エコ・ブログトップへ スマイル・エコ・プログラム
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>

デアゴスティーニ  自衛隊モデルコレクション 第52号P-2J

テーマ:自衛隊モデルコレクション
2015年03月02日 22時46分31秒

デアゴスティーニ  自衛隊モデルコレクション 第52号P-2J




★2015年3月3日第52号P-2J

クータくんのブログ クータくんのブログ

かかみがはら航空宇宙博物館



スクエアーの小振りの箱に入っています。


いや小さいですね。1/250はかなり小さくなる


全長:29.7m全幅:30.9mでほぼスクエアー1/250なら11.9×12.4㎝。1/200なら14.9×15.5㎝。
E-2Cを戦闘機などと同じ1/100で17.6×24.6㎝



まあラインナップ中で一番大きいE-767早期警戒管制機 48.5×47.6mを考えているとして

1/250なら19.4×19.0㎝。1/200なら24.3×23.8㎝尾翼が小さければいける気もするが。



一応胴体下の中央部をダイキャストししています。軽いのでわからないほど。

筋掘りは、このスケールにしては大きめ。胴体の窓は、黒塗りで表現。



クリアーツが、厚めで透明度はイマイチ。


右翼の翼端は、クリアパーツ使用。

海上自衛隊は、マーキング自体少ないですが、部隊マークがないですね










AD

エフトイズ F-4EJ改 日本の翼コレクションSPECIAL VS自衛隊特別塗装機2

テーマ:比較もの航空機
2015年03月01日 13時04分41秒

エフトイズ F-4EJ改 日本の翼コレクションSPECIAL VS自衛隊特別塗装機2


金型を新しくしたということで、前の型との違いを見てみたいと思います。

★自衛隊 特別塗装機コレクション2
11月18日発売予定 全6種





★エフトイズ/プラッツ日本の翼コレクション SPECIAL Ver F-4EJ改

2010年12月13日発売 473円  

原型は、日本の翼コレクション1で 2006年4月17日発売

a:F-4EJ改第302飛行隊 2010記念塗装

b:F-4EJ改 第8飛行隊 洋上迷彩

猫(クータくん)とコレクションで夢を


猫(クータくん)とコレクションで夢を
パーツは、ミサイル系が増えています。ノーズのピトー管も分割されました。


猫(クータくん)とコレクションで夢を 猫(クータくん)とコレクションで夢を

全体的な印象は、機首が細くなってキャノピーが前に下がっているよう感じます。

特別塗装機2は、流石に特別塗装なので、シルエットがノーマル機との比較がしづらい。


猫(クータくん)とコレクションで夢を 猫(クータくん)とコレクションで夢を

インテイクのパーツ分割が変わって、下の方が翼から伸びています。

組上げも難しく、パーツもシャープでないのでかえって隙間ができる。


猫(クータくん)とコレクションで夢を 猫(クータくん)とコレクションで夢を

インテイクの形状もかなり変わりました。翼の付け根部分にタンクの膨らみがあります。

下面は、スパロー取り付け用のダボ穴がつきました。


猫(クータくん)とコレクションで夢を 猫(クータくん)とコレクションで夢を

ピトー管は、先を差し込むタイプでちょっと短くなったような。若干段差があります。

排気管は、開いた状態で、絞りが浅い造りになりました。

垂直尾翼のレーダー警戒シーカーはよりはっきりした。


AD

自衛隊 特別塗装機コレクション2 ⑥F-4EJ改 第301飛行隊航空自衛隊50周年記念

テーマ:エフトイズ
2015年02月28日 14時05分23秒

自衛隊 特別塗装機コレクション2

⑥F-4EJ改 第5航空団 第301飛行隊 航空自衛隊50周年記念塗装機



自衛隊 特別塗装機コレクション2
11月18日発売予定 全6種

①AH-1S 東部方面航空隊 第4対戦車ヘリコプター隊 木更津駐屯地 創立45周年記念航空祭 記念塗装機
②AH-1S 西部方面航空隊 第3対戦車ヘリコプター隊 目達原駐屯地 西部方面航空隊48周年記念記念塗装機
③OH-1  東部方面航空隊 第4対戦車ヘリコプター隊 木更津駐屯地 創立45周年記念航空祭 記念塗装機
④F-4EJ 第5航空団 第301飛行隊 1989年戦競機
⑤F-4EJ改 第5航空団 第301飛行隊 創隊40周年記念塗装機
⑥F-4EJ改 第5航空団 第301飛行隊 航空自衛隊50周年記念塗装機





ブリスターを斜めに使って収納したかったのは、ミサイルがサイドワインダー系とスパロー

フルで入れてかったため。デカールは記念塗装で大目。


ほとんど組まれているのはいいのですが、組が荒いのでダメダメです。

インテイクや翼をばらして組み直し。翼の後ろの黄色のパーツの収まりが悪く他に影響しています。



排気管上がひびが入って割れています。


脚やタンクを付ける前の組み直しで結構時間がかかりました。

デカールは固めで、貼りやすい。タンクの部分は、丸いので馴染ませて。

50周年記念はいいけれどもう60周年になってしまします。


今回、脚やタンク、パイロンなど細かいパーツの合いがよく助かります。





キャノピーは収まりは悪くないのですが、ちょうどパイロットの当たり計4か所、

爪が上までかかっていますので気になります。


タンクのデカールがきれい。アレスティングフックは結構でかくて宙ぶらりんです。












AD

艦船キットコレクション vol.6 スリガオ海峡 戦艦 山城 vs 戦艦 扶桑

テーマ:艦船
2015年02月27日 22時45分57秒

艦船キットコレクション vol.6 スリガオ海峡 戦艦 山城 vs 戦艦 扶桑


発売日:2015年1月26日

全8種  価格500円 税別

戦艦 山城
戦艦 扶桑
航空巡洋艦 最上
駆逐艦 山雲 満潮 朝雲

それぞれフルハルバージョン、洋上バージョンあり






上、山城はフルハルVer、下、扶桑は洋上Verで甲板は、ナイトモードで、黒迷彩だとのことです。




山城は、扶桑型の2番艦、扶桑は扶桑型というくらいで1番艦

金剛型などと竣工は大して変わらないが、改装により出力で大きく水をあけられてしまった。





構造物は、3個所に分かれていますが、まわりに35.6cm45口径連装の主砲を2-1-1-2で配置。

副砲15cm50口径単装はのど武装は同じですが、細かい儀装が違います。




一番大きな違いは、3番砲塔の向きが山城は後ろ向き、扶桑は前向きです。

違いは甲板の色だけでなく、艦橋の構造物、探照灯の位置やボートの位置や数

機銃等のひちがっかなり違います。


艦船キットコレクション vol.6 スリガオ海峡 戦艦 扶桑

テーマ:艦船
2015年02月26日 22時03分28秒

艦船キットコレクション vol.6 スリガオ海峡 戦艦 扶桑


山城のレビューからちょっと離れてしまいましたが、

今回は扶桑です

発売日:2015年1月26日

全8種  価格500円 税別

戦艦 山城
戦艦 扶桑
航空巡洋艦 最上
駆逐艦 山雲 満潮 朝雲

それぞれフルハルバージョン、洋上バージョンあり





戦艦 扶桑洋上バージョン。台座と艦底、梶や推進軸などはありません。


艦橋パーツはかなり細かくなっています。



甲板は、ナイトモードで、黒迷彩だとのことです。


構造物は、3個所に分かれていますが、まわりに35.6cm45口径連装の主砲を2-1-1-2で配置。



副砲15cm50口径単装がハリネズミのよう。艦橋は馬鹿みたいにごちゃごちゃして背が高い



第3砲塔は、前向きで砲身が艦橋にギリです。パーツはかなりの精度ですが意外に折れずに

粘ります。





タカラトミーアーツ 1/2000 洋上模型 連合艦隊コレクション 精鋭艦隊編

テーマ:艦船
2015年02月25日 21時38分06秒

タカラトミーアーツ 1/2000 洋上模型 連合艦隊コレクション 精鋭艦隊編


しばらく空いていましたけどまた出ます。
一気に並べると面白いかな。

タカラトミーアーツ ホームページ
http://www.takaratomy-arts.co.jp/osusume/#283
2015年3月

ラインナップ全13種

1.戦艦 大和

2.戦艦 武蔵

3.戦艦 長門

4.戦艦 陸奥

5.正規空母 赤城

6.正規空母 加賀

7.正規空母 飛竜

8.正規空母 瑞鶴

9.正規空母 翔鶴

10.重巡 摩耶

11.重巡 鳥海

12.駆逐艦 春月&時津風

13.駆逐艦 霜月&天津風

http://www.takaratomy-arts.co.jp/osusume/item_283/main.jpg



★タカラトミーアーツ1/2000 連合艦隊コレクション 第伍艦隊
2012年4月

航空戦艦 伊勢
戦艦 日向
航空母艦 雲龍
航空母艦 葛城
吹雪型駆逐艦 綾波&伊号第15型潜水艦 伊15
吹雪型駆逐艦 敷波&伊号第15型潜水艦 伊19
ホビーショップアミーさん
http://www.amnetcity.com/amy/capsule/graphics/Yujin201204.jpg



★タカラトミーアーツ 1/2000 洋上模型 連合艦隊コレクション 空母機動艦隊

2011/11/下旬発売予定 9種

猫(クータくん)とコレクション 猫(クータくん)とコレクション

1)航空母艦 加賀  
2)航空母艦 飛龍
3)秋月型駆逐艦 若月& 陽炎型駆逐艦 嵐

4)秋月型駆逐艦 新月& 陽炎型駆逐艦 谷風

5)航空母艦赤城 
6)航空母艦瑞鶴 
7)航空母艦翔鶴 

猫(クータくん)とコレクション


★タカラトミーアーツ1/2000 洋上模型 連合艦隊コレクション 特別編

2011年6月7日

猫(クータくん)とコレクション

1)戦艦大和(菊水作戦時) 
2)航空母艦赤城 
3)戦艦大和(就役時) 
4)航空母艦瑞鶴 
5)航空母艦翔鶴 
6)戦艦長門 
7)戦艦陸奥 
8)重巡洋艦摩耶 
9)重巡洋艦鳥海
10)秋月型駆逐艦 初月&陽炎型駆逐艦 不知火
11)秋月型駆逐艦 涼月&陽炎型駆逐艦 黒潮

猫(クータくん)とコレクション 猫(クータくん)とコレクション
翔鶴型航空母艦 翔鶴


★タカラトミーアーツ 1/2000 洋上模型 連合艦隊 コレクション
2010/06/07

猫(クータくん)とコレクション

1正規航空母艦 瑞鶴
2正規航空母艦 翔鶴
3重巡洋艦 高雄
4重巡洋艦 愛宕
5戦艦武蔵(就役型)
6戦艦大和(第四回対空兵装増備型)




デアゴスティーニ  自衛隊モデルコレクション 第54号 F-86D

テーマ:自衛隊モデルコレクション
2015年02月22日 13時29分01秒

デアゴスティーニ  自衛隊モデルコレクション 第54号 F-86D


★2015年3月31日第54号 F-86D

ウキペディア

http://upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/thumb/3/3a/JASDF_F-86D%EF%BC%8884-8100%EF%BC%89.JPG/800px-JASDF_F-86D%EF%BC%8884-8100%EF%BC%89.JPG


★2015年3月17日第53号 94式水際地雷敷設車

第54回全日本模型ホビーショー

猫(クータくん)とコレクション 猫(クータくん)とコレクション
陸上自衛隊広報センター


★2015年3月3日第52号P-2J

クータくんのブログ クータくんのブログ

かかみがはら航空宇宙博物館





★航空自衛隊 未2
44 F-15DJ戦闘機
54 F-86D戦闘機
E-767早期警戒管制機
51 F-4EJ戦闘機
47 F-1支援戦闘機
23 C-1中型輸送機
50 救難ヘリコプター UH-60J
30 T-33ジェット練習機
37 C-130H輸送機
04 T-4中等練習機(ブルーインパルス)
06 F-4EJ改戦闘機
29 T-1Aジェット練習機(T-1B)
38 F-104J戦闘機
17 F-86F戦闘機
01 F-15J戦闘機
08 F-2戦闘機
14 E-2C早期警戒機
K・C-767空中給油・輸送機
21 地対空誘導弾ペトリオット
20 T-2高等練習機

追加

41 F-86F戦闘機ブルーインパルス

★陸上自衛隊 未6

11 89式装甲戦闘車
34 96式自走120mm迫撃砲
82式指揮通信車
07 90式戦車
03式中距離地対空誘導弾
99式爆薬給弾車
09 61式戦車
40 多連装ロケットシステム自走発射機M270
45 75式自走155mm榴弾砲
50 多用途ヘリコプター UH-1J
36 203mm自走榴弾砲
26 87式偵察警戒車
24 74式戦車
49 91式戦車橋
03 戦闘ヘリコプター AH-64D
13 99式自走155mm榴弾砲
42 73式装甲車
19 観測ヘリコプター OH-1
32 90式戦車回収車
16 87式自走高射機関砲
対戦車ヘリコプター AH-1S
96式装輪装甲車
輸送ヘリコプター CH-47J
53 94式水際地雷敷設車

追加

28 汎用ヘリUH-60J


★海上自衛隊 未12

35 護衛艦あきづき
護衛艦はつゆき
22 護衛艦しらね
潜水艦うずしお(初代)
護衛艦やまぐも
15 HSS-2
護衛艦あきづき(初代)
潜水艦くろしお(初代)
護衛艦はるかぜ
33 救難機US-1A
46 哨戒機P-3C
18 潜水艦そうりゅう/うんりゅう
25 輸送艦おおすみ
潜水艦救難艦ちはや
練習艦かしま
救難機US-2
43 哨戒機SH-60K
27 護衛艦あまつかぜ
護衛艦はたかぜ
護衛艦たかつき
砕氷艦しらせ
48 護衛艦あぶくま
追加

05 護衛艦ひゅうが

10 こんごう

12 たかなみ

31 潜水艦キラー あやなみ

39 最新鋭イージス艦あたご

52 P-2J

自衛隊モデルコレクション 第51号 F-4EJ VS 第6号 F-4EJ改

テーマ:自衛隊モデルコレクション
2015年02月20日 22時28分20秒

自衛隊モデルコレクション 第51号 F-4EJ VS 第6号 F-4EJ改


F-4EJとF-4EJ改がそろいましたのでちょっと比較

★2015年2月17日第51号 F-4EJ

★2013年5月21日 6号 航空自衛隊F-4EJ 改








猫(クータくん)とコレクション 猫(クータくん)とコレクション
上がF-4EJ、下がF-4EJ改。見分ける大きなポイントは、F-4EJ改になって取り付けられた

レーダー警戒受信装置(RWR)。垂直尾翼の後ろ上に2つのセンサー両翼端前に、

1つづつ黒いセンサーが付いている。


猫(クータくん)とコレクション 猫(クータくん)とコレクション

F-4EJにも小さなアンテナがあるだが・・・F-4EJ改は大きめのブレードアンテナが付く。


猫(クータくん)とコレクション 猫(クータくん)とコレクション

F-4EJは制空迷彩、F-4EJ改は洋上迷彩で、ミッション自体が違う。

センタータンクはダイキャストで、ほかのタンクと微妙に塗装が違う。



猫(クータくん)とコレクション 猫(クータくん)とコレクション
ミサイルは、EJがサイドワインダーだが、攻撃能力を付加されたEJ改は、ASM-2.。



猫(クータくん)とコレクション 猫(クータくん)とコレクション

上はオジロワシの部隊マーク第302飛行隊。2009年には那覇から百里基地に。

ブラックパンサーの部隊マークは三沢の第8飛行隊

デアゴスティーニ  自衛隊モデルコレクション 第51号 F-4EJ

テーマ:自衛隊モデルコレクション
2015年02月19日 21時17分58秒

デアゴスティーニ  自衛隊モデルコレクション 第51号 F-4EJ






★2015年2月17日第51号 F-4EJ





流石に1/100の戦闘機は大きいです。結構な面積を占めます。



ブリスターも斜めに使って収納しています。



やはり必ずモデルになるオジロワシの部隊マーク第302飛行隊


背中にアンテナがないが、F-4EJにも小さなアンテナがあるだが・・・


エリアルールの断面を持つ胴体のくびれ。タンクは左右にセンターも付く。

機体にはダイキャスト部分がなく、センタータンクのみ。


ミサイルは、サイドワインダー左右に1発づつだけ。



マーキングはきれいだが、コーションマークの細かいものは省略されている。


シートは無彩色かな。

隔週刊コンバットタンクコレクション 第73号 M21 〈アメリカ〉

テーマ:戦車
2015年02月18日 18時16分30秒

隔週刊コンバットタンクコレクション 第73号 M21 〈アメリカ〉


DeAGOSTINI  隔週刊 コンバットタンク コレクション

5月22日創刊

デアゴスティーニのホームページ
http://deagostini.jp/ctc/

5月22日創刊 特別価格890円税込み 通常価格1990円
創刊号 1/72 VI号戦車ティーガーE型(ドイツ)
IXO社製の精密模型が付いてくるマガジン



デアゴスティーニのホームページ バックナンバー
第1号 VI号戦車ティーガーE型〈ドイツ〉
ドイツ陸軍大ドイツ師団“グロスドイッチュラント”の重戦車中隊に配備された車両。ダークグレイRAL7021に塗装され、車体の側面と後面にバルカン・クロスが描かれている。
猫(クータくん)とコレクション 猫(クータくん)とコレクション


WAR MASTERS 1/72 ティーガーI ドイツ陸軍 第502重戦車大隊 1942年

猫(クータくん)とコレクション 猫(クータくん)とコレクション

国際貿易 WAR MASTERS 1/72 ティーガーI ドイツ陸軍 第502重戦車大隊 1942年


第2号 61式戦車〈日本〉
緑オリーブ色の上に茶色の迷彩模様を施した第10師団所属の61式戦車。砲塔側面には同師団のシンボル「シャチホコ」が描かれている。 .

第3号 M48A3パットン2〈アメリカ〉
アメリカ第1海兵戦車大隊所属のM48。茶褐色がかったオリーブグリーンであるオリーブドラブ9番に塗装されている。アメリカ軍は19世紀末から1970年代まで、オリーブドラブを使用した。 .

第4号 レオパルト2 A5〈ドイツ〉
コソヴォ国際安全保障部隊のレオパルト2 A5。RAL6031、RAL8027、RAL9021のNATO戦車迷彩で塗装されている。 .

第5号 VI号戦車ティーガーII B型 〈ドイツ〉
1944年12月のアルデンヌ攻防戦に投入されたティーガーIIを再現。オリーブグリーン、ロートブラウン、ドゥンケルゲルプの迷彩が施されている。 .

第6号 M1A1HAエイブラムズ 〈アメリカ〉
第1海兵戦車大隊所属の車両。塗装色は、砂漠の風景にとけ込むサンド(砂)FS33446。塗料の成分には車両の汚染を除去する物質が含まれている。 .

第7号 M4A3シャーマン 〈アメリカ〉
1945年2月にフランスで戦ったアメリカ陸軍のM4A3シャーマンを再現。オリーブドラブ9号の塗装に、識別用の白い星をまとっている。 .

第8号 メルカヴァMkIII 〈イスラエル〉
イスラエル北部の砂漠地帯を基地とする第118“バラク”機甲旅団のメルカヴァMkIII。ヘブライ文字で「マハツ(攻撃)」と描かれている。 .

第9号 ヤークトパンター〈ドイツ〉
1944年12月のアルデンヌ攻勢に投入されたヤークトパンターを再現。オリーフグリューン、ロートブラウン、ドゥンケルゲルプのヒンターハルト(伏撃)迷彩に塗装されている。 .

第10号 チャレンジャー1 〈イギリス〉
オリーブグリーンの基本色に黒いまだら模様というイギリス陸軍伝統の迷彩をまとった本土師団所属のチャレンジャー1を再現。

第11号 T-34/76 〈ソ連〉
4BO暗緑色の下地に6K暗褐色の斑点を描いた第21機甲軍団の1942年型T-34/76を再現。 .

第12号 ルクレールT5 〈フランス〉
NATO軍の標準迷彩に塗装されたフランス陸軍第501-503戦車連隊のルクレールT5を再現。 .

第13号 ティーガー(P)エレファント 〈ドイツ〉
ドゥンケルゲルプの下地にオリーフグリューンとロートブラウンの斑模様を吹き付けた3色迷彩のエレファントを再現。 .

第14号 チーフテンMk.5〈イギリス〉
オリーブグリーンの塗装に大きな黒い斑点の迷彩が施された、ライン駐留イギリス陸軍(BAOR)のチーフテンMk.5を再現。 .

第15号 90式戦車 〈日本〉
濃緑色と茶色の2色迷彩を施した第7師団第71戦車連隊の90式戦車。砲塔側面には、「北海道」、「鉄牛」、「7」を組み合わせた隊章が描かれている。 .

隔週刊 コンバット・タンク・コレクション 2013年 1/1号 [分冊百科]

猫(クータくん)とコレクション 猫(クータくん)とコレクション

第16号 V号戦車パンターA型 〈ドイツ〉
1944年6月、ノルマンディで連合軍を迎え撃ったドイツSS第1装甲師団“LSSAH”のV号戦車パンターA型を再現。

第17号 III号戦車G型〈ドイツ〉
50mm L/42砲を装備してアフリカ戦線で戦ったドイツ陸軍第21装甲師団のIII号戦車G型を再現。 .

第18号 T-54 〈チェコスロバキア〉
ダークグリーンの下地に茶色、砂色、白の帯を不規則に塗ったチェコスロバキア陸軍のT-54を再現。 .

第19号 レオパルト1 A2〈イタリア〉
イタリア陸軍標準色のオリーブグリーンで塗装された機械化旅団“チェンタウロ”所属のレオパルト1 A2を再現。

第20号 M109A6パラディン 〈アメリカ〉
1994年にドイツに所在したアメリカ陸軍第2機械化歩兵師団のM109A6パラディンを再現。

第21号 IV号戦車G型 〈ドイツ〉
車体と砲塔に追加装甲を取り付けてクルスク会戦に臨んだドイツ陸軍第20装甲師団のIV号戦車G型を再現。 .

第22号 M13/40〈イタリア〉
砂色の塗装に灰緑色の迷彩を施して北アフリカ戦線に投入されたM13/40を再現。 .

第23号 III号突撃砲 〈ドイツ〉
ドゥンケルゲルプの下地にロートブラウンとオリーフグリューンの2色迷彩を施したドイツ空軍降下装甲師団“ヘルマン・ゲーリング”のIII号突撃砲G型を再現。 .

第24号 AMX-30 〈フランス〉
NATO迷彩採用以前の標準色であるダークグリーンに塗装された基本型AMX-30を再現。 .

第25号 ゲパルト対空戦車 〈西ドイツ〉
NATO迷彩採用以前の標準色であるオリーフグリューン(オリーブグリーン)に塗装された西ドイツ陸軍のゲパルト対空戦車を再現。

第26号 T-55A 〈ポーランド〉
1968年、「プラハの春」鎮圧のためチェコスロバキアに侵攻したポーランド陸軍のT-55Aを再現。 .

第27号 M26パーシング〈アメリカ〉
1945年2月、ドイツ国内を進撃するアメリカ陸軍第3機甲師団のM26パーシングを再現。 .

第28号 Sd.Kfz.234/2プーマ〈ドイツ〉
北欧の義勇兵などで構成されたSS第11義勇装甲擲弾兵師団“ノルトラント”所属のSd.Kfz.234/2プーマを再現。


コンバットタンクコレクション 28号 (Sd.Kfz.234/2 Puma (エストニア1944年)) [分冊百科] (戦車付)


第29号 センチュリオンMk.3〈イギリス〉
朝鮮戦争に投入され、アメリカ第8軍の指揮下で戦ったイギリス陸軍のセンチュリオンMk.3を再現。 .

第30号 T-80BV〈ソ連〉
標準的な3色迷彩を施したソ連陸軍第4親衛戦車師団のT-80BVを再現。

第31号 10式戦車〈日本〉
2012年1月10日に富士学校で初公開された10式戦車の量産型初号車を再現。 .

第32号 突撃臼砲シュトルムティーガー〈ドイツ〉
オリーフグリューンの下地にドゥンケルゲルプとロートブラウンの迷彩を施した突撃臼砲シュトルムティーガーを再現。 .

第33号 C1アリエテ〈イタリア〉
イタリア軍の伝統であるオリーブグリーンで塗装された第132機甲旅団アリエテ所属のC1アリエテを再現。 .

第34号 シュタイアーRSO/01+Pak40対戦車砲〈ドイツ〉
7.5cm Pak40 対戦車砲を牽引する第2装甲師団のシュタイアーRSO/01装軌式牽引車を再現。 .

第35号 T-72M1〈ソ連〉
ダークグリーンに大きな白い斑点という冬季迷彩をまとったソ連陸軍第1親衛戦車師団のT-72M1を再現。 .

第36号 IV号戦車/70(ハンガリー)
ドゥンケルゲルプ、オリーフグリューン、ロートブラウンの3色で迷彩を施したIV号戦車/70を再現。

第37号 M2ブラッドリー<アメリカ>
1991年の「砂漠の嵐」作戦でサウジアラビアに展開した第24機械化騎兵師団のM2ブラッドリーを再現

第38号 ヤークトティーガー〈ドイツ〉
錆止めロートの上にドゥンケルゲルプとオリーフグリューンの斑点を施したヤークトティーガーを再現。

第39号 クロムウェルMk.IV〈イギリス〉
SCC15オリーブドラブの塗装でノルマンディ上陸作戦に投入されたクロムウェルMk.IVを再現。

第40号 IV号突撃戦車ブルムベア〈ドイツ〉
ドゥンケルゲルプの下地にオリーフグリューンとロートブラウンの迷彩を施したイタリア戦線のIV号突撃戦車ブルムベアを再現。

第41号 AAV7A1〈アメリカ〉
アメリカ海兵隊が湾岸戦争に大量投入したAAV7A1水陸両用装甲車を再現

第42号 VI号戦車ティーガーII B型 ポルシェ砲塔 〈ドイツ〉
ドゥンケルゲルプの下地にオリーフグリューンとロートブラウンを吹き付けたポルシェ砲塔型ティーガーIIを再現。


コンバットタンクコレクション 42号 (VI号戦車ティーガーIIB型ポルシェ砲塔 ドイツ陸軍第503重戦車大隊(フランス1944年)) [分冊百科] (戦車付)


第43号 巡航戦車Mk.VIAクルセイダーII 〈イギリス〉
デザートピンクにブラックの斑を施して北アフリカの砂漠戦を戦った巡航戦車Mk.VIAクルセイダーIIを再現。

第44号 4連装対空砲搭載Sd.Kfz.7/1+Sd.Ah.51トレーラー 〈ドイツ〉
Flakvierling38 2cm 4連装対空砲をプラットフォームに搭載し、Sd.Ah.51トレーラーを牽引するSd.Kfz.7/1を再現

コンバットタンクコレクション 44号 (4連装対空砲搭載Sd.Kfz.7/1+Sd.Ah.51トレーラー(ソ連1943年)) [分冊百科] (戦車付)


第45号 IS-2m 〈ソ連〉
ホッキョクグマと赤い星のエンブレムを付け、ヨーロッパ戦最後の戦いに臨んだIS-2mを再現。

第46号 Sd.Kfz.234/4 〈ドイツ〉
開放式の戦闘室に7.5cm Pak40対戦車砲を搭載したSd.Kfz.234/4重装甲偵察車を再現。
2014年2月18日発売

隔週刊 コンバット・タンク・コレクション 2014年 3/18号 [分冊百科]

第47号 M60A3〈アメリカ〉
MERDCに準拠する「US&ヨーロッパ・ウィンター・ヴァーダント」迷彩を施したアメリカ陸軍のM60A3を再現。

第48号 Sd.Kfz.251/1 D型 〈ドイツ〉
ドゥンケルゲルプの下地にロートブラウンとオリーフグリューンの迷彩を施したSd.Kfz.251/1 D型を再現。

第49号 チャーチルMk.VII 〈イギリス〉
目一杯高くしたキャタピラと片側11個の転輪が特徴的なチャーチルMk.VIIを再現。

第50号 II号戦車F型〈ドイツ〉
ゲルプブラウン1色に塗られたドイツ・アフリカ軍団のII号戦車F型を再現。

第51号 LVT(A)-1〈アメリカ〉
サイパン上陸作戦用に青い識別ストライプをまとったLVT(A)-1を再現。

第52号 V号戦車パンターA型〈ドイツ〉
ドゥンケルゲルプの下地にロートブラウンとオリーフグリューンの斑点を施したV号戦車パンターA型を再現。

第53号 ソミュアS35 〈フランス〉
オリーブグリーンの下地にブラウンとイエローオーカーの大きな垂直斑点を描いたソミュアS35を再現。

第54号 38式軽駆逐戦車ヘッツァー〈ドイツ〉
オリーフグリューン、ロートブラウン、ドゥンケルゲルプの3色で雲状の模様を描いたヘッツァーを再現。

第55号 KV-1E 〈ソ連〉
ダークグリーン1色で塗装され、砲塔側面に愛国スローガンを掲げたKV-1Eを再現。

第56号 8.8cm Flak37対空砲搭載18t牽引車 〈ドイツ〉
ドゥンケルゲルプの下地にオリーフグリューンとロートブラウンの斑点迷彩を施した8.8cm Flak37対空砲搭載18t牽引車を再現。

第57号 M3グラントMk.I 〈イギリス〉
北アフリカ戦線でモンゴメリー大将が総司令官を務める第8軍戦術司令部に所属したM3グラントMk.Iを再現。

第58号 IV号戦車G型 〈ドイツ〉
ドゥンケルグラウ1色に塗装されて東部戦線で戦った長身砲搭載のIV号戦車G型を再現。

第59号 LAV-25 〈アメリカ〉
フォレストグリーン、フィールドドラブ、ブラックの3色で塗装されたアメリカ合衆国州兵のLAV-25を再現。

第60号 Sd.Kfz.250/5 〈ドイツ〉
北アフリカ戦線でロンメル将軍が搭乗したSd.Kfz.250/5、通称“グライフ”を再現。

第61号 SU-85 〈ソ連〉
ポーランド人民軍が終戦間際にベルリンで使用したSU-85駆逐戦車を再現。

第62号 Sd.Kfz.232 8輪重装甲偵察車 〈ドイツ〉
北アフリカ戦線に真っ先に送られたドイツ陸軍第5軽師団のSd.Kfz.232 8輪重装甲偵察車を再現。

第63号 フンメル 〈ドイツ〉
ユニークな変形「果樹園」迷彩をまとった“フェルトヘルンハレ”装甲師団のフンメル自走榴弾砲を再現。


第64号 Sd.Kfz.222 〈ドイツ〉
チュニジアで戦い、壊滅の憂き目に遭った第10装甲師団のSd.Kfz.222軽装甲偵察車を再現。

第65号 8.8cm Flak37 〈ドイツ〉
ドゥンケルグラウ1色に塗装された8.8cm Flak37をSd.Ah.202トレーラーに搭載された状態で再現。

第66号 VI号戦車ティーガーE型 〈ドイツ〉
下地のドゥンケルゲルプにロートブラウンの縞を施した東部戦線のVI号戦車ティーガーE型を再現。

第67号 シュタイアー1500A/01+2cm Flak38 〈ドイツ〉
2cm Flak38対空砲を牽引するドゥンケルグラウ単色のシュタイアー1500A/01を再現。

第68号 IS-3m 〈ソ連〉
1973年の第四次中東戦争中にエジプト陸軍が配備していたIS-3mを再現。

第69号 クルップ・プロッツェL2H143(Kfz.69)+Pak35/36 〈ドイツ〉
ドゥンケルグラウとドゥンケルブラウンで塗装されたプロッツェとPak35/36を再現。

第70号 AMX-30B2 〈フランス〉
オリーブグリーンの下地に茶色、白、黒の斑点を施したギリシャ軍のAMX-30B2を再現。

第71号 Sd.Kfz.250/9 〈ドイツ〉
ドゥンケルゲルプの塗装にオリーフグリューンとロートブラウンの迷彩を施したSd.Kfz.250/9を再現。

第72号 I号戦車B型 〈ドイツ〉
第二次世界大戦初期にポーランドで使用されたI号戦車B型を再現。

第73号 M21 〈アメリカ〉
伝統的なオリーブドラブで塗装されたアメリカ陸軍のM21自走迫撃砲を再現。
コンバット・タンク・コレクション全国版 2015年 3/31 号 [雑誌]



[PR]気になるキーワード

1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>

あなたもエコ・ブログでブログをつくりませんか?