蓮の花とインレー湖

テーマ:

私はミャンマーの観光地である「インレー湖」のほとりの町に住んでいます。

 

インレー湖に浮かぶ蓮を見かけることはよくあるのですが、

蓮の花言葉がとっても素敵だったので、ここでも紹介します。

 

*蓮の花言葉

蓮には全部で7種類の花言葉があります。

 

・清らかな心

・離れゆく愛

・休養

・神聖

・救ってください

・雄弁

・沈着

清らかな心

蓮は少し変わった性質を持っていて、きれいな水より泥水の中での方が大きな花を咲かせます。

この泥水を苦境や困難と見立て、その中で美しく大きな花を咲かせる。そこから清らかな心という花言葉が生まれたと言われています。

https://readyfor.jp/projects/lotusstole/announcements/57254より

 

花言葉を知ってみたら、なんだかもっと蓮の花が愛おしく思えるのでした。

 

さて、インレー湖ではこの蓮からできる布、蓮布を作っています。
この地域の伝統的な織物です。

 

先日、この蓮布の生産者さんの収入を上げようというプロジェクトを進めている方にお会いしました。

「蓮糸」の素晴らしさを伝える機会を失ってしまった生産者さんたちを支える仕組みで、

売れる商品を共同で開発することで買う人を増やし、生産者さんが安定した仕事と収入を得られるようにするというプロジェクト。

 

プロジェクトのクラウドファウンディングは残念ながら、目標金額に届かなかったのですが、プロジェクトは進んでいます。

ミャンマーの「蓮糸」を使ったストールで、生産者さんに収入を!

 

この蓮布は、ワールドブリッジクラブのサイトで購入することができます。
オンラインショップ:ワールドブリッジクラブ

 

彼が目指しているのは、
「全ての人が尊厳を持って生きられる社会を目指して

-ビジネスを通して社会問題解決の支援する-

ということ、私もミャンマーの村人の生活を良くするためのお仕事なので共感!

 

インレー湖の蓮布プロジェクト、成功してミャンマーの伝統がちゃんと守られていきますように。

 

にほんブログ村 海外生活ブログ 海外移住へ
にほんブログ村

AD

娘は最高の友達

テーマ:

娘へ。

 

1歳を過ぎたあなたと、母である私の最高のお友達みたいに仲良し。

あなたは本当に、私のことがよくわかってる。

あなたと過ごす毎日が楽しすぎる。

 

 

朝起きて、私をキスして起こす。

そうしたら私が嬉しくて飛び上がって起きるのをよく知ってる。

 

朝からなんて幸せな気分なんだろう。

真夜中にうえーんって起こされるのも許しちゃうわ。

 

隣で寝ているパパにもおはようのチュッ。

可愛すぎる。パパも思わず起きちゃう。

 

「まんま~まんま~」

起きてちょっとするとお腹すいたみたい。

ママはみんなが起きる前に一回起きて、ごはん作っておいたよ。

 

パパとママと娘と一緒にごはん。

ちゃんとごはん食べられてえらい!
パパと同じで食欲旺盛。

 

 

仕事がお休みの日は、パパとママと1日中あそぶ。

一緒にお散歩して、花の匂いをかいでみたり、砂遊びしたり。

あなたはお花をそのまま食べちゃったり、後ろ向きに歩こうとしてつまずいたり、

とってもお茶目で可愛い。

あなたがいなかったら、自然の花の匂いに気づくこともなかったかもしれないし、

地面のアリを踏まないように優しく歩くこともなかったかもしれない。

 

一緒にごろごろお昼寝して、本を読んだり、歌を歌ったり。

何をしても、あなたと一緒ならぜんぶ楽しくなっちゃう。

あなたといたら退屈な時なんてないね。

 

どんどん重くなるあなたをいつまで抱っこできるかな。

自分で歩く方が楽しくなって、いつか抱っこなんていらなくなるんだろうな。

 

あなたが成長していっても、

私はあなたの母であり、なんでも一緒に楽しめる親友でいたいな。

 

あなたは私にとって最高の親友みたいで、最高の娘ちゃん。

 

にほんブログ村 海外生活ブログ 海外移住へ
にほんブログ村

AD

初めて旦那に会った時、
にこーって大きな笑顔で笑ってくれて子どもみたいだなって思った。

少年みたいな人だなって。いい意味で。

 

いつも大声で笑ってて、笑うことに遠慮がない。

歌いたければ歌って、踊りたければ踊る。

他人の目なんて何にも気にしてない。笑

そして、人を心配することにも遠慮がない。

 

 

遠慮がないというより、自分の気持ちに素直なんだな。

笑いたかったら思いっきり笑う。
歌いたい時、踊りだしたい時も心のまま。

誰かが困っていたら、何も考えずすぐさま助ける。

自分のわからないことがあったら、周りの人にすぐ聞く。

 

子どもみたいに色んなことに興味を持って、好きなことをやる集中力がハンパじゃない。

何か熱中してる時、考えごとをしてる時は、10回呼んでも気づかない。笑

そんだけの集中力、私もほしいわ。

 

自分の感情に素直で、自分の気持ちのまま動いてる。

子どもっぽいなって思ってた。

でも、旦那の子どもっぽいところ、素直すぎるところ、いつもうらやましいなぁと思って見てます。

 

そんな素直な心、いつ忘れてしまったんだろう。

 

 

大人になって、相手に気を使って感情を押し殺したり、相手の気持ちを推し量ったり、

そういうことが大人だと、正しいんだと思ってた。

 

私は旦那と一緒に生きているなかで、子どものような素直な気持ちを取り戻している感覚がある。

思いっきり笑ったり、他人といる時に自分のことを話したり、

好きなものを好きと言い、嫌いなものは嫌いと言う。

わからないことがあったら、誰かを頼ってみる。

 

自分が素直だと自分のまわりもそうなってくる。

子どもみたいに何でも楽しめる人たちと、お互い遠慮なんてなくてみんな自由に好きなことしてる。

誰が何が好きで嫌いかなんて、重要じゃない。

 

 

子どもっぽい旦那は、ただの子どもじゃないから、
全く何も考えていないわけじゃない。

ただ、自分自身で何が正しいかを考えてる。

 

他人から見て正しい自分じゃなくて、自分にとって正しい自分。

他人から見て正しい大人なんて、人によって違う。

全ての人から見て正しいなんて、難しすぎる。

 

自分の気持ちに素直で、自分が正しいと思っていることをする。

その方が、自分もスッキリだし、他人からも素直な人だなぁと見えるのかもしれない。

 

私も、きっと少しずつ子どもっぽくなっていってます。

 

にほんブログ村 海外生活ブログ 海外移住へ
にほんブログ村

AD