まんが栄養素

漫画のコミックス感想を中心に運営中です。
少年マンガ・青年マンガ・学園マンガ・ファンタジーマンガ・4コママンガなど、結構幅広く感想を書いております。


テーマ:

【マンガ感想】

 

『怪異いかさま博覧亭 5巻 (小竹田貴弘)』

 

4758062005 怪異いかさま博覧亭 5巻 (IDコミックス REXコミックス)
小竹田 貴弘
一迅社 2010-08-09

by G-Tools

 

 

過去記事はこちら → 1巻  2巻  3巻  4巻

 

 

【あらすじ】

両国広小路にある一軒の見世物小屋。閑古鳥はなくものの、いつまでも温かくにぎにぎしく。怪異いかさま博覧亭、これにて終幕!

 

 

江戸時代を舞台とした妖怪コメディマンガ。

妖怪を捕まえて、妖怪の『見世物小屋』を運営している『博覧亭』が舞台の作品です。

ただ、残念ながら、肝心の妖怪を捕まえる事が出来ていないので、閑古鳥が鳴いている状態。

傘張りや春画を書いて日々の金銭を稼いでおり、いつか『見世物小屋』を流行らせるために

妖怪探しを色々と繰り返しているドタバタコメディマンガです。

 

----------

 

ここからは、5巻の感想。

5巻では、『二口女』に関するイベントが描かれたり、『八手』による猫エピソードが描かれたり、

閑古鳥が活躍する話が描かれたり、江戸中を舞台とした鬼ごっこが描かれたりと、今巻も

多くのエピソードが描かれております。

 
そんな5巻で面白かったのは、『柊さん』のエピソードかな。

『柊さん』とは、主人公・『榊』の友人・『杉忠』が経営する“四ツ目屋(アダルトグッズショップらしい)”の

美人で巨乳な従業員です(乳の大きさは江戸中で1番大きいらしい)。 破天荒な『杉忠』とは違い、

かなり落ち着いた雰囲気の女性でして、登場回数や活躍は少ないものの、その圧倒的な容姿のためか、
なかなかの存在感を持っているキャラクターであると思います。
 
そんな『柊さん』にスポットが当たった話が描かれたのが今巻です。
この話は、『柊さん』が仕事のしすぎで目が悪くなり、文字などの細かいものが見えなくなったことに

悩んでいるところから始まります。 女性に対して鋭い嗅覚を持っている『杉忠』はすぐにそのことに

気付きまして、早速、『柊さん専用』の眼鏡を手に入れて、プレゼントすることとなりました。
 
まんが栄養素-怪異いかさま博覧亭 5巻
(↑普段は無表情の『柊さん』だが、眼鏡を貰ったときだけは笑顔となった)
 
個人的にこのイベントで好きなところは、『杉忠』が『柊さん』にプレゼントを渡したときの言葉ですね。
その言葉自体は結構普通なのですが、『杉忠』らしからぬストレートな言い回しでプレゼントを渡した

ことが印象的でした(『杉忠』なのだけど、恋愛感情を含まないところが非常に気に入りました)。

 

もし、続巻があるのであれば、この2人の関連イベントを期待したいですね。

何故、『柊さん』が“四ツ目屋”なんかに勤めているのかなど、まだ描かれていなかったと思うので、
個人的にそこら辺に期待したいですね。 とはいえ、続巻は・・・・あるのかな~?

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 

【総評】

一応、最終巻です。

作者の様々な発言から読み取るに、単行本が売れず打ち切りとなったようです。

面白い作品だとは思いますが、絵柄的に地味だし、話自体に安定感がありすぎたのが原因かな?

まあ、この作品自体、『電撃コミックジャパン』というところに移籍して連載再開するようです。

捨てる神あれば拾う神あり? 単行本化するならば、ぜひとも買いたいですね。

 

点数的には

88点

です。

 

 

では、ここまで。

 

                          ページトップへ

いいね!した人  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。