屋久島ソウルナビゲーション 「Earth tribes」

"太古の息吹を、五感を使って感じてみませんか?!”
太古の森の中を歩いたり、綺麗な海や渓谷で泳いだり、満点の星空の下で寝転んでみたり、火を囲んで踊ってみたり、海亀の産卵を見に行ったりと心も体も解放させる参加型の体験ツアーです。
   

何千年と生きてきた木々(聖老)たちに触れ、息吹を感じ、
この木が伝えようとしている声なき声に耳をすませる。
僕たちが木や花を見るように、木や花はいつも僕たちを見ている。
そして無償の愛で癒し、育み、いつも私たちを中心(原点)へと戻してくれているのです。

”僕たち人間も自然の一部なんだ......!”


当たり前のことなのに忘れてしまった大切なこと...
それをみんなに思い出して欲しいと思っています。


太古の息吹を、五感を使って感じてみませんか?!

$屋久島フィールドガイド Earth tribes-屋久島フィールドガイド アーストライブス

屋久島 フィールドガイド アーストライブスのホームページは こちら>>


<どこで遊ぶ?>
森・山で遊ぶ
九州最高峰の宮之浦岳、樹齢およそ7200年と言われる縄文杉、
「もののけ姫」で有名になった白谷雲水峡など五感を使って心と体を解放してみませんか?
森林の心地よい陽射しを浴びながら、四季折々花・美しい苔・圧倒的な迫力の木々たち・
沢の音など、豊かな自然を感じて下さい。
く わしくはこちら>>


海・川・里で遊ぶ
屋久島と言えば山や森のイメージが強くて以外と知られていませんが
海や川は透き通っていてとっても綺麗。
美しい海や川で泳いだり、時を忘れて沈みゆく夕陽を眺めたり、火を囲んで踊ってみたり、
バーベキューしたり、満天の星空の下で寝転んでみたりと
屋久島の大自然を全身で感じられるオススメツアーが満載です。
くわしくはこちら>>



テーマ:


 


 スリランカといったらやっぱり象

 


 

 

 

 

「今一番何がしたい?!」
 

そう愛虹香に聞くと「また象に逢いたい!」

 

ってことで象がいっぱいいるところに愛にいってきました。

 

 

 

恵美香は暇さえあれば使えそうな薬草をみていたり薬草の詳しそうな人に聞いていたりとアーユルベーダに興味があるけど俺にとって今回のスリランカへの旅はほとんど目的はなく俺は愛虹香といっぱい遊んでいたいだけ。

 


 

だから愛虹香が楽しんで笑顔になるようなところにいっぱい連れていってあげたいと思ってる。

 

 

今年の4月から愛虹香も小学校
 

親と出かけるよりも友達と遊ぶ機会も増えてくると思う。
 

今しかない今を大切にいっぱい遊んでもらおっと

 


      

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

 

 


僕らが泊まっていたお宿の子供たち
 

お兄ちゃんは9歳、妹は愛虹香と同じ6歳
 

愛虹香とも仲良しになってずっと3人で遊んでいたよ。
 

踊りが可愛いすぎる〜〜〜〜

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

 

 

 今日は愛虹香のお待ちかね、野生の象に逢いに行ってきました。
 

このスリランカの旅の中で愛虹香が一番楽しみにしていたこと

 

もちろん今まで動物園で何度も象やライオンやクマ、水族館ではくじらやジンベイザメやイルカなど世界中の動物や生きものたちに会ってきた。
 

しかしその動物自体に変わりがなくてもその動物たちが本来生きている環境(野生)にいてこそそのあるがままな本当の姿に出逢えるんだと思う。

 


 

昔アフリカに3年近くいたことがある。
 

バイクで旅をしながら地平線に沈みゆく真っ赤な夕陽に照らし出された動物たちのあるべき野生な姿をみて心から感動した。
 

あ〜〜〜美しいな〜、地球って最高だなぁ〜〜〜〜!!
 

いつか結婚式して自分にも子供ができた時に自分が見てきた世界を同じように見せてあげようって心に決めたんだ。
 

それが親となった自分が僕らを選んで産まれてきてくれた子に伝えてあげられることなのかな。
 

 

今日は野生の象にも出逢えたし逢うことが難しいとされているヒョウにも2回出逢うことができて超ラッキー。

 

旅も今日でちょうど半分となる折り返し地点
 

明日から内陸の高原地帯に入っていきまーす。
 

どんな冒険が待っているやら……

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

 


 またくじらに逢いたい…
 

今度はもっと近くで逢ってみたい…

 

屋久島でくじらから受け取った流れを大切にここスリランカでもくじらを求めて旅をしていました。
 

恵美香も屋久島でくじらに逢ってからというものずっとくじらのことを調べたりくじらの映像ばっかり見ていた。
 

屋久島で逢ったのはザトウクジラ
 

そしてここで出逢えたのは地球最大の生物 シロナガスクジラ

 

 

 

やっぱり近くで出逢うと迫力が違うな〜!!

 


 

潮を吹く度にその潮がレインボーに輝いてすごく綺麗だった。

 


場所を変えて全部で5頭以上のくじらさんに出逢うことができた。
(前回の投稿でくじらの映像もあげているので見てみてね)

 


 

しかも港へと帰る途中、子連れのジンベイザメにも逢うことができた。

 


 

ここの海ではジンベイザメに逢うことは稀なことでかなり運がいいみたい。

 

 

 

俺にとってもはじめてのシロナガスクジラ、はじめてのジンベイザメ
 

なんか地球からメッセージを戴いた感じだったよ。
 

愛虹香にも出来るだけ小さいうちから地球の美しさや自然の豊かさ、国や肌の色、宗教や言葉を超えた人と人の繋がり
 

そんなボーダレスな自由をいっぱいいっぱい体感させてあげたいな。
 

旅は学校、出逢うもの出逢う人々はみんな先生
 

そしたらすべてが学びでどんな出来事でも自分を成長させてくれる祝福でしかなくなるよね。
 

今日も何して遊ぼっかな。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

 

 

 スリランカで魂の兄ちゃんAKIRAさんと再会
 

"AKIRAさんが今スリランカにいる"というのを風の噂で聞きつけてコンタクトしてみると絶妙なタイミングで会える流れとなった。

 


 

AKIRAさんは毎年3ヶ月スリランカ 他の外国に3ヶ月滞在し海で泳ぐ以外はほとんど外に出ることなくひとつの部屋に籠って"引きこもり"ならぬ"外こもり"をしている。
 

誰とも会うこともなくただ何日もその部屋にいるだけ。
 

そうすることによって自分の奥にある"創作の泉"と次第に繋がっていってどんどん歌や文章が降りてくるという(もうチャネリングだね)
 

そこで毎年何十曲も歌を創り本を書き続けてまた帰国した後はLIVEとアーティスト活動で全国をまわっている。
 

何年も前からそのことは聞いていたのでAKIRAさんが愛してやまないスリランカや実際に籠っている部屋をリアルに見れてなんだか嬉しかったな。
 

俺とAKIRAさんとの出逢いは偶然書店で手にしたAKIRAという人が書いた『アヤワスカ』という本。
 

アヤワスカは蔓科の植物を使ったアマゾンのシャ−マンの導きで行う神聖な儀式
 

その本を読んだ時の衝撃は今でも忘れられない
 

魂が喜び震えて涙が止めどなく溢れ出してきてしまった。
 

いつかそのアヤワスカを体感しにアマゾンへ行こう
 

そう決心して俺は4年間の長い旅に出た。
 

その旅の最後は結局スーフィーの巡礼に参加してパキスタンで終えてしまって出逢うことはできなかったけど昨年17年越しに中南米一人旅をさせてもらったことでその夢を叶えることができた。
 

アヤワスカももちろん凄かったけどこの本を書いたAKIRAという人に逢ってみたい!
 

長い旅から帰国した後、LIVEに行ってみると最初にアヤワスカの本を読んだ時のような衝撃と魂が喜び震えて涙が止めどなく溢れ出してきてしまった。
 

これはもう音楽という枠を超えて"魂の歌"
 

それ以来俺はAKIRAという人に魅了されまくってLIVEに通いまくり本を読みあさった。
 

この人がいてくれたから俺はアーティストとしての道を折れることなく歩いてこれた。
 

ずっとこの人の背中を追い続け憧れ続けた魂の兄貴

 

<パジャマでAKIRA。髪の毛を下ろすとよくAKIRAさんと間違われることがある>

 

それは俺だけじゃなく父も母も兄も姉も姪っ子も恵美香も愛虹香も鈴木家全員がAKIRAさんに救われ影響を受けまくった。
 

俺と恵美香が出逢ったのも元の元を辿ればAKIRAさんが繋げてくれたからだし「アイヌ結魂式」を導いてくれたのもAKIRAさんの何気ない一言から。
 

愛虹香がお腹にいた時からAKIRAさんはよくお腹に向かって歌ってくれていたのできっと愛虹香の魂は覚えているのだろう今はほとんど会っていないというのによくAKIRAさんに会いたいって言ってるし今でもAKIRAさんのことが大好きだ。

 

 

 

きっと俺や鈴木家と深い深いご縁があるのだろう。
 

それだけじゃなく今新橋のATOM TOWERで展開している∀kikoやHarunaを中心とするアートプロジェクトも元を辿るとAKIRAさんから始まって振り返るといつもすべての原点にAKIRAさんがいる。
 

50歳を超えた今でも現役バリバリなアーティストとして活動しやっぱりカッチョええなぁ〜〜

 

 

俺は家族をもち進む道は変わったけど今も同じところを目指す尊敬すべき魂のお兄ちゃん。
 

AKIRAさん、大切な創作の時に3日間も空けてくれて愛虹香ともいっぱい遊んでくれてコアな場所にもいっぱい連れていってくれてありがとうございました。

 

                 <恵美香も大ブレーク>

 

 

またスリランカに還ってきまーーーーーす。
 

 
   【☆AKIRA-MANIA⇨http://www.akiramania.com
 
 
 
  

 

 

 

☆2月25日(土)☆
《トーキングサークル & サウンドメディテーション》
スリランカから帰った直後�新橋ATOMタワーでKURIのMiho & Katsuのサウンドメディテーションと共にトーキングサークルをやります。スリランカからの旅の風を届けるので是非愛にきてね〜。 
《⭐︎詳細はこちら↓》
https://www.facebook.com/events/1069931759784114/?ti=icl 
 
 
 
 

 
☆4月21日(金)~24日(月)☆
《屋久草リトリート ~春~ (Earth tribes主催) 》
「屋久島 薬草研究所」魔女っ子 Emikaナビゲートによる薬草リトリート。屋久島ソウルナビゲーションが得意とする海・川・森の大自然での開放に加えて薬草を使った生活にも役立つさまざまなワークショップ
主なものとして庭先やハーブガーデンでの薬草摘みから始まっていろいろな薬草を使ってのハーブウォーターやハーブティー、野草を使った石鹸作りやチンキ作り、薬草料理や天然酵母パン作り、珈琲の焙煎、ソマチットや微生物のお話、屋久島での生活のお話、興味があれば位相差顕微鏡を使ってソマチットや微生物の世界を覗きみたりなどその時そこに集まった人たちで何をするかを決めていきたいと思っています。それ以外に森の中での一人の時間やウォーキングメディテーション、焚き火を囲んでのトーキングサークルやアファメーション、ハンモックでの朝ごはんなど都会ではなかなか体験できない意識に触れていくこともたくさん組み込んでいこうと思っています。


☆詳細はこちら↓☆ 
《2017年 ソウルナビゲーションのスケジュール》⇨http://ameblo.jp/watarigarasu163/entry-12239371339.html 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。