農に学ぶ。

すべての命をいつくしみ、
思いやりとやさしい気持ちを忘れずにいたい。


テーマ:

2016年9月21日
曇り時々雨
Feel so good♪

 


今日はちょっと番外編チック(笑)
木村さんの講演に同行させてもらいました♪

 


講演場所は“こどもの国”の近くにある
モンテッソーリ・エレメンタリースクール
です。

 

 


“モンテッソーリ(教育)”とは、
幼児教育に携わっていれば一度は聞いたことがあると思いますが、
世界的に有名な幼児教育(論)の一つです。
最近だとイギリスのチャールズ皇太子や、
その息子のウィリアム王子もモンテッソーリ幼稚園に通っていただけでなく、
そのまた息子のジョージ王子も通う予定だということでニュースにもなってましたね。

 

 

 

もう少し“モンテッソーリ”に触れると、
こどもの国の近くにあるこの“モンテッソーリ・エレメンタリースクール”は、
(たぶん)日本では唯一のいわゆる“小学生”対象の学校です。
幼稚園は他にも何ヵ所かあるそうですが、
保護者たちからの熱い要望で“小学生”対象のこの学校が設立されたそうです。

 

 

 

 


分かりやすい特徴は“少人数”、“低学年から高学年までの混合クラス”、“常に開いている教室のドア”
などといったところでしょうか。
知識ではなく僕の見たままの感想をお伝えすると、
開かれた環境の中、少人数でいつも様々な年齢の子と接しているせいか、
世話をし慣れた高学年の子、甘え慣れた低学年の子、
全体的にはしっかりしていて人見知りがとても少ない印象です。
そう、いわゆる“一人っ子”感や“現代っ子”感がないというか、
兄弟や姉妹の多い大家族の子というか、
僕ら大人に対しても真っ直ぐ目を見て、
まるで親しい近所のおっちゃんに話すように接してくれます(笑)
(因みに、相手の目を真っ直ぐ見れないのは
いわゆる“スマホ子育て”と言われるような母子のアイコンタクト不足、
人見知りは核家族化や地域コミュニティの希薄化や消滅による
閉じて限定された人間関係の弊害などとも考えられています。)

 


目を真っ直ぐ見れない子供や人見知りの子供が多いと言われる現代。
正直、素直にすごいなぁと思います。

 

 

 

おっとっと、
これ以上“モンテッソーリ”を説明しているとそれだけで長くなってしまうので、
更なる詳細はみんなの大好きなネット検索にお任せします(笑)
本当は、何事もそうですが、実際に自分の目で確かめることを強くお勧めしますが。
(因みに、モンテッソーリ・エレメンタリースクールはいつでも見学などを受け入れているそうです♪)

 


さて、“農に学ぶ”と“モンテッソーリ”との付き合いは実は長くて、
7年前より子供たちに1年を通して稲作を体験してもらっています。
つまり、モンテッソーリの子供たちは、
卒業までの6年間も里山風景の中で稲作体験をするわけで、
これってやっぱり貴重な経験や思い出になるんでしょうね。

 

 

 

特に農に学ぶの田んぼは農薬や化学肥料を使わない上に里山という環境です。
それこそ生き物の宝庫なわけで正に打ってつけですよね(笑)

 

 

 

と、つらつら記事を書いていたら長くなってしまったので
次回後編、いよいよ木村さんの講演レポートに続く!(笑)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:



2016年7月3日
朝は曇りからの晴天
Feel so good






今日は毎年恒例の“田んぼ生き物調査”です。
具体的には生き物に詳しい先生をお招きして、
みんなで田んぼの生き物たちを探して調べてみよう
というものです。







今回も多くの家族が訪れてくれました♪








まずは木村さんの挨拶とスケジュールの説明。







講師の田中先生。
本当に優しいお人柄。
先生ご自身も筑波のほうで田んぼを20年ほどやられているそうです。









早速みんなで生き物を探します!


田んぼの表面にはアメンボばかり見えますが、
泥の中や水路をなどを探せば色んな生き物たちが♪









子供も大人も楽しく一生懸命に探す微笑ましい光景。
里山って素敵ですね と思わず言いたくなります(笑)







続いてみんなで見つけた生き物たちをまとめて、
次から次に田中先生が説明していきます。







こういった生き物調査表のようなものが配られて、







子供たちが真面目に記入していきます。
その数はぐんぐん増えてすごい数に!

中には絶滅危惧種の生き物もちらほらいたり、
本当に貴重な里山の生態系や資源。








最後は捕まえた生き物たちをちゃんと田んぼに帰して終了♪








こんな素晴らしい環境で日々過ごせることへの感謝。
そしてこういう素敵な時間を家族で経験できるって
何人かの子供にとってきっと一生の想い出になるんだろうなと思いました。




今日も参加された皆さん有り難うございました&お疲れ様でした!
























AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:


2016年5月07日
朝から青天
Feel so good♪


今日は年一回恒例人気の、
新茶詰み&お茶作りイベント♪


今日も大勢の仲間に支えられ手伝ってもらい運営準備☆





案内目印としていっぱい幟を立ててお出迎え。








お茶を煎るためやお湯を沸かすための炭を用意。






茶葉を煎るための鉄板に和紙をひいて用意。






今日も満員御礼、約40名ほどの家族が参加でスタート♪
まずは木村さんからお茶うんちくと新茶詰み方法の説明。






一芯二葉と言われる新芽新葉部分を詰みとっていきます。







子供も大人も混ざって本当に微笑ましい光景♪






続いてみんなで摘んだ新茶を蒸籠でさっと蒸します。
こうすることで色がより定着するそうな。








最後に炭で暖めた鉄板で手で揉んで擦ってお茶を作ります。
つまり茶葉の水分を飛ばしていきます。
正直鉄板は熱くて中々大変な作業です。
こういうときに大活躍するお父さんたち(笑)







子供用の鉄板も用意。
みんなで一生懸命作業。






ついに完成!







早速試飲の準備♪






ついでに“生茶”も作っていきます。
“生茶”とは取り立ての新茶をそのままお湯に30分ほど浸けて飲むもの。
季節の風物詩的な贅沢な飲み物ですよね。






新茶と生茶を飲み比べ。
写真ではいまいち色の違いはわからず(笑)
おーいーしー♪






作業後は豊かな里山風景の中、みんなでお昼ご飯♪






仲良くなった子供にもらった野苺♪
お礼をいって誉めたら喜んでくれて、
この後30個ほど追加で取ってきてくれました(笑)
ありがとね!






お茶作り後はみんなで協力して手際良く片付け。



本当に充実したイベントでした。





参加、協力してくれた皆さんお疲れ様でした&有り難うございました!















AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
どんぐり農園でどんど焼きをしました。
どんど焼き

門松などの正月飾り、古い神札や書きぞめ、農作業で使った竹や田んぼを見守ってくれたカカシを焚き上げました。
どんど焼き

火が落ち着いたらみんなでお餅を焼いて食べました。
どんど焼き

どんど焼き

今年も平和で豊かな一年になりますように。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
町田のイタリアン食堂 Lemme (レミー)にて農に学ぶ忘年会でした。



こちらは木村代表の息子さんのお店で、農に学ぶの畑で収穫された自然農の野菜がたくさん使われているんですよ。



前日に収穫した菊芋のスープも美味しくいただきました。
(食べるのに夢中で写真を撮り忘れました・・・)

今年もたくさんの出逢いがありました。
ありがとうございます。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。