でも、スピリチュアルを理解できぬままに、スピリチュアルにグルグル回り、スピリチュアルに右往左往して、自分を見失う人は、まず、最初にしなければならないことがあります。それは、人間という生き物は、どこまでいっても『自分の理解』でしか、「この世界を理解しない生き物」だ、ということを、認めてあげることです。自分に観念しない限りは、自我を認めることはできません。どれだけ宇宙の法則が素晴らしく、どれだけ宇宙の法則にしたがおうとしても、自我に苦しみ、自我から抜け出せずに、少し時間が経てば、また同じように、グルグルと同じ問題につかまる人が多いのは、そもそも、自我(自分)を『認めていない』からです。自我を認めない限りは、いつまで経っても、自我を手放すことはできません。つまり、スピリチュアルを理解することは、できません。それは、スピリチュアルとは結局、「知識」でしかないので、その知識に振り回されて、自我を押し殺そうとしても、必ず自我の反発が強くなるからです。自我は、心が生み出す執着です。『自分という存在』がこの世界から消えないために「分離意識」が生み出した執着が、『自我』という存在です。この世界は1つだとか、ワンネスだとか、そういった『集合意識』の中で、でも、「自分はここにいる」と主張したい『執着』こそが、「自我」であり、その「自我」を認めることをせずに、「宇宙とつながる~うんぬん」や、「集合意識に目覚める~うんぬん」と、言っていても、つながれるわけもないし、目覚めれるわけもありません。なぜなら、自我は、永遠にあなたと一緒に命を歩む、パートナーだからです。だからこそ、「自我」を認めずに、自我と手をつなぐことを放棄して、いくら自我を手放そうとしても、そんなことが、できるはずがありません。だから、同じところで永遠に、同じ問題を繰り返していきます。「自我が悪い」のではなくて、「自我を認めていない」あなた自身の『自我無視』が、悪いのです。だって、「自我」は、あなたの心が生み出しているものだからです。あなたが生きる以上、あなたの心はなくなることはありませんよね。だからこそ、その心が生み出している自我は、一生手を繋いで歩んでいくパートナーになるし、自我があるからこそ、色々なことを体験させてもらうことができます。それなのに、自我が出てきたからダメだといい、それよりも宇宙の~なんたら~って言っても、それは、自我が余計に怒るだけです。そして、一時的に、意識を変えれたとしても、(意識は一瞬で変えれるので、)それは、何の解決にもなりません。一瞬で変わる意識は、逆を言えば、一瞬で戻るんです。それを戻らないと言い切るためには、意識が戻らないために、「新しい意識の習慣」を生み出してあげるしか方法はありません。でも、習慣を作ることには、時間がかかりますよね?だからこそ、「自我を認めること」をすれば、そんなめんどくさいことをせずとも、意識の根っこから、『書き換えること』ができます。自分のプログラムが『書き変われば』その後の動作は、まったく異なるものになりますよね。そもそも観念なんてものは、そう簡単に手放すことができるものではありません。だから、人はそう簡単には変わりませんよね?なぜなら、今まで習慣化されていて、『固定化』しているからです。だからこそ、新しい『習慣』を続けることでしか、人間は「変わりません」何かを知って、意識は瞬間でパラダイムシフト(認識の変化)を起こしても、結局すぐに、またもとの意識に戻ってしまうのは、意識は簡単に、パラダイムシフト(認識の変化)を起こしてしまうからです。だから、一瞬、変わったような劇的な体験をしても、結局、そのまま本当に歩み続けれる人が少ないのが、『現実』ですよね。本を読んで感動して、映画をみて興奮して、その時は、「やるぞ~」と意気込んでも、次の日には、3日後には、1週間も経てば・・・もう、これ以上は言わない方がいいですよね・・・でもそれは、今まで同じ意識で過ごしてきた『習慣』に、あなた自身が慣れてしまっているからで、そのあなたを、一瞬で捨て去って、どこかに行こうなんて都合のいいことを、そう簡単には、許してくれないからです。それが、「自我」ってもんです。自我は、「分離意識」が生み出しているもの、といいましたよね。つまり、『自分で在るための条件』を、自我は用意しています。なぜなら、コロコロと変わられたら、どれが自分であるのか?が、分からなくなるからです。『これが自分だ!』というものを強く持ち、『これが私なんだ!』というものを、長く認識してきたことで、「自分という存在を認めてきた」のに、(自分という存在に固執してきた)それをそう簡単に捨て去ろうとされたら、自我は戸惑ってしまいます。だからこそ、余計に執着を生み出します。だって、それが「分離意識」だからです。いくら「集合意識」が素晴らしいものであっても、「分離意識」を無視されれば、「分離意識」は納得できません。でも、『自我がそういうものである』と認めた時には、始めて自我を手放すことができます。(自我と和解することができます。)つまりは、『観念』です。自分に観念して、認めなければなりません。今まではそういう自分だったよね。でも、これからは、その自分も、もちろん持っているけど、でも、新しい自分へと変わるために、どんどんと変わっていくね。と、そうやって自我を認めてあげることで、今度は逆に、自我に応援してもらいながら、自分を新しくしていくことができます。「自我」と『真我』が重なるバランスポイントこそが、『通常運転』です。そのためには、自我を知り、自我と手をつなぎ、大きな循環の世界の中で、自分の役割を全うすることです。そうすることで、バランス良く『自分を生きること』ができます。ぜひ、自我を知り、自我と手をつなぎ、より深い人生を歩むために、あなたを次のステージへと、進めてあげてくださいね。---------------------------------------facebookグループ「セルフリニューアル」では来年からの新しい時代を「軽やかに生きる♪」自分をリニューアルする情報を無料シェアしていきます。来年2021年から新しい時代が始まります。その名も、『風の時代』今年2020年で240年間続いた「地の時代」が幕をおろします。そして、2021年からは、新しい240年間の時代が始まっていきます。軽やかに心地よく「自分をリニューアルしたい方」はぜひ、そんな流れに乗ってください☆ぜひ、気軽に参加してください♪   ↓ ↓  こちらから  ↓ ↓セフルリニューアル2021年から新しい時代が始まると同時に、今までの重たい自分を " あたらしくリニューアル " するための情報シェアする公開グループです。 キーワードは「軽やかに」「どこまでも透明に」 自分を軽くした先にある " 1番つながりたかった自分 " と繋がっていくために。 どなたでも参加可能ですが、すべての人にとって心地よく利用してもらうために、規約を違反し…www.facebook.com---------------------------------------本日も最後まで読んでいただき、本当にありがとうございます。いつもあなたには良い風が吹いています!Chao!西野たかお/nishino takao関連記事:「苦しみを、手放す」関連記事:『苦しみの科学』

  • 11Jan
    • " 同じパターンから抜け出す " ために、宇宙を書き換えるの画像

      " 同じパターンから抜け出す " ために、宇宙を書き換える

      同じパターン(習慣・認識)から「抜け出す」ための、【言葉という暗号】の「取扱説明書」ぼくたちがこの世界を理解するとき、『言葉』という暗号を使います。つまり、あなたの人生(世界・宇宙)は、【言葉という暗号】を、あなたがどのように認識するのかによって、決まっていくことになります。だからこそ、あなたの世界を、◯より『都合よく』◯より『あなたを生きるために』◯より『幸福で満たされる』ためには、【言葉という暗号】の、正しい「取扱」を学ぶことが重要になります。ぼくたちの生きている世界には、●『物理空間』と、◯「情報空間」の2つの空間があります。『物理空間』とは、『物質が存在する空間』のことで、人間でいえば、「身体」「肉体」に、あたります。そして、もう1つの「情報空間」とは、「非物質が存在する空間」のことで、人間で言えば、「脳(記憶・心)」や、「精神(思考・心)」にあたります。ぼくたちは常日頃から、この2つの空間を行き来しながら、生きることをしています。ぼくたち人間は、「身体」という入れ物に、「精神(脳)」という操縦席を用意されて、この世界(宇宙・地球)に創造されています。だからこそ、「生きる」ためには、身体と精神の【両方の取扱い】を、うまくしていく必要があります。【身体】という「入れ物」と、【精神】という「操縦席」は、「当たり前」ですが、つながっています。【身体】が疲れていれば、【精神】の「操縦席」に影響を与え、【精神】の「操縦席」が病んでいれば、【身体】も病んでいきます。その逆に、【身体】が元気であれば、【精神】の「操縦席」にも影響を与え、【精神】の「操縦席」が元気であれば、【身体】も元気になっていきます。このあたりは、とっても単純な関係ですね。ぼくたちが「世界を認識するため」には、【言葉という暗号】を使いますが、その言葉の「理解」は、ぼくたちの「情報空間」で、処理をすることになります。つまりは、「脳」ですね。『言葉』とは、「情報」であり、「暗号」です。◯何の情報・暗号を信じるのか?◯何の情報・暗号を取り入れるのか?◯どこから情報・暗号を取り入れるのか?それらによって、あなたの『世界の理解』は、変わってきます。単純な話をすれば、◯「キリスト教」を信じるのか、◯「イスラム教」を信じるのか、◯「仏教」を信じるのか、◯「神道」を信じるのか、どれを信じるのかによって、その人の『世界(観)』『人生(観)』は、大きく違うものになりますよね。それは、それぞれの【言語・暗号】が違うので、「その言葉・暗号で構成された世界」を、それぞれが信じて生きていくからになります。また、例えば、同じ【言葉】を使ったとしても、「受け取る人によって」その言葉の意味・定義が変わっていきますよね。それは、その人の「過去の体験」や、「積み重ねてきた経験値」によっても「暗号の解読」が異なるからであり、だからこそ、「考え方」や、「ものの見方」にも、大きな影響が出てきます。その人がどの【暗号】を取り入れて、何の【暗号】を信じるのかによって、その人の【世界の認識】が決まっていき、その人の【価値観】が出来上がっていきます。そして、それぞれの人に、【価値観】が出来上がるからこそ、その人の「生きる世界」にはだんだんと、【パターン(習慣)】が、生まれてくることになります。それは、常に「同じ目線(視点)」で、同じように物事をみていくので、常に「同じ結果」しか、受け取れなくなっていくからです。「同じ結果」は、「同じ思考パターン」を生み出すことを習慣化していき、時間をかけてその習慣を、自分の内側へと定着をさせていきます。それが、●【固まった認識】●【固定観念】(人に対してのものの見方)●【固定概念】(モノに対しての見方)を生み出していきます。◯「あなたの世界」が、劇的に変化しないのは、◯「あなたの日常」が、劇的に変わっていかないのは、◯「あなたの人生」が、劇的に進化していかないのは、すべては、【言葉という暗号】の捉え方が、【変化・進化】をしていないからです。人間は、「2つの世界」を行き来しながら生きていましたね。情報空間である「非物質の世界」と、物理空間である『物質が存在する世界』でした。その2つの空間のうち、ぼくたちが生きている【現実世界】とは、『物理空間』で、「物事が進んでいきます」つまり、身体を動かす空間ですね。『現実』が物理空間にあるからこそ、あなたの『人生を変えていこう』と思えば、●【物質が存在する世界】●【肉体の世界】●【身体の世界】で、実際に、「物事を進めていく」「変化をさせていく」必要が出てきます。【身体】と【精神】は、「つながって」いましたね。つまり、【物質世界】と【精神世界】は、「つながっています」ですが、いくらつながっているとはいっても、ただ「モノの配置を変えたり」ただ「髪型を変えたり」ただ「TVのチャンネルを変えても」精神世界に、大きな影響を与えることはできません。例え、変わったとしても、「与える効果」は、一時的なものになります。それは、あなたの【精神世界】の「操縦士」には、変化が起こっていないからです。あなたの【身体】という「入れ物」を動かすのは、あなたの【精神】の「操縦士」です。つまり、あなたの【物理世界・現実世界】を動かすためには、あなたの【精神世界・情報世界】の操縦士を変えていく必要があります。【精神】や、【情報】とは、あなたが「この世界を認識する」ための、【言語】であり、【言葉】【暗号】で成り立っています。つまり、●【言葉の定義】●【言葉の意味】●【言葉の重み】など、人間が「この世界を認識するためのツール」を、【根本から】見直すことで、まったく『新しい世界』まったく『新しい世界の認識』を、操縦士が持つことが、できます。それは、今まで「キリスト教」を信じていた人が、「仏教」を信じることを始めたぐらいに、●【新しい世界観】●【新しい人生観】●【新しい宇宙】を、体験することができる、ということです。なぜなら、身体を動かす「操縦士」が、今までのパターンを変えて、「新しいパターン」で、あなたを動かすことが始まるからです。何が正しくて、何が間違いなのか?ではなくて、◯あなたの日常が【根本から】変化を起こしていなかったり、◯あなたの人生が【劇的に】進化をしていなかったり、◯あなた自身が【この世界を】心から楽めていないのであれば、今すぐに【あなたの世界の認識】を、「あなたにとって自然体で楽しい世界」に、変えてあげればいいだけです。その方法は、【言葉を再定義する】だけです。今まで習ってきた【言葉・暗号】には、すべて『誰かの事情』が含まれています。ぼくたちが【言葉・暗号】を教わることは、幼少期から始まります。そこには、●親の事情や価値観、●学校の教育方針、●歴史的な背景、●社会的な洗脳(常識という通念)という、「余分な情報」が、必ず含まれています。始めはそれでいいんですが、でも、そこから大人になっても、ほとんどの人は【言葉・暗号の再定義】を、行うことをしていません。本当は、1つ1つを、きちんと【再定義】してあげなければなりません。なぜなら、ぼくたちが「生きる」のは、「自分の人生」だからです。自分の人生を生きる上で、自分の人生を「構成する」枠組みである【言葉というツール】が、そもそも誰の価値観かわからないもので構成されていたとしたら、それこそ、誰の人生を生きているのか?が、わかりませんよね。なので、「すべての言葉」=「世界の認識」を、あなた自身で再定義してあげてください。それだけで、◯「世界の見方」◯「あなたの思考回路」◯「物事の捉え方」が、必ず変わっていきます。あなたの内側(精神・情報)が変化すれば、必ず「外側」も変化をします。『考え方』が変われば、とる『行動』が変わることは、とっても自然なことになるからです。だけど、『考え方』がいつまで経っても同じなら、とる『行動』も、いつまで経っても変わりません。『物理世界』で変化が起こらない以上、あなたの人生に変化が起こることはありません。この宇宙にはいくつかの法則が存在しますが、その法則はどれも【とってもシンプル】です。◯本当に単純であり、◯本当に理に適っていて、◯本当に素直です。ぼくたちが、「この世界を認識している」【根本】にある【言葉というツール】の、その1つ1つの【認識】を「再定義」するだけで、【生きる世界】はまったく新しくなります。それは、【言語という暗号】を書き換えることで、【あなたの世界の認識】に、まったく新しい「プログラム」が生まれるからです。つまり、『言葉の再定義』とは、「宇宙の書き換え」になります。そして、書き換えたプログラムの世界を、あなた自身が体験できます。精神世界=情報世界は、◯いつでも、◯いくらでも、あなたの自由に書き換えることができます。ただ、【言語】【言葉】の【認識】を、あなたなりに【再定義】すればいいだけです。例えば、あなたにとって【命という言葉】には、一体どういう意味があるのでしょうか?【命という言葉・暗号】に、あなた自身が、一体どういう説明を与えているのでしょうか?そして、これからのあなたは、【命という言葉・暗号】に対して、どんな「意味を吹き込む」のでしょうか?それが、【言葉の再定義】であり、「あなたが生きる世界」を、あなた自身の言葉で決めていくことへのスタートになります。ぼくたち人間は、この世界(宇宙・現実)の【認識】を、【言葉というツール】を使って行います。だからこそ、【言葉の定義】を変えるだけで、【あなたの認識の世界】も、カンタンに変わってしまうことになります。変えるのは常に、あなたの内側の世界だけです。【あなたを生きる旅】の新しいスタートを、ぜひこの機会に取り入れてみてくださいね。尚、今回の記事は、2018年7月4日に、書いた記事になります。---------------------------------------facebookグループ「セルフリニューアル」では来年からの新しい時代を「軽やかに生きる♪」自分をリニューアルする情報を無料シェアしていきます。来年2021年から新しい時代が始まります。その名も、『風の時代』今年2020年で240年間続いた「地の時代」が幕をおろします。そして、2021年からは、新しい240年間の時代が始まっていきます。軽やかに心地よく「自分をリニューアルしたい方」はぜひ、そんな流れに乗ってください☆ぜひ、気軽に参加してください♪   ↓ ↓  こちらから  ↓ ↓セフルリニューアル2021年から新しい時代が始まると同時に、今までの重たい自分を " あたらしくリニューアル " するための情報シェアする公開グループです。 キーワードは「軽やかに」「どこまでも透明に」 自分を軽くした先にある " 1番つながりたかった自分 " と繋がっていくために。 どなたでも参加可能ですが、すべての人にとって心地よく利用してもらうために、規約を違反し…www.facebook.com---------------------------------------本日も最後まで読んでいただき、本当にありがとうございます。いつもあなたには良い風が吹いています!Chao!西野たかお/nishino takao関連記事:新しいステージへ進むために、書くことで世界を変えていく関連記事:ロールモデルを持つ

  • 10Jan
    • 魂と自分をつないでいる " 精神 " を育むの画像

      魂と自分をつないでいる " 精神 " を育む

      「精神論」だけに依存せずに、あなたの身体を通して、五感より、体感より、『体験』を通すことで、「精神」は育くまれていきます。あなたの「思考」(精神論)と、あなたの「身体の感覚」(体験)が、あなたの内側で「リンクを起こすとき」あなたの「精神」には、【真の理解】=【あなたの土台】が、育まれていくことになります。あなたは【あなたの土台】を育くむことによって、「自分の生き方を確立する流れ」を、生み出していくことができます。あなたに【土台】が生まれることで、◯「想い」がブレなくなり、◯「思考」がブレなくなり、◯「行動」がブレなくなります。だからこそ、◯「想いをカタチにすること」ができ、◯「理想を実現すること」ができ、◯「夢を叶えること」ができます。その逆に、【自分の土台】が育っていないと、「想い」がブレ、「思考」がブレ、「行動」がブレてしまいます。だからこそ、「想いをカタチにすること」ができず、「理想を実現すること」ができず、「夢を叶えること」ができません。これから、ますます本気で『自分の生き方』を、だれもが創造していく時代へと、突入していきます。【自分の幸福】を追求して、オリジナルなライフスタイルを生きるのか?それとも、今までと同じように、「与えられた幸せを得る」ために、「モルモット的なライフスタイル」で、命を「生かされる」のか?それぞれが、それぞれの【命と向き合う時】が、迫ってきます。【自分の幸福】を追求して、オリジナルなライフスタイルを生きるためには、あなたの『理想』を実現する必要があります。例えば、プロ野球選手になりたい少年がいるとします。その少年が、ひたすら「野球の戦術」や、「バットの振り方」を情報で研究していても、プロ野球選手になることはできませんよね。実際に、◯練習をしたり、◯素振りをしたり、◯試合という経験を積むことで、「思考(精神論)」と、「身体の感覚(体験)」のバランスを、自身の内側で「リンク」させていき、自分の【野球観】や、【野球に対する価値観】を、育んでいくことができます。その【土台】を育むからこそ、色々なものが見えてきます。◯夢を実現するまでの距離が、どれぐらいのものなのか?◯想いをカタチにするために、必要なものは何なのか?◯理想を実現するために、鍛えるものは何か?そういった【真の理解】を、持つようになっていきます。「想いをカタチにする」までには、必ず「道のり」があります。それは、想いをカタチにするまでには、「時間を要する」ということでもあります。もちろん、すぐに達成できるものもありますが、「プロ野球選手になりたい」というようなものであれば、◯技術◯能力開花◯学び(経験値)などに、長年の時間(エネルギー)を要します。だからこそ、【土台が育まれる】ことになります。この【育んだ土台】は、もし、プロ野球選手になれなくても、今後の長い人生の中で、「必ず」役に立ちます。それは、「あなたという人間」に育まれた【力】そのものになるからです。例えば、あなたが「苦手だと思い込んでいること」それを【やり続ける力】を育むこと。◯そこにこそ、【自己成長】があり、◯そこにこそ、【人生の突破口】があり、◯そこに、【運を呼び込む秘訣】があります。多くの人が「苦手だと思い込んでいる」●忍耐力をつけること●努力をし続けること●根気よく継続することそれらは、とっても地道なものになります。だからこそ、多くの人が「苦手だと思い込んでしまいます」だけど、その『地道は行動』は、「人生に大きな影響力を及ぼす」【行動力】を育み、その人自身に、【力】をつけます。その【力】は、【確実に】現実を動かすことができる力となり、そして、その【力】は、その後のあなたの長い人生における【ブレない土台作り】の、「基礎」となっていきます。◯「同じこと」を繰り返したり、◯「苦手だと思い込んでいること」を続けたり、◯「慣れてないこと」に取り組むことで、【継続する力】は、育むことができます。【継続する力】を育むことで、『なによりも大事なこと』は、その「継続を続ける体験」を通して、五感より、体感より、「感じることを通して」あなたの「精神」が成長するということです。そうやって「精神力」が鍛えられれば、どんなことがあっても、立ち向かう勇気を持てたり、どんな困難があっても、逃げない姿勢を保てたり、どんな苦難があっても、折れない意志を信じることができます。人生は、まだまだ長い旅です。そして、人生ほど、予測できないものは、ありません。いつ、最愛の人を失うのか?いつ、バランスが崩れるのか?そんな時に、最も役立つことが、鍛えられた精神という、【自分の土台】です。その精神が鍛えられていれば、人生を真っすぐに進むことができます。いつ、いかなる時でも、『自分を生きること』その軸を、忘れないでくださいね。尚、今回の記事は、2018年7月7日に、書いた記事になります。---------------------------------------facebookグループ「セルフリニューアル」では来年からの新しい時代を「軽やかに生きる♪」自分をリニューアルする情報を無料シェアしていきます。来年2021年から新しい時代が始まります。その名も、『風の時代』今年2020年で240年間続いた「地の時代」が幕をおろします。そして、2021年からは、新しい240年間の時代が始まっていきます。軽やかに心地よく「自分をリニューアルしたい方」はぜひ、そんな流れに乗ってください☆ぜひ、気軽に参加してください♪   ↓ ↓  こちらから  ↓ ↓セフルリニューアル2021年から新しい時代が始まると同時に、今までの重たい自分を " あたらしくリニューアル " するための情報シェアする公開グループです。 キーワードは「軽やかに」「どこまでも透明に」 自分を軽くした先にある " 1番つながりたかった自分 " と繋がっていくために。 どなたでも参加可能ですが、すべての人にとって心地よく利用してもらうために、規約を違反し…www.facebook.com---------------------------------------本日も最後まで読んでいただき、本当にありがとうございます。いつもあなたには良い風が吹いています!Chao!西野たかお/nishino takao関連記事:基礎を育てるから世界が広がる関連記事:貧しい人

  • 09Jan
    • " 信じる人だけ " が、見えている真実の画像

      " 信じる人だけ " が、見えている真実

      この世界では、「見れば」だれでも信じることはできます。でも、それは逆をかえせば、「見れなければ」信じることはできない、ということです。だから、多くの人は、人生に夢を描かず、人生に希望を抱かず、人生に理想を持ちません。それらは、普通に生きていても「見えないもの」だからです。でも、人生を謳歌する人たちは、先に「見ています」正確には、信じているからこそ、その景色が「見えています」この違いが、人生に決定的な「差」を生み出すことになります。見えなければ、信じられないのであれば、先に、信じてあげればいいだけです。そうしたら、必ず見るようになります。どんな形で、どんな手段で、どんな道で、そこに行くのかはわからなくても、そこに行くことだけを、絶対に『信じること』は、だれにでもできます。でも、見なければ、信じれないというパラダイム(認識の世界)で生きているのならば、自分で見に行って、実際に見ない限りは、絶対に信じることはできなくなります。でも、実際に見に行く努力は、しませんよね。だから、いつまでも悩み、いつまでも苦悩し、いつまでも自分を幸福へと、導いてあげることをしません。自分を幸福にするために、自分の幸福な姿を見ようとしない人には、絶対にその姿を見ることは、できないからです。でも、そういう人が、○大抵、勇気が出ない、○踏み出すことが恐い、○出来るか不安、ということを口にしています。そりゃ、誰だってそうです。決してあなただけではありません。信じることもせずに、見ることもせずに、でも、先に進もうとするのなら、誰だって不安であり、誰だって躊躇するし、誰だって怖くて当たり前です。その不安を消すために、どれだけの努力をしたのか?その恐怖と向き合うために、どれだけ自分を信じたのか?その怖れを乗り越えるために、どれだけ実際に、そういう人に会いにいったのか?もし、何もしていなかったり、ほんの少しのことしかせずに、不安と真正面から向き合うことばかりに時間を使っていたり、希望よりも絶望ばかりに意識を向けていたり、本気で信じることよりも、疑うことばかりに時間を使っているのなら、真逆の【極】を見ることを、始めてください。見れば信じることができるのであれば、一歩を踏み出して、・豊かさを手に入れている人、・成功している人、・「いいなぁ~」と思う人を、まずは、しっかりと見てください。そして、決して表面だけを見るのではなくて、その人たちが本当にしている(裏側の)ことを、よーく見てみてください。そうすることで、信じることができやすくなるかもしれません。でも、『信じること』とは、他人を信じるのではなくて、自分を信じることです。だから、例え信じたとして、他人に裏切られたとしても、自分が『信じる』と決めたのなら、決して相手に裏切られても、人生が左右することはありません。信じることの軸は「他人」なのではなくて、自分だからです。『信じること』が、恐いという人は、自分を信じ切ることができないかもしれないことに、恐がっているだけです。信じることに、相手は関係ありません。だけど、『信じること』を、結局「他人に依存すること」だと認識していれば、他人に裏切られたときに、責任を転換してしまいます。軸はあくまでも、自分にしかありません。自分が信じた以上、裏切られようが、失敗しようが、騙されようが、責任を転換する必要は、ありません。でも、それでも自分を信じてあげるからこそ、想いはより一層深くなり、意志はより一層重くなります。だからこそ、自分の未来や理想、夢、自分自身を、『信じる人』には、すでに「見えている景色」があります。それは、その夢や理想を叶えて生きている「自分自身の姿」です。それを信じているからこそ、その姿を見ることができます。でも、見ることが「先」にないと、信じることができない人は、一生、夢や理想を成すことはありません。なぜなら、そういったものは今の自分では、見ることができないからです。すべては、逆です。まず、最初に『自分』があります。その自分からすべては始まるので、だから、自分を信じることができる人には、すでに「見ること」ができています。でも、自分を信じれない人は、一生かかっても「見ること」はできません。自分を信じていないからです。自分を信じることは、1秒もあればできます。そして、いきなり完璧にできることなんてないので、信じれない自分に気づいた時には、またそこから出発すればいいだけです。そうやって、繰り返すうちに、自信は必ずついていきます。でも、練習をしない人は、自分を信じることはできません。練習をしていない、からです。夢を見る練習をしていない人が、本気で夢を見ることはできません。自分の『軸』を信じることができないのであれば、他力に頼り、『自らを信じる機会』を自らで失うことを、選ぶことを止めて、まずは、地に足をつけて、『自分を信じること』を、始めてあげてください。たった1秒でできることです。そして、それこそが、『自己愛』に目覚めていくことだということに気がつかなければなりません。まず、真っ先に自分を信用しないで、他力を求めていることを、自分の心は見ています。そんな姿をしている自分を、愛することができるのでしょうか?『信じること』で、すべては生まれ変わります。自分を生きる上での、基本中の基本になるので、常に、いつでも、最も、大事にしてくださいね。---------------------------------------facebookグループ「セルフリニューアル」では来年からの新しい時代を「軽やかに生きる♪」自分をリニューアルする情報を無料シェアしていきます。来年2021年から新しい時代が始まります。その名も、『風の時代』今年2020年で240年間続いた「地の時代」が幕をおろします。そして、2021年からは、新しい240年間の時代が始まっていきます。軽やかに心地よく「自分をリニューアルしたい方」はぜひ、そんな流れに乗ってください☆ぜひ、気軽に参加してください♪   ↓ ↓  こちらから  ↓ ↓セフルリニューアル2021年から新しい時代が始まると同時に、今までの重たい自分を " あたらしくリニューアル " するための情報シェアする公開グループです。 キーワードは「軽やかに」「どこまでも透明に」 自分を軽くした先にある " 1番つながりたかった自分 " と繋がっていくために。 どなたでも参加可能ですが、すべての人にとって心地よく利用してもらうために、規約を違反し…www.facebook.com---------------------------------------本日も最後まで読んでいただき、本当にありがとうございます。いつもあなたには良い風が吹いています!Chao!西野たかお/nishino takao関連記事:ゴールを設定することで、人生が動き出す関連記事:『言葉』が未来を創る

  • 08Jan
    • " 自分らしさ " を制限してしまう人への画像

      " 自分らしさ " を制限してしまう人へ

      ぼくたちが自分自身に対して、自分を評価する「らしさ」って、いったいどんなものなのでしょうか?小さい頃から、これが好きで、これをしている時が「自分らしい」私は、こういている時が一番「自分らしい」これが私なんだから、これをすることが、「自分らしい」きっと、色々な「らしさ」があると思います。でも、その「らしさ」を、すべて過去に紐つけて、自分のことを『制限する癖』を、無自覚にしていませんか?例えば、土曜日、日曜日は「自分らしく」録りためた海外ドラマを見る。仕事から帰ってきた後は、「自分らしく」ゆっくりと過ごす。人生を「自分らしく」マイペースに生きる。こういった人も多いと思います。でも、もし、あなたが何かに情熱を持ち始めて、今の自分を変えて、とてもパワフルに行動し始めたのなら、そのあなたにとって「自分らしさ」って、今までの「らしさ」とは、変わってしまわないでしょうか?どうしても「人生でやりたいこと」が見つかり、そこにどうしても時間を使いたくなった場合、今までは、ゆっくりと過ごすことが、自分には合っているから、マイペースに過ごすことが「自分らしさ」だと思っていたことが、ゆっくりする暇もなく、全力で打ち込みたいことに時間をせっせと使うことが、「自分らしさ」だと、気がつくかもしれませんよね。この場合、今までの「自分らしさ」と、これからの「自分らしさ」が、全く異なるものになってしまいます。でも、『本当の自分らしさ』は、何も変わってはいません。何が言いたいのか?というと、表面で感じてる「自分らしさ」の、その奥にこそ、『本当の自分らしさ』が隠れているということです。例えば、週末に海外ドラマを見ることと、情熱的に目的に向かって行動する、この、一見変わってしまったかのように思える「自分らしさ」も、実は、その2つに共通することが、必ずあります。例えば、集中して物事に取り組むことが「好き」とか、自分の世界に浸って、生きることが「好き」だとか、ですね。なら、その共通項こそが、『本当の自分らしさ』になります。でも、そのことに気がつかずに、具体的なことをすることが「自分らしさ」だと認識していると、そこから飛び出すことはなく、逆を言えば、そこに自分を「閉じ込めてしまう」ことになります。でも、深いところから「自分らしさ」を知っていれば、どんな分野に行っても、どんな世界に行っても、「自分らしく」生きることを、楽しむことができますよね。そうすることで、『生きる世界』が広がり、『人生の選択肢』が増えていきます。すると、自分を活躍できる場所を見つけたり、可能性を追求することが出来る「チャンス」に出会うかもしれません。『自分らしく生きる』ということが、近年のブームになっている「今」でも、その「らしさ」に、逆に『制限されている人』が多くなってきています。それは、「自分らしく」を、自分の都合のいいように解釈して、「自分の殻」へと閉じこもる口実へと(無意識に)してしまっているからです。でも、『本当の自分らしさ』って、自分が本当に世界を楽しんでいるときに、初めて気がつくものかもしれませんよね?『制限』した中での「自分らしさ」を、絶対的な「自分らしさ」だと思い込んでしまうと、それ以上に、世界が広がっていくことはありません。ぼくが、自分のことを「自分らしい」と思うことは、どこまでも生きることを追求し、どこまでも生きる可能性を広げることに、情熱をもっている自分を、本当に「自分らしい」と感じています。だから、どんな状況でも、どんな環境でも、その生き方を止めることはありません。それを止めてしまうと、「自分が楽しくない」からです。もし、海外ドラマを見れない状況が続いて、それが「自分らしくない」のであれば、「自分らしさ」を、きちんと見つけてあげなければなりません。なぜなら、「自分らしくない時間」を、一体、誰として生きているのか?と、いうことになるからです。「あなたらしさ」って一体なんなのでしょうか?「あなたらしさ」で、日常を生きることが、『自分を生きること』であるのなら、「あなたらしく」日常を生きていない人生は、『だれを生きること』になるのでしょうか?「らしさ」が、一時的にしか「出せない」のであれば、果たしてそれは、本当の「自分らしさ」なのでしょうか?そして、その時間以外の人生を、一体だれとして生きているのでしょうか?失敗をして、自分らしいねっ!と笑っている人は、『失敗をする自分』を自分だと思い込んでいて、『成功する自分』を、自分とは思っていないわけです。では、普段のあなたは、いったい何を目的に、「自分らしく」生きているのでしょうか?『自分らしく生きる』とは、『自分の本質から生きること』です。だからこそ、嘘をつくこともなく、適当に生きることもなく、ただ、真っすぐに『自分を生きること』を始めていくことができます。本当はわたしは何が好きで、どんなことを体験したくて、どんなわがままを持っていて、どんな理想を描けるのか?それこそが、あなたの本質です。その本質で生きるからこそ、『あなたらしさ』が、自然とにじみ出てきます。わたしはこれをすることが、「わたしらしい」こういう状態が、「わたしらしい」そういった制限をする「自分らしさ」だけが、決っして『本質のらしさ』ではありません。もちろん、その要素を含んではいますが、もっとその奥にある『自分らしさ』に気がつくためのヒントでしかありません。あなたが、あなたを『真剣に』生きるとき、あなたらしさは、自然とでてきます。その「らしさ」で、生きることを始めてあげてくださいね。---------------------------------------facebookグループ「セルフリニューアル」では来年からの新しい時代を「軽やかに生きる♪」自分をリニューアルする情報を無料シェアしていきます。来年2021年から新しい時代が始まります。その名も、『風の時代』今年2020年で240年間続いた「地の時代」が幕をおろします。そして、2021年からは、新しい240年間の時代が始まっていきます。軽やかに心地よく「自分をリニューアルしたい方」はぜひ、そんな流れに乗ってください☆ぜひ、気軽に参加してください♪   ↓ ↓  こちらから  ↓ ↓セフルリニューアル2021年から新しい時代が始まると同時に、今までの重たい自分を " あたらしくリニューアル " するための情報シェアする公開グループです。 キーワードは「軽やかに」「どこまでも透明に」 自分を軽くした先にある " 1番つながりたかった自分 " と繋がっていくために。 どなたでも参加可能ですが、すべての人にとって心地よく利用してもらうために、規約を違反し…www.facebook.com---------------------------------------本日も最後まで読んでいただき、本当にありがとうございます。いつもあなたには良い風が吹いています!Chao!西野たかお/nishino takao関連記事:あなたを異次元まで高めるために、自覚という能力を開花させる関連記事:自己制限のブロックを解除する

  • 07Jan
    • あなたの意識が " 盲点 " にしていることの画像

      あなたの意識が " 盲点 " にしていること

      『現実を変える人』は、必ず現実を変えます。でも、「現実を変えない人」は、現実が変わりません。あなたは果たして、「どちらの人間」なのでしょうか?当たり前ですが、現実は何もしなくても、勝手には変わりません。そして、『現実を変える行動』をとらない限り、現実は変わりません。人生に明確なゴールが定まっていれば、「行動の梯子(はしご)」を、掛け間違えることはありません。でも、人生に明確なゴールが定まっていなければ、「行動の梯子(はしご)」を、簡単に掛け間違えてしまいます。なぜなら、『行動する目的』が、とても軽い理由になっているからです。軽い理由で、自分を動かしていると、また、別の軽い理由で、自分を動かしてしまいます。そうすると、「行動の梯子」をどこまでも宛もなく、掛け間違い続けてしまいます。だからこそ、『現実は変わりません』『自分の人生』のリーダーは、もちろん、自分です。リーダーには、行先へと導いていく役目があります。でも、そのリーダーがフラフラとしていたら、その隊は全滅してしまうかもしれません。そのリーダーが、あなたの日々の1日1日であり、その隊が、あなたの人生だとしたなら・・・まず、『現実を変えたい人』は、「明確な変えたい理由」を、自分に提示してあげる必要があります。この部分が「弱い」からこそ、(この部分の重要性を理解していないからこそ)○自己愛を忘れ、○自己価値を下げ、○自分の力を信じずに、ただ、行動だけをして、満足してしまいます。(本当に現実が変わっていないのに、です。)口では『変えたい』と言っていても、本末転倒な行動をしている人が多いのは、『本気で、変えるため』に、自分を動かしていないからです。自分の本心にコミットせずに、違うところにコミットしていて、だからこそ、「想い」(内側)と、『行動』(外側)に、行き違いが生じてしまっています。そもそも内側の想いを、本当に理解していなければ、外側の行動へと、結びつくことはありません。外側に現れているものこそが、内側を素直に教えてくれているものなので、ただ、神社にお参りにいくとか、ただ、願えば叶うとか、そんなことをしていても、現実が変わることはありません。自分の中に確固たる想いがあって、そのために神社にお参りにいくことが、瞑想になり、姿勢を正すことになり、願いを強めることになり、そうやって自己を見つめて、1日の行動を始めるために神社に参る人と、「とにかく神社に参っとけば大丈夫!」「神社巡りが流行っているから!」の人とでは、大きく意味が異なってきますよね。そんなことをするぐらいなら、現実的に「お金を生み出す方法」を一生懸命に学んで、それを実践する方が、よっぽど現実を変えることができます。多くの人は本当に耳障りの良い言葉に弱く、すぐにラクな方向へと流れていきます。・今の自分のままでできること、・あんまり努力しなくてもやれること、・何もしなくてもいいこと、でも、本当に考えないといけないことは、その思考回路を生み出している自分には、どんな未来が待っているのか?と、いうことです。変わりたいけど、変われない人変わろうと思っているけど、変わっていない人変わる努力をしているけど、変えれていない人は、『本当に変える人』になってください。きっと意識の次元が変わり、今までのすべてを見つめることができます。本来、物事を成すためには、上から物事を見てあげることが、一番効果的です。迷路を上から見れば、一発で答えが解りますよね。でも、迷路の中に入って、ゴールを探していても、なかなかゴールまで辿りつかなくて、当然ですよね。『自分を変える』『現実を変える』ということも、同じです。『変える』という迷路を、ただ、迷路の中に入って進めていても、なかなか変わらなくて当たり前です。本気で変えたいのであれば、まずは、自分がどうすれば変わるのか?どうすれば現実が変わるのか?そのゴールを明確にすることから始めることです。そうすることで、必ず、自分を変えることができます。なぜなら、『変えるため』に、すべての行動を積み重ねていくからです。例えば、そもそも自分が怠け者で、言い訳ばかりをして、挑戦することもせずに、自分の都合でだけ生きているとしたなら、その癖や習慣を『変えること』を本気でしない限りは、絶対に変わることはありませんよね。でも、多くの人は、この内側を変えることなく、外側ばかりを変えて、現実を変えようとします。でも、この内側のリーダーが変わらなければ、どれだけ外側の環境が変わっても、導き手が同じなので、その環境でも、また同じ問題に出くわすことになります。なぜなら、本質的なもの(リーダー)が、何も変わっていないからです。本当に外側の世界を変えたいのであれば、「本当に外側の世界を変えれる自分」へと、本当に変わらなければなりません。それ以外をどれだけ変えようとしても、現実は決して変わりません。だけど、『本当に変える人』になれば、必ず現実は変わることになります。---------------------------------------facebookグループ「セルフリニューアル」では来年からの新しい時代を「軽やかに生きる♪」自分をリニューアルする情報を無料シェアしていきます。来年2021年から新しい時代が始まります。その名も、『風の時代』今年2020年で240年間続いた「地の時代」が幕をおろします。そして、2021年からは、新しい240年間の時代が始まっていきます。軽やかに心地よく「自分をリニューアルしたい方」はぜひ、そんな流れに乗ってください☆ぜひ、気軽に参加してください♪   ↓ ↓  こちらから  ↓ ↓セフルリニューアル2021年から新しい時代が始まると同時に、今までの重たい自分を " あたらしくリニューアル " するための情報シェアする公開グループです。 キーワードは「軽やかに」「どこまでも透明に」 自分を軽くした先にある " 1番つながりたかった自分 " と繋がっていくために。 どなたでも参加可能ですが、すべての人にとって心地よく利用してもらうために、規約を違反し…www.facebook.com---------------------------------------本日も最後まで読んでいただき、本当にありがとうございます。いつもあなたには良い風が吹いています!Chao!西野たかお/nishino takao関連記事:あなたという影響力を広げていく関連記事:あなたのモチベーションが下がらない秘密

  • 06Jan
    • " ヨーロッパ最高頭脳の法則 " 逃げずに目をそらさないの画像

      " ヨーロッパ最高頭脳の法則 " 逃げずに目をそらさない

      フランスの経済学者であり、思想家でもある「ヨーロッパ最高の頭脳」と呼ばれるジャック・アタリはこう言います。苦境や厳しい現実を逃げずに受け止め、そこでポジティブに考えるのが、『本来のあり方』である。が、昨今は、苦境や厳しい現実から目をそらし、ただポジティブに生きる潮流がある。これが現実社会をさらに惑わす大病になっている、と。本当にその通りだなぁ、と思います。ぼくも昔、失敗ばかりを繰り返している時には、苦境や厳しい現実を逃げずに受け止めることが、できませんでした。誰だってそうだと思います。苦境や厳しい現実からいかにして逃げれるのか?だけを、常に求めていましたからね。(笑)でも、そんな状況でも(いや、そんな状況だからこそ)人間は、ハッピーでありたいと思うわけです。ただ、苦しい、ただ、しんどい、ただ、我慢する、なんてことを、ずっと出来る人なんていないわけで、だからこそ、苦境や厳しい現実から、いかにして逃げれるのか?を、求めていきます。でも、この「エセポジティブ」は、問題の本質の解決には一切ならず、むしろ、問題を先延ばしにしていくことでしか、ありません。言い方を変えれば、ただ、問題を山積みにしているだけで、その積み上げた分だけ、本当に解決する時がきたときに、問題に「向き合う」大変さを、ただ、積み重ねているだけになります。ぼくも身をもって体験しました。問題を山積みにすればするほどに、「清算」することは大変なことになります。でも、問題を山積みにしなければ、「気がつけない」という事実もあります。本当に現実の状況が大変になり、(病気、ストレス、借金、悩み)そこで初めて「気がつく」人間とは、そんな生き物だとも、思っています。人はだれでも、しんどいことをしたくなく、厳しい現実を直視したくない生き物です。でも、その厳しい現実や、苦境と「真正面から向き合うこと」で、初めて、人生のスタート地点に立つことが出来ます。ぼくは何も、僧侶になって、苦行をしろと、言いたいわけではありません。あなたが本当にやりたいこと、心と向き合って、命をかけてでも、絶対に成したいこと、そういったものを見つけ、そして、本気で自分を生きるためには、今、目の前にある現実から、スタートすることに、気がついてほしいと思っています。なぜなら、その道からすべてが「つながっていく」からです。でも、その現実を直視せずに、常にだれかに頼り、常に何かに依存し、自分と向き合わずに、自分から逃げていても、一向に、スタートを切れません。だれかに『頼ること』が、悪いといっているのではなく、だれかに『助けてもらうこと』が、悪いといっているのでは、ありません。自分で「命のスタート」を切って走り出して、その上で、助けてもらったり、応援してもらったりすることは、いいことです。でも、スタートを切らずに、助けてもらおうとしたり、頼ろうとしていることを、悪いことだと言っています。赤ちゃんは、必ず、自分の足で立ちます。でも、ぼくたち大人は、いつから自分の足で立つことを、止めたのでしょうか?「スタート切る」とは、自分で命の責任を持って、『生きること』を始めることです。そのスタートを切ることをせずに、だれかに頼って、だれかに助けてもらおうとすることは、ただの『責任放棄』です。それは、自分のことを、『信頼してあげていない』ということです。どれだけ外側を変えていても、メイクが落ちれば、必ず素顔しかありません。でも、素顔からキレイになっていけば、メイクという道具を、より自分を引き立たせるために、使うことができます。現実を生きる活動とは、そのための手段でしか、ありません。どれだけ外側を派手にみせていても、どれだけ外側を変えていても、内側の成長と向き合わない限りは、メイクの下は、永遠に変わっていません。現状を知り、現実の厳しさを知り、でも、そこから逃げずに、そこを受けとめれる強さを持つからこそ、『覚悟』や『本気』が生まれ、真のポジティブとして、人生の階段を上っていくことができます。でも、自分と向き合うことを放棄して、「他人に依存する人」は、いつまで経っても、現実を直視しないので、『覚悟』も『本気』も、生まれることはありません。そのことが、自分で、自分の力を、『制限している』ことに、気がつかなければなりません。ぼくたちは必ず、「自分で立つということ」を、小さい時に経験してきています。でも、大人になるにつれて、だんだんとそのことを忘れてしまい、自分の持っている力を、封印することに力を注いでいきます。ぼくたちは、必ずだれもが、『自分で立ったんです!』そのことをよーーく思い出してください。その時の自分は、今の自分をどう感じているでしょうか?「エセポジティブ」で、やっているフリをすることは、簡単なことです。やっている気分だけを楽しんで、満足すればいいだけ、だからです。でも、『人生』って、あなたの『命』って、そんなに「安いもの」では、ありませんよね。本当にこの世界を、たった1度しか体験できないことを、本当に受け止めるからこそ、今、目の前にある現実から、スタートを切ることを、本気になって始めますよね。だって、それだけが自分の人生だからです。誰かの人生を真似しても、今までが違います。一番真似しなければいけないことは、その人の「思考回路」です。その人が何を想い、何を目指していて、なぜ、その行動をしているのか?そこを見て、本当に自分に必要だと感れば、その人の真似をするべきです。でも、そんなことを見ずに、ただ、こうしたらいい、とか、これが流行っているから、とか、みんなもこうしているから、で、真似をしていても、中身がカラッポの人が、生きるスタートを切っていない人が、生きる覚悟を決めていない人が、それをしても、結局、『得るもの』は、何もありません。自分にすべてを降ろしてきてください。あなたの意識を、あなたに降ろし、あなたの心を、あなたに入れ、あなたの頭脳を、あなたに与えてあげてください。そうやって現実の目の前の世界に立てば、必ず、視野が変わります。すべてを「あなたを中心」にして、生きてください。そして、あなたは『自分の力でこの大地に立った』ことを、絶対に忘れないでください。『生きる力』を取り戻して、あなたの足で一歩を踏みだす喜びを、あなたが楽しんでください。それこそが、あなたの人生を生きる旅です。あなたが『人生の主人公』だからこそ、あなたの『真のポジティブのエネルギー』(生きる喜び)を、あなたの内側から発してくださいね。---------------------------------------facebookグループ「セルフリニューアル」では来年からの新しい時代を「軽やかに生きる♪」自分をリニューアルする情報を無料シェアしていきます。来年2021年から新しい時代が始まります。その名も、『風の時代』今年2020年で240年間続いた「地の時代」が幕をおろします。そして、2021年からは、新しい240年間の時代が始まっていきます。軽やかに心地よく「自分をリニューアルしたい方」はぜひ、そんな流れに乗ってください☆ぜひ、気軽に参加してください♪   ↓ ↓  こちらから  ↓ ↓セフルリニューアル2021年から新しい時代が始まると同時に、今までの重たい自分を " あたらしくリニューアル " するための情報シェアする公開グループです。 キーワードは「軽やかに」「どこまでも透明に」 自分を軽くした先にある " 1番つながりたかった自分 " と繋がっていくために。 どなたでも参加可能ですが、すべての人にとって心地よく利用してもらうために、規約を違反し…www.facebook.com---------------------------------------本日も最後まで読んでいただき、本当にありがとうございます。いつもあなたには良い風が吹いています!Chao!西野たかお/nishino takao関連記事:「できないイメージ」を壊していく関連記事:あなたの人生は主体性を持って創造することができる

  • 05Jan
    • エネルギーから見えてくる " お金 " とは?の画像

      エネルギーから見えてくる " お金 " とは?

      『お金』への認識は、現代を生きる上ではとても重要なことになります。それは、ぼくたち人間が、『認識の生き物』だからです。だからこそ、「お金に対する見方」が変われば、お金に対する恐怖や、お金に対するブロック、お金に紐ついた感情を、一気に変えてしまうことができます。『お金』は、道具でしかありません。でも、お金という物質は、「スピリチュアルな要素」を含むことができるからこそ、人の心を支配し、人の命と深く結びついてしまいます。そして、現代は資本主義社会であるからこそ、『物質的な豊かさ』を得ようと思えば、「お金と交換すること」が、最も手っ取り早く、効果的な手段となります。「お金を中心」にして、社会が成り立っている時代だからこそ、お金は、『人の生きること』に、最も大きな影響を及ぼすことにもなっていますよね。だからこそ、「お金を求めて」人は命の時間を使い、「お金を使って」人生を楽しむことができます。大事なことは、そんな「お金」というものを、あなたの人生を豊かにするために、どのように「認識」するのか?ということだけです。お金は『道具』でしかないので、『道具』に良い、悪いはありません。『道具』は、『道具』でしかなく、『道具』は、「扱うため」にあります。でも、その『道具』に扱われてしまうと、『道具』のことを嫌ったり、良く思わなかったり、悪いものだという「認識」を持ってしまいます。でも、『道具』は、ただ、「扱うため」に存在するものです。でも『お金という道具』が少しやっかいなのは、人の「心」と結びついてしまうということです。「心という見えないもの」と深く結びついてしまうスピリチュアルな要素を含む道具だからこそ、心の欲求に紐ついて、お金という道具を使ってしまいます。だからこそ、『お金という道具』の扱いは、他の道具よりも難しくなってしまいます。なぜなら、人間という生き物は、「心の欲求」に対しては、すぐに反応してしまう生き物だからです。そこで、本日は心に左右されないための、「お金に対する1つの見方」を紹介しようと思います。『お金という道具』を人生を豊かにするための手段として使うために、役立ててもらえればと思います。ぼくたちは、「お金という物質」を、ただの『物』として見てしまうと、『失う不安』を生じさせてしまいます。それは、「カタチあるもの」と認識するからこそ『所有の概念』が生まれ、お金に無意識にでも「執着」を示してしまうからです。そうすると、『手放すこと』に対して執着が働き、「失う」という感情が生み出されてしまいます。「カタチあるもの」を所有していると、手放すときに『無くなる』という思いが生まれるからです。でも、ぼくたちが生きている資本主義社会は、お金を使うことで成長する社会構造なので、お金は、使う必要があります。そこで、お金のブロックを解除しやすくするために、『お金』という物質を、「カタチあるもの」として見るのではなくて、1つの「エネルギー」(何かと交換できるもの)として見ることで、お金を「循環させる」という『発想』を、芽生えさすことができます。何かを得るために、エネルギーを交換する。エネルギーは基本的には無形のものなので、「失う恐れ」はなくなります。空気を吸うことに対して、いっぱい吸ったら無くなるから、空気を吸うことが恐いという人は、いませんよね。それと同じことで、お金を手放すことも、「失くすために使う」のではなくて、「循環させていく」という意識を持って使うことで、また、自分に還ってくることが分かれば、手放す恐れを生むことはありませんよね。そしてそうやって、お金を使うようになっていけば、「お金の使い方」に必ず『意識の変化』が生まれてくることになります。実際に、あなたの人生における「お金の使い方」に、大きな変化が、生まれてくることになるでしょう。お金は心と密接につながっているからこそ、「心の持ちよう」を変えてあげれば、どんどんと意欲的に、お金を使うことができるようになります。(もちろん、人生を幸福にするための「自己投資」という意味で、です。)だけど、お金を1つの『物質』だと見ていると、カタチあるものを手放せば、当然手元にはなくなるので、『失う恐れ』に執着が生まれて、なかなか使うことができなくなります。(本当に必要でないところには、たくさん使うのですが、本当に必要なことに使うことに対しては、本当にお金を使えない人が多いです。)でも、あなたの人生を豊かにするために、お金というエネルギーを循環させるという意味で、あなたがお金を流していけば、必ず、エネルギーは循環して還ってくるので、あなたの人生を豊かにするために、使うことができます。ぼくたちは、お金をどんどんと使わなければ、なりません。でも、大切なお金を、ただ闇雲に、自分の私利私欲のために使ったり、煩悩や、衝動を満たすためだけに使っていても、循環して還ってくるものは、決してあなたの人生を豊かにしてくれるものでは、ありません。それは、お金と交換しているものが、「何であるのか?」を、しっかりと把握していないからです。例えば、目の前にあるものを見て、「欲しい」と思ったとき、そこに『お金という道具』を使ったとしたら、どんな循環が生み出されるのでしょうか?そして、その満たしたい「心の欲求」とは、あなたが本当に満たしたい『人生の欲求』から、生み出されているものでしょうか?循環を意識すれば、自分が何を得るために、お金を流しているのか?を、はっきりと自覚することができます。それは、あなたがどこにエネルギーを流しているのか?を見れば、(どこにお金を使っているのか?)一目瞭然のことになるからです。自身の使う「お金の流れ」は、自分の心の欲求の現れになります。何を満たすためにお金を使うのか?は、心の何を満たしたいのか?を、素直に教えてくれています。自分自身を成長させたり、豊かにするために、お金を扱う人は、より人生を成長させ、豊かにしています。それは、自分の成長に必要なエネルギーを循環させるために、『お金という道具』を、正しく扱っているからです。お金は大切な道具です。『たった1度きりのあなたの地球の体験』を、豊かにするために、とても大事な道具です。小さな誘惑や、他力に依存した使い方、衝動や、満たされない欲求などに、大切なお金を使うのではなくて、本当に、あなたの命にとって『とても大事なこと』に、最も優先して、エネルギーを流してあげてください。お金の「扱い方」が変われば、エネルギーの流れが変わるので、人生が変わって「当たり前」になります。---------------------------------------facebookグループ「セルフリニューアル」では来年からの新しい時代を「軽やかに生きる♪」自分をリニューアルする情報を無料シェアしていきます。来年2021年から新しい時代が始まります。その名も、『風の時代』今年2020年で240年間続いた「地の時代」が幕をおろします。そして、2021年からは、新しい240年間の時代が始まっていきます。軽やかに心地よく「自分をリニューアルしたい方」はぜひ、そんな流れに乗ってください☆ぜひ、気軽に参加してください♪   ↓ ↓  こちらから  ↓ ↓セフルリニューアル2021年から新しい時代が始まると同時に、今までの重たい自分を " あたらしくリニューアル " するための情報シェアする公開グループです。 キーワードは「軽やかに」「どこまでも透明に」 自分を軽くした先にある " 1番つながりたかった自分 " と繋がっていくために。 どなたでも参加可能ですが、すべての人にとって心地よく利用してもらうために、規約を違反し…www.facebook.com---------------------------------------本日も最後まで読んでいただき、本当にありがとうございます。いつもあなたには良い風が吹いています!Chao!西野たかお/nishino takao関連記事:お金に働かせる

  • 04Jan
    • どこまでも自分を輝かせるには " あなたの尊厳 " を信じてあげることの画像

      どこまでも自分を輝かせるには " あなたの尊厳 " を信じてあげること

      絶対的な『自信』を持っている人は、必ず成功します。それは、自分を信じているからです。でも、世の中の多くの人は、『自分を信じること』ができません。それは、『信じること』を始めないからです。練習して、失敗して、繰り返して、でも、やり続けて・・・もし、あなたの目の前にそういう人がいたら、あなたはどんな感情を生むでしょうか?きっとその人は「自分を信じれるようになる」と、あなたは思うのではないでしょうか?じゃぁ、それを自分に当てはめてみたらどうでしょうか?きっと、自分は「自分を信じれるようになる」と、思うのではないでしょうか。人は、もちろん弱い存在です。でも、同時に、ものすごく強い存在でもあります。弱さだけにフォーカスを当てていれば、「やらなくていい理由」「やらない理由」ばかりを探して、そして、周りにも、そういう存在だからと、必死にアピールをします。周りの人も、そういう人には何も言えないと、あなたに『頑張れ!』とは、だんだんと言わなくなります。だって、本人に「ヤル気」がないのに、そんなことに時間を使っていても、何も生まれないからです。弱さを演じることで、そういう自分を演出していけば、だれからも何も言われなくなります。でも、中には、そういう人に構うことで、自分が求められていると感じ、相手もまた、自分のかまってちゃんをかまってもらえるので、お互いの欲求を満たしていく、依存関係を作る人もいます。でも、一番大事なことって、『できない』『やらない』って言っている人を、『本気で信じて』その人にヤル気を出させて、実際に行動させることですよね。決してその人を甘やかすことではありませんよね。そして、そうやって構う人も、相手にとって重要だと思ってもらえることに自分の成長を「怠けて」自分を甘やかすことをしています。完全に「相互依存」ですよね。人は弱くもあり、強い生き物です。その『尊厳』をどこまでも信じて、相手が自分の足で立つことを信じて対応してあげることこそが、相手を一番成長させることになります。子育てでも、パートナーシップでも、恋人でも、親友でも、親子でも、本当に相手を信頼しているからこそ、時に厳しいと思われたり、嫌われる態度をとることは、とても大切なことです。そして、一番大事なことは、それを、どこまでも自分にすることです。自分を信じていない人は、絶対に成功しません。自分の可能性を広げていなかったり、自分の成長を止めていたり、自分の幸福に真剣になっていない人は、このことを肝に命じて、新しい1日を始めて、自分を変えてあげてください。今の自分で見える景色では、絶対に見れない景色を見るためには、あなたの外側へと、「勇気」と「愛」をもって飛び出すことでしか、それは、絶対に手にできません。もう中途半端なことをして「命を生きる」時代では、ありません。どこまでも、『自分を生きる』ために、あなた自身をどこまでも信じてあげてください。ぼくたちは、そんなに弱い生き物でもありません。「できない」と思ったのなら、必ず成し遂げてください。「今まで」の価値観は、あくまでも「今まで」の価値観です。「今」あなたが選ぶ選択だけが、唯一、あなたのできる選択です。そうやって、次のステージへと進んで、たった1度きりのあなたの地球の体験を、最高のものにしてあげてください。あなた自身のために、大きな馬鹿を見てあげてくださいね。---------------------------------------facebookグループ「セルフリニューアル」では来年からの新しい時代を「軽やかに生きる♪」自分をリニューアルする情報を無料シェアしていきます。来年2021年から新しい時代が始まります。その名も、『風の時代』今年2020年で240年間続いた「地の時代」が幕をおろします。そして、2021年からは、新しい240年間の時代が始まっていきます。軽やかに心地よく「自分をリニューアルしたい方」はぜひ、そんな流れに乗ってください☆ぜひ、気軽に参加してください♪   ↓ ↓  こちらから  ↓ ↓セフルリニューアル2021年から新しい時代が始まると同時に、今までの重たい自分を " あたらしくリニューアル " するための情報シェアする公開グループです。 キーワードは「軽やかに」「どこまでも透明に」 自分を軽くした先にある " 1番つながりたかった自分 " と繋がっていくために。 どなたでも参加可能ですが、すべての人にとって心地よく利用してもらうために、規約を違反し…www.facebook.com---------------------------------------本日も最後まで読んでいただき、本当にありがとうございます。いつもあなたには良い風が吹いています!Chao!西野たかお/nishino takao関連記事:正しい馬鹿になれ!関連記事:あなたを動かす魔法の方法

  • 03Jan
    • なぜ問題が何度でも " あなたの目の前に現れる " のか?の画像

      なぜ問題が何度でも " あなたの目の前に現れる " のか?

      「当たり前」のお話なんですが、ぼくたちが『生きている』中で起こる問題は、あなたが問題を解決しない限りは、何度でもカタチを変えて、あなたの目の前に現れてきます。それは、あなたを成長させて、あなたが『本来のあなた』へと戻るために、宇宙があなたに「チャンス」を与えてくれているからです。問題が起こるたびに、ただ、目の前のことをこなすのではなくて、「問題がなぜ起こるのか?」その『本質』部分に目を向けて見ると、「問題の根っこ」に、気がつくことができます。なぜなら「問題」は、起こるべくして、起こっているからです。だけど本人にとっては、突然に、理不尽に、「問題が起こっている」ように、感じるかもしれません。でも、その問題を引き寄せているのは『自分』であり、なぜ、引き寄せたのか?を考えれば、「答え」は、意外とすぐ近くにあることに、気がつくことができます。例えば、『お金の問題』に、あなたが直面している時、あなたはその『お金の問題』を通して、「問題の本質」に、気がつかなければ、なりません。ただ、表面に現れている『お金の問題』を、ただ、その場限りで解決しようとするのではなく、なぜ、そもそもお金の問題が起こるのか?その『本質』に目を向け、その『問題の本質』に取り組むことを、始めなければなりません。なぜなら、その問題の本質に取り組むことで、あなた自身の『本当の問題』に、直面することができるからです。「問題の根本」を解決してしまえば、その問題は、もう2度と起こることは、なくなります。でも、問題の本質を解決せずに、ただ、問題の表面だけを解決しても、また、問題は根を伸ばして、あなたの前に、再び現れてきます。それは、宇宙があなたに、「気がつかせるため」です。あなたが抱えている問題の『本質』を、気がつかせるためにです。人は、この世界を『体験するため』に、命を授かり、生まれてきます。その『体験』の中で、あなたが『体験したいこと』を、本当にできていれば、あなたの現実に、問題は起こりません。でも、あなたの現実に『問題が起こる』のであれば、それは、あなたに何かを気づかせるために、今、目の前に問題が起こっていることを、知ってあげてください。その問題に囚われることをやめ、その問題が何を気がつかせるために、起こっているのか?という視点の変化を持って、その問題に向き合ってみてください。そうすると、必ず、今までは見えてこなかったものが、見えるようになります。そして、これからは『問題の本質』に目を向けて、問題を根っこから解決する取り組みを、あなたの人生で初めてあげてください。当たり前ですが、そうすることで、確実に人生は変わっていきます。『問題の本質』と向き合わずに、神社にお参りにいっても、『問題の本質』と向き合わずに、占いを信じても、問題が解決することは、絶対にありません。一時的に解決したと思っていても、あなたの人生を通して、「何度でも現れてくる問題」は、問題を解決していないということを、きちんと証明してくれていますよね。表面的な問題の解決ではなくて、あなたの人生が本当に豊かさで満たされるために、問題を解決してあげてください。それが、「人生のステージ」を上げた視点で、自分の人生を「観る」ということです。そして、問題を根本から解決していくからこそ、あなたの人生が、根本から『幸福』になり、本当の豊かさを体験することができます。あなたを次のステージへと成長させてあげるためにも、ぜひ、視点を変えてみてくださいね。---------------------------------------facebookグループ「セルフリニューアル」では来年からの新しい時代を「軽やかに生きる♪」自分をリニューアルする情報を無料シェアしていきます。来年2021年から新しい時代が始まります。その名も、『風の時代』今年2020年で240年間続いた「地の時代」が幕をおろします。そして、2021年からは、新しい240年間の時代が始まっていきます。軽やかに心地よく「自分をリニューアルしたい方」はぜひ、そんな流れに乗ってください☆ぜひ、気軽に参加してください♪   ↓ ↓  こちらから  ↓ ↓セフルリニューアル2021年から新しい時代が始まると同時に、今までの重たい自分を " あたらしくリニューアル " するための情報シェアする公開グループです。 キーワードは「軽やかに」「どこまでも透明に」 自分を軽くした先にある " 1番つながりたかった自分 " と繋がっていくために。 どなたでも参加可能ですが、すべての人にとって心地よく利用してもらうために、規約を違反し…www.facebook.com---------------------------------------本日も最後まで読んでいただき、本当にありがとうございます。いつもあなたには良い風が吹いています!Chao!西野たかお/nishino takao関連記事:「被害者という意識」はあなたの心を苦しめていく関連記事:あなたの人生に問題を生み出さない魔法

  • 02Jan
    • 現実が変わらない人の " 学びの落とし穴 "の画像

      現実が変わらない人の " 学びの落とし穴 "

      ぼくたち人間にはもともと、誰でも、『知的好奇心』がそなわっています。そのおかげで、「まっさらの状態」だった赤ちゃんの時から、どんどんと「知識」を吸収し続けることができています。その結果として、大人になる頃には、色々なことが理解できたり、様々なことが解ったりしますよね?一見「当たり前のこと」と思ってしまうこんなことも、すべてはぼくたち人間に、『知的好奇心』がそなわっているからこそのことになります。もし、ぼくたち人間に『知的好奇心』がなかったら、人間という「種族」は、・現在の地球上で、ここまでの反映をできていなかったり、・人間独自の『社会』を作れていなかったり、・様々な「命を楽しむ方法」をたくさん考えたり、また用意したりして命を生きるということをできていなかったでしょう。その他の多くの種族や生命体と同じように、「ただ本能的に命を生きることだけ」を、永遠と繰り返していたはずです。例えば、21世紀の現代を生きるぼくたち「人類」にとって、『宇宙』という言葉は、様々な銀河系を含む宇宙の空間のことを指し、そういう解釈を「当たり前のもの」としていますよね?だけど、同じ21世紀の現代に生きている「猿」にとって、『宇宙』という言葉は、自分たちが見えていて、実際に移動していて、生きている範囲内の生活空間だけの世界のことを『宇宙』と呼び、解釈しているかもしれません。ニホンザルが、ブラジルのアマゾンのことを知っていることはありませんよね。この「違い」こそが、『知的好奇心』を持っている生命体かどうか、ということになります。つまり人間は、新しいことに「興味」を示したり、また、知らないことを知ることでワクワクしたり、知らない未知の世界をどんどんと探求したり、知らないことを解明したいと思う、探究心、冒険心の強い「生き物」なんですね。では『知的好奇心』とはいったい、どういったものなのでしょうか?まず『好奇心』とは、物事を探求しようとする『根源的な欲求・感情』のことです。その根源的な欲求の方向が「知識」に向くことを『知的好奇心』といいます。例えば、夜空を見上げた時に、無数の星々をみて、あれは何なのか?ということに、まずは『純粋な好奇心』を持ちます。そして、その『好奇心』を満たすために、「知識」を追求していくこと、つまりは、宇宙(その謎)を解明していきたいと思う欲求を、『知的好奇心』というわけです。「知らないことを知る」ことで、今までの自分の「認識の世界」には無かった、『新しい世界』を知ることができます。ぼくたちは「自分の認識の世界」、「認識の宇宙」が、どんどんと広がっていくことに、「知る」ことに対する「楽しさ」を感じるわけです。そしてそうやって、知っていくことで、自分が「生きている世界」がどういうところで、どういう場所なのか?ということを、より深く理解していきます。そして、様々なことを『理解』『認識』できるようになると、地球上での「命の楽しみ方」や、「人生の楽しみ方」を模索し始めて、実際にどういう人生を生きていこうか?とか、どういうことに興味を持ったり、熱中したりしようか?と、そういったことを自分のアタマで考えていくことができます。ぼくたちは「知りたい」という『知的好奇心』を持ったことによって、『進化』をしてきました。こう思うと、ものすごいことですよね?『知的好奇心』がそなわっているか、そなわっていないのかによって、歩む人生の「内容」は、大きく変わっていきます。自分で人生をデザインして、命を楽しもうとできるのか、それとも、自然界の弱肉強食の中で、本能にしたがって人生を生きないといけないのか・・・さて、ここまでのお話で、『知的好奇心』の素晴らしさと、ぼくたち人間には、『知的好奇心』という欲求がそなわっている、ということはわかっていただけたと思います。だけど、大事なことは「ここから」です。では、何が大事なのかというと、人は「知識」を学んだからといって、特別に何かが変わるわけではない、ということなんです。つまり、新しいことに興味を持ったり、未知のことや、知らないことを知っても、それだけでは、あなたの『現実』は何一つ変わることはないということなんですね。なぜ、こんなことを言うのか?というと、『知的好奇心』という欲求は、「知る」ことで満足してしまう癖があるからなんです。つまり、・自分の知らなかったことを知ること、・未知なるものを追求して理解すること、・わからなかったものを紐解いて解釈すること、それ自体が、『知的好奇心』のゴールになってしまうわけです。確かに、様々なことを「知る」ことで、あなたの頭の中の「認識の世界」は、どんどん広がっていきます。だけど、これは、『情報空間』『思考』の世界のお話であって、実際のあなたが生きている『現実』の、『物理空間』のお話ではありません。どれだけ「知識」を吸収して、アタマでっかちになったとしても、その「知識」を、『現実の物理空間』で使いこなせなければ、それは「宝の持ち腐れ」になってしまう、ということです。よく、スピリチュアルの世界で、見えない世界のことを一生懸命に「勉強」をしていて、知識レベルとしてはすでに一級品で、もう十分に人生を豊かにしていても可笑しくない人が、まったく「豊かさで満たされていない」ということが、よくあります。「ノウハウコレクター」や、「情報デブ」化してしまっている人のことですね。この人たちは、『学びの落とし穴』にどっぷりとハマってしまっています。簡単にいえば、『知的好奇心』という欲求は、「知る」ことで満足してしまうものなので、その知った「知識」を、自分の頭の中だけにとどめてしまいがちになってしまいます。まさに、こういう状態になってしまっているんですね。さらに、この状態にプラスして、まだまだ自分は解っていないから「完璧じゃない」、豊かになるためには、もっともっと「知る必要がある」と思い込んで、さらなる『知的好奇心』を満たそうとします。つまり、まだまだ「勉強」をしようとしてしまいます。これが、『学び』の落とし穴、『知的好奇心』の強すぎる欲求なんです。ぼくたちは、『現実』という『物理の空間』で、命を生きているので、頭の中という『情報空間』・『抽象空間』にいくら良い知識を持っていても、それを持っているだけでは、自分の現実が変わっていくことはありません。自分が知識を学んで、そして、それを、自分の『現実』で実際に役立てること。自分の知らなかった世界のことを、ただ知るだけではなくて、実際に知らなかった世界を、あなたが実際に体験してみるということ。そうすることで初めて、学んだ知識を、あなたの人生に役立てたせることができるようになるわけです。ぼくたちには『知的好奇心』という欲求があるからこそ、ぼくたちは何かを『学ぶ』ことをします。だけどそれは、基本的に『情報空間』の話であって、『現実』の『物理空間を動かす話』では、ありません。だから、「知識」をいくら学んだからといって、それだけでは実際に、あなたの人生が変わるわけでは、決してありません。「知識」を『学ぶ』ということは、*自分の「認識の世界」を広げること、と、*その広げた「認識の世界」を実際に体験して、 自分の人生を変えていくことに役立てること、それらを併せて、『学び』と、言います。「知る」ことで幸福になるわけではなくて、『学ぶ』ことで、幸福で在れるわけです。『知的好奇心』という「強い欲求」を満たすことがゴールではなくて、『学び』として、あなたの現実を変えることに役立てるために、あなたの『知的好奇心』を利用してくださいね。人は「知識」を学んだからといって、特別に何かが変わるわけではない、ということを、肝に命じて、しっかりと現実に役立てることを優先して行動に移していきましょうね。尚、今回の記事は、2016年10月4日に、書いた記事になります。---------------------------------------facebookグループ「セルフリニューアル」では来年からの新しい時代を「軽やかに生きる♪」自分をリニューアルする情報を無料シェアしていきます。来年2021年から新しい時代が始まります。その名も、『風の時代』今年2020年で240年間続いた「地の時代」が幕をおろします。そして、2021年からは、新しい240年間の時代が始まっていきます。軽やかに心地よく「自分をリニューアルしたい方」はぜひ、そんな流れに乗ってください☆ぜひ、気軽に参加してください♪   ↓ ↓  こちらから  ↓ ↓セフルリニューアル2021年から新しい時代が始まると同時に、今までの重たい自分を " あたらしくリニューアル " するための情報シェアする公開グループです。 キーワードは「軽やかに」「どこまでも透明に」 自分を軽くした先にある " 1番つながりたかった自分 " と繋がっていくために。 どなたでも参加可能ですが、すべての人にとって心地よく利用してもらうために、規約を違反し…www.facebook.com---------------------------------------本日も最後まで読んでいただき、本当にありがとうございます。いつもあなたには良い風が吹いています!Chao!西野たかお/nishino takao関連記事:ライフワークを決めることで、迷いを断ち切る関連記事:あなたの「これから」を書き直す