とかげ日記

【日記+音楽レビューブログ】音楽と静寂、日常と非日常、ロックとロール。少数派のための、少数派への優しさを持った多数派のための音楽。


テーマ:
かまってちゃん×大森靖子

●過剰な生のエネルギー

今日は楽しみにしていた大森靖子と神聖かまってちゃんのツーマンライブ。恵比寿リキッドルームに行くまでに迷ってあせったけれど、開演前になんとかたどり着いて安心。2、3度行った所なんだけどね!

先攻は神聖かまってちゃん

一曲目は「光の言葉」。バースのボーカルを感情込めて歌っているように聴こえなくて、イマイチ最初はノれなかったのだが、サビに入るとすこぶる気持ちいい。サビが光で溢れている感じをボーカルの抑揚で演出したかったのかもしれない。


神聖かまってちゃん「光の言葉」(MV Full ver.)

二曲目の「神様それではひどいなり」から攻めていく。「僕ブレード」はオルタナティブなギターサウンドがライブ会場に混沌の熱気を呼び込み、ライブ映えする曲だと思った。知名度の高い「ロックンロールは鳴りやまないっ」も歌い、の子も言っていたがそれこそ演者と観客の熱気の「キャッチボール」で会場のヴォルテージがぐんぐん上がっていく。

そして、何より良かったのが「夕暮れの鳥」の初披露! 今話題の『進撃の巨人』エンディング曲だ。テレビサイズのバージョンしか聴いていなかったのだが、フルで聴けた。の子が英語で歌うのは15歳の時にメガデスをカバーした時以来だという話がMCで出た。

「夕暮れの鳥」のYouTubeのコメント欄には英語で「Satanic(悪魔的)」というコメントがあって僕も共感していたのだが、ライブで聴くとそこまで悪魔的ではなかった。ボーカル周りの音量が大きくて、悪魔的でホーリーなあの演奏が聞こえづらかったためだと思う。


Shingeki no Kyojin S2 Ending (ED TV size) 進撃の巨人 Season 2 - 夕暮れの鳥

MCがコントを観ているように面白い。下ネタもあったんだけど、バッチグー(死語)で観客に受けていた。ネット配信を続けていることは、MCで活きていると感じた。

そして、の子が「隊長」と呼ぶ大森靖子とのコラボも。「非国民的ヒーロー」をやるのかと思えば、大森靖子Vo.バージョンの「フロントメモリー」を。大森さん、途中で詰まる部分があるも川本真琴に全然負けていない。

後攻は大森靖子

一曲目は「アナログシンコペーション」。歌がべらぼうに上手い。ドラムのピエール中野を始めとした演奏陣も手練れならではの流石の上手さで、ストレスを感じずに歌に集中できる。歌を聴いていると、弾き語りでステージを大きくしてきたのはやはり伊達じゃないと感じるのだ。二曲目の「マジックミラー」も歌に込められた感情はフルボリューム。

一つの映画を観ているような良いものを観させていただきました。でも、「オリオン座」の熱唱は映画の中から大森靖子が飛び出して生で歌っているようで、僕の感情が共鳴し過ぎてしまって、これ以上共鳴するのはヤバいと思って腕組みして心をガードしながら聴いていました。

アンコールは、の子も登場して、これをやるのはもちろんのコラボ曲「非国民的ヒーロー」。の子が「隊長!」と叫び、大森さんが「大島!」と叫ぶコールを繰り返し、の子が「大島!」と叫ぶ一幕もあって、大いに盛り上がって楽しかった。


大森靖子「非国民的ヒーロー feat.の子(神聖かまってちゃん)」Music clip

エネルギーを過剰に注ぐアーティストが歴史に残るということを言っている方をツイッター上で見かけた。感情の美しい上澄み液のような淡白な作品を作るアーティストも歴史に残ると思うけど、この意見には概ね同意する。そして、大森靖子も神聖かまってちゃんもエネルギーを過剰に注ぐアーティストだ。

今夜のライブにおいても、その過剰さは見受けられた。それは言うならば、生きるエネルギーの過剰さだ。神聖かまってちゃんは、明日は日曜だから今日は死ぬ気で楽しめ!と言うが、大森さんは明日の日曜も含めて毎日を振り絞るように生きていけと言う。僕の死への欲望は、彼らが一言叫ぶごとに、除夜の鐘が煩悩を一つ一つ消すように消えていく。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
ツイッター上で管理人お勧めの音楽ブログの更新情報をお知らせするbotを作りました。
https://twitter.com/music_blog_jp

管理人の主アカウント@yoyo0616と一緒によろしくお願いします!
一口に音楽ブログと言ってもたくさんありますが、
主に邦洋のロック・ポップスの良いアーティスト・曲を紹介している
(音楽キュレーション)ブログの記事を掲載しています。

興味のある方はフォローしてくださると嬉しいです。
ちなみに、当botで取り上げている音楽ブログは下記のとおり。
増やす際には、またこの記事に追記します。

WASTE OF POPS 80s-90s
クレーター通信
レジーのブログ LDB(仮)
pitti blog
日々の音色とことば
YUMECO RECORDS.
キマグレ GOOD LIFE!
青春ゾンビ
DJ HOMERUN【記事が非公開になったため掲載取りやめ】
GOLD SOUNDZ!【2014.6.7.良質なブログですが掲載とりやめ】
K’s今日の1曲
TAKUYAONLINE
DAの今日何しましたか
Mariko Sakamoto's Blog
音楽的、音楽論的
NOから始まる芸術論
宇宙 世田谷 emam【2016.10.23.良質なブログですが、音楽以外の記事が多いため掲載取りやめ】
Devil's Own【記事が非公開になったため掲載取りやめ】
たにみやんアーカイブ
SIKEI-MUSIC
Welcome To My ”俺の感性”
Rays Of Gravity
hawaiibem's music blog
見る前に飛べ踊れ
Ivy Ivy Ivy
街角モノローグ【2014.5.31.追加♪】
NIHILISM Ver2.0【2014.5.31.追加♪】
Recall Your Songs【応募。2014.6.7.追加♪】
音楽だいすきクラブ【2014.6.7.追加♪ 2017.1.6.管理人の方の希望により削除】
Japanese Music~現在・そして未来へ~【応募。2014.6.10.追加♪】
いまここでどこでもない【2014.6.10.追加♪】
マイナー時々メジャーな音楽【応募。2014.6.11.追加♪】
空唄旅団 ~人生という名の旅の途中~【応募。2014.6.13.追加♪】
S.Sの邦楽アルバムレビュー【応募。2014.6.22.追加♪】
ki-ft【2014.6.22.追加♪】
rearviewmirror【応募。2014.6.30.追加♪】
WITHOUT SOUNDS【2014.9.9.追加♪】
ボカロとヒトのあいだ【2014.9.10.追加♪ 2016.9.15.記事が非公開になったため公開取りやめ】
新しい世界へ・・・【応募。ブログ消失のため掲載とりやめ】
私的名盤紹介―真の雑食を目指して【応募。2014.9.18.追加♪】
空白依存症【2014.9.18.追加♪】
トベコンチヌエド。【2014.9.19.追加♪】
musicfreedom -keep on,keep on-【応募。2014.10.29.追加♪】
Don't Cry【2014.10.31.追加♪】
Art Music Satellite【応募。2014.11.9.追加♪】
ゆとりのむじくめも【応募。2014.11.9.追加♪】
僕の好きな歌まとめ【応募。2014.11.12.追加♪ 2015.5.1.筆者の方の希望により削除(今後は日常的なことも書くため)】
MUSICMORE【応募。2014.12.3.追加♪】
さようなら、天使たち【2014.12.21.追加♪】
CDレビュー 呉太良は深い井戸に向かって叫びました【応募。2014.12.22.追加♪】
地下室TIMES【2015.3.23.追加♪ 2016.12.7.運営者の希望により削除】
PUBLIC IMAGE REPUBLIC【2015.11.7.追加♪】
プログレの種【応募。2015.11.12.追加♪】
聴いた、見た、良かった【応募。2016.1.16.追加♪】
novel2014のブログ【応募。2016.2.10.追加♪】
The slow time and music【応募。2016.2.27.追加♪】
主にロックバンドのライブのセトリや全体の空気感をなるべく早くアップするブログ【2016.3.3.追加♪】
兵庫慎司のブログ【2016.4.8.追加♪】
Oumi's Music Train【応募。2016.4.10.追加♪】
ドリーミー刑事のスモーキー事件簿【2016.6.3.追加♪】
自力で元気になるブログ【2016.6.24.追加♪】
雑記【応募。2016.6.28.追加♪】
今日の音楽【応募。2016.8.24.追加♪】
This Afternoon's Malady【2016.9.15.追加♪】
今日はこんな感じ【2016.10.9.追加♪】
おときき通信【応募。2016.10.11.追加♪】
宇宙への行き方【応募。2016.11.11.追加♪】
異類【2016.12.16.追加♪】
ネココネコロガール【2016.12.16.追加♪】
Ai_Tkgk's Soliloquy【2016.12.16.追加♪】
mvage【応募。2017.1.6.追加♪】
ブラック・ミュージック千本ノック〜SoulとR&Bと色々な音楽〜【応募。2017.1.7.追加♪】
平凡を目指して【応募。2017.2.18.追加♪】
Hospice【2017.2.18.追加♪】
音楽情報・まとめ MUSIC.com【2017.4.20.追加♪】
とかげ日記(恐縮ですが、自分のブログです。)

当botで更新情報を掲載してほしい音楽ブログがありましたら、管理人アカ@yoyo0616までリプで教えてください。もしくは、この記事のコメント欄に書き込みをお願いします。(アメーバ会員でなくてもコメントできます。)邦洋のロック・ポップスを取り上げたブログで、自薦・他薦は問いません。当botに実際に追加するかは管理人の判断によりますのであしからず。ご応募待ってます!

「邦洋の」と書きましたが、もちろん邦楽だけ,洋楽だけでも大丈夫ですよ。掲載基準は、読み物として面白かったり、情報が詳細だったり、何か光るものがあることです。掲載しなかったとしても、管理人の独断ですし、たまたま当botの傾向とは合ってなかっただけと思います。とかげ日記は掲載基準に届いていないかもしれませんが、許してね(^_^;)

薦めたい音楽ブログがある方、自分で作っている音楽ブログがある方はとりあえずの軽い気持ちでご応募いただいて大丈夫ですよ。掲載しなかったとしても、当botでそのブログの情報をツイートするので、少しの宣伝にはなると思います。(ご応募いただいてから数日経ってからのご対応になることもあるのであらかじめご了承ください。)

当botの一日のツイート数は20程度を理想と考えています。(一般的な音楽ニュースサイトの記事数は15~20程度,ナタリーは50程度。)まだそれ程ツイート数が多くないので、人に薦めたいブログがあったり,自分で書いている一押しブログを持っている方はぜひご応募ください。

なお、ご応募いただいて掲載されてからも、1か月経ってクリック数が少ない場合、掲載を取りやめることがあります。その辺りはシビアに考えています。でも、お気軽なお気持ちでどんどんご応募くださいね!

なお、当botのアカにリプをくださっても反応できません。@yoyo0616までリプをください。管理人は当botのアカをチェックしていません。当botがフォローさせていただいている方のツイートも失礼ながら見ていませんので、それを気になさる方はフォローを外してください。

当botがフォローするのは、botの宣伝のためです。まだ知られていないbotの存在を知らせるためです。ご応募、@yoyo0616かこの記事のコメント欄まで待ってますね。いろいろな音楽ブログをbotで紹介していきたいです。みんなで音楽ブログの時代を作りましょう☆

*botを動かしているシステム(dlvr.it,IFTTT)がうまく作動せず、ブログの更新feedを拾ってくれないことがあります。ブログが更新されているにも関わらず、長期間に渡って更新のツイートがされていないブログを見つけた方はツイッター@yoyo0616か当記事のコメント欄にて教えてくださいね!
いいね!した人  |  コメント(73)  |  リブログ(0)

テーマ:
自作小説『星に帰る?』が以下のサイト上で連載中です。
星に帰る?〜地球ライフと異世界ライフの二者択一!〜

サブタイトルの「〜地球ライフと異世界ライフの二者択一!〜」は蛇足だと思うんですけど、ネット上でヒットしやすくするためにつけています。途中でなくなるかも。

本ブログ『とかげ日記』では音楽批評をやっていますが、音楽批評は音楽作品という一次創作物を受けての二次的なものだから、僕は表現者として、ゼロから一次創作物を作っていくことに憧れたのですよ。今回の小説は僕の表現者としての挑戦です。表現者としての名前として紺野陽々という新しい名前も自分につけました。

僕には理想の小説像があって、どんなディストピアな世界でも心が通じ合えた瞬間のことを書いていきたいです。心が通じ合えたと感じられる瞬間が僕にとって一番の喜びだから。

まるっきりの異世界で冒険するのではなく、普段の日常にファンタジーが入り込む物語のことをローファンタジーといいますが、本作は切なくも楽しげなローファンタジーの小説です。

特別に第一話を『とかげ日記』上でも公開!
第二話以降は上記のリンクからどうぞ!


・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚
『星に帰る?』

2月①

「えー、だってさー。あいつ、ありえなくね? こっちがヒくような笑顔で「今日も頑張りましょう!」だよ?」
「たかがバイトだよね、バイト」

 僕は長居できる喫茶店でコーヒーを一杯注文し、それを飲みながら大学の期末試験のための勉強をしていた。隣のテーブルでは、二十歳前後と見られる僕と同世代の女性二人が話をしていた。おしゃれなネイルアートが施された爪の手でコーヒーカップを持ちながら、ペチャクチャと話し続ける。

「でさー、休憩時間に「好きな音楽とかあります?」って聞いてくんの。誰がお前と音楽の話なんかするかっつーの」

 その後も女性たちのバイトリーダーと思われる男性への罵詈雑言は続いていく。僕は席を立ち、会計を済まして外に出た。

 2月上旬の肌寒い新宿の街は、コートなどの上着を着ている人たちであふれている。僕は新宿駅東南口にあるタワーレコードに向かって人並みをかき分けながら歩いていく。月に一度は新譜を店でチェックするのが習慣なのだ。

 ああいう会話は苦手だ。先ほどの喫茶店での女性たちの会話を僕は反芻していた。どれほど自分から遠い人への悪口でも、自分への悪口のように聞こえてしまう。

 店内が混んできて、周りがチャラそうな若者たちの声でガヤガヤし始めたのも嫌だった。僕はヘロヘロ適当に生きているような感じだけど、チャラさとかそういった類のものを嫌悪していた。そういう僕もチャラいんじゃないかと言われれば、それまでだけれども。横断歩道を渡り、タワーレコードへと歩きながら、僕は物心ついて以来の自分のこの性質を呪った。

 不意にズボンのポケットに入れているスマホが振動する。画面を見ると、友人の正宗(まさむね)からの電話だった。

「もしもし、どうした?」僕が聞く。
「なあ、明日俺んち来ない? 明後日の中国語の試験で教えてもらいたいことがあって」悪びれもせずに正宗が言う。
「しょうがないな。行くよ」僕は何時に行くか約束して電話を切った。

 正宗は僕の語学クラスの友人だ。大学で一番仲の良い友人といっていい。というより、高校時代までの友人を除いて他に友人と呼べる友人はいない。

 正宗はSeacretというバンドでギターボーカルとソングライターをしている。僕は何度も彼のバンドのライブに行っているが、疾走感あふれるギターロックから心の琴線に触れるロッカバラードまでレパートリーが豊富で、なかなかに本格派だった。ドラマーを代えればもっと良くなると思うが、そのことは正宗に話していない。

 Seacretがインディーズレーベルから出したCDも大切に持っている。このCDはもう何十回とリピートした。一枚目のCDということもあって荒々しさもあるが、表現したいという強い欲求に支えられたCDだった。

 語学クラスの初めの授業で自己紹介の時間があった。僕がこの場にいる誰も知らないであろう洋楽のバンドを好きなバンドとして僕が挙げたら、授業終わりに正宗の方から「俺もそのバンド好きだよ」と話しかけてきた。正宗とはその時以来の付き合いだ。

 金髪に染めた短髪のパンクな髪型をしてモッズの服装に身を固めている奇抜な出で立ちなのだが、かといって人を遠ざけることもない。人当たりのよく外交的で豪気な性格の正宗は僕の性格とは対照的だ。僕はあんな風に根アカにはなれない。性格は正反対と言ってもいい二人だったが、音楽という共通の趣味があることもあって、不思議と気が合った。正宗といると楽しい。電話では正宗の家に行くことを「しょうがないな」なんて言いながら、内心は結構楽しみだったりもするのだ。正宗は多分それを見透かして電話してきている。


 目的地のタワーレコードに着いた。早速、試聴機を物色し始める。邦楽洋楽問わず幅広く新旧のロックを聴く僕は、ロックに関しては比較的詳しい方だと思う。しかし、インターネットを見ても分かるが、世の中には僕よりもロックに詳しい人はいくらでもいるし、クラシックやジャズなど他のジャンルも含めて詳しい人もいくらでもいる。もっともっと音楽に詳しくなりたい。人と張り合っているのではなく、音楽に触れることと音楽の知識を吸収することが純粋に楽しいから。それが将来なんの役に立つかと聞かれれば答えられないのだけれども。

 バンドのライブDVDの映像を流しているディスプレイの前で足を止める。あんなふうに演奏できたら気持ちいいだろうなと、僕は足で目立たないように小さく小刻みにリズムを取っていた。

 前から少し気になっているバンドの新譜の試聴機の前で立ち止まり、試聴に夢中になっていた僕は、真横に高校生くらいの年の女の子がいることに気付かなかった。僕を凝視する視線でその女の子にやっと気付いた僕は、試聴機のヘッドフォンを耳から外し、「何か?」と尋ねた。

「あなた、仲村聡吾(なかむらそうご)君よね?」背中まで黒髪を伸ばし、黒のチェスターコートを着た女の子が聞いてきた。
「そうですけど、どうしてそれを?」なぜ、この子は僕の名前を知っているんだ? 僕は有名人でもなんでもない。
「私の名前はナナ。ちょっと話したいことがあるの。人のいない所まで来てもらっていいかしら?」
 顔だちの整った綺麗な女の子なのだが、そうだとしても、見ず知らずの人にこう言われてついていくような人はいないだろう。
「話ならここで聞きますけど。それより、どうして僕の名前を知っているんですか?」
「まあ、ここで話してもいいわ。ここにいる人に機密事項を聞かれても、後で記憶を消去すればいいんだもの。少々面倒だけれどね」
 何を言っているんだ、この子は。僕の名前を知っているのもおかしいし、僕は霞みに包まれたような心地でいた。
 女の子は続けて話す。「突然の話で申し訳ないのだけれど、私たちの星に帰らない? あなたが今住んでいる星はあなたのいるべき所ではないわ。あなたはこの星ではワンダラー。私たちの星【スカーレット】に帰るべきなのよ」
 新手の新興宗教の勧誘だろうか。事情が全く飲み込めない。
「すみません。あなたの話していることは全く分からない」僕は率直に言った。
「単刀直入すぎたみたいね。いいわ、順を追って話すわ」女の子は少し面倒そうに顔をしかめながら言った。

「魂は星のエネルギーが産み出すもの。そして、魂は人間などの生物の身体を寄り代として宿る。哺乳類では基本的に母親のお腹の中にいる胎児に宿るわね。人間用の魂は人間の身体に宿るんだけど、惑星スカーレットではそこが問題なのよ。星が産み出す人間の魂の数よりも、寄り代となる人間の身体の数が少なくて、身体に宿れない魂が出てくるわ」そこまで女の子はよどみなく一気に話した。

 一息ついてから女の子はまた話し始める。「惑星スカーレットで身体に宿れなかった魂は宇宙を旅することになるわ。それではるばる地球までやってきた魂が地球の人間の身体に宿る。こんなふうに自分の星ではなく、他の星の身体に魂が宿った一人の人間を私たちの星では【ワンダラー】と呼んでいるわ。私の役目は他の星のワンダラーを惑星スカーレットに返すこと。これは……」
「ちょっと待ってください」僕は彼女の言葉をさえぎった。

 詐欺や宗教の勧誘なら早々に断らなくてはいけない。小心者の僕は勇気を出して言葉を紡いだ。「あなたの話は常識はずれで何もかもが信じられない。あなたが僕の名前を知っているのは疑問だけど、その理由を話してくれないなら、申し訳ないけれど時間の無駄です。ここで失礼します」

 僕は女の子に背を向け、タワーレコードのフロアを出るためにエスカレーターに向かった。

 女の子は背後から呼び止めた。「待って。あなた、統合失調症でしょう?」
「どう……してそれ……を?」僕は驚きのあまり、言葉を詰まらせながら振り向いた。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)