諸岡なほ子の『旅の途中のスウィートホーム』

ミステリーハンター・諸岡なほ子のオフィシャルブログ  

MBS『住人十色』
神戸「7人が暮らす斜めの家」編
5月14日(土)夕方5:00~

久々にトイロの訪問者を致しました~。

隅田川des pres(すみだがわデプレ)
東京下町を歩きながら連載中。
今月は、飛鳥山公園です。

BS-TBS『日本の名峰・絶景探訪』
#100「赤城山 氷雪に刻む夢」
2月27日(土)夜10:00~10:54オンエアされました

初めての冬山登山に挑戦しています!

Panasonic デジタルカメラ Lumix
2016年春 総合カタログ

http://panasonic.jp/catalog/ctlg/lumix/lumix.pdf
私、諸岡なほ子がモデルとして登場しています。
店頭に置いてあるカタログの他、上記リンクのウェブカタログでもご覧頂けます。

テーマ:
ここのところいろいろありまして、今ようやくほっとしている月曜日の午後です。

まず、下北沢のトークイベントの翌々日に抜いた右下の親知らずが、1週間経っても一向に痛みが取れず、毎日ロキソニンがないと、というか、もうロキソニンでも痛みが抑えきれないほどになっていたんで、慌てて歯医者さんへ駆け込むと、ドライソケットとの診断。

知ってます?
ドライソケット。
ソケットって、かわいくていい響きですよね。
でも、ドライソケットって、親知らずの抜けたところに血液の蓋(血餅)ができて埋まっていくはずのものが一向に埋まらず、顎の骨がむき出しになったままの状態のことを言うんだそうです。
これの治療がまた恐ろしい説明になっちゃうんですが、一度縫合した歯茎を再び切開して、細菌に感染している部分をきれいにし、わざと周りを傷つけて出血させるんです。つまり、同じ場所を2度切開。そして血餅できるの待ち。
ボルタレンというちょっと強い鎮痛剤と抗生剤をいただいて3日間服用。その間は良かったのだけど、5日目くらいからまたズキズキ。日曜が抜糸だったので、見ていただいたらまだまだ穴がふさがってなくて、治りが遅いとのこと。
「かなり大きな穴が空いてたからねー」と先生。
また新たに鎮痛剤と抗生剤をいただいてきました。
ハァァ、40年ちょっと生きてきて、こんなに歯で痛い思いをしたのは初めてです。いろいろあるもんだ。

なんてやってる横で、息子は先週金曜日に39度のお熱。えええー。本当に保育園に通い始めてからは毎月のように病院に行っている。通うまでがあまりに無菌状態だったんだろうな。幸い、ただの夏風邪とのことで、日曜日には平熱に戻ったので、今日は元気に保育園に。こうして、ちょっと進められていなかったお仕事を午前中にブワーーーーッと集中してやることができ、今、一段落。ほっとしているところです。

そんなソケットな近況の後にチベットな告知をリブログしときますね。
ほほほほほ〜(というわけで、元気です、ご心配なく!)。


AD
いいね!した人  |  コメント(6)  |  リブログ(0)
nahokoさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

読者になる

テーマ:
映画『ラサへの歩き方 祈りの2400km』のトークイベントへ出演させていただくことになりました!

私も大好きなチベットの文化、人、景色を丹念に描いた素晴らしい映画なので、お声をかけていただいてとても光栄なんですが、同時に、別日のトークイベントに出演される方の顔ぶれを見て恐縮しまくっています。私、学生の時に石濱裕美子先生の作られたチベット語の教科書、使ってましたし、その他の方々もすごい…(^^;;

力不足は重々承知しているのですが、ぜひこの映画の素晴らしさや、私のチベット体験などについてもお話ししたいと思い、お引き受けしてしまいました。
なので、この映画やチベット文化、巡礼の旅や私のささやかな体験談に興味を持っていただける方は、ぜひ下記の日時に映画を見にいらしてください。上映後に、トークイベントを行います。

『ラサへの歩き方 祈りの2400km』
シアター・イメージフォーラム(渋谷)
8月7日(日) 13:20〜
この回の上映後にトークします!

もちろん、トークイベントは行けなくても映画は見たい!という方は、明日からシアター・イメージフォーラムで公開されるので、是非ご覧になってください。東京以外の地域でも、全国順次公開予定だそうです。



2007年、私のラサへの歩き方は…それはそれは大変でした(汗。


こんな着膨れの理由も関係ありとか?(汗汗


チベット仏教といえばマニ車の風景もいいですねぇ。

あとは冠雪した気高く美しい山々。
チョモランマもカイラスも本当に憧れます。
あ〜〜〜〜〜〜〜、行きたい〜〜〜〜〜〜〜。
いいね!した人  |  コメント(5)  |  リブログ(1)
nahokoさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

読者になる

テーマ:
ドタバタの週末が終わり、新しい一週間が始まりました。
ちょっとほっとする月曜の今日は夏日。
息子の保育園ではプール開きだろうな。



さて、先週末土曜日、下北沢B&Bで開催された『Happy Energyプレゼンツ おとなの女性の保健室』は家族的な雰囲気のもと(意外に男性の姿もあり)、私的にはとても楽しく終了しました。

メインスピーカーのぼうだあきこさんは、想像していた以上に元気な方で、もともとスポーツウーマンだったのも納得。卵子(ランコちゃん)の一生について楽しくリアルに教えてくださいました。
また、子持ち40代代表の私と一緒に、ぼうださんの話を独身女性代表として聞いていたのは、農業するアイドルのあゆかさん。本当に農業をされていて、作物のことを考えるうち食事についても思うところあり、こども食堂でお料理をすることもあるそう。東北訛りと大きな目が印象的なオトナの女の子。
そんな3人で、ビールの飲める本屋さんでお話をしたんですが、改めて思っちゃいました。

私たち、自分の体のこと知らなすぎる。
というか、高校の保健体育の授業レベルで止まってる。それさえちゃんと勉強できてたか怪しいけれど、卵子に旬があることとか、赤ちゃんが生まれるまでに起こるたくさんの奇跡のこととか、やっぱりもっとみんな知った方がいいことがいっぱいある気がしました。

だって、毎日のように卵巣の中で30〜40個もの卵子(のモト、原始卵胞)が消えてっちゃってるんですってよ。月に1回排卵される1つの卵子だけじゃなくって、毎日30〜40も成長しかけて消えていく。とんでもない数です。だから、すごい勢いで卵巣の中の在庫は減ってしまってるし、数だけでなく、質も低下していっているんだそう。

さらに困ったことには、この卵巣の状態には本当に個人差が大きいらしく、20代で卵巣の中に在庫がなくなる人もいれば、40代後半でもたくさん残ってる人もいる。だから、「一般的な数値」や「平均値」にはあんまり意味はなくって、いくつまで排卵できる可能性があるかは一人一人全然違うんだそう。

モヤモヤモヤモヤ。
あー、私の20代を思い出す。
私の母は長兄を27歳で、私を33歳で出産しました。
だから、その年代の私はいっつもモヤモヤモヤモヤ。
そしてあっという間に33歳を過ぎ、
もしかしたら私の出産可能リミットはもう終わっていて、
子供のいない人生を生きるのかも知れない、
なんて思ってました。
とにかく、見えない敵がいつも背後に。

でも、その見えないリミットが、ほんの少し見えてくる検査があるということを、今回のイベントで教えていただきました。『アンチミューラリアンホルモン検査』とか『AMH検査』と呼ばれるもので、自分の卵巣にあとどれくらいのランコちゃんが残っているか知ることができるんだそう。

例えば、アラサーのモヤモヤモヤモヤしていた私がこの検査をしていれば、まだあと数年は在庫があるってことが分かったわけで、見えない敵に追い立てられたりすることが、まあ、少しは減っていたかもしれません(苦笑。幸い、39で出産できましたしね。
何より、一般的な数値じゃなくて、自分の体の未来を知る手がかりが得られるわけですから、占いなんか見るよりもずっと心の拠り所になるはず。
不妊治療の権威の先生方は、やっぱり30歳くらいの女性にはぜひ勧めたい検査だと仰ってるそう。しかもこれ、あの切ない診察台に乗ることなく、血液検査だけでわかるというのが嬉しい。

ちなみに諸岡調べによると、私が何度か通った産婦人科でもこのAMH検査をできるようで、価格は4000円ほどとのこと。保険がきかないから自費だけど意外に安くてびっくり。ネットでちょっと調べてみると、ブライダルチェックに組み込まれてるところもあるみたいだし、そうじゃなくても子宮頸がん検診のついでにしてしまえば少しライフプランニングが具体的になる人はいっぱいいるんじゃないかなぁと思います。とにかく私は、あの頃のモヤモヤな私にぜひオススメしたい(笑。
もし、今すぐ妊娠出産は考えていないけど、いつかはしたい、けどもそのタイミングでいいものか…んーむ、とモヤモヤしてる女性がいたらこの検査をしてみるといいかもしれません。

他にも、ぼうださんのお話は楽しくてためになることが多くって、なぜかちょっと元気がもらえる感じでした。もっともっとたくさんの人に聞いて欲しいし、聞く価値のある情報がいっぱいだと思います。私もまたお話しする機会があるといいなー。
ぼうださんのお話が聞けるイベントでカップルで参加できるようなものがあるといいかも?
ともあれ、お越しいただいた皆さん、そして、主催のHappy Energyさん、ぼうだあきこさん、あゆかさん、どうもありがとうございました。


さあて、今日はこれからまたもや歯茎切開&親知らず抜歯のために口腔外科へ。ハァァァ、憂鬱。
いいね!した人  |  コメント(5)  |  リブログ(0)
nahokoさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

読者になる

テーマ:
{865D0B2E-8FFD-4BCB-BD3C-9C1DD1662ED8}

七夕の昨日、ソユーズに乗り込んだ大西さんが宇宙へ飛び出されましたね。天の川も間近に感じられるのかな?
なんだか素敵なタイミングです。

さて、我が家はというと、息子が保育園で作ったふきながしのついた笹をいただいて帰ってきました。短冊は、少し前に私が代筆。息子のおねがいごとは、「たくさんのモノレールに乗れますように新幹線後ろ」です(笑。
叶うといいね(👈おかーさんも乗りたいし)。
ちなみに、息子はいつも「大阪モノレール」を「おおさまモノレール」と言い間違います。豪華列車?王様いっぱい乗ってるのかな(笑。

なんだか、こどもといるとこういう季節のイベントがまた新鮮に楽しく感じますね。大人だと、クリスマスやバレンタインみたいなプレゼントありきのイベントばかり大々的にフィーチャーされちゃいますからね。来年は、織姫と彦星のお話が分かるようになるのかなー。楽しみ。

しかし息子、2歳1ヶ月ともなると、携帯のレンズを向けた時に変顔ばかりするように(^^;;
これは貴重な笑顔ショット。
最近は脈略なくウンチとかオシッコとかよく言ってるし、急速にクレヨンしんちゃん化が始まってます。

そして、明日は水不足の東京にとっては恵みの雨の予報。出歩くのはちょっと大変かもしれませんが、夕方にはやみそうかも?
夜7時からは、私、下北沢B&Bさんでおしゃべりします。来てくださる皆さんに会えるのが楽しみです。息子とてるてる坊主作るかなー。


いいね!した人  |  コメント(8)  |  リブログ(0)
nahokoさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

読者になる

テーマ:
ちょっと前の話。

6月のとある金曜日。
保育園から電話が来て、息子、38.5度のお熱とのこと。
小児科の予約を取ってすぐに迎えに行き、駅の近くの小児科Aへ直行。「まあ、風邪でしょう」という感じで、抗生剤と頓服用の解熱剤をいただいて帰宅。
その後、夕食前にブワ~っと大量に嘔吐。前に、吐くと脱水になりやすいと聞いていたため吐いた後にすぐ水分をあげたら、それをまたすぐさま吐き戻してしまったことがあり、それだとかえって脱水症状に陥ってしまうかもしれないと学習させられた。そのため、この日はすぐに水分摂取せず、1時間ほど様子を見ながら子供用のイオン飲料をチビチビと摂取。その後、いただいたお薬を飲ませようとするも、抗生剤の苦さがお薬ゼリーでも隠しきれないらしく、ベエーッと口から掻き出す始末。

土曜日。
食欲はあまりなく、でも、アイスクリームは食べるという。何も食べないよりはいいだろうとアイスを与える。抗生剤は、お薬ゼリーをにがいお薬専用のチョコ風味に変えても、なかなか飲んでくれない。これじゃ効かないぞ。と、1日様子を見ていたが、夜に39度を超える高熱になってしまい、うろたえる母。夜中に起きては泣くを繰り返す。しかも、ちょっと暴力的。何もしていないのに、こちらの顔を叩いてきたりもする。それほどまでに息子の体は何かと戦っているのか、辛いのだろうなと思いつつも、母憔悴。

日曜日。
調べていたら、急患ではなく、普通に日曜日もやっている小児科Bが車で10分ほどの所にあることを知り、朝一で受診。最初の病院と違って、流行っているらしいアデノウィルスや溶連菌の検査をしてくださり、便秘気味だと告げると座薬も入れてくださった。結局、アデノでも溶連菌でもない、何らかの感染症という診断。それと、抗生剤をうまく飲ませられないことを相談すると、お菓子屋さん(明治製菓)が作っているメイアクトというフルーツ味の抗生剤を処方してくださった。こういう風に対応してもらえるとかなり親としては心強い。
しかし息子、メイアクトでも若干苦戦。というか、お薬ゼリーに対する警戒心が植え付けられまくり(汗)で、褒めたり激励したり笑わせたりしながらなんとか服薬。
昼過ぎに平熱に。

月曜日。
起きて平熱。元気に遊んだりも。でも、若干不機嫌。睡眠もまだ良好とは言えない。しかし、泣いたり怒ったりは2歳児のイヤイヤ期の仕業かも。食欲もまあ戻ってきたし、小児科Bの先生にも熱が下がれば保育園に行っても大丈夫でしょうと言っていただいたため、登園。
しかし、昼過ぎに保育園からの電話が鳴る…。ありゃりゃと思いながら電話に出ると、「お熱はないんですが、身体中に発疹が出始めていて。園長が突発性発疹ではないかといってます」とのこと。そこでハッとする。そうだ、息子、突発性発疹、まだやってなかった!!
念のため、また早めに迎えに行き、今度はいつも予防接種をお願いしているかかりつけの小児科Cへ。診断はまさしく突発性発疹(保育園の園長先生もプロだなぁと感動)。「大変でしょ?治りかけは機嫌が悪いですからね。でも、発疹と一緒に機嫌もなおりますよ、あと少しですよ」の言葉で、先生の後ろに後光がさす。ありがたやー。ちなみにうちの息子は発疹と一緒にむくみも出てきて、結構ムクムクの顔になっていた。

それにしても、大体の子が2歳まで(9割が1歳になる前)にかかる突発性発疹。ある日突然高熱が出て、3~4日続いたかと思うといきなり平熱に戻り、それから半日ほどで身体中に発疹が出ると言われていて、私も産後「いつくる?いつくる??」と戦々恐々とした心持ちでいたのに、もうすっかり忘却の彼方に追いやってしまっていた。まさか2歳で突発性発疹が来るとは、完全ノーマークだった。

それから数日、徐々に食欲も機嫌も発疹もむくみも睡眠も回復。
余裕が出てきて、小児科②でもらった受診の仕方、インターネットでの予約の取り方とかの書かれているプリントに目を通していたら、「細粒のお薬 飲み合わせ比較表」なるものも。見てみると、子供の飲みにくい粉薬をとけかかったアイスに振りかけてジェラート状に練って食べさせると良い、などと、具体的にアイスクリームの銘柄や味まで細かくオススメを書かれていて、なんでこれをもっと早く見ておかなかったのかと後悔。
ちなみに、星5つの飲み合わせオススメ食品は、『食後のアイス チョコ&チョコムース』『ハーゲンダッツ バニラ』『コンデンスミルク』『ケーキシロップ(メープルシロップなど)』だそう。
飲み合わせゼッタイダメは、オレンジジュースやリンゴジュース、ヨーグルト飲料など。
なるほどー。濃厚なチョコアイスとかコンデンスミルクとか確かに良さそう。息子も好きだし、今度からはこれでいこう。

そして、今回3つの違う小児科にかかってみて、本当にそれぞれに違うもんだなぁと実感。どこがいいかはその家庭、その子供によっても違うかもしれないけれど、家とか駅に近いだけが全てではないなと実感。でも、突発性発疹だと、発疹が出てきてからでないと診断できないんだろうな。そういう意味でも、子供の罹患履歴を把握してくれるかかりつけのお医者様ってありがたいと実感。

それにしても息子、なぜ週末にばかり熱出すんだろうなー。病院に行かなきゃ!と思うたび土曜日や日曜日。これ、子育てあるある?

image
写真は熱は下がったものの、まだ食欲が戻りきらない時のニンジンとワカメの入ったうどんを手づかみで食べていた息子。
いいね!した人  |  コメント(11)  |  リブログ(0)
nahokoさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

読者になる

テーマ:
7月突入ですねー。
もう夏至を過ぎて何日も過ぎ、カレンダーには半夏生の文字。今くらいの日の長さがずーっと続けばいいのに、もうすでに短くなり始めているなんてなぁ。

そして、7月といえば来週土曜日の9日、参院選の前日に、下北沢B&Bのイベントに出演いたします。前にもお知らせしたとおり、タイトルは、

HappyEnergyプレゼンツ
“おとなの女性の保健室(初級編)”
ぼうだあきこ×諸岡なほ子×あゆか

おとなの女性の保健室。
先日、このイベントの担当の方から送っていただいた参考図書を、今ようやく読み終えたところなんですが、中々グサリとくるタイトルの二冊です。

{F33F3979-6F63-4153-AD8F-A5664092C6D3}

卵子老化の真実
卵子story

卵子老化…受け止めなくてはならない重い真実ですが、高齢の妊活や妊娠出産のデメリットばかりを書き立てるのではなく、高齢の父母から生まれた赤ん坊は、不慮の事故や病気の確率が低いこととか、言語や情緒の発達が良好であるとか、で、それらは決して環境による後天的なものだけでなく、高齢でも出産できるほど丈夫な親からその丈夫な遺伝子を受け継いでいるために有利なのではないか、とか、ちょっと嬉しくなるようなことも書かれていました。はー、面白かった。

これでますます、ぼうだあきこさんからお話をうかがうのが楽しみになってきました。おとなの女性の皆さん、是非一緒にあられもない話で盛り上がりましょう(笑。






それと、妊娠出産といえば、ミステリーハンター仲間の日記ちゃんがシンガポールで4人目の赤ちゃんを出産されたとのこと。めでたいっ!!
そして4人年子って!!
頼もしすぎるー。
出産ブログがまたえらく軽快で面白いです。オススメです(笑。

「出てきてしまった(笑)!」

いやー、めでたいっ!!

いいね!した人  |  コメント(6)  |  リブログ(0)
nahokoさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

読者になる

テーマ:
近頃、かなりの頻度で鉄道のDVDを見ている息子は、
今モノレールに夢中です。

というわけで、私も興味津々だった懸垂式モノレール、
湘南モノレールに乗りに行ってきました。
ちょうど500系の車両が引退直前のラストラン期間で
撮り鉄の方がたくさん。
私は、まるで自分も知ってて乗りに来ました!みたいな顔で、
タイミングよくやってきた500系に乗車しました。





驚いたのは意外なほどの速さ。
こちらの想像を置き去りにグイグイ前に出て行くんです。
そして、レールの凹凸がそのまま伝わってくるような、
花やしきにこんな乗り物があるんじゃない?というような、
アナログな乗り心地(笑。
なんだかまた乗りたくなる不思議な滑走感でした。
さよなら、500系。
一回だけしか乗ってないけど、ありがとう!
楽しかった。

そして、湘南といえばこちらも。



江ノ電。
あじさいとか海岸とか古民家カフェとか色々見たいな~♪
という私の淡い希望を打ち砕く、江ノ電週末ラッシュ。
観光客ですし詰めの車内。
身動きも出来ませんでした(汗。
すごいですね、ほんと。
一昔前はこんなじゃなかったよなー。
(↑という一昔前の若者の言葉…)

稲村ヶ崎駅で下車して、波打ち際まで徒歩5分。
小腹が空いたので途中コンビニでおにぎりやアイスを購入。
熱砂の上にピクニックシートを広げたかと思うと、
もう息子は水に向かってダッシュ。
バシャバシャ、キャッキャ。
息子が食べたがっていたアイスはドロドロ。
あっという間の出来事でした。



あっという間の出来事といえば、
息子と夫が遊んでいる間、
私が一人でおにぎりを頬張っていると、
横っ面にバサッと何かがぶつかり、
おにぎりを持つ指先に痛みが走りました。
コロコロと熱砂を転がるおにぎり。
一瞬なんのことかさっぱりわからなかったんですが、
上空に飛び去っていくトンビの姿。
これも湘南名物なんですよねぇ。
トンビの襲撃。
やられました。
やられたけど、おにぎりを獲得できなかったトンビ。
こういうのは、ウィンウィンの真逆ってことで、
はて、ルーズルーズな関係でいいのかな(聞かないー)。
ま、痛み分けくらいにしとくか。



しかし、うぬ~、こやつめ~。
今後行かれる方は、どうか注意していってくださいね。
背後からいきなりきますんで。

ともあれ、息子は海でバシャバシャして遊ぶの
本当に楽しいみたいでした。
はいてったズボンはビショビショ。
最後はやっぱりオムツ姿に(笑。



海を見ながら男同士、なんか通じるものでもあるのかな~?
今年の夏は何回海に行くのかなぁ。
ズーラシアの年間パスポートも有効活用したいなん。

(それにしても午前0時まで起きてブログ更新なんていつぶり?ねむー)
いいね!した人  |  コメント(9)  |  リブログ(0)
nahokoさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

読者になる

テーマ:
{6BDB6B49-FF69-43EE-84A2-AF6C1E24CCDB}

今日はこんな試写会へ。
『ラサへの歩き方 祈りの2400㎞』

描いてあるのはタイトルから想像するとおり、五体投地でラサ、カイラス山へと巡礼の旅をするチベットの人たち。
監督が、北京生まれの中国人のチャン・ヤンという方。そこにまずは驚きと疑いの気持ちがあって見始めてしまった私を、後々後悔する美しい映像でした。

試写会でいただた資料にはこんなことが書いてありました。

Q. この映画は「チベット」と「中国」という2つのデリケートな題材に触れています。中国で公開されるのですか?
A. 何か問題になるとはまったく思っていません。信仰という題材ですが、この映画は政治とは関わりなく、ただチベットの人々の日々の生き方を見せたものなのですから。私は中国での公開を希望しています。もちろん大規模な公開は難しいと思いますが。

うむ、これで十分私の浅はかな知識でできた色眼鏡は取り外せます。むしろ、そんな中国の人もいるということを知って嬉しい。そうだよね、そうだよね。

というわけで、チベットの山々や巡礼の旅をする人々の表情など、私が想像していたよりもずっと美しく描かれていました。この夏に公開だそうです。

あー、それにしても、チベット!
なぜか疑いもなくきっとまた行くと思ってたんだけど、もしかしてもう行かないのかなー、なんて切なくもなったりして。
遠くへ旅に出たくなる映画でもありました。
いいね!した人  |  コメント(5)  |  リブログ(0)
nahokoさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

読者になる

テーマ:
{E7FBD26E-AA65-4105-97D3-1EA50E25B241}

先日、はじめてこどもの国へ息子とふたりで行ってきました。ひろーいー。

{F308BDCB-066D-494C-94E6-CB48CCE1B10E}
 アンパンマンに乗ったり、

{D680A939-614E-4011-A783-5F6CC4796F99}
パーシーにも乗ったり、

{3E4D7760-60B6-4182-A7BD-42BF3F267B16}
シャワー放水が始まった途端に駆け出してって、

{496098EB-F258-48DD-8C81-5C06E781F368}
テンション上がりすぎ、

{2F86F9F5-BD8A-435A-AED9-0F6AE0B6508C}
ずぶ濡れで最終的にはオムツ一丁になったり、

{A0F16D44-2A2D-491C-9914-3BD0A18CC58E}
着替えてヘリコプターの形の乗り物を漕いだり(主に母が)、

{35999997-D52A-4683-A29E-78AC3D50AC34}
汽車ぽっぽに乗ったり、

{74CE719D-453E-45D5-BD6A-EE612E6DBDC2}
母念願の牧場のソフトクリームをほぼひとりで食べたり、

{6B2CD35D-DF38-47CD-82B3-80323897DB75}
母に言われるままに渋々顔はめしたり、

{FCE0946E-356C-4674-A3E3-4D654513A6D0}
走り回ったり。

振り返るとなにかに乗ってることが多いけど、2歳児と母ひとりでもなんとかそれなりに遊ぶことができました。行く前はやんちゃ坊主相手に追いかけたり遊んだりできるか心配だったんですけど、なんだかんだ私も楽しかった(笑。

こどもの国はちょっと遠い所?と思っていたけど、電車で行けるし、いろんな遊びがあっていろんな年齢の子でも楽しめるし、とにかく広いけど汽車ぽっぽやレンタルサイクルみたいな移動手段もあるし、緑も多く、レストランもあるから、意外にその日の思いつきですぐに行っても問題なし。
今回はまだほんの一部しか見ることができていないから、またちょっと遠くへ遊びに連れて行きたい時には足を運んでしまいそう。バーベキューもいいなぁ。

はー、それにしても息子、なんであんなにたくさんソフトクリーム食べちゃうんだろう。しかもなかなか私によこさないっ。んもう、ちゃんとごはんも食べてよー!(プンプンッ
いいね!した人  |  コメント(9)  |  リブログ(0)
nahokoさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

読者になる

テーマ:
隅田川デプレ、更新されてまーす。
って、だいぶ経ってからの告知ですみません(汗。
ツイッターはサクサクッと投稿できるのだけど、
ブログとなると、やはり少々時間がかかるもので。
いやはやニンニン。

隅田川デプレ
「キルンワーク体験で本気トーク」
http://c.filesend.to/ct/?p=10873


でー、えーっと、今回は、
秋葉原と御徒町の間にあるものづくりの街「2k540」の中にある、
田畑硝子工房さんで、キルンワークというガラス工芸を体験してきました。
しかし、体験記というよりは、
30代の女性のワークライフバランスについて、
抜き差しならない本気トークをしちゃったという内容です。
店主の田畑さんは妙齢の素敵な女性。
お互い、結婚とか出産とか仕事とか、
そういう話が止まらない…っていう。
時間のある時にでも読んでくださいませね~。


あと、なんだかすごくタイムリーだったんですが、
そんな女性のワークライフバランス、
もっと言うと、
人生設計の際にちゃんと女性の体のことも加味しておきましょう、
という感じのイベントに出演することになりました。

東京は下北沢の本屋さん、B&Bにて
7月9日(土)19:00~
ぼうだあきこ×諸岡なほ子×あゆか
「HappyEnergyプレゼンツ“おとなの女性の保健室(初級編)”」
http://bookandbeer.com/event/20160709_bt/


というイベントです。
「おとなの女性の保健室」ということなので、
ぜひ、おとなの女性の皆さんに参加していただけたらと思います。
私もそんな参加者の一人という感じで伺うつもりです。

参考に、この日の保健の先生に当たる、
ぼうだあきこさんのツイッターの自己紹介の文章を
↓下にコピペしておきます。

NPO法人 孫育て・ニッポンの代表。
ママ一人が頑張る子育てでなく、パパはもちろん、
じぃじ、ばぁば、ご近所さんにも、応援して頂き、
楽しく子育てができる社会になることを目指し活動しています。
その他、赤ちゃんに詩を贈る「トツキトウカ」、
NPO法人ファザーリング・ジャパン、REBORNなど。
二人の男子の母。


育児に関する本を出版されていたり、幾つかのNPOを運営されていたり、
プレパパプレママ向けの講座をされていたりと、
とても精力的に活動されていらっしゃる方みたいです。
私も「祖父母に孫をあずける賢い100の方法」というご著書を早速手にしたんですが、
分かってるようで分かってなかったこと、
曖昧なままなんとなく実行してたことなどが書かれていて、
ふむふむと勉強になりました。
保健室に行くのがますます楽しみに。
これまで、ブログに書こうと思ってかけずに過ぎちゃったこととか、
私自身の体験も交えながら、楽しく保健室トークできたらなと思います。

このイベント、やっぱり男子…禁制?かな??
っていうか、男性で行きたいよ~って方、いらっしゃいます??
もし本当にいらっしゃるようなら、主催の方にOKか聞いてみますけども。
どう?


ちなみにこのB&Bさんって、マリオが今年本を出した時にイベントしてたところだよね。
しかも、B&BってBook & Beerってことだそうな。なんて素敵。
しかも、ほぼ毎日開催されているイベントに出演されている方々のお名前の多彩なこと。
純粋にこの本屋さんに行くのも楽しみっ。
いいね!した人  |  コメント(7)  |  リブログ(0)
nahokoさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

読者になる

Ameba芸能人・有名人ブログ

芸能ブログニュース

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。