IQを上げる方法。

IQを高める方法。

 

 

人間を分析するための複眼的要素の記事も懐かしいところですが、「IQを上げる方法を教えてください。」というご質問がありました。

 

IQとは知能指数のことで、こちらのウィキペディアの記事などをご参考にしてください。

 

HTとしては、

・IQが高いことは、霊格の高さとは関係がない。

・IQが高いというだけで、その人に価値があるということはない。

・IQが高いというだけで、幸せであるとは限らない。

 

と考えています。

 

IQは、人間のもつ膨大な能力の1部を測定しているだけです。

膨大な能力の1部について、検査の趣向によってジャンル分けしています。

パラメーターみたいに分けているんですね。

それぞれのパラメーターごとに能力を計って、総合的にどうかと判断している。

 

IQを高めるには、複数の能力を高めていく必要があります。

複数の能力といっても、人間のもつ膨大な能力からすれば、小指の爪の先程度かもしれません。

 

パラメーターが低いところでは苦労し、高いところでは楽をするかもしれない。

高すぎて苦労することがあるかもしれない。

得意なところや苦手なところが総合して、自分がある訳です。

 

苦手なところを できる範囲で高めて、

得意なところは 伸ばしたいように伸ばす

 

といった観点からは

 

自分なりにいいバランスでIQを高めたほうが

・日常生活がしやすくなる

・仕事や勉強がしやすくなる

・人とのコミュニケーションがしやすくなる

・自己実現がしやすくなる

 

といった可能性を感じます。

 

 

 

 

==IQが高い人々の特徴を大ざっぱに観ると==

・第6チャクラ、第7チャクラ開発されているほどに

サードアイが開眼しているほどに

・第6チャクラ、第7チャクラから全身に流れているナーディの調子が良いほどに

・発動させたい能力に対応した、第6チャクラ、第7チャクラの使い方が上達しているほどに

・発動させたい能力に対応した、サードアイの使い方が上達しているほどに

・集中力があるほどに

・変性意識状態に入ろうとすることができるほどに

・発動させたい能力に対応した、肉体と顕在意識のコントロールができているほどに

・発動させたい能力に対して、心身を素直に反応させることができるほどに

・能力発動のブロックが解放されているほどに

・目、耳、口、指を使った能力が高いほどに

・様々なジャンルの学習の成果があるほどに

・????

・????

・????

 

 

==IQアップに関係するHTのメソッド==

■開発中 : (仮)高次元パズル

・非言語的な能力

・非言語性流動性推理能力

・思考力

・芸術性

・問題解決能力

・顕在意識、潜在意識、思考などを浄化

 

■開発中 :  (仮)処理速度アップ高次元∞鬼トレーニング

・集中力

・目と手の協応

・視覚情報を正確に素早く処理する能力

・認知熟達度

・処理速度

・事務処理能力

・字を書く力、書字能力、筆記技能

・視覚的短期記憶

 

♪初心者からできる♪∞第6チャクラとサードアイを開発するメソッド∞

「高次元将棋」ともいいます。

・聴覚情報の処理

・視覚情報の処理

・言語性流動性推理能力

・非言語性流動性推理能力

・思考力

・ワーキングメモリー

 

 

スートラ講座

ひとつめから7つめまで、全てのスートラ講座はIQアップに関係。

能力発揮の土台づくりネガティブなブロックを外す能力が発動しやすい心身づくり高度な精神状態の獲得に関係する。

 

真気功ヨガ

特に

・関節に関係するアレコレ

・三点倒立系のアーサナ

・バランス系のアーサナ

・プラーナヤーマ

が効果的。しかし、究極的には、真気功ヨガの全て。

 

 

■栄養状態が良いほどに

個人差はある。

例えば「ビタミンB群」「ミネラル群」の供給が、その肉体にとって適切であるほどに日常的なパフォーマンスの発揮に関係。

 

 

■気功術

「外気功」「ゆるみ」「つながり」「内気功」「胞中の最適化」「気の動きに合わせるアレコレ」など。

気功術ができるほど、能力発動のブロックが外れ、能力が発動しやすくなる。

 

■????

 

オーラ・パワーアップ

結果には個人差があるものの、体験談はよくお伺いする。

 

■????

 

 

 

 

==誰でも取り組める、IQを上げる方法(HT推奨)==

 もちろん、他にもいくらでも挙げられる。あくまでも代表例。

 

 

※  > 〇 >  ・ の順番でおススメ。

※ おススメにの程度に関わらず、ご本人に必要な訓練をセレクトするといい。

 

〇算数、国語、社会、理科などの勉強

中学校を受験する小学生が勉強するテキストで、小4以上 向けの【算数】>【国語】>【社会】>【理科】

将棋

〇そろばん

読書

文や文章を目で読んで、脳内で映像化する(または描く)

文や文章を耳で聞いて、脳内で映像化する(または描く)

作文を書く、論文を書く、説明文を書く、相手が分かるように概念や勉強や仕事や技能を教える

〇ハタヨガ(その辺のスポーツクラブの、中身のない上っ面のはダメ)

〇スポーツ

ピアノ

作曲

〇ダンス

〇立体工作、立体パズル、2次元パズル、折り紙、美術など

辞書を引く、分からないことは分かるまで学ぶ、知らないことを調べる

・正確な作業の訓練

・間違い探し

・事務作業、事務処理

・物理学、力学的な実験、ピタゴラスイッチみたいな遊び

・調理、料理

・家事、育児、家事手伝い

・目で見た記憶を隅々まで思い出す訓練。脳内でも、描いても。

・目で見た記憶を詳しく言語化する訓練。

・耳で聞いた記憶を隅々まで思い出す訓練。脳内でも、書いても、話しても。

・見た通り、聞いた通りに再現する訓練。

・????????????

 

 

AD