仙台PIT

テーマ:
11月6日日曜日、
伊東洋平ワンマンライヴin 仙台PIT「One for all」やって来ました。
チケットはソールドアウト、満員御礼の盛況の中行われました。



ここ数年、洋平くんはこの日を目標に
突っ走って来たと言ってもいいでしょう。



仙台PITはプリプリの寄付金もあって建てられた会場。
そういった意味でも僕には特別な思いがよぎります。








優秀なバンドメンバー達はもとより、
運営、音響、照明、ダンサーズ、各チームが、
限られた時間の中で精一杯の準備をして集結、
洋平くんの思い描くライヴが実現出来たのではと信じています。
まあしかし全体をまとめる洋平くんは
さぞかし大変だったことでしょう。







この日も演奏した新しい魅力の詰まった新曲たちが
どんどん出来上がっている洋平くん。
これからがますます楽しみです。




伊東洋平スーパーバンド
Keyboards:藤井理央
Guitars:後藤秀人
Bass:石井裕二
Drums:桜井正宏
Vocal&A.Guitar:伊東洋平
Guitars:ネロ
Chorus:佐潟武
Keyboards:佐藤達哉

ご来場のみなさまありがとうございました。


AD

テーマ:
ライヴやりまーす。

伊東洋平くんで11月6日日曜日、
仙台PITでのワンマンです。
yohei

洋平くんがソロになってからの集大成的なライヴとなり、
ステージ上なかなか大人数となりそうです。

お知らせ遅れてしまいましたが、
まだチケットは若干あるようですので、
お近くの方、そうでない方も是非。
たくさんのご来場お待ちしております。



AD

シン・ゴジラ

テーマ:
「シン・ゴジラ」
2週間ほど前に観ました。
もう古い話になってしまった。
あーー面白かったなー。
もう1回観に行こうかなぁ。

いや、1年後とかにウチで観るのを楽しみにしようかなぁ。

映画を観に行く時なんて、
人が言っていたイメージなんかない方がいいと思うことが多いので、
こういうところで感想を書くなんてことはあまりしたくないのだが、
もうみんな行ったことだし、
行ってない人を行ってみようか、
という気にさせるには有効かもしれない。
「そのうちレンタルで」なんかより、
あんなもんは劇場で観ておいた方がいい。

まずはゴジラは置いといて、
とにかく会議、会議、でした。
入れ替わり立ち替わり、
普段から我々にとってお馴染みの役者さんたちが、
難しい漢字の並んだセリフを見事なスピードでまくし立てます。
街では大変なことが起こっているので、
お客さんもみんなおそらく真剣な顔して観てたでしょうけど、
お芝居の達者ぶりに、
僕はひとりでずっとニコニコして、
心の中で拍手して観てました。
事件は会議室で起こっているんじゃないという20年前のあの逆をいってます。
現場では逃げまどう人々を遠目に映すだけで、
市民の描写やドラマは全くありません。  
とにかく政府幹部の会議、会議。

実際にこの東京に謎の超巨大生物が現れたら政府はどう対応するのかを、徹底的にリアルに、しかも面白おかしく描くことに特化し、
様々ないくつかの新しい試みを成功させた傑作だと思います。

新しい試み、とは僕が思うに、まず前置きゼロ。
いきなり謎のトンネル崩落から始まり、
すぐ本題にスパーンと突入。
まあそういうの最近は増えてはいるけど。
先頃やっていた「インディペンデンス・デイ」の続作は、とーにかく前置きが長くて、主要人物の人間模様をとことん描いてなかなか本題に入らない、そうです。
僕は一応は観に行きたかったんだけどスルーしました。 

それとは対極のやり方のゴジラに話を戻すと、
結局主要人物のプライベートな部分の描写はゼロ。
この一大事を通して、この人とこの人が恋に落ちるなんてのはもってのほか、
みなさんは結婚してるのか、子供はいるのか、
人生の悩みを抱えているのかなど、
全くわからない。
ただひたすらそれぞれの任務を遂行します。
よくありがちなゴジラの進む方向には愛する妻と娘が住む我が家があるから助けなきゃ、
とか、
よくありがちなヒーローが先に突っ込んで後続のために犠牲になる、
とか、
そんなドラマは一切ゼロ。
そうだ、ありがちなややこしい嫌なヤツも出て来ない。
なのに面白い。
だから面白いのか。
だって大ヒットだし。
やっぱいろいろ確認しにもう1回行って来ようかな。

メデイアには出てなかったぬいぐるみのような笑えるゴジラが東京湾へ戻り、
さらに巨大化して2度目に上陸する時は、
先の理央ブログに登場した稲村ヶ崎沖から現れ、
由比ヶ浜に上陸し、鎌倉駅の裏手の御成通り界隈を闊歩したのち、
湘南新宿ラインにならって武蔵小杉を通って都心へ向かいます。
それは観る前から知ってたけど。

そうだ、“ゴジラのキモチ” を描く場面もゼロ。
それも逆にいいのか。
例えば「キング・コング」なんて、
ほぼそれがメインになってたりする。

今までハリウッドものでもなんでも、
都市の破壊シーンなどのCGって、
決まって曇り空か夜でした。
僕が見た限りでは。
いつもCGって曇ってるなと思ってた。
きっと太陽の下での地表に当たる光が
どうしても描けなかったんではないかと推測してます。
しかし今回のはまあまあ晴れてます。
こんなのは見たことなかった。
映画館でのアナログ画面では全然大丈夫でした。
CGもここまでやれるようになったのか、
という感じです。

ま、そんな感じで。
他にもいいところはいっぱいあるし、
突っ込みどころも少しあるけど、それはまあいいか。

まだなんとかやってると思うので、
まさかまだという方は是非とも劇場で。


「君の名は。」がいいから行けと
時折人に言われるのだが。
アニメもいいけど、
今は人間の芝居が見たいな。

でも行こうかな。

AD

あーー夏休み

テーマ:

ちょいと鎌倉を自転車で散歩。

これずーーーっと昔から気になっていた。

きっと僕が中学生の頃からあったと思う。
でもいつも通り過ぎていた。

今回初めて止まって見てみました。



そしてやっぱ海沿いを走る。



稲村ケ崎。


中学の頃、いつもここまで自転車で来て泳いでいた。
当時は海の家が並ぶ海水浴場だったんだが、
その後水位が上がって砂浜がなくなっちゃったんだ。



20年以上前から全国区で有名なカレー屋さん。

社長は高校時代のクラスメイト。
ここは通称「海サンゴ」。
「丘サンゴ」もある。

この辺りまで自転車で来るのは30年ぶり。



そして由比ケ浜まで戻る。
今日は子供達にとっても夏休み最後の日。
まだぎりぎり賑わっていた。



前日に台風が通り過ぎ、波が高い。










バイバイ夏の海。

でも、
俺たちの夏はまだ終わっちゃいないぜ。

仙台アンサンブル

テーマ:

なんかアメブロのシステムが勝手に変わって、
うまく書けないでいました。

まったくよぉ。。

いまだ未完成ですがとりあえず放出。

遅くなりましたが、
8月21日(日)の
伊東洋平『SENDAIアンサンブル』
のご報告です。

バンドの中では僕だけ前乗り(前日入り)しました。

国分町通りにあるお気に入りの博多とんこつラーメン
「一凛」へ行く。


こちら↓は、
いつも行きたいなと思っているのに
いまだスケジュールが合わず。


そして翌日。

洋平くんは忙しくて楽屋にいませんでしたが、

伊東洋平スーパーバンド。

Drums:入倉良

E.Guitar:後藤秀一

Keyboards:藤井理央

Bass:石井裕二
Vocal & A.Guitar:伊東洋平


午前中11時半にライヴスタート。

全アーティストそれぞれのステージに、
洋平くんはセッションを1曲ずつ。


その中でも3アーティストには、
洋平バンドを伴って。


ティーナ・カリーナさん。


SCK GIRLS。


柴田三兄妹。


そして我らが伊東洋平のステージ。





最後に出演者全員で、
この日のために洋平くんが書き下ろした曲をセッション。







あげく今晩も行くことになった「一凛」。


お疲れさま。




俺たちの夏はまだまだこれからだぜ。