首を長くしてお待ちくださいませ 201707

テーマ:
昨日は

概算で

・遠隔ヒーリング 20件
・遠隔アチューンメント 5件
・個人セッション(スートラ講座) 3件
・気功整体(治臓術) 15件
・訓練 3時間半


お客様方のおかげでございます。

心より感謝申し上げます。

メール等での鑑定待ちのお客様方 約15名様。
どうか首を長くしてお待ちくださいませ。
AD
下の方にリブログした記事を読んで下さった、関西の高次元整体師さまからメールをいただきました!

なるほどー!

==関西の高次元整体師さまより==

低アルブミン血症の記事見ました。
興味深いです。

Wikipediaからですが

アルブミン合成能低下、アルブミン喪失、アルブミン原料の不足といったことが原因となる。

①アルブミンとプレアルブミンは肝臓で合成される。低アルブミン血症は肝臓の疾患である慢性肝炎、肝硬変、肝不全、ウィルソン病などを示唆していることがある。

②尿にアルブミンを漏出した結果,低アルブミン血症を来すこともある。これは糸球体の障害を示唆する可能性があり、慢性腎臓病、糖尿病性腎症、ネフローゼ症候群といった疾患の可能性を示唆する。

低アルブミン血症は慢性的な栄養失調の結果である可能性もある。

と③パターンあるそうです。

私は整骨院で働いていますが、この時期は急性のぎっくり腰が頻繁します。

お話を聞くとだいたいが冷たいものをとりすぎているケースが多いです。
この時期外で働く方々は脱水を恐れてとにかく水分をよくとるようです。

体全体は暑いのに内部が冷えているようです。

腎臓は冷えに弱いので②は増える可能性があるように思えます。


AD
毎月、150名ほどのお客様へヒーリングさせていただいております。

なぜかこの夏。


まるで、低アルブミン血症じゃないのか?分からんけど。


ってお客様が多いです。

特に女性。

むくむ!

痛い!

ふくれる!

と。

・夏の時期は特に、植物性のタンパク質をたくさん摂取量したほうがいいですよ。

・夏の時期は特に、植物性のプロテインを朝晩、摂取したほうがいいですよ。

・関節をよくほぐすような運動をしたほうがいいですよ。

・湯船に浸かったほうがいいですよ。

・病気かどうかは、医者さまへ!

など、お客様のエネルギー状態に応じて、あくまでも波動的な見地からのアドバイスをしていますが、

アドバイスを実践してから1週間も経たず良くなったというお客様が多発しています。

夏と低アルブミン血症???

なにか関係あるんでしょうかね??