まんが栄養素

漫画のコミックス感想を中心に運営中です。
少年マンガ・青年マンガ・学園マンガ・ファンタジーマンガ・4コママンガなど、結構幅広く感想を書いております。


テーマ:

【マンガ感想】

 

『怪異いかさま博覧亭 3巻 (小竹田貴弘)』

 

4758061238 怪異いかさま博覧亭 3巻 (3) (IDコミックス REXコミックス)
小竹田 貴弘
一迅社 2008-12-09

by G-Tools

 

 

過去記事はこちら → 1巻  2巻

 

 

【あらすじ】

今回の表紙は、読者からの人気が非常に高い八咫! そして、帯の献辞文は、『黒鷺死体宅配便』『MAIL』『くもはち』でおなじみの山崎峰水先生が執筆。中面では、山崎先生が描く榊も見られます。ますます冴え渡る大江戸ギャグ奇譚をお楽しみください!

 

 

江戸時代を舞台とした妖怪コメディマンガ。

妖怪を捕まえて、妖怪の『見世物小屋』を運営している『博覧亭』が舞台の作品です。

ただ、残念ながら、肝心の妖怪を捕まえる事が出来ていないので、閑古鳥が鳴いている状態。

傘張りや春画を書いて日々の金銭を稼いでおり、いつか『見世物小屋』を流行らせるために

妖怪探しを色々と繰り返しているドタバタコメディマンガです。

 

----------

 

3巻も、『新展開へ移行』・『新キャラクターの登場』などの変化は一切無く、

良い意味で、1巻・2巻の雰囲気を継承した内容であったと思います。

そのため、1巻・2巻を楽しめた人ならば満足できる内容であると思いますし、

内容的にも、多くの人が楽しめるハートフルストーリーの作品であると思います。

 

ということで、ここからは3巻の感想。

3巻は、今まであまり目立つことの無かった『蓬』にスポットが当たる話が多かったですね。

『蓬』は、『ろくろ首』という妖怪でありますが、人畜無害で誰からも好かれる性格の持ち主でして、

主人公が主宰する『博覧亭』では主に家事を担当しているキャラクターです。

3巻では、彼女の特殊能力(?)・『餌付け』にメインを当てた話が多く描かれまして、

彼女の人畜無害っぷりが「ここぞ!」とばかりに魅力的に描かれました(^^ゞ。

 

また、3巻では、『蓬』の他に、主人公・『榊』が所有している物に憑いている付喪神達にも

スポットが当てられており、1巻・2巻以上に、話のバリエーションが増えております。

こういう今までスポットが当てられなかったキャラクターにスポットを当てたことにより、

マンネリ感を感じることなく、3巻も非常に楽しめたのだと思います。

 

面白い作品だと思います。 

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 

【総評】

表紙を見て、「おっ、新キャラか!」と思ったら、『八咫』だった件。

・・・・・私だけだろうか(笑)?

 

点数的には

88点

です。

 

作者名で検索を掛けたら、『Wikipedia』に引っ掛りまして、

作者のふりがなが、『こたけだ たかひろ』だと思っていたら、『しのだ たかひろ』であることを知り、

さらに、女性作家であることを知りました。 ・・・・・・えっ、女性作家!?

 

 

では、ここまで。

 

                          ページトップへ

いいね!した人  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。