とかげ日記

【日記+音楽レビューブログ】音楽と静寂、日常と非日常、ロックとロール。少数派のための、少数派への優しさを持った多数派のための音楽。


テーマ:



■スピッツ流のラジカルで明るいアルバム

アルバムの前に発表された「雪風」と「みなと」の印象が強くて、かすみやぼかしが魅力的な枯れたイメージのサウンドになるのかなと思っていたら全く違った。明るく、ラジカルな反抗精神にあふれたアルバムになった。亀田誠治さんプロデュースのアルバムでは『三日月ロック』と並んで好きになるアルバムになる予感がしている。

『MUSICA』2016年8月号のインタビューで、神聖かまってちゃんを聴くと安心すると語るフロントマンの草野マサムネさん。妙にまとまっていたり、良い子だなと感じる音楽が現状多い中で神聖かまってちゃんみたいなラジカルな音楽は少数だと語っていた。本作『醒めない』では、スピッツ流のラジカルな音楽が炸裂している。歌詞もサウンドもそれを言われたら、それをやられたら元も子もない、そんな感じ。

ウワモノの話をしよう。アコギの音も少し入っているが、基本的にマサムネさんがアコギではなくエレキで演奏している。インディーズのパンクバンド時代、マサムネさんはパンクには似つかわしくないアコギの音を取り入れることで音楽性が変化していった。今回、エレキに持ち替えたのもスピッツはアコギでポロロンとやるバンドだと思われることへのあまのじゃくな反抗精神だろうか。

ストリングスやホーンセクションが本作では『醒めない』のトランペットのみとなっているのも特徴的だ。ストリングスやホーンセクションを取り入れるサウンドが現在の邦楽にあふれていることへの反抗精神だろう。

今度はリズムセクションの話をしよう。『三日月ロック』(2002年)からボトムが太く、ドラムの金物も目立つようになった。『三日月ロック』はウワモノとボトムが奇跡のバランスでサウンドを形成した、僕にとって最高のアルバムだったが、『三日月ロック』の次のアルバム『スーベニア』(2005年)からボトムが気になって、個人的に楽しめないアルバムが続いていた。本作『醒めない』ではボトムが全体のサウンドに上手く溶け込んでいる。『醒めない』は、控えめでもはっきりと主張するボトムが功を奏している。ドラムの抜けの良い力強いアタック音も心地良い。

カチっとしたコンセプトアルバムではないが、作る上で念頭に置いたコンセプトは「死と再生」だという。イアン・ギランとイボンヌ・エリマンが参加したアルバム『Jesus Christ Superstar』の影響でコンセプトを置くことを考えたという。コンセプトは「死と再生」だというが、「死」も今までのアルバム同様、確かに鳴っているが、個人的には「再生」の癒しの力を強く感じる。

#2「みなと」ではスカートの澤部渡(Mステで共演したことも話題になりましたね)、#3「子グマ!子グマ!」ではCzecho No Republicのタカハシマイが参加しているが、こうした新進気鋭の若いアーティストを起用するのも、変わらないままで常に進化し続けるスピッツらしい。

■全曲レビューとおすすめ曲

本作は#1「醒めない」の跳ねているビートで幕を開ける。完全にモータウンビートをモノにしていて、スピッツのリズムの柔軟性が分かる。「まだまだ醒めない アタマん中で ロック大陸の物語が」という歌詞が、ロックの理想と幻想を未だに信じ続けている僕には感涙モノだった。ロック大陸の物語は跳ねるように躍動するのだ。スピッツの4人もロックが今も変わらず大好きなんだなと嬉しくなった。


スピッツ「醒めない」

#2「みなと」。この曲は本当に神曲。哀愁ではあるが哀傷ではない、絶妙のバランスの切なさが光る。全編この曲のようなファンタジーとノスタルジーにあふれたアルバムをいつかスピッツには作ってほしい。ボーカルの声のくすみも味になっている。オススメです。


スピッツ「みなと」

#3「子グマ!子グマ!」。いつまでも若々しいスピッツの魅力を堪能できる明るい曲。『さざなみCD』(2007年)あたりの頃の曲調を彷彿とさせる。

#4「コメット」。少しベタな曲調な気もするが、このベタさがすごくポップ。ベタでもスピッツにしか出せない切ない雰囲気が醸し出されているのがマジック。オススメです。

#5「ナサケモノ」。曲名は動物のナマケモノのもじりだろうか。本作『醒めない』の曲名はどれもスピッツのセンスが出ている。草野さんは死ぬまで恋について歌い続けるのだろうなと感じさせる歌詞。

#6「グリーン」。アップテンポのサウンドとみずみずしさに満たされた歌詞が聴き手の気持ちを上向かせる。

#7「SJ」。曲名はギターの種類のSJからだろうか。だとしたら、僕もSJを友達から譲ってもらって持っているので嬉しい。二本の絡み合うギターサウンドが夢想的で切ない。スピッツの4人だけで演奏されているが、4人の鉄壁のバンドサウンドを味わえる。

#8「ハチの針」。インタビューでも名前が出ていたが、Kula Shakerから影響を受けたギターロック。ギターサウンドや間奏のベースがちょっとインド的な要素を感じさせる。

#9「モニャモニャ」。ジブリ的なファンタシーとセンチメンタルな要素が溶け合った佳曲。ボーカルもギターも暗いメロディーなのに暗くない不思議。エレキギターのアルペジオとペダルスティールギターの浮遊感がどこか遠い素敵な場所へ僕らを連れて行ってくれる。オススメ!

#10「ガラクタ」。シングル「みなと」のカップリング曲。ユーモアとラジカルさに富んだロックソング。ジャカジャーンというアコギの音は、デヴィッド・ボウイの「Hang On To Yourself」から影響を受けているという。

#11「ヒビスクス」。ヒビスクスとはハイビスカスの一種。一輪の花にも似たColdplayのような麗しいピアノの音で始まる。サビは過去の曲でいえば、打ち込みだった「ババロア」を生ドラムで演奏したような疾走感がある。

#12「ブチ」。キメの多いサウンドをタイトかつ軽妙に決めるバース、かと思えば、ゆったりと優しさにあふれたサビで「君」を肯定する。「空も飛べるはず」において「君と出会った奇跡がこの胸にあふれてる」と歌っていたスピッツが「キセキは起こらない それでもいい そばにいてほしいだけ」と歌っている。それでも最後に「キセキが起こるかも ならなおいい」と歌う。醒めそうで醒めない夢というこのアルバムのコンセプトの一つを表した歌詞だと思う。

配信でリリースされた#13「雪風」。福岡産まれの草野さんが雪国を想像する! ウィンターソングには心を温かくする歌が多いけれど、この曲もそんな曲。「まだ歌っていけるかい?」という最後の歌詞は草野さん自身への問いかけでもあるはずだが、その前の「君は生きてく 壊れそうでも/愚かな言葉を 誇れるように」という歌詞がアンサーに思える。僕らは愚かな動物のように愚かな言葉と歌を紡ぎながら生きていく。お勧めの一曲です。

ラストの#14「こんにちは」。ゴリゴリの陽気でゴキゲンなサウンドが特徴的なナンバー。「反逆者のままで 愛を語るのだ」という歌詞にハッとする。明るいアルバムにふさわしく、明るい余韻を残して終わる。

■ロック大陸の幻想は醒めない

なんでも想像して一人でおかしく楽しくなっていた子供の時の空想。大人になると成熟と引き換えにその空想の世界は醒めてしまう。魔法の秘密基地はなくなってしまうのだ。

ロックの空想もロックが産まれてから50年以上が過ぎ、人々はロックの空想から醒めてしまったのかもしれない。固い岩のような意思でしがらみや不自由に対して反抗を貫くなんて、悟り時代の今は廃れたもよいところ。

そこに、スピッツは本作『醒めない』でラジカルに抗うのだ。「悩みの時代(#6「グリーン」)」を経た後の無邪気さや、大人になっても育て続けている思春期的なあまのじゃく精神がラジカルな姿勢に繋がっている。スピッツは成熟したままで、子供の時の空想もロック大陸の幻想も醒めないで胸に抱いている。そこにロマンチシズムを感じるのは僕だけではないはずだ。

子供の頃に頭で思い描いていた素敵なファンタジーと、ロックのあまのじゃくな反抗精神が共存した素晴らしい本作が多くの人に届くことを願う。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:



■テーマは“夜の遊園地”

本作のテーマは「夜の遊園地」。夜の遊園地の楽しい孤独も悲しいユーモアも鳴り響いている。テーマを「遊園地」にすれば、SEKAI NO OWARIのアルバムのような今をときめくアルバムになるのだが、「夜の」をつけるあたりが一筋縄でいかないふくろうず流。

■原点に立ち返る

本作は前作までの明るく開放的なムードから打って変わって、初期のようなヨーロッパの耽美主義的な暗さのあるアルバムになっているが、内田万里は「狙ってこけちゃうよりは、素直にやって受け入れられなかったほうが気持ちいいし。だから今回そういうアルバムになってると思います。」とナタリーのインタビューで語っている。ふくろうずの音楽に切実さを求める僕としては、今回の路線の方がより好きだ。

■プロデューサーが加わる

前作までの制作姿勢と大きく異なるのは、プロデューサー(篠原太郎)が加わったこと。そのプロデューサーはふくろうずのメンバーの知人友人などではなく、メンバーと全く面識のなかった人だ。人見知りなふくろうずがかなり冒険しているが、移籍後のレーベルからアルバムを出す条件は、レーベルが紹介したプロデューサーを付けることだったという。客観的な意見が加わり、アレンジも大きく変わることもあったようだ。具体的には「メリーゴーランド」が曲の途中で3拍子になったり、「ダイナソー」がギターはじまりではなく鍵盤の弾き語りではじめたりすることなどにプロデューサーの意見が取り入れられている。

『砂漠の流刑地』(2011年)においてもプロデューサー(大半の曲が益子樹)の意見が大きく取り入れられていたが、プロデューサーが深く関わっているアルバムの方が僕は好きなのかもしれない。『砂漠の流刑地』はふくろうずのキャリアの中でも一、二を争う名盤だと思っているし、本作『だって、あたしたちエバーグリーン』も素晴らしいアルバムだと思う。篠原太郎さんは現在53歳のはずだが、二回り以上歳の離れたプロデューサーの客観的なジャッジが本作に良い影響をもたらしていることは間違いない。

■全曲レビュー(おすすめ曲も紹介)

やや不穏にもユーモラスにも聴こえるストリングスとピアノの音で始まる#1「白いシャトー」で本作は幕を開ける。「会いたいよ」というリフレインが切実な一曲だ。もともとは貴族などの居城の意味を持つ「シャトー」という言葉が放つクラシカルな響きに合った曲になっている。この曲はおすすめだ。

#2「メリーゴーランド」。別れが迫っている二人に訪れるステキなストーリーが夢見がちなサウンドで描かれる。途中で三拍子になる箇所がメリーゴーランドが本当に回っている心地がする。


ふくろうず「うららのLa」

リード曲の#3「うららのLa」。良曲が多いふくろうずの曲の中でもこれは屈指の名曲。スネアを強打する力強いドラムと適度に動くベースの織りなす気持ちの良いグルーヴの上で、切なくやり切れない歌が歌われる。大サビの「アイラビュー アイニージュー/ちゃんと 抱きしめよう」と歌われるボーカルとその直後のギターソロの高ぶりに心をキャッチーに揺さぶられる。おすすめ!

#4「マイノリティ」。曲名はグリーンデイの同名の曲からきている。ふくろうずが自由奔放なセッション的に演奏している。ふくろうずの持つ毒気を感じる人が多そうだが、僕は優しさを感じる。アイツ変だよと歌いつつも、その人を「でもなんかやけに魅力的だ」と肯定するのだ。

#5「ラジオガール」。イントロの暗い音色のシンセの次に現れる軽妙なスキャットがこの曲全体を象徴している。アンニュイな空気に埋もれた中にある、好きな人を想う気持ちに心打たれる一曲だ。

最近のライブではよく歌われていた#6「ダイナソー」。前半のピアノのしっとりした弾き語りもいいが、後半でギターが入ってくると最高。ギターにディストーションをかけているのは、ダイナソーJr.へのリスペクトの表れだろうか。初期のような濃縮されたふくろうずのエッセンスを感じ取れる曲。おすすめです。

#7「ファンタジック/ドラマチック/ララバイ」。歌詞とサウンドに遊園地の狂気を感じた。遊園地は一種の躁的な狂気をはらんでいるものなのかもしれない。普通に聴くと、サビの2拍目と4拍目のドラムの強打が気持ちよく、明るいサウンドで行進していくような楽しい曲。

サビのメロディーとサイケデリックなギターが心地よい#8「春の王国」。「夜汽車に揺られて」という歌詞が風情がある。「会いにいくよ」のリフレインの切実さに胸を打たれる感動的な曲。#1「白いシャトー」の「会いたいよ」というリフレインはここで「会いに行くよ」と形を変える。おすすめの一曲。

#9「夏のまぼろし」。ギターの音色が夏の爽やかさを感じさせる。#8「春の王国」では「君」に会いにいくことが歌われていたが、ここでは「グッバイ」と歌われていて、「春」と「夏」だけでなく歌われている内容も対比になっている。

#1「白いシャトー」を逆再生した#10「思い出か走馬灯」。ラスト曲「エバーグリーン」の前奏のような役割を果たす。

本作は#11「エバーグリーン」で幕を閉じる。夜の遊園地は閉園で、世界も終わってしまいそうだ。「世界」に対して知らん顔でキスをするという歌詞は、売れ線とか関係ないという意思表示にも深読みできるだろう。すっきりしない曖昧な余韻を残して本作は終わる。この曖昧な余韻こそがふくろうずの一つの側面なのだ。

■いつまでもエバーグリーンで

自称「気難しい系女子」の内田万里さんをフロントウーマンとするふくろうずは自己プロデュース(自分たちをどのように見せるか)が難しそうだ。自己プロデュースができていないから、実力があるのにこの位置に甘んじているともいえる。しかし、アイドル全盛になり、自己プロデュースがあふれる世の中で、自分をどのようにも見せず自然体でいるふくろうずの姿勢は貴重ともいえる。そんな彼女たちだからこそ、ハッピーエンドにもバッドエンドにもならない人生の曖昧さや複雑さを歌えるのではないか。

ふくろうずの過去の曲を僕はよく聴くが、ふくろうずの曲は全く色あせない。それこそエバーグリーンだ。それは、ふくろうずが今の流行りではなく、普遍的なテーマである人生についていつも歌っているからだ。

「まだ やってないこと あったっけな
 全部やったし やってないって感じ」


最後の曲「エバーグリーン」ではこう歌われるが、キャリアを重ねてきたふくろうずとしての感慨だろう。アルバムタイトルの「エバーグリーン」にはシニカルな意味も込められているだろうが、あえて言おう、ふくろうずはエバーグリーンだと。これからもできるだけ長い間良い曲を僕たちリスナーに届けてほしいと切に願う。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:



■CD厨の前口上

神聖かまってちゃんは、ツイキャスやニコ動などのネット配信に重きを置いているバンドだが、僕はネット配信はたまにしか観ない。の子が一人でアップするデモ音源は熱心に聴くが。僕は彼らの作る音楽のファンだからだ。

それって、ファンの在り方としてどうなのか?と考えたりもするけど、僕はシングルもアルバムもフラゲ日に必ず買っているCD厨で、メンバーが夢にまで出てくるほどなのだから、こういう応援の仕方もあるとネット配信のファンには認めてほしい。

■本作の“熱”


神聖かまってちゃん - ミニアルバム「夏.インストール」ダイジェスト

狂気と正気の間を猛スピードで突っ走る神聖かまってちゃん。本作もすごいことになっています。

本作のトレーラーを聴いて、神聖かまってちゃんの狂気が失われてしまったと嘆く人たちがいる。だが、それは作品の仕上がりが以前に比べてハイファイでポップになった『8月32日へ』(2011年)から言われていることだ。ポップの中に忍ばせる狂気と憂鬱、独特な違和感は以前から何も変わっていない。

スターリンの遠藤ミチロウはステージ上で戦略的に過激なことをやっていた と週刊文春(2015年7月30日号 p.107)のインタビューで語っているが、ライブだけでなく音源製作も含めての子の表現も同じく戦略的。だが、の子の表現は本当の魂の叫びも入り混じっていて、いわば半ガチなのだ。『夏.インストール』は熱い魂の叫びと、その叫びを俯瞰しつつマス(大衆)への訴求を狙った戦略性が併存するバランスの取れたアルバムになっている。そして、どの曲も曲の持つエネルギーが自由奔放に奔流している。

90年代イギリスを代表するバンドOasisがバンドの勢いは維持するものの、後半は曲の勢いが失速したのは、曲のアイデア不足に陥ったのみならず、初期衝動が失われてしまったためだと僕は思う。熱いコーヒーがいつか冷めてしまうように、熱は必ずといっていいほど失われてしまう。熱を持って生きることを歌うバンドの曲の勢いが失速するのは、大抵が初期衝動が失われてしまったからだと僕は見ている。神聖かまってちゃんは熱を持って生きることと死ぬことを歌っているのに、衝動が失われていない。中心人物のの子は自作MVやCD製作の他にも、自身のニコニコチャンネルで創作物を発表するなどその創作の意欲は少しも衰えることがない。

おそらく、その理由はの子の人並み外れたバイタリティと飢餓感にあるのだろう。鬱病を患っているのにも関わらず、の子の上昇意欲はとどまることを知らない。ラッパーのGOMESSに向かって「俺みたいな俗物になるな」とラップしていたのが印象的だったが、俗物としての上昇意欲と聖なる可憐さが共存しているのがの子なのだと僕は思う。

■おすすめ曲

本作の曲は原型となる曲が出来た時期が初期から最近までバラバラだが、本作に収録されている曲はそのどれもが神聖かまってちゃんの現在進行形として鳴り響いている。

簡単に全曲をレビューしよう。

オープナーはリード曲の#1「きっと良くなるさ」。インターネットポップロックバンドを自称するだけあってポップでキャッチーなロックソング。明るい曲調と前を向く歌詞に小さく救われる人は僕だけではないはず。この曲をまずおすすめしたい。


神聖かまってちゃん「きっと良くなるさ」MusicVideo

ライトオンCMソング#2「僕ブレード」。本作で「drugs, ねー子」と並んで尖った曲。ギターとノイズの轟音がオルタナ好きの僕に直球で突き刺さる。

#3「そよぐ風の中で」。過去曲でいうと「雨宮せつな」とかああいった穏やかな雰囲気を持った曲。

#4「リッケンバンカー」。セカオワの深瀬さんに「の子は夏の歌を作るのが上手い」と褒められた曲。曲を作りながら通り過ぎていく青春と夏の景色を爽やかに描いている。

#5「たんぽぽ」。バイオリンの音色が美しい、神聖かまってちゃんらしい麗しさが表現された曲。の子の親父さんが好きな曲らしい。

#6は、ジャンクな電子音とボイスチェンジャーを用いたの子の声が聴き手の脳みそをほどよく混乱させる「drugs, ねー子」

#7「ロマンス」。 歌詞を含めた表現は生々しくもあるが、それを典雅に包み込むピアノの音と珠玉のメロディーが極上の一曲。

ラストは#8「天文学的なその数から」。神聖かまってちゃんが全力で「ロマンチック」をやったらこうなる。「ロマンス」と共にこれら最後の二曲はおすすめだ。感動的なこの曲が本作のフィナーレである訳だが、本作を聴いていると時間が短く感じ、その中で様々な景色を見せてくれることに驚かされる。

タワレコで本作を買うと特典でついてくる「僕の一等賞なんですっ!」は、躁的なシンセ音とボイスチェンジャーで変えたの子の歌声が特徴的な一曲。

■熱は伝播する

「ミネーシス」という言葉があるように、本物の熱は人に伝わり、模倣の表現を産む。本作の熱が導火線となって世の中に火をつけてほしい。の子は「革命」という言葉を使っているがまさにそれだ。多数派に溶け込めない少数派が反旗を翻す時がついに来たのだ。

前作までの姿勢と違うのは、の子も含めたメンバーの売れようとする姿勢がより前面に押し出されるようになったことだ。本気で革命を起こす気なら、売れるために汗をかかなければいけない。僕も頑張っている彼らを心の底から応援したい。頑張れ、の子、みさこ、ちばぎん、mono!

少数派は多数派にくじかれる。だが、多数派も様々な側面で見れば各々が少数派なのだ。見えない波に削り取られて負けそうな時は僕らは何度でも唱える。「きっと良くなるさ」!
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)