かずのすけの化粧品評論と美容化学についてのぼやき

美容と健康、美髪と美肌にまつわるケミカル裏話を美容に詳しい「化学の先生」が分かりやすいコラム形式で徹底解説!
美容業界を取り囲むウソ情報を見破る術を伝授します。
化粧品類の評価・解析も更新中。


テーマ:
一日一回のランキング投票にご協力ください。
↓クリックで投票完了↓





薬用サクセス  や  h&s の解析をしていたのですが、


これらの薬用シャンプーによく用いられるのは総じて

「ピロクトンオラミン」や「ジンクピリチオン」


などの「殺菌剤」です。



「菌を殺す」

という表現はどうも多くの市民に対してプラスのイメージのようです。


そもそも「菌」という言葉には多くマイナスのイメージがつきまとうものなので

仕方のないことなのかもしれませんが…。




菌て言うと↑のようなものを想像してしまうので、

少し気持ち悪いですよね。


↓こんなんなら可愛らしいんですけどね…。



「菌」という言葉を聞くと私たちが思い描くイメージは、


「ウイルス」や「病気」、「悪臭」、「カビ」などなど

マイナスなものばかりを思い浮かべてしまうでしょう。


しかし実際には全ての「菌」が私たちにとってマイナスの働きをするのか

と言われるとそうでもないのです。




◎プラスに働く菌がいる?



「ビフィズス菌」や「乳酸菌」と呼ばれる菌類は、

私たちのカラダの中に生息していて、

その代謝物が私たちのカラダにとって良い働きをしてくれます。


これらの菌類は私たちのカラダの腸内環境を整えたり、

正常な代謝を行うために必要な乳酸を生成したりと、

私たちの生体活動にはなくてはならないものです。


彼らのような我々にとって良い働きをしてくれる菌類を

一般に「善玉菌」というふうに呼ぶことを皆さんもよく知っているでしょう。



しかしこのような善玉菌が、

何も私たちのカラダの中だけではなくて

皮膚上にも同様に生息しているということはあまり知られていませんね。





上の画像が「表皮ブドウ球菌」、下の画像が「アクネ菌」

ブドウ球菌やアクネ菌は、

一般に化膿症ニキビなどの皮膚湿疹の原因

と捉えられ、悪者扱いされがちな細菌の一種です。


しかし実はこれらの菌類は、

本来私たちの皮膚を守ってくれている善玉菌

だということを、多くの人は知らないようです。


これらの菌類は皮膚上に滞在して僕たちのカラダを守る、

「皮膚常在菌」と言われていて、

彼らが正常に働けなくなることがそもそも皮膚異常の始まりなのです。





◎皮膚常在菌を殺してはいけない!



皮膚常在菌の働きについては、

弱酸性がカラダを守るわけ

でレクチャー済みですね。

皮膚常在菌は皮脂を分解して弱酸性の脂肪酸を作り、

私たちのカラダを守ってくれています。


なんとその「皮膚常在菌」というのは、

あのブドウ球菌アクネ菌だというのです。




これらの善玉細菌は、

自分たちが正常に活動できる環境であれば

私たちに対して悪さを働くことはありません。



ブドウ球菌もアクネ菌も、

正常に働けば皮脂分を分解して弱酸性物質を生成し、

私たちの肌環境を正常に整えてくれます。



しかし、


例えばこれらの菌類が過剰に繁殖しすぎてしまうとそれはそれで問題です。


それは例えば、

強力な洗浄力のある洗剤で肌を洗い続けたがために、

皮脂を除去しすぎて皮脂腺が活発化し、

大量の皮脂が分泌されるようになってしまった…


といったパターンにもなると、、


これらの善玉細菌の餌も増えることになり、

過剰に繁殖した細菌類が肌などに悪影響となるのです。


そういう場合には、

一定の期間・使用量に限っての「殺菌剤」の使用は

奨励されてしかるべきだと言えるでしょう。




しかし、もしそれが行き過ぎたとすれば、


皮膚常在菌がほとんど殺菌されてしまったとしたら、

今度はどうなるでしょうか…


皮膚の弱酸酸性を作ってくれていた善玉菌がいなくなり、


そもそもの悪玉菌の増殖を防いでいたものがなくなり、


皮膚の正常な肌バリアが形成されなくなり、


皮膚の環境が悪化していく…



というのは、もはや想像に難くないのではないでしょうか。


上記で紹介したピロクトンオラミンやジンクピリチオンなどの殺菌剤は、

私たちが普段使用できる日用品として

明らかに身近すぎるものであり、


本来は専門家の手を離れて使用すべきものではないのです。





◎地肌ケアに必要なのは?


例えば

 地肌ケアがしたい!

といってh&sやサクセスなどの薬用シャンプーに

手をつけようという人は多いでしょうね。


しかしまずそれを購入する手前で少し考える必要があると思います。


あなたの地肌は雑菌が過剰増殖しているのですか?



この質問に対して「YES!」と答える人はほとんどいないはずです。



多くの人は「なんとなく地肌に優しいものが欲しい…」

とか、「薄毛対策ができるものが欲しい…」

程度の感覚でしかないと思うのです。


その要望に対して、

皮膚常在菌も含めて根こそぎ菌を殺してしまうようなシャンプーは、

果たして適当だと言えるのでしょうか。



また本当に地肌の環境が乱れているとしたら、

化膿症や湿疹が起こっているでしょう。

その場合には殺菌剤というのは当然刺激物ですから逆効果です。


そういう場合に必要なのは

まず炎症に対して刺激にならない洗浄剤を選ぶことや、
(アミノ酸系洗剤・両性洗剤・ノニオン界面活性剤など)

炎症を抑えるグリチルリチン酸2Kなどの抗炎症剤や、

アラントインビタミン類などの細胞活性剤などが必要なのです。


植物類から抽出されるエキスとして、

海藻類の褐藻エキス

ビタミンが豊富なニチレイ・アセロラエキスなども効果的です。


つまり、多くの場合殺菌剤を必要とする地肌トラブルは少なく


本当にトラブルに合っているとしたら本当に必要なのは、

肌バリアを乱さず、

細胞の治癒や常在菌の活動を適切に手助けする成分
なのです。






数ある皮膚障害の対策のひとつのパターンとして

「殺菌」という選択肢はあってもいいとは思います。

しかし、それを利用すべきパターンが、

果たして本当にそんな身近にあるのかどうか。


しっかり考えなければいけませんね。






プロデュース化粧品第3弾 『Ceraveil Platinum Creansing Oil』 発売中!!
(オンラインストアURL:http://cores-ec.com/
ストアバナー3
セラヴェールスキンウォッシュ 紹介&意見投稿ページ
セラキュア 紹介&意見投稿ページ
セラヴェールクレンジング 紹介&意見投稿ページ



かずのすけの本も好評発売中!!
詳しくはこちら!
コスメ、カバー、帯あり    本
(新刊:左)質問・ご意見ページ
(既刊:右)質問・ご意見ページ


かずのすけの独占インタビューが連載中!
jspa-nspa_migishita2
http://joshi-spa.jp/449936


かずのすけ監修のスキンケア講座、動画で配信中!
かす-のすけさんハ-ナー1


かずのすけのギャザリーまとめ記事はコチラ↓
ギャザリー



かずのすけの高評価アイテムまとめページ
かずのすけが四つ星&五つ星評価したアイテムをまとめています!
詳しい利用法について→こちら


かずのすけのオススメまとめページ
かずのすけが実際に使用しているオススメアイテムをまとめています!
定価で購入するより断然お安く買えるショップを選んでいるのでとってもお買得ですよ。
ぜひご利用ください!
オススメの解析


かずのすけ

Facebookページも宣伝
かずのすけ公式Facebookページのいいね!もお待ちしてます!


解析依頼はここから
※アメンバー限定です。


【かずのすけのブログ検索】
コメントや古すぎてAmeba検索でHITしないものも検索できます!


(バナー用画像↓ 加工OK!)


いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

かずのすけさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

SNSアカウント