諸岡なほ子の『旅の途中のスウィートホーム』

ミステリーハンター・諸岡なほ子のオフィシャルブログ  

MBS『住人十色』
神戸「7人が暮らす斜めの家」編
5月14日(土)夕方5:00~

久々にトイロの訪問者を致しました~。

隅田川des pres(すみだがわデプレ)
東京下町を歩きながら連載中。
今月は、飛鳥山公園です。

BS-TBS『日本の名峰・絶景探訪』
#100「赤城山 氷雪に刻む夢」
2月27日(土)夜10:00~10:54オンエアされました

初めての冬山登山に挑戦しています!

Panasonic デジタルカメラ Lumix
2016年春 総合カタログ

http://panasonic.jp/catalog/ctlg/lumix/lumix.pdf
私、諸岡なほ子がモデルとして登場しています。
店頭に置いてあるカタログの他、上記リンクのウェブカタログでもご覧頂けます。

テーマ:
{144FF5F2-6A3D-4230-B42D-0DBA5D91E45E}

シートベルトの上に乗っかってるほっぺ。
個人的には、マシュマロよりも求肥に近いと思うんだよなぁ。
とにかく食べちゃいたい。
そして、サラサラとしっとりが両立するなんて羨ましいったらない。
あー。
あー。
あー。
子供ってなんでこんなに親の心をくすぐってくるのか。生存戦略なのだろうけど、よくできすぎだなー。
あー、好きだなー。
AD
いいね!した人  |  コメント(7)  |  リブログ(0)

テーマ:
4時半にふと目覚めてから眠れなくなっちゃった諸岡です。こんな、ふと起きた時にまずするのは、息子がどこにいるのか探すこと。寝相がすごすぎて、いつも寝た時とぜんぜん違うところに移動してたり、思いもよらない角度で寝ていたりします。それと同時に、ふとんを剥いでないか確かめるのがすっかり習慣に。逆にその習慣のせいか、最近はちょこちょこ目が覚めてしまいます。え、そうですよ、息子が気になるからであって、決して年齢のせいとかではありませんっ!!

で、今朝はそのまま眠れなくなっちゃったものだから(年齢のせいじゃないってば)、メールの返信をしたりニュースを読み漁ったりしてしいたところ、息子が寝言で「おかーしゃん、ムニャムニャ…ありがとう」と言っており、不意を突かれてジーン。
でも、しばらくしたら今度は悪い夢を見始めたのか、ひーんと悲しそうな声をあげている。夢の中とはいえ、かわいそうだなぁ。

で、思い出したこと。

最近、保育士さんから聞いた、息子の今の時期は我慢を覚えている時期なんだということ。それで、私の中で点と点がスルスルーっと線で繋がる感じがしました。
よく魔の2歳児という言い方をして、私もやれやれなんて話の種にしたりしますが、決して2歳児が悪魔のような心を持っているからイヤイヤと言うわけではないんですよね。
まっさらな心で生まれてきて、育っていく中で自我が芽生えて、いろんな欲求が出てくる。その欲求が全て叶うものではないと言う、子供にとってはすごく悲しい現実に直面して葛藤している時期、葛藤の末に我慢を覚える時期が今(2歳前後)なんだな、と。そりゃあイヤイヤするよね。大人だって我慢ばっかりの毎日は辛いもん。

もっと言うと、その欲求は育ち始めた想像力とも関係していたりするから、例えば息子は魔法みたいにミニカーやぬいぐるみが動き出すのを見たかったりするのかもしれない。想像力が大きければ大きいほど、叶わないことも多いのかもしれないな、なんて思ったりしたのです。
彼らにとってのそんな悲しい現実が多いほど、イヤイヤする機会も多いのだとしたら、激しくイヤイヤする子はとても想像力の豊かな子かもしれない。って、これは私の想像でしかありませんが。

{178D7462-6552-443B-B7C0-919F66C32787}

でも、夢でも泣いたり笑ったりしているらしい息子を見ていると、こんな小さな身体でもう我慢を覚えていかなくちゃいけないなんて大変だなぁ、ちょっとかわいそうだな、でも、今はしっかり向き合ってちゃんと必要なだけの我慢を身につけてほしいなと思います。そのために親がサポートできることは何かな。ちゃんと考えていかなくちゃな。

それにしても、反抗期とかイヤイヤ期とか、現象を言ってるんだろうけど、なんか眉をひそめた周囲目線の言葉だよなぁ。これから反抗期がくる〜!と思うと新米かーさんのこちらとしても身構えちゃう。もっと子供目線の、我慢体得期とか葛藤期とか呼び方を変えると、親としても応援してあげなくちゃと言う気持ちになれると思うんだけども、どうなんだろう。まぁ、魔の2歳児までいくと、それが笑いの域に昇華されてる気はするけどもね。

と、息子が起きる前の朝のひとときに思いつき
ブログ更新。久々だ(汗。

皆さんおはようございます。
今日も良い一日を!

いいね!した人  |  コメント(5)  |  リブログ(1)

テーマ:
隅田川デプレ、更新されてまーす!

今回は、都電荒川線の旅です。
最近私の中でアツイのが荒川区。
オシャレな下町が注目されがちですが、敢えて荒川のディープな感じに惹かれてます。一瞬、東京23区であることを忘れてしまう景色がそこここに。面白い。

そしてなんと。
気づけば連載100回目!
わーお。
ってことは、8年以上続いていると言うこと!?
な、な、なんとまー、驚き。
宅ふぁいる便のHさん他の皆さんに感謝しなくてはです。ありがとうございます!!

そんなわけですので、お祝い気分でのぞいていただいて、いいね!などしていただければ嬉しいです。よろしくお願いしますー。

それにしても今日は、青空の気持ちいい小春日和でしたねー。息子と公園でシャボン玉三昧でした。

{A7C0F50D-170D-457A-8B30-B0282A92B783}

{E0EB4934-3298-4A18-8DC6-2DBBA92F3E7C}

秋ですねー。

いいね!した人  |  コメント(9)  |  リブログ(0)

テーマ:
これまで全くと言っていいほど関心のなかったハロウィン。でも、人って変わる。変わった。変わるよねー。だって、我が家の世界一可愛い息子が仮装しちゃうわけですよ。アホになります。あ、いや、バカになります、親バカに。なんでこんな可愛いんだろって、のぼせ上がってます。これはもう、またオキシトシンとかそういう脳内の物質が関係してるとしか思えないくらい、ほわーっとなります。女性の体は、毎月毎月あれこれあるし、体の中の化学変化が本当に盛んなんだろうな。そういうことにして、許していただきたい。私の果てしない親バカ加減。

でもね、この一週間ちょっと、ツイッターには呟いてますが、お母さん、人知れず、誰にも褒められることなく、とにかく踏ん張って頑張ってなんとか乗り切ったんです。

取材3本、締切2本、運動会のお弁当6人前、息子の風邪による体温38.5度、保育園のお休み3日、その風邪を見事に貰って若干体調を崩し、習い事とかあんなことやこんなこともして、ちょっと涙がこぼれちゃった日もあったけど、でも、ひとつずつひとつずつやるしかなくって、やってれば時間がちゃんとここまで運んでくれて、たぶんこの一週間ちょっとの間にお母ちゃんはワンアップした!!

その最中に思ったんだけど、これまではどうにも好きになれなかった「自分へのご褒美」という言葉、認めてあげてもいいのな、と。疲れたから甘いもの、とか、シュワっとしたいからビール、とかと同じで、頑張ったから自分を褒め称えつつお買い物もありかなあと。その方がなんか楽しそうだし、あんまり自分に厳しくしてると、無駄に疲れちゃうし。本当に、誰も見てないけど頑張らなきゃいけないことってたくさんある。誰も褒めてくれないけどなんとかやりきらなきゃならないこと多々。だから、自分で自分のことを人知れず褒めてもいいかなって思うようになりました。その方が、人にも優しくなれそうだし。

というわけで、うーん、なにしよ?
まだ決まってないけど、えーと、今日は色々緩めます。

ともあれ、皆様、ハッピーハロウィン!!
{8B3203B5-86D2-4627-8615-759846F04373}

はーかわいい💕
いいね!した人  |  コメント(10)  |  リブログ(0)

テーマ:
金曜日の夜。
皆さん、今週もお疲れさま!

我が家の金夜の夜は、旦那さんが仕事で不在だけど、息子くんが乾杯の相手をしてくれるハッピー泡ぁです。
{46940847-2877-4F3B-B6DD-56397D0F150F}

ねー、ビール飲んでもいい?って息子に尋ねると、「どうじょー、めちあがれー」って(激萌。
はぁ〜、しわわせ〜。
チューの嵐です。

そうそう、隅田川デプレ、更新してます。
今回は東京観光に便利なスカイバスをご紹介。
休日を東京で過ごす方にオススメですよー。
メダリスト気分味わえます(笑。


では皆さま、良い週末を〜!
ぶちゅーーーーーーーっ!!

いいね!した人  |  コメント(5)  |  リブログ(0)

テーマ:
連休に、いとこのお兄ちゃんから譲って貰ったたくさんのミニカー。ミニじゃないプルバックカーや、おしゃべりするカーズのラジコンカーとかもあって息子大興奮。静岡の実家の廊下をお兄ちゃんと何往復したことやら。
貰ったトミカのピクニックシートは、町の地図に情景が描きこまれていて、その上でミニカーを走らせられるようになっているので、今朝も早くからそれを広げては「おかあさんも車持って!」とドライブを強要されました。ごはん、作らせてー。

{8BF20709-B907-4D50-BFF5-0E1D7E7236D1}

で。
今夜もベットにいくつか車を持ってきてしまった息子。「一緒に寝るのー」だそうです。そして、「ママも一緒にゴロンちてー」って(激萌。

なんでしょ、ほんと親バカなんですけど、子どもってこんなにかわいいもんですかね…。ほんと子離れできない残念な親にならないように気をつけないとなぁ。あー、息子を好きすぎて困る。
いいね!した人  |  コメント(9)  |  リブログ(0)

テーマ:
雨の日が続いたかと思うと、今日みたいに30度を超える日があったり、10月なのに「天高く馬肥ゆる秋」なんてことをいいづらい毎日ですね。
個人的に食欲の秋は疑う余地もないのだけど…(汗。
で、今日なんかもついつい息子には半袖、半ズボンを着せてしまうのだけど、ふと、そろそろ秋冬物の服を揃えなければと焦り始めている母です。突然、寒くなったりもしますからね。
ただ、こどもの服って私たち大人のものと違って、結構な数が必要だし、サイズによってはワンシーズンしか着られなかったりするしで、ついついファストファッションの力を借りがちなんですが、でも、ちゃんとオシャレな服も着せたりしたいしで悩ましい。

そんな母に、強い味方を紹介していただきました。トーキョーキッズスタイルさん。

TOKYO KIDS STYLE

“男の子でももっとオシャレを楽しみたい”をコンセプトに、Ralph Laurenをアウトレットプライスで、また日本未上陸で人気のGymboreeCarter's、韓国ブランドなどをセレクトしているSHOPです


とな。


私も早速、息子に秋冬物を。

{4FA38209-6BE7-4E77-B3CB-C9C31002EFB0}

ラルフローレンのチェックのシャツと、グレーのスエードのサイドゴアブーツの2点。着せた瞬間、いつもより息子が華やかな雰囲気に。わー、なんかやっぱり違う。

{D3E4B185-86FE-4BBF-94C0-362A0E72885D}

いつものニューバランスのスニーカーも気に入ってるけど、ブーツを履くと季節感、オシャレ感が出ますねぇ。

{F3B5974E-BB5D-4809-84E2-276FC8B31090}

シャツは風をはらんで膨らんでもいい感じ。実は息子、今は身長86センチくらいなので、90センチがちょうどいいサイズなんですが、それだと多分今シーズンしか着られない…。で、思い切って100センチにしてみたんですが、これはこれでふんわりとしたシルエットになっててかわいい♪

なんて、母ご満悦だったのに…

{F1AC6B75-4699-43F4-8364-3B015591ED49}

おろしたて新品のブーツで水たまりへ飛び込む息子。や、やめてー…。

ともあれ、この2点を身につけた息子を「オシャレ〜」「かっこいい!」と褒めちぎっていたら、ご本人もご満悦らしく、保育園に行く時にもブーツ履こうとしてました…(笑。

頼もしいアイテムを仕入れたので、この秋冬はこれをもとにバリエーションを楽しんでみたいと思いますー。

で!

このブログを見た方にはと、なんとTOKYO KIDS STYLEさんが、クーポンコードも出してくださいました。秋冬の新作が10%OFFになるそうですよ。→TKS2016AW

クーポンもショップも是非ご活用くださいませー。

{11EF360A-1137-42A6-893A-FF4E68EF8248}

ちなみにこれは、息子の写真を撮ろうとしてカメラを持ち出したのに、息子に奪われてしまったの図。意外に様になってる…なんて、また親バカなことを思ってしまう母。ほっほっほ。
いいね!した人  |  コメント(8)  |  リブログ(1)

テーマ:
やまなし

と言うと…、

クランボンはわらったよ
クラムボンはかぷかぷわらったよ

と、まずは思い出す諸岡です。
分からないことばかりだけど、なぜか惹きつけられる宮沢賢治。写真だけで言えば、ウチの父親とどことなく似ている宮沢賢治。
でも、このお話「やまなし」が、小学何年生か忘れちゃったけど、国語の教科書にのってたってすごいですよね。謎すぎるもん。クラムボン。

それはさておき、今日は家族で山梨にお出かけしてました。ただいま帰りの渋滞の中。息子は隣で寝息を立てています。ま、無理もない。お昼寝の時間もすっとばして全力で遊びまわってましたしね。
{3C86D881-1842-4C87-A175-F4A72D929041}

{EB402BE8-9521-41AD-9550-F1A914630036}

{C971B3B1-BDC6-4DF3-85D6-F6B5AA88A2A3}

それにしても、笛吹川フルーツ公園、素晴らしい!
水上アスレチックとか、小さい子供も水遊びできるように水深や人工芝で滑りにくいようになどの配慮がされていて、眺めはいいし、他にも遊び場所はいっぱいあるし、ライブやB級グルメ的なイベントもしていたり、ロードトレインという子供の乗りたがる機関車風の乗り物もあるし、まったく退屈しなかった!
なーのーにー、入園無料。
ありえん。

とりあえず、旦那さんが息子の水遊びを見てくれている間、私は木陰のフカフカの芝生の上でゴロン。
{5AC890A4-919F-4452-9F78-E28C5536E701}
ノーメイク、っつうか、日焼け止めもぬらずに来てしまったことを猛省するお天気。嬉しいやら悲しいやら。

{68785257-20BB-4C21-BBB5-F4A29DBEFDA7}

眺めもいいし、ワイン用のブドウの品種がずらりと並んで実をつけていたり。

{7AB64284-C25D-4A84-9110-5267DBAA05B6}

こちらは、カベルネフラン。
{CF47D15D-DD65-4127-ADB9-C45C5B6376FF}

こちらは、カベルネソービニョンの木の横を歩く息子。あー、フランスや南米のワイナリーを思い出すー。いつかこの子と行けるかなー。

{2A0A1CB2-421C-40D1-9841-54EBDBC8B4DC}
なんて思いつつ、シーソー。

{83571394-C0C1-44B9-9620-4A130DBA4A1A}

帰りは、絶景と評判の「ほったらかし温泉」へ立ち寄って、ぬる湯でのんびり。屋根もない野趣溢れる露天風呂で、目の前に富士山を望むことができるそうなのだけど、残念ながら今日の富士山は雲の向こう。でも、ゆるやかな風に揺れるコスモスやすすきや、その上を飛ぶ赤とんぼやシオカラトンボ、そして森の土の香りに思わず「ほわー」と声が漏れてしまう心地よさ。
ここは、日の出前から入浴客が来て、富士山とご来光を見ていく人もいるのだとか。

そして、風呂上りのビールとシャインマスカットをいただいて、ただいま帰りの渋滞の中です。旦那さん、ありがとう、がんばれ。

やまなし、いいとこ〜(眠。
いいね!した人  |  コメント(6)  |  リブログ(0)

テーマ:
{2BF58F0B-709E-446F-8EAA-B35F33096A34}

自撮り画像もたまには載せ…、あ、いや、ブログの更新自体ちゃんとしなきゃということで(汗)、先日プロフィール用の写真を撮影したので、その現場のモニターの画像などアップしてみたり。
恐らく宣材の候補に入ってこないであろう大きな目線外し写真のモノクロ加工。おほほ。

で、この日、撮影してて痛感しました。
美しく歳を重ねるって、やはり簡単ではないなぁと。ちょっとここ2年くらいは、高齢出産とか育児とか言い訳にしちゃってたかも?なんて反省。髪を乾かさずに息子の寝かしつけをしてそのまま眠りこけてしまったり、日焼け止めを塗り忘れて公園で息子を追いかけ回したり、そんな時は虫除けも忘れてて蚊に刺された跡がたくさんできて、しかもなかなか消えなかったり。

でもね、でもでもでもねー、39歳でのお産は、産んだ当初「意外に大丈夫じゃん」と思っていたけれど、やっぱりなんだかんだ体力回復に結構な時間を要した気もするんですよねぇ。今思えばだけど、若干の産後鬱というか、ドヨーンとした精神状態も続いていたかもしれないなぁとも。まぁ、命がけのお仕事ですからね。私の場合、出血も多かったみたいだし。
ようやく最近になって、この年齢なりの普通の状態になってきたのかなぁ。

なので、そろそろちゃんとオシャレしたりお肌のケアをしたり、本を読んだり美術館に行ったり、息子と思いっきり駆け回ったりしたいなぁ、と思います。どこか遠くにも行きたいなー。

そうそう、これも最近ふと思ったことなんだけど、私にとって飛行機や特急電車での長距離移動時間って、実は一番のリラックスタイムだったんじゃないかなと。
ロケに向かう長いフライトは、自分自身は何もしなくても目的や目的地に向かっていて、どちらかというと疲れないようにうまく休むこと自体が仕事でもある。だから、すごく積極的にリラックスしていました。それが結局、健康にも役立ってたところがあった気がします。オンオフの切り替えがうまくできていた。

でも、産後というのは、オンオンですからねぇ。朝から晩までオン。寝ててもオン。毎日がオン。
それこそ、息子がこの4月から保育園に通い始めたことでオフできる時間も作れていて、それでようやく体力が戻ってきたのかもしれません。

遅っ!

そんな、ちょっと情けない私の体力回復進捗ですが、これから高齢出産にのぞむ方の参考になれば幸いでございます。

あ、でも子どもは本当にかわいいです。好きで好きでたまらない。本当に産むまで分からなかったけど(苦笑。

いいね!した人  |  コメント(8)  |  リブログ(0)

テーマ:
民俗学、文化人類学の分野で活躍し続けておられて加藤九祚先生が、ウズベキスタン、テルメズの地で亡くなったという訃報に触れた。

テルメズのお宅と、吉祥寺の居酒屋と、先生と何度かお酒を飲ませていただいた。

何より、発掘現場にご一緒させていただいたこと、たくさんお話やお歌を聞かせていただいたことは、私の中の特別な思い出となっている。
先生と二人きりで夕日の発掘現場を歩くというシーンの撮影をしているとき、ふと先生がこんなことを仰った。
「黄昏時というのは、ぼーっとしてくるんです、人間は。そして、どこかに帰りたくなる。」
その言葉に、私も気が遠くなるような、目眩がするような、遥か遠い過去のことを思い出したような、不思議な感覚を覚えた。

今はただただ、94歳の身体を抜け出した先生の魂が、好奇心の赴くまま、自由自在に、日本やシルクロード、宇宙や異次元の世界までも飛び回っておられることを願います。
先生、ありがとうございました。
いいね!した人  |  コメント(5)  |  リブログ(0)

Ameba芸能人・有名人ブログ

芸能ブログニュース

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。