とかげ日記

【日記+音楽レビューブログ】音楽と静寂、日常と非日常、ロックとロール。少数派のための、少数派への優しさを持った多数派のための音楽。


テーマ:
ツイッター上で管理人お勧めの音楽ブログの更新情報をお知らせするbotを作りました。
https://twitter.com/music_blog_jp

管理人の主アカウント@yoyo0616と一緒によろしくお願いします!
一口に音楽ブログと言ってもたくさんありますが、
主に邦洋のロック・ポップスの良いアーティスト・曲を紹介している
(音楽キュレーション)ブログの記事を掲載しています。

興味のある方はフォローしてくださると嬉しいです。
ちなみに、当botで取り上げている音楽ブログは下記のとおり。
増やす際には、またこの記事に追記します。

WASTE OF POPS 80s-90s
クレーター通信
レジーのブログ LDB(仮)
pitti blog
日々の音色とことば
YUMECO RECORDS.
キマグレ GOOD LIFE!
青春ゾンビ
DJ HOMERUN
GOLD SOUNDZ!【2014.6.7.良質なブログですが掲載とりやめ】
K’s今日の1曲
TAKUYAONLINE
DAの今日何しましたか
Mariko Sakamoto's Blog
音楽的、音楽論的
NOから始まる芸術論
宇宙 世田谷 emam
Devil's Own【記事が非公開になったため掲載取りやめ】
たにみやんアーカイブ
SIKEI-MUSIC
Welcome To My ”俺の感性”
Rays Of Gravity
hawaiibem's music blog
見る前に飛べ踊れ
Ivy Ivy Ivy
街角モノローグ【2014.5.31.追加♪】
NIHILISM Ver2.0【2014.5.31.追加♪】
Recall Your Songs【応募。2014.6.7.追加♪】
音楽だいすきクラブ【2014.6.7.追加♪】
Japanese Music~現在・そして未来へ~【応募。2014.6.10.追加♪】
いまここでどこでもない【2014.6.10.追加♪】
マイナー時々メジャーな音楽【応募。2014.6.11.追加♪】
空唄旅団 ~人生という名の旅の途中~【応募。2014.6.13.追加♪】
S.Sの邦楽アルバムレビュー【応募。2014.6.22.追加♪】
ki-ft【2014.6.22.追加♪】
rearviewmirror【応募。2014.6.30.追加♪】
WITHOUT SOUNDS【2014.9.9.追加♪】
ボカロとヒトのあいだ【2014.9.10.追加♪ 2016.9.15.記事が非公開になったため公開取りやめ】
新しい世界へ・・・【応募。ブログ消失のため掲載とりやめ】
私的名盤紹介―真の雑食を目指して【応募。2014.9.18.追加♪】
空白依存症【2014.9.18.追加♪】
トベコンチヌエド。【2014.9.19.追加♪】
musicfreedom -keep on,keep on-【応募。2014.10.29.追加♪】
Don't Cry【2014.10.31.追加♪】
Art Music Satellite【応募。2014.11.9.追加♪】
ゆとりのむじくめも【応募。2014.11.9.追加♪】
僕の好きな歌まとめ【応募。2014.11.12.追加♪ 2015.5.1.筆者の方の希望により削除(今後は日常的なことも書くため)】
MUSICMORE【応募。2014.12.3.追加♪】
さようなら、天使たち【2014.12.21.追加♪】
CDレビュー 呉太良は深い井戸に向かって叫びました【応募。2014.12.22.追加♪】
地下室TIMES【2015.3.23.追加♪】
PUBLIC IMAGE REPUBLIC【2015.11.7.追加♪】
プログレの種【応募。2015.11.12.追加♪】
聴いた、見た、良かった【応募。2016.1.16.追加♪】
novel2014のブログ【応募。2016.2.10.追加♪】
The slow time and music【応募。2016.2.27.追加♪】
主にロックバンドのライブのセトリや全体の空気感をなるべく早くアップするブログ【2016.3.3.追加♪】
兵庫慎司のブログ【2016.4.8.追加♪】
Oumi's Music Train【応募。2016.4.10.追加♪】
ドリーミー刑事のスモーキー事件簿【2016.6.3.追加♪】
自力で元気になるブログ【2016.6.24.追加♪】
雑記【応募。2016.6.28.追加♪】
今日の音楽【応募。2016.8.24.追加♪】
This Afternoon's Malady【2016.9.15.追加♪】
とかげ日記(恐縮ですが、自分のブログです。)

当botで更新情報を掲載してほしい音楽ブログがありましたら、管理人アカ@yoyo0616までリプで教えてください。もしくは、この記事のコメント欄に書き込みをお願いします。(アメーバ会員でなくてもコメントできます。)邦洋のロック・ポップスを取り上げたブログで、自薦・他薦は問いません。当botに実際に追加するかは管理人の判断によりますのであしからず。ご応募待ってます!

「邦洋の」と書きましたが、もちろん邦楽だけ,洋楽だけでも大丈夫ですよ。掲載基準は、読み物として面白かったり、情報が詳細だったり、何か光るものがあることです。掲載しなかったとしても、管理人の独断ですし、たまたま当botの傾向とは合ってなかっただけと思います。とかげ日記は掲載基準に届いていないかもしれませんが、許してね(^_^;)

薦めたい音楽ブログがある方、自分で作っている音楽ブログがある方はとりあえずの軽い気持ちでご応募いただいて大丈夫ですよ。掲載しなかったとしても、当botでそのブログの情報をツイートするので、少しの宣伝にはなると思います。(ご応募いただいてから数日経ってからのご対応になることもあるのであらかじめご了承ください。)

当botの一日のツイート数は20程度を理想と考えています。(一般的な音楽ニュースサイトの記事数は15~20程度,ナタリーは50程度。)まだそれ程ツイート数が多くないので、人に薦めたいブログがあったり,自分で書いている一押しブログを持っている方はぜひご応募ください。

なお、ご応募いただいて掲載されてからも、1か月経ってクリック数が少ない場合、掲載を取りやめることがあります。その辺りはシビアに考えています。でも、お気軽なお気持ちでどんどんご応募くださいね!

なお、当botのアカにリプをくださっても反応できません。@yoyo0616までリプをください。管理人は当botのアカをチェックしていません。当botがフォローさせていただいている方のツイートも失礼ながら見ていませんので、それを気になさる方はフォローを外してください。

当botがフォローするのは、botの宣伝のためです。まだ知られていないbotの存在を知らせるためです。ご応募、@yoyo0616かこの記事のコメント欄まで待ってますね。いろいろな音楽ブログをbotで紹介していきたいです。みんなで音楽ブログの時代を作りましょう☆

*botを動かしているシステム(twitterfeed,dlvr.it,IFTTT)がうまく作動せず、ブログの更新feedを拾ってくれないことがあります。ブログが更新されているにも関わらず、長期間に渡って更新のツイートがされていないブログを見つけた方は@yoyo0616までご連絡ください。
いいね!した人  |  コメント(52)  |  リブログ(0)

テーマ:
このツイート、ゲイへの差別発言だと思います。まず、「ホモ」というのはゲイの方にとって差別用語なので、「ゲイ」と置き換えなければいけない。それに、この場面でゲイからのリプライを例に出すのは、ゲイの方を傷つけることになりかねません。

--------------
ある方のツイート
男性の方はツイッターで女性にリプライを送る時は「自分に好意を寄せている屈強なホモから同じリプライをされても不快だと思わないリプライ」を意識してツイートするようにしましょう

屈強なホモ「おはよう」
屈強なホモ「今日なに食べたの?」
屈強なホモ「住所教えてくれたら看病しにいくのに」
---------------

迷惑している女性がいるのも分かるけど、だからといってゲイの方を傷つけていいんですか? 20人に1人以上はゲイなどのセクシャルマイノリティがいるという事実を知っていますか? ゲイであることは趣味の話ではなく、産まれた時の脳によることを知っていますか? 知らないことが人を傷つけて追い込む。

アメリカの民主党がセクシャルマイノリティを含めたマイノリティ(少数派)に寄り添った政策を発表して、マジョリティ(多数派)の支持が離れていくという話を聞いて残念に思う。アメリカではヒスパニック系の移民が増えて民主党の支持が伸びるかと思いきや、多数派である白人の支持を失っているために支持率は横ばいになっている。

多数と少数の話でいえば、コアな音楽ファンが大衆的な音楽を好まないとか、コアなゲーマーがライトゲーマー向けのゲームを好まないとかあるよね。逆に、大衆的な音楽のファンがコアな音楽を好まなく、ライトゲーマーがコアなゲームを好まないということも。多数と少数の間に架橋することが僕の課題。

スピッツも初期の頃はコアな音楽性のバンドと言われていたよね。よくフィッシュマンズと比較されるバンドだったんですよ、スピッツは!


スピッツ-プール


フィッシュマンズ-いかれたbaby

間口の広い叙情的なギターロックを奏でていたRadioheadが実験的な音楽性になっていくのも面白いよね。


Radiohead-High & Dry


Radiohead-The National Anthem
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
■綿矢りさ『蹴りたい背中』(小説)



綿矢りさの『蹴りたい背中』を読んだ。

適度な違和感を覚える比喩を駆使し、共感と嫌悪感の両方を覚えさせる作者の文章の表現力が怪物級。次から次へ意表を突く言葉が飛び出してくるあの感じ。

主人公から他者に向けられる、心の中をのぞきこみ、えぐり込むような怜悧な視線。他者からも、輪の中に入ろうとしない主人公は怜悧な視線を向けられている。この冷え切った人間関係に底冷えする。主人公の「にな川」に対するサディスティックな愛情もかなりえぐい。主人公を取り巻く人間達への観察力が細部まで凄まじい。出口の見えない軽い地獄の中で切迫する主人公の気持ちを想像すると参ってしまう。伝わる文章力があるからこそ、読み手の僕も痛切な気持ちになってしまうのかもしれない。

作者の力量には素直に感心するが、鬱屈し閉塞した青春をひずみと共に描くこのような作品はもう読みたくない。

「悪意」というものを考える。自分の中にある悪意。他者の中にある悪意。「悪意」は誰だって多かれ少なかれ持っている。『蹴りたい背中』の主人公も思春期ならではの悪意ある視線を周囲にばらまいているし、悪意ある視線を向けられてもいる。

僕は「悪意」に弱い。大人になって良かったと思うことの一つは、悪意がオブラートにくるまれることだ。職場において、思春期のようなむき出しの悪意が襲ってくることは、今のところ、僕に限っていえばない。僕にとって、職場は学校よりも生きやすく楽に呼吸できる場所だ。

■『おかあさんといっしょ』(テレビ番組)




一歳半に近くなった息子と一緒に『おかあさんといっしょ』を観ている。他の児童番組の追随を許さない、この完成度の高さ! 息子も夢中になって観ている。演者も音楽も舞台装置も小道具も何から何までプロフェッショナル。

悪意の入り込む隙間がないのだ。うたのおにいさんとおねえさんである、だいすけおにいさんとあつこおねえさん、よしひさおにいさんとりさおねえさんは、心の中で悪意を持っているかもしれない。だが、番組上では、悪意がある少しの素振りさえ見せない。子供に安心して観させられるゆえんだ。

僕は店員さんが挨拶をせず少し冷たく思えるだけで傷ついてしまう。そこにないはずの悪意を読み取ってしまう。悪意に対して脆弱な僕にとって、『おかあさんといっしょ』の世界は楽園に思える。

■『タクティクスオウガ 運命の輪』(ゲーム)




シミュレーションRPG好きの間で評判の高いゲーム。これは確かに傑作だ。必要最低限のリアリズムと共に戦場の理想を描き切っている。リアリズムと理想のバランスが僕にとって理想的なストーリーだった。

第2章タイトルの「思い通りに行かないのが世の中なんて割り切りたくないから」という言葉は生涯の格言になりそう。

セリフの選択肢によって、物語が分岐して大きく変わるのも面白い。

後に本作のスタッフはファイナルファンタジータクティクスを作ることになるが、世界観とストーリーに多くの共通点が見られる。どちらも良作なのでおすすめです。

社会を絶え間ない悪意と善意の抗争だとしたら、民族融和という理想を掲げたこのゲームは善意の側に与するゲームだろう。家族や近しい人を他民族に殺されたら憎しみの連鎖は広がっていく。その連鎖はどこかで止めなければいけない。僕は自分の本質が悪魔だとしても、善意の側に与したい。

愛情が人間の自然な感情であるように、憎しみもまた、人間の自然な感情だ。その自然な感情にあらがうためには強くなくてはいけない。このゲームの主人公のように、授かった命という責任を善意の側に与するという方法で力強く果たしていきたい。

何が善意なのかは人によって違うけれど、なるべく多くの人にとって共通する善意を探していきたい。

そのための方法と力としてブログはこれからも使っていくつもりだ。

僕みたいな30超えたおっさんは仕事や家庭が忙しくなるorそっちの方が大切になるので、次々とブログを辞めていくのであります。僕は辞めるつもりはないけどね。神聖かまってちゃんのの子を少しパクって言えば、僕こそが『とかげ日記』であり、『とかげ日記』こそが僕だから。

■新海誠『君の名は。』(映画)




『君の名は。』にファンタジーが傷を癒していく可能性を見る。現実にあり得ない世界を構築するファンタジーは現実で受けた傷を癒すのだ。 震災などの天変地異の時、あるいは、誰かを傷つけてしまって時間の針を戻せない時、あの時ああしていればという後悔は少なからぬ人が持っていると思う。ファンタジーはそれらの後悔をひっくり返すことができる。ファンタジーが僕にとって魅力的に映る理由はそこにある。

『君の名は。』をロジックがないと批判する人がいた。この映画において、ロジックは神と巫女の超越性に委ねられたのではなかったのか。神と巫女がもたらす、論理では説明できない奇跡は、論理でがんじがらめになった頭をほぐしていく。

僕が神聖かまってちゃんやうみのてなどの狂気をテーマとする曲を作るアーティストが好きなのも、普通の論理から離れた場所にある歌が好きだからかもしれない。

論理性を軽視するのはブロガーとして致命的だ。でも、僕は論理性よりも直観を重視したい。頭の中にある論理の鎖からではなく、魂の泉の底から活力ある言葉をくみ取りたい。それでブロガーとしてどこまでいけるかは、僕の挑戦だ。

『君の名は。』において登場人物たちに悪意がないのもファンタジーだろうか。いや、悪意はあった。主人公の一人である三葉は、一部のクラスメイトから巫女という異物として疎外されている。もう一人の主人公である瀧は、夢の中で三葉と入れ替わった際に、疎外してくる者に対してちょっとした反撃をするのだ。

悪意に反発する力が欲しい。僕の貧弱なメンタルタフネスでは、これから先も悪意を乗り越えていけるか分からない。でも、乗り越えていくのだろうな。世間と社会のリアルを見つめて、あるいは周囲の人の心ない言葉に傷つきながらも何度でも立ち上がりたい。先人達が作った作品は僕にとっての道となる。

『君の名は。』は僕の傷を癒してくれる物語だった。論理と時間を超えた直観とファンタジーとその結末が優しい善意の魂となって、僕のえぐれた傷口をふさいでくれた。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)