テーマ:
あけましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いいたします。

元旦の深夜から鎌倉に帰って来ています。
今日3日の早朝、
みなさんワーッと訪れる前に鶴岡八幡宮行って来ました。










その後、下道でも行けるけど、
山を歩いて明王院 (みょうおういん) へ。




こんなとこ初めて。

昨年から始まった
「ずっと鎌倉にウチがあるくせに、
行ったことない所だらけなのを、
少しずつ埋めていくプロジェクト」。
小さな真言宗の寺だが藁葺き屋根の趣ある本堂。
案内板の英訳がウケる。

残念ながら境内は撮影禁止。


なのでこちら。myooin


次に。

中学の頃から「誰々くんちは浄妙寺 (じょうみょうじ) 」
なんて地名としてはさんざん言ってたのに、
どこにあるかも認識してなかった浄妙寺に行く。



建長寺と同じ臨済宗。
案内板の英訳がウケる。
以外と広くて、外国人観光客も休憩する憩いの場となっていた。



本年のみなさんのご健康とご多幸を
心からお祈りいたします。

AD

Comfort

テーマ:

12月21日水曜日、
伊東洋平で四谷天窓Comfortやって来ました。


伊東洋平スーパー・トリオ
伊東洋平:Vocal & A.Guitar
Miuji:Percussion
藤井理央:Piano




カバーで加藤登紀子さんの「時には昔の話を」。
渋いところから選んで来るなぁ。
でもこれがよかった。





トークも盛り上がる。。


たまにはセットリストを公開。



メリー・クリスマス。

伊東洋平ただ今アルバム・レコーディング中。
来年リリースをお楽しみに。

AD

テーマ:
長らくほったらかしててすみませんでした。
みなさんお元気でしたか?

11月11日には
たくさんのメッセージをありがとうございました。
藤井理央これからもがんばっていこうと思います。


そしてライヴやります。
え。
もう来週か。

「伊東洋平~仙台PITワンマンライブありがとうの御礼も兼ねたX’masライブツアー~ 」
12月21日(水)東京公演
@四谷天窓.comfort
開場19:00 開演19:30
東京都新宿区高田馬場 3-4-11 BaBa hatch 5F
http://otonami.com/com_top 
出演:伊東洋平 with 藤井理央(Pf) / Miuji(Per)
yohei

今年2月にもやった高田馬場の生ピアノのある素敵な会場です。
160205
洋平くんとパーカッションさんとのトリオでやります。
たくさんのご来場お待ちしております。


そして先週末、
中国は上海に行ってました。
急に決まった2泊3日の弾丸旅だったので、
ろくな準備もせず、
現地からのブログを書くこともなく帰ってきました。
ただ、やはり記憶が鮮明なうちに、
旅の記録としてまとめておきたいので、
少しずつブログにして残そうとは思っております。
凄かったなー上海。




 
AD

上海1

テーマ:
12月10日土曜日、
吉祥寺5時半発のバスに乗り成田へ。

成田から中国国際航空(Air China)で
上海浦東(プードン)国際空港へ2時間半ほど。

中国上空へ入る。
どこまでも続く海上道路。



コンピューターの基盤のような高層集合住宅があちこちに。






空港からなんとリニア・モーターカーに乗る。

上海トランスラピッド (上海マグレグ)。

この時間帯は最高時速301km 。


別の時間帯には431km出すそうだ。

30kmの距離を8分で到着。



ここから地下鉄で上海市街へ。

滞在したホテルの近くにそびえるビル。


このトンガリ具合が気になってしょうがない。

午後。
目的地に向かい地下鉄を乗り継ぎ歩く。

とにかく30階建て程度の高層集合住宅ばかりが
次々と視界に飛び込んで来る。
一軒家なんて目にしない。




目的地のMAO LIVE HOUSE。

うーーんと、
ライヴは聴かずにあとにする。




田子坊 (でんしぼう) エリアを歩く。
地元の人たちは泰康路(タイカンルー)と呼ぶ。



たまたま覗いた
RUI YUANという方の写真展。
凄かった。



「なんとかセンター」というのが
こっちでは「なんとか中心」となる。
とにかくあちこちに「なんとか中心」。


南京路を歩き、

東方明珠電視塔(とうほうめいしゅでんしとう、そのまま)
の見える方向を目指す。



黄浦江(こうほこう)という川を挟んで
浦東新区(ほとうしんく)の超高層ビル群。
ついこないだまでなんにもない更地だった、らしい。



背後には外灘

(わいたん)地区。
19世紀後半から20世紀前半、
イギリス、アメリカなどの列強諸国によって建てられた
西洋式建築がズラリと立ち並ぶ。
スティーヴ・マックィーンの「砲艦サンパブロ」だ。

シーン。。


↑ (中央) 旧香港上海銀行ビル (上海浦東発展銀行)と、
(右) 江海関 (こうかいかん) (海の税関的な)。
上部には15分ごとに鳴る時計が4方向に。

上海トップ3↓↓     ↓


明日の午前中に上ってみようと思う。





南京路をホテル方向に戻る。
この辺り、
いちいち例えることもないが、
ニューヨークで言えばタイムズ・スクエア、
東京で言えば銀座四丁目交差点である。




踊りは人を幸せにする、は世界共通。



仙台PIT

テーマ:
11月6日日曜日、
伊東洋平ワンマンライヴin 仙台PIT「One for all」やって来ました。
チケットはソールドアウト、満員御礼の盛況の中行われました。



ここ数年、洋平くんはこの日を目標に
突っ走って来たと言ってもいいでしょう。



仙台PITはプリプリの寄付金もあって建てられた会場。
そういった意味でも僕には特別な思いがよぎります。








優秀なバンドメンバー達はもとより、
運営、音響、照明、ダンサーズ、各チームが、
限られた時間の中で精一杯の準備をして集結、
洋平くんの思い描くライヴが実現出来たのではと信じています。
まあしかし全体をまとめる洋平くんは
さぞかし大変だったことでしょう。







この日も演奏した新しい魅力の詰まった新曲たちが
どんどん出来上がっている洋平くん。
これからがますます楽しみです。




伊東洋平スーパーバンド
Keyboards:藤井理央
Guitars:後藤秀人
Bass:石井裕二
Drums:桜井正宏
Vocal&A.Guitar:伊東洋平
Guitars:ネロ
Chorus:佐潟武
Keyboards:佐藤達哉

ご来場のみなさまありがとうございました。