農に学ぶ。

すべての命をいつくしみ、
思いやりとやさしい気持ちを忘れずにいたい。

農を通して、子どもたちや地域住民に環境教育の場を提供する
NPO法人農に学ぶ環境教育ネットワークです。

横浜市青葉区の「寺家ふるさと村」と
東京都町田市三輪町にまたがる里山をフィールドに活動。
自然農での稲作体験や、四季折々の農的行事を用意し、
豊かな自然生態系を通して「食」「環境」「生命」の学びの場を提供。
里山の整備と保全、絶滅危惧種の生態系保護活動を実践しています。

NPO法人農に学ぶ環境教育ネットワーク
$農に学ぶ。-農に学ぶ環境教育ネットワーク 横浜青葉台

テーマ:

「米を作ろう!」

今日の田植え(5月14日)は、予定通り開催します。

※四季の家研修室を荷物置き場としてに使用できます。(9:30~13:00)

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

 

2017年3月30日

一日中晴れ

Feel so good♪

 

 

 

前回に続いて、二連チャンで農に学ぶは特別編(笑)

 

 

 

 

 

今日は木村さんと一緒に川崎市黒川にある、 明治大学黒川農場キャンパスに来ています。

そう、なんと研究会に参加です♪

その名もずばり “農業技術原論研究会”。

 

 

 “成熟した有機農業は限りなく自然農法に近づく。

そして自然農法も時間をかけて充実安定していけば成熟した有機農業に近づいていることが観察されている。 

こうした段階に至れば、 両者は期せずして、ともに「ただの農業」へと大きな進化を遂げようとしていると言ってよいと思います。”

 (明峰 哲夫 先生)

という、なんとも痺れるテーマをもった研究会で(笑)、

全国の名だたる実践者や研究者が集って実践と考察の擦り合わせをされています。

 

 

今回は黒川キャンパスから身近な自然農法の実践者として木村さんにも声がかかり、

それに同行させていただいた次第です。

 

 

 

 

 

研究会の前に明治大学の佐倉教授自らに 黒川農場キャンパスをご案内いただきました。

この明治大学 黒川農場キャンパスでは、

最先端のコンピューター制御を取り入れた水耕栽培から、 通常の慣行農法、有機農法、そして自然農法まで、

実に総合的に研究されています。

 

 

 

 

 

巨大なハウスで栽培されるホウレン草を見学。

気温やその他状況の変化を察知して、 緻密にコンピューター制御をしています。

いつもはワイルド過ぎる(笑)農業をしているので興味津々というか面白い!

 

 

まだキャンパスが出来てから5年程度。

とても整備されお洒落な校内でした。

 

 

 

 

 

続いて、いよいよ研究会。

今回の個別テーマは “耕起・不耕起をめぐって”。

僕ら農に学ぶでも実に旬なテーマです。

 

 

 

 

様々な方々から、 田んぼでの実例、畑での実例、土壌生物学からの最新の研究報告など、

実に良い学びの時間となりました。

 

 

 

農業に関わらず、何事も学び続けると、

“世の中にはまだまだ自分の知らない面白い人が沢山いる” 

“無意識にも高くなった鼻っ柱をへし折ってくれる”

“自分の研究や探求も大筋は間違ってはいない”

“素晴らしい知識や知恵、技術などが先達たちの熱い想いにより継承されている”

などなど、心地よい刺激に出会えますね。

 

 

ん~、たまらない(笑)

 

 

 

今日も充実した1日に感謝。

参加された皆さま有り難うございました&お疲れ様でした!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

2017年3月12日
朝からずっと晴天
Feel so good♪

 

 

今日は先日NIREのみんなと運んだ藁(わら)を、
なんと逗子葉山方面にある湘南国際村めぐりの森までお届けします。

この届けられた藁(わら)は、
各地で森づくりを実践されている一般社団法人Silva さんが
5月14日に主催される植樹祭のときに敷き藁として使っていただきます。

 

 

 

 
 
まずは4トン車に積み込み作業。
土日の寺家ふるさと村は多くの人たちが訪れる絶好の散歩コース。
大きな4トン車がそうした人たちの邪魔にならないように早朝から急いで積み込みます。

 

 
 


あっという間に積み込まれていく藁(わら)。

 

 

 


 
あっという間に片付いていく藁(わら)。

 

 

 

無事積まれた藁(わら)はこのまま4トン車で湘南国際村めぐりの森に。
この4トン車は2人しか乗れないので僕は電車で移動。

 

 

 

 
 


逗子~、逗子~でございます♪

 

 
 
逗子駅からは一般社団法人Silvaのスタッフさんに送迎していただき湘南国際村めぐりの森に到着。
現場で代表の川下さんやその他スタッフの方々と合流。

 

 

 

 


 
楽しくお話しているうちに藁(わら)を積んだ4トン車と共に木村さんたちも到着。
早速簡単に代表の川下さんからフィールドを説明していただきました。

 

 
 

 


このフィールドはバブル期の無理な開発が途中でとん挫した場所らしく、
そこを一般社団法人Silvaさんなどが現在植樹などして本来の森へと再生中とのこと。

 

 

 

 

 
 
腹が減っては戦はできない(笑)、というかあっという間にお昼の時間に。
みんなで自己紹介がてら楽しい食事♪

 

 

 

 


 
いよいよ藁(わら)を降ろしていきます!

 

 

 

 


  
山道をぎりぎりまでトラックで突っ込んでもらいましたが、
そこから植樹祭の会場まではみんなで頑張って運んでいきます。

 

 
 


休憩中、前回に引き続き今回も藁(わら)ベッドでお遊び(笑)

 

 

 

 


 
立てた藁(わら)を苗に見立てて、
実際植樹の際にどう敷き藁するかを教えてもらいました。

 

 

 

 


 
本当は4トン車から降ろすだけで今日の作業はおしまいにして、
1ヶ月くらいかけて徐々に会場まで運ぶ予定だったらしいですが、
みんなで頑張ったおかげでなんと1日で全部運び終えました、ぱちぱちっ!

 

 

 

いつもと違う場所でいつもと違うメンバーと楽しい作業。
天気も良くプチ旅行のように素敵な一日を過ごせました。
いうまでもなくこの後、逗子駅で飲んだビールは最高っ!(笑)

 

 

 

一般社団法人Silvaのみなさん有り難うございました&お疲れさまでした♪

 

 

 

 

最後にイベントのお知らせです。

 

今回運んだ藁(わら)が使われる植樹祭が5月14日
一般社団法人Silvaさんの共催により開催されます。

博識で森への愛に満ち溢れた代表の川下さんが
最新の技術や知識、そして全国初の植樹法!を、
とてもわかりやすくたのしくリードしてくださります。

なんと参加費無料ですので是非参加してみてください♪

 

 

 

◯●◯◯●◯◯●◯◯●◯◯●◯◯●◯◯●◯◯●◯◯●◯◯●◯◯●◯◯●

2017/5/14 第12回 湘南国際村めぐりの森 植樹祭

 

■開催日時■
 2017年5月14日(日)開催

9時30分〜  受付開始
10時15分〜12時 植樹
13時〜14時 大地再生箇所(※1)への植樹

※1 2016年秋に水脈づくりをした場所への植樹です。
※雨天決行。
※中止の場合(警報・荒天のみ)、めぐりの森ホームページ上で5月14日当日の午前6時に発表いたします。

 

■会場■
神奈川県横須賀市湘南国際村めぐりの森
http://megurinomori.net/

※会場には仮設トイレが設置されます。

 

■アクセス■
1.JR逗子駅前または京急新逗子駅前 1番バス乗り場より「湘南国際村センター前(逗16)」
もしくは「湘南国際村センター前(逗26)」行き利用で約28分。
 2.京急汐入駅前   2番バス乗り場より「湘南国際村センター前(汐16)」行き利用で約33分。

 

■参加費■ ※事前予約制
 無料

 

■お申し込み方法■
お申し込みは下記よりお願いいたします。
http://bit.ly/2017shokujusai

 

■申し込み締め切り日■
 2017年5月8日(月)

 

■主 催■
協働参加型めぐりの森づくり推進会議

 

■共 催■
特定非営利活動法人国際ふるさとの森づくり協会(ReNaFo)
非営利型一般社団法人 Silva

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

 

2017年3月9日
 一日中晴れ
Feel so good♪

 

 

 

今日は木曜日なので毎度お馴染み
NPO教育サポートセンター NIREのみんなが手伝いにきてくれました♪
個性溢れるみんなと会える木曜はいつも元気をもらっています。

 

 

 

 

今日の作業は各圃場に置かれている大量の藁(ワラ)を一ヶ所に運び集めます。
この集められた藁(ワラ)は、
一般社団法人Silva(シルウァ)さんに
森作り=植樹用の藁(ワラ)として有効活用していただきます。
(詳細は後日記事にアップ予定♪)

 

 

 

 

さて、最近は元気な中学生たちも加わってくれて益々賑やかなNIREのみんなとの作業♪

 

 

 


 
まずは各圃場から一度軽トラに積み込みます。
たすきリレー方式。
人数も多いのでどんどん進む作業。

 

 

 

 


続いて集積所に積み直していきます。
これの繰り返し。

 

 

 

 


 
軽トラ荷台を満喫するNIREのみんな
正にジブリの世界。
良い青春の思い出になってくれたらいいな。

 

 

 
 


そしてこちらもフっカフカの藁(ワラ)ベッドを堪能♪
本当に心地よい。

 

 

 

と遊んでいるうちに作業も無事終了(笑)

 

 

 

今日も良い日だ♪

 

 

 

NIREのみんな今日も有り難う&お疲れさまでした!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。