信州読書会

信州読書会

長野市で読書会を行っています

NEW !
テーマ:

 

2018.7.20に行ったカズオ・イシグロ『わたしを離さないで』読書会のもようです。

 

メルマガ読者さんの感想文はこちら。

 

私も書きました。

 

『往けるものよ、まったきに往けるものよ』

 

 ルースのやっていたジェラルディン先生親衛隊のくだりが悲しかった。彼女は、先生を何かから守っているという物語を友達も巻き込んで、本気で信じるという遊戯。

 

 ルースが親衛隊を組織するのと同じことを私たちだってやっている。それを信じられなくなれば、寄る辺なき世界への不安に耐えられなくなり、狂うだろう。すなわち、トミーが激怒するのは、狂気の一歩手前だ。神から見放され、魂を奪われ、自由を奪われて、それでもなお、この世に存在するというのは地獄だ。その孤独に耐えて、クローンは生きている。彼らは人間のように扱われて生きているが、臓器提供の使命を終えて、死んでしまえば、存在そのものがロストコーナー行きだ。

 

 彼らは、座礁した船のように、物質的現象としては、存在するが、航海すべき海を持っていない。手段としての存在であって目的を持たない。

 

 「わたしを離さないで」

 

 この題名の意味はなんだろう。私の存在の核心を、離さないで。クローン人間という存在の核心はなんだろう? マダムとエミリ先生の結論は、クローン人間に核心はないということだった。逆説的に言えば、ロストコーナーこそ彼らの核心だ。

 

 人間の存在には核心があるのか? 私たちはあると信じている。

 

 だが、クローン人間には、核心があると信じることを許されてはいない。彼らの存在に核心があると信じてしまえば、彼らクローンを、同じ人間として扱わなければならない。

 

 臓器を提供する手段として、人間を見ることはできない。それは、倫理に悖る。人間の社会秩序を支えるフィクションを破壊する。なぜなら、人間の現実存在は、一応は目的だからだ。

 

 しかし、仮に、その目的が、仮象でしかなかったら。

 

 私たち人間は、存在しないも同然だ。同じく、クローン人間も存在しない。そもそも、目的が嘘なのだから、人間もクローンも存在しないし、そもそも、ロストコーナーも存在しない。

 

 そんなことを、この世にいながら悟ることができるのか。

 

 智慧の完成があるとすれば、般若心経にあるように、その真理は、「人間は、いまだ存在していない」ということだ。

 

 目的もなく、実体もない。ただ、この世は、悟りきれない衆生の執着が、嘆き続けるだけの仮象なのかもしれない。

 

(おわり)

 

読書会の模様です。

 

 

ランキングにポチッと協力お願いします。

 

  ブログランキング・にほんブログ村へ 

 

 

ツイキャス読書会の予定

YouTubeチャンネル「信州読書会」

メルマガで限定音声配信しています!!

Twitter「信州読書会」

Facebookページ「信州読書会」

ご支援はこちら

 


テーマ:

 

 

日本語では哲学ができないということをいう知識人がいるが

 

私はそうは思わない。

 

 

 

岩波文庫の翻訳の哲学書でも、十分哲学はわかる。

 

カントはドイツ語で読まなければわからないわけではない。

 

日本語で読んで、十分理解できたら、ドイツ語で読むことも

 

意味があると思うが、いきなりドイツ語で読まなければ

 

理解できないということはないと思う。

 

 

私は、岩波文庫の『純粋理性批判』を精読するコンテンツを

 

YouTubeで公開しているのだが、いずれ全部解説したいと思う。

 

日本語で読んでも、きっと、全部理解できる。

 

たとえ話を駆使すれば、みんなが共有できるように解説もできる。

 

 

図を使えば、きっと誰でも、ある程度までカント哲学がわかるし、

 

カントの道徳哲学を使って小説作品を読み解くこともできると信じている。

 

 

『三四郎』で広田先生が、三四郎に講釈する部分がある。

 

(引用はじめ)

 

 

「東京はどうです」
「ええ……」
「広いばかりできたない所でしょう」
「ええ……」
「富士山に比較するようなものはなんにもないでしょう」
 三四郎は富士山の事をまるで忘れていた。広田先生の注意によって、汽車の窓からはじめてながめた富士は、考え出すと、なるほど崇高なものである。ただ今自分の頭の中にごたごたしている世相せそうとは、とても比較にならない。三四郎はあの時の印象をいつのまにか取り落していたのを恥ずかしく思った。すると、
「君、不二山ふじさんを翻訳してみたことがありますか」と意外な質問を放たれた。
「翻訳とは……」
「自然を翻訳すると、みんな人間に化けてしまうからおもしろい。崇高だとか、偉大だとか、雄壮だとか」
 三四郎は翻訳の意味を了した。
「みんな人格上の言葉になる。人格上の言葉に翻訳することのできないものには、自然がごうも人格上の感化を与えていない」
 三四郎はまだあとがあるかと思って、黙って聞いていた。ところが広田さんはそれでやめてしまった。

 

(引用おわり)

 

この引用部分には、カントの『判断力批判』の「崇高」に関する分析と同じことが書いてある。

 

カントは『崇高』や人格の『尊敬』は、構想力と理性の不適合から来ていると説いている。

 

私は、『判断力批判』を読んでいて、『三四郎』のこの部分を思い出した。

 

 

「自然を翻訳すると、みんな人間に化けてしまう」のはなぜか?

 

この問いのカントの出した答えを解説すると、

 

カントの文章をそのまま引いてこないと

 

うまく説明できないので、ここではできない。

 

カント哲学の概念である『構想力』の説明から必要になる。

 

 

 

夏目漱石も、カントを読んで理解していたことになる。

 

読んでいなくても、カントの『判断力批判』に何が書いてあるかは、知っていた。

 

 

夏目漱石のように、日本でも哲学している人はいる。

 

 

 

小説家のほうがよくわかっているケースが多い。

 

 

 

一流どころの純文学作家は、やはり理解している。

 

評論家は、理解していないし、利用もできてないケースが多い。

 

一流の評論家(文芸でも美術でも)と言われる人でも、

 

作家に比べると理解の程度が著しく、低いと思わざるえないのだが、

 

こういうこと書くと、お前何様だという話になるので、

 

地道に、カントを解説して証を立てるしかない。

 

(おわり)

 

ランキングにポチッと協力お願いします。

 

  ブログランキング・にほんブログ村へ 

 

 

ツイキャス読書会の予定

YouTubeチャンネル「信州読書会」

メルマガで限定音声配信しています!!

Twitter「信州読書会」

Facebookページ「信州読書会」

ご支援はこちら

 

 


テーマ:

 

2018.7.13に行った夏目漱石『こころ』読書会のもようです。

 

メルマガ読者さんの感想文はこちら

 

私も書きました。

 

『悲しい夢』

 

(引用はじめ)

 

女には大きな人道的な立場からくる愛情よりも、多少義理をはずれても自分にだけ集注される親切を嬉しがる性質が、男よりも強いように思われますから。

 妻はある時、男の心と女の心はどうしてもぴたりと一つになれないものだろうかと云いました。私はただ若い時ならなれるだろうと曖昧な返事をして置きました。妻は自分の過去を振り返って眺めているようでしたが、やがて微かな溜息を洩らしました。(下 54)

 

(引用終わり)

 

 お嬢さんは、先生が自分を守ってくれる覚悟があるか、ずっと試していたと思う。そして、「私の嫌いな例の笑い方」をするようになる。先生は、その笑いを、お嬢さんの技巧とみなすか、それとも先生のKに対する嫉妬ゆえに嫌に感じるものなのか、迷った。

 

 Kは「覚悟」があった。お嬢さんが許せば、一緒に駆け落ちしたかもしれない。先生には、そこまでの「覚悟」に欠けている。だが、Kを出し抜いた。

 

 意識的であろうが、無意識的であろうが、腹の探り合いで生きている。腹の探り合いに膨大なエネルギーを割けば、お互いの心がぴたりと一つになったような錯覚がやってくる瞬間もあるだろう。

 

 人が人とぴたりと心を合わせるのには、膨大な情熱がいる。あらゆる感情が混ざり合って、熱くなったふたつの心が、惹かれ合うのであり、若さと無知無経験は、恋という錯覚の培養地だ。

 

 プリーモ・レーヴィの『これが人間か』に抹殺収容所で囚人みんなが観る夢の話がある。故郷に帰り、家族に囲まれる夢だ。収容所でのおぞましい体験を、一生懸命に家族に語るのだが、誰も自分の話を聴いてくれなくて、全く無関心である。自分以外の家族が、お互い楽しく語らい、やがて立ち去っていくという夢。こんな残酷な夢を見るのだという。

 

Kも同じような夢をみたのかもしれない。取り残された絶望的な悲しさを思えば、もうあの下宿の部屋で悲しみの中、目覚めたくはなかったのかもしれない。

 

全世界から拒否されているという、悲しみ。物心つかない子どもでも感じる純粋な悲しみだ。

 

(おわり)

 

読書会の模様です。

 

 

 

ランキングにポチッと協力お願いします。

 

  ブログランキング・にほんブログ村へ 

 

 

ツイキャス読書会の予定

YouTubeチャンネル「信州読書会」

メルマガで限定音声配信しています!!

Twitter「信州読書会」

Facebookページ「信州読書会」

ご支援はこちら

 


テーマ:

 

2018.7.6に行った檀一雄『花筐』読書会のもようです。

 

メルマガ読者さんの感想文はこちら

 

私も書きました。

 

『皇子と物狂い』

 

スイスの療養所のベッドに横たわる吉良の写真の裏に何があったか? 

 

榊山が赤くなったのだから、それは、千歳に撮らせた美那以外の女子寄宿舎の女の裸の写真なのだろう。

 

鵜飼が美那に飲ませた鱗。その鱗の持ち主たる蛇は吉良のことかもしれなくて、彼はもともとエデンの園を住処としていたのかもしれない。

 

吉良というのは、脱皮した蛇の抜け殻みたいのようなもので、この世では、すでに生きていない。彼が自己申告の通り「形骸」である。

 

成仏できない亡霊のようなもので、儚い現在を目的もなく生きていた。

 

一方、風狂と倒錯は、鵜飼の生命を美しく際だたせる。吉良と鵜飼は、陰と陽だ。

 

吉良は、海に身を投げ、美那は、病を得て死んだ。榊山、その他人々は、鵜飼が夜光虫のきらめく沖まで泳いでいる間に、脇役がみな能舞台から退くかのようにひっそりと消えた。

 

世阿弥が創作したと言われる『花筐』は、突然皇位継承した男大迹(おおあとめ)皇子と彼を慕う、照日の前の物狂いが描かれている。鵜飼は、臣籍降下した光源氏のように世俗で過ちを繰り返して神に近づく一人の逆説的な皇子かもしれない。

 

人間社会の宿痾である孤独と無力と不安は、周期的に、大規模な破壊的衝動にまで膨れ上がり、マスヒステリーの物狂いとして、やがて爆発する。

 

だが、たいていの物狂いは、人間の表現形式の中で合理的に解消されていく。義満、信長をはじめ権力者が夢幻能を嗜むのは、物狂いに形式を与えて鎮めるためかもしれない。予備校の始業式に、どうどうと教室を出ていくような学生は、物狂いに形式を与えたくて出ていくのだ。

 

警官が警官を射殺し、無宿者が新幹線で単独テロを犯し、元自衛官が警官から拳銃を奪い、小学校に発砲し、死刑執行のリアルタイム報道が朝から流れる。大規模破壊の兆候としての物狂いが、憂鬱の原因にもならないで日々の雑事の中で雲散霧消していく。

 

現存在はつかの間の夢であり、その儚さはゆえに物狂いは、ますます募る。

 

(おわり)

 

読書会の模様です。

 

ランキングにポチッと協力お願いします。

 

  ブログランキング・にほんブログ村へ 

 

 

ツイキャス読書会の予定

YouTubeチャンネル「信州読書会」

メルマガで限定音声配信しています!!

Twitter「信州読書会」

Facebookページ「信州読書会」

ご支援はこちら


テーマ:

 

2018.6.29に行った大江健三郎『万延元年のフットボール』読書会のもようです。

 

メルマガ読者さんの感想文はこちら

 

私も書きました。

 

『共依存と暴力を克服するための闘争』

 

念仏踊りは、愛媛出身の一遍上人があみだした。南無阿弥陀仏を唱えて踊れば、救われるというのが時宗である。無力感から救われるために、念仏を唱えながら踊ったのである。

 

敗戦国として再出発した戦後の日本は、日米安全保障条約というくびきの中にいる。敗戦は日本の政治体制を民主的にした。しかし60年の安保の改正においては多くの民衆が、時の政府の強権的なやり方に反発して、安保闘争という名の政治運動に加担した。蜜三郎の自殺した友人も鷹四も、安保闘争で傷を負った。

 

友人は、頭の傷によって引き起こされた薬物依存とマゾヒズムに囚われ自死した。鷹四は、サディズムに囚われ、谷間の村で民衆を煽って、反資本主義運動のようなものを展開する。

 

サディズムとマゾヒズムは共依存の関係にある。覇権国アメリカと、敗戦によって従属的地位に置かれる日本も、サド・マゾ的共依存にある。資本の価値の自己増殖と、自らも労働力を商品として売る消費者=賃労働者も共依存関係だ。現代の社会関係は、多かれ少なかれ共依存を前提としている。共依存は、人間からあらゆる自由を奪い、無力感を与える。蜜の無関心と逃避癖、菜採子のアルコール依存、ジンの過食も共依存が原因だ。

 

鷹四は、サディズムによってリーダーとなったが、心の奥底は、マゾヒズムに支配されている。サディズムによって妹を自死に追いやった罪悪感が、彼を自己処罰というマゾヒズムにかりたてる。罪悪感にとらわれるほど政治運動における自己欺瞞が激しくなり、彼は支配の手段としての暴力を正当化する。暴力は、集団的な熱狂を生むが、同時に、恥の意識を植え付け、ますます群衆を自己正当化への暴力へ駆り立てる。

 

曽祖父の弟が、土佐藩の人間に導かれて、アメリカに渡ったのではなく、実は、蔵屋敷の地下倉に引きこもって非転向を貫いていたというのは、衝撃的な結末だった。彼は、明治四年に一度だけ地上に出て、一揆を指導し、民主的勝利を勝ち取った。

 

人は銘々の地下倉で、自分のかかえる欺瞞に向き合い、それを克服しなければならない。共依存から逃れ、無力感と恥を克服し、自由になるためにも。

 

曽祖父の弟は、地下倉の中で、無力感を克服し、政治的挫折を乗り越えたのだ。

 

(おわり)

 

読書会の模様です。

 

 

 

 

 

ランキングにポチッと協力お願いします。

 

  ブログランキング・にほんブログ村へ 

 

 

ツイキャス読書会の予定

YouTubeチャンネル「信州読書会」

メルマガで限定音声配信しています!!

Twitter「信州読書会」

Facebookページ「信州読書会」

ご支援はこちら


テーマ:

 

『黒い雨』井伏鱒二

 

 

黒い雨 (新潮文庫) 黒い雨 (新潮文庫)
724円
Amazon

 

読書会のために再読。

 

ケンポナシのくだり、インキで書いた手紙なら

 

明治6年のものでも読めるという話なのだと気がつく。

 

昨年読んだが、何度も丁寧に読まないと、細かい表現を

 

読み飛ばしてしまう。

 

 

作中で重松が僧侶の代わりに読経をして、職場の同僚を弔うのだが

 

その際に唱えた『白骨のご文章』の意訳を紹介したい。(Wikiより)

 

 

(引用はじめ)

 

 さて、人間の内容の無い生活の様子をよく考えて見ますと、およそ儚いものは、人間の生まれてから死ぬまでの間のことで、それは幻のような生涯です。

 

 それゆえに、いまだ一万年の寿命を授かった人がいたなんてことを聞いた事がありません。人の生涯は過ぎ去りやすいものです。今までに誰が百年の肉体を保ったでしょうか。

 

 〔人の死とは、〕私が先なのか、人が先なのか、今日かもしれないし、明日かもしれない、人より後であろうが先であろうが、草木の根元に雫が滴るよりも、葉先の露が散るよりも多いといえます。

 

 

 それゆえに、朝には血色の良い顔をしていても、夕には白骨となる身であります。もはや無常の風が吹いてしまえば、即座に眼を閉じ、一つの息が永く絶えてしまえば、血色の良い顔がむなしく変わってしまい、桃やすもものような美しい姿を失ってしまえば、一切の親族・親戚が集まって嘆き悲しんでも、どうする事もできない。

 

 そのままにはしておけないので、野辺に送り荼毘に付し、夜更けの煙と成り果ててしまえば、ただ白骨だけが残るだけです。哀れと言っただけでは言い切れない。人生の終わりは、年齢に関わりなくやってくる。だからどのような人も「後生の一大事」を心に留めおき、心から阿弥陀仏に頼み申上げて、念仏申すべきであります

 

(引用おわり)

 

 

原爆の悲惨さがよくわかるので、みんなに読んでほしい。

 

 

 

 

(おわり)

 

ランキングにポチッと協力お願いします。

 

  ブログランキング・にほんブログ村へ 

 

 

ツイキャス読書会の予定

YouTubeチャンネル「信州読書会」

メルマガで限定音声配信しています!!

Twitter「信州読書会」

Facebookページ「信州読書会」

ご支援はこちら

 


テーマ:

 

 

 

頼朝の死後、東国武士の御家人の合議制で

 

幕府は運営されていたが、北条時政がフィクサーとして

 

二代目、源頼家の側近にスパイを送り込んで

 

幕府の権力を簒奪しようとした説が書かれている。

 

 

梶原景時の粛清は、今でも真相が謎に包まれている。

 

『平家物語』『吾妻鑑』いつか読んでみたい。

 

 

 

 

積読だったのでパラパラ読んだ。面白くない。

 

ウィトゲンシュタインとケインズは友達だった。

 

(おわり)

 

ランキングにポチッと協力お願いします。

 

  ブログランキング・にほんブログ村へ 

 

 

ツイキャス読書会の予定

YouTubeチャンネル「信州読書会」

メルマガで限定音声配信しています!!

Twitter「信州読書会」

Facebookページ「信州読書会」

ご支援はこちら


テーマ:

 

2018.6.15に行った永井龍男『青梅雨』読書会のもようです。

 

メルマガ読者さんの感想文はこちら

 

私も書きました。

 

『無縁仏にならないために』

 

看護師の頃、入院患者だったひでとの縁ができて、千三の家にやってきた春枝は、10年前に梅本の父の世話で、東京から神奈川の終の棲家に一緒に越してきて、身の回りの世話や介護など、献身したのだと思う。

 

春枝は、体の悪いひでに代わって、工場経営者としての千三を支えた。その間に、もしかすれば、新聞記者が邪推したような関係になったのかもしれない。

 

入浴しようとする千三の世話まで甲斐甲斐しくする春枝に世間の目は冷たい。家族の関係に第三者がとやかくいうことではないが、世間の分別の残酷さというのが身にしみる描写だ。

 

一家が越してきたときは、もう、千三の経営していた工場の立て直しようがなく、その頃には、養女として春枝の籍を入れていたのかもしれない。東京の区役所でとった戸籍抄本には、みんなの名前が載っていたのだろう。

 

この戸籍抄本は、借金返済に関わる相続や保険金の請求などに使われたのかもしれない。

 

身寄りのほかにないゆきの生活も、千三は引き受けた。そして、ゆきとの関係も、春枝はうまく調整した。

 

春枝は足が不自由だった、その事も含めての一家のおける女性三人の関係のバランスがとれていたのかもしれない。

 

千三という一家の大黒柱の男性を巡って、この疑似家族のバランスが保たれていた。

源氏物語を読めば、光源氏が多くの女性との関係に腐心するさまが描かれている。

帝の崩御、そして後宮のはなやかな女性たちの零落、やがて衰運を迎える源氏の門閥……

 

時間は残酷だ。千三が先に死んでしまえば、残された女性三人は、感情の上でバラバラになってしまうだろう。

 

千三が、世間になるたけ迷惑をかけず、みな仲良く一緒に同じ墓に入れるように、始末をつけた。

日本人の「恥の意識」というものを強く印象づける。

 

死に装束を整え、固めの盃をしたから、養女の春枝も、同じ墓に入れる。

 

一言も口に出さなかったことの核心に関することを、春枝は知る由もない。 

 

ただ、彼女は戸籍の上でも、魂の上でも独りぽっちにならずにすんだ。ようやく青梅雨に包まれた一体となった。 

 

(おわり)

 

読書会の模様です。

 

 

 

ランキングにポチッと協力お願いします。

 

  ブログランキング・にほんブログ村へ 

 

 

ツイキャス読書会の予定

YouTubeチャンネル「信州読書会」

メルマガで限定音声配信しています!!

Twitter「信州読書会」

Facebookページ「信州読書会」

ご支援はこちら


テーマ:

 

日本の歴史(7) 鎌倉幕府 石井進

 

 

 

 

頼朝が関東の武士団をまとめて、成り上がっていく姿が描かれていた。

 

京都の朝廷が「治承」から「寿永」「養和」と改元しても、

 

幕府を開く前の、関東最大の豪族だった頼朝は、

 

もとの「治承」の元号を使い続けて

 

後白河法皇に嫌がらせをしている。

 

 

 

平成の次の元号は、どうなってるんですかね。

 

このまま一部の人が、平成を使い続けると、頼朝みたいになりますね。

 

 

(おわり)

 

ランキングにポチッと協力お願いします。

 

  ブログランキング・にほんブログ村へ 

 

 

ツイキャス読書会の予定

YouTubeチャンネル「信州読書会」

メルマガで限定音声配信しています!!

Twitter「信州読書会」

Facebookページ「信州読書会」

ご支援はこちら

 

 


テーマ:

 

 

ブログも語りかけるように書いたほうが良いのかね。

 

試しに語りかけるみたいに書いてみるね。

 

誰に語りかけてるかわからない文章書くと、自分できもちわりーなーと

 

思うので、あまりやらないんだけどね。

 

 

でも、硬い文章だとそれだけで読むの嫌になるよね。

 

なれなれしい書き方してみるけど、みんな我慢して付き合ってね。

 

 

ファミマがドンキ風の圧縮陳列しているという話ね。

 

以前、雑談で話して、ダメ出しした気がするんだけど、

 

実際やったら、1.5倍に売上が上がったって。

 

 

最初は物珍しいから、売上上がるけど、ずっと続くのかなあ。

 

 

 

コンビニって、生ビール売ったり、ひきたてコーヒー売ったり、

 

いろいろ新しいことに挑戦しているよね。

 

 

コンビニの陳列棚こそ、自由主義の市場経済の縮図だよね。

 

あんなに競争激しいところないよ。

 

カップ麺の棚とか惣菜の棚とかすごいよね。

 

 

ヒット商品ひとつだすために、無数の失敗があって、

 

どんどん新商品が投入されては、いつのまにか消えていくものね。

 

 

だいたい、まぐれ当たりってないよね。

 

狙って狙って無残に失敗というのが、ほとんどだから、

 

新製品の開発やってる人は、精神的に辛いと思う。

 

 

アイデアって言ったって基本パクリだからさあ。

 

いろいろな流行りものからパクってるわけでしょう。

 

目を皿にして、アイデア探しまくって企画立てて、失敗してるわけだ。

 

大変だよね。それだけやっても、業績も伸びない。

 

売れないわけだ。

 

 

 

イベントもとりあえず便乗。W杯、もオリンピックも。

 

クリスマス、節分、バレンタイン、ハロウィン。毎日がお祭りだよ。

 

終わらない学園祭が、コンビニの本質になりつつあるよね。

 

 

 

 

新陳代謝が激しい。どんどん洗練されて、お弁当のおかずの並び方まで

 

コストと見栄えと、何から何まで計算されつくされているのがわかる。

 

でも、どこのコンビニの弁当も、結局、だんだん似てくるよね。

 

 

サッカーでデュエルって概念があるらしいんだけど、

 

一対一でしのぎを削るみたいな、そういう概念らしい。

 

 

コンビニって、商品一つ一つが激しいデュエルを繰り広げてるよね。

 

気をつけて見てないとわかんないけど。

 

それで、だいたい結局、似てくるというオチ。

 

 

あれやられちゃうと、商品のラインナップの甘い駄菓子屋とか酒屋みたいな店が

 

かすんで見えちゃうよね。陳列棚がスカスカだと、あ、スカスカだ! って思うもの。

 

 

 

 

だけど、あまり洗練されすぎると、守破離じゃないけど、どこか崩さないと

 

コンビニに行って、息苦しいと言うか、飽きが来ると言うか、

 

そういうのもあるんじゃないかな。

 

 

コンビニの二階をフィットネスにしたり、民泊にしたり、

 

生ビールサーバーおいて、立ち飲み屋にしたり、

 

イートインつくって、その場でお弁当食べられるようにしたり、宴会したり

 

コンビニの駐車場でレンタカー貸しはじめたり、わけわかんない。

 

 

納税も、各種届出もコンビニでできるようになるし、

 

コンビニで散髪したり、マッサージしてもらったり、

 

入れ墨入れたり、落語会やったり、握手会したり、

 

いずれは、コンビニで挙式したり、葬式だしたり、出産したり、

 

もうそういうとこまで行くんじゃないかな。

 

 

需要があれば、なんでもやりそうだよね。

 

帝釈天前のファミマで産湯を使いみたいなドラマもできるよね。

 

なんかビートたけしのコラムみたいになちゃったなあ。

 

ジャンジャン。

 

 

(おわり)

 

 

ランキングにポチッと協力お願いします。

 

  ブログランキング・にほんブログ村へ 

 

 

ツイキャス読書会の予定

YouTubeチャンネル「信州読書会」

メルマガで限定音声配信しています!!

Twitter「信州読書会」

Facebookページ「信州読書会」

ご支援はこちら

 

 

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス