• 25 Sep
    • 本当の敵

      購読している日経ビジネスには、現在「トヨタ生産方式を作った男たち」というノンフィクション連載がされています。 09.19号では、1950年当時、労働争議に直面する大野耐一氏の話が出ていました。その中の、とても気に入った一節です。 一部抜粋---------------大野はストライキもつるし上げも怖くなかった。戦争と空襲を体験したばかりである。ほんものの戦争に比べれば労働組合との闘争なんて大したことではなく、ただの内輪もめに過ぎない。そして、大野が敵と思い定めていたのは組合員ではなかった。---------------抜粋ここまで 確かに本当の戦争を体験した人は強いと思います。幸いにも、今の日本で戦争を経験することはないでしょうが・・・。 現代においても様々な分野でトップにいる人たちは、人並み以上の苦労を経験してきたのだ思います。それがスポーツの場合であれば、厳しい練習であったり、怪我との戦いであったり。 私もまだまだ、自分自身に甘いと反省する毎日です。  

      テーマ:
  • 24 Sep
    • 表面粗さ記号とダイナミックブロック

      CAD出張研修用の資料を作成しています。今回の研修は機械図面が中心となるので、ダイナミックブロックの説明として、表面粗さ記号を例に取り上げました。 属性定義とダイナミックブロックを使えば、登録するブロックはたった1個だけ。何種類ものブロックを作る必要なありません。   ところで、私がドラフターに向かって手書き図面を書いていた時代は、三角記号でした。その後、数値が加わった粗さの表現になり、さらに現在ではRaという文字を表示するようになっています。 大量の図面を管理している企業では、図面の改訂や切替時期なども大変でしょうね。 AutoCADの出張講習・個別講座はCADCIL(キャドシル)へCADCILはニテコ図研が運営するAutodesk認定トレーニンセンターです。  

      テーマ:
  • 23 Sep
    • テクニカルイラストレーションCAD技能検定説明会

      平成28年度後期技能検定試験が今月公示されました。 弊社は、テクニカルイラストレーションCAD技能検定実技試験会場として申請予定です。 つきましては、下記の日程にて受験申請に関する説明会を行います。 説明会は同日2回開催しますので、いずれかご都合の良い方にご参加ください。 開催日時 (昼の部)2016年9月28日(水)14:30~15:00 (夜の部)2016年9月28日(水)18:30~19:00開催場所:株式会社ニテコ図研 本社 (大阪市淀川区西中島4-13-24 花原第3ビル4F) 定員:各コース5名様 申込み締め切り:9月27日18:00まで 料金:無料お問合せ先 株式会社ニテコ図研 TEL:06-6303-0277 MAIL:niteco@niteco.co.jp 内容 ・試験の概要 ・日程と場所---実技試験・学科試験 ・試験時間---1級・2級・3級 ・受験申請方法 ・実技試験で使用するソフトとPC環境について ・受験対策講座のご案内 弊社では兵庫県職業能力開発協会の管理に従い実施いたします。 実技試験の環境については各都道府県毎に異なります。 兵庫県以外に在住の方でも弊社にて受験していただけます。(要事前予約)前年度は3級のみの実施でしたが、今年度は1,2,3級が実施されます。 1,2級は隔年実施となっていますので、既に3級の資格をお持ちの方は 是非2級にチャレンジされる事をお勧めいたします。 参加申込みページ https://ssl.form-mailer.jp/fms/2ba63201466731   

      テーマ:
  • 22 Sep
    • AutoCADのステータスバー

      来週はAutoCAD企業向け出張研修です。 私が普段の業務で使っているバージョンは2015弊社に来社いただいての個別講座は最新バージョンである2017を使用しています。一方、今回の出張研修では2014を使う事になっています。 2014~2017まで、操作自体はそれほど変わっていないのですが、研修で重要役割を果たすステータスバーの表示・設定がバージョンによって異なるのは困りもの。 ステータスバーに必要最低限のボタンが表示できるよう、2014、2015それぞれの資料を作成しておきました。  今回の研修では上記のような数ページのオリジナル資料と書籍を併用して2日間行う予定です。 AutoCADの出張講習・個別講座はCADCIL(キャドシル)へCADCILはニテコ図研が運営するAutodesk認定トレーニンセンターです。   

      テーマ:
  • 21 Sep
    • 日本語の限界

      昨日は、仕事上で必要となる管理者登録を行うため、ある英語のウェブサイトにアクセスして登録作業を行いました。日本語の資料を見ながら手順を進めていきましたが、かなりのエネルギーを使いました。日本語資料が無ければもっとたいへんだったかも。 AutoCADでの質問があったので、同様のQ&Aがネット上にないかどうかを検索でチェック。見つかりません。ならばキーワードを英語にしてGoogleで検索。遥かに多くの情報量が表示されます。元々、AutoCADは米国が本場なので当たり前といえば当たり前ですが・・・。 私はLINEは全く使ったことはありません。3ヶ月程前に娘が「衛星プロジェクトで使っている。使いやすい。」と紹介してくれたので、slackを使い始めました。エンジニアの間ではよく使われているチャットツールです。設定は全て英語。私は未だ使いこなせていませんが、堀江貴文氏も自著の中で、slackを絶賛しています。 最近使い始めた3Dデータ表示のSketchFab気に入ってます。これも設定は全て英語。 先日スカイプ英会話レッスンで、初めてリクエストした先生に「あなた何の為に英語を学習するのか?」と尋ねられましたが、「ネットからより豊富な情報を得たい為」と答えました。  仕事上で、英語を使って会話やメールをすることはほとんどありません。一方、情報や利便性を得るには英語を使った方が遥かに有利だと感じる出来事が最近続いています。 CADソフトでも、日本語版ではなくオリジナルのまま使った方が、トラブル発生の確率も少ないように思います。  

      1
      テーマ:
  • 20 Sep
    • 数学の勉強

      昨日は講演会へ参加。こちらの会員にはなっていませんが、これまでにも興味のあるテーマの時には、他の学会の講演にも時々参加しています。  15日から秋季大会が開かれており、その中で一般向けの講演会として開催されたようです。  ちなみに私が理事を務めている日本図学会。秋季大会は11月26日(土)~27日(日)に首都大学東京 南大沢キャンパスにて開催です。http://www.graphicscience.jp/taikai/83_list_detail.html 

      テーマ:
  • 19 Sep
    • キャラクターのモデリング

      先週末、勉強したFusion360のスカルプトモデリング。昨日自宅で、練習がてらにキャラクタのモデリングをやってみましたが、なかなか手強い。多くのツールがある中で、どのようなアプローチでモデリングを進めていくのか。最初の計画が重要です。 様々な書籍やノウハウ動画を見て、経験を重ねていくしかないのでしょうね。Fusion360に限らず、様々なソフトウエアのノウハウ動画は、英語のものが圧倒的に多いので、英語の勉強にもなって良いと思います。  

      2
      テーマ:
  • 18 Sep
    • VRコンテンツを作成

      最近、VR(Virtual Reality:仮想現実)の話題が盛んです。ポケモンGOは現状では、AR(Augmented Reality:拡張現実)なので、厳密には違うようですが・・・。 先日のAutodesk University ではVRの展示も多く、参加者にはVRメガネも配布されました。スマホをセットすれば、簡単にVRが体験できます。 せっかくなので、過去に作成した3Dデータを素材にして、VRコンテンツを作成してみました。    作成したコンテンツは弊社のfacebookページにアップしています。   

      2
      テーマ:
  • 17 Sep
    • オートバイのホイールとアノテーション

      先日のチェアに続き、オートバイのホイールの3Dコンテンツも追加しています。残念ながらアメブロでは、使用できるタグに制限がある為、ブログから直接は操作できません。 下記アドレスからご覧ください。https://skfb.ly/SYE8番号をクリックすると、注釈が表示されます。  ---------------------------------------------------------------10月15日(土)大阪で開催決定のJAVCセミナー「AutoCADで描くテクニカルイラスト入門」は参加受付中です。詳細・お申し込みはこちらから  

      2
      テーマ:
  • 16 Sep
    • インストラクターとしての勉強

      今日はInventor認定インストラクター向けのクラスに参加。Inventor2017の新機能についての勉強でした。 そのうちのひとつ、待ちに待った3DPDFの書き出しができるようになったこと。この点では、Solidworksに追いついた、というよりも追い越したかも。 その理由は、生成された3DPDFの内容がかなりの情報を持っていること。この辺は、今後検証の必要があります。  そして後半はFusion360の高度なモデリング実習。 PC持ち込みでしたが、マシントラブルで焦りました。  Inventor、Fusion360の出張講習はCADCIL(キャドシル)へ   

      3
      テーマ:
  • 15 Sep
    • CADCILホームページ、改装中

      弊社が運営している出張型CADスクール CADCIL(キャドシル) のホームページは只今改装中です。 現在、講座のコース設定やカリキュラムの見直しを行なっております。 しばらくの間ご不便をおかけいたしますが、何卒よろしくお願い申し上げます。   ---------------------------------------------------------------10月15日(土)大阪で開催決定のJAVCセミナー「AutoCADで描くテクニカルイラスト入門」は参加受付中です。詳細・お申し込みはこちらから  

      2
      テーマ:
  • 14 Sep
    • 3Dデータを公開

      満席となっていました 9月16日(金)開催のFusion360 無料体験会ですが、キャンセルによる空きが出ましたので、お知らせいたします。 1名限りですので、お申し込みは今すぐ、こちらからお申込み時に満席となっていた場合はあしからずご了承ください。  以前、弊社の旧ホームページで公開していた3Dデータを順次公開していきます。当時は静止画像でしたが、下記のページから直接3Dデータを操作していただけます。 https://skfb.ly/SY6C

      1
      テーマ:
  • 13 Sep
    • 油圧ショベルの3Dコンテンツ

      油圧ショベルの3Dコンテンツを作りました。 マウスの左ボタンで操作してください。左右ドラッグで、本体上部が回転上下ドラッグで、ブームが上下します。 素材は3D工事イラストワークスを使用しています。 http://www.niteco.co.jp/new_gallely/160912/sample.html   弊社ホームページではこの他の3Dコンテンツも公開しております。http://www.niteco.jp/company-profile/operational-performance/  

      2
      テーマ:
  • 12 Sep
    • 10月のセミナーのお知らせ

      Fusion 360 無料体験会9月は既に満席。10月7日の体験会も満席となりました。10月21日開催分はまだお席が空いております。 ご希望の方はお早めに詳細・申込みはこちらから ----------------------------------------------------------------------- 10月15日開催、JAVCセミナーAutoCADで描くテクニカルイラスト入門こちらのセミナーは私が講師担当ですが、早速 工科高校の先生お二人からの申込みをいただきました。ちょっと緊張します。 せっかくの機会なので、AutoCADのオペレーションの前に、等角投影図の理論をじっくりお話させていただこうかと考えています。 手書きの時代は、任意の角度の立体図作成には、写真のような分度器を使っていましたが、今ではCADで簡単に作成できますよ。  詳細・お申し込みはこちらから  

      3
      2
      テーマ:
  • 11 Sep
    • Evernoteのデバイスを2台に絞りました。

      名刺管理にEvernote無料版を使っていますが、最近使用可能なデバイスの数が制限されるようになりました。 スマホの画面にも警告のメッセージが出るようになり、打ち合わせ前に名刺をチェックする私としては問題です。Evernoteを頻繁に使用するノートPCとスマホの2台に制限しようと考えました。 そのためには、上記以外のデバイスを無効にしなければなりません。今は使っていない古いスマホやPCの名前でログインしたままになっているものが何台かあります。 参考にしたページはこちら アカウント管理のページにログインします。https://www.evernote.com/Devices.action  昔使っていた、PCやスマホもリストに出てきました。  使わないデバイスの「アクセスを取り消す」をクリック。 スマホでEvernoteが今までどおり使えるようになりました。ちなみにEvernoteWEB版では、台数制限はないそうです。 

      2
      テーマ:
  • 10 Sep
    • 意匠図面や3Dの打ち合わせ等

      昨日は午前~午後と都内で打ち合わせでした。 午前中は現在お取引いただいているお客様と今後の意匠図面全般に関する事。新たな分野の意匠図面が加わるとのことなので、今後より一層のお役に立てればと考えております。 打ち合わせを終え、ビルの外へ出て見上げると、そこに飛行船。  午後からは3Dプリンタメーカーへ。3D-CADの教育を実施している弊社にとって、3Dプリンタとの連携は不可欠です。 3D-プリンタだけ持っていても、3Dデータを作ることができなければ、単なる箱。1年前に購入した低価格プリンタの70%程は箱に仕舞いこんでいるのが現状のようです。 以前から、私がやりたいと思っていた内容についても、意見が一致。時代の要請にマッチした質の高い教育を幅広く行う為にも、アライアンスを組んでの展開に期待が持てました。  

      2
      テーマ:
  • 09 Sep
    • Autodesk University Japan 2016

      昨日は、Autodesk University Japan 2016 に参加しました。  午前中は4名のスピーカーによる基調講演。半数は英語での講演の為、同時通訳の機器も配られましたが、私は敢えて生で聴こうと思い使用せず。 スクリーンの資料映像を観てしまうと、それに気を取られてスピーチの内容がわからなくなります。スピーカー(オートデスク社)の顔を見ながらの方が表情や身振りでなんとなくわかるので、顔ばかり見ていました。(^_^;) 午後からは、ものづくり関連のセッションを集中して受講。オートデスクは、製造・建築・土木・エンタテイメント他、幅広い分野の製品を出しています。 弊社の業務は製造業界が中心である為、BIMについての関心はあまりなかったのですが、住宅設備メーカーがBIMを通して取り組む将来の建築業界の姿も知ることができました。 また、Inventorを業務で使っている製造メーカーの事例は非常に勉強になりました。使うべき機能と使ってはいけない機能の区別や、フィーチャーの使用方法の標準化などはInventorを教える側の人間としては、貴重な情報です。 来場者の数は想像以上に多く、同社の注目度の高さを感じました。   

      1
      テーマ:
  • 08 Sep
    • 勉強

      今日一日、ここで勉強でした。 

      1
      テーマ:
  • 07 Sep
    • iPhoneで音楽 続き

      昨日の記事の続き。iTunesを使わずに、iPhoneの音楽ファイルを管理する無料ソフトを試してみましたが、環境が悪いせいか、動作しませんでした。 これ以上試行錯誤するのも、精神衛生上良くないので、思い切って有料ソフトを選択。AnyTrans というソフトです。体験版があるので、使ってみましたが、無事転送することができました。このソフト、音楽ファイルの転送以外にも、色んな使い方ができるようです。 値段は3,000円程度。苦労していた私にとっては安い買い物だと思っています。   

      2
      テーマ:
  • 06 Sep
    • iPhoneで音楽

      通勤電車では、iPhoneで朝は英会話。夜は音楽を聞いています。 今までiTunesでMP3データをiPhoneに入れていましたが、どうしても使いこなせません。 iTunesに変わるものを模索。 いいものがあったと思って使ってみましたが、うまく設定できず。 どうもスマホは苦手です。 

      2
      2
      テーマ:

プロフィール

niteco

自己紹介:
株式会社ニテコ図研 代表取締役 日本ビジュアルコミュニケーション協会 関西支部長 日本図学会 理...

続きを見る >

読者になる

AD

ランキング

総合ランキング
168241 位
総合月間
95371 位
社長
967 位

ランキングトップへ

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。