本気でからだを治したい!体質改善ヨガとセルフケア&キッズ体操のスタジオメイ at岡崎市

愛知県岡崎市『体質改善ヨガとセルフケア』&『キッズ体操』のスタジオMAYです。この4月で10年目。
『効率的なからだの治し方』がわかってきた今日この頃☆
これから(2016.2月)色々とこちらに書いていきます♪
 
 


テーマ:

年度初めは、子どもたち(:体操の)が何となくバタバタ~DASH!

(体験の方も多かったですしね)

 

 

5月、GWで一息抜きまして~…

さて、本腰入れて行きますかね!?

 

 

というワケで、

8月のイベント参加(:体操の子ども達の発表)に向け

 

 

◎振り付けを考えつつ、振りを渡しつつ、動きつつあし

 

 

…で、自分の体調も整えつつ

(自分のほぐしポイントも段々深まるといいますか)

 

 

趣味的に、(なぜかこのタイミングで)

あるダンスのコピーを目指して踊ってみたりべーっだ!

 

 

…と、やっていたら笑

 

 

◎おっと5月も下旬すよ走る人

 

 

はい今回は、内容的にあらたに考えたというより

 

 

◎この10年で培ったことを、

⇒最近どのようにみなさんに還元しているか!?

 

 

とでも言いますか、

ノウハウ的なことをまとめてみました。

 

 

最近ちまたでは

 

 

◎5月病のみならず、『6月病』とまで名前が出てきた霧

 

 

…と言うことも、

今回のコラムを書いているうちに発見しまして

 

 

◎うん、やっぱり目

 

 

と思いました。

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
 

本初夏の健康コラム  
【からだの診かた“まとめ版~その②~”& 5月病~夏の鬱?!】


■「5月~夏」は…本格的に“鬱”が起こる季節?!■


さて…5月前半は“初夏の萌え感”があまりなく、
「春の続き」的な、気温差がある日々でした桜


…と、コラムが書けない内に
『はい、初夏!』になりました晴れ


で…前回コラムにて


◎春は案外「ストレスな時期」ですよ~あせる


とお伝えしたのですが、実は


◎本格的に“エネルギーが萌えてくる5月~夏”のほうが


⇒本当の意味での

『“鬱”…エネルギーが鬱屈(うっくつ)する霧


…と「なりやすいかも知れない」、
というお話です。


(※これは統計的に、その時期に「自殺の件数が上がる」ことと
→“may的からだ診”を合わせてのお話です目

すいません急に物騒なワード…

 

とは言え
有名な「5月病」だけでなく「6月病」まで言われ始めたそうですDASH!)


もちろん、そうなりやすい『下地=からだの状態』

…だと特に、という話です。
 

 

それは


◎胸が開きにくい=『胸が詰まったような状態』むっ


というベースです。
他に言い換えてみますと、


◎それの“酷い版”が「四十肩・五十肩」…つまり


⇒“腕と肩を動かす範囲が狭い”

…というか『狭められている』状態あせる


…になりまして、
この頃は“更年期”なども重なりますが


◎なんだかやけに落ち込みやすい or 気分が上がらないダウン


…となりやすいですよね。

(そういった状態に、

この“肩の状態”が関与しているという話です)


で、

今お話しているパターンとしては


◎肩の動きが悪い=胸が開きにくいむっ
⇒『萌えてきたエネルギーが、溜まってしまう』霧


…という悪循環が出来やすいよ、という話です。
これ、実は


◎体操の子どもらに

「腕を後ろ組みで上げるストレッチ」の際、
 

 

⇒『おばあちゃん(の肩)になってるよ~叫び


と言ってしまう子がいるのですが、
この状態の子は


◎頭が硬くなりやすいタイプドクロ


…なのです。



(※「からだ診」では“頭が柔らかい”ということを
かなりの重要ポイントにしておりますアップ

↑これまでのコラムに色々と書いております)


ですので、


◎“○十肩”は「四十・五十になったら、なるもの」
⇒というワケでは“ない”チョキ


…はい、つまり


◎子どもでも、同じような状態の子はいる叫び

⇔肩や腕を適切に動かして「滞らせない」ようにすれば、
“○十歳=○十肩”となるワケではないチョキ


…ということで、


◎肩が動かしにくい

=胸の動きが悪く、頭も硬くなりやすいドクロ

 

⇒そのまま「胸が詰まる=思い詰める」&「思考が滞りやすい」むっ


につながると考えます。
というか実際そうです。

で、


◎胸(肩)の詰まった状態むっで5月~夏を迎えると
⇒「気分が晴れ晴れしない& 心がふさぐ」ダウン


という、


◎まるで“季節と真逆な心情”に、なりかねない左右矢印


…というお話なワケで、

これは


◎春にストレス過多だった方(子)は、要注意雷

 


…になりまして、

まさにそれが「5月(6月)病」かと思います。


(※ストレス状態では、胸や肩に力が入っているので
→上記のベースが作られやすくなります目)


ただし、気温が上がり


◎本来は胸が開きやすくなり
→「勝手に色々と、緩まっていく」温泉


…という環境になりますので


◎これまでのソワソワ & バタバタしたペースやDASH!

“からだの状態”を見直し


⇒「季節にそぐうからだ」にして行く


…という『季節とからだの原則』で
整えて行けばよいかと思いますグッド!



(※4月~これまでは、その辺りを汲んで

ヨガポーズを選んでいました)


(※真夏&真冬という“極”の時期は
 

→“季節に引っ張られ過ぎる”ため、

体調管理が大変な時期になりますあせる)

 

 

■「からだの診かた」まとめ~その②~■


はい、時節柄のテーマはこの辺にしまして…
もうひとつ、行きたいと思います。


いつもコラムを考えるにあたり


◎今、何のテーマが頭の中に上がってきているだろう目


…と巡らせるワケですが、

ここらでもう一度


◎「からだの診かた」“まとめ版~その②~”


…を書ける頃かな、と。
これは、


◎お尻(:仙骨ラブラブ)から始まって~「頭を診ることドクロ」に到達した、
⇒『からだ診』というものを、確立してきた感


…があるからなのですが、

半年前(2016.9月)に


右矢印本仙骨▽を診てきて約半年…で、“見えていること”、のまとめ①


…というコラムを書いていまして、
そこから一段「進化」し、“まとまり”が出てきたのですねグッド!


要するに、


◎ワタクシが現在進行形で
⇒「何をポイントに」診ているのか目


また、


◎効率よく、かつズボラ & 無理なく続けられて
⇒しかも変化が期待できるケアグッド!


…を、まとめてみようと。
これも、


◎何気な~く、『スタジオを始めてまるっと10年』キラキラ


…経ちまして、

特に最近は“子ども達のからだ”を含めて


◎自分と他人のからだを診比べて、色々判ってきたひらめき電球


という…


『今まで来てくれた方々のおかげ』でございます♪
感謝致します。


(※ただし、文字で書く内容メモは“概要”であること

『一定の時間を取ってヨガをする』
⇔『毎日のセルフケアをズボラに続ける』

 


…両者にはそれぞれ効果があり、

 

→“両輪で進めて行く走る人”ことでさらに
「相乗&科学反応な効果がある」ことは、もちろんですアップ)


はい、

いずれにしても目指すのは


◎その方(子)が、その人らしく
⇒「ナチュラルに、ニュートラルに居られる」お手伝いをするニコニコ


…ということです。


さて!その「からだ診ポイント」に行ってみますDASH!
(↑前置き長。↑)


【からだ診、全体でのポイント】


…下記は

◎からだのバランスが取れているかどうか!?


…の「指標になるもの」でもあり
これらの箇所が硬かったり、詰まっていると


◎からだに、何かしらのアンバランスがあるむっ


ということです。

(※最初の2つは、良い方の指標です↓)


a:『仙骨』が平たく、押すとフカフカ柔らかい♪

 


⇒内臓(特に五臓)の疲れがあまりなく、回復力のある状態アップ
からだの無理も、さほどしていない。


b:『頭(:脳)』が柔らかく、

頭がい骨の中で余裕があるべーっだ!

 

⇒適切な頭(&目)の使い方 or よく寝て疲労が抜けている


c:(五臓のうち)「肝・腎・脾」が張ったり、硬くなっているむっ

 


⇒個々の“もともとの性質”に加え、
生きてきた中での「様々な負担」が溜まっている



…まず“基本柱”としては、こんなトコロですが


例えば「仙骨」に関しては


◎(仙骨以外の)色々な“詰まりポイント”

アプローチするうち、

⇒ゴツゴツしていたのが、いつの間にか平らに近づくパー


…と変化をするので、
「全体のバランスが取れてきた」指標になります目


はい、ここからは実践編。


【実際に診るトコロ~まず仰向け~】


①頭(:脳)の“今”の使い方はどうかはてなマーク
→《診る箇所:足の親指》




⇒硬かったり張っていると

『(目を含めて)今現在、頭の使い過ぎ雷
 

②「消化系の働き」はスムーズかはてなマーク
→《診る箇所:足裏の“母子球の下~土踏まず”》


⇒「胃や十二指腸 or お腹や腰」の反射区に詰まりがあると

=それらに負担がかかっている雷
(:消化の負担・下痢や便秘など)


③自律神経は緊張してないかはてなマーク
→《診る箇所:②と同じ》

⇒右側が硬いと

『目の酷使や、現在進行形のバタバタ & 緊張』から来るあせる

⇒左側が硬いと

『疲れ(ストレス)が溜まった or 消化疲れの慢性化した』状態むっ


④目や、神経の使いすぎはないかはてなマーク
→《診る箇所:耳のうしろ=風池》


⇒③に準じて、特に
「目の酷使」は“右の風池”に出やすく、詰まっている雷


⑤頭が柔かいか、否かはてなマーク
→《診る箇所:こめかみ》


⇒“こめかみの有りか”がハッキリ判り、指で押すと凹むグッド!

=「(頭の使い方の)無理が少なく、思考が前へ進みやすい」

ウイルスに強い」&「頭痛は、ほぼ無縁べーっだ!


⇒“場所が判らない”感じに張っているあせる

=「(思考に)余裕がなく不安感が募りやすい」

ウイルスに弱い」&「頭痛がお友達むっ


⑥経絡(:ツボ&エネルギーの道)の詰まりはないかはてなマーク
→《診る箇所:眉がしら=攅竹》

 



⇒背骨の“右 or 左”側、それぞれの「内臓の具合」とかぶるリンゴ

=詰まっている場合、

「肝(右)・脾(左)・腎(右左)」の疲れと大きく関係する



↑ここまでが、最初にザッと診るポイントでして…


はい、書き出すとすんごい長い走る人


…ですが、

上の①~⑥で引っ掛かったところを参考にしつつ↓


【実際に診るトコロ~うつ伏せの状態で、背中から~】

(※⑧以降が特に“ズボラ・セルフケア”のポイントにもグッド!)


⑦骨盤内の状態はどうかはてなマーク~その1
→《診る箇所:かかとの内外》


⇒“張り”や“硬さ”があると

=「右左、それぞれの骨盤内(※⑧参照)に滞りがあるむっ
or「頭の右左の使い過ぎ(:目を含む)と、通じる場合がある」


⑧骨盤内の状態はどうかはてなマーク~その2

→《診てほぐす箇所:仙骨そのものや、その周り



⇒⑦と同じ側なことが多いが(:右左)、
そちらの仙骨が硬かったり張っていると雷

=その前側に位置する「子宮・卵巣・腸」などが
硬くなっていたり、滞っている

(※セルフケアでは、ゴルフボールを使う)


⇒④の“風池の詰まっている側”と同じことが多いが(:右左)
「仙骨の斜め下」が詰まっていると雷



(※よくある例は“目の酷使”があると
→『風池&仙骨斜め下』共に“右”が詰まる)

=その骨盤内の臓器(:子宮・卵巣・腸など)が緊張し、硬くなるむっ

(※セルフケアでは、テニスボールを使う)


⑨腰の詰まりはないかはてなマーク
→《診てほぐす箇所:

土踏まずの反射区で当たりをつけ、腰骨の右左》

S字カーブ良
 

⇒腰には様々な疲れが溜まるので、要チェック目

=特に「目の酷使や忙しさ・過度な頑張り雷」により、

 

自律神経を通じて”

『腰の右側』が詰まることが圧倒的に多い
 

 

=頑固な便秘の場合、

大腸の出口に近い『腰の左側』が詰まることが多い得意げ


(※腰は『“仙骨~頭”までの最大関所』なので、
そこをほぐすと“頭の柔らかさ”が出てきますアップ)

(※セルフではテニスボールを使う)


⑩「肝・脾・腎」+臓の疲れ & 使い過ぎ(:負担)はないか
→《診てほぐすトコロ:肋骨の外から“それぞれの臓器”》



(※からだ機能の“本丸”は、ここ。

ここと“頭”が柔らかければ、とってもラッキーな健康体…
“赤ちゃんのからだ”が一番近いですヒヨコ)


⇒肋骨の外から触って、張り or 硬いと

=現在進行形で、

その臓器の使い過ぎ or 過去の疲れが溜まったものむっ

(※セルフでは、ゴルフボールを使う)


…はい…、とりあえず主な⑩項目を挙げましたぁぁ!!

書くと長いですがあせる


◎普段から触らせて頂いている方(ヨガ)
&ケアをお伝えしている(体操の子ども達の)お母さん


…は、解明できるかも?…ですあせる
これらを、


◎総合的に診て『いちばんキツイところから』ほぐすグッド!


…ことを、セルフでやってもらうのですが
その時いちばんの「スボラケア」は


◎寝るときに、(布団の上で)
⇒腰の下にテニスボールを入れて寝るテニス

(※必ず、お膝をお山にして)


…という方法でして、これで例えば


◎頭(&首)が柔らかくなる

◎便秘が治る

◎目から来た疲れが抜ける

◎とにかく疲れを抜く


 

…と、かなり多岐に改善が見えてくるのですアップ
やはり


◎腰は“からだの要”!!


…ということで、腰をほぐすと


◎子どもの“腰が反る”無理なからだの使い方…が、
⇒何も言わなくても直るグッド!


◎大人だと“腹筋(おへそ周り)”が使えるようになるグッド!


なんてことも出てきます。

はい、

またも尻切れ感がありますが…あせる


◎からだ診(単独)


受付中です(笑)
ご参考に~♪

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
 

料金やスケジュールは→スタジオWebサイト

 

体質改善ヨガとセルフケア&キッズ体操のスタジオメイ at岡崎市

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

 

さて、前回から間が空いておりましてあせる


書きたいテーマが色々ですが、
やはりココは


◎最近ワタクシめがよく口にするコトでもある、
⇒「季節とそぐうカラダ」チューリップ赤


…という意味も含め


◎「春のからだと心が“伸びてきいたい”上下矢印
…という自然現象を阻む、

⇒「ストレスへの“過敏な反応をしてしまう”頭とからだドクロ


…ですとか


◎遂に2年目!20数年来の“ひどい花粉症霧”と

⇒9割方お別れしている、

ワタクシめの体験をふまえた新発見


(笑)、
の話などを…はい、後者は


◎花粉症と、アトピーと、喘息と、じんましんは
⇒“仕組みが同じ”で「脾臓」と関わりがある目


…という話でして、
案外色んな方に関係するかも知れませんひらめき電球


これ、前回のコラム


◎「バカは風邪引かない」は、本当チョキ


…と書かせて頂いたのですが、
その2週間後、ワタクシが


◎15年以上振りに、昼間っから高熱が出る風邪カゼ


を引きまして…


(※“バカは…”の理論が間違っていたワケではなく


→むしろ「ウイルスオバケ or 細菌の話カエル」は合っていたのですが…
また書きます)


その久々体験の中で


◎脾臓とアレルギー叫び


…の相関関係を、確認できたんです。
(ケガの巧妙?)


◇◆ 春は「エネルギーが動き始める」変化のとき ◆◇


はい、で…
春は桜


◎“柔らかく伸び伸び”できると自然だけれど

⇒“変化というストレス”に「過敏」だったりショック!
「変化しにくい状態=凝り固まっている」と不具合になる


…という、案外難しい時期です。


いわゆる“季節の変わり目”でもありますが、
特に「春の変化桜」については


◎“冬(寒)→春(温)”という、

からだを囲む「環境の変化DASH!に加え

 

⇒日本では「日常生活の変化DASH!」も重なる


…ということがあります。


“変化というもの”は全て
→「ストレス要因あせる」になり得るのですが、


◎「自分のからだの状態を整えておく」と
⇒同じストレス度合いでも、ダメージが減るチョキ


…と考えています。

はい、ワタクシが常々申しております理論(漢方医学本)の


◎春は「肝臓」が働き出す季節
&肝臓は「自律神経」を大きく左右する左右矢印


(※肝臓は“五臓六腑”の中で
→エネルギーを回すスタートランナーのような役割走る人)


の話を出しますが、これも


◎からだが「春にそぐうように」
⇒バランスを取ろうとする働きパー


になります。
それが


◎肝臓が(固まっていて)“柔らかくなりにくいあせる”と

⇒「緩もうとする働きを強めて(=肝臓を柔らかくし)」、
エネルギーを回そうとするリサイクル


…となるワケでして、
科学的に言えば


◎“自律神経”を強く緩める
=「副交感神経(リラックス神経)温泉」が強くなる


…という仕組みとなります。


(※臓器は“緩む=リラックスする”と働きます。

…逆は「走りながら物を食べても、消化しないあせる
…という感じ)


で、その仕組みは


◎春特有のアレルギー症状(※a)を引き起こす

2本柱のうちのひとつ」グッド!


…になります。
(※a:代表が、花粉症)


なぜなら


◎アレルギーは、自律神経が緩むときに発症する温泉


…という大原則があるからです(後述)。
はい、でもう1つの柱は


◎「脾臓」が作る抗体チョキ


…になりまして、こちらが大元原因になります。

ですが、まずは


◎春に、アレルギーはないけど
⇒変化 & ストレスに過敏で「精神状態や体調に来るドクロ


…という、特に“子どもたち”に
よく見られるパターンついて書いておきますね。


これは、


◎判りやすく“春の木の芽時”桜
⇒3月~4月におかしくなる


という現象でして…、具体的には


◎様々なことに敏感になりショック!


⇒気ばかりが焦ったり、不安感が強まったり、
もしくは急激にやる気が落ちるダウン


…などなど“精神不安”な状態なのですが、
これは逆に言えば


◎からだが懸命に“調整をはかっているグー


…ことの影響なのですね。
ただし、それが“過度”な場合…


◎頭が硬いドクロ


…という“からだの状態”であること、
そのため


◎自律神経の“緊張”雷や、

そこから来る「臓器の不具合(※b)」


…が過大に起こりやすくなっていると考えています。


(※b:子どもだと“お腹の不具合ショック!”、
大人だと“消化の不具合”や“めまいや頭痛”など様々)


で、これは(少し重複しますが)


◎自律神経は基本的に、
⇒臓器と深く繋がっており、その中でも「肝臓が最大の臓器グー


…になりますので、

ワタクシが


◎(肝臓のある側の→)「右側」の硬さ・張りをほぐそうねグッド!


と“普段からよく”お伝えしているんですね。


で…、さらにこれが
(ここがmay的ポイントひらめき電球)


◎「頭が硬いと→免疫力が下がるダウン」の法則と、被っているよー


…というお話なのですドクロ
つまり、


◎頭が硬いと

⇒頭(脳)の中心部から出てくる
「ワクワク&やる気スイッチホルモンラブラブ」が沸き出しにくい

(※と、NK細胞が活性化しない→ウイルスに弱くなるオバケ)


…のお話なのですが、
その“逆の場合”どうなるかと言えば


◎同じ強さのストレスがかかっても

⇒頭が柔らかければ(良いホルモンも出やすい状態なのでラブラブ)、
ストレスを感じにくい


…という、まさに「スルースキルチョキ」が勝手に行われている…
いわば、


◎ぐるぐるとその場に留まらず
⇒「次の瞬間」へ進んでいける走る人


…また


◎「常に“今”に集中」できる目


(=ヨガでも座禅でも最終的に目指している感覚)


という、


◎「様々なことに左右され過ぎない」バランスのよい状態チューリップ赤


…になりやすいと考えています。


(※実際に、最先端のストレス科学本において

→「脳をシンプルに空にしスッキリさせる」ことで
“ストレス脳から逃れられる”、と提唱されています目)


で、may的な対策は


◎これらの状態を作るケア
=頭を柔らかく保つ方法チョキニコニコ


…と考えるのですが、
例えば


◎目の使い方を楽にして、頭を和らげるニコニコ


…ことは、これまでもご紹介してきました。
そしてもうひとつ、


◎腰のほぐしから⇒頭を柔らかくするニコニコ


…という方法に、

ここ最近気づきまして


◎体操の子どもたち

& ヨガや“からだ診”で診た方にお伝えし目

⇒効果が見られている途上♪


…なのでございます。(※後述)


◇◆ アレルギー症状は「自律神経(肝臓)の過剰な緩み」
+「脾臓の過剰反応」で生まれる ◆◇


はい、これは

先ほどの「肝臓(自律神経)雷」の話に


◎脾臓の過剰な働きで
⇒“アレルギー抗体”が過剰に出来るあせる


…ことが重なると、


◎季節の変わり目で、高確率でアレルギーが出やすいショック!


…と確信してきたお話です。
先ほど


◎同じアレルギー症状の中に
⇒花粉症だけでなく「アトピー・喘息など」も含まれる目


…と書きましたが、

(※原因がよく判らない「カラ咳」も軽い喘息の一種)


これは


◎脾臓が作る抗体の“バランスが悪く”
⇒「アレルギーを引き起こすタイプの抗体」を作りすぎるショック!


…という仕組みが、同じなのです。


(※抗体は、病原体と戦うのになくてはならないものチョキ
→いくつか種類がある)


…で、実際アレルギー症状の子どもたちの


◎脾臓を押してみると
⇒すごく反応していて、痛がるショック!


…のです。
これは、


◎もともと脾臓に負担をかけやすい
=脾臓をよく使ってしまう叫び


…タイプであること、

(※詳細は、他コラムで書いています)


そこに


◎「自律神経を“過剰に緩ませる温泉”働き(:肝臓とも関係)」と相まって
⇒『アレルギー反応系の抗体』を作り過ぎる


…となっているようなのです。


(※この辺りは大変複雑につき、
“may的な確信”も含めて目)


またこの“抗体生産過剰”に、


◎腸内環境の良し悪しも、絡んでくる目


…ことが、科学的に判っております。


これは、

よく花粉症とともに


◎お腹…いわゆる“便秘や下痢系の調子”が悪くなるむっ

 

…という声もよく聞き、

この辺りから推測するに


(※科学的にも、この辺りはまだ曖昧)


◎自律神経の負担から、腸内環境が悪くなりダウン
⇒脾臓の抗体生産が過剰になる


…という相関関係もあるだろうと思います。

そして…ワタクシめも、


◎体質改善としての“脾臓のケア(※c)をしてきた”ことが
⇒去年くらいから「おおぅ!!花粉症が、ないぞ!?」音譜


…と結果が出てきたのだと思います。

(※c:「肝臓」のケアもです)


…で、この「脾臓」「アレルギー」「腸内環境」の
科学的根拠にたどり着いたのは走る人


◎風邪を引いて「久々に抗生剤を飲んだ」ら
⇒腸内環境がやられたショック!& でも本能的に“飲むのを半分で止めた”


という体験からでして…
これは、


◎抗生剤を飲んだら
⇒何となく「花粉症がぶり返しそうな気配あせる」がした


のですね。


(※そもそも、細菌をやっつけるのに
→“抗生剤の助けを借りるニコニコ”という様子見の服用でした)


それでも


◎お腹が緩くなり、風邪の回復期間と被って
⇒腸内環境が崩れていたダウン


ことを、マジマジと感じたのです。

そこから、疑問点を調べるうちにわかってきましたチョキ


◇◆ 頭がなかなか柔らかくならない時は
⇒腰が詰まっている? ◆◇


…いつからか、


◎頭を柔らかくすることが、色んな意味で大事と確信しひらめき電球
⇒そのためのケアを色々提示させて頂く


…と、し始めたワケですが


◎なかなか「頭の“張り”が手強く」
⇒柔らかくなる兆しが見えないドクロ


…という方(子ども)もおりました。
その中、


◎“腰”が思いの外詰まっており、それが


⇒「寝ている間に頭をリラックスさせること温泉

…の“阻害”になっているのでは?


と思い、そのケアを始めてもらいました。
すると、


◎本当に1~2週間で
⇒「頭が柔らかくなる兆し」が見え始めたキラキラ


のですね。

これは…様々なことからその予測にたどり着いたのですが、


◎目の酷使があると(=頭が硬くなりドクロ)、
⇒『右の風池 & 右の腰 & 仙骨の右側』が凝っている




※ここに、大人ですと“肝臓(:肋骨の右側)の張り”も入ってくる※



つまり、


◎(頭の硬い方の)肝臓を中心にした「右側」の
⇒自律神経の張り=緊張がある雷


…という現象が診られたのですね。

 

そこに、

ワタクシが以前から言っていた


◎腰のつまり(痛み)は
⇒『様々な“疲れ”の溜まりショック!



◎お尻とお腹…つまり骨盤内から
⇒からだのエネルギーが巡るリサイクル


ということを重ね合わせ、


◎『腰をほぐすケアグッド!』が“足りていなかった”のでは?


…と思い至ったのです。
それで、


◎寝るときに「腰の後ろにテニスボールを入れてテニス」寝る


(※必ず“膝を立てて”)


…を実践してもらったところ、
(ビンゴかも♪)という感触が出てきたというチョキ


もちろんですね、


◎頭を使いすぎるドクロ


ということ、つまり


◎性格や、仕事の性質上メガネ

⇒神経質に・忙しく頭を働かす台風 & 目の酷使をする
(※すべて過度に)


…という日常の状態から→悪いループリサイクル
つまり


◎頭が硬くなり~自律神経が緊張して雷


⇒腰が硬くなり

「寝てもリラックス度が足りず、頭が柔らかくならないドクロ


に入っていくワケですから、


◎頭をなるべく楽にしてみるチューリップ赤

=使い過ぎに注意 & 発散できるようする


ということも、大切になると思います目

…はい、今回はここまでで~!

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

 

…箇所箇所、尻切れ感がありますがあせる

また書きま~す。

 


料金やスケジュールは→スタジオWebサイト
 
体質改善ヨガとセルフケア&キッズ体操のスタジオメイ at岡崎市

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

《まえがき》

 

さて…ちょうど、
先週の(土)つまり11日に


◎15年振りに、病院行って薬もらうような風邪カゼ


…を引くきっかけに、

あたってしまいまして…


後に転載します今回の本文は、

ワタクシの個人blogに12日の時点でアップしてあった


◎率直な文面えっ


を、そのまま載せたものになりますが
少々タイムラグ感が出るかも知れません。


…なら、直ぐ転載すればよかったのに
というところですが

こちらの公式blogにも、以前


◎昨年1月に、南相馬へ伺ったときの記録
右矢印本あれから5年の…《ご報告》南相馬に行ってきた
(2016年03月:記)


がありましたんで、
今回は


◎(原発避難の方が)
元の家の場所へ、帰還して1年というタイミング家


ですし、



◎前回調べた「各所の放射線量」が、変化があるか否かはてなマーク


を、
あらたな視点を入れて調べ直していたんですね。


…はい。
実は、前回調べたときに気付いたことがありまして目


◎我が町岡崎市を含め

⇒「花崗岩の地盤」のところは、
そもそもの自然放射線が高いアップ


というコトだったんですね。


で、放射線量を調べる際にも
様々なサイト本がありますが


◎要は、震災前の放射線量から
⇒どう変わっているのかはてなマーク


が、ポイントになるのかなと思います。


本放射線量のサイト

◎福島放射能測定マップ(福島県が運営)

右矢印http://fukushima-radioactivity.jp/pc/


◎全国の放射線量(震災前の平均値あり)

右矢印http://new.atmc.jp/


◎花崗岩の分布図(日本シームレス地質図)

右矢印https://gbank.gsj.jp/seamless/seamless2015/2d/

 

 

で、印象として

 

 

◎普通に、

様々な人が使う『福島駅』『郡山駅』地下鉄などは、

 

⇒意外と放射線量は、高いあせる

 

 

※もちろん、除染をしてのことです※

 

 

参考に、一般の方の計測ですが↓

 

本福島市の放射線量2016年

 

 

…が、

震災からの変化を感じるのに役立ちます。

 

 

※単位がよくわからなくなるのですが、基本的に

 

→ 『0.1μSv/h』以上

…1時間に0.1マイクロシーベルト以上は、高いですあせる

 

山口県なんかは、自然放射でそれくらいあります目

 

 

ちなみに、福島自体がやはり

 

→震災前から

『自然放射線量が割にあるアップ』トコロですが

 

→福島駅や、郡山駅は、地盤的にはそこから外れています※

 

 

 

…というワケで、下記は“個人的な感覚で書いたもの”を

転載&加筆していますので

 

→語尾等、ぶっきらぼうな表現かも知れませんが、

相すみませんパー

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

 

 

ちょうど1年前くらいの昨年1月に、やっと


◎南相馬の仮設住宅へおじゃまして、セルフケア講座


を行ってきた。
 

 

右矢印本あれから5年の…《ご報告》南相馬に行ってきた
(2016年03月:記)

 

 

…震災後、



◎直接何か“手応えのあるお手伝い”はないかと思っていた


※震災直後の頃は、
自分がお手伝いに行けるような状態ではなかったので

→その後の、あくまでも「遠くから」の支援だが※


…ところ、


本「福島の現実ー福岡百子の声」
ameblo.jp/aiwazion/


…こちらの福岡さんがまとめておられた


◎仮設の方々などへ、物資支援をする



という活動にて、数度ご協力させて頂いた。

その送り先は、福岡さんのコーディネートで
「南相馬のある仮設の方々」になった。


そこを訪れたあとの春、
4月…やはりちょうど1年経とうとしているが


◎基本的に、そちらの仮設の方々は
⇒津波で家がなくなったわけではないが、除染を待って「帰還」された


わけで。

その仮設の会長さんの、帰還後の生活の様子を


◎今年に入ってやっと手紙にてやり取りが出来た


わけで。

どうやら滑り出しは順調のよう。

※会長さんは、魚屋・仕出し屋をされている※


ただ、周りの環境がどれくらい元に戻ったのか…


この辺りも、複雑な気持ちになるが



◎震災前は、近くの高校の子達が
通学で店の前を通る際に、“寄っていっておしゃべりしてくれる”



…ような日常だったようだが、
その高校がいつ再開するのか、したのか、


また再開したとしても



◎除染地域に、若者が戻ることを喜ぶべきなのか否か


…というのが、ワタシのような


◎“一応あまり放射能の被害が感じられない地域に住む者”の気持ち


…でもあるワケで。


その辺りは、南相馬に訪れた際にお話していて


◎どう言葉を返せばよいか、難しかった部分


でもある。


例えば他の例としても


◎原発地域にある「Jヴィレッジ(:サッカー施設)」を、
東京オリンピックの際に日本代表の合宿地に



…という話が以前からあるわけだが、
今現在どうなのかわからないが


◎原発作業員が宿泊に使っていた場所


…なワケで。

※作業員を差別視しているワケではなく、
それくらい最前線な場所ということ※


そういうのって、ワタシからすると


◎え!?ありなの!?


…という感覚なワケで…


はい、とにかく



◎同じ震災地域と言えども、状況が色々


だと思う。

とりあえずは、つながりの出来た


◎南相馬へ帰還した、パワー溢れる魚屋さん夫妻(:シルバー世代)


とも、やり取りをして



◎震災地域のことを少しでも知っていきたい


とは思っている。



震災のあった日の自分の1日は、結構記憶にある。

そこからすると、



◎自分は、日々が健康に関する研究


で、



◎スタジオのこどもたちや、会員さんと接しながら自問自答


して来て、



◎かなり、ステージが替わった感


は、ある。

あのときから、6年か。



きっと、被災された方々も、


◎予想もしなかった次の生活へ、切り替わっている



方が、たくさんいるだろうな。

というか、切り替わっていてくれたら、
何というか凄く“良かった”と思えることだと思う…


でも、何事もなかったのように


◎震災前の“実はあり得なかったんちゃうん?!驚”という事実


を、忘れて


◎別に正常ですけど?


って、周りの人達が鈍感になることは、

アカン、あかんで汗



って、思う。



って、自分に出来ること、していることなんて全然ないんだけど、


◎世の中うそ八百やん?!


みたいな、震災でわかったことに対して



◎麻痺して付き合う


のだけは、しないで行きたい。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
(笑)↑
あ、タイトルのことですべーっだ!

はい、このコトを
この冬で、ほぼ確信してきておりますキラキラ


■“頭を柔らかく”するツボと“風邪”の関係■
 

例えばですね、


◎こどもら(:体操の)がスタジオで
ウイルスを撒き散らしていったとしてもにひひ

⇒(頭を柔らかく保っている限り、自分は)
インフルエンザに、かからんわ!グー


…ということをです(笑)
でも、そうなんです。


年が明ける前後あたりから
お伝えしてきたことが耳


◎もうひとつ
⇒『ある裏付けになる話』と繋がっちゃったチョキ


のですね。
それが、タイトルにある


◎頭に効く(:柔らかくする)ツボグッド!
⇒「風邪に効くと言われるツボ」だったえっ


ということなのです。


コレは、
一番“紹介頻度が高いツボグッド!”のひとつである


◎「風池(:ふうち)」のツボ
(=頭の斜め下で、耳後ろのツボ)



…がですね、


◎風邪の“邪気(:じゃき)”が溜まるトコロDASH!


の意味だったこと、


また、
このシリーズ最初のコラムでも紹介している本


◎背骨の頂点部(:頭に“背骨が入り込む”トコロ)が、
⇒「風府(ふうふ)」のツボだった
 

※府、は“集まる”の意味※


及び、やっぱりそれが


◎“風系のツボ”だったDASH!


…ことに気づいたんですね。
これって、ワタクシが


◎頭に流れを起こすための台風(:せき止めない)ポイント


…として紹介していたところなんです。
つまり、


◎頭を柔らかくしようね~
⇒免疫力上がる (& しかも即効) よ~アップ


と言っていたことが、


◎いわゆるツボ(:3千年の歴史を持つ、経絡医学の本)では、
⇒「風邪に効く」と謳われていた


と、いうコトでして。

 
…はい、ここで少し補足話を挟みますパー
実はですね、


◎ワタクシが色々と
⇒「ココが痛い・悪いので、ココが効きますよ~えっ


と言う“からだの位置”は、
基本的に


◎本能で『ココです』と言っているヒヨコ


…のですね、ほとんど。
 

それを、
コラムなどを書く際にメモ


◎あらためて(裏付け的に)調べ直してみると
⇒そのまま、有名な「ツボの位置」と被っている目


※他、「神経の位置」だったり「内臓の位置」だったりです※


…という順番なんです。


(ですので、みなさんにも
→「基本的に“本能”で感じて、自分で試してみて下さいね目

…と、よく言っておりますにひひ


ヨガをすること、それ自体が
「本能的な感覚を呼び覚ます、トレーニング(*)」ですからね~キラキラ


(*)…なので「ヨガは“やるか・やらないか”」だと、お話するんです)


で、その流れで言うと
今回は


◎夏晴れの“脾臓疲れ”からの「細菌性の風邪(:肺炎含む)」と、
インフルエンザオバケを含む「ウイルス風邪」は

⇒免疫系統(:免疫のチーム)が違うらしい!?


本参考記事:2016.12月版♪【インフルワクチンどうなの~
やはり「自分のからだ」から、疑問を持ちまして

(少し端折りますが↓)


◎自分が「ウイルス風邪カゼ」に、かからないのは

⇒頭が柔らかめリンゴ(:柔らかい状態)なので、
脳内の「免疫アップ物質の分泌がよいのかも」知れないアップ


…というところまで、
冬の初めには辿り着いていたのですね。


それが、最近
上に書いた“風系のツボDASH!”の話と相まって


◎「バカは風邪引かない」っていう説…と、つながるよね!?


と、思ったのです。
…はい、この場合


◎“バカボンのパパ的”な、バカチョキ


です(笑) 例えば、


◎良い意味で「ノーテンキ」的な、
⇒“とりあえず次へ進む”気楽さにひひ
 
 
でもあり、
 
 
◎「これでいいのだ」という
⇒“ニュートラルな(*)ポジティブ感”の状態チョキ


…の、ことかなと思います。
(*)…ここ、案外大事ですDASH!
 
 
本上記の参考記事より抜粋:
 

◇頭(脳)が柔らかいと→『脳内で“NK細胞を活性する神経物質アップ”である、


=ドーパミン:やる気物質~ワクワクどきどきスリリング~

&エンドルフィン:幸せ物質~おいしい嬉しい気持ちいい~音譜

 

…が、スムーズに出てくる◇

 

で、実は
 
 
◎「風池のツボ」は、有名ドコロなので
⇒以前にも“風邪のツボだ”ということは、目にしていた目
 
 
…のですが、
その時は“ピンと来ず”、
 
今回「腑に落ちた」ワケですえっ
 
 
で、ですね。
もうひとつ“風系のツボDASH!”の話をしますと、
 
 
◎子どもらに「後ろの滑り台」と言っている形&ヨガでは「鋤のポーズ」
 
…がですね、実は
 
 
◎『風門(:ふうもん)』と言って
 
⇒風邪の邪気が“出入りするところDASH!
が、ストレッチされてほぐれるポーズ
 
 
 
…なんです(:と、気づいた)。
これ、DASH!
 
 
◎風邪の引き始めに、よく
⇒「葛根湯」を飲むと“風邪が出ていく”
 
 
的な表現をしますが、
あれって
 
 
◎『ゾクッと来たらドクロ
 
 
というタイミングに飲むものでして、
その
 
 
◎“ゾクッとするトコロドクロ”がまさしく
⇒『風門』の位置
 
 
…なんです。
ですので、
 
 
◎2月の半ばからの“寒さの底の時期雪~現在”まで
 
⇒(特に)子ども達と、ヨガで
『魚のポーズ & 鋤のポーズ』セットを1日1回やっておくと良いよグッド!
 
※画像出展:左『Dancer's Life Support.Com』 右『阿部塾公式ブログ)』※
 

…と伝えておりました。


これは、

見事にその時期から

 


◎子どもも大人も『風池のツボ“近辺”=つまり首』が
⇒“むにょ~むっ”とし始めた(笑)

 


…のです。


もうこれは、

目の負担目うんぬんをすっ飛ばして

 


◎頭への流れが、明らかに淀んで(:滞って)いるむっ

 


…ことが、ありありと判ったんです。
つまりその時期こそ

 

 

◎インフルエンザの流行る時期に、ちゃんと被っているカゼ

 

 

ワケですね~。
で、その『魚&鋤ポーズセットは』

 


本参考コラム:
【目を正しく使って、頭の柔らかさを取り戻そう♪→眼鏡のお話】

 


…の中で

 


◎“頭への流れ台風”を起こすための動き

 

(※目の負担によって、

“頭まで詰まっている方”へのアドバイス)

 


として

 


◎ブロックなどを使った“簡易版・魚のポーズ”

 


をお伝えしていたワケで、

実は

 


◎本格的にそのポーズをしたら走る人

(:頭を後ろへ反らす等)
 

⇒その後に「鋤のポーズ」をした方が、バランスが良いですチョキ

 


とも、お伝えしていたのです。

 

(※胸反らしだけの場合は、膝抱えでもOK)

 


つまりこれも

 


◎本能的に、

『風邪のツボをほぐす』コトだったDASH!

 


…のですよね。

 

 

■寒さの“底”は誰でもかれでも、「プチ冬季うつ?」■


はいそして、
この時期に“再度チェックしてもらいたいポイントグッド!”として


◎副腎(湧泉)のツボ温泉


を、お伝えしております。


というのは、

上に書いたように


◎“寒さの底雪”は、誰でもかれでも
⇒頭への流れが滞るむっ


…ことが明らかなワケで、


◎バカボンのパパ状態の“逆”になりがち左右矢印


なんですよね(笑)
で、この


◎副腎から出るホルモン温泉


というのが


◎いつの時期にも大切ではあるけれど
⇒普段から分泌が悪いと、“プチ冬季うつ”が、重くなるかもダウン


と思うんですね。


本参考コラム:
 【内臓を柔らかくする→ホルモン分泌を正常にする♪~その①副腎~】


かつ、この


◎ホルモン系の臓器温泉というのは
⇒肝・腎・脾などと比べても“復活させやすい”アップ


…のです。


※“物質を取り込んで分解・濾過レンチ”などの働きではなく
→自分から「分泌することが主」だから※


なので


◎湧泉温泉(副腎のツボを含む位置)は、


⇒『とにかく“一度、良くなるまで”

(穴があくほどの勢いで)ほぐして下さいねグッド!



と、この機会にお伝えし直しております。


※これと同じ例で:“風池”や“仙骨神経”のところも
→まずは一段階、良くすることを目指してみて下さいアップ

 

 ◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆ ◇◆◇
 

取り急ぎここまでDASH!


料金やスケジュールは→スタジオWebサイト
 
体質改善ヨガとセルフケア&キッズ体操のスタジオメイ at岡崎市

 

 

 
 
 
 
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

さて、前記事
 
本2017.1月版♪
【目から頭(:脳)が硬くなる?
→免疫力ダウン&“子宮や卵巣”にダメージ有り?】
 
http://ameblo.jp/studio-may2007/entry-12241153390.html
 
 
…で、書ききれなかったことについてですDASH!
が、これ
 
 
◎寒さの“底”である『今現在』にも
⇒「免疫力アップアップ」に役立つこと
 
 
…ですよ♪
 
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
 
はい、そろそろ…
 
 
◎ワタクシの手の及ばない範囲で、
⇒『目から、キテる~~~ショック!あせる
 
 
※「キテる」←の内容はのちほど※
 
 
…という方々に、
(もちろん強制ではないですが、↓)
 
 
◎『眼鏡メガネでこんなに、違うみたいですよ~ニコニコ
 
 
※「こんなに」←の内容ものちほど※
 
 
…という情報をお渡しすべく、
 
 
◎『目の酷使を減らして“正しく目を使う”めがねの話メガネ
に関する、
 
⇒読めばきっと“う~ん、なるほど!!”と
思ってもらえるblog記事
 
 
…を紹介し始めておりましてニコニコ
 
 
はい、実は
とあることからく3~4年前に
 
 
◎千葉にある「眼鏡のとよふくメガネ」さん
 
 
…の話にたどり着いていたワタクシなのですが、
ちょうどその頃
 
 
◎長年のコンタクト生活に「もう無理があるサーチあせる
 
 
…という『からだの話題が共通項』でもある友人に、
“日々の発見のヒトツ目”として話したところ
 
 
◎(その友人が)本当に“千葉まで”眼鏡を作りに行った走る人
 
 
…のですね。
 
あ、ワタクシ自身はラッキーにも目が良く
 
 
◎「目の前のものが、よく見えない霧
⇒ってことが、わからない
 
 
…人間ですがべーっだ!
 
 
※注:目が良いからと言って
→目の酷使が『ないとは言えません』ので、ご注意を!!
 

◎スタジオでヨガ会員さんとお話するにつけ
 
⇒『どうやら世の中の人々、
かなりの方が“目が…見えてない叫び”』
 
 
…という事実に気づいて来ていたんですね。
 
※コンタクトなどされていると、判らないですしねえっ
 
 
それは、
 
 
◎いくつか読んだ“とよふくさんに関するblog本”にも
(お?)と、被る節があった
 
⇒『距離感が、やけに・・・近いあせる
 
 
…という事象から、気づいて来たのでありました。
 
 
はい、
ウチのようなスタジオ家ですと
 
 
◎参加人数が少ないときは
⇒『余裕を持って位置取りができるチョキ
 
 
…ワケですが、その状況でも
 
 
◎(ワタクシにとっては)少し圧迫感を感じる位置取りあせる
=『とても、近く』にマットを敷かれる
 
 
…ことが、度々あったんですね。
で、その方たちが
 
 
◎目が悪い…レベル的には、
⇒『0.1以下で、朝起きたら眼鏡をかけないと生活できない叫び
 
 
…方々が多かったんです。
(全員ではないですが)
 
 
で、そんなことが重なったからかはてなマーク
おそらく
 
 
◎目のこと目に興味を持った
 
 
…ような気がします。
で、
 
 
◎めがねの『とよふくさん』に関するblog本
⇒その眼鏡屋でめがねを作りメガネ、感動した方の文章
 
 
…に出会い、
 
 
※たぶんこちらが最初↓
 
本目で悩んでいる人は必見!伝説のメガネ屋さん「眼鏡のとよふく」
(3Dで見える!&距離感左右矢印)
 
⇒http://onomiyuki.com/?p=1283 ※
 
 
◎ははぁ~なるほど目
 
 
…と思ったんです。
 
 
◎ヨガをするときの、(ワタクシとの)距離感左右矢印
 
 
が、
 
 
◎ワタクシ的には「圧迫感アリあせる(と意識できる状態)」でも、
もしかすると
 
⇒“目の悪い方”は、そういうことを
『意識せずに行っているかも知れない!?
 
 
…と、いうように。
これ、話が逸れるようですが
 
 
◎人間の嗅覚が、
 
⇒最初に「臭いむっ」と感じても、その場に留まっていると
その感覚に“緩慢に”なる(臭さを、感じにくくなる)DASH!
 
 
…という話を彷彿させました。
これには続きがあって
 
 
◎(感覚的には)「臭さに緩慢になって、意識しなくなってもえっ
⇒からだのストレス度は、高くなっている雷
 
 
…というものです。
 
※ストレス度を表す指標サーチ(血中の何かの濃度だったか)は、
高くなっているというもの※
 
 
その話に被って、
 
 
◎目が悪い方はメガネ、常に(自ら)
⇒『人との距離感に、圧迫感を作っている』かも!?
 
 
…なんて、思ったりしていたのです。
 
でもその後、自身は眼鏡を作る必要性がなかったためべーっだ!
“行ってきた友人の話”を度々聞くくらいで、
 
 
◎この年末年始くらいに気づいた
 
⇒目から、相当みんな『キテたのかドクロ
⇒目に効くことをしたら『他のことまで良くなっちゃうじゃんグッド!
 
 
という事実にたどり着くまでは、
 
 
◎本気でみなさんに
 
⇒『視力、どうですか!?』と伺ったり
⇒『目のことを、日常から変えていく必要が…あるかもですショック!
 
 
※再度、注:目が良いからと言って、
 
→ここに書かれていることが『すべてクリア~チョキ
…ではない場合がありますので、ご注意を!!
 
 
とアプローチするには、至りませんでした。
逆に言うと

 
◎『ワタクシの手の及ばないレベル叫び』で
⇒“目の使い方による、からだへの負担”があるわコリャ
 

…と、判って来ちゃったんですね。
それは、例えば
 
 
◎視力が「0.1以下霧」なのを
⇒『10倍以上アップさせた』メガネやコンタクトメガネ
 
 
…を常につけている方は、
 
 
◎頭がパンパン & 首肩もパンパンあせる
& みぞおちから上半身が、詰まっているショック!
 
 
※頭は「こめかみドクロ」の様子 & 肩は「触診」、
みぞおちから上は「ヨガ中の動き」を診て、です※
 
 
…という状況が、
 
 
◎かなりの進行具合であるなぁダウン
(⇒ワタクシの指導だけでは…無理かもあせる)
 
 
と、感じていたのでした。
これ、ワタクシ的に言って
 
 
◎0.1以下を、“10倍以上にして視ている目
⇒『虫眼鏡を目につけて生活している叫び
 
 
…感じだと思うんです。
特に、
 
 
◎コンタクトは『目に貼り付けた、虫眼鏡サーチドクロ
 
 
…ということかな、と。

そういった
 
 
◎虫眼鏡を一日中サーチドクロ
 
 
…の状況…想像したらおわかりですよね。
 
 
◎目が、ものすご~く疲れるショック!

 
 
…のはモチロン、
 
 
◎頭痛雷・首肩の凝りむっ
 
 
は、普通に起こります。
 
 
…でも、
もっと気を付けてもらいたいのが!!
 
 
(本前記事に書いた、)
 
◎目から、自律神経を通じて
⇒『子宮や卵巣ラブラブへ影響が出るダウン
 
 
…ことなんですね。
 
少なくともワタクシの目の前では、起こりつつあります目あせる
 
 
…というか、
すでに”起こっちゃった後の方”もいたわけです!
 
本前記事:【目から頭(:脳)が硬くなる?
→免疫力ダウン&“子宮や卵巣”にダメージ有り?】

 

 
…で、そういった状態の方に
ワタクシはとりあえず、
 
 
◎(固まっている、)
「胸から上の動き右上矢印」をつけましょうね
 
 
とお伝えしていました。
※頭へのエネルギーを、流すようにするためです台風
 
 
具体的には
 
 
◎ブロックなどで“みぞおちから反らす”動き走る人
(⇒ヨガだと「魚のポーズ」)

↑こんな感じですね。
 
(画像出典:阿部塾公式ブログ)
 
◎“腕を上 & 後ろにして胸を反らす”動きを
⇒日常のなかで取り入れる走る人
 

↑単純にこういうこと。
 
(画像出典:左=伸びをする女性 アマナイメージズ
右=斉藤慶太さんの美ボディエクササイズ)
 
 
…などを、おススメしておりました。
で、それらは
 
 
◎一定の効果はありますチョキ
 
※頭へエネルギーが流れて、
→「“頭~目の緊張”がほぐれる温泉」の第一歩として※
 
 
…ですが、やっぱり
 
 
◎四六時中の『目からの負担メガネドクロ』を減らさない限り、
⇒なかなか・・・ケアの効果が追いつきませ~~んあせるあせる
 
 
と、思っちゃったという。。。
 
…はい。
ですが、そうは言っても
 
 
◎『見えないと、困るんですが!?
 
 
…と、思われますよね。
コレ、まず基本的に
 
 
◎見える見えないに関わらず、
⇒『目を介しての負担は、“目の使い方による”べーっだ!
 
 
というのがありまして、
これが再三
 
 
◎目が良くても、
⇒『目の悪い方に当てはまることが、クリアーってワケではないドクロ
 
 
と、上で注意書きしていたことでもありメモ

 
◎案外、みんな『視力を、上げすぎている!?

※視力のレベル(数値)を、
高く設定しすぎDASH!ということ※
 
 
…ということもあったり、
 
 
※参考はこちらのblog↓
 
本チロー視力になる眼鏡を作りました。
(イチローの視力は、0.4でも目の使い方が良い)
 
⇒http://ameblo.jp/takako-p/entry-11425211584.html ※
 

 
◎今は視力があるけれど“メガネ予備軍”な状態
 
 
…という、特にこども達に当てはまる例のヒヨコ
 
 
◎“かなり酷使はしていてドクロ”、
⇒その負担がカラダに出ているダウン
 
 
…ということが、確実にあるんですね。
 
(=頭がパンパンで、いわゆる“頭が回っていなかったりむっ”、
自律神経を通じて“胃腸にストレスがかかっていたり雷”)
 
※こちらも本前記事の、後半にあります※

 
 
つまり、
 
 
◎常に『1.0~1.5の視力に“無理やり”アップさせるグー
 
⇒“10倍アップ”の眼鏡やコンタクトのことメガネサーチ
 
 
…だとか
 
 
◎目に負担をかけ続ける、
もしくは『視野を狭くして見続けるサーチ目
 
⇒こどもたちの“スマホ・ゲーム・テレビテレビなどを、
じ~~っと見過ぎ”な状況や、
 
⇒大人の“パソコン仕事パソコンで目に負担をかけ続ける”こと
 
 
…などの、
 
 
◎目の使い方の偏り、使い過ぎドクロ
 
 
が、問題なワケです。
ここでやはり、
 
 
◎目がいい人は
⇒『子宮や卵巣ラブラブへのダメージの部分で、助かっているチョキ
 
 
というのも、確かに診てとれます。
ただこれ、


◎時間差の問題


でして…あせる つまり、
 
 
◎“酷使している状態ドクロ”を
⇒何年選手、やっているか!?(:どれくらいの期間、その状態か)
 
 
…ということで、
 
 
◎いつ、ダメージが現れるか!?


と影響します。
 
 
◎3年、5年、10年~20年!?
 
 
…といった感じで、

 
 
◎目の良い方でも、負担をかければ『そのうち追い付く』時計
 
 
ワケで、現実
 
 
◎目が悪い方と“同じくらい”
⇒『頭・肩首・胸から上が“パンパン”むっ
 
 
…な方もいらっしゃるのです。
 
※ただし、これら“全部、目が原因…ではない”です。
別の場合も、ありますあせる
 
 
ですので、
 
 
◎30代、40代にもなれば
 
⇒すでに「子宮・卵巣に異常雷」が起こっていたり、
⇒気づかないけど「免疫力ダウンダウン」&「精神的にも上がりにくいショック!
 
 
と、なる可能性が大きいのですね。
同時にその頃、
 
 
◎目やコンタクトに『違和感が出てきたかもサーチショック!
 
 
…と感じる方も、たくさんいるようなのです。
そこで!!
 
 
◎正しく目の状態を調べて
⇒『目を上手に使う眼鏡メガネ』を作る
 
 
…ことが、重要では!?
と思うに至ったと…(長いべーっだ!)。
 
 
はい!で、
 

◎千葉に行かなくとも
⇒“お近く”の『認定眼鏡士さんメガネ』のいる眼鏡やさん
 
 
…で作れるかも!?という情報ですチョキ


※「両眼視検査目」という調べ方をします。
参考blog↓(全て、読みやすい長さですグッド!)※
 
 
本眼鏡のとよふくに行ってきました♪
(眼鏡やコンタクトに困っている方)

⇒http://ameblo.jp/chk-0315/entry-11014707213.html
 
 
本感動の眼鏡
(本当の見え方)

⇒http://blog.goo.ne.jp/aroma-aider/e/22656b436a6661efad4b8f353c32ba91


本レーシックとメガネと「眼鏡のとよふく」
⇒http://prk2013.blogspot.jp/2013/07/blog-post_30.html


本今までと世界が違う!
(認定眼鏡士さん)

⇒http://meganez.com/jaos


本認定眼鏡士のいる眼鏡屋さん検索
⇒http://www.megane-jaos.com/nakama/glasseslist.asp


※こちら@岡崎市ですと、
 
家吉川屋さん(http://www.yoshikawa-ya.com/)、
家スギウラメガネさん(http://www.more8.com/sugiura-megane/)

は、実際に行った方の評判もよいです※
 
 
…ワタクシの場合、


◎老眼はいってきたぞ~!?


…となったら、
いよいよ初眼鏡が必要なのかも?ですねべーっだ!
 
 
本 前記事に書いてある、ケア方法と共にどうぞ!!
 
 ◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆ ◇◆◇

料金やスケジュールは→スタジオWebサイト
 
体質改善ヨガとセルフケア&キッズ体操のスタジオメイ at岡崎市

 
 
 
 
 
 
 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

 ※この記事(◇◆◇◆◇◆以降)は、


「2015年5月」に、ワタクシの私的ブログに書いてあったものを

この度 再編集&投稿したものですメモ

 

 

さてさて、最近

 

 

◎脾臓って、何でしたっけ!?

 

 

…とあらためて聞かれることがあったり、

 

 

◎これから別にあげたい記事の「基礎情報本」として、

⇒(ああ~、こっちにこの情報あったわ)

 

 

…と思いましたので、

再編集&投稿しておきます。

 

 

まずごく最近の『脾臓に関する記事本』はこちらですよ~!?

2016.10月版♪

【この夏の“脾臓バテ”で免疫力ダウン→感染症に弱くなる?】

 

 

…再投稿記事は、2つあります。

その①、その②としますチョキ


◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

 

本脾臓に関する基礎情報:その①

⇒【脾臓という不思議な臓器~梅雨から夏の時期へ…ポイントは湿度と脾臓~】

 

(2015年5月の記事  ※一部割愛)

 

 

■脾臓という不思議な臓器~ほとんどみんな、疲れている~


さて、度々ワタクシの口から(もしくはメールから)出てくる

“脾臓(ひぞう)”という臓器リンゴ

…とてもマイナーな存在ですよね!?


知らなかったという方も多いのではないでしょうか。


が、しかしこの臓器『実際に肋骨の中にあり』ますし(※左側です)
『実際ほとんど全員が疲れている』んですしょぼん



ではなぜそんなにマイナーなのか!?
…それは

 

 

◎『切り取って切除しても生きていける』臓器だから

 

 

…です美容院
それは

 

 

◎「臓器の一個一個を個別に診る西洋医学本」の影響

 

 

だと思います。
逆に東洋医学本では

 

 

◎他の臓器とすべて関係しており、
⇒(臓器同士の関係性の)中心にある王冠2


という重要なものと見られています。
そして何より実際

 

 

◎背中から脾臓の位置を触ると

⇒『固く盛り上がっている』方が多くむっ

 


※臓器は“固い=状態が良くない”というのが前提です※


よくヨガクラスの中で確かめさせて頂き、

セルフマッサージのアドバイスをさせてもらっています。

※それが「肝臓や腎臓」に顕著に現れている人もいますむっ


…この

 

 

◎すべてと関係しているけど

⇒『個別の役割としては絶対的なものがない』えっ

 

 

というところがミソで、


◎軽視されがちあせる & 疲れを溜め込みやすいしょぼん


…臓器なんですね。
でも、どのような働きがあるかと言うと


※これが「ハッキリわかっていること=西洋医学で科学的に本」、

と「考えられていること=東洋医学で経験的に目」と、2種類あります※


◎《西洋医学》

⇒免疫系:リンパと関係するグー& 血液系:古い血を壊すラブラブ


◎《東洋医学》

⇒「胃」の裏方役で、消化に関わるおにぎり & 全身の水分代謝と関わる台風


…で、

実際にこれらのことをすべて

 

 

◎“ワタクシの実感として全部ある”と捉えていますニコニコ


そして特に、


◎胃とセットで消化に関わるおにぎり


ことが、

どんな方でも毎日行われているので


◎『歳を経るごとに疲れる』原因ダウン

 

 

…だとも思っています。

※これは、こどもでも疲れを感じます。

…それが、歳を経るごとに溜まるわけですねガーン


■脾臓は『考える・思う』ことをし過ぎると疲れる


…最後はオマケ的にDASH!


はい、東洋医学では

 

 

◎“感情と、臓器の疲れ”の関係左右矢印

 

 

…を言っています。
そのとき、脾臓はサブタイトルに書いたこと…


◎『ある意味誰でもやること』ニコニコ

(=考える・思うこと)

 

 

…とつながっているんです。
臓器の役割と同じく、当たり前のことが影響しているグー


※他の例としては、

肝臓は「怒り=ストレス」とつながっています雷


…ですので、自覚がなくとも


◎“結構”思い悩んだりショック! & “結構”色々考えたり台風


もしくは

 

 

◎その、思ったことを“中々外に出さない”しょぼん性質の方が、
⇒疲れやすいんですよ~

※こどもも、当てはまります※


…日本人には多いことなのかも?
ま、暴飲暴食は論外ですけどねグー


そんなわけで

 

 

◎『脾臓という“秘め”られた臓器キラキラ』にも、どうぞご注目を

 

 

…の回?でした。

 

***********************

 

本脾臓に関する基礎情報:その②

⇒【肝臓(右側)と、脾臓(左側)との関係…「右に始まり左に溜まる?」】

 

(2015年5月の記事)

 

 

今回はある意味ずっと“放置”してきた


◎自律神経とストレスと肝臓

⇒そしてそこから脾臓への影響雷


について“ちょいまとめ”にしてみましたメモ
 

 

…ワタクシ自身、知らず知らずこの関係性の中で
“脾臓”をずいぶん疲れさせて来たのでショック!


机上の空論ではなく、実感の伴った理論です。


■5月病とは


さて、5月クローバー・・・と言えば、5月病ということばも有名ですね。
これは“日本特有”の現象のようです。


その理由は「日本は4月が年度始まり桜」だからだと思います。
(春に色々な物事がスタートするということです)


実は東洋医学において『春は、ストレスのかかる季節雷』とされています。
春は、冬の休眠時期から“動き始めるタイミング”だからです。


…例えるなら

 

 

◎“車のエンジンをかけるときのグオン!!というエネルギー車”の状態。

もしくは

 

 

◎“木や種から芽が出る”ときに、

⇒ある程度「殻をつきやぶる力」が必要なことも似ていますグー



また、前回書いた

 

 

◎「副腎が朝晴れ、働く」原理


=『朝起きて活動すること自体が“ある種のストレス”なので、
ストレス対応ホルモンの副腎が大事』

 

 

…ということも、似ています。

 

そんなわけで、そんな負担のかかった年度始まりの疲れが、
5月に出る…のがいわゆる5月病ですねガーン


そのとき、からだはどうなっているのか。



◎春は“肝臓”の季節リンゴ


…これも東洋医学で言われている有名なことなのですが、
まず

 

 

◎“ストレスがかかった状態”というのは
⇒基本『緊張している雷』ということ

 

 

です。
もう少し正確に言うと

 

 

◎自律神経が緊張している

 

…つまり自分の意思でやっているのではなく、無意識えっです。
で、その

 

 

◎自律神経が無意識に動かしているものの代表が『内臓リンゴ

 

 

です。
で、その内臓の中で

 

 

◎もっとも“でっかい”のが『肝臓』

 

 

…なのですね。
なので、

 

 

◎ストレスがかかると「肝臓が最初に反応する雷

 

 

のです。
そしてそれは『からだの右側』にあります。


■ストレスは、消化系(胃と脾臓)を痛める


…そしてさらに東洋医学では

 

 

◎肝臓の力が大きくなり過ぎると

⇒脾臓を痛めつけるグー

 

 

…という“内臓同士の関係性左右矢印”も言っています。

※「五臓六腑」と言いますが、

 

→他にもさまざまな現象を5つに分け、

それらの関係性を説明しています目


まあ、

そんな原則を知らなくとも

 

 

◎ストレスが胃を悪くする雷

 

 

…ことは、経験的におわかりですよね。
そのとき実は

 

 

◎胃と脾臓は“表と裏の関係”で

⇒実は『脾臓が影の主役』王冠2

 

 

なのです。
そして、

 

 

◎脾臓は『からだの左側』にありますえっ

(ちょうど肝臓と対)

 


…なので、

大人の脾臓は『全員、ある程度疲れを溜めて』いますニコニコ
 

生きてきたストレスの結果と言いますか…


■お腹の右左、足裏の右左も同じことが現れている


そういった”エネルギーの偏り”や、

”緊張&疲れの溜まり”を調整するために、

お腹ほぐしや足裏ツボをお伝えしていますあし


 

もちろん、背中側の『肝臓・脾臓による固さを直接ほぐす』こともグッド!


ヨガクラスでは、全身のエネルギーを流しつつ、
そういった“セルフケア”のための感覚を感じていただけるように動いています。


この話題は、なかなか短く説明するのが難しいショック!

GWはその調整期間でもあります…ご自愛くださいませ温泉

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

 

以上、リサイクルまとめ記事本でした。

 

 


料金やスケジュールは→スタジオWebサイト

体質改善ヨガとセルフケア&キッズ体操のスタジオメイ at岡崎市

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

さて2017年になりまして大分経ちますが…
今年もよろしくお願い致しますキラキラ
 
 
昨年は、プライベートも含めて
 
 
◎今までやってきたことに、「何らかの道筋が見えてきた」目
 
 
…感覚でした。
ちょっと抽象的な表現ですが、
 
 
◎今まで探求してきたことが、『まとまり』を持って
⇒さらに確信になるニコニコ
 
 
とか、
 
 
◎今まで苦労してきたことや、判らなかったことに
⇒自分の中で納得が行って『次の、別の見渡し方目』ができる
 
 
…ま、そーですね
 
 
◎光明が見えたキラキラ…かも(笑)
 
 
というトコロです。
 
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
 
さて前回
 
 
◎頭が硬くなると、“免疫力ダウン!?
 
 
…というテーマになりました。
これ、元々は
 
 
◎今年の夏が暑すぎた晴れ→脾臓を疲れさせた
(基本的にどの方も)
 
⇒『脾臓が持つ免疫力』がダウンして、
ある種の“身近な細菌”に弱くなったショック!
 
 
…という現象がみられ、
 
 
◎実際『細菌性の風邪 or 肺炎』に、重めに罹る方が多かったカゼ
 
(※ワタクシ含む)
 
 
…ということがあったのですが、その中
 
 
◎ワタクシ(:脾臓疲れタイプ)は、
⇒インフルエンザ含む“ウイルス風邪”には罹らないなあ!?
 
 
…という、ある意味“相反するような現象”に気づき
色々と調べてみた結果、
 
 
◎ウイルスには『ナチュラルキラー細胞(:自然免疫)』が重要グーで、
⇒なんと“頭の中の状態”に、その『活性が左右される』アップ
 
 
(※ソレのみが要因ではありませんが、確実な影響あり目)
 
という、
 
 
◎目からウロコな『免疫力アップの裏ワザチョキ』発見?
 
 
…にたどり着いたワケでした。
でも、考えてみれば
 
 
◎『病は気からニコニコ』の一種
 


 という
 
 
◎人間の免疫力の不思議アップ
 
 
でもありますね。
で、そのとき並行して

 
(ワタクシが昨年の春から診てきました、)
 

◎『仙骨(お尻)から“頭”へ』エネルギーがつながる左右矢印
 
 
…という“あらためて”な発見が、
持ち上がっておりました。
 
 
あらためて、と言いますのは
「ヨガ」ではもともと
 

◎「お尻 (この場合、骨盤底)」からエネルギーが立ち上がりアップ
⇒最終的に頭へつながって『頭を輝かせるキラキラ
 

という“身体を考える際のイメージ”があるのですが、
その抽象的なイメージを
 

◎実際の“目の前にある身体あし”で、「そうだ」と確信した
 

感じでした。
つまり、
 

◎お尻 (仙骨)が柔らかくても、

(※当初“ソコが柔らかければ総じて良しグッド!”と
判断していました)
 
⇒最終的に“頭”が柔らかくならなければ、
『つながった(=良好な状態)とは言えない得意げ
 
 
…と感じ始めたのです。
で、最近はむしろ
 

◎“先に頭”を診て、その状態から
⇒『身体のどこで詰まって(=頭に流れずに)いるか!?
 

…と、
 

◎からだを診る“順番”を
⇒『頭→身体やお尻(仙骨)』の順で探っていく目
 

…と、変えて来ていたのです。
これはある意味、
 
 
◎頭(の状態)は、わりと『変えて行きやすい』チョキ
 (※身体のあちこちの不具合よりも)
 

…と感じていたため、
 
 
◎歳を重ね、身体にそれなりの「疲労や不具合ショック!」が重なっても
 
(※それが“内臓”や、最終的に“仙骨”を硬くする)

⇒『ある程度のポイントに気を付ければ』
“頭”は保てる or 良くすることができるアップ
 
 
…と考えるようになったのです。
例えば逆の例で、
 

◎頭が張っていたり、硬かったりする子供ヒヨコ

⇒体操クラスでのワタシの声かけを
“重く or 過敏に”受け止める叫び


…傾向があったり、そもそも


◎指示(:次に何をやる、など)に対して⇒反応が鈍いショック!


ことがあるのですね…
すいません、本当のことなので(謝)


でも、これが最近
「頭を柔らかくするためのアドバイスグッド!」を始めたら


(※特に『目の疲れ目』に関してアプローチし始めたら←後述)
 
 
◎クラスが進みやす~い!


…んです!ホントーですラブラブ
つまり、こう思います


◎頭に余裕ができると

⇒無理をしなくても、人に言われたことが“普通に”頭に入るチョキ

⇒自然に自信をもって(=迷わず)行動に移せる走る人


…ということなのかな~、と思うのです。
で、これが先述したこと…


◎歳を重ねても、


の話に、ワタシの中ではつながるのですね。
例えば


◎歳を重ねることで、(身体は衰えても)
⇒『精神性を伸ばすこと』は、できるニコニコ


という考え方がありますよね、

そういう道にもつながるように思える、
今日この頃なのです♪

 
はい、それにそもそも


◎頭の中がうまく働いていると“実際”に
⇒『免疫力がアップしているアップ


…と検証されているワケですから、


◎即効性があって&超有益なことにひひ


な、ワケです。
はい、そこで
 
 
◎そもそも『頭が柔らかい』と
⇒どんな仕組みで“頭の中の良物質”が出るのか!?
 
 
…に戻ってみます。
これは、
 
 
◎“笑う”と免疫力アップグッド!
 
 
…の話から判ります。
これ、実は


◎作り笑いでもOKグッド!


なのです。
つまり


◎笑ったときの顔の“形”にひひ


…が、関係するのです。

そこから考えられるのは


◎(作り)笑うと
 
⇒『頭の真ん中の“骨”が動く』ドクロ

(※ガク関節だけでなく、それに接する骨を含む)

⇒その周辺(:ごく近く)で
『ドーパミンや、エンドルフィン、セロトニン』が分泌されるアップ


…ということになるのです!
 
 
(本前回コラムにあります)
 

つまり
 

◎笑ったときにひひの「頭の骨の動き」で
⇒“脳の真ん中部分”が刺激される!


(※研究結果として出されているワケではないですが、
実際そのように『骨と脳』が接している左右矢印
 
 
はい、ですので
 
 
◎頭が硬い=「頭の中のすき間がない」
⇒『脳の中』が硬く詰まっているむっ
 
 
そうすると、
 
 
◎(may的理論の)
 
「内臓が硬くなると、うまく動かない」と同じ
⇒『頭の中が、うまく働かないむっ
 
 
となるワケです。

これ…もっと簡単にイメージできます↓
 
 
◎パソコンの中身がいっぱいだと
⇒『動作が重いあせる
 

◎いっぺんに色んな動作をしすぎると
⇒『フリーズする~~あせる
 
 
…です。

頭ってまさにコンピューターだな~と思います。

(しかも“買い換えずに”中身を更新していける優れものチョキ)


で、ですね
上でこどもの例を出しましたが


◎大人で頭が硬くなっている場合

⇒精神的余裕がなく「何となく焦り・不安」があるあせる

&頭で考え過ぎて「行動力に歯止め」がかかるあせる


…と出やすいかと思います。

あ、こどもも同じですけどねDASH!
なのでやはり、


◎様々な事柄に対し
⇒即座の“自信を持った理解”に至りにくいあせる


も同じです。

(もちろん“熟考が要るケース”とは別の話
:大人は経験値がありますからね走る人)


はい、
ここまではある意味


◎精神的な影響台風


ですが、
それだけではなく


◎婦人科系(子宮や卵巣)が“やられやすい”グー


という傾向も、実はあるのです

…急に飛んだ感じがするかもですが、
コレは


◎頭が硬い=『頭がストレス状態にある雷
=自律神経が緊張しやすい
 
⇒(その“集合地点”である)『仙骨神経』支配からの、
子宮や卵巣が緊張する(:硬くなる)ショック!


という、つながりなのです。

…字面で書くとわかりにくいのですが、
実際の身体で
 
 
◎『頭の根っこニコニコ』のツボ(:風池)


 
&『仙骨の根っこ』の神経(:仙骨の斜め下[?]:ピンク部)

 
が、
⇒呼応するように痛い


…のです、実際。

そしてコレ案外、


◎『仙骨が柔らかいのに』、頭が硬いタイプの方かお


…つまり
(may的診かたによると)


◎他の臓器に、わりと不調がない方かお


…に多く見られ、
実際


◎卵巣 or 子宮を過去取ってしまった、または「要注意NG


なんていう方が、
そのタイプの中に何人もいらっしゃったのです…あせる


(ワタクシの気付きより以前に
「そうなっていた」ということですしょぼん)


で、そこまでの状態に至らずとも


◎多くの女性に『仙骨神経の緊張雷


は見られ、
例えばそれは


◎(子宮や卵巣の)足裏反射区である
⇒“かかとの左右”が痛いショック!


 
…と出ており、
該当の方には「セルフケア」をお伝えしております。


で…ここで本題!
この
 
 
◎『頭の硬さ』を生み出す原因
 
 
…に
(上でチラッと“こどもへのアドバイス”で触れた)


◎目の疲れ(:目の神経の緊張)目


が、物凄く関係していることが、
判ってきたのです!
 
 
かつ、既に


◎“目”へのアプローチから
⇒今までなかなか治らなかった「他の不調も、変化」してきたアップ

(※のちに触れます)


…なんてことが、
ホントーに“この数週間で”出てきているのです。
 
 
で、この


◎『目の疲れ』から来る、頭の硬さむっ
⇒子供たちに非常に多くみられるあせる


と判ってきまして、


◎子供の頭の硬さ原因の
⇒『8割くらいは“目の疲れ”』かも知れない!?


とまで思います。

※ワタクシの今のところの印象です。
大人の場合、もう少し別の要因も入ってきます※


で、その“治らなかった他の症状”というのは


◎こどもでよくある『胃の硬さむっ
(:消化の前線にいる臓器)、

⇒目にアプローチしたら、急に緩んだ!!


というのが、
最近の驚きのひとつでした。
 
 
調べてみると


◎目へのアプローチに使うツボグッド!

⇒「経絡(けいらく)=ツボの道」を通じて
“胃、その他ほとんどの臓器へも効く”理由があったひらめき電球


…のでした。

(※その人の“不具合の出ている他の臓器”にも効く)


ですので


◎目の緊張雷(疲れ)が

⇒解剖学(:神経)的にも東洋医学(:ツボ)的にも、
他の臓器まで悪影響ありダウン


なのですね。


はい!
ではそのアプローチポイントをご紹介!!


…実はココ、前回のコラムで“省いたツボ”だったんです。
なぜなら


◎ワタクシ自身が“目がいい目”ので
⇒他の方にとって、そのツボが「物凄く効く」とは思わなかった


のです、単純に。


(一応ここにも、ワタクシが
「頭が“硬くなりにくい”」理由があるのかもですわんわん)  


はい、それはヨガクラスの中でもお伝えしている


◎眉がしらのツボ(:攅竹=さんちく)


です。



で、もう1つワタクシが


◎“ココ”が痛いと
⇒絶対「眉がしらの所(:攅竹)も痛いはず」雷


と判断するのが、
上に書いた


◎風池(:ふうち)…の『右側の方』


 
です。
これは、仰向けで


◎両手の指同士パーを絡め「頭の枕」にし、
⇒立てた親指が当たる位置グッド!


です。
そうです、これ


◎仙骨神経(=子宮や卵巣に影響を与える)と
⇒“呼応する”頭のツボグッド!



でもあります。

(※しかも「右」なのは理由があります)


なので


◎頭の根っこ(※右)の『風池』& 眉がしらの『攅竹』


…のセットで、目の疲れをチェックして&ほぐす温泉
そして、


◎仙骨の根っこ(※やはり右)の『仙骨神経』も
⇒特に大人は要注意!!


(子供も、同じように痛いですが)


しかもそれが


◎胃(←大人は十二指腸も)の硬さも取るチューリップ赤


…としたら、
いっぺんに凄い効果ですよね♪


実はこの『仙骨神経の位置』は、
 
 
◎「ほぼ全員にケアをおすすめする」箇所グッド!


…なのです。
他にも実は


◎肝臓リンゴ


とつながっており、

(※肝臓は、身体の“右”にあります
…先に書いた「理由」でもあります※)


非常に「根本的に重要」なポイントなのですひらめき電球


…他にもお伝えしたい“有益な情報”がありますが
(眼鏡やコンタクトのお話メガネ)


また次回DASH!

前回コラムのケアポイントも、ご一緒に~※
 
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
 

料金やスケジュールは→スタジオWebサイト

 

体質改善ヨガとセルフケア&キッズ体操のスタジオメイ at岡崎市

 
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

右矢印http://studio-may.jp/scedule/index.html

 

まず、上のリンクは

スタジオメイWebサイト目の『スケジュールページ』です♪

 

 

◎(水)18時~/(木)19:30~/(土)16:45~

→に、「リラックスヨガ」が増えます

 

 

※基本的に当スタジオは

【からだの調子を整えるヨガ】を行っておりますので、

 

“リラックスヨガ”と称しております。

 

 

→“やさしいヨガ(火10:30~)”もございますが、

内容はほとんど変わりませんニコニコ

 

------------------------------

 

さてスタジオも10年目なのですが、

 

 

◎10年前と比べて、『平日のヨガが、と~っても空いちゃってきたあせる

 

 

…という変化がありまして…

(↑いやいやそれ言っちゃう?ってとこですが笑)

 

 

恐らくですが、

 

 

◎お母さんたちが、働きだした走る人

 

 

のだろうな~、ということと

 

 

◎ちょうど10年前くらいから『公共の施設でヨガクラスあし

 

 

…が、いっぱい出来ておりまして

(“ウチの半分以下?”のお値段でショック!)

 

 

そちらを第一選択にされる方も多いのだろうと思います。

 

で・す・が!!

 

 

◎当スタジオのヨガは、その10年の間に進化しておりますアップ

 

 

…はい、これは確実に言えます。

まず違うところは

 

 

◎お一人ずつのカラダの状態を診て、

セルフケアアドバイスをさせて頂くグッド!

 

 

これは、この10年の間に培った大きな変化です。

それは、

 

 

『ここを始める前からの、お付き合いの方チョキ

 

『ここを始めてすぐから、ずっとのお付き合いの方ニコニコ

 

『ここ数年、お付き合いさせて頂いている方DASH!

 

『つい最近から、お付き合いさせて頂いている方NEW

 

 

…は、もちろんですが

 

 

『これまでにお世話になった方で、今はお会いできていない方パー

 

 

も含めて

 

 

◎さまざまな方のカラダと、お付き合いさせて頂いた結果

 

 

…で、ございます。

ありがとうございますキラキラ

 

 

さてココからは、会員さんに向けて書いた

「メールでのご挨拶」を一部転載致します。

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

 

さて、今年も大変お世話になりましたかお

 

 

ワタクシは“4月始まりの1年”感覚が強い人間なのですが、
あえて言うと“今年(2016年)”は特に、

 

 

◎『自分でも目からウロコな目』&

『これまでも言っていたことが、全てつながったような』リサイクル

 


再発見の年でした。

 

 

これもスタジオ10年目の成果かと。

当スタジオでは、

 

 

◎お子さん達ヒヨコのからだの様子も診させて頂く

 

 

…ことが、より“からだの理解”につながっております、

ありがとうございます。

 

 

注:これは、スタジオの『キッズ体操』のこども達のことです。

 

 

また“からだ診目”という方法も実践し始めておりますので
公式に料金なども公開していきたいと思います。

 

 

右矢印『基本的に「1人15分:500円」で全体に診させていただき、
セルフケアアドバイスをしております』

 

 

注:とりあえずの情報ですが、

基本的にこの感じで徐々にお受けしております。

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

 

日頃、お付き合いさせて頂いている方々のカラダは、

“徐々に変わってきている”ことがわかりますアップ

 

 

また、あらたな方々ともお会いできますようパー

 

 

2017年もよろしくお願い致します。

スタジオメイやないみどり

 

 

料金やスケジュールは→スタジオWebサイト

 

体質改善ヨガとセルフケア&キッズ体操のスタジオメイ at岡崎市

 

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

【インフルエンザ予防接種、結局どうなの

~風邪体質は“がん”体質? & 頭が硬いと免疫力ダウン?~】

 

ちょっとばかしタイトルが衝撃的!?…ですが、

 


◎原理的には、そう


◎だとしたら、どうすれば?目

 


というトコロで“スタジオメイ的な”診かたを含め、

 

 

◎ある意味「目からウロコ」

 

 

…な観点を書いてみたいと思いますメモ

 

------------------------

 

その前に…DASH!前回

 

 

◎2016.11月版♪

【インフルエンザ予防接種、結局どうなの~ウイルスとか細菌とか薬とか~】

 

⇒の「脾臓と、細菌性の風邪」…に補足です。

 


はい“細菌による風邪症状カゼ

 

 

◎長引く咽頭炎(&扁桃腺炎)・青っぱな(≒副鼻腔炎)

 


を書きましたが、

もうひとつ

 

 

◎長引く“痰のからむ咳”カゼ

 


…がありました。

これは

 


◎青っぱな(≒副鼻腔炎)の親戚えっ

 


で…つまり

 


◎原因菌は、共通して(:溶連菌のように“鼻・のどの常在菌”である)
⇒インフルエンザ菌や肺炎球菌カエル

 

 

に、なります。

 


◎じゃあそれって「肺炎」ってこと!?

 


…これは、

 


◎手前の「気管支炎」カゼの状態で、それが

 

⇒自分の免疫力(≒体力グー)が弱ると、
肺まで進み「肺炎」になる

 

 

…という具合です。

 

 

※“のど・鼻・気管~肺”の、どこで細菌が元気になるかは、

 

⇒「体質=その人の負担のかかるところ or 弱いところ」
や「環境・条件」で変わるDASH!

 


で、実は

 


◎これらの症状と「脾臓疲れ」の、明らかな因果関係叫び

 


…の説明を、前回は書ききれずあせる

それは、

 

 

◎溶連菌&インフルエンザ菌&肺炎球菌は

「特別な膜を持つ」構造をしておりオバケ

 

⇒『脾臓で出来る“特別な抗体”チョキ』によって

菌を捕まえやすくしている

 


…のです。

ですので

 


◎“人と常に共存している、鼻・のどの菌”に、
⇒自分の方が弱る(特に脾臓)と、やられてしまうパターンあせる

 


が、必ずあるワケです。

 

で、今年は特に

 


◎脾臓が弱る原因のひとつ、

⇒『(日本の)夏の暑さ晴れが酷かった』

 

 

…ので、その影響はあるでしょう。

という話が

 

右矢印2016.10月版♪

【この夏の“脾臓バテ”で免疫力ダウン→感染症に弱くなる?】

 

…でした。

 

※実際、最近もそのパターンの方がいました目

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇


さて、今回の本題!

 

前回(11月版♪)の中で

 


◎インフルエンザを含めた『ウイルス性の風邪に、薬はない』DASH!

 

◎タミフルは、飲むと(インフルエンザに)『かかり損』あせる


※「優れた抗体が十分に出来ない」ので、

→結局、繰り返しかかる説※

 

 

…を書きましたが、タイトル中の

 


◎インフルエンザの“予防接種(ワクチン)”病院

 


…に関して、実は触れていませんでした。

 

 

と言いますのは、

もっと以前の記事の

 

 

右矢印2016.2月版♪

【ふたたび確認…

風邪もインフルエンザも“自分の免疫で治る”ということ】

 

 

にあげた、あるTV番組内の話でテレビ

 


◎現在のインフルエンザワクチンは“予防”って意味では
⇒「予防しない予防接種」ショック!

 


だと

 


◎国立感染研究所の方が、公式に言っている

 

 

…ことですので、逆に

 

 

◎取り立てて書くことでもないほど、
⇒インフルエンザワクチンに「予防効果はない」ショック!

 


…のです。

 

 

※世界的に“仕組みそのもの”から効果のあるワクチンを開発中※

 

 

※ですので“重症化を防ぐ”と謳われるワケですが…

その効果は『仕組み的に“少しはある”かも!?』程度で、

 

→実際かかった(発症)ときは、結局

「自分の免疫がガッチリ立ち上がってこないと」歯がたたないパンチ!

 


…ですし、実際本当に

 

『ワクチンで重症化が防がれたか否か!?』は、

調べがつきにくいことなのです※

 

 

なのでワタクシの場合、

 

 

◎ワクチンに含まれる“その他、様々な添加物”を、

 

⇒今さらカラダに入れたくないむっ

& 本来の「自己免疫力を高める」ほうが大事アップ

 


…となるワケです。

はい、ここで少し確認!…そもそも、

 


◎予防接種というもの病院

 


…は、

 


◎一度ウイルス(や細菌)にかかると
⇒それを治す際に出来る「抗体」が“次の感染時に素早く対応”するDASH!

 


…という仕組みを“人為的に”起こすものです。

ですが、

 


◎そもそも、インフル(風邪)にしろ細菌にしろ、
⇒生き物が元々持ってる「自然免疫パンチ!」が強けりゃ、かからない

 

(発症しない)

 


…という大前提も、あるのです。

 


※but「はしか」や「おたふく」の感染力は強くカゼ

(抗体を持っていないと80~100%かかるもの)、


→“一度かかる” or “予防接種”で抗体をつける

(かかれば“一生”、ワクチン抗体は“10年ほど”の効果)

 

 

…という、いわゆる『昔のこどもヒヨコが“一度はかかった”』

ような、強い病原体も存在する※

 

 

はい、出てきました

 

 

◎自然免疫って…あらためて何えっ

 

 

はい、「めんえき」と一口に言っても

 

 

◎実は大きく分けて2種

 

 

ありまして、

 

 

①一度病気にかかったときに出来る抗体=『獲得免疫』グー

 

②生まれながらに持っていて、病原体を排除する力=『自然免疫』ヒヨコ

 

 

があり、後者のなかに

 

 

◎『インフルエンザ(風邪)や、はたまた“ガン(癌)”』と常に戦っている

⇒ナチュラルキラー細胞(NK細胞)チョキ

 

 

…が、あるんです。

はいこれ、基本的に

 


◎“細胞を侵す”病気(ウイルスや、ガン)に

⇒『素早い効果』

 

 

…があります。

 

 

前回(11月版♪)にあるように、ウイルスは

 

“他の生物の細胞に入り込み、それを増殖させるオバケ”ため、

→『感染された細胞そのもの』を駆逐する必要がある※

 

 

で、ですね自然免疫というのは

 

 

◎病原体が入ってきたときに“いち早く働く”免疫部隊あし

 

 

でして、

 

 

◎自然免疫が強いかどうかで

⇒その病原体に負ける=「発症する」かどうかの分かれ目DASH!

 

 

…とも言えます。

 

 

※同じ環境&条件のなかに何人か人がいても

→「全員が“かかる”ワケではない」チョキ

 

 

また、仕組み的に言って

 


◎『おかしくなった自分の細胞オバケ』という点では

 

⇒(インフル等)ウイルスに侵された細胞≒「がん化した細胞」なので、
ナチュラルキラー細胞の活性が良いと“両方”やっつけられる!!

 


…というワケなのです。

 


※がん細胞は“毎日生まれている”ので『毎日NK細胞がやっつけて』いてチョキ
→そのためいわゆる“がん化”はしないで済んでいる※

 


で、ですね。
このNK細胞…巷で言われる

 

 

◎『笑う』と免疫力アップアップ

 

◎『ヨーグルト』で免疫力アップアップ

 

 

…というのが、両方とも

 


◎NK細胞の活性化チョキ

 


のお話なんです。

…ここでmay的に大事なポイントがやってきました!

 


今、スタジオの体操のこども達&ヨガの大人様の

 


◎春から取り組んできた『仙骨から、からだの状態を診ること目』が
⇒最後に“頭の状態を診る”のに行き着いた

 


…のですが、
そこ(頭を診る)での発見が、

 


◎「NK細胞の活性化の話」に、つながってませんか!?

 


と、いう…(やっと本題?笑)。
はい、そもそもこの話

 


◎“脾臓タイプ”のワタクシ自身が

『細菌に弱いダウン(※ある種の)』けれど、

 

⇒ウイルス系(インフル含む)には強い気がするアップ
=免疫系は別かも知れない?

 


…という発見から始まっていますが、
それが

 

 

◎頭の状態が、良いこと晴れ

(※いわゆる“頭のいい悪い”とは微妙に違います♪)

 

⇒で、NK細胞が活性化してるのではないか!?

 


…と、つながって来たのです。

 

 

ここからたくさ~んの事が書けますが、

 

今回はとりあえず『頭を柔らかくするためのケア』に
たどり着くようにしますDASH!

 

 

はい、まずNK細胞について…これは

 


◎年齢に関わらず「数はほぼ同じえっ」だけど『活性度合いが違う目

 

⇒高校生くらいがピーク!で
“生まれてから徐々に活性化”&ピークを境に徐々に落ちていくDASH!

 


…となります。
これってとても単純に

 

 

◎人という生物としての“エネルギーの山”富士山

 


と合致してると思います。
ですがそこに

 

 

◎同じ人でも“からだ環境”が変わる目

 


…という条件が入ってきます。
これは勿論、

 

 

◎栄養不良・寝不足・過労・運動不足・ストレスフルな状況叫び

 


…という大前提はモチロンですが、
例えば

 

 

◎加齢によってNK細胞が“不活性”になっていくショック!

 


…という中でも、

 


◎頭の状態によって、ずいぶん差が出る目

 


のではないかと思うんです。

はい、引っ張ってますが…これ

 


◎頭の状態=『脳』のことべーっだ!

 


でして、
ここにmay的『カラダを良くする基本原則』が当てはまり、

 


◎脳も、ひとつの内臓=脳を柔らかくするのがgoodグッド!

 


…ということになります。
はい…これは実際に

 


◎こめかみを押すと、痛い(=硬い)ショック!

 


というのが単純な指標です。
(今、理論は省きます)

 


で、

 


◎なぜ頭(脳)が柔らかいと、免疫力がアップアップするの?

 


…ということ。
ここには

 

 

◎『脳で生まれる“神経物質”』によって、NK細胞が活性化するアップ

 


…ことが、絡んでいます。
はい、すでに出ていますように

 


◎「笑うにひひ」ことがNK細胞を活性化させる

 

=その時脳内で出来る“ドーパミン”や“エンドルフィン”が
NK細胞活性の、源温泉

 


になるのです。
これは謂わば

 


◎ドーパミン:やる気物質メラメラ=“ワクワクどきどきスリリング”


◎エンドルフィン:幸せ物質ラブラブ=“おいしい嬉しい気持ちいい”

 


…という種類です。
ですが、このような脳内物質は、

 


◎出過ぎても、依存症になる危険性叫び

 

 

があります。
例えば

 


◎ギャンブル・買い物・薬物・酒たばこ・過食拒食・宗教…依存得意げ

 


…といった感じです。
そこでもうひとつ大切なのが

 


◎「バランス物質」とも言えるセロトニンニコニコ

 


です。これは

 


◎脳内の様々な神経物質のバランスをとるチョキ

 


役目を果たしてくれます。

その1つである

 

 

◎ストレス下で出てくる神経物質を“抑えて”くれる

 


…という働きが

 


◎NK細胞の働きを守ってくれるアップ

 


ことにもなります。

 

 

◎やる気・愉(たの)しみ…に、最後は「バランス感」かお

 


といったところが、
『NK細胞活性』に効くと言えるでしょうか。


…じゃあ、どうしたら

 


◎それらがバランス良く分泌されるのか!?

 


というとき、ワタクシは端的に

 

 

◎頭(脳)が柔らかければ、必要なものが必要なだけ出るグッド!

 


と、考えます。
これは、

 

 

◎すべての内臓が、柔らかい状態であれば健全に働くアップ

 

 

というmay的原理原則です。
というワケで、

 


◎ワタクシが、どのようにみなさんの『頭の状態』を診ているか目

 


…の中で、

該当するところをケア(柔らかく)するのがお薦めです♪

 


◎寒くなって来たら、頭が硬くなってきた叫び

 


…のが、大人もこどもも現れていますからね~

 

 

①足の親指を揉む

⇒現在進行形で“頭を使いすぎ”だと、張って痛いショック!

 

 


②こめかみ(ツボ名:太陽)を押す

⇒“脳”が柔らかいか否かリンゴ

 

 

③カラダから頭へつながる“エネルギーの通り道”をチェックグッド!

 

⇒「首のいちばん上」(脳への入り口部)

 

 

⇒両耳後ろの「頭がい骨斜め下」(ツボ名:風池)

 

 

そしてお薦めのスペシャルケアが

 


◎足の指を曲げるストレッチ

 

 

◎ふくらはぎを伸ばす

 


…ココが非常に硬いと『頭が硬い可能性、大』です叫び

これら全て、

 


◎割と即効性アリアップ

 


…と感じています。

 


◎余分なことを考えず、スッキリした頭

=気分がよい晴れ

 


…状態を作ります。

 

最後はかなり端折りましたが(汗)、やる価値アリですよ♪

 


※その全てを含むのが…実は

→“歩く”ことあし!です※

 


ご参考に。
今回はココまで、取り急ぎDASH!

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

 

料金やスケジュールは→スタジオWebサイト

 

体質改善ヨガとセルフケア&キッズ体操のスタジオメイ at岡崎市

 

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

《勝手にご報告編メモ

 

先日の「りぶら祭りペットボトルダンス音譜」の紹介動画を
youtubeスタジオメイチャンネルにて公開しました♪

 

https://youtu.be/ZTyW8IOpN14

 

 

もともとこの企画(ペットボトルダンス)は

 

◎ナチュラルダンステアトルあし

https://www.youtube.com/watch?v=hubygw-crAE

 

 

…昔ワタクシが在・東京時代に少し関わらせて頂き、

その後

 

 

◎2010年に、りぶらで『ダンスワークショップ』というのを

⇒東京から来てもらって、1週間行ったにひひ

 

 

…という、プロのコンテンポラリーダンスの方々が考案した

(主に、川野眞子さん目)

 

 

◎物を使って、からだを動かそうチョキ

 

というダンス技法というか、レパートリーなんです。

 

 

 

2010年のときは『りぶらの企画』として大々的に行い、

その次の夏(震災のあとの夏晴れ)に

 

 

◎ぱふぉーまんずPARK

 

…と称して、自主企画で上記の“眞子さん”などに

再び来て頂いたんですね。

 

 

その後もちょくちょく、

 

 

◎体操の発表に絡めて、再演チョキ

 

 

…したり、お友達のチア先生の発表会に

 

 

◎毛色の違うダンス企画として客演音譜

 

 

みたいに出させてもらったこともありますね。

でもそれも結構う~ん4、5年前になるのかな?

 

ですので

 

 

◎ひさびさに、やりましたニコニコ

 

 

今回はある意味『単独で、ペットボトルダンスの企画そのもの』

として出たので、

 

ある意味新鮮でした。

 

 

◎昔、スタジオで体操やってた小学生が『高校生くつ

 

になって、今回一緒に踊れたりして

 

 

◎お~こういうのも、いいねえ~ラブラブ

 

と思ったりしました。

 

 

ですが、まあ一つのイベントに出るというのは

色々大変なこともありますね走る人

 

 

あと、健康記事の前のものに書いたように

 

◎思いっきり、夏の疲れからの『細菌性風邪』まっただ中あせる

 

 

…でしたんで、しばらくは

 

 

◎栄養補給に、糖分が主ショック!

 

 

でして、気づいたら本番すっごい『むくんでた・・・ダウン

あ、『ガラガラ声』はもちろんのこと…

 

 

ちゃはは

 

ま、そんなエピソード付きで一応勝手にご報告の巻。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。