ぶぅぶぅ♪おぶぅやん ~チーム看板’s~

おとぼけ猫「おぶぅやん」を団長とした4兄弟+2兄弟=総勢6匹看板猫の仕事ぶりやマネージャーりんこ姫・お外グループいっぱいとか。


テーマ:

看板猫としての日々と  出会った保護猫たちのこと

たくさんの方とご縁のあったblog

長い間ずっと応援してくださる方々に

本当に心から感謝しています


「猫のこと」は  「ひとのこと」の応援や支えが必要です

ずいぶんと 私は助けていただきました

環境が変わって  「猫のこと」に不甲斐ない状況になり

残念ですが 疎遠になってしまった方もいらっしゃいますが

それもご縁のことと 少しの淋しさ    仕方のないことです


いまの私は  おぶぅやんをはじめとするみんなに

やさしい手を持っていません

猫に救われたはずが 様々な環境 心境の変化で

駄目な飼い主になってしまいました

みんながもう看板猫ではないことや 気持ちが不安定なことから

~チーム看板’s~としてのこのblogを閉じることにしました

支えてくださったみなさん

本当にありがとうございました


みなさんと みなさんの大切な猫さんたちが幸せでありますように



hako



AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:
どこにいても猫との出会いはあるもので

新たな住まいのまわりでも、3匹の兄弟猫がいました。

ゴミの収集日にはカラスや野良猫のいたずら防止にとかけられたネットは穴だらけ、

漁ったゴミは散乱して、近所の方が毎回片付けていました。

2月に引っ越してきて、迷いに迷ってご飯をあげるようになりました。

彼らはゴミ漁りをやめ、しばらくして2匹がご飯を待つようになりました。


ある時、いつものように店までにゃにゃ逹のご飯に出掛け

夜帰るとただいまと同時に、父さんが眉間にシワを寄せて言いました。

車の下に下痢をしたうんちがあって片付けるのが大変だったこと、

餌をやるなとは言わない、やるならゴミの集積場所でやれと。


父さんは猫が大嫌いでした。こんなに近くに猫嫌いがいたと痛感しました。

居候なわたしはそれに従いました。

ご飯をあげはじめて、雄と雌であることが判明しました。

新たな生活は、恥ずかしながら以前のように不妊化手術をさらっと進める事が出来ませんでした。

わたしの住む街には助成金制度があり、期日に申し込みをしに行き

雌1匹の手術を予約しました。

野良猫の雌は9千円の病院で、4千円の助成金です。

まずはわりと温かく見守ってくださるご近所の三軒にTNRの説明をしました。

可愛いけど増えたら困ると一致した意見で手術をしました。

猫はすでに妊娠していました。病院で合同の供養代を支払いました。





つぶちゃん



猫の神様は意地悪なのでしょうか

翌日、敷地内のプランターの間に子猫がいるのを見つけました。

父さんには、可愛そうだから飼ってやればいいじゃないかと怒鳴られました。

猫がいっぱいいるから、だれかが捨てに来たんだとか。

店を続けられなくなった時に、猫連れてでもいいから帰ってくればいいじゃないかと言われたのに…



わたしをかばい、母さんと妹はわたしが猫と暮らしてきたことや、

野良猫のことなどで父さんとケンカになり、それを聞きながら子猫に向かっていました。

30分くらいで、生後2ヶ月ほどの子猫を捕まえました。

その日の夜、自分の選択はなにもかもが間違いだったと感じました。

妹からはメールで、父さんには長生きしてほしいから明日謝ってとありました。


翌朝、仕事をする父さんに、父さんが嫌なことばかりして申し訳ないと頭を下げました。

みんなわたしが不憫でならないんだと言われました。


不憫

不憫…か…


看板猫から狭い場所、ストレスだらけの場所に連れて来られ、

毎日安定して食べられたご飯が食べられなくなり、

不憫なのはわたしの勝手な都合に振り回された猫たちだと

数ヵ月たったその朝に思い知ることになりました。









ひよこみたいな子猫に

ひよちゃんと名前をつけました。

自分の環境が、里親募集するには困難であることや

気持ちの部分が弱すぎで、早々にあきらめ、うちの末っ子になりました。

可愛いバナーを作ってくださったmikichaさんをはじめ、

御協力くださいました皆様には本当に感謝しています。

ありがとうございました。


少し先の未来が全く見えず、守り抜ける自信もなくなり

毎日が過ぎていました。



ひよちゃん

二歳になりました


AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
環境が変わって2年が過ぎて

おぶぅやん逹4兄弟、びぃくま、だいの7匹との大移動は

「ちゃとらとはちわれ」のピンガさんがお手伝いしてくださり

なんとかはじまった新しい生活
まだ店のまわりに置いてきた、おちび、こうた、まん、にゃにゃ、しろに

四六時中こころを飛ばす日々でした。

時に毎日、あとは店長と協力しあい一日おきに往復120キロを走りました。

ご飯をお水を置き、半年ほどは外へ出さず、店の中に居させました。

そうして準備を進めるうち、にゃにゃには会えなくなりました。

知人の情報で 数軒先のレストランでご飯をあげている猫が数匹いて

そこに時々顔を出していると知りました。

何年間も毎日ご飯を安定して食べられたのに、タイミングが合わず

にゃにゃを思うと心が張り裂けそうでした。


しろはボロボロな姿で 何度か店長がご飯をあげてくれましたが、

やはり見つからず、大移動から一年で、おちび、こうた、まんを連れてきました。



やさしい手

ワタシの手が  やさしい手になったらいいのに…

そんな気持ちでいっぱいで  苦しくてたまらないのです


続きはまた。



AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。