諸岡なほ子の『旅の途中のスウィートホーム』

ミステリーハンター・諸岡なほ子のオフィシャルブログ  

BS-TBS『日本の名峰・絶景探訪』
#100「赤城山 氷雪に刻む夢」
2月27日(土)夜10:00~10:54

初めての冬山登山に挑戦しています!
レポーターじゃない私の姿、是非ご覧下さいませ~。


隅田川des pres(すみだがわデプレ)
東京下町を歩きながら連載中。
今月は、一陽来復の「冬至祭」です。

Panasonic デジタルカメラ Lumix
2016年春 総合カタログ

http://panasonic.jp/catalog/ctlg/lumix/lumix.pdf
私、諸岡なほ子がモデルとして登場しています。
店頭に置いてあるカタログの他、上記リンクのウェブカタログでもご覧頂けます。

テーマ:
4月21日、密かに行ってみたいと思っていた場所へ行ってきました。渋谷、セルリアンタワー能楽堂。伝統芸能を上演するための舞台が都会の真ん中の高層ビルの中に作られているというのが意外で、ずっと興味津々だったのです。


そんな場所で開催されたのが『KYOGEN LOUNGE Vol.38』。
狂言方の大藏基誠(オオクラ モトナリ)さんが主宰されている、パーティ感覚で狂言を楽しんで欲しいというイベント。若い世代や狂言初心者にもフレンドリー。しかも、狂言はもちろん、美味しいお料理とお酒も味わえるというので、一粒で三度おいしいイベントなのです。

マネージャーのYさんと待ち合わせ、受付を終えて中へ入ると、そこは長い廊下のようなホワイエのような空間。奥に早速、お酒とお料理のカウンターを見つけた私は小躍り。ドレスアップした人の姿も多く、開演時間まではそれぞれにおしゃべりや食事を楽しめて、まさにパーティのよう。

喉が渇いていた私は、このイベントの趣旨を身を以て体験せねばと、スコッチウィスキーOld Parr(オールドバー)のカウンターへ。
{FD120DAD-9D3D-4DEB-A2E6-333BD266A1C2:01}

まずは気分をすっきりとさせたくてソーダ割りをいただきました。このウィスキー、初めて飲みましたが口当たりが良くて、ソーダ割りでもまろやか。スイスイと飲めてしまい危険。一時シングルモルトは色々と飲み比べていたことがあったのだけど、あちらはそれぞれのウィスキーの個性をガッチリ受け止める感じで飲んでいたのに対し、ブレンデッドのオールドパーは寛容にこちらの何かを受け止めてくれる感じ。大人な味、大人の味だ。おいしい。

そして、なんとお料理を提供しているのは老舗料亭の金田中。政治家が密談(←あ、個人的なイメージね)したり文学賞の選考会(←こちらは事実)が行われたりしている、あの金田中。なおかつ興味を引くのは、この日上演される狂言の演目『梟』から料理長がインスパイアを受けて考案する、ここでしか供されない特別な一皿一皿であること。
{FE15D8DA-3C0F-4754-A764-4D7C1B7C36A2:01}

私がいただいたのは「ふくろうホウホウ 朴葉味噌焼 牛肉 竹の子 青唐辛子」と甘味の「苺の峰岡豆腐 薄蜜」。ほのかに朴葉の香り漂うお肉は切ないほど柔らかく、しっかりとした味噌味にますますお酒が進んでしまうという…ああ、危険。というか、この写真、お酒がすでに…(苦笑。

こうして、開演前から少々いい気分になって、能楽堂の中へ。
屋内の屋根、不思議な明るさの能舞台に、胸が高鳴ります。

{3FE5B9CF-6C3D-4447-A7BD-759E9FADE674:01}

ほどなく、大藏基誠さんご本人と従兄弟で同じく狂言方の大蔵教義‬さんが舞台上に。でも、狂言の装束を身につけていらっしゃらない。基誠さんのおしゃれヘアもそのまま。すると、お二人は息のあった絶妙の間で、狂言を楽しむためのあれこれを解説。まるで漫才を見ているようで、私にはお二人の間にスタンドマイクが一本立っているのがうっすら見えました(笑。いみじくも「狂言っていうのは今でいうコントみたいなもの」と教義‬さんがおっしゃっていましたが、なるほど、狂言師というのは笑いの芸をする人たちなのだなと、お二人の漫才風の姿を見て妙に納得。その後、演劇の俳優さんの演目に絡めた寸劇も挟んで、狂言『梟』が上演されました。

このストーリーについては割愛しますが、以前も狂言を見て思ったように、狂言は見る前に想像しているよりもずっと分かりやすいし、ずっと笑わせてもらえるものなんだなと実感。そしてその言葉で、何の装置もない舞台の上に色々な世界を出現させていくのが魔法のよう。私の中の、言葉が好き、という気持ちをぐいぐい刺激してくれます。

{39A08222-6B65-4BE6-935A-9B090A872B72:01}

ちなみに、大蔵基誠さんに関しては、プリンスという言葉が似合うように思いました。長い手足は舞台上で存在感を放ち、お顔には常に口角が上がっているような笑顔のニュアンスが感じられ、華やか。一方の大蔵教義‬さんはもうちょっと職人肌の印象。漫才MCでも狂言の演目の中でも相性のいいお二人なんだろうなと感じました。って、全くの素人意見ですが(汗。

最後に、能舞台というと、神や霊があちらの世界からこちらの世界へとやってくる空間である橋掛かりと、神の依り代である松の木が描かれている鏡板について、以前話を見聞きしたことがあったので、やはり神聖な場所とのイメージがあり、心のどこかにはちょっと上演前にお酒を飲んでいいものか迷う気持ちがなきにしもあらず…だったのですが、KYOGEN LOUNGEに関してはOK、ですね。あり。むしろお清めのお神酒と思っていいのかもしれません(笑。
都会の生活でついてしまった心の垢を落とし、まっさらな心でまっすぐに味わうのがKYOGEN LOUNGEの正しい楽しみ方のように感じました。実際に私は、凝り固まった頭や肩にじわりと温かい血液が送られ、身も心もほんの少し軽くなったところで、心地よく狂言を楽しむことができた気がします。うむ、いいイベント。なるほど、38回も続いてるわけですね。これからも続いていくものと思われますので、渋谷に足を運ぶことのできる方には是非ともお勧めしたいイベントです。

KYOGEN LOUNGEに関する情報は大蔵基誠さん公式サイトで。
http://www.motonari.jp/lounge

ちなみに私の狂言デビューはこんなでした。
http://ameblo.jp/nahoko/entry-10287919733.html
こちらに出てくる野村万作さん、野村萬斎さん親子は和泉流。KYOGEN LOUNGEの大藏基誠さん、大蔵教義さんらは大蔵流で、狂言の二大流派なのだそう。

終演後には、大蔵基誠さん、オールドパーカウンターのママ(笑)こと加藤さんと記念撮影。はー、楽しかったー。
{6CBEA4CE-C901-4BDF-8CB9-05F9B1533B80:01}


AD
いいね!した人  |  コメント(4)
nahokoさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

読者になる
最近の画像つき記事  もっと見る >>

テーマ:
一体どれだけご無沙汰してしまったんだ!?
お、お、お久しぶりです。
諸岡です。

熊本地震は未だおさまらず、ニュースで刻々と変化しつつある被災地の状況を見るにつけ、胸を痛めています。私も僅かながら募金をしましたが、現地で活動されている方の確かな力には遠く及ばず、ただただ1日も早い復興を祈るばかりです。

熊本地震の報道を見ていると、なんだかずーっとトンネルの中を歩いているような気持ちで毎日が過ぎて行きますが、そんな中でも、こっそり誕生日を迎えてまたひとつ大人になってしまったり、作詞家としてお世話になっている事務所スマイルカンパニーの新施設オープンのレセプションに顔を出したり、素敵な伝統芸能のイベントにお邪魔したり、保育園から初のお迎えコールが来たり、息子初の大量嘔吐はウイルス性胃腸炎と診断されたり、つられて私と旦那サマまで少々内科にお世話になっちゃったり、下町歩きの取材で女子トークをしたり、妙に慌ただしく日々を過ごしていました。

ちゃんとブログに書き残しておきたいこともあるので、今日からはまた少し頻度を上げて更新していけるといいな。と、自分に圧力かけてみたり(^^;;

ただね、息子のお腹はまだ完全には回復しておらず、保育園もお休みしている状況なので、中々お仕事も進められず…。いやぁ、やっぱりいろいろあるもんだなぁと痛感しております。あ、でも、息子本人はいたって元気でミニカーや電車のおもちゃやシャボン玉できゃっきゃと遊んでいるので、どうかご心配なく。もう回復期。お薬も、お薬用のゼリーが美味しいらしくパクパク口に運んでくれてますしね。

もうちょっとだけ元気にならなくちゃな。
息子も、私も。
いいね!した人  |  コメント(5)
nahokoさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

読者になる

テーマ:
この度、熊本地震で被災された皆さん、心よりお見舞い申し上げます。
また、私の家族のことを心配して下さる皆さん、優しいお心遣いありがとうございます。

私の両親は福岡県大牟田市の自宅で今回の地震にあったようで、「こげん揺れたとは初めて」と言ってました。実は両親共、311の東日本大震災の際には千葉県で私と生活しており、テレビが倒れ、棚の上の物が落ちてくるような地震を体験していました。それで、「こっちは地震の多かー」と言って九州を恋しがったりしていたのですが、今回の熊本地震は千葉での体験を遥かに上回る揺れ方、そして回数とのことで、やはり怖がっていました。
ただ、私も心配で度々連絡を取っていますが、その度に逆に私息子が保育園で泣いてないかなど心配され、電話口で息子の声を聞かせるとキャッキャと喜んでくれています。頼もしい両親でホッとしています。

また、熊本には親戚や友人が少なくなく、中には避難所に移った下益城郡の叔父叔母もいます。母が電話で話した時にはカラッとした元気な声だったようですが、その後にまた本震、余震がきており、家がどのくらいの被害を受けているのか、避難所生活に持病持ちの叔父が耐えられるのかなど、心配が尽きません。

今までも、いろいろな被災地を見るにつけ胸が締め付けられる思いでしたが、今回は馴染み深い街や人たちがその渦中にあるとあって、何もできていない自分をとても腑甲斐なく感じています。が、そんな風に勝手に遠隔地で落ち込んでいてもなんの役にも立たないので、できることを探しつつ、少しでも早い復興を祈りつつ、こちらの日常を過ごしています。

熊本、大分の皆さんに1日も早く平穏な毎日が訪れますように。
いいね!した人  |  コメント(12)
nahokoさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

読者になる

テーマ:
息子は今日から本格的に「慣らし保育」が始まった。
今日明日、預けるのはたった2時間だけ。
でも、保育園のドアを開けた途端にたくさんの泣き声が。
やっぱそーだよねー。

保育園の送り迎えの心得みたいなものを読みあさっていた私は、なるべく笑顔でサササッとおむつやタオルやハンカチなどを所定の場所にセットして、「じゃ、おともだちと遊んでてね~。ママちょっとお出かけしてくるけど、すぐお迎えにくるからね!」と言い、保育士の先生に会釈して預けてきた。
時間にして4~5分ほど。
そして、たった今帰宅。



はい。
なんか落ち着かない。




ぽかーん。




ぽかーん。




さすがに泣きはしないけど、色んな気持ちが入り交じる。
泣いてないかな?
不安になってるよね?
大丈夫だよー。




・・・。





ぽかーん。





・・・ごめんね。





いや、一緒に頑張ろうね。





ママ、ちょっと寂しいや。
いやいや、そんな勝手なこと言ってちゃダメだ。





仕事だ、仕事。
原稿。
歌詞。
まずはその辺りから手を付けられる・・・はずなんだけど、手につかないなこりゃ。
ま、時間が短いってのもあるけど。
資料の整理くらいはできるかな。
その前に、仕事のパソコンの周りの「お名前付けグッズ」とか「保育園からのおたより」とか整理するか。
と、思いつつ、このエントリーを書いてしまう。
まずは気持ちの整理か。

それにしても、時間はどんな時も進んで行くんだな、なんて思いながら帰り道を戻って来た。
桜の花びらと雨の降る中。
去年の私と全然違う。
昨日の私とも随分違う時間を生きている。
変化はちょっと怖いけど、楽しんだモン勝ちだ。
そうだそうだ、前向きな気持ちを心の真ん中に据えて新しい毎日を進むんだった。
働くママの先輩から貰った良い言葉もたくさん装備してるし。
まずは形から。
笑顔!
そして、帰って来たらいっぱい褒めて、いっぱいぎゅーってしよう。




すっごく短い時間だけど、離れてるとなおさら実感。
私、あの子のことが好きで好きでたまらないんだなぁって。
そしてそれはすごく幸せなことだなって。
今の私はそれに支えられているかもしれない。
息子の存在に。
早くあの子に会いたい!
その気持ちを糧に、色んなお母さんたちも頑張ってるんだろうな。
私も頑張ろうっと。
早くあの子に会いたいから。
ま、今日はあと1時間くらいで会えるんだけどもね(笑。




それにしても、人生には色んな時間や気持ちが待ってるもんだ。
知らなかったなー。
全然知らなかったなー。
おもしろいっちゃーおもしろいなー。
いいね!した人  |  コメント(11)
nahokoさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

読者になる

テーマ:
{481A43E8-90C5-4834-B297-6D849BB0851B:01}

「今からあれン乗って、パパの家さん帰るとよ」
と、羽田行きの飛行機を指差すジージ。

帰省初日、福岡空港まで迎えに来たジージとバーバ。少しでも早く孫の顔を見ようと、手荷物受取所前のガラス越しに到着の私と息子を待ち構えていた。それを私が見つけて近づき、声の届かない窓越しに息子をそーっと対面させてみた。
最初は「?」な表情だった息子の顔は、ブンブン手を振る二人の顔を認識してみるみる笑顔に変わってゆき、キャッキャと喜んで手を振り返してくれた。それを見て喜び倍増のウチの両親…という再会シーンには、思わず私も嬉しくなってしまいました。

実は、息子が生まれてからの一年間、私の両親は今の私の住まいの近くにアパートを借りて、ほぼ毎日、私と息子のケアをしてくれていました。そんな贅沢な家族時間は去年の今頃に終わってしまっていて、息子はまだ1歳になっておらず、言葉も話せていませんでした。

息子とウチの両親との最初の再会は、去年の7月の大蛇山祭り帰省の時。そして、今回は二度目の再会&大牟田滞在だったので、息子が二人の顔を思い出せない可能性も十分あり得ると思っていましたが、ちゃんと覚えていてくれました。喜んでもいたし、中々の祖父母孝行。

大牟田滞在中も「ジージ!」と抱っこをせがんで両腕を伸ばしたり、色んなものを食べさせたがるバーバに一切の遠慮なく「いなない!」と言い放ったり、長兄といないいないばあなどで就寝直前まで遊んだり、苺を食べていた次兄に間髪入れず次々と苺を手渡してお腹を膨らませたり、姉にデレデレっとした笑顔を見せて小さいながらも男の子な振る舞いをしたり。
今の息子は、たどたどしいながらも言葉で色んなことを伝えてきてくれるし、こちらの想像を超えた行動で驚かせてくれるし、まだまだ何をやっても可愛らしい動きになる小さな身体の中にとてつもないエネルギーを秘めていたり、なんというか、とってもカラフル。本当に面白い。
{A82CA3B3-4C2E-4873-A748-40DC199B166E:01}

こんな今の息子を九州の家族に見せられて良かったな。

3泊4日のちょっとのんびりな帰省は、新年度の今日から始まる保育園生活の前に慌てて計画したもの。大牟田から戻ってからも大好きなズーラシアへ出かけたり、ここのところは意識的に今しかできない家族時間を堪能しました。
{F3708481-D06E-4072-95BE-D026C678A84D:01}

息子にとっては何が何やらだとは思うけど、私にとっては色んな想い(楽しみ、不安、罪悪感など)が入り混じって落ち着かなかった心に、ひとつの区切りの線を引くことができた気がしています。ふう。

さぁ、そして今日からはどんな毎日になるのかなぁ。
悲喜交々ではあると思うけど、ポジティブな気持ちをフィーチャーしてスタートを切ろうと思います。

あ、エイプリルフールだけど、今年のこのエントリーは嘘ではありませんので悪しからず(笑。

皆さんにも私や私の家族にも、素敵な新しい日々が待っていますように!

{13096CE0-3BFB-4098-9024-C19033008127:01}

いいね!した人  |  コメント(11)
nahokoさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

読者になる

テーマ:
{EEB2D073-5219-4A3A-B261-BEF9B0B11113:01}

{BE4CA540-5EDC-4635-B8EA-613792325174:01}

{1B057EC0-0668-4833-929E-319EC19411CA:01}

{45A97C2B-232B-427A-BA66-3266554CEB33:01}

ぷらっと九州の実家へ。
玄関の前の桜は五分咲きでお出迎えしてくれました。
いいね!した人  |  コメント(8)
nahokoさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

読者になる

テーマ:
密かな念願だったいちご狩り!
独身時代から、毎年、行きたいなー行きたいなー、いちごをたらふく食べたいなーと思っていても、結局全然行けていませんでした。

ところが最近、思いの外近いところにいちご狩りのできる農園を発見した夫。あろうことか、私の関西ロケ中に息子と二人で行ったらしく、私の仕事中にいちごと息子の写真がじゃんじゃん送られてきました。
それで、「おかーさんだって行きたいんだー!!つれてけー、つれてけー」と駄々をこねまくって、ようやく先日連れてって貰いました。
いえいっ。
{DBDFAD7F-05B2-490F-951B-B14A1BFB03A1:01}
これは、あきひめ、という品種。
ひょろっと長めのシルエットで噛むのが申し訳ないくらい柔らかかった。甘くて美味しかったなぁ~。
{07A93214-C6F9-4822-B433-B700DB25ED65:01}

こちらの農園では他にも紅ほっぺやとちおとめをはじめ、数種類の品種のいちごを作られていて、食べ比べも楽しく、生れて初めて白いいちごや、「桃薫(とうくん)」というふしぎないちごも食べることができました。桃薫はもう驚きの風味。本当に桃の香り!
とにかく、いちご好きな私にはどれも美味しくって、驚きと喜びいっぱいでした。

{AD1084A7-5AF1-46D0-A1B1-2051EC9A76AF:01}

ちなーみに、息子の肌はツルツルのいちごの前でも見劣りしない超美肌なので加工なしですが、ノーメイクの私はちょっとアレだったんで少々アレしておきました(・_・;

{40B6C368-B03D-47B3-890C-A2D9D25B534E:01}

えへっ。
それにしても、いちご、やっぱり好きだなー。
色、形、甘酸っぱさ、そしてなによりあの香り。吸い込んだ分だけ幸福感が広がります。
書いてたらまた食べたくなってきちゃうなあ。
困るっ。
いいね!した人  |  コメント(8)
nahokoさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

読者になる

テーマ:
今日はお仕事で関西へ日帰り。
ただいま帰宅途中。
お昼にロケ弁を残さず食べたせいか、あまりお腹が空かない。お腹が空かないから、しかたなくこんな組み合わせになりました。
ええ、しかたなく。
しかたなく。

ではっ!
{2E45EE70-2467-424A-9033-23FC5D3574DE:01}

いただきまーす!
というか、かんぱーい。

いいね!した人  |  コメント(9)
nahokoさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

読者になる

テーマ:
いつの間にか深めに擦りむいていた右手小指に絆創膏をまいていたら、手をつないだ時に息子が気になったらしく、「ママねー、ここゲガしたみたいで、ちょっとだけイタイイタイなんだー」って説明したら…



な、な、泣いてもいいですかぁぁぁ。

いつの間にかこんなに成長してたんだねぇ。
いいね!した人  |  コメント(11)
nahokoさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

読者になる

テーマ:
バカンスにでも?
{1CC14CE8-371B-4A1F-AD24-6BD8C600A233:01}


ってわけではないのですが、今日はお友達のお家と、その近くにある羽生パーキングエリアへ。

{AB0DB1D6-57A4-495A-86F0-6AF6F6F4E1A3:01}

子供を追い掛け回しながら写真を撮ろうとすると、なんか締まりのない構図になっちゃいました…(^^;;
でも、鬼平ワールド、時代劇のセットみたいで楽しかったな。

{B9590400-D3A4-4175-A138-1A22713422C1:01}

{EA3A23C7-487D-45A2-A090-9D9B8696CB57:01}

食べたのは、五鉄(人形町の玉ひでのプロデュース!)の軍鶏鍋と亀戸の船橋屋さんのくず餅。
満足、満足。

それにしても、あったかいのか寒いのかよく分からない気候に、ついつい油断して薄着していたせいか、帰り際には軽い頭痛といやーな悪寒が。
そんな時には間髪入れずに葛根湯シロップ!
最近、風邪かも?と思ったらすぐに飲むようにしています。これが個人的には効果てきめんな気がしていて、定番化しつつあります。今日も、ドラッグストアに走って3本セットを購入し、すぐさまごっくん。羽生方面から自宅へ帰り着くまで、旦那さまには申し訳ないと思いつつ助手席でぐっすり眠りこけてしまったのだけど、目覚めたらもうスッキリしてました。
葛根湯って、風邪だけでなく、肩こりとか筋肉痛とか意外な効能もあって、それがまた私の身体にはとってもあってる感じで重宝してます。
ありがたいっ。

というわけで、今夜はこれから少々お仕事を。
息子の寝顔を見てからがんばろーっと。

いいね!した人  |  コメント(7)
nahokoさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

読者になる

Ameba芸能人・有名人ブログ

芸能ブログニュース

ランキング

  • 総合
  • 新登場
  • 急上昇
  • トレンド

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。