初心者でも株でしっかり月20万円!~食う寝る遊ぶ時々相場~

初心者でも株でしっかり月20万円!~食う寝る遊ぶ時々相場~

現物株は買いだけでなく、空売りも大好き、お気に入りは225先物、値幅を取りに行くFXもたまに。兎に角、魚がいっぱいいるところに糸を垂らします!

グッと冷え込んだ大阪です。

でも、春が近いのか、ハルっとした感じ!?もあり、気持ちのいい朝です。

さて、「バンドワゴン効果」という言葉をご存知でしょうか?

投資の世界とも関連があり、立て続けにこの言葉につい聞かれたので、解説したいと思います。

実は、この効果を知っていれば、株価が大きく上昇するかもしれない銘柄を見つけ、初動から乗れる可能性を秘めています。

また、高値掴みによる大きな含み損失を抱えてしまうことも回避できるんです。

つまり、大きな利益が狙えて、大きな損失を招くことを回避できるのです。

しかも、株式市場に参加している大衆心理を理解できるようになるので、相場自体が面白くなります。

そんな「バンドワゴン効果」ですが、その意味とは?

バンドワゴン効果とは、たくさんある選択肢の中で、より多くの人が選択している選択肢に人を呼び込む効果のことです。

バンドワゴン効果はマーケティング用語ですが、行動経済学の分野でも取り上げられます。

人気がある事象に、さらに人が集まることで、今まで以上に人気が上昇することです。

株式市場に例えると、たくさんある銘柄の中で、より多くの人が選択している銘柄、つまり大きく上昇している銘柄に、さらに人を呼び込み、さらなる上昇を演じる効果のことです。

具体的に、相場からそんな銘柄を探してみると、「三井E&S」なんかがそうですね。

編集後記に続く。

では、相場について。

「今は半導体バブルだ!」

という声もあちこちで聞こえますが、バブルは弾けたあとに振り返ってみて、はじめてわかるものです。

もしかしたら、ここから本格化して、「AIバブル」につながるかもしれませんし。

225先物の動きを見てみると、昨日は40190円で引けています。高値は40290円です。

チャートからははっきりとした達成感は感じられず、もう少しの上値がありそうにも見えます。

上値目処となる節目は40500円から41000円と少し上に移動です。

場合によっては、もう少し上に振れるかもしれません。

個別銘柄に関しては、買いたいけど買えない、売りたいけど売れないという感じのものが多いです。

あたらに仕掛けるなら、しっかりと銘柄は選定したいものです。

では、最重要である方向転換のタイミングはいつなのか?

今週末はメジャーSQもあり、週半ばくらいからは要注意です。

特に、今週末までトレンド継続、高値圏維持となれば、再来週が転換点到来の1週間となりそうです。

その時の押し目の作り方を見て、今後の大局的な戦略を練りたいものです。

【編集後記】

「三井E&S」は好材料が発表され、上昇開始。

そして、いまは25日移動平均線からの乖離率ランキングトップとなっています。

まさしく「バンドワゴン効果」が発揮されている銘柄です。

とは言っても、この効果を利益に変える方法を知らないとダメですよね。

実は、その方法はとっても単純。

初動を買う、もしくは反落を売るの2パターンです。

ここで書くと長くなりますので、ブログにまとめました。

お時間あるときにどうぞ。
 

 

※小生のブログに飛びます


ちなみに、週賭けは空売りで狙えますよ!

利益になれば報告メールくださいね。

では、明日もスマートトレードを心掛けましょう。

いつも最後までお読みいただき、ありがとうございます。

雨の日も多く、鬱陶しい天気が続いている大阪です。砂漠を渡りきるには、これくらいの雨が必要だったのかなと、物思いにふける朝の珈琲タイムです。

意味不明ですが、、、笑

今回の上昇を牽引したのは海外投資家ですが、そのパワーの源泉は円安です。ここに新NISAが加わり、個人も足並みを揃えることで起こった大相場とも言えそうです。

ただ、相場はバブル感を醸し出していますが、それを肌で感じないですよね。大きな上昇を演じたのはグローバルな大型銘柄だからかもしれません。ガッツリと海外で利益を積んでほしいものです。

では、相場について。

相場は砂漠を渡り切り、新たな世界に突入したのだろうか?

これだけ上昇しても、不思議と相場に達成感が見られないんですよね。

とすると、まだ上値余地があるという事になります。

いろいろとチャート分析をしてみると、40000円は現実化してきそうです。もちろん、ガンガンと飛びついて良いわけはなく、乱高下域に入っているので、より慎重なトレードは必要です。

気になるのは、ここからバブルが本格するのかどうか、です。

関連する銘柄や出遅れ銘柄に資金が入り始めたら、息の長い上昇トレンドになりそうです。そうなれば、グロース銘柄も、さらに盛り上がってきそうです。

すでに盛り上がっている銘柄も多くありますが、押し目をつけてきたものに乗っかりたいものです。

そうそう、「グロース市場の銘柄紹介して!」と言われますが、なかなか書けないのです。なので、チャート的に面白そうなものを紹介していこうかなと。

お楽しみに!

【編集後記】

前回、「いよいよ東京砂漠到着か?」という内容を書きましたが、すいません、ちょっと書き間違えていました。

バブル期につけた高値38915円を「さばくいこう」という語呂合わせです。

大阪は言葉をちょっと短縮する癖があるので、「さばくいこう」が「さばくいこ」になり、書いているうちに、「さば
くいく」になってしまいました。

これまた先週書きましたが、セミナーの無断欠席者になっているのかどうか?とメールを頂きます。このメールにすべてお答えするにはちょっと大変なので、次回開催時はご案内しますね。

セミナー内容も有料級になっていますので、気が向いたらご参加くださいませ。

では、明日もスマートトレードを心掛けましょう。

いつも最後までお読みいただき、ありがとうございます。
 

いきなり暖かくなったり寒くなったりと、三寒四温の季節に突入。花粉の攻撃を上手くかわしながら春の到来を待ちたいものです。

さて、日経平均はクレイジーな上昇を演じています。

メディアでは、バブル時の最高値をいつ更新できるのかと毎日のように注目しています。

注目というか、わちゃわちゃと騒いでいます。そして、一昨日に日経平均は38865円をつけました。

いよいよ東京砂漠到着か?

「東京砂漠って何よ!?」という声が聞こえてきそうですが、バブル期につけた高値38915円を「さばくいこう」と語呂合わせで覚えられています。

東京市場が、ということなので、「東京砂漠いこ」となり、いよいよ到着か、ということを意味しています。こんなことわざわざ説明することはないんですが。笑

ちなみに、この語呂合わせに関しては、業界人はみんな知っています!

では、相場について。

しかし、クレイジーな上昇演じている東京市場。大きく上げれば大きく下げるのも相場の常、ということは頭の片隅に入れておきたいものです。

先週、買いで攻めるなら、どこを狙うべきか?

という事を書きましたが、眠っていたグロース銘柄たちが目覚め始めました。Webセミナーで紹介した銘柄も勢いよく上昇しています。

上手く乗れましたかね!?

そのひとつが、「monoAI」です。一昨日もストップ高で引けています。

見逃しても、次から次へと羽ばたきだすので、狙いを決めて、まずは1銘柄をしっかりとつかましょう。グロース銘柄は値幅が獲れるので、結構な利益になります。

巷は日経平均の高値更新に期待をかけ、盛り上がっていますが、やるべきことを淡々とやって、利益を積んでいきましょう。ただし、バブル時高値更新後の急落には注意です!

もしくは一昨日が高値タッチ未遂となる可能性もありますので、注意はしてきましょう。方向転換のタイミングはわかりませんが、注意深く相場観察をしていきたいものです。

【編集後記】

冒頭の話の続きとなりますが、「東京砂漠」といえば、やはり前川清ですよね。空が哭いてるんです!あの昭和の切なさがたまりません。

そうそう、先週の日曜日に今年2回目のWebセミナーを開催しました。そもそもメールが届かないという事から始まったのですが、今回も同じことが起こりました。

繰り返しになりますが、「申込みしたのに案内メールが届かない!」という原因はこの5つです。

申し込み時のメルアド間違い⇒そもそも届かない

携帯アドレスを使っている⇒そもそも届かない

迷惑メールになっている⇒届いたことに気がつかない

届かないメールが来て、返信するもそれも迷惑メールになっている悲しい事案もあり。

お名前が適当、ニックネーム等⇒ご案内してません

過去2年で無断欠席2回以上の方⇒ご案内してません
※セミナー時稀に出欠確認アリ

こんな感じです。

では、週明けもスマートトレードを心掛けましょう。いつも最後までお読みいただき、ありがとうございます。

とある勉強会に呼ばれたときに、いろいろと話をしてわかったことがあります。

まずは、どんな局面でも利益を得られるって考えている人が多すぎですね。

上手い投資家って、実は簡単な局面だけを狙い、利益を得ています。おまけに、複雑な分析もしていません。

知識、情報は重要なので、日々研究はしているものの、最も効果的なトレードアプローチは基本的な事柄の積み上げです。

何事も基礎が重要ってことです!

では、相場について。

相場は高値圏でのもみ合いから再び上昇開始となりました。

買ってじっとホールドしているなら喜ばしいですが、既に利食ったりでポジションがないのなら、なかなか手が出しにくいですね。

また、空売りで狙うもすんなりと勝たしてくれるチャンスもないです。売りサイン点灯はもう少し先かなと。

ただ、落ち始めれば大きな値幅となりそうです。

もちろん、下降トレンドが発生している銘柄やSBGのようなチャートなら狙えそうです。

買いで攻めるなら、どこを狙うべきか?

まだ眠りが続いているグロース銘柄が狙いどころです。注意点は、まだ眠り続けているので、このまま眠り続ける場合もありますので、目覚めサインの確認は必要です。

また、IPOの乱高下をデイトレするのもアリかなと。

ソライズは元気で、一昨日はストップ高です。ただし、トレードは慎重に!

では、この大相場の上昇はどこまで続くのか?

引き続き、37500円近辺にアタリをつけたいです。ただし、上値到達達成感がでれば、いきなり方向転換するので注意は必要です。

☆おまけ☆
 

 

 


小生のブログです。よろしければどうぞ!


【編集後記】

株式投資を始めて4、5年も経つのに全く勝てない、という方にヒアリングをしてみると明らかに問題点が。

そんな方に共通する負ける特徴を紹介します。

まずは、自分の負けトレードの分析を全くしていないことです。全くですよ。

次は、必ず勝てるワンパターンの手法、すなわち聖杯を探していることです。

最後は、適当に株本読んで勉強していたら、そのうち勝てるようになると思っていることです。

特に2つ目のロスカットトレードをそのまま放置しているようでは成長の余地なしです。

負けてばかりから勝ち組に入るために必要なことは、負ける原因を一つずつ地道に潰して行くしか方法はありません。

負け続ける原因は必ずありますので、そこを発見して改善していけば、必ずパワーアップしていきます。

調子が悪い方、めげずに頑張りましょ!!

では、週明けもスマートトレードを心掛けましょう。

いつも最後までお読みいただき、ありがとうございます。

2/11(日)新春セミナーを見逃した方にむけて、その第2弾となるセミナーのお知らせです。

乱高下している相場ですが、上手く乗れていますでしょうか?

 

ロスカットを連発させていませんか?

 

上手くいかないことが続けば、ますます悪循環になるのが相場の怖いところです。

一気に好循環に持っていきたいところです!


意識すべきは、方向性とエントリーのタイミングです。上昇時は買い、下落時は売りと、トレンドに乗って利益を伸ばしたいものです。

また、売りも買いもできれば、収益機会は2倍になります。

そのうち最近の大相場の反動がやって来ます。なので、できれば、「買い」だけでなく、今後のためにも「売り」でも利益を狙いたいものです。

 

そんなトレードのエッセンスを詰め込んだセミナーです。

「今年こそはトレンドの波に乗って、スマートに利益を手にするぞ!」とお考えの方はこのタイミングでご参加くださいませ。

 

【 買いでも売りでも利益を狙え!無料体験Webセミナー】
 2/11(日)10時~12時30分

お申し込みはこちらからどうぞ。

 

 

いつも最後までお読みいただき、ありがとうございます。

寒い日が続きますが、熱い
相場が続きますね。


年初早々にNISAでガン
ガン強気で攻めていたら、
超ハッピーな2月になって
います。


個人的な相場観としては、
「節分天井」くらいに見て
いましたが、


一昨日の米雇用統計が起爆
剤に東京市場も再度上昇開
始の気配が感じられます。


この上昇が終わったら目先
の方向転換となりそうです。


そうそう、「節分天井彼岸
底」という相場格言ですが、
米相場に由来するとされる
経験則と言われます。


新年のご祝儀相場が2月の
初めまで続き、その後3月
決算期に向けて調整色を出
すというものです。


ちなみに、過去のデータを
分析すると、必ずしもそう
とは言えないようですが。


では、相場について。


高値圏推移でのもみ合い色
の強い動きという事で、ト
レードがしにくい1週間で
した。


ただ、米雇用統計発表後に
225先物は上昇開始とな
りました。


週明けは、再度買いが盛り
上がりそうです。


では、どこまで上がるのか?


先月は上値目処として「4
0000円もあるよ!」と
書きましたが、海外動向を
分析すると、37500円
近辺にアタリをつけたいで
すね。


海外投資家は年初から4週
連続の買い越し、総額1兆
8909億円と本格的な日
本買いとなっています。


ただ、気になる動きとして
は、いつも反対に動く個人
が足並み揃えて買いに転換
しています。


なんとなく嫌な感じがしま
すね。


値動きだけでなく、そのス
ピードにも気をつけ、高値
掴みから起こる大きな含み
損に注意しましょう。


ちょっと話が変わりますが、
NISAセミナーで聞かれ
る質問はこちらです。


「NISAって、高配当狙
いか?それとも売却益狙い
か?」


どちらでも利益になれば良
いのですが、一般的な金融
リテラシーからすると、と
いう観点で加筆しました。
 

 

 


よろしければどうぞ。


【編集後記】


お問い合わせメールも多い
ところなのでもう一度。


ご案内していた新春セミナ
ーの第2弾となるWebセ
ミナーのご案内です。


セミナー内容ですが、多少
チャートはアップデートし
ますが、基本的に新春セミ
ナーと同じ内容です。


また、「案内が届かない!」
というメールを頂きますが、
迷惑メールに入っています
のでご確認をお願いします。


なお、携帯メールは基本届
きませんのでご注意を。


最後に、何度もセミナーに
申し込むも、何度も無断欠
席される方にはご案内は行
きませんのでご注意くださ
いませ。


ということで、


☆買いでも売りでも利益を狙え!
無料体験Webセミナー☆


 2/11(日)10時~12時30分


のお申し込みはこちらからお願いします。

 



では、週明けもスマートト
レードを心掛けましょう。


いつも最後までお読みいただき、
ありがとうございます。

今日は新春セミナーを見逃した方にむけて、その第2弾となるセミナーのお知らせです。

大きく動いている相場ですが、上手く乗れていますでしょうか?

意識すべきは、方向性とエントリーのタイミングです。上昇時は買い、下落時は売りと、トレンドに乗って利益を伸ばしたいものです。

また、売りも買いもできれば、収益機会は2倍になります。

なので、できれば、「買い」だけでなく、今後のためにも「売り」でも利益を狙いたいものです。そんなトレードのエッセンス
を詰め込んだセミナーです。

「今年こそはトレンドの波に乗って、スマートに利益を手にするぞ!」とお考えの方はぜひ。

【 買いでも売りでも利益を狙え!無料体験Webセミナー】
 2/11(日)10時~12時30分

お申し込みはこちらからどうぞ。

 

 

 


いつも最後までお読みいただき、ありがとうございます。
 

 

 

 

先週に引き続き、名言シリーズ第2弾を。

「皆が貪欲な時に恐怖心を抱き、皆が恐怖心を抱いている時に貪欲であれ!」

これはあのバフェットの言葉です。なんとなく今の相場に当てはまる気がするのは私だけでしょうか?

楽観論に満ちているときは、やはり自分を律していないとね。ある日突然流れが変わりますから。

では、相場について。


日銀発表後の急落から、一気に調整局面入りかなと思いきや、高値圏での推移。でも、ようやく調整色を出してきました。

そんな調整局面を空売りで狙うのか、それとも上昇気配の漂う銘柄を買いで攻めるのか、そんな見極めをしながらの1週間となりそうです。

こういう時って銘柄選択に悩むことが多いですが、迷った時にはお気に入りを狙い撃ちしましょう。

ちなみに、グロース市場が面白くなるかもです。要チェックです~!

ちょっと話は変わって、「相場と関わる理由は何ですか?」と問われるとなんて答えますか。

いきなり問われると、「ううっ!」ってなりますが目的はひとつ。

そう、利益の追求です!

人間、欲を持ったら努力するしかないです。

実は、勝ち続けるトレードって非常に地味で、淡々と繰り返すだけなんです。まずは、ひとつの手法をトコトン深掘りすることです。

利益が乗り出したら、他の手法も研究すれば良いのです。

最初は勝てなくても、辛抱強く相場と向き合い続ければ、力はドンドンとついていきますから。

以前、「このブログを読んだら、単純なルールでも勝ち続けることができるんだと確信に変わりました!」とメールを頂きました。

そのブログのひとつがこれです。

 

https://tradelife.jp/investment/3058/

 

 


理屈はわかっているのに損失ばかりという方、ぜひどうぞ。

【編集後記】

上手くトレードできない自分を簡単には変えることは難しいですよね。

では、どうしたらよいのか!?

勝てる確率の高いトレード手法を少しずつ構築し、積み上げていくしかないんですよね。

残念ながら聖杯なんてものはありませんので、地味な作業を継続するしかないんです。

でも、少しでも「利益」が出るようになれば、いろんな楽しさを運んでくれます。

それまではちょっと辛抱です。

そうそう、新春セミナーの第2弾のご案内ですが、出張中で準備が間に合いませんでした。

すいません。

なので、今月中に詳細をご案内させていただきますので、もう少しお待ちくださいませ。

では、週明けもスマートトレードを心掛けましょう。

いつも最後までお読みいただき、
ありがとうございます。

早速ですが、「謀多きは勝ち、
少なきは負く」は、戦国大名
の毛利元就の言葉です。


いきなり言われても知らんが
なってなりますが。


「謀」という意味合いですが、
「準備」と同じです。


つまり、準備ができているも
のが勝者になるという事です。


トレードも勝てる確率が高い
シナリオを準備できるかどう
かがポイントですね。


なかなか上手くいかないとい
う方は、こちらをどうぞ!

 

 

結構本質をついていますよ。

 

 

 

動画はこちらから。

 



では、相場について。


新NISAがはじまり、日本
人は米国株を買い、外国人は
日本株を買うという面白い現
象が起こっています。


しかも、どちらもガンガンと
上昇しています。


年明けの大きな上昇を受けて、
アナリスト達が調整に入る可
能性が高いというコメントが
多かった先週。


そんな中、ショートカバーも
あり、もう一段高となってい
ます。


ただ、相場の方向性は上です
が、急激な方向転換には注意
です。


週明けからは、日銀金融政策
決定会合に加え、米国マグニ
フィセントセブンの決算発表

もあります。


引き続き、短期売買にはエキ
サイティングな相場となりそ
うです。


エブリシングバブルの最中に
AIバブルが乗っかるという
大相場が来るのか?


って感じで盛り上がっていま
すが、節分天井かもしれませ
んので、思い込みは要注意、
しっかりと値動きを観察した
いものです。


ところで、「セミナーで紹介
した銘柄って何ですか?」と
メールを頂いたのですが、


前回紹介した川崎汽船ともう
ひとつがレーザーテックです。


どちらも噴き上げましたが、
週明けの川崎汽船はチャート
が悪化し始めたら狙ってみた
いものです。


セミナーでもよく登場する川
崎汽船ですが、狙いやすい銘
柄のひとつなので、相性が合
えば定点観測してみてくださ
い。


そうそう、先週225先物の
上値のアタリを40000円
と書きましたが、その根拠っ
て何ですかと。


おおー、良い質問ですね。


ちょっと難しいですが、先物
オプションの手口からアタリ
をつけています。


もちろん、目先の上値目処と
なると、40000円の下に
はいくつかあります。


それは確認しておかないとい
けないですが、手口からはな
んとなく40000円が光っ
ていたので取り上げたわけで
す。


今のところ、手口からは上昇
の達成感が感じられません。


なので、もう少し上値がある
のかなと読むのが定石かなと。


このあたりは簡単には書けな
いので省きますが、逆張りの
仕掛けは注意が必要です。


どんな動きになっても、ハイ
ボラになりそうなので、明日
も気合を入れて、慎重かつ大
胆に頑張っていきましょう!


【編集後記】


「新春セミナーで紹介した銘
柄を教えて!」とか、


「申し込んだのに、案内メー
ルがこなかった!」とか、


「今年は1回だけ!?もう一
度開催してください」とか、


いろいろとありがとうござい
ます!


メールに関しては、多くの場
合は迷惑メールに入っていま
す。


セミナー直前に問い合わせメ
ールが来て、速攻返事しても、
またすぐに同じ問い合わせメ
ールが来たりします。


いろいろと考えたんですが、
ご要望も多いので、もう1回
だけ開催しようと思います。


今月は厳しいので、来月にな
りますが、確定すればお知ら
せしますね。


では、週明けもスマートトレ
ードを心掛けましょう。


いつも最後までお読みいただき、
ありがとうございます。

 

https://tradelife.jp/investment/3715/

 

 

昨年末、日経平均予想として、
強気派はバブルのスタート、
弱気派は暴落開始と強弱感が
対立していました。


蓋を開けると、36000円
を突破してきました。


大局的な流れとして、自社株
買いに海外投資家の買いも加
わり、さらには国策としての
新NISAで個人投資家も買
いに加わったことが株高の理
由です。


逆張りを好む個人投資家が、
海外投資家と足並みを揃えた
ことはちょっとびっくり。


極めつけは、売り方の買戻し。


火に油を注ぎ、火柱が上がっ
た上昇を引き起こしました。


値動きを見ていたのですが、
火柱というよりかは、噴火と
いう感じの方が正確です。


そんなイケイケムードも、一
旦今日で終わりかなというチ
ャートになりました。


明日以降、スタンスは買いか
ら売りになりそうです。


良く言われることですが、


相場の世界で生き残るのは、
頭が良い人ではなく、スト
レスに強い人でもなく、相
場の変化に対応できる人で
す。


ということで、明日もスマ
ートトレードを心掛けまし
ょう。


【編集後記】


そうそう、先日、毎年恒例の
新春セミナーを開催しました。


ご参加頂いた方、ありがとう
ございます。


紹介した川崎汽船、想定通り
大きく動きました。


株で勝つためには、やり易い
銘柄で勝負するのが鉄則です。


ややこしいところに突っ込ん
でいってもたまには勝てます
が、勝ち続けることは難しい
です。


複雑なテクニカル分析よりも、
シンプル極まりない「ちゃち
ゃっと分析」ですよ。


「ちゃちゃっと分析?なんじ
ゃそれ!?」って感じですが。


それはまた次回にでも。


いつも最後までお読みいただき、
ありがとうございます。