心の歪みは呼吸にあらわれ
心のストレスも呼吸にあらわれ
不自然な呼吸そして呼吸筋群の動きは、
身体に邪気を発生させ
様々な経絡のエネルギーを弱らせる
心や呼吸のネガティブなクセはやがて
肉体の奥深い偏りとなって
心と体そのものとなっていく
呼吸、息、自分の心
呼吸に関連して起こる様々な波動
呼吸に邪気あれば
あなた自身のみならず
周囲の人々にもネガティブな波動を与えてしまう

これを知らねば
全ての気功法が無駄となる

これを知らねば
全ての能力開発は出遅れる


気功術の要所
”胞中の極意”




胞中は、「ほうちゅう」と読みます。

内部資料としては完成している【【小冊子】胞中の極意と「熱の波動」】ですが、なぜか大幅にストップしていました。

クンダリニー症候群
・生と美と死の∞マントラ(後日掲載予定)
光の五芒星★魔除けのペンタグラム

といった関連分野の研究が必要であったということです。

またボチボチ書いていくつもりではあります。
まとめ記事は、本記事となります。


1 『自然に発動する呼吸の起点』
2 『呼吸を3次元的、4次元的に捉えない気功師やヒーラーや歌手』
3  『胞中と臍下丹田の違い』
4 『心のズレと、呼吸のズレは、胞中という波動を観れば分かる』
5  『感情に振り回されている人は、上から吊り上げるような呼吸』
6  『長期的なストレスが呼吸のクセを作り、肉体を弱らせる』
7  『ヨーガ王者の硬く緊張した呼吸』
8  『型で固めないと不自然な呼吸しかできない空手の大師匠』
9  『呼吸を観れば、心と体の状態が分かる』
10 『人間の動きの起点はどこ?』
11 『体内に精を循環させる自動ポンプ』
12  『精神的なストレスで、呼吸の速度が変わる』
13 『もはや、10代から呼吸がおかしい』
14 『あなたは呼吸をするだけで、邪気を製造している』
15  『感情エネルギーや意味をグルーピングする方法』
16 『霊格は、10種類、100種類、3,000種類に分類が可能』
17 『地獄界という霊格のイメージ』
18 『餓鬼界という霊格のイメージ』
19 『畜生界という霊格のイメージ』
20 『修羅界という霊格のイメージ』
21  『人界という霊格は、人間に生まれたからといってなれるものではない』
22 『天界の喜びには、善も悪もある』
23 『声聞界という霊格のイメージ』
24 『縁覚界という霊格のイメージ』
25 『人間なら誰でも、その一部は体験したはず。菩薩界という霊格』
26 『誰でも仏界という霊格エネルギーを体験する可能性はある』
27 『自己の呼吸という真理と真実を学ぶには、基礎も必要』





※ 35番ぐらいまでは計画済ですが・・・はたしてどうなりますやら。



==関連記事==
【小冊子】胞中の極意と「熱の波動」

光の五芒星★魔除けのペンタグラム
胞中の最適化と非常に深い関係のあるグッズです。
DSC03327-1.jpg 

オーダーメイドインソール 【スターウォーカー】
【小冊子】胞中の極意と「熱の波動」に紹介してある身体行法を、このインソールを使っていたしますと、身体調整が大加速することがあります。


スターフット3
↑このグッズの解説書は基礎の基礎の基礎です。


肌を美しくするための気功とヨガ
真の香功ー初伝ー
真・八段錦
↑必須の基礎です。

ハイヤーセルフとチャクラと気血の共鳴ヒーリング ~三千年のSutra~


==ご感想==
身体の内側がじんわり温か 201411
しっくり気持ち良いものがあります 201411
下丹田から中丹田まで一気にエネルギーが昇りつめる 201507 



AD
胞中と「熱の波動」の未完成版を読んでやってみてもらっている女性さまから体験談を頂きましたので掲載させていただきます。

誠にありがとうございました。


=======


こんばんは。

胞中調整から2日経過しました。

調整のときの感想です。

第8チャクラから胞中の回路調整を、最適化マントラを唱えながらしました。
回路の歪みからかモゾモゾと動きを感じました。

わたしの場合は、特異体質でネガティブ波動を排出される時、ゲップがでます。
ゲップも強弱があるのですが、このときもゲップがでました。

胞中回路調整が100%となり、
位置・形状・傾き・左右という順に繋がりながら、最適マントラと、セルフ治臓術を施していきました。

位置ですが、やや前に傾き右の方向にありました。


つぎに、膀胱→尿管→子宮→卵巣と生殖器にかけてアプローチし、数分間、緩みながらマントラとともに施して100%となりました。

この時点での胞中の大きさは90%となり、冊子の最後に記載されていたのを実践してみた所、

とつぜん(笑)

チャッカマンで火をつけたように熱くなり燃える炎が下丹田から中丹田まで一気にエネルギーが昇りつめる体感を味わいました!!!

その後、温かさは持続され、皮膚が時間の
経過とともに柔らかくなったように感じます。

2日経過後、
日々の内気功の呼吸が、さらに深い呼吸ができているのを実感します。

●●の型をしたんですが
調整前と比べて緩みの率がアップしていました。
●●を合わせた型では、百会から天に吐いていく時、●●していくんですが、調整前は●と●●を合わせた状態はつかなかったのに、胞中調整後は、●と●●合わせた状態で●●くっつきました(笑)

そして、山彦さんを両足の間に設置し緩みとグッズとの繋がりを意識し胞中最適マントラを唱えたら全身が緩みとともに肉体のおもむくままに動きだし一気に体温が上昇しました。

いちばんに、ビックリしたのは両腕がビュンビュンと回転しだしたことです。

これから、
真 八段錦や、真気功ヨガのアレンジのポーズを少しずつ基礎とともに、できるように練習していきます(笑)♪ ((*´∀`*))

また、変化ありましたら
ご報告します。
ありがとうございました。










AD
前回の続きです。

そもそもこの連載は、「胞中」から始まっておりまして、呼吸をしているだけで「胞中」から体外へ放たれている波動、つまり息を吸うときの筋肉の動きによって発せられる波動には「霊格」「気の種類」「気の強さ」といった観点がありますよ、というお話から、「霊格」についてながーい寄り道をしていたのでした。

で、「気の種類」と「気の強さ」についてですね。

大事なところはほとんど、このページからたどっていけます。

「菩薩のリング」でも「オーリングテスト」でも「腕上げ方式」でもなんでも同じように調べることができます。

菩薩のリングなどで波動の状態を調べることのできる人の多くは


★生き霊や悪霊の憑依がない状態を維持。

★神経系の経絡が邪気ってない状態の維持。

★神経系の経絡が邪気らないように、こんな行法をやっていたり、

↑な行法を数日に1回はやっていたりします。

★緩みの獲得のためにこんな行法や、その他たくさんの緩みの練習をしている。
緩みのたくさんの練習については何らかの形で別にまとめていきたいと考えています。


★副腎からのネガティブな波動が起こらないように食生活の調整をしていることもあります。

★何より「菩薩のリング」なので、妄想や思い込みの入らない精神状態を維持しています。


★そして、オーラ・パワーアップLv4 以上つまりアナハタチャクラの開発率80%以上。


という条件を揃えておられることが多いです。

まあでも、「菩薩のリング」ができなくでも、胞中の最適化には、自力で近づいていくことができます。

つづく
AD
菩薩界の続きで、仏界です。

人偏にムと書いて仏。
ムは否定の意味だそうで、人にあらざるなんとやら、ということになりましょうか。

霊格として使うときの仏は、亡くなった方を指す仏さんでも、神様仏様の仏様でも、仏像さんでも、紙に書いた文字でも絵に描いた仏画でもございません。

仏画でも餓鬼界所具餓鬼界、お亡くなりになった人としての仏さまでも地獄界所具地獄界、紙に書いた文字曼荼羅の仏さんでも畜生界所具餓鬼界、なんていうことだってありえます。

波動の状態をグルーピングするための、ひとつのくくりとなります。
なので、宗教・無宗教・信条・生き方を問わずして、条件を満たしていれば仏界とグルーピングすることになります。


クリスチャンの仏界さん、仏嫌いの仏界さん、神も恐れぬ仏界さん、無宗教の仏界さんという【可能性】だっておおいにあるのでございます。

仏教徒の餓鬼界さんだっておおいにあるのでございます。


用語を新たに作れば誤解を招かないと思うのですが、考え方をお借りしている天台さんへの敬意をもって、そのまま使わせていただきます。

ご飯が食べれないより食べれること、気持ち悪いより気持ちいいこと、人間は条件を満たすために生きているものです。
仏界になりますと、無条件の充実感や無条件の慈愛という不思議な境地に足を踏み入れていることになります。

無条件という条件だなんて不思議な条件です。


悟りを開いたら仏界か?

ということは、ないと思います。

何について、どの程度、悟ったのか?

悟りにはジャンルや方向性や程度がありましょうから、声聞界や縁覚界のことになりますね。

頭が良くても悪くても、感性が豊かでも貧しくても、体を鍛えていても虚弱でも、関係なく仏界はあるということになります。

自分も他人も過去も未来もなにもかも無条件に慈しんで充実したいという方向性で、個人個人に合った方法で課題に取り組んでいかれるのがよろしいかと存じます。

課題も方法も人の数だけ山ほどあると思いますので、とても簡単に3秒で仏界系になる人もいれば、80年かけても困難な人もおられましょう。

そもそもこのような状態を目指す義務は誰にもございませんし、仏界でなければダメだなんて法律もないのです。

こんなん無理だーとネガティブになるよりは、自分に応じた状態を心がけていく方が価値的な場合もあるでしょう。

下記の説明文は、それぞれの状態にグルーピングされるための最低限の文言となります。
浅い深いがありましたら、浅いほうです。
プチ仏界系の説明ということです。

じゃあ仏界系で深いのってどこまで?どんなの?

と聞かれましても、そこまでは伺い知ることができません。

仏界系のみならずすべての界の範囲において、浅い深いや方向性の違いはあるのです。



|¬ 仏界所具地獄界
【無条件の自己肯定 & 他者肯定 & 環境肯定 & 過去を肯定 & 五感で感じることのできる全てのモノや光や音のなかに内在された尊厳性を感じる】 という方向性の感覚を目指しつつ、多少の充実感に包まれてはいるものの、他者や環境の問題で悩んでいるとき。
といっても感覚の差はピンきりで、個人差や状態差はある。



|¬ 仏界所具餓鬼界
【無条件の自己肯定 & 他者肯定 & 環境肯定 & 過去を肯定 & 五感で感じることのできる全てのモノや光や音のなかに内在された尊厳性を感じる】 という方向性の感覚を目指しつつ、多少の充実感に包まれてはいるものの、この方向性を満たすためにちょっと他人を犠牲にしちゃっているとき。
といっても感覚の差はピンきりで、個人差や状態差はある。




|¬ 仏界所具畜生界
【無条件の自己肯定 & 無条件の他者肯定 & 無条件の環境肯定 & 無条件で過去を肯定 & いまここに生きているだけで充実感を感じ & 五感で感じることのできる全てのモノや光や音のなかに内在された尊厳性を感じる】 という方向性の感覚を目指しつつ、多少の充実感に包まれてはいるものの、この方向性を満たすためにワガママさんになっているとき。
といっても感覚の差はピンきりで、個人差や状態差はある。



|¬ 仏界所具修羅界
【無条件の自己肯定 & 無条件の他者肯定 & 無条件の環境肯定 & 無条件で過去を肯定 & いまここに生きているだけで充実感を感じ & 五感で感じることのできる全てのモノや光や音のなかに内在された尊厳性を感じる】 という方向性の感覚を目指しつつ、多少の充実感に包まれてはいるものの、この方向性を邪魔する存在に対して怒っているとき。
といっても感覚の差はピンきりで、個人差や状態差はある。



|¬ 仏界所具人界
【無条件の自己肯定 & 無条件の他者肯定 & 無条件の環境肯定 & 無条件で過去を肯定 & いまここに生きているだけで充実感を感じ & 五感で感じることのできる全てのモノや光や音のなかに内在された尊厳性を感じる】 という方向性の感覚を目指しつつ、多少の充実感に包まれているとき。
といっても感覚の差はピンきりで、個人差や状態差はある。



|¬ 仏界所具天界
【いまここに生きているだけで充実感を感じ & 自分または他人または環境に対して行った思考や言動が成功して一過性の喜びに包まれている 】 という方向性の感覚に包まれているとき。
といっても感覚の差はピンきりで、個人差や状態差はある。



|¬ 仏界所具声聞界
【無条件の自己肯定 & いまここに生きているだけで充実感を感じ & 全ての他者やモノや情報や環境から知識を得よう 】 という方向性の感覚に包まれているとき。
といっても感覚の差はピンきりで、個人差や状態差はある。



|¬ 仏界所具縁覚界
【無条件の自己肯定 & いまここに生きているだけで充実感を感じ & 五感で感じることのできる全てのモノや光や音のなかに内在された尊厳性を感じる 】 という方向性の感覚に包まれているとき。
といっても感覚の差はピンきりで、個人差や状態差はある。



|¬ 仏界所具菩薩界
【無条件の自己肯定 & 無条件の他者肯定 & いまここに生きているだけで充実感を感じ & 他人のために自分ができることのすべてをしている、しようとしている、したいとおもっている】 という方向性の感覚に包まれているとき。
といっても感覚の差はピンきりで、個人差や状態差はある。



|¬ 仏界所具仏界
【無条件の自己肯定 & 無条件の他者肯定 & 無条件の環境肯定 & 無条件で過去を肯定 & いまここに生きているだけで充実感を感じ   &  五感で感じることのできる全てのモノや光や音のなかに内在された尊厳性を感じる】 という方向性の感覚に包まれているとき。
といっても感覚の差はピンきりで、個人差や状態差はある。

プチ仏界所具仏界もあれば、その先その深さまるで解析不可能な状態もあると想像しています。




つづく。
縁覚界の続きで、菩薩界です。

ざっくりと、誰かのために役にたちたいなーという状態が菩薩界となります。
自分のためよりも他人のためということですね。
名前が「菩薩」なんて仰々しいので、「あなたは菩薩界が強いですよ」なんてお伝えすると、とても驚かれることがあります。

「菩薩界」だからといって、【なんとか菩薩さま】ではない、ということを認識していただきたいと思います。

自分の利益や喜びがなくても、見返りがなくても、真心から他人のためという思いに溢れているのが「菩薩界」の基本なのですが、

・善悪の基準
・何を他に利するのかという内容
・利他への気持ちの深さや高さ
・果たしてそれがどれくらい他人のためになるのか
・果たしてそれが何のためになるのか

については千差万別なのです。

「菩薩界」である人の心のなかに、なんとか菩薩さまぁ~みたいな魂の一分を見たのか、利他の人生の中から人々を本当の菩薩さまのようなところまで導きたかったのか、その心は知る由もありませんが、 真心からの利他を望む状態に「菩薩界」と付けたのは、天台大師さんの願いがあったからなのでしょう。

という訳で、霊格判定における「菩薩界」には宗教も哲学も主義主張も性別も性格も心情も思想も関係ありません。

クリスチャンの小学生でも、
ヤクザの親分でも、
井戸端会議のオバチャンでも、
アブラハムのお兄さんでも、
意地悪なおばあちゃんでも、

誰でも発動することができるのです。

基底部が菩薩界の瞬間は、誰にでもありうるということです。

地球人なら誰でも、人生のなかで1度や2度はだーれでも、基底部の菩薩界は発動しているのではないかと考えています。

常に基底部が菩薩界であることは難しいし、菩薩界だからといって手放しで喜べる状態ではないことも知っていただけますとありがたいです。

無私の気持ちで他人のためを思うからこそ、自分の経絡に邪気が溜まり、心身の不調となることもあります。

全ての事例ではありませんが、これまでのヒーリングの経験からしますと、下記のような症状の方々には菩薩界のエネルギーの強いことがありました。

・免疫力の低下
・咽喉部、声帯、食道、気道の不調
・肺、肺動脈、気管支の不調
・背中、肩、首、頭部の筋肉の不調
・神経の疾患につながる不調
・甲状腺の不調

別に菩薩界はオススメできないというわけではありません。
利他の真心に溢れている素敵な人に、ネガティブなストレスをためてほしくないからです。

では、菩薩界です。



◎菩薩界所具地獄界
自分なりの真心の利他の気持ちが果たせない苦しみ。
たとえば、
・イジメられている友達を助けられずに苦しんでいる子供。
・困っている人を助けたくて仕方がないのに、どうにもできないときの苦しみ。
・患者さんへの真心から心を痛めるお医者さんや看護師さん。
・真心の親孝行をしたいのに思いが通じないときの子供の苦しみ。
・子供を助けたいのにどうにもできないときの親や先生。



◎菩薩界所具餓鬼界
自分なりの真心の利他の気持ちを果たすために本能的なとき。
たとえば、
・困っている人を助けたくて仕方がないので、健康食品や健康器具をゴリ押し売りしている人。
・真心の親孝行をしたいので、親の都合や気持ちを考えず、自分勝手な親孝行の押し売りをしているとき。
・子供を助けたいので、自分の価値観によるお助けをゴリ押ししているときの親。



◎菩薩界所具畜生界
自分なりの真心の利他の気持ちを果たすことに執着して、うまいことやってるとき。
たとえば
・イジメられている友達を助けるために、イジメの矛先が他へ移るように働きかけたり、巧みな言葉や金品でやめさせようとするテクニックを発動しているとき。
・困っている人を助けたくて仕方がないので、巧妙な話術で健康食品や健康器具を販売しているとき。
・自分の子育て観は間違っていないという信念と真心から、子供や生徒を洗脳しているときの親や先生。


◎菩薩界所具修羅界
自分なりの真心の利他の気持ちを果たすために怒っているとき。
たとえば
・イジメられている友達を助けるために敵と正面衝突しようとしているとき。
・我こそが人助けだという思いから、他社製品や他人の理論などに牙を剥いているとき。
・イジメられた我が子を助けるために、いじめっ子に注意する親。
・金八先生が生徒に怒っているとき。



◎菩薩界所具人界
自分なりの真心の利他の気持ちを果たすために、善悪や状況や相手の都合を考えながら自己コントロールをしているとき。
たとえば、
・イジメられている友達を助けるために落ち着いて先生を呼びにいったり、いじめっ子のことまで思いやって諭すように話しているときの子供。
・困っている人の話をよく聞いて必要な治療や薬や看護や商品を検討しているときの、医師や看護師や薬剤師その他いろいろな人。
・真心で働いているときの消防士、救急隊、キャビンアテンダントなど。
・金八先生が生徒のために学習指導やお説教や談笑をしているとき。
・真心で働いているときのウェイター、ウェイトレス、ホテルマンなど。



◎菩薩界所具天界
自分なりの利他の気持ちが果たせて喜んでいるときや、果たそうとする自分に喜びを感じているとき。
たとえば、
・ドラえもんの映画で、ひどい目にあっていたのび太をアツい友情で助けるために、相手をボッコボコにした後のジャイアンは菩薩界所具天界。
でも、テレビ的な場面でジャイ子かわいさのためにのび太をボッコボコにしようとするジャイアンは餓鬼界所具修羅界で、ボッコボコにした後は餓鬼界所具天界。

・お客様や患者さまや利用者さまや生徒たちのために働く喜びや達成感を心から感じている人々。



◎菩薩界所具声聞界
自分なりの利他の気持ちを果たすために人や書物から学んでいるとき。
たとえば、
・患者や利用者を助けたいという一心で学んだり研究している、医療や福祉の関係者。
・自分の仕事は人助けだという真心で、仕事上の学習をしている人たち。
・自分の研究で社会貢献したいという真心で研究している学者や学生。



◎菩薩界所具縁覚界
自分なりの利他の気持ちを果たすために、あるいは果たしていく過程で、感覚的な気付きを得ているとき。
たとえば、
・医療や介護やマッサージなどの現場で、相手の心身の様子から何かを察しているとき。
・お客様に喜んでいただくためという真心で演奏演技をしているアーティスト。
・人々に素晴らしい何かを気付かせたいという真心で創造活動をしている美術家。
・敵を救うための武道や武術や拳法を訓練しているとき。
・生き物や自然への真心の愛とともに、五感で感じる何かに感動しているとき。



◎菩薩界所具菩薩界
自分なりの利他の気持ちを果たすために、完全なる無私の境地にあるとき。
たとえば、
・オペ中のドクターX 大門未知子。
・要救助者のために無我の境地で訓練が生かされているときの消防士や救助隊。
・敵を救うための武道や武術や拳法を、実際の敵に実践しているとき。
・窮地にある家族や恋人のために我を忘れて祈ったり、冷水を浴びているときの、昔の大和撫子。
・誰かを危険から守るために我が身を省みていないとき。



◎菩薩界所具仏界
自分なりの利他の気持ちを果たす自己に普遍的な充実感を得ているとき。
たとえば、
・ドクターX 大門未知子 レベルのスーパードクターが何十人もいるような、ありえないほど夢のスーパー病院の設立を成し遂げた中心者はきっと、菩薩界所具仏界なんだろうなと推測します。
・絶対に誰でも助けられるような究極のレンジャーチームを100人ぐらい育て上げた中心者やきっと、菩薩界所具仏界なんだろうなと推測します。
・絶対に誰にも負けず傷つけず心まで救いきるような戦闘術を完成させて、数十人の体現者を育て上げた師匠がいたら、菩薩界所具仏界なんだろなと推測します。
・窮地にある家族や恋人のために我を忘れて祈ったり、冷水を浴びたりといった難行を経て、願いが叶った喜びに打ち震えているときは、菩薩界所具仏界と言えます。
・宗教的な活動を真心の利他の思いでしている人が、誰かを救い切った!という喜びに打ち震えているときも、菩薩界所具仏界と言えます。
実際にすごいご利益があった場合も、本当かどうか分からないけど本人がそう思い込んだときにはあり得ます。
・他人のために犠牲になることを命の底から喜んで恍惚としているとき。
・環境保全の社会的なムーブメントに命をかけて奔走し、それが社会の大きな流れとして実現したとして、そういうムーブメントの中心人物たちは菩薩界所具仏界を味わうことがあると推測されます。




つづく。