農に学ぶ。

すべての命をいつくしみ、
思いやりとやさしい気持ちを忘れずにいたい。

農を通して、子どもたちや地域住民に環境教育の場を提供する
NPO法人農に学ぶ環境教育ネットワークです。

横浜市青葉区の「寺家ふるさと村」と
東京都町田市三輪町にまたがる里山をフィールドに活動。
自然農での稲作体験や、四季折々の農的行事を用意し、
豊かな自然生態系を通して「食」「環境」「生命」の学びの場を提供。
里山の整備と保全、絶滅危惧種の生態系保護活動を実践しています。

NPO法人農に学ぶ環境教育ネットワーク
$農に学ぶ。-農に学ぶ環境教育ネットワーク 横浜青葉台

テーマ:

2017年2月2日
 一日中晴れ
Feel so good♪

 
 

 

 

今日はドングリ農園で作業。
木曜日なので(今年のブログでは初登場ですが)毎度おなじみNPO教育サポートセンター NIREのみんなが手伝いにきてくれました♪

 

 

 

さて、ビニールハウスを使わない農に学ぶでは、
冬に畑でする農作業は実はあまり多くありません。

だからと言って暇なわけではないのが残念なところ(笑)
そう、農に学ぶのフィールドは雄大な里山フィールドです。
耕作面積以外のいわゆる“里山(森林)整備”のやることがどっさりあるのです。

 

 



というわけで今日も茂った草木を刈りまくって(笑)、

 

 
 


みんなでどんどん運んでいきます。

 

 

 

 
続いて刈り取って集めた草木を燃やしていきます。
何歳になっても楽しい焚き火♪
みんなではしゃぎながら作業。

 

 

 

最近は益々焚き火ができる場所や機会が減ってきてたと聞いています。
焚き火やキャンプファイアなど、多くの子供たちにとって大切な思い出になるでしょうに…。
(特に子供たちにとって)本当に世知辛い世の中になってきましたね。

 

 

 



焚き火も一段落したところでみんなでご飯♪
ほっこりでございます。

 

 

NIREのみんな今日も有り難う!

 

 

さて、ここでイベントのお知らせです。
子供たちや若者の生きづらさや孤立などと長年向き合い寄り添ってきた
NPO教育サポートセンター NIREと代表の中塚さん。
そんな最前線で活動し続けてきた中塚さん(NIRE)やその他の全国の団体や研究者が集まり、
東京でとても大きなフォーラムを開催されるそうです。

 

 

全国各地を周りながら開催されていて、
東京で開催されるのはなんと10年ぶりとのこと。
多くのテーマの分科会が開かれていて、
子育てや生きづらさなどに興味がある方はきっと関心のあるテーマがあるのではないでしょうか。
東京(関東)開催の貴重な機会、是非是非足を運んでみてください♪

 

 

「第12回全国若者・ひきこもり協同実践交流会 in 東京」
http://www.jycforum.org/business/2017_12_tokyo/

 

本大会テーマ:生きづらさに抗して、ともに生きる社会をつくる

 

【開催概要】

 

■開催日
2017年3月4日(土)13:00~18:00
          3月5日(日) 9:30~16:00

 

■開催場所
 駒澤大学駒沢キャンパス
東急田園都市線「駒沢大学」駅より徒歩約10分(「駒沢大学」駅まで「渋谷」駅より約7分)

 

■参加費
 一般:3000円
 学生・若者:1000円

 

■主催
 若者支援全国協同連絡会(JYCフォーラム)
 全国若者・ひきこもり協同実践交流会in東京 現地実行委員会

 

■問い合わせ・連絡先
 現地事務局(NPO法人教育サポートセンターNIRE内)
Tel:070-1251-4394(お問い合わせ用)
Mail:tky.wakamono@gmail.com
全国事務局(NPO法人コミュニティワーク研究実践センター月形事業所内)
Mail:info@jycforum.org

 

■申し込み
 ご参加には申し込みが必要です。メール、FAX、Webでの申し込み方法を準備しています。
 大会ホームページからお申し込みください。(http://www.jycforum.org/

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

2017年1月15日
一日中晴れ
Feel so good♪

 

 

今日は農作業ではなく“谷戸田サポーター”の説明会♪
谷戸田サポーターを簡単に言うと、
里山を管理しながら自然農法にて稲作体験をする社会人グループ
といったところでしょうか。
(谷戸田サポーターについての詳細は農に学ぶHPを参照してください)

 

 

 

 

 

満員御礼の会場♪
とはいえ、昨年参加してくれた4チームは
全チーム今年も継続表明していただけたので、
よく見るとみんなよく知っている面々(笑)

 

 

 

 

まずは木村さんから改めて谷戸田サポーター制度の、
設立経緯や運営主旨、活動内容、昨年の振り返りなどがありました。

 

 

 

 

続いて、各チームに別れて、
今年のチームリーダーの選定や改めての昨年の振り返りなどが話し合われました。

 

 

 

 

 

そして各チームのリーダーから軽い挨拶と昨年の振り返り。
昨年は9月の極端な日照不足で収量が落ちたチームが多かったですが、
お米の味は一昨年より良かったというチームが複数いてビックリ!

 

 

 

こんな感じで和気あいあいと今年の谷戸田サポーター説明会も無事終了しました。

 

 

 

さて、実は話はここでおわらず(笑)、

 

 

 


今年からまた新たに1チーム加わっていただけることになりました、パチパチっ
ということで、早速フィールドにご案内です♪

実際のフィールドをみて、
都市近郊らしからぬ豊かな里山風景と
その奥地にある美しいフィールドを気に入ってもらえたようで良かったです。

 

 

 

 

さてさて、今年は一体どんなストーリーが生まれるのでしょうか♪

 

 

 

今年も皆さんよろしくお願いします!

 

 

 

 

(おまけ♪)

 


気合いの入った何チームかは、
この日から“寒起こし”という寒い時期に鍬で田んぼを荒く耕す作業を始めていました。

 

 

 

ご苦労様でした☆

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

 

2016年12月中旬
一日中晴れ
Feel so good♪

 

 

 

 

 
 
今日は農作業が終わった後に木村さんとある場所へ。
そこは寺家ふるさと村のすぐ横にある“鴨志田中学校”。

 

以前にご紹介した通り、
鴨志田中学校のみんなと農に学ぶは、
かれこれ10年以上も一緒にお米を作っています。

 

 

 

今年も無事お米ができてお届けしたのはつい先日。
今日は出来上がったお米の授与式に木村さんが参加します。
今年の授与式は放送室で行い、それを全校生徒に生放送で観覧してもらうとのこと。

 

 

 


 


中学校の中に入るのは何年ぶりだろう。

なんともいえないワクワク感

 

 

 


ちょっと早めについて担当の先生たちと打ち合わせ。

 

 

 

 


鴨志田中学校では1年かけて作ったお米を
こうやって小分けにして全校生徒に渡すそうです。
正に食育ですね♪

 

 
 

 


鴨志田中学校の稲作は、
実は各学年から毎年有志のメンバーを募って運営されています。
3年間続ける子もいれば塾や習い事で止めてしまう子もいたり。
今日の授与式ではそんなメンバーの中から10名ほどが代表者として参加してくれて、
1名ずつ順番に感想を発表してくれました♪

 

 

 

 

 


 
そして最後に木村さんから全校生徒(=カメラ)に向けて短いお話♪

 

 

 

良くも悪くも農業の特徴の1つは、
“地域”や“自然”と繋がらざるを得ないことです。
(もちろんそれらを無視したりねじ伏せることもある程度可能ですが)
それが今回のような優しい形なら本当に素敵ですよね☆

 

 

 

鴨志田中学校のみんな、1年間お疲れさまでした。
また来年もよろしくね♪

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

2016年11月23日
朝から曇り
Feel so good♪

 

 

 

今日は何度も紹介している谷戸田サポーターのみんなと脱穀作業です。
先日記事にしたモンテッソーリのみんなと同様、
谷戸田サポーターとのみんなともいよいよ今年最後の作業です。

因みに脱穀作業とは、
前回刈って干した稲を籾とワラに分けていく作業です。

 

 

 

 
 


いつも通りしっかり挨拶をして、
木村さんの説明を聞いたら早速作業!

 

いつもは各チームそれぞれ別々に作業をするのですが
今回だけはみんなで協力して作業。

 

 

 
 


前回同様、まずは先日稲架掛けしておいた稲を、
馬(=台)からおろして脱穀機の側まで運びます。

 

そしていよいよ脱穀。
みんなにも脱穀機を体験してもらいます。

 

 

 
 


チームの垣根を越えた素敵な協同作業♪

 

 

 

 


小慣れた人たちが多いので自分達でやれることをどんどん探してやってくれます。
これは稲架掛け用の馬(=台)を解体してくれている様子。

 

 

 

 

 


 
そんなこんなでどんどん進む脱穀作業♪
田んぼから稲架掛けした稲や馬があっという間に無くなっていきます。

 

 

 

 
 


脱穀したらそれぞれのチームごとの収量を計ります。
今年の作業の集大成…
9月に雨天が続いたせいか収量ダウンのチームもありました。
ん~~、残念!

 

 

 

 

里山のど真ん中というとてもワイルドな環境です。
“天水”のみという用水路すらない状況。
これも大自然からの“学び”(=農に学ぶ)…
とはスタッフとしては言いづらい(=やっぱり増収を喜びあいたい)…
む~~ん。

 

 

 
 


作業終了後はみんなで楽しく談笑。

 

 

 

今日も皆さん有り難うございました&お疲れ様でした!
来年もまたよろしくお願いします♪

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

みなさまへ

昨日の雪で、田んぼとその周辺の状態が非常に悪く、

収穫祭当日の天気も朝から雨の予報です。

明日一日晴れたとしても、現地のコンディションが回復することは難しいと判断し、

残念ですが今年の収穫祭は、「中止」と決定しました。

みなさまも楽しみにされていたことと思いますが、

何卒ご容赦くださいますよう、よろしくお願いたします。

事務局

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。