とかげ日記

境界線をなくした街で。


テーマ:
ネコネコ博士:対話形式の『とかげ日記』、最初の記事ですね。

よーよー:うん。あまり気負わずにやっていくよ。ゲッツ!アーンドリバース!

ネコネコ博士:最初からスベって、滑り出しは好調ですね。

よーよー:今回の記事のテーマは「暴言って面白い」。ちょっとこのトゥギャッターのまとめを見てくれよ。僕がまとめたんだよ。

「2010年代の音楽はクソだっ」という意見のまとめ
「音楽はタダで聴くもんだろ」という意見のまとめ
「オリジナルアルバムよりもベストアルバム」って当たり前じゃん

ネコネコ博士:このリスト係さんという方、よくもまあこんな上から目線でいけしゃあしゃあと物事が言えますね。

よーよー:でも、面白いでしょ?

ネコネコ博士:面白ければなんでもよいんですか!?

よーよー:おそらく、リスト係さんは2010年代の音楽の全てをクソだとは思ってないし、音楽にきちんとお金を払っている。それは彼のツイートを遡れば分かるよ。2010年代の音楽でも評価しているものは評価しているし、CD2000枚は持っているというツイートがあるし…。

ネコネコ博士:はぁ。

よーよー:それで敢えて言葉の強みを考えてあんな一連のツイートをしているんだ。リスト係さんを見ていると、暴言って面白いなと思うよ。言葉に浸透力がある。

ネコネコ博士:私は彼のツイートを見ていると不快です。

よーよー:不快だからこそ反発して、そこで議論が生まれるんだ。

僕はトゥギャッターのコメントにこう書いた。

「ある事物をクソだと言う人のヘイトの感情、クソだと言う人のことをクソだと言う人のヘイトの感情、そのどちらの感情も尊重されるべきです。そうでなければ、両者の分断は解消されません。 迷惑をかけなければ、どんなことを言ってもよい自由があるはずだし、その自由は尊重されるべきだと思います。

彼の一連の発言は迷惑をかけているからこそ、責められるべきです。ただし、迷惑をかける発言をする自由はないけれども、その発言も尊重されるべきであり、その上で否定すべきです。したがって、彼の言い分をまずは聞いて、議論の俎上に乗せた上で、彼の意見を否定するのが良いと思っています。

何かを貶める発言を繰り返しする人や差別主義者(リスト係さんは差別主義者ではないけれども)を「ヘイター」とするならば、僕はヘイターとヘイター以外の方の分断を減らしていきたいです。リスト係さんは今回の議論には参加していないですが、行く末をしっかりと見守ってくれています。リスト係さんの主張を乗せ、それに反論する形で、意見のキャッチボールは1ターンはできているはずです。 頭ごなしにヘイターを否定するのではなく、ヘイターのヘイトを受け止めたり、場合によっては共感した上で優しく諭す姿勢が必要だと思います。」

ネコネコ博士:うーん。

よーよー:お互いの攻撃欲求が満たされなければ、止揚はないということをリスト係さんはよく分かっている。その上で、彼はヒールを演じているんだ。リスト係さんを攻撃した人は議論する中で新たな知見を得ている人もいるはずだよ。

ネコネコ博士:私にはこの議論が生産的だとはどうしても思えないですよ。

よーよー:そういう立場の人もいること、分かるよ。だから、僕の中には未だに迷いがある。この議論は本当にしていても良い議論なのかって。

ネコネコ博士:私はアンチリスト係を貫きます!

よーよー:それでいいんじゃない? あらゆる議論は、ないがしろにしてはいけない真剣味があると同時にエンターテイメントなんだ。

リスト係さんはそのことを良く分かっている。だからこそ、自らヒールになって「私を攻撃しろ」と言っているのさ。リスト係さんの暴言は側から見ている分には面白いし、リスト係さんを寄ってたかって攻撃するのは楽しいでしょう?

ネコネコ博士:そんな風に割り切っていいのかな…。

よーよー:うん、僕にもそういう迷いはあるよ。僕からトゥギャッターを見ている皆さんにお願いするのは、この議論を不快と思わずエンターテイメントとして捉えてみてほしいということかな。リスト係さんは叩かれれば叩かれるほど快感を覚えるドMだし。

不快だと思った方には謝ります。ごめんなさいね。でも、僕も真剣です。音楽の新しい言論空間の場を作りたかった…。まぁ、面白半分なところもあるけど。

ネコネコ博士:謝罪したところで、そろそろお開きの時間です。

よーよー:バイバーイ!アーンドリバース!

テーマ:


実家で飼っているペットのレイナが亡くなりました。
レイナは0歳の時から家にいて15才で亡くなったので、15年間一緒にいた犬です。
僕は結婚のために実家を5年前に出たけど、時々実家に顔を出した時にレイナと遊んでいました。
4年前に同じくペットのアンディが亡くなった時もショックだったけど、レイナが亡くなったことで心にぽっかりと大きな穴ができたような喪失感に苛まされています。
病気になる前は元気でわんぱく娘だったレイナ。実家に行ってレイナの亡骸と対面した時、レイナとの思い出のあれこれが思い起こされて涙があふれ出てきました。
僕の妹とも仲が良かった。妹も声を出して泣いていました。
母はレイナと過ごした時間が一番長かった。「15才まで生きて長生きしたね」と僕が言うと、「17才まで生きる犬もたくさんいるのよ」と母は残念そうにしていました。
亡くなった日は僕の通院日だったため、葬儀場まで行ったところでお別れでした。葬儀の最後までいられなかったことが心残りです。母は「来てくれただけでもレイナは喜んでいるよ」と声を小刻みに震わせながら言っていました。

レイナ、今までありがとう! 天国で幸せに過ごしてね。

今日の一曲
Suchmos「STAY TUNE」


彼らの曲は洗練されすぎていて面白味を感じないのだけど、ベースがいいんだよなー。ブラックミュージックに影響を受けたよく動くベースラインと微細なフィーリングも表現する技術。この曲は時折挿入されるボイスSEもひねくれていていいね!


テーマ:


試し出勤は二週目になりました。
今週も先週に引き続き、9時に出社して即退社する予定です。
先週は行って帰ってくるだけで疲れていたのですが、今日は今のところ元気ですよ。
テレビを見ながら筋トレに励んでいます。目指せ、憧れの細マッチョボディ!

行ってすぐに帰るだけであることを妻に話したら、「これからもずっとその働き方でお給料をもらえたらいいのにね」と言ってきた。「成果がないと給料はもらえないよ」と僕が言うと、「職場のみんなを笑顔にしてるからいいんだよ」と妻は言う。アイドルか!www

先日、「何者かになりたい」と僕はブログに書いた。中途半端な感じが嫌なのだ。音楽の演奏は続けるし、文章は書き続けるけれども、プロになるのは無理じゃないですか。その道のプロフェッショナルになりたいんです。肩書きと自分の生活が一致することも、充実していて幸せなことだと思います😺

仕事を早くやりたくてウズウズしています。目指せ、情熱大陸よりも情熱的なプロフェッショナル!

無理せずにやっていきまーす💨💨

今日の一曲
クリープハイプ「憂、燦々」


資生堂のCMソングに使われたため、お茶の間に受けるように普段よりも大衆性のある曲になっている。CMソングという制約が彼らから「いい曲」を引き出した。歌メロが可憐で良いし、歌がない箇所のギターもキャラクター性があって好きだ。

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

    ブログをはじめる

    たくさんの芸能人・有名人が
    書いているAmebaブログを
    無料で簡単にはじめることができます。

    公式トップブロガーへ応募

    多くの方にご紹介したいブログを
    執筆する方を「公式トップブロガー」
    として認定しております。

    芸能人・有名人ブログを開設

    Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
    ご希望される著名人の方/事務所様を
    随時募集しております。