諸岡なほ子の『旅の途中のスウィートホーム』

ミステリーハンター・諸岡なほ子のオフィシャルブログ  

MBS『住人十色』
神戸「7人が暮らす斜めの家」編
5月14日(土)夕方5:00~

久々にトイロの訪問者を致しました~。

隅田川des pres(すみだがわデプレ)
東京下町を歩きながら連載中。
今月は、飛鳥山公園です。

BS-TBS『日本の名峰・絶景探訪』
#100「赤城山 氷雪に刻む夢」
2月27日(土)夜10:00~10:54オンエアされました

初めての冬山登山に挑戦しています!

Panasonic デジタルカメラ Lumix
2016年春 総合カタログ

http://panasonic.jp/catalog/ctlg/lumix/lumix.pdf
私、諸岡なほ子がモデルとして登場しています。
店頭に置いてあるカタログの他、上記リンクのウェブカタログでもご覧頂けます。

テーマ:
民俗学、文化人類学の分野で活躍し続けておられて加藤九祚先生が、ウズベキスタン、テルメズの地で亡くなったという訃報に触れた。

テルメズのお宅と、吉祥寺の居酒屋と、先生と何度かお酒を飲ませていただいた。

何より、発掘現場にご一緒させていただいたこと、たくさんお話やお歌を聞かせていただいたことは、私の中の特別な思い出となっている。
先生と二人きりで夕日の発掘現場を歩くというシーンの撮影をしているとき、ふと先生がこんなことを仰った。
「黄昏時というのは、ぼーっとしてくるんです、人間は。そして、どこかに帰りたくなる。」
その言葉に、私も気が遠くなるような、目眩がするような、遥か遠い過去のことを思い出したような、不思議な感覚を覚えた。

今はただただ、94歳の身体を抜け出した先生の魂が、好奇心の赴くまま、自由自在に、日本やシルクロード、宇宙や異次元の世界までも飛び回っておられることを願います。
先生、ありがとうございました。
AD
いいね!した人  |  コメント(5)  |  リブログ(0)

テーマ:
{BA31FA06-B06F-4518-8A8B-4104AA375C29}

おや?
懐かしい響き(笑。

それにしても、よそのお母さんたちはなんでブログ更新したりインスタアップしたりできるんだ…私はよほど時間の使い方が下手なのか?
下手かもなー。
とにかく、また一週間終わったの?しょうがないなー、金曜日を特別にするために飲むか!ってな流れがすぐに巡ってきます。
どうしたもんかなー。


あ、そういえば、告知し忘れてましたが、更新されてます、隅田川デプレ。
今回は、東京の辛口のお酒でしられる「澤乃井」の美味しさの秘密を探る旅です。
奥多摩の風光明媚な場所。台風がきてる最中ですが、これが過ぎればまた1つ秋らしくなって、澤乃井の蔵元を尋ねるのも楽しそう。蔵開きが10月後半にあるはず。またその頃行きたいなー。綺麗なんだろうなー。

ま、よろしかったらまずは連載を読んでいただければ!そして、「いいね!」とかしていただけるとなお嬉しいです。よろしくお願いします!

それにしても本当に…まずは九州、四国、中国地方の皆様、不安な夜になるでしょうが、台風が無事に過ぎてくれることを祈ってます。避難情報など、しっかりチェックして安全にお過ごしください。それでは。
{EF9C4807-1FB7-423A-B6EA-D1BEE4235E24}

ちなみにこの写真は、息子があちこちにシールを貼りまくっていたものだから、「シールおばけだー!おばけやってー」とお願いしたらしてくれたポーズ。手の甲をひらひらさせながら「おばけだじよー」みたいなノリではなく、静かに上目遣いで見つめてくるという、どこで学んだのかしれないちょっと本当に怖いようなリアリティを発揮。もしや演技派?
いいね!した人  |  コメント(6)  |  リブログ(0)

テーマ:
{1AE5F3C9-8CDB-42B0-9C43-DEC15AD571CF}

息子、最近はカメラ向けると大体こんな顔。
まったくもー

今日は、子連れにいいと評判のRHカフェ@二子玉川で、数年ぶりに妹分たちとデート。会うのは私の入籍した頃以来かな。

でもやっぱり息子連れだと、あれしてこれしてなんだかてんやわんやの内に、気付けば帰る時間に。それでも、久しぶりに時間を作って3人+息子で会えて良かったなぁ。

昔はそれぞれ独り身だった私たちが、ひとりは子どもができてたり、ひとりは結婚して旦那さんがいたり、もうひとりも年下の彼氏ができてたりと、それぞれの人生に変化が起こってて、幸いどれも嬉しい変化で、近況を聞くのも嬉しくいい時間だった。

{EE6B586E-92A7-4157-94A4-AAC9A95DB2E3}

{601B295A-177A-4C83-A059-964C45285145}
この2枚は、妹たちが撮ってくれた息子の写真。

下は、私と息子のツーショット(汗。
{B890F106-22F7-4F16-8999-5BF4DD0EEA26}

迷惑そうに、でも仕方ないから頬を差し出すという感じ、よく撮れてるね(笑。でも、かーさんの気分は、嬉しすぎて思わずメダルを噛む金メダリストだぜぃ。(大好物の獲物を丸呑みしようとする蛇みたいな顔だけど)

それにしても、いろんな友達がいるけど、妹分たちとは何か透明な、純粋なもので繋がってる感じ。なんだろうな。優しさとかそこからくる遠慮とか、どこか不器用な純粋さ。その辺が似てるから姉妹みたいな気持ちで繋がってるのかな。会うと、丁寧に生きたいなと思わせてくれる感じ、不器用だからこそね。
恥ずかしげもなく書けば、ほんと、ありがとうだな。うん。

いいね!した人  |  コメント(8)  |  リブログ(0)

テーマ:
「ママ、ビール飲んでいい?」
「いいよ!」
と2歳児に許可を得て、ひとり空に向かってグラスをかかげようとしていたら、息子が自分もビールを飲むと言い出した。おおっと。
「ごめんね、ビールは大人しか飲めないものなんだ。でも、シュワシュワあるよ。飲む?」
と聞いたら大喜び。こうして息子にサイダーを注ぎ、
「今日はカンパイじゃなくて、ケンパイって言えるかな?」
と聞くと頷くので、二人で声を揃えて
「けんぱーい!」
と、笑顔でコップをくっつけた。

昨日で、友、DJ DECKSTREAMがこの世を去って一年が経つ。長く付き合いのあった夫は、昨日は彼のご実家へお邪魔していた。そこから送られてくる画像には、今のうちの息子よりも幼いだろうヨチヨチ歩き姿や金髪のヤンチャな頃の写真などもあり、こんな時代があったのかーなんて微笑ましくも感じた。

たけど、ご先祖の遺影と並んで彼のアーティスト写真が鴨居の上に飾られているのをみると、またどうにもやるせない気持ちになった。どんなにカッコよく撮れてても、これでは親不孝だよと。
間違いなく、太く生きたと思うし、本人だって突然の死が悔しくてたまらないかもしれないけど、問答無用、親より先に死ぬなよと。

目の前に息子がいるから、何重にも胸が痛くなる。去年はまだ気付いていなかった痛みであり、怒りだ。

とりあえず、その死を思うとき、私は結局いつも怒ってしまう。私が怒りっぽいことは、彼もよく分かっていたから(なぜならヤツは、飲んでる時に私をひどく怒らせる発言をして私におしぼりを投げつけられた経験があるから)、この怒り、甘んじて受け取っておけ!とでも言いたくなる。
優しくできなくて申し訳ないと思いながら。

ただ、昨日という日をご家族やご友人たちがそれぞれに大切に過ごしていたことを知り、やっぱりみんなに愛されていたんだなぁと、愛すべきろくでなしだったんだなぁと改めて感じた。そうだよな。

あの、暑苦しいくらいの存在感(笑。
ほんと、死んだ気がしない。

{0DB347B1-8BA9-4338-A40E-F42693A220E1}



いいね!した人  |  コメント(5)  |  リブログ(0)

テーマ:
そうそう、三佳ちゃんの写真展で知ったこと。
「旅」の語源が「賜ぶ」だということ。
そして、気になって自宅で調べてみたら、同じ「賜ぶ」から派生した言葉に「食べる」があるんだそうな。感覚的にすごくしっくりくる。それこそ、映画『ラサへの歩き方』みたいな世界だな。
食べるもの、それは賜りもの。
生きること、それは旅のようなもの。
旅、それさえも賜わりもの。

というわけで、三佳ちゃんからの賜わりものを。
{AD52034E-8428-4111-B231-C62B09CD2B95}

{96F040A7-F7B5-417A-8AAF-5C586AEC226F}
(宮地眞理子氏からの掲載許可も賜わりました)

坂本三佳ちゃんオフィシャル

写真展詳細

それにしても、旅のいろんな場面や旅そのものについて「賜ぶ」ということばを使って自分なりに解釈していくの、面白い。今まで贈与という言葉を使っていた場面に賜ぶを当てはめるのもいい。
かなり嬉しい発見!
発見も賜わりもの!
いいね!した人  |  コメント(6)  |  リブログ(0)

テーマ:
今日は、新宿のオリンパスギャラリーで開催されている、ミステリーハンターの坂本三佳ちゃんの写真展にお邪魔してきました。
三佳ちゃんの写真からは、やっぱり人柄が感じられて、きちんと、優しく、まっすぐに旅の景色が写し取られていました。

それを見ながらふと自分なら…って考えてしまう私。恐らく望遠だとかマクロを多用して、後からその過剰演出に自己嫌悪したりするよなーなんて。過剰演出は、もしかしたらコンプレックスの現れなのかもしれない、けど、三佳ちゃんの写真はそうじゃない。

まっすぐで真面目だけど決して重苦しくはなく。ありのままを伝えてくれる。ある意味、レポーターとしての資質やスタイルを再確認、新発見できる作品がいっぱいでした。

面白いですよね、作品って。作者の人となりに少しでも触れたことがあるとなおさら。なので、ふしぎで活躍している三佳ちゃんのことを見ている方なら、「あー、わかるー」「え、こんな人だったんだー」って感じるところがあるかもしれません。そんな写真展の詳細はこちら↓

「坂本三佳の世界旅」

オリンパスギャラリー東京 期間:2016年8月19日(金)~8月24日(水)
午前11:00 ~午後7:00 最終日 午後3:00 木曜休館 入場無料

オリンパスギャラリー大阪 期間:2016年9月16日(金)~9月29日(木)
午前10:00 ~午後6:00 最終日 午後3:00 日曜・祝日休館 入場無料



三佳ちゃんのギャラリートークなどもあるそうですよー。

ちなみに、
{3DB5B92F-CFC0-48C9-8118-DDAADFE4D395}

この、写真展での私の写真を撮ってくれたのは、一緒に行った宮地眞理子氏。今回は一緒に写るのを、あと、1人で写されるのも拒まれました(涙。
「ねーさん、私ばっかりですぎですー」って。
そんなマリオは、今日立ち寄った喫茶店(オリンパスギャラリーむかいのルノアールね)で私がトイレに立ってる間にきた紅茶を、私が戻ってくるまでまったく口もつけずに待っていました。それで、私が何も考えずに着席してコーヒーをすすった瞬間に、ストローを開封。相変わらずの人柄です(笑。

人となり。
面白いですよね、ほんと。
マリオも三佳ちゃんも。
いいね!した人  |  コメント(6)  |  リブログ(0)

テーマ:
昨日は、渋谷のイメージフォーラムにて『ラサへの歩き方〜祈りの2400㎞』の上映後トークに出演させていただきました。ご来場いただいた皆さん、ありがとうございました!

素晴らしい映画のその余韻に浸りたいタイミングで私が出てきてお話をするなんて、なんだかお目汚しになってしまい申し訳ないなぁと思いつつ、お話をさせていただきましたが、会場の皆さんはあたたかく、私の話への反応の声が聞こえてくると、それが嬉しくてつい色々なお話をしてしまいました。
なのだけど、準備していたことの半分ほどしか話せなかったので、うまく流れを作ることができなかったことを後から猛省。本当はあのことを話そうと思っていたのだけど…と。

 チベットは、一度訪れたことはありますが、私にとっては永遠の憧れのような場所。今でも、きっといつかまた行くんだろうなという予感のようなものを密かに抱いていますが、その時はもっと主体的に、能動的に、この映画の巡礼者たちのように旅を歓び楽しみたいなぁと改めて感じました。

私のトークイベントは終わりましたが、映画はこれから続々と全国で上映されていくようですので、是非みなさんにオススメさせていただきたいと思います!
http://www.moviola.jp/lhasa/theater.html

そうそう、昨日は色々な人と再会できた嬉しい時間でもあったんですが、こんな人も来てくれました!
{FCDDBBA0-4B0D-4E84-839E-4B9680EC8A0A}

マリオこと、宮地眞理子。
ダブルピース…。
いや、久しぶりに会えて嬉しかったし、言いたかないけどやっぱり美人だったし、必ず律儀に手土産を持ってくる人なので、昨日はこちらでもささやかなギフトを用意しておいて返り討ちにあわせてみました。「えー、えー、えー、なんでですか姉さん、ええーっ」という反応、想像つくでしょ?(笑
本当にね、みなさんがテレビで見てるまんま、というか、それよりも腰の低い人です。面白いです。

そんなマリオが、今週末のふしぎ発見で駅弁を取材してるそうです。すでにもう一本収録済みとか。活躍してるなー。嬉しいねっ。
皆様こちらも是非ご覧くださいませ。

そんなわけで、昨日は素敵な映画にも関わらせていただいたし、また、マリオと軽く1杯(マリオは2杯)も飲めたし、楽しい1日になりました。
心の栄養だわっ。
いいね!した人  |  コメント(13)  |  リブログ(0)

テーマ:



https://www.facebook.com/events/1784948341741786/


今回も事務所でこんなバナーを作ってくれたので、
イベント直前ですがアップしておきますね。

というわけで、
『ラサへの歩き方 祈りの2400km』
シアター・イメージフォーラム(渋谷)
http://www.imageforum.co.jp/theatre/index.html
8月7日(日) 13:20〜
この回の上映後にトークします!
ぜひご来場くださいませ。
よろしくお願いいたします。



いいね!した人  |  コメント(5)  |  リブログ(0)

テーマ:
ここのところいろいろありまして、今ようやくほっとしている月曜日の午後です。

まず、下北沢のトークイベントの翌々日に抜いた右下の親知らずが、1週間経っても一向に痛みが取れず、毎日ロキソニンがないと、というか、もうロキソニンでも痛みが抑えきれないほどになっていたんで、慌てて歯医者さんへ駆け込むと、ドライソケットとの診断。

知ってます?
ドライソケット。
ソケットって、かわいくていい響きですよね。
でも、ドライソケットって、親知らずの抜けたところに血液の蓋(血餅)ができて埋まっていくはずのものが一向に埋まらず、顎の骨がむき出しになったままの状態のことを言うんだそうです。
これの治療がまた恐ろしい説明になっちゃうんですが、一度縫合した歯茎を再び切開して、細菌に感染している部分をきれいにし、わざと周りを傷つけて出血させるんです。つまり、同じ場所を2度切開。そして血餅できるの待ち。
ボルタレンというちょっと強い鎮痛剤と抗生剤をいただいて3日間服用。その間は良かったのだけど、5日目くらいからまたズキズキ。日曜が抜糸だったので、見ていただいたらまだまだ穴がふさがってなくて、治りが遅いとのこと。
「かなり大きな穴が空いてたからねー」と先生。
また新たに鎮痛剤と抗生剤をいただいてきました。
ハァァ、40年ちょっと生きてきて、こんなに歯で痛い思いをしたのは初めてです。いろいろあるもんだ。

なんてやってる横で、息子は先週金曜日に39度のお熱。えええー。本当に保育園に通い始めてからは毎月のように病院に行っている。通うまでがあまりに無菌状態だったんだろうな。幸い、ただの夏風邪とのことで、日曜日には平熱に戻ったので、今日は元気に保育園に。こうして、ちょっと進められていなかったお仕事を午前中にブワーーーーッと集中してやることができ、今、一段落。ほっとしているところです。

そんなソケットな近況の後にチベットな告知をリブログしときますね。
ほほほほほ〜(というわけで、元気です、ご心配なく!)。


いいね!した人  |  コメント(10)  |  リブログ(0)

テーマ:
映画『ラサへの歩き方 祈りの2400km』のトークイベントへ出演させていただくことになりました!

私も大好きなチベットの文化、人、景色を丹念に描いた素晴らしい映画なので、お声をかけていただいてとても光栄なんですが、同時に、別日のトークイベントに出演される方の顔ぶれを見て恐縮しまくっています。私、学生の時に石濱裕美子先生の作られたチベット語の教科書、使ってましたし、その他の方々もすごい…(^^;;

力不足は重々承知しているのですが、ぜひこの映画の素晴らしさや、私のチベット体験などについてもお話ししたいと思い、お引き受けしてしまいました。
なので、この映画やチベット文化、巡礼の旅や私のささやかな体験談に興味を持っていただける方は、ぜひ下記の日時に映画を見にいらしてください。上映後に、トークイベントを行います。

『ラサへの歩き方 祈りの2400km』
シアター・イメージフォーラム(渋谷)
8月7日(日) 13:20〜
この回の上映後にトークします!

もちろん、トークイベントは行けなくても映画は見たい!という方は、明日からシアター・イメージフォーラムで公開されるので、是非ご覧になってください。東京以外の地域でも、全国順次公開予定だそうです。



2007年、私のラサへの歩き方は…それはそれは大変でした(汗。


こんな着膨れの理由も関係ありとか?(汗汗


チベット仏教といえばマニ車の風景もいいですねぇ。

あとは冠雪した気高く美しい山々。
チョモランマもカイラスも本当に憧れます。
あ〜〜〜〜〜〜〜、行きたい〜〜〜〜〜〜〜。
いいね!した人  |  コメント(5)  |  リブログ(2)

Ameba芸能人・有名人ブログ

芸能ブログニュース

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。