猫(クータくん)とコレクション

ちっさいミリタリー系モデルなど。クータくんの名前はクータくんのためにそのまま。


テーマ:

1/72ドラゴンアーマー WW.II 日本海軍 水陸両用戦車 特二式内火艇 カミ



ドラゴンアーマーも結構種類があります。


1/72 WW.II 日本海軍 水陸両用戦車 特二式内火艇 カミ 海上浮航形態 (前期型フロート付き) 1944年 クェゼリン島


1/72 WW.II 日本海軍 水陸両用戦車 特二式内火艇 カミ 海上浮航形態 (後期型フロート付き) 1944年 フィリピン レイテ島オルモック


1/72 WW.II 日本海軍 水陸両用戦車 特二式内火艇 カミ 海上浮航形態 (後期型フロート付き) 1944年 千島列島


1/72 WW.II 日本海軍 水陸両用戦車 特二式内火艇 カミ アイタペ 1944年 7月-8月


1/72 WW.II 日本海軍 水陸両用戦車 特二式内火艇 カミ サイパン 1944年 6月


 ↑ 写真はアイタぺの方ですね サイパンは、砲塔のマーキングが601でなく日章旗




以前に買ったものを引っ張り出してきました。


1/72ドラゴンアーマー WW.II 日本海軍 水陸両用戦車 特二式内火艇 カミ 海上浮航形態(前期型フロート付き)1944年ニューギニア



丁度ワールドタンクミュージアムキットVol.3と同じカミ



流石に1/72のディテールが出ている。

まあお値段も違いますが、ドラゴンアーマーならではのモールドや塗装。

他の追随を許さぬ出来です。


ドラゴンも前方への傾斜がありますが、かなり緩やか。

上陸した海岸の傾斜に合わせて設計されているとか。



後期型は、前後のフロートが左右に分かれるようですが、前期型は、後ろも前も一塊。

しかし、外す時は、前を外してから後ろへ下がって、後ろを外して前へ・・・



上からも前後フロートの分割線が見えます。外せるギミックあると面白いんですが、

戻せなくなるのも困るな。

ちゃんと砲塔前などに手すりがついています。37㎜砲は、砲口も開いています。


排気管カバーが超リアル。フロートは別パーツで着脱できそうですが接着してあります。

AD
いいね!(1)  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

ワールドタンクミュージアムキットVor.3 7.特二式内火艇"カミ車" 初期塗装










モリナガ・ヨウさんのイラストは、3種書いてあるのは八九式と同じ。

タイトルのみ特二式内火艇になっている。



7.特二式内火艇"カミ車" 初期塗装


船体というか車体は、前側に下がっているんだけど、

起動輪がもっと上がっていなくてはいけないような気がするが。






車体上部はほとんどのっぺりとした平ら。車体下部のリベットも再現。



原型師はマツオカステンさん。八九や九七とはちょっと趣が違う。



砲身の出来がシャープ。流石に砲口を開けるのは難しいな。


1.九七式中戦車"チハ"新砲塔 前期塗装
2.九七式中戦車"チハ"新砲塔 黄帯塗装
3.九七式中戦車"チハ"新砲塔 後期塗装
SP九七式中戦車改『功臣号戦車』
4.八九式中戦車 乙型 前期塗装+彩色済み1/35日本軍女性戦車兵フィギュア
5.八九式中戦車 乙型 黄帯塗装
6.八九式中戦車 乙型 海軍陸戦隊
7.特二式内火艇"カミ車" 初期塗装
8.特二式内火艇"カミ車" 後期塗装
9.特二式内火艇"カミ車" 二色迷彩



AD
いいね!(6)  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

ワールドタンクミュージアムキットVor.3 1.九七式中戦車
"チハ"新砲塔 前期塗装




モリナガ・ヨウさんのイラストは、3種書いてあるのは八九式と同じ。

タイトルのみ九七式中戦車になっている。



1.九七式中戦車"チハ"新砲塔 前期塗装


やはりバトルタンクシリーズの造りと似ていますね。

足回りの造りは流石ですね。



主砲の砲口をピンバイスで開けてみました。ちょっとはそれらしくなるのが不思議です。

やはり戦車は主砲と足回りですね。


塗装はこんなもんでしょうか。マフラーのさび色のはみ出具合がかなりすごい。



機銃の造りがいっつもいまいち。1/2000駆逐艦の方がまだいい気がします。

機銃横の穴を再現していますが、ヘリボーンのロケットポッドのような作り。


エフトイズさんは、どうも3Dを起こしてから金型にするようで、原型師がこだわるようなところが、

かなりあっさりしていたり、逆に単純な細い砲身がシャープだったりします。

1/144で表現できることは、コストとの兼ね合いで、結構難しいかもしれません。

二次大戦の戦車は飛行機の翼や胴体の美しさと違って、、

意外と砲や砲塔、起動輪・転輪・誘導輪・履帯の具合が大切だと思います。

エフトイズさんの商品は、どちらかと言えば、

大戦以降のすっきりした直線的な戦車の方が出来がよい気がします。



1.九七式中戦車"チハ"新砲塔 前期塗装
2.九七式中戦車"チハ"新砲塔 黄帯塗装
3.九七式中戦車"チハ"新砲塔 後期塗装
SP九七式中戦車改『功臣号戦車』
4.八九式中戦車 乙型 前期塗装+彩色済み1/35日本軍女性戦車兵フィギュア
5.八九式中戦車 乙型 黄帯塗装
6.八九式中戦車 乙型 海軍陸戦隊
7.特二式内火艇"カミ車" 初期塗装
8.特二式内火艇"カミ車" 後期塗装
9.特二式内火艇"カミ車" 二色迷彩



AD
いいね!(4)  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

ワールドタンクミュージアムキットVor.3 4.八九式中戦車 乙型 前期塗装

+彩色済み1/35日本軍女性戦車兵フィギュア



家にも届きましたが、残念ながらシークレットは無しで、

5.八九式中戦車 乙型 黄帯塗装が入っていました。





モリナガ・ヨウさんのイラストは、3種書いてあり、3種どれも同じものが入っています。

違いは、左上の機種名と裏の組立図だけ。 4番だけトモミンが付いてきます。



フィギュアは右腕だけ分割で、スタンドが付きます。




フィギャ自体の出来は良いのですが、顔塗は最低です。




1/144の戦車は小さいね。            1/35のトモミンがゴジラクラスです。



小さすぎて、被写界深度を出すのが大変。真中しかピントが合いません。



履帯など足回りが一体化で組んであるのがエフトイズらしい。

バトルタンク2以来のエフトイズの技術。(バトルタンク1でクレームが多かった。)



このスケールでは、小口径の砲と機銃を表現するのは難しい。


日本陸軍戦車は、フランス陸軍を手本にしたのでルノーの豆戦車の影響が大きい。



意外にアップにすると主砲の上のゲート痕を塗っていないのが気になります。


八九はリベットの面白さですね。
前機銃の抜き穴がわかりますかね。

いいね!(7)  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

童友社/ドラゴン 1/144 ジャイアントアーマー第4弾 マウス




http://www.doyusha-model.com/list/figure/giant_armar/ga4.html

ドイツの史上最大の超重戦車で、全備重量188t、車体全面装甲200mmというすさまじいものでした。
試作1.2号車が製作されただけで、実用化はされませんでした。
ジオラマケース、芝生付き
完全塗装済みモデル

箱サイズ : 69mm×132mm×100mm
価格 : 1,000円(税抜)


もう売ってないと思うけど、当時は、

マイクロアマーより高いというイメージだったが

いまなら、物価御考えても結構安いと思ってしまう。

欲しいと思った時には、発売時期も逃してしまっていた。



撃破マーク付きのマウスがなかったので、調達してみました。



クリアケースにジオラマ風に背景と草が生えています。
ブリスター上下に挟まれています。


全長10.085 m  車体長9.034 m ジオラマ風に背景が付いて草が生えています。
全幅3.670 m   全高3.630 m   重量187.998 t

主砲:55口径 12.8cm KwK44戦車砲 (ヤークトティーガーと同じ)
同軸左副武装:36.5口径 7.5cm KwK44戦車砲 (おもに榴弾用)
同軸右機銃:7.92mmMG34機関銃


砲塔の前面220~240 mm 車体前面200 mm 砲塔側面に各1つずつの射撃ポート

転輪は、1軸2個がオーバーラップ式6個で12輪、両側で24輪。


砲塔の前面220~240 mm 車体前面200 mm 車体後部に1,000リットル入りの大型増加タンク



内燃機関と電動モーターのハイブリッド式駆動装置

初はガソリンエンジンだったがディーゼルに変えた。最大速度: 22km/h
最履帯の幅は、巨大な車体を支えるため、両側1,100mmづつあり、残りスペースの中心は1m弱。



猫(クータくん)とコレクション 猫(クータくん)とコレクション

色違いの別Ver。
2013年6月26日に紹介しています。


いいね!(6)  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

隔週刊コンバットタンクコレクション 107・108号



2016年6月21日 107号 装甲偵察車AB43 203(i)
ユーゴスラビアのゲリラ鎮圧に投入されたドイツ軍のイタリア製装甲車AB43を再現。


2016年7月5日 108号 III号戦車L型
重戦車大隊でティーガーの不足を補った5cm L/60砲搭載のIII号戦車L型を再現。





DeAGOSTINI  隔週刊 コンバットタンク コレクション

デアゴスティーニのホームページ
http://deagostini.jp/ctc/

第84号 IV号突撃砲 〈ドイツ〉
ドゥンケルゲルプの下地にロートブラウンとオリーフグリューンで迷彩を施したIV号突撃砲を再現。


第85号 オペル・ブリッツ3.6-36S 〈ドイツ〉
赤十字を随所に付けて救急輸送任務に使用されたオペル・ブリッツを再現。


第86号 M4A3(76mm砲型) 〈アメリカ〉
「ブラックパンサー」の名で広く知られる第761戦車大隊に所属したM4A3(76mm砲型)を再現。


第87号 マルダーIII M型 〈ドイツ〉
ドゥンケルゲルプ、オリーフグリューン、ロートブラウンの3色迷彩を施したマルダーIII M型を再現。


第88号 Flak38搭載1t軽牽引車 〈ドイツ〉
ブラウグラウ(灰青色)で塗装されたドイツ空軍所属のFlak38搭載1t軽牽引車(Sd.Kfz.10/5)を再現。


第89号 ルクレールT5 〈フランス〉
砂漠特有の過酷な状況でも運用可能なUAE仕様のルクレールT5を再現。


第90号 センチュリオンMk.3 〈イギリス〉
主砲に20lb砲を搭載したヨルダン王立機甲軍団のセンチュリオンMk.3を再現。


第91号 ベルゲパンターA型 〈ドイツ〉  2016/11/10
重戦車回収のための各種装備を搭載したベルゲパンターA型を再現。


第92号 ナスホルン 〈ドイツ〉  2015/11/24
冬季迷彩をまとって東部戦線で戦ったナスホルン対戦車自走砲を再現。


第93号 M109A6パラディン 〈イラク〉  2015/12/8
サンドFS33446の塗装でイラク作戦に参加したM109A6パラディン自走榴弾砲を再現。


第94号 Sd.Kfz.11 3t軽牽引車 〈ドイツ〉  2015/12/22
北アフリカ戦域向けの迷彩を施したSd.Kfz.113t軽牽引車を再現。


第95号 III号突撃砲G型〈ドイツ〉  2016/1/5
クルスクで戦ったシュルツェン装備の中期生産型III号突撃砲G型を再現。


第96号 ホルヒKfz.15+ネーベルヴェルファー〈ドイツ〉  2016/1/19
ネーベルヴェルファー150mmロケットランチャーを牽引するホルヒKfz.15を再現。


第97号 ソミュアS35 〈フランス〉   2016/2/2
オリーブグリーンとブラウンの迷彩の上からスプレーで砂色の斑点を吹き付けたチュニジア仕様のソミュアS35を再現。


第98号 Sd.Kfz.251/9 D型 〈ドイツ〉    2016/2/16
ドゥンケルゲルプの下地にロートブラウンとグリューンの斑点を施したSd.Kfz.251/9 D型を再現。


第99号 LWS 〈ドイツ〉  2016/3/1
ミッドグレーを下地とし、ダークグレーとライトグレーの波打つ線を描いて迷彩としたLWS水陸両用牽引車を再現。


2016年3月15日 第100号 M1A1HAエイブラムズ 〈アメリカ〉  2016/3/15
標準的なNATO迷彩をまとってドイツでの演習に参加したアメリカ陸軍のM1A1HAエイブラムズを再現。


2016年3月29日 第101号 ヤークトティーガー〈ドイツ〉    2016/3/29
ドゥンケルゲルプの下地にロートブラウンで波打つ文様が描かれたヤークトティーガーを再現。


2016年4月12日 第102号 IV号戦車D型〈ドイツ〉
北アフリカ戦線でドイツ・アフリカ軍団の主力を担った第21装甲師団のIV号戦車D型を再現。



2016年4月26日 第103号 15cmパンツァーヴェルファー42 〈ドイツ〉
ネーベルヴェルファー多連装ロケットランチャーを搭載した15cmパンツァーヴェルファー42を再現。


2016年5月10日 第104号対空戦車341型ケーリアン 〈ドイツ〉
試作車止まりで終わった対空戦車341型ケーリアンを想像を交えて再現。


2016年5月24日 第105号 IV号a型10.5cm対戦車自走砲“ディッカーマックス”〈ドイツ〉
東部戦線で戦ったドゥンケルグラウ単色塗装のIV号a型10.5cm対戦車自走砲を再現。


2016年6月7日 106号Sd.Kfz.9/1

6tクレーンを搭載する戦車回収整備車両Sd.Kfz.9/1ハーフトラックを再現









いいね!(2)  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

プラッツ プラッツ ガールズ&パンツァー 1/72 プラモデル



戦車のプラモデルと言えば、1/35スケールが標準的ですが、

作るのに気合がいるのと、ディスプレイ場所に困るのが難点。

たくさん飾ること考えると、やっぱり1/72がいいかな。

ということで、ガルパンバージョンも少し増えてきました。


GP72-6 ガールズ&パンツァー劇場版 1/72 九七式中戦車 知波単学園

GP72-5 ガールズ&パンツァー 劇場版 1/72 CV33 カルロ・ベローチェ アンツィオ高校 (2輌セット)


GP72-4 ガールズ&パンツァー劇場版 1/72 IV号戦車D型改 (H型仕様) あんこうチーム


GP72-3 ガールズ&パンツァーシリーズ 1/72 マウス黒森峰女学園ver.



GP72-1 ガールズ&パンツァーシリーズ 1/72 IV号戦車D型改 (F2型仕様) あんこうチームver.



WGP-1 1/72 蝶野正洋 超重戦車級王者 マウス
『ガールズ&パンツァー劇場版』の応援大使





Armour Modelling 2016年 03 月号








いいね!(4)  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

隔週刊コンバットタンクコレクション 106号 Sd.Kfz.9/1




6tクレーンを搭載する戦車回収整備車両Sd.Kfz.9/1ハーフトラックを再現


DeAGOSTINI  隔週刊 コンバットタンク コレクション

デアゴスティーニのホームページ
http://deagostini.jp/ctc/

第84号 IV号突撃砲 〈ドイツ〉
ドゥンケルゲルプの下地にロートブラウンとオリーフグリューンで迷彩を施したIV号突撃砲を再現。


第85号 オペル・ブリッツ3.6-36S 〈ドイツ〉
赤十字を随所に付けて救急輸送任務に使用されたオペル・ブリッツを再現。


第86号 M4A3(76mm砲型) 〈アメリカ〉
「ブラックパンサー」の名で広く知られる第761戦車大隊に所属したM4A3(76mm砲型)を再現。


第87号 マルダーIII M型 〈ドイツ〉
ドゥンケルゲルプ、オリーフグリューン、ロートブラウンの3色迷彩を施したマルダーIII M型を再現。


第88号 Flak38搭載1t軽牽引車 〈ドイツ〉
ブラウグラウ(灰青色)で塗装されたドイツ空軍所属のFlak38搭載1t軽牽引車(Sd.Kfz.10/5)を再現。


第89号 ルクレールT5 〈フランス〉
砂漠特有の過酷な状況でも運用可能なUAE仕様のルクレールT5を再現。


第90号 センチュリオンMk.3 〈イギリス〉
主砲に20lb砲を搭載したヨルダン王立機甲軍団のセンチュリオンMk.3を再現。


第91号 ベルゲパンターA型 〈ドイツ〉  2016/11/10
重戦車回収のための各種装備を搭載したベルゲパンターA型を再現。


第92号 ナスホルン 〈ドイツ〉  2015/11/24
冬季迷彩をまとって東部戦線で戦ったナスホルン対戦車自走砲を再現。


第93号 M109A6パラディン 〈イラク〉  2015/12/8
サンドFS33446の塗装でイラク作戦に参加したM109A6パラディン自走榴弾砲を再現。


第94号 Sd.Kfz.11 3t軽牽引車 〈ドイツ〉  2015/12/22
北アフリカ戦域向けの迷彩を施したSd.Kfz.113t軽牽引車を再現。


第95号 III号突撃砲G型〈ドイツ〉  2016/1/5
クルスクで戦ったシュルツェン装備の中期生産型III号突撃砲G型を再現。


第96号 ホルヒKfz.15+ネーベルヴェルファー〈ドイツ〉  2016/1/19
ネーベルヴェルファー150mmロケットランチャーを牽引するホルヒKfz.15を再現。


第97号 ソミュアS35 〈フランス〉   2016/2/2
オリーブグリーンとブラウンの迷彩の上からスプレーで砂色の斑点を吹き付けたチュニジア仕様のソミュアS35を再現。


第98号 Sd.Kfz.251/9 D型 〈ドイツ〉    2016/2/16
ドゥンケルゲルプの下地にロートブラウンとグリューンの斑点を施したSd.Kfz.251/9 D型を再現。


第99号 LWS 〈ドイツ〉  2016/3/1
ミッドグレーを下地とし、ダークグレーとライトグレーの波打つ線を描いて迷彩としたLWS水陸両用牽引車を再現。


第100号 M1A1HAエイブラムズ 〈アメリカ〉  2016/3/15
標準的なNATO迷彩をまとってドイツでの演習に参加したアメリカ陸軍のM1A1HAエイブラムズを再現。


第101号 ヤークトティーガー〈ドイツ〉    2016/3/29
ドゥンケルゲルプの下地にロートブラウンで波打つ文様が描かれたヤークトティーガーを再現。


第102号
IV号戦車D型〈ドイツ〉
北アフリカ戦線でドイツ・アフリカ軍団の主力を担った第21装甲師団のIV号戦車D型を再現。



第103号 15cmパンツァーヴェルファー42 〈ドイツ〉
ネーベルヴェルファー多連装ロケットランチャーを搭載した15cmパンツァーヴェルファー42を再現。



第104号対空戦車341型ケーリアン 〈ドイツ〉
試作車止まりで終わった対空戦車341型ケーリアンを想像を交えて再現。


第105号
IV号a型10.5cm対戦車自走砲“ディッカーマックス”〈ドイツ〉
東部戦線で戦ったドゥンケルグラウ単色塗装のIV号a型10.5cm対戦車自走砲を再現。



















いいね!(4)  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

エフトイズ 1/144ワールドタンクミュージアム キットVol.3



これも、だいぶ経っていますが、覚書ということで・・・


エフトイズのホームページ

http://www.platz-hobby.com/products/5372.html

2016年5月23日発売全9種

九七式中戦車 チハ 新砲塔
01.九七式中戦車 チハ 前期塗装
02.九七式中戦車 チハ 黄帯塗装
03.九七式中戦車 チハ 後期塗装

九八式中戦車 乙型
04.九八式中戦車 乙型 前期塗装
05.九八式中戦車 乙型 黄帯塗装
06.九八式中戦車 乙型 海軍陸戦隊

特ニ式内火艇 カミ
07.特ニ式内火艇 カミ 初期塗装
08.特ニ式内火艇 カミ 後期塗装
09.特ニ式内火艇 カミ 二色迷彩

>第三弾では金型の製造方法などを一から見直し、原型の細部ディテールを、より忠実に再現しています。






特ニ式内火艇 カミのサンプル画像来ましたが、

ワンフェス2016冬とは変わって、フロートは、分割できそうに見えます。


さて、10個目は9種の中の1種になるのかな。


発売もユーロ2が5月30日、ワールドタンク3が5月23日で、

ボーナス月の6月に向けの強力ラインナップといったところでしょうか。


2016/2/7 ワンフェス2016冬時






いいね!(3)  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

隔週刊コンバットタンクコレクション 105号IV号a型10.5cm対戦車自走砲



DeAGOSTINI  隔週刊 コンバットタンク コレクション

デアゴスティーニのホームページ
http://deagostini.jp/ctc/

第105号
IV号a型10.5cm対戦車自走砲“ディッカーマックス”〈ドイツ〉
東部戦線で戦ったドゥンケルグラウ単色塗装のIV号a型10.5cm対戦車自走砲を再現。



国際貿易 WARMASTERS 1/72 10.5cm対戦車自走砲 `ディッカーマックス`ドイツ陸軍 1942年 ロシア
2014年3月末


第84号 IV号突撃砲 〈ドイツ〉
ドゥンケルゲルプの下地にロートブラウンとオリーフグリューンで迷彩を施したIV号突撃砲を再現。


第85号 オペル・ブリッツ3.6-36S 〈ドイツ〉
赤十字を随所に付けて救急輸送任務に使用されたオペル・ブリッツを再現。


第86号 M4A3(76mm砲型) 〈アメリカ〉
「ブラックパンサー」の名で広く知られる第761戦車大隊に所属したM4A3(76mm砲型)を再現。


第87号 マルダーIII M型 〈ドイツ〉
ドゥンケルゲルプ、オリーフグリューン、ロートブラウンの3色迷彩を施したマルダーIII M型を再現。


第88号 Flak38搭載1t軽牽引車 〈ドイツ〉
ブラウグラウ(灰青色)で塗装されたドイツ空軍所属のFlak38搭載1t軽牽引車(Sd.Kfz.10/5)を再現。


第89号 ルクレールT5 〈フランス〉
砂漠特有の過酷な状況でも運用可能なUAE仕様のルクレールT5を再現。


第90号 センチュリオンMk.3 〈イギリス〉
主砲に20lb砲を搭載したヨルダン王立機甲軍団のセンチュリオンMk.3を再現。


第91号 ベルゲパンターA型 〈ドイツ〉
重戦車回収のための各種装備を搭載したベルゲパンターA型を再現。


第92号 ナスホルン 〈ドイツ〉
冬季迷彩をまとって東部戦線で戦ったナスホルン対戦車自走砲を再現。


第93号 M109A6パラディン 〈イラク〉
サンドFS33446の塗装でイラク作戦に参加したM109A6パラディン自走榴弾砲を再現。


第94号 Sd.Kfz.11 3t軽牽引車 〈ドイツ〉
北アフリカ戦域向けの迷彩を施したSd.Kfz.113t軽牽引車を再現。


第95号 III号突撃砲G型〈ドイツ〉
クルスクで戦ったシュルツェン装備の中期生産型III号突撃砲G型を再現。


第96号 ホルヒKfz.15+ネーベルヴェルファー〈ドイツ〉
ネーベルヴェルファー150mmロケットランチャーを牽引するホルヒKfz.15を再現。


第97号 ソミュアS35 〈フランス〉
オリーブグリーンとブラウンの迷彩の上からスプレーで砂色の斑点を吹き付けたチュニジア仕様のソミュアS35を再現。


第98号 Sd.Kfz.251/9 D型 〈ドイツ〉
ドゥンケルゲルプの下地にロートブラウンとグリューンの斑点を施したSd.Kfz.251/9 D型を再現。


第99号 LWS 〈ドイツ〉
ミッドグレーを下地とし、ダークグレーとライトグレーの波打つ線を描いて迷彩としたLWS水陸両用牽引車を再現。




第100号 M1A1HAエイブラムズ 〈アメリカ〉
標準的なNATO迷彩をまとってドイツでの演習に参加したアメリカ陸軍のM1A1HAエイブラムズを再現。
コンバット・タンク・コレクション全国版(100) 2016年 4/12 号 [雑誌]


第101号 ヤークトティーガー〈ドイツ〉
ドゥンケルゲルプの下地にロートブラウンで波打つ文様が描かれたヤークトティーガーを再現。

第102号
IV号戦車D型〈ドイツ〉
北アフリカ戦線でドイツ・アフリカ軍団の主力を担った第21装甲師団のIV号戦車D型を再現。

第103号 15cmパンツァーヴェルファー42 〈ドイツ〉
ネーベルヴェルファー多連装ロケットランチャーを搭載した15cmパンツァーヴェルファー42を再現。


第104号
対空戦車341型ケーリアン 〈ドイツ〉
試作車止まりで終わった対空戦車341型ケーリアンを想像を交えて再現。

いいね!(3)  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Amebaおすすめキーワード

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

ランキング

  • 総合
  • 新登場
  • 急上昇
  • トレンド

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。