諸岡なほ子の『旅の途中のスウィートホーム』

ミステリーハンター・諸岡なほ子のオフィシャルブログ  

MBS『住人十色』
神戸「7人が暮らす斜めの家」編
5月14日(土)夕方5:00~

久々にトイロの訪問者を致しました~。

隅田川des pres(すみだがわデプレ)
東京下町を歩きながら連載中。
今月は、飛鳥山公園です。

BS-TBS『日本の名峰・絶景探訪』
#100「赤城山 氷雪に刻む夢」
2月27日(土)夜10:00~10:54オンエアされました

初めての冬山登山に挑戦しています!

Panasonic デジタルカメラ Lumix
2016年春 総合カタログ

http://panasonic.jp/catalog/ctlg/lumix/lumix.pdf
私、諸岡なほ子がモデルとして登場しています。
店頭に置いてあるカタログの他、上記リンクのウェブカタログでもご覧頂けます。

テーマ:
息子、2歳になりました。
早い。

ここまでもまあ大変といえば大変なこともあったけど、去ってみればあっという間。

生まれてしばらくは、あまりにひとりでは何にもできないその生態に、人間の子供ってのは本当に弱い生き物で、生存戦略は可愛くあること(で、親に守られること)しかないのか!?と毎日驚いていたのですが、そんな息子も気がつけば立って歩き、自分の手で食べ物を口に運び、自分のオナラにウッシッシと笑ったり、バースデーケーキが出てくると自然とバースデーソングを歌って誰に言われるでもなくロウソクを吹き消すまでになっていました。

驚き。

もうひとつの驚きは、自分の中に息子への愛情がどんどん膨らんでいること。これも気がつけばそうだった、という感じで、生まれてすぐの時よりも今の方がはるかに愛しさが大きくなっているなぁと思えるんです。それが嬉しい。嬉しくしてもらえて、ありがたい。私にもこんな気持ちが芽生えるもんなんだなぁと。

このあっという間の2年間に、実は色々変化してきたんだよなぁ。これからもそうなのかな?
ま、そうだろうな。
後から振り返ると、大体なにごともあっという間だったということを学習したつもりになって、これからも1日1日、瞬間瞬間をしっかり見つめていきたいなぁと改めて思っている、ママ2年生の諸岡です。

写真は、2歳になって最初の動物園にて。
よこはま動物園ズーラシア、これから何回も行きそうなので年間パスポート買ってしまいました。
えへっ。

{367A94A0-4371-4B92-A884-E2CF99601F7E}

AD
いいね!(39)  |  コメント(9)
nahokoさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

読者になる

テーマ:
そうだそうだ、伝二郎さん、おめでとうございます!!
4月1日に二人目のお子さん誕生のご報告をいただいてましたね。
お一人目がウチとほとんど同じ時期だったんですもんね。
奥様、頑張りましたねっ。
次男くんもかわいがりつつ、長男くんもこれまで以上に大切にしてあげないとですね。

そして、熊本地震、大変でしたね。
奥様にとっては床上げ前になるのかな?
でも、奥さんもお子さんたちもおばあちゃんもご無事とのことで良かったです。

いろいろな報告、ありがとうございました!!
いいね!(31)  |  コメント(4)
nahokoさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

読者になる

テーマ:



MBSにて明日夕方5時から放送です~♪
ご覧いただける地域の皆様、チェックよろしくね~。

ところで、今日はすっごく久しぶりに、家でコンペ用の歌詞書き仕事をしていたのですが、窓を開けて部屋に風を入れ、遠くに車の走る音を聞きながらあれこれ考えていると、時々タイムスリップしたみたいにふと自分が上海にいるみたいな軽~い錯覚みたいなのがあって、なんだなんだ?!って思ってました。

何度か行ったことのある上海だけど、大学の友達が住んでいた時期もあって、そこにかよりんと遊びに行ったこともあって、そういえば、あの時の気候とか空の色とかが似てて思い出したのかな?なんて思って、このブログ内検索をしてみたところ…

『上海より愛を込めて(笑』

なんてエントリーをアップしたのがちょうど7年前の今日でした。
どうやらこの日に帰国したみたい。
びっくり!!


あの頃。
30代の前半か~。いい時だな~。
今の幸せとはまた違う、すごく楽しい時代だったな~。
まとまった時間が見つかると、すぐにふらっと旅に出たりして。
あの頃、上海にいた友人は、今バンコクで子育て中。お互いふらっと旅に出るなんてことはできないけど、子連れでタイ旅行もいいなぁ、なんて妄想しておりました。

で、匂いや光の具合で子供の頃のことを思い出したりするのはよくあることなので、今日も何かの影響で思い出したのかなと思い、当時のブログを読み返してみたんですが、その時の上海は30度くらいあったみたいなので気候のせいではない。じゃあ、なんだろうな~、光?音?と考えていてひとつ思い当たったのは…


PM2.5


いや、まさかね。
でも、原因がなんであれ、自宅のパソコンの前で小さな旅をした気分。なんだか不思議な午後でした。さあ、もう少しで息子を迎えに行かなくちゃ。

あ、今日は金曜日ですね。
皆様、よい週末を~。


今日は飲もうっと!!
むふ~。
いいね!(48)  |  コメント(7)
nahokoさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

読者になる

テーマ:
今日はお知らせふたつです。

お久しぶりのっ、
毎日放送『住人十色』は、
今週末、5月14日午後5時からの放送です!!


今回は、神戸の山の手に建つ7人家族のお宅にお邪魔しました。
大家族だけあって、晩ごはんの量ったらもう…
image
ドーンドーンドーンドーン!と食卓に並べられた大きなお皿。
image
そしてこちら、私の隣に座ったお兄ちゃんのお茶碗。
まんが日本昔話かっ!

とにかく賑やかで明るく、気持ちのいいお宅です。
ぜひご覧くださいませ!

それともうひとつ。

下町歩き連載『隅田川デプレ』
撮ったり乗ったり、花の名所で鉄道三昧(飛鳥山公園編)

本日更新されました!

飛鳥山公園もいつか行かなくちゃとずっと思っていた場所。
鉄道好きの息子、というか、そう仕組んでしまった母、大喜びの素敵な公園なんです。
新幹線やら機関車やら都電やらモノレールやら、もう飛鳥山公園に行くだけで生の鉄道をこれでもかと堪能できます。プラレールとか好きな男の子のママには是非ともお勧めしたい場所!!
私はまた行くなー(笑。

あ、でもね、今一番行きたいのは京都鉄道博物館!!
まだ、埼玉の鉄道博物館にも息子を連れて行けてないのだけど、500系とか機関車とか間近に見たら楽しいだろうな~。


と、これで私のお仕事のお知らせは終了なんだけど、今晩11時からBS朝日でオンエアされる、火曜ナイト『星降るフレンチ 火の国シェフ』は、私が2013年のふしぎ発見、フランスの美食特集で取材させていただいた日本人シェフ、火の国熊本出身のシェフ、手島竜司さんが特集されているそうです。
独立してパリでレストラン『PAGE』をオープンさせ、ミシュランの星獲得を目指すというドキュメンタリー。
手島さん夫妻とは、ふしぎのディレクターのKさんと4人で東京で食事に行き、手島さんと私が同じ九州出身ってこともありグイグイお酒が進み、しまいには周りにはわからないくらいのドギツイ大牟田弁&熊本弁で何か話していたらしい…と云うエピソートもあって、勝手にもう他人じゃない気分なのです。なので、その後のご活躍にも本当にドキドキワクワク。
熊本からこんなに面白い人が出て世界で活躍しているという事実に、今勇気付けられる人は少なくないはず。是非、今夜一緒に見てドキドキしましょう~。
…という私からのお誘いでした。
まぁ、息子がちゃんと寝静まってくれてればの話なんですけどね(汗。
いいね!(51)  |  コメント(10)
nahokoさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

読者になる

テーマ:
ハイスペックなお母さんになりたいなぁ。
世のお母さんたち、すごいよなぁ。
息子が久しぶりに保育園に行った今日、
改めて思っちゃった。
仕事も家事も自由に放浪したい心も全部、
もっとなんとかしなくちゃだ。
{C9100BAC-EC43-4BB4-842E-30D4ABE8B8B1}


いいね!(36)  |  コメント(3)
nahokoさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

読者になる

テーマ:
さあ、休み明けも、気合を入れていきましょうか。
どーん!

いやぁ、立派な腹太鼓。

いいね!(33)  |  コメント(7)
nahokoさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

読者になる

テーマ:
昨日は、同郷・大牟田出身の歌手、森下玲可センパイのお宅にお邪魔して、こどもの日ガレージパーティでたこ焼きと串揚げをご馳走になりました。

{737100C0-4418-4AE0-A1EA-A9439571BF92}

って、たこ焼きはまだしも、串揚げを外で揚げるって斬新。しかも揚げたてはやはり美味しく、IHだと油の温度が一定に保てて便利なんてことにも感動しつつ、センパイのお友達が焼いてくださった海老の入ったたこ焼きという謎の食べものなどもいただき、シュワっとしたアレやぶどうからできてる赤いアレが進むという、こどもの日なのに大人が楽しい午後となりました。
ホントに、都内の閑静な住宅街でこんなにキャッキャしていいの?とこちらが不安になるほど。

{7D377C14-6A80-4C54-A10F-7CD117C0EE67}

更に、森下センパイの息子くんとそのお友達の男の子は小さい子が好きという素晴らしい少年たちで、うちの息子と積極的に遊んでくれ、息子もみるみる打ち解け、仕舞いには息子が私に「いってきまーす」と言って手を振り、少年たちだけでお家の中で遊んだり、公園に連れてってくれたり、お風呂にまで入れてくれて、想定外の極楽気分を堪能させていただいちゃいました。
もうほんと、こんなに楽チンでいいの!?なんて思いつつ、シュワシュワっと。はー、最高。
また行きたい。すぐ行きたい(笑。

ちなみに上の写真はみんなで「イイね!」してるとこ。息子…惜しい!

で、そんなわけなので、森下センパイと写真を撮ったら瞳孔開き気味の私の姿が…(^^;;
{9E7C06DD-AD2D-46B9-A476-633564149F47}

怖いよ、私。写真から圧が…。

{2639901C-C2D7-4FEF-87F0-3ACB8FF809A1}

{2F770821-9782-4689-B46B-B717E8A475C7}

{0C11E413-FFD2-4700-B2D3-051F5CA9EDE9}

楽しい1日だったので、
{2867DE6A-EE15-4BA4-8644-A3A12718CD50}

ま、帰りはこうなるわけですな(笑。
完全燃焼の息子と、色んな意味で燃料蓄えた母でした。

いいね!(42)  |  コメント(9)
nahokoさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

読者になる

テーマ:
4月21日、密かに行ってみたいと思っていた場所へ行ってきました。渋谷、セルリアンタワー能楽堂。伝統芸能を上演するための舞台が都会の真ん中の高層ビルの中に作られているというのが意外で、ずっと興味津々だったのです。


そんな場所で開催されたのが『KYOGEN LOUNGE Vol.38』。
狂言方の大藏基誠(オオクラ モトナリ)さんが主宰されている、パーティ感覚で狂言を楽しんで欲しいというイベント。若い世代や狂言初心者にもフレンドリー。しかも、狂言はもちろん、美味しいお料理とお酒も味わえるというので、一粒で三度おいしいイベントなのです。

マネージャーのYさんと待ち合わせ、受付を終えて中へ入ると、そこは長い廊下のようなホワイエのような空間。奥に早速、お酒とお料理のカウンターを見つけた私は小躍り。ドレスアップした人の姿も多く、開演時間まではそれぞれにおしゃべりや食事を楽しめて、まさにパーティのよう。

喉が渇いていた私は、このイベントの趣旨を身を以て体験せねばと、スコッチウィスキーOld Parr(オールドバー)のカウンターへ。
{FD120DAD-9D3D-4DEB-A2E6-333BD266A1C2:01}

まずは気分をすっきりとさせたくてソーダ割りをいただきました。このウィスキー、初めて飲みましたが口当たりが良くて、ソーダ割りでもまろやか。スイスイと飲めてしまい危険。一時シングルモルトは色々と飲み比べていたことがあったのだけど、あちらはそれぞれのウィスキーの個性をガッチリ受け止める感じで飲んでいたのに対し、ブレンデッドのオールドパーは寛容にこちらの何かを受け止めてくれる感じ。大人な味、大人の味だ。おいしい。

そして、なんとお料理を提供しているのは老舗料亭の金田中。政治家が密談(←あ、個人的なイメージね)したり文学賞の選考会(←こちらは事実)が行われたりしている、あの金田中。なおかつ興味を引くのは、この日上演される狂言の演目『梟』から料理長がインスパイアを受けて考案する、ここでしか供されない特別な一皿一皿であること。
{FE15D8DA-3C0F-4754-A764-4D7C1B7C36A2:01}

私がいただいたのは「ふくろうホウホウ 朴葉味噌焼 牛肉 竹の子 青唐辛子」と甘味の「苺の峰岡豆腐 薄蜜」。ほのかに朴葉の香り漂うお肉は切ないほど柔らかく、しっかりとした味噌味にますますお酒が進んでしまうという…ああ、危険。というか、この写真、お酒がすでに…(苦笑。

こうして、開演前から少々いい気分になって、能楽堂の中へ。
屋内の屋根、不思議な明るさの能舞台に、胸が高鳴ります。

{3FE5B9CF-6C3D-4447-A7BD-759E9FADE674:01}

ほどなく、大藏基誠さんご本人と従兄弟で同じく狂言方の大蔵教義‬さんが舞台上に。でも、狂言の装束を身につけていらっしゃらない。基誠さんのおしゃれヘアもそのまま。すると、お二人は息のあった絶妙の間で、狂言を楽しむためのあれこれを解説。まるで漫才を見ているようで、私にはお二人の間にスタンドマイクが一本立っているのがうっすら見えました(笑。いみじくも「狂言っていうのは今でいうコントみたいなもの」と教義‬さんがおっしゃっていましたが、なるほど、狂言師というのは笑いの芸をする人たちなのだなと、お二人の漫才風の姿を見て妙に納得。その後、演劇の俳優さんの演目に絡めた寸劇も挟んで、狂言『梟』が上演されました。

このストーリーについては割愛しますが、以前も狂言を見て思ったように、狂言は見る前に想像しているよりもずっと分かりやすいし、ずっと笑わせてもらえるものなんだなと実感。そしてその言葉で、何の装置もない舞台の上に色々な世界を出現させていくのが魔法のよう。私の中の、言葉が好き、という気持ちをぐいぐい刺激してくれます。

{39A08222-6B65-4BE6-935A-9B090A872B72:01}

ちなみに、大蔵基誠さんに関しては、プリンスという言葉が似合うように思いました。長い手足は舞台上で存在感を放ち、お顔には常に口角が上がっているような笑顔のニュアンスが感じられ、華やか。一方の大蔵教義‬さんはもうちょっと職人肌の印象。漫才MCでも狂言の演目の中でも相性のいいお二人なんだろうなと感じました。って、全くの素人意見ですが(汗。

最後に、能舞台というと、神や霊があちらの世界からこちらの世界へとやってくる空間である橋掛かりと、神の依り代である松の木が描かれている鏡板について、以前話を見聞きしたことがあったので、やはり神聖な場所とのイメージがあり、心のどこかにはちょっと上演前にお酒を飲んでいいものか迷う気持ちがなきにしもあらず…だったのですが、KYOGEN LOUNGEに関してはOK、ですね。あり。むしろお清めのお神酒と思っていいのかもしれません(笑。
都会の生活でついてしまった心の垢を落とし、まっさらな心でまっすぐに味わうのがKYOGEN LOUNGEの正しい楽しみ方のように感じました。実際に私は、凝り固まった頭や肩にじわりと温かい血液が送られ、身も心もほんの少し軽くなったところで、心地よく狂言を楽しむことができた気がします。うむ、いいイベント。なるほど、38回も続いてるわけですね。これからも続いていくものと思われますので、渋谷に足を運ぶことのできる方には是非ともお勧めしたいイベントです。

KYOGEN LOUNGEに関する情報は大蔵基誠さん公式サイトで。
http://www.motonari.jp/lounge

ちなみに私の狂言デビューはこんなでした。
http://ameblo.jp/nahoko/entry-10287919733.html
こちらに出てくる野村万作さん、野村萬斎さん親子は和泉流。KYOGEN LOUNGEの大藏基誠さん、大蔵教義さんらは大蔵流で、狂言の二大流派なのだそう。

終演後には、大蔵基誠さん、オールドパーカウンターのママ(笑)こと加藤さんと記念撮影。はー、楽しかったー。
{6CBEA4CE-C901-4BDF-8CB9-05F9B1533B80:01}


いいね!(50)  |  コメント(4)
nahokoさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

読者になる

テーマ:
一体どれだけご無沙汰してしまったんだ!?
お、お、お久しぶりです。
諸岡です。

熊本地震は未だおさまらず、ニュースで刻々と変化しつつある被災地の状況を見るにつけ、胸を痛めています。私も僅かながら募金をしましたが、現地で活動されている方の確かな力には遠く及ばず、ただただ1日も早い復興を祈るばかりです。

熊本地震の報道を見ていると、なんだかずーっとトンネルの中を歩いているような気持ちで毎日が過ぎて行きますが、そんな中でも、こっそり誕生日を迎えてまたひとつ大人になってしまったり、作詞家としてお世話になっている事務所スマイルカンパニーの新施設オープンのレセプションに顔を出したり、素敵な伝統芸能のイベントにお邪魔したり、保育園から初のお迎えコールが来たり、息子初の大量嘔吐はウイルス性胃腸炎と診断されたり、つられて私と旦那サマまで少々内科にお世話になっちゃったり、下町歩きの取材で女子トークをしたり、妙に慌ただしく日々を過ごしていました。

ちゃんとブログに書き残しておきたいこともあるので、今日からはまた少し頻度を上げて更新していけるといいな。と、自分に圧力かけてみたり(^^;;

ただね、息子のお腹はまだ完全には回復しておらず、保育園もお休みしている状況なので、中々お仕事も進められず…。いやぁ、やっぱりいろいろあるもんだなぁと痛感しております。あ、でも、息子本人はいたって元気でミニカーや電車のおもちゃやシャボン玉できゃっきゃと遊んでいるので、どうかご心配なく。もう回復期。お薬も、お薬用のゼリーが美味しいらしくパクパク口に運んでくれてますしね。

もうちょっとだけ元気にならなくちゃな。
息子も、私も。
いいね!(34)  |  コメント(5)
nahokoさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

読者になる

テーマ:
この度、熊本地震で被災された皆さん、心よりお見舞い申し上げます。
また、私の家族のことを心配して下さる皆さん、優しいお心遣いありがとうございます。

私の両親は福岡県大牟田市の自宅で今回の地震にあったようで、「こげん揺れたとは初めて」と言ってました。実は両親共、311の東日本大震災の際には千葉県で私と生活しており、テレビが倒れ、棚の上の物が落ちてくるような地震を体験していました。それで、「こっちは地震の多かー」と言って九州を恋しがったりしていたのですが、今回の熊本地震は千葉での体験を遥かに上回る揺れ方、そして回数とのことで、やはり怖がっていました。
ただ、私も心配で度々連絡を取っていますが、その度に逆に私息子が保育園で泣いてないかなど心配され、電話口で息子の声を聞かせるとキャッキャと喜んでくれています。頼もしい両親でホッとしています。

また、熊本には親戚や友人が少なくなく、中には避難所に移った下益城郡の叔父叔母もいます。母が電話で話した時にはカラッとした元気な声だったようですが、その後にまた本震、余震がきており、家がどのくらいの被害を受けているのか、避難所生活に持病持ちの叔父が耐えられるのかなど、心配が尽きません。

今までも、いろいろな被災地を見るにつけ胸が締め付けられる思いでしたが、今回は馴染み深い街や人たちがその渦中にあるとあって、何もできていない自分をとても腑甲斐なく感じています。が、そんな風に勝手に遠隔地で落ち込んでいてもなんの役にも立たないので、できることを探しつつ、少しでも早い復興を祈りつつ、こちらの日常を過ごしています。

熊本、大分の皆さんに1日も早く平穏な毎日が訪れますように。
いいね!(52)  |  コメント(13)
nahokoさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

読者になる

Ameba芸能人・有名人ブログ

芸能ブログニュース

ランキング

  • 総合
  • 新登場
  • 急上昇
  • トレンド

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。