湿った火薬庫

基本的に1日1本お勧め映画の保管庫。たまに駄文交じり


テーマ:

梶原です。

まずはあけましておめでとうございます。だらしなさが祟って2016年に間に合わなかったですね。参ったねぇ。

それはともかく、これから残りの上位20作品と僕的には割と見るのを後悔したレベルのワースト3を、それぞれの予告編付きとコメントでご紹介したいと思います。

ここからのベストに関しては、紹介文と共に僕の中で心に残ったベストシーンを付け足していこうかと。、ワーストに関しては特に許せない部分を抜き出してお伝えします。

それでは最後までお付き合い、宜しくお願いします!!

 

~20位~

太陽

 

SRシリーズやロックンロールは鳴り止まないっ等のイタくて切ない青春映画の名手で知られる入江悠監督が次に手掛けたのは、人気劇団イキウメが原作のまさかのSF映画だった。ウイルスによって人類の大半が死に絶えた末、ノクスとキュリオという二種類に分断された世界を舞台に、キュリオ側に生まれてきた青年、鉄彦が遭遇する局面と決断を描く。土地も人も荒みきった未来世界は、もしかしたら僕達が迎えるかもしれない未来かもしれない。鉄彦含めて、大人になりきれない子供と大人になりたい子供の哀しい世代間闘争にも僕には見えた。この作品全体に漂う一種の「幼稚」さは、僕にとっては心に染み入る物だった

☆マイベストシーン

どうにもならない事態を向かえた時の、鉄彦の獣のような叫び声。

このシーンがある種最も、この映画に於ける幼稚さを示していると思う。人は子供に戻るといやでも大声を上げたくなるから。君の名は。とは全く違うベクトルの人物を演じきった神木さんには尊敬しかない。

 

~19位~

HiGH&LOW THE RED RAIN

 

THE MOVIEから続くHiGH&LOWの映画版第二作。人気キャラクターの雨宮兄弟を主人公に、突如姿を消してしまった長男、尊龍の行方を追う内に自らのルーツに兆す戦いに巻き込まれていく兄弟の死闘をスタイリッシュに描く。雨宮兄弟が披露する、現代アクションにフォーマットされたガン=カタや尊龍が繰広げる香港映画リスペクトが素晴らしいド派手な銃撃戦、何より前作のお祭り映画的だったTHEMOVIEからグッと登場人物を減らした事により、初見の人でも感情移入しやすい分かりやすく熱く泣けるアクション映画になっているのがグー。地獄甲子園とか珍遊記等のギャグ映画が目立つ山口雄大監督だけど、僕が思うにこれが現時点での最高傑作だと思う。

☆マイベストシーン

壮絶な銃撃戦の中で、尊龍が次男と三男に強く生きろと回想込みで語り掛ける所。

拳は大切なものを守る為に使え、俺を壁と思えとかの名言が多い尊龍お兄ちゃんだけど、キャッチコピーでもあるこの台詞が出てくる所は純粋にマジで熱い。何だかんだ三作目楽しみ。

 

~18位~

アイアム・ア・ヒーロー

 

冴えない日々を鬱々と過ごす漫画家アシスタントの英雄。恋人との関係が冷め切るというトラブルを除いて、変わる事のない日常を送り続けている、筈だった。そんな恋人が怪物と化してから、英雄の日常はゾンビで溢れる地獄の非日常と化す。同名の人気漫画を大泉洋さん主演に日本でもしもゾンビ映画を本気で作ったら?に応える、割とガチでこれを超える作品が出てこないんじゃないかという、純国産ゾンビ映画。寄生獣で一躍名を轟かせた特殊造詣のスペシャリスト、藤原カクセイさんのとにかくやりすぎグロすぎな人体損壊描写が本当に最高過ぎる。英雄が英雄となるまでの成長物語も、駄目人間の僕としてはグッと来た。

☆マイベストシーン

終盤、襲い掛かってくるゾンビどもを皆殺しにする為、防御アーマーとして付けていた大量の腕時計を英雄がパージする場面。ここはコマンドーとかアジョシに於いての銃調達シーンに並ぶ、「男が戦闘態勢を整える」劇燃え展開に新しい歴史を刻んだと思う。

 

~17位~

デッドプール

 

アメコミ界のあらゆる意味で暴れん坊、デッドプールがまさかの単独映画化。一体どれだけ滅茶苦茶弾けた話になるかと思われ蓋を開けてみれば、驚くべき事に非常に一本筋が通った正統派アメコミ映画になってたから驚いた。第四の壁も流れる様なギャグ会話もあるけど、壮絶な病に冒された男が、愛する人の為に何が出来るかというシンプル極まる話には、最近(勿論嫌いじゃないけど)の複雑化してきたアメコミ映画に対する心地良いカウンターパンチとなったと思う。個人的にブレイド一作目に並ぶ傑作の一作目でした。

☆マイベストシーン

アクロバティックなバトルシーンとかアメコミ物をおちょくるメタ台詞とか取上げたいのは幾らでもあるんだけど、やはりウェイドとヴァネッサが再び巡りあうあのラスト。照れくさそうなウェイドの語りも素晴らしいんだけど、ここを見て改めてこの映画がヒーロー映画である事にも気づかせてくれる。そして最高のエンディング曲をありがとう,ジョージ・マイケル……R.I.P

 

~16位~

ちはやふる上の句/下の句

 

あまり馴染みのない学園青春物という事で、本音を言えばあまり興味が沸かなかったのだがツイッターで仲良くして頂いている方達の熱量の高い感想に惹かれて鑑賞。結果大号泣してしまった、ある種今年最もダークホースな作品。千早が新しい仲間を揃えていくまでのワクワクするチーム集め映画として、一秒の油断で勝敗が決してしまう、超シビアなスポーツバトル映画として、そして何より机君という自分の世界に篭っていた青年が仲間の手を借りてり新たな世界を開いてゆく、友情映画としてと、多面的な観点で楽しめた世辞抜きで万人向けのエンターテイメント映画でした。

☆マイベストシーン

再び自分の殻に篭った机君をカルタでエアビンタする千早という図。ビンタとは書いたけど、ここからしっかりと各々が持つ持ち味を活かして形勢逆転していく流れも非常に秀逸だった。水沢一勝!っていつかリアルで言ってみたい。

 

~15位~
アズミ・ハルコは行方不明

 

特に未来への進展も夢も無く、ぼんやりと生きているハルコと、貪欲に繋がりを求めるアイナという二人の女性の物語を軸に、この国に於ける女と男の関係性をこれでもかとエグくエグく抉り出す、構成のトリッキーさの陰にドス黒い批評性を秘めている恐ろしい作品。特にハルコのパートの何か悪い事をした訳でもないのに坂道を転げ落ちていく様は、男である僕ですら身震いするほど。しかしそういうクソッタレな現実を超えた先の「だから、幸せに生きるのが最高の復讐」という台詞がとても心に染みた。し、何だかんだ生きてやろうじゃん。という元気を貰えた、気がする。リップヴァンウィンクルと合わせて現代に生きる女性映画として見たい。

☆マイベストシーン

どことは言えないけど、あの「疾走」一択。あのシーンには、女子高生は若くて幼い、という皆持っているであろう固定観念に対して思いっきり中指を立ててたのが最高にグッと来た。加えて、映画というのは走るシーンさえ興奮できれば名作だというのも。

 

~14位~

ドント・ブリーズ

 

人の住処を荒らすこそ泥三人組。次に計画を立てたのは、元軍人である盲目の老人の自宅。どうせ何も見えてねえジジィだし楽勝楽勝と意気揚々に挑んだ最後の仕事は、やがて最悪の一夜を迎える事になる。登場主要人物が述べ四人、最初から最後まで実質舞台は家と周りの敷地だけという限定的にも程があるシチュエーションながら、一切気を抜く事の出来ない最上級のパニックバイオレンススリラーに作り出した監督の手腕に唖然。そしてまさかの倫理的嫌悪感すら催す展開に突っ込む容赦の無さにも驚かされました。

☆マイベストシーン

盲目の老人の銃の使い方はほぼ全てベストシーン。特にスマホの着信音を聞いて正確にスマホを撃ちぬいたり、誰がとは言えないけど百発百中で人の頭を打ち抜く腕前にはなんかもう感動してしまった。後、リボルバー用意する所のね、もう絶対許さねえぞお前ら感ね。

 

~13位~

ディストラクション・ベイビーズ

 

喧嘩が大好きで大好きでどれだけボコボコメタクソにされようが立ち上がって、相手を屈服させるまで殴り続ける、生まれる時代を間違えている男が間違えてるなりに暴力で世の中を混乱させていく。それだけの話なのに、画面を支配する異常に禍々しい雰囲気と何が起きるか予測出来ない緊張感。90年代の暴力を主題にした邦画ってそんな特徴があるんだけどよもや2016年にその空気感を詰め込んだ作品が生まれるとは思いもしなかった。正に何考えてるのか分からなくて怖い柳楽さん、虎の威を借りるクソガキを素晴らしく憎たらしく演じきった菅田さん、常々不満げに唾を吐いてる様なビッチを演じきった小松さんと俳優陣は皆大熱演でした。

☆マイベストシーン

主人公の泰良がクロスカウンターでヤクザを沈めて雄たけびを上げるシーン。終始本能だけで動いている化物の泰良だけど、あぁ、こういう瞬間の為だけに生きてるんだなこいつ。と変に理解というか共感してしまった。絶対現実じゃお近づきになりたくない人だけど、こういう奴が映画を面白くするんだなぁと勉強になった、気がする。

 

~12位~

バットマンvスーパーマン ジャスティスの誕生

 

とうとうあのバットマンとスーパーマンが真正面から激突してしまう!と予告編の時点で世界を沸かしていた本作。ついに公開となると、そこに現れたのはバットマンもスーパーマンも俺イズムで染め上げてやるぜ!というザックから全世界のファンへの挑戦状だった。とにかく過剰、とにかく叙情的、とにかく強引な展開と、ついてこれるならついて来いよ!という強烈なザックイズムにすっげえ乗る乗る!派とつきあってらんねえ派に世界的に割れる位には凄い物を見させて頂きました。でもジャスティスリーグは正直不安だぞザック。

☆マイベストシーン

これはもうとにかく、フルアーマーバットマンとスーパーマンの誇張抜きのガチンコ殴り合いです。スーパーな戦闘力を多少手加減してるとはいえウェインというか人間相手に振るいまくるスーパーマンもさる事ながら、マスク割れしてまで善戦、どころか後一歩までいったバットマンの格好良さに軽く泣いてしまった。ザックごめん、ジャスティスリーグ楽しみにしてる。

 

~11位~

トランボ ハリウッドに最も嫌われた男

 

ハリウッドに於ける暗部的事件、赤狩りで優れた才がありながらも作家生命を危機に晒された実在の小説家、ダルトン・トランボをブライアン・クランストンさんが憑依一体となって演じきった男気溢れる伝記映画。様々な政治的思惑に翻弄されながらも、親身になってくれる家族や、道はすれ違ったが大切な友人、ダルトンの生き様に心打たれたハリウッドの面々が力となりダルトンに手を差し伸ばす展開には思わず涙。これは銃も刀も出てこないけど、立派なアクション映画です。戦う人の姿は尊い。

☆マイベストシーン

面白いホンを書ける奴に思想も何も関係ないと、ダルトンに脚本を依頼したカーク・ダグラスさんが完成したスパルタカスを見ながら文句を言う輩に「俺がスパルタカスだ」と言い放つシーン。こういう事を言える様な大人になってみたい。

 

ここまでお付き合いして頂き、大変ありがとうございます。

とうとう残り10作品になってしまいました。ここから先は個人的に順位の後に、各映画の印象的だった台詞を大きくピックアップしながらご紹介していこうと思います。もう皆さんそろそろお疲れだとは思いますが、出来れば最後まで寝ながらとかでもいいんでお付き合い、お願いします……!


~10位~

私達はゴースト・バスターズよ!

ゴースト・バスターズ 

 

あの冴えない男達がお手製ガジェットで幽霊退治に挑むゆるふわ名作コメディ、ゴーストバスターズがまさかの主要キャスト全員女性で帰ってきた!な一本。出演者への不当なバッシング等、作品外の所で騒がれてしまったのが不幸なのだが、そんな悪評を吹っ飛ばす位に面白くて楽しい作品だった。現代的に設定を作り直している為、雰囲気自体が緩々なオリジナルに比べると色々と世知辛い話になってはいるがそれはそれで、世間体や既存のイメージより、自分の好きな事を優先していく事を選ぶ人の前向きと強さを教えてくれる良い改変だと思う。熱く泣ける友情には男も女も関係ないのだ。

☆マイベストシーン

ホルツマン先生大暴れとか、ワクワクする四人での特訓シーンとか多々あるけど、やっぱ昔からの親友であるあの二人が、次元の狭間で手を取り合い脱する場面。ここは3Dで見るとあっ、画面からはみ出す仕掛けはこの為に……!と感動する事必死。3D映画で初めて泣いた気がする。

 

~9位~

俺達は悪(ワル)だがお前は邪悪だ!

スーサイド・スクワッド

 

今年最も予告編で期待して、いざ本編を見てみたらあまりの出来の悪さに高低差で耳がキーンとした映画と言われる、映画界のインテリマッスル番長デヴィッド・エアー監督によるアメコミ映画。それぞれで事情も性格も能力も異なる悪人達が、なし崩し的に協力し合うと聞くといかにもエアー監督案件に思えてくるが実際はちょっと生き方曲がっちゃった人達がバーで俺らマジしょっぺえし辛いけど頑張って生きてくしかねえんだよな……という、エアーのちょっといい話みたいな生温い内容に。はい、僕はとても好きです。駄目なら駄目なまんまで良いんだよね。自分を肯定できるのなら。

☆マイベストシーン

ウィルさんが演じる事になったからか、冷酷な暗殺者な筈だけど割と話も分かるし常識人というまともな人なデッドショットさんが幻想を見せられて唯一感情を露わにする場面。そこからのLOVE。世界はLOVE。僕はこの作品にLOVE。世界は愛で回ってる。

 

~8位~

フォースは我らにあり

スターウォーズ ローグ・ワン

 

スターウォーズep4、新たなる希望に於いてデス・スターの設計図が反乱軍に渡るまで一体何があったのか?を鮮明に描く、ギャレス・エドワーズ監督による意欲的にも程がある外伝作。目付きの悪いはぐれ者連中が、ある者は父の無念を晴らす為、ある者は自分自身を変える為、ある者はフォースの存在を信じる為と己の事情を秘めつつ成功不可能なミッションに挑む姿にただただ泣けてしまう。キャッチコピーで使われている希望という単語だけど、その言葉の背景にとてつもない絶望とそれに負けない様に奮闘する人々の姿が見えるのが、ローグ・ワンという作品の特徴だと僕は思う。

☆マイベストシーン

一秒でチアルート、と答えたい所だけど単独記事にすらぶち上げてるから、やっぱ主人公のジンとパートナーのキャシアンの、最初はギスギスしてたけど次第にお互いを信頼しあうのが分かる会話があぁ、良いなぁ……と響く。「私は一人ぼっちだった」「今は仲間だ」、「誰かに届いてるかな」「届いてるわよ、きっと」とか、五臓六腑に染みる。

 

~7位~

諦めず最後まで、この国を見捨てずにいこう

シン・ゴジラ

 

とにかく情報量、テンポの良さにおいて邦画と洋画をひっくるめてもこの作品に迫れる作品は無かったと思う。それ位圧倒的にディティールに拘っている庵野監督の尋常じゃない執着心が、却って物語の構造をシンプルにしていてこれ以上無く立派な怪獣映画にしている本当に稀有な映画。日本対虚構という洒落たキャッチコピーが本編を非常に端的に示していて、殊更ゴジラが放ったあの一撃はあまりにも凄すぎて虚構に思えなかった。僕自身ゴジラに造詣が深い訳ではないけど、複数回見てしまう位には嵌ってしまった。誰もがここまで売れる作品になると予想していなかったという点で、正に今年の怪物、もとい怪獣枠でした。

☆マイベストシーン

もうネタバレ……ネタバレしていいかな、すみません。終盤のヤシオリ作戦での巨災対とゴジラの瀬戸際での凍らせられるか全滅するかの超瀬戸際の死闘。この死闘は完全に邪神に挑む人間という構図だった。無人在来線爆弾やビルドミノアタックとかの特撮ギミックに、庵野監督の楽しそうな顔が浮かんでくるのが本当に良かった。

 

~6位~

忘れちゃいけない人、忘れちゃ駄目な人……君の名は―――――――

君の名は。

 

秒速5センチメートル等の徹底した美意識によって作られたリリカルなアニメでコアなファン層を獲得している新海誠監督が東宝から招かれて一般層にも届く娯楽大作を作ってみたら本当に一般層に馬鹿ウケしてしまった、脅威の怪物枠その2。どこにでもいる少年少女の魂が入れ替わり、互いの生活を堪能するというジュブナイルSFから一転、大好きになった女の子を救う為なら発電所もぶっ飛ばすし時間も遡るぜ!という少年ヒーロー物(僕フィルター)に鮮やかに切り替わる瞬間が物凄く快感でした。後、彗星見ると綺麗とかより怖いってこれ見た後だと印象変わっちゃうんだけど、皆どう?

☆マイベストシーン

三葉(と瀧くん)が誰も欠かさずに救う為にとにかく疾走、疾走、疾走し続ける所。こんなにエモく走るシーンを見たのは初めてかも。その末の劇中曲のスパークルがサビになった途端の流星群。そして隕石落下。ここだけでもあっ、なんか凄い物見た……ってなりました。はい。

 

~5位~

これがお前の落とし穴だ

クリーピー 偽りの隣人

 

どこにでもありそうな住宅街に、悪魔のいけにえを一人地でいく殺人鬼が潜んでいた……という、黒沢清監督が現代的な殺人犯を描くとこんなとんでもない映画になってしまうんだなってのが最高に弾けた形で理解出来る、あえてこう表現したい今年一番の怪作。主人公らしい行動をしている筈なのに他人事みたいな表情の高倉と、あからさまに変すぎるおじさんなのに謎のカリスマ性を放つ殺人鬼西野の、あくまで低体温な一種即発の殴り合いがどうしようもなく黒沢清的で本当に堪らなかったです。拳銃の使い方が近年の黒沢映画の中でも格好いい部類なのも好みでした。

☆マイベストシーン

やっぱりいきなり世界が変容する、高倉の部下の野上が西野宅に侵入して地下室への廊下を覗いてしまう場面ですね。あのえっ?っていう瞬間から一気に映画としてのボルテージが暴走していくのが本当に楽しかったです。地下室!注射器!拳銃ってね。最高。

 

~4位~

ありがとう、この世界の片隅にウチを見つけてくれて

この世界の片隅に

 

戦争の影が忍び寄っている広島の呉を舞台に、生活能力が高くて逞しいけど、どこにでもいる普通の女性であるすずさんが食べて、泣いて、恋をして、日常を懸命に生きていく様を驚異的なアニメーション手法で描く人間ドラマ。どうしようもない悲劇が突然襲ってきても、前を向いてしっかりご飯を食べて生きていくこと。そういう平凡さの大切さをすずさんは僕達観客に痛い位、それでいて優しく教えてくれる。この作品に関してはもう宇多丸さんのこの一言で締めたい。クラウドファンディングに参加しとけば良かった~~~~~!と。この映画に携る片隅になりたかった……。

☆マイベストシーン

思い出の詰まっている右手を、すずさんが布団のなかでじっと眺めているシーン。爆弾は一瞬で人の影すら消してしまうけど、その影の中では数え切れない思い出や念が込められていると思うと、之ほど戦争の怖さを示している演出も中々ないと思う。故に、日常の平和さが際立つ。あ、後ね、泣いてばかりじゃ勿体ない、塩分がね!

 

さて、とうとう後残すはトップ3になってしまいました。

その前に閑話休題。ここでワースト3を先にご紹介しましょう。今年の許すまじ映画はこいつらだ!

 

61位 ハイ・ライズ

近未来。巨大な高層マンションで住民間での世代間抗争が始まる……というそそる概要を期待してみれば、全裸でベランダに佇んだりペンキ塗れになったり犬食ったりするトムヒと剥き出しにされる頭蓋骨とプールで溺死させられる犬と万華鏡のなかでリンチされるルクエヴァと、露悪的なだけで面白くない演出と肝心の抗争をすっ飛ばすアホか?アホなのか?な構成が合わさってひたすらただ眠くなるだけの一本。ぶっちゃけ抜けないAVみたいな。だって濡れ場ないんだもん

駄目駄目ポイント:演出。小手先で何かやる前に話をまず面白くて……。

 

62位 ガラスの花と壊す世界

人類が滅んだ後の世界。そこではプログラムが世界の保持を行っていた。そに突如として認識不能のバグが現れ……という壮大な世界観を60分弱で描く、そりゃあ尺足りないだろと思ったら本当にたりてない。尺足りてない、キャラの書き込み足りてない、演出の繊細さも足りてないのダメダメナイナイ1時間。見た事ない1クールアニメの駄目な総集編を見てるみたいな感覚だった。特に人間の業を垣間見る主要キャラ三人の表情が口をポカーンと開けてるだけのクソ演出にはひっくり返りそうになった。1クールあってもこんな演出しちゃうスタッフじゃ駄目だったかもね……。後、パンフ2000円って何?貴族なの?

駄目駄目ポイント:総合的に。にしても60分って無茶振りだよなぁ……。擁護はしないけど

 

それでは栄えあるワースト1位を発表します!それは

 

63位 仮面ライダー1号

俺が見たかったのは例え年齢を重ねて体が衰えても、平和の為にショッカーと戦いを繰広げ、子供達に夢と希望を与える初代ライダーこと本郷猛の姿だった。しかしスクリーンで目の当たりにしたのは、他人にはやけに厳しいけど孫娘にだけは異常に優しい海原雄山みたいな変なオッサンが、最初から最後まで名言っぽいけど別にそうでもない言葉を宗教の押し売りの様にぶつけてきた挙句、無理やり聖書みたいなのを押し付けて笑顔で帰っていく、そんな斬新なプロパガンダ映画だった。もう藤岡さんはジャングルに篭っててほしい。好きな人には大変申し訳ないです。

駄目駄目ポイント:もう全部。井上先生は藤岡さんに飯でも奢ってもらったんですかね?

 

はい、厄落としはこれくらいにして、遂にトップ3を発表します!!

 

~第3位~

ありがとう、楽しい旅だった

ダゲレオタイプの女

 

ドレミファ娘の血は騒ぐから何十年、念願叶い、遂にフランスで映画を撮る事となった黒沢清監督による黒沢清の為の黒沢清映画。外国映画の筈なのに、観客に提示されるのはカーテンを揺らす不吉な風、殺風景を歩く男の横移動、不自然な姿をする幽霊、突然出てくる拳銃という、どこを切っても純粋な黒沢映画のアイコニック。例え撮る国が変わろうと、黒沢清は変わらず黒沢清その物である事を知れた事がとっても嬉しい。嬉しいし、もっと黒沢監督のほかの国の映画も見たい。アメリカとかドイツとか。その前に散歩する侵略者をもう早く見たい。

☆マイベストシーン

主人公のジャンがヒロインであるマリーの亡骸らしき物を車に連れ込む、というかジャンとマリーの車描写全般。特に、マリーらしき物を布で引きずりながら車をドリフトさせるジャンの何が何だか良く分からないが凄い事が起きてる感は正に黒沢映画。生と死の境界線は黒沢映画には存在しない。

 

~第2位~

君に生きるのを、手伝ってほしい

聲の形

無自覚の悪意を持つ、誰もが通り過ぎる小学生の頃に犯した罪から自分で自分を殺してしまった少年、将也。本当は伝えたい事で溢れてるのに自分で自分を罰し続けて声を失ってしまった少女、硝子。そんな二人が不思議な因果で再会し、互いの姿を通して自分自身を許してあげられる様になるまでの物語。どこまでも不器用で繊細な子供達が自分達なりに出来る事を精一杯やりきる姿にまず号泣するし、その末に将也がやっと自分の居場所を見出せた瞬間にはスクリーンが見えなくなった。誰もが誰かを必要としてる。そうして世界は回る。

☆マイベストシーン

数え切れないほどあるけど、やっぱりあの橋の上で将也と硝子が再び出会えるシーン。硝子が将也に伝える、きっと最初で最後の長台詞には硝子が今まで抱えてきた人生の重みがあった。そんな難しいにも程があるシーンを演じきった早見沙織さん。もう大女優だけどこれからも大女優です。応援しています。

 

 

~第一位~

中華街で、会おう

さらば、あぶない刑事

僕はあぶない刑事の熱心なファンでもないし、館さん・柴田さんのファンでもない。これを見にいったのは、かつて松田優作さんと手を組み凄まじい名作を作り出してきた村川透監督と、邦画界で知らぬ人はいない歴史的カメラマン、仙元誠三さんが、あの黒沢満プロデューサーの元に集ったからだ。邦画の活劇アクションを土台から支えてきた大ベテラン達が集ってつくりあげたこの作品には、映画ってのは楽しくて幸福な気分のまま、劇場を出てくれよという温かな懐かしさがあった。近年のリアリティだとかPCだとかで何かと制約の付いて回る映画に於いて、ここまでリアリティなんて知るか!俺達はやりたい様にやる!を突き通した映画が出来たのは、キャスト・スタッフ,、関わってきた全ての人が映画の楽しみを知っているからだと思う。そういう意味で、僕にとってこの映画は心から映画らしい映画として多幸感に満ちていた。

さらばは寂しいけど、これ以上なく美しい有終の美を飾った製作者全てに、さらば。

☆マイベストシーン

全部。以上。

 

 

という訳で、梶原の2016年映画ランキングは

1位 さらば、あぶない刑事
2位 聲の形
3位 ダゲレオタイプの女
4位 この世界の片隅に
5位 クリーピー 偽りの隣人
6位 君の名は。
7位 シン・ゴジラ
8位 スターウォーズ ローグワン
9位 スーサイド・スクワッド
10位 ゴーストバスターズ
 

でした。今年は映画の神様が常にハードワークしてるかのような、洋画も邦画も最高の作品ばかりの年で、なんか生きてるのも悪くないかな、って真面目に思うくらいに最高の年でした。

来年も映画の神様が頑張ってくれる事を祈りつつ……。こんな長々とした記事を最後まで読んでくれた(本当にありがとうございます!)読者の皆さん、いつもツイッターで仲良くしてくれている映画好きの皆さん、映画を楽しむことを教えてくれた、父さん、母さん、いや、もう全人類

 

 

皆元気で良い年になりますように!

梶原でした!

 

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

梶原です。

とりえいず新年明けましておめでとうございます!!皆さんもうやり残した事、悔いなどはありませんか?僕は早速2016年ベストを2016年に出来ず年を迎える大失態を冒しました!悔いしかねえ!

 

……それはともかく、2016年は邦画も洋画もとんでもない話題作に満ちた、前例の無い位豊作の年でありました。故に皆さんランキング作成がとっても難航したのではないでしょうか。僕自身も印象に残った作品ばかりで大変でした。あーでもない、こーでもないとゴロゴロ苦悶しつつ、どうにかトップ10は決められた……のですが。

それでも10位以降、いや、ワーストにさえ何か一言言いたい作品ばかりだったのです。なのでこうしてブログで今年映画館で見た新作映画を順位ごとに一言、ないし二言、20位以降(とワースト3)についてガッツリ語ろうと思い、この記事を書く次第です。

さて、方法と致しましては、ワースト3を入れて今年見た新作映画、延べ63本からワースト3以降の60位~31位は纏めて一言、間にその順位の中から落ち葉拾いとして皆さんに見てほしいな、という作品を一本ピックアップしてみます。凄く面白かった、けどもう一点何か欲しかったな、惜しいなぁ、という30位~21位はちょっと多めに単品でコメントしていきます。

上位20位~1位と、ワースト3には予告編付きでガッツリコメントしていくという感じで、2016年の映画を締めくくっていきます。分量的にどう考えても前後編になってしまうので、後編から多分20位以降の発表かなぁ……とはやってみないと分からないんですけどやってみます。

 

では長々挨拶してても仕方ないので、さっそく60位から50位を発表していきます。

エラい長丁場になりますが、お正月の暇つぶしとして、あるいは年越し前の時間潰しとしてでも読んでいただけると幸いです。泣いても笑ってもこれで映画&ブログ収め!宜しくお願いします!

 

あ、後ブログタイトルはアカデミー賞をもじってますがびた一文もアカデミー賞的要素はありません、ごめんなさい。

 

60位~51位

 

60位 傷物語 鉄血編

59位 傷物語 熱血編

58位 ジャック・リーチャー NEVER GO BACK

57位 サウルの息子

56位 ジェイソン・ボーン

55位 X-ミッション

54位 キング・オブ・エジプト

53位 HiGH&LOW THE MOVIE

52位 ザ・ウォーク

51位 ザ・ガンマン

 

いきなりこんな事を言うのも変な話ですが、60位と59位の傷物語については来年の冷血編までちょっと評価保留な部分があります。とはいえ、それを差し引くとあくまで僕の感覚ですがあまりにシリアスとギャグの配分が肌に合わないな、ってのが強くて。特に羽川さん部分のエロネタと血みどろなシリアス部分が全く別の作品同士をくっ付けてる様に思えてそこら辺の違和感がキツすぎるかなぁとは……。とはいえ冷血編で一気に評価が変わる気もするので目茶低いですがこの位置で。

58位のジャック・リーチャーは僕の知ってるジャックおじさんはもっと気難しくて面倒くさい人であれは知らない人です、あの人、ジャックおじさんじゃありません。全然知らない人です。って感じです。

57位、サウルの息子。作られた心意気は立派。手法も新鮮で心に迫る部分もあった。けど、僕は例え残酷で醜悪でも見たい物は暈さず見たい側の人間なんだなと変に我に帰ってしまいました。でも立派な映画ですよ、うん。56位のジェイソン・ボーンはですね、あっ、て始まってあっ、て気付けば終わってました。うーん、一言で言うならヴァンサン・カッセルが勿体ないですね。

 

55位X-ミッションなんですが脳筋版CUREと表現したら何故かツイッターでウケたのが今でも不思議な新感覚電波アクションの様な何かです。取りあえずハートブルーを僕の中で大大大傑作にしてくれた事だけは感謝してます。54位のキング・オブ・エジプトなんですが、なんか、哀しくなりました。だってあれだけビジュアルセンスに満ちてるのに最終的に他人の飲み物に唾を入れる主人公しか記憶に残らないんだよ?プロヤスどうしたんだ、もっと君はやれる子の筈だ!次回作はちゃんと見るから主人公くらいはまともに好感持てるキャラにしてくれよ!53位HiGH&LOW THE MOVIEについては、僕はファンムービーとしては満点なんだろうなとは。そういう知識が無いままに突っ込んでる僕が悪いという結論で収めています。でも実際アクション面は下手なハリウッドやフランスのアクション映画をずっと凌駕してる。これは紛れもない。ちゃんとドラマ版を踏まえてもう一度見てみたい作品ではあります。

 

偶然ザが続いていますが特に狙ってないです、52位のザ・ウォークと51位のザ・ガンマンですが、ザ・ウォークは実話とは思えない荒唐無稽さは楽しいですが、何度か手に汗握り股間がヒュッともしたんですが、個人的にツボに嵌らず……。ここらへん何が好きで何が好きじゃないか、自分の中で色々考えちゃいますね。51位のザ・ガンマンはあの96時間の監督であるピエール・モレルとハリウッドきっての才人、ショーン・ペンがよっしゃ!96時間を再来させっぞ!という感じで挑んだのかは分からないのですが、そういう感じで作られた作品です。色々と入り組んでいる話に見えるけど、結局主人公が頭脳より筋肉でどうにかしちゃう展開とひたすら顔も筋肉も突っ張り続けるペンさんのゴーイングマイバイオレンスっぷりが入り混じり、結果的にペンさんの筋肉凄かったな、というイメージだけが鮮烈に残る。多分Xミッション好きな人はこれも好きになると思います(無責任な薦め方

 

~落ち葉拾い~

ザ・ウォーク

世界でも屈指の高層ビル、ワールド・トレード・センター。そんな場所を命綱無しで渡ろうと試みた、とてつもない命知らずがいた……。という、正に事実は小説より奇なりを体現した様な恐るべき実話の映画化。そんな命知らずでかつ、世界を驚かせたエンターティナー、フィリップ・ブティをジョセフ・ゴードン・レヴィッドが時に軽妙、時にシリアスに表情豊かに演じきる様は圧巻。一体どうやって撮られているのか知りたくなる、フィリップのワイヤー渡りは是非とも一見の価値あり。VR環境があれば更に手に汗握る作品になる……かも?

 

50位~41位

 

50位 エージェント・ウルトラ

49位 オデッセイ

48位 ブリッジ・オブ・スパイ

47位 メカニック ワールドミッション

46位 ブラック・スキャンダル

45位 レヴェナント 蘇りし者

44位 クレヨンしんちゃん 夢のユメミーワールド

43位 蜜のあわれ
42位 SCOOP!
41位 テラフォーマーズ


50位のエージェント・ウルトラは初見時はおっ、キャストも物語もアクションも中々捻ってるし全然あり、面白い!ってなったんですが、時間が経つにつれてどこら辺が面白かったのかがぼんやり、ぼんや~りと……。とはいえ決して無駄な作品だったとかは思わなくて、ふとした瞬間に見たくなる様な作品でした、49位オデッセイ。これは非常に作品自体の出来が良くて、メッセージ性も強いし役者も演出も隙無し、なんですが個人的にフックがかからず……。僕、リドスコは意地悪い方が好きみたいです。そういう意味じゃ48位のブリッジ・オブ・スパイもとても完成度が高いしスピルバーグさんのベルリンを再現してやるぜ!!という気概はこれ以上なく伝わってきたんだけど、個人的にはスル-っと抜けてしまった作品です。どちらもグッとくるし熱くなったシーンは多々あるんですが、それ以上にぶつかってくる物が欲しかったかもしれません。

 

47位、メカニック・ワールドミッションなんですがステイサムが 出てきて 殺す。以上。これ以上をやらないしやる気もない潔さ。素晴らしいと思います。46位のブラック・スキャンダルはキ実在のギャングスター、ホワイティ・バルジャーに扮した、ューピーちゃんみたいな頭に禿げ上がったジョニー・デップがショットガンで襲ってきたり、家庭のレシピで恫喝してきたりと中々愉快な作品なんですが思った以上に雰囲気が地味、ないしテンション突き上がる様なシーンもあまりないのが割と結構マイナスだったり。けど久々に真面目でかつ怖いジョニーさんを見たい人にはストライクではないかと。45位のレヴェナントなんですが、題材も動物の肉を殺ぎ、猟銃で銃撃しあう暴力シーンも、終始歯をガチガチ言わせてるディカプリオも好みでした。が、中盤のあからさまにタルコフスキーな幻想場面と、これ見よがしな長回し演出が興奮しかかった所にちょろちょろ水かけてくるのがホントに駄目でした……。同じ題材でフリードキンなら90分でもっと面白いのを見せてくれそう。だからルベツキさんはそろそろイニャトゥ離れしてもっと沢山の凶暴な監督と組んでほしいです。フェラーラとか。44位、クレヨンしんちゃん 夢のユメミーワールド。一見クレヨンしんちゃん版インセプションとかかな? と思われそうな題材ですが、これが実の所インセプション+特攻野郎Aチーム+パプリカという、とってもMADな作品でした。とはいえただ奇抜なだけでなく、子供にとって親とは、親にとって子供とは、を真摯に向き合い語りきる、とても道徳的で楽しい映画でした。ちょっと……というかお子さんにはかなり怖いシーンもあるけど、親子で是非見てほしい作品です。年齢層問わずね。

 

43位の蜜のあわれは、僕自身死ぬまでリスペクトな石井岳龍監督の文芸路線映画。老年の小説家を大杉漣さん、擬人化した金魚を二階堂ふみさんが演じ、世にも不思議な、それでいて胸が締め付けられる世にも不思議なラブストーリーです。一概に魅力を伝えるのが難しい作品ですが、とにかくコケティッシュに金魚を演じる二階堂さんに魅了され、狐に(金魚だけど)包まれましょう。ただ、石井監督の演出も相まってとても独特な作品ではあるので結構好き嫌いは分かれるかも……。42位、SCOOP!。これは僕の中では一種の成長物として面白かったです。捻ったシンデレラストーリーというか、自分の価値を見出せなかったお姫様が、凄く乱暴な王子様に無理やり白馬に乗せられて荒地を走らされる内に逞しくなって二本足で自立するみたいな。後半の展開には賛否両論ありますが、大根監督なりのやりたい放題はこういう方向性なんだなぁ,と興味深かったです。面白いかはともかく。41位のテラフォーマーズは思ったよりも悪くなかったのが逆にガッカリでした。というか三池監督、逆に真面目に作ってやろうってなっちゃったのがある意味最大の誤算だった気がしないでもないです何この文章

個人的に山Pさんにはこれからもガンガン人外路線を突き進んで欲しいですね。あっ、といっても香取君ルートだけには気をつけてね。

 

~落ち葉拾い~

エージェント・ウルトラ

 

コンビ二バイトでダラダラと生計を立てている、冴えない青年マイク。今日もダラダラ一日終わると思いきや、奇妙な女性が来店し……。という所から一気に壮大な話になる様でならない、不思議な味わいのバイオレンス・ダウナー・コメディ。某ボーンシリーズの裏返しの様な主人公、マイクの辿る数奇な運命に最初は笑いながらも、愛はどんな困難も越えられるのか?という普遍的なテーマから紡がれるまさかのラブストーリーに貴方は泣いて震えるか、首を捻って困惑する。お正月に肩の力を抜いて見たい必見の一本です。

 

40位~31位

 

40位 貞子VS伽椰子

39位 ボーダーライン

38位 BFG

37位 マジカルガール

36位 日本で一番悪い奴ら

35位 レジェンド 狂気の美学

34位 ディーパンの戦い

33位 キャプテンアメリカ シビル・ウォー

32位 ズートピア
31位 ポッピンQ


遂に40位にまで差し掛かりました。では40位の貞子VS伽椰子……なんですがこれ今年見た中で一番怖かったんですよ。いやマジ。もう僕伽椰子の声?鳴き声? みたいなのすら一秒でも聞きたくないですからね。とはいえ、こんなフレディVSジェイソンなみの無茶あるバトルカードを、ただの賑やかし企画ではなく双方の作品の特性を活かしつつちゃんとバトルムービーに昇華してた白石監督は本当に天才だと思います。怖いから二度は見れないけど……。
39位のボーダーラインもまた別ベクトルで恐ろしい作品でした。特筆するべき点は多々ありますが、一重に
超リアリズムな世界で尋常じゃない戦闘力を持つ男がどれだけヤバいのかを、その身一つで表現したベニチオさんには頭が上がりません。続編がどんな内容になるかが全然予想つきませんが楽しみですね。38位のBFGはスピルバーグ二本目。こちらは心優しい巨人と、無垢な少女の心の触れ合いというテーマ以上に、夢の在り方についての描写が素敵でもあり、胸を痛くしたり。とはいえもう少しタイトだったなぁ、とは無い物ねだりかも知れません。

 

37位、マジカルガールは魔法少女アニメをモチーフにしたサスペンスという、飛び道具っぽい題材をただ奇抜なだけでなく、ゾッとする程心抉ってくる作品に仕上げているのが流石でしたね、あの主題歌というか、劇中歌の春はSA・RA・RAは一度聞いたら二度と忘れないほど強烈でした。36位、日本で一番悪い奴ら。綾野さんは本当に頑張ってました。凶悪からの白石監督の油の乗った演出はとてもキレがあったんですが、その、思ったり悪くないな……と正直に思ってしまったり。あれでも十分エグいかもですが、個人的にもっと弾けて欲しかったです。

35位、レジェンド・狂気の美学。こちらもあのトム・ハーディが双子役、かつ実在し、イギリスを震え上がらせたギャングの双子、クレイ兄弟を演じるとあって見る前はそれこそ期待度MAXでした。けど、良くも悪くも非常に堅実でしたね……。どちらかといえば人間ドラマに焦点が当たっている作品なので、そこら辺を期待するといいかもしれません。あと、過去最高にエロいタロン君も必見。34位、ディーパンの戦いについて、僕はこの作品の監督の過去作、預言者が結構好きな作品だったので、これも結構期待値高めで挑みました。結果、面白かったは面白かったんですが、若干求めてたのと違ってたかなぁ……という印象。とはいえ、移民問題からまさかの展開へと繋がる凄さは、この監督にしか出来ないと思いました。

 

33位のキャプテン・アメリカ シビルウォーなんですがいや、ホント完成度高いしブラックパンサーもスパイダーマンも新規参戦とは思えない魅力溢れてましたし……けど、何となくですが個人的に不思議な位引っかかる感じが無かったんですよね……。とはいえこれでMCUも一旦区切り。次からのクロスオーバーにDr.ストレンジやガーディアンオブ~の面子が入ると思うとワクワクしてきますね!32位、ズートピア。いやもう僕なんかが文句付けようないじゃないですかね。差別意識という誰もが深刻になってしまう問題に、これほど娯楽性を持込つつしっかり答えを出す。ディズニーさんの娯楽職人っぷりにはそりゃ日本は勿論世界も降伏ですし幸福ですよ。たまたま僕にはちょっとだけ合わなかったですね、ハイ……。いや、あんまり映画見ない僕の母も褒めてたくらいなんで、そこら辺のターゲット層にはばっちりですよ、ハイ。

 

31位は自分でもまさかなんですが現在絶賛公開中のポッピンQです。これ、ホントどこら辺が面白かったかと言われると物凄く返答に困る作品ではあるんですよね。演出や話がとび抜けてる訳でもない、キャラが全員印象的な訳でもない、音楽が素晴らしい訳でもない……。それでも何となく、何かが残ってしまうんですよ。この作品。故に出来は全く褒められた作品ではないんですけど、そういう意味で色んな名作を押さえてこの位置です。だってしょうがないじゃん!残っちゃったんだから!

 

 

~落ち葉拾い~

レジェンド 狂気の美学

 

その明晰さと腕っぷしの強さ、そしてカリスマ性で長らくイギリスを支配してきた実在の双子のギャング、クレイ兄弟をあのトム・ハーディが演じきった一大マフィアストーリー。ダンディでカリスマ性溢れるトムハ、何しでかすか分からないいつものトムハ(眼鏡装備)、自分で自分を殴りまくるトムハ……と、とにかくトム・ハーディの演技サンプル詰め合わせセットと言っても過言じゃないくらい、ひたすら濃厚にトム・ハーディに浸れる作品。勿論、凶暴な弟を持ってしまった兄貴の深刻なホームドラマとしても楽しめる。今年の正月は家でトムハ御節でも如何でしょうか。

 

とうとう中盤の30位以降です。ここからはとても面白かった、けどちょっとだけ惜しかったなぁという作品を画像付きでコメントしていきます。

 

29位 溺れるナイフ

山戸監督の作品はこれが初見でしたが、とにかく物凄く独自性を突っ走る監督だなぁと最初から最後まで終始圧倒されっぱなしでした。今年の中でも最もお洒落なタイトルの出方から挿入歌の使い方までこ、こんな作家性見た事ないって感じで……。、コウちゃんだけに異常に神々しい菅田将暉さんの存在感、渇き。の頃のモンスターっぷりが嘘みたいに超恋する乙女な小松菜奈さん、出番少な目ながらも強烈な印象を残す上白石萌音さん、だけど何よりMVPは等身大のホントにお前いい奴だな……を全力で具現化させた 重岡大毅さんです。俺は忘れない、あのガラガラ声のオラこんな村いやだ……!

 

28位 女が眠る時

現在リバイバル上映中のスモーク等、数多の名作で知られる名匠、ウェイン・ワン監督が東映配給で撮りあげた、シュールなエロチックサスペンス。西島秀俊さん演ずるスランプ中の作家が垣間見る、何が真実で何が幻想か観客さえも憑りつかれてしまう、不可思議だけど胸に残る不思議な映画です。主演のビートたけしさんが記者会見でこれは売れないと思うと冗談めいた発言をしていましたが確かに正直……。でも個人的に、こういう作品は後々見た人たちの記憶にこびり付いてカルト化するんじゃないかと思います。するといいなぁ。

 

27位 ヒメアノ~ル

さんかく、ばしゃ馬さんとビッグマウス等、あらゆる意味で心を抉ってくる映画を幾多生み出し観客を瀕死にしてくれる吉田恵介監督が内に秘めていた凶暴性を遂に露わにしてしまった、最凶の青春映画。あまりにも哀しくあまりにも残忍な殺人鬼、森田をあのV6の森田剛さんが全身全霊で演じ、その対となる平々凡々からの脱出を望んでいた筈が血塗れの沼に突っ込む主人公を濱田岳さんが繊細に演じています。どこまでも陰鬱な筈なのに、ラストは何故か泣けてきます。麦茶は美味しいよなぁ……。

 

26位 何者

どうせリア充(みつる)が就活大変だけど恋に友情になんやかんや上手くいくんでしょ?とナーメテーターな僕を溶鉱炉にぶち込んできた、現代の若者が抱えている青春残酷物語。誰もが持っていて否定しえない承認要求と小さい意地っ張りと浮ついた見栄っ張りが原因となる、主人公の拓人君が巡る堂々の地獄巡りには誰もが多かれ少なかれハッとさせられて心当たりを探してしまったはず。僕ですか?拓人君に肩入れしすぎなくらいの長文書く位にはトラウマになりましたよ、ええ……。

 

25位 ドラゴン・ブレイド

引退宣言はとうの昔。いまだ元気にバリバリ現役なジャッキー・チェン師範のシルクロードを舞台にした壮大なスペクタクル超大作。ジョン・キューザックにエイドリアン・ブロディといった芸達者ないぶし銀を重要な役柄に配し、アクションもコメディも欝展開もカタルシスもやり過ぎなくらいにぶち込んだ、割と久々に万人に薦められる第一級ジャッキー映画です!キャプテンアメリカも驚く様な盾アクションも沢山見れるよ!盾戦車とか。

 

24位 リップヴァンウィンクルの花嫁

 

日本映画界屈指の叙情派、岩井俊二監督が現代に生きている女性を主題に、自分らしい生き方とは、自分自身の存在意義を求めてさ迷う、長尺なのに一気に見終えてしまうまごう事なき「女性」の映画。しかし、主人公の七海が抱え込んでいる悩みや怒り、そして救いを求めて歩き出す姿には男女も年齢層も関係なく、共感し涙する部分もあるはず。何者と合わせて見る時は是非、SNSを閉じてからじっくりとご覧ください。

 

23位 ヘイトフル・エイト

ジャンゴから続くタランティーノ西部劇は、まさかの雪小屋での一夜を舞台にした血みどろ推理劇だった!な、まるでタランティーノ自身がタランティーノをオマージュした様な疑心暗鬼と暴力が七転八倒しまくるどうしようもないレザボア共の心理戦。ヘイト、というタイトルが指し示しているのは、人種や性別も超越した、人間同士の腹一杯になるほどの剥き出しの殺し合い。次回作が果たして西部劇になるのかは分からないけど、ジャンゴにこれを通過したタラちゃんの新作が今からとっても楽しみ。

 

22位 GANTZ:O

あのGANTZがフル3DCGアニメ化という、大丈夫か?という前情報の不安を完璧に払拭する、超濃厚な正にGANTZとしか表現できない天晴れな作品。ガンアクションの次にチャンバラとおっぱいがあり、巨大メカと巨大宇宙人とのド付き合いとガンアクションとチャンバラの次におっぱいと、GANTZファンは勿論中学2年生的マインドの欠片が少しでもある人は確実に楽しめる。ポロリもあるよ!沢山あるよ!!

 

21位 イット・フォローズ



得体の知れない何かが迫ってくる。というのはホラーでは定番ですが、それを逆手にとって本当に正体の分からない訳がわからなすぎる何かが全裸で‘歩いて‘襲ってくる、新機軸の次世代ホラー。緩急の非常に見事な使い方、ひたすらエッジの効いている音楽の使い方と、
ポストジョン・カーペンターに収まるのはもしかしたらこの作品の監督かも?ドント・ブリーズと合わせて、今後の活躍も含め見逃せない一本です。

 

ついに次の後編では上位20作品&ワースト3です!

是非是非最後までお付き合いお願いします!

後編に続く!
 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

※今回の記事はスターウォーズ・ローグワンの重要なネタバレが含まれています。予めご了承ください。

 

梶原です。

今年ももう数日足らずになりましたが、皆さんもう新年に向かう準備は万端でしょうか。僕は煩悩が1080個位まだあるのでまだまだというか永遠2016年を抜け出そうにないです。冗談は置いておいて、今回は賛否両論合わせて話題沸騰なスターウォーズ・ローグワンについて自分なりに感じた事を徒然と書いていこうと思います。

合わせて、自分が贔屓しているキャラクター、チアルート・イムウェと演じられているドニー・イェンさんについての考察というか妄想をしてみようかと。故に劇中のネタバレをガッツリとしていきますのでご了承して頂けると幸いです。それではかなりの長文になりますが最後までお付き合い、宜しくお願いします。

 

まず、僕にとってローグ・ワンという映画がどう映ったのかを語らせてください。中盤、主人公のジンのパートナーであるキャシアンが、後に新たな仲間となるチアルートとベイズと共にソウの隠れ家で囚われてる時に牢屋から出ようとするシーンがあるじゃないですか。その時、キャシアンの姿を見、チアルートがこういう台詞を言うんですね。

 

「君の牢は目の前にある。己の内にだ」

 

ローグ・ワンという映画がどんな映画だったかというと、僕にとってはチアルートのこの台詞が正にそれだったと思っています。主人公のジンを始め、何かしらの牢や檻に嵌っている(か、いた)登場人物達が、デス・スターの設計図奪取という一つの目的の為に、例え一瞬でもその重荷を飛び越えていく、そんな物語だったなって。

 

まず主人公のジン・アーソ。彼女は目の前で母であるライラを撃ち殺され、父であるゲイレンと離れ離れになり、尚且つジン自身の台詞から想像の範疇ではありますが、育ちの親となる筈のソウからも、満足な愛情を経ずに育ってしまった、そんな気の毒な境遇の持ち主です。故にどこか世捨て人の様な、そんな荒んだ雰囲気を纏っているんですね。そんなジンのパートナーとなるキャシアン・アンドー、彼も彼で、6歳という幼少期からずっと戦地で生きてきており、そういった経験からそれとなく発言や考え方がシニカルでかつ感情を表に出さない、いわば食えない人物です

僕が推しているチアルート・イムウェも、常々フォースフォースと呟いていて、上記の発言前に念仏の如くフォースは我にありと連呼してたり、正直に言えば怖いレベルのフォース狂信……じゃなかった、筋金入りのフォース信仰者です。

過去には明確には触れられないものの、かなりの修羅場を潜ってきたであろうチアルートの相棒のベイズ・マルバスや元帝国所属のドロイドなK-250、そしてソウに捕まっていた、帝国より寝返る軍人、ボーディ・ルック、これら主要人物には、完全な潔白というか、いかにも立派だったり清らかさがなく、後ろ暗い過去や裏切り者といったダーティさが付き纏っていて、あくまで僕の勝手なイメージですが近寄りがたい人達なんですね。

故に、この6人(1人はドロイドだけど)はそれぞれ出自や経緯は違えど、それぞれが別ベクトルで生きてるのが凄く不器用そう、困難背負ってるなぁと僕はとても勝手ながら彼らを見ていて思ってしまいました。特に主人公のジンとパートナーのキャシアン。この二人は小さい時の出来事が現在まで足を引っ張っている気がして。それこそチアルートが言うと、牢に囚われている様に僕には見えました。

 

ジンは父、ゲイレンの遺言を胸に秘めて、帝国の秘蔵兵器であるデス・スターを破壊する為の設計図を奪取するというウルトラ困難な任務を遂行しようと立ち上がります。しかしそんな任務、とても彼女一人では成し得る事は出来ません。だからこそ、仲間がいる。信頼が置ける仲間が。そんな仲間集めの過程で、僕はジン含め生き方不器用な面々が、次第に打ち解けてきて、一つの目的を成す為に手を取り合い、一瞬でも仲間になり己の中の牢を超えていく。その過程にひたすら泣けて仕方なかったです。そして同時に、この映画に秘められている物語が、ジンという女性が本来の自分を取り戻すまでの話でもある事に気づきました。

 

とてつもない難関が立ち塞がり、母に次いで父までも失いながらも、毅然として前を向こうとするジン。そんなジンに、当初は距離を置いていたキャシアンも、それとなく仲間になっていたチアルートやベイズ、なし崩し的に加入したボーディも感化されていくのも熱かったです。そうして結成された6人、もといローグ・ワンには、強く輝かしいヒーローらしさだとか、憧れる様な格好良さは(あくまで僕は、ですが)感じられません。最後の最後まで、それこそ、どこか躓いてしまった連中が目的が同じだからと、自分達なりの使命に目覚めて戦っている。それだけなんです。

 

だが、それがいい。いいんです。

(この一文書いてるときの僕の顔つき)

 

ローグ・ワンという作品は、そんな自分自身の人生も器用に立ち回れない人達が、例え道中を超えた先に何があろうと、己の中の檻や枷をぶっ壊して、それでも自分の人生に価値があった、生きている意味があったと気付けた瞬間に最後を迎える、あまりにも刹那的な故に眩い。そんな作品なんですよ。

この映画の発端が、オリジナル4作目である、新たなる希望でのオープニングでの一文――――――――反乱軍スパイは帝国の究極兵器の秘密設計図を奪う事に成功する、という一文から成り立っているのは承知の通りです。もしも、もしもの話ですが、他の監督によっては主人公をもっと明るく、物語をもっとヒロイックに描けるかもしれません。そこをギャレスは登場人物達どころか物語さえも陰の濃い話にしてしまいました。なんたって全滅エンドですからね。スターウォーズの熱心なファンの皆さんがこの物語に対してどう反応を示すのか、もし僕がギャレス監督なら怖くて三日三晩、どころか半年は寝られないです。

 

だから僕からすると、あの壮大にも程がある大河ドラマの一片に、こんな陰惨で憂鬱なピースを刻んでしまう事を選んだギャレス監督の胆力に参った! となりました、し、ダース・ベイダーという人物の過去を描くという、エピソード1~3の様な人気キャラクターを前面に出している訳でもなく、本作の主要人物は(観客からしたら名前も存在も認識出来ますが)、新たなる希望に於いて反乱軍スパイは帝国の究極兵器の秘密設計図を奪う事に成功する、という一文でしか表されない人達の物語だと思うと余計に。

 

既に色々な方が触れられている事ではあるのですが、そういう意味でこの映画の最大の功績とは、あのスターウォーズに於ける代名詞とも言えるオープニングスクロールの間、あの流れていく一行一行の間には、敵味方問わず、各々の事情を抱えて戦い、守り、そして散っていった命があるというのを、僕達観客に抱かさせてくれる。そう想像せずにはいられない、一種の厚みを生み出した事じゃないかと勝手ながら感じてしまいます。

そう、ローグ・ワンのみならず、スカリフで戦っていた全ての反乱軍の奮闘が、それが例え一人一人微々たる力であっても、その力が積み重なっていき銀河を救ったのを僕達は確かに目撃したのです。そう考え出すと、僕はまた泣けてきてしまいます。彼らの生き様は歴史や記録には残らないかもしれない。けれど確かにそこで戦って、爪痕を残したんだなって。

 

この映画に対する批評意見の一つに、登場人物達の性格や行動に深みが無く、魅力に欠けるというのがあります。確かに最終決戦に向かうまでのジン達が結束していく様は結構性急な感じがありますし、もっと言えばキャシアンとジンの関係性が変化する過程に説得力は正直欠けているのは否定出来ません、だけど僕はその上で、ローグ・ワンのキャラクター描写には好意的な解釈をしています。しつこい位書いていますが、ジンを始めたローグワンの面々は。どことなく、目付きは悪いし、何考えているのか上手く読み取れないし、どことなく近寄りがたい(あくまで僕のイメージですよ)不器用な彼奴等です

 

そんな連中が、ゲイレンの意思を受け継いで、自分の使命を果たそうと奮起するジンに対しスカリフでの決戦前にする行動。チアルートは優しく触れてきたジンにたいしそっと微笑返し、ベイスは短い言葉でジンに発破をかけます。そして、キャシアンがジンに言う、この一言。

 

「私は独りぼっちだった」

「今は仲間だ」

 

もうこれで十分じゃないかなって、僕は思うんです、はい。分かりやすく親しげにお互いの境遇を話し合って慰め合ったり、厚く握手をし合わなくても、この人達にとっては例えあの一瞬だけだとしても、初めて心の底から仲間と言える絆を共有できた。その証明がこれらの演出だと、僕は思っています。

色々とグダグダウダウダした文章ですみません。最終的な結論を言わせて貰うと、僕にとってローグ・ワンという映画は、ジンを始めとした、どことなく生き方に躓いた人達に、貴方が生きてきた意味は確かにあった。あったし、貴方があそこで戦って、銀河を救った事を忘れないという優しい映画でした。

 

最後に、僕が偏愛しているチアルート・イムウェ、もといチアルートを演じられたアクションスター、ドニ-・イェンさんについて僕なりの妄想を書いて、この記事を終わります。もう少しだけお付き合いお願いします。

 

ドニー・イェンさんはこのローグワンが全く初めてのハリウッド進出ではなく、2002年にあの皆大好きパシフィック・リム等を手掛けた、かのギレルモ・デル・トロ監督のブレイド2なる作品に、アクションコーディネイターとして招かれた事があります。主演のウェズリー・スナイプスさんに格闘指導をするだけでなく、ギレルモ監督の計らいでスノウマンなる役柄も貰ったりと、一見大金星の様に思える処遇を受けました、が……。

(ブレイド2のスノウマンを演じるドニーさん。格好いいやろ。でもな、超脇役なん……)

 

スノウマン自身はドニーさんのチャームポイントな空中三段蹴りなどの見せ場もありながらも

(このシーン自体は最高なんだけどね)

サブキャラ以上の活躍が出来ず、かつ、自身のアクション演出が製作現場に上手く活かされない事に不満を感じ、以降ハリウッドに携らなくなります。(ギレルモ監督とどうこうあった訳ではありません。一応念のため)ここらへんのエピソードはかつてスタローンにエクスペンダブルズに誘われたけど丁重に断ったとかが顕著かも。

 

ブレイド2からはや14年。本当に久々のハリウッド作品、それも主要人物の一人としてドニーさんがチアルート・イムウェなる役柄でスタウォーズ・ローグワンに起用されました。それもただアクションを繰広げるだけの役ではなく、非常に強い、以上に思慮深く、戦い以上に信仰を愛するという、まるでドニーさんのキャリアを統括する様なキャラクターでもう何回泣いてんだって感じですが泣きますよこんなの。

 

チアルートの最後の瞬間を皆さんに思い出して頂きたいのですが、彼が死ぬ間際に行った行動は、トルーパー相手に大立ち回りでも、手強いライバルとの(まぁこれ自体は正直欲しい展開だったけど……)一騎打ちでもなく、反乱軍の艦隊を突入させる為に、決死の銃撃戦の中、反乱軍に情報を伝える為に通信塔のマスタースイッチを起動させる行動でした。

思い返せばチアルートはジン達を束縛しようとするトルーパー達に対して、「通してやれ」と一喝し、それでも邪魔してきたトルーパーを一網打尽にしていました。そして最後のこの、反乱軍を基地へと突入させようとする行動。どちらも直接的にしろ間接的にしろ、チアルートの行動は身を挺し、ジン達を守り導く行動でした。そう考えると、キャシアンに向けた言葉、「君の牢は目の前にある。己の内にだ」という台詞の趣きも変わって来ます。

 

そう、チアルート・イムウェ。彼は、ジン達にとって活路を見出してくれる、重大な導き手だったのです!

そんな偉大な役柄に何故ドニーさんが起用されたのか。ここから先もあくまで僕の妄想です。

 

ギャレス監督は恐らくイップマン三部作だけでなく、カンフー・ジャングルまで見られたんじゃないかと思えてならないのです。イップマンという、文武両道を極めながらも、人としての生き方を模索し続けた世界からリスペクトされる賢人を演じきった時点でドニーさんは人間国宝です。

しかし役者であるドニーさんはその数年後、あまりにも武術に秀ですぎるが故に、自らの力の有り様に苦悩しながらも悪の道に落ちた武人と戦う武道家という、複雑極まりない役をカンフージャングルで演じています。

これらのただ強かったり立派なだけでなく、清濁合わせて「力」を持つ人間の強さと弱さをしっかりと演じきれたドニーさんだからこそ、チアルート・イムウェをオファーされ、かつ演じられたのだと、僕ははっきりと断言します。

そして、僕はフォースを信仰し続けて行動を起こすチアルートの姿にハリウッドでの経験から折れる事無く、自分自身の可能性を信じ続けて俳優行を邁進し続けたドニーさんの姿が重なって涙腺崩壊しました。もう後半から涙でスクリーン見れなかったです。本当に本当にありがとうギャレス監督!

(今使わないでいつ使うんだ?な画像)

そしていつか、このチアルート、もといドニーさんに影響を受けた、まだ見ぬ若きアクションスターが、これからも続いていくであろう新たなるスターウォーズの世界に出られたとしたら、それはとても素晴らしいのではないでしょうか。チアルートと、彼を演じたドニーさんの存在こそが、新たなる希望だったのです!だったのです!

 

という所で、ギャレス監督及び全てのキャスト・スタッフさんに感謝しつつ、この記事を終わります。

こんな取り留めのない長文を最後まで読んで頂き大変ありがとうございました。

梶原でした。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

※今回の記事にはこの世界の片隅に。と野火の重要なネタバレが含まれます。

 予めご了承ください。

 

梶原です。

今年も一ヶ月と後少しになりました。忙しくなる時期ですが、皆さん風邪等引かれない様ご自愛くださいませ、

さて、今回の記事では今正に話題沸騰のこの世界の片隅に。

 

について書いてみようかと。恥ずかしながら原作はまだ未読(後々拝読します)なので、映画その物から感じ取った事柄を言葉に起こしてみます。そして原作について余裕があれば追記していければなぁ……と見通し曖昧ですが考えていたり。

 

それでですね、この作品、多面的といいますか、人によって感銘を受ける点が非常に異なるので良い意味でとても感想を書き辛い作品なんです。なのでちょっと特殊な感じで感想を綴ります。まずは客観的(多分)に作品の物語性・メッセージ性を僕なりに取り出してみます。そしてその中から特に僕の中で荷にに感動したのかを考察してみて、より作品の真価に近づけ……近づきたいなとちょっと及び腰ですが実施してみる所存です。さて、構成としてはまず

・物語としての、この世界の片隅に。 で物語性・メッセージ性に触れて

・僕の中での、この世界の片隅に。 で僕が一番感動した箇所に触れて

・自分なりのこの世界の片隅に。 にて、僕自身この映画は一体どんな作品だったのかを纏めてみようと思います。

最後は後書きに代えて、僕が個人的にグッと来た、映画ブロガーさん達のこの世界の片隅に。を取りあげたブログ記事をご紹介して記事を終わります。

それでは結構な長丁場になりますが、最期までお付き合いして頂けるととても嬉しいです。宜しくお願いします。

 

・物語としての、この世界の片隅に。

色々な方の意見を読んでおりますと、皆さん一概にこの作品に対してこれこれこうだ!という具体的な言葉を出しにくい、あるいは出したくないという感じで、僕も正直見終わってからは正に、でした。これは明確に表現すると、なんか違っちゃうな……って。

冒頭でこの作品を多面的と偉そうに書きましたが、実際この世界の片隅に。は、観客によっては強烈かつ後を引く反戦映画にも、不器用な男女同士がお互いを愛し合うまでの温かな恋愛映画にも、あるいは浦野すずという一人の女性の壮大な生き様を垣間見る人間ドラマにも感じられる、観客によって幾らでも印象が変わる万華鏡の様な作品なんです。それなら僕、梶原一郎はこの映画をどう捉えたか。じっくり考えて無理くり出した結論はこうでした。

 

この世界の片隅に。とは食の映画だなと。

生きていくという事は、食べていく事と表裏一体なんだというのが、僕がこの作品から強く感じ取ったメッセージでした。主人公のすずさんは劇中でこんな台詞を呟きます。

「使えるもの使って暮らし続けるのがうちらの戦いですけぇ」と。

そんな言葉を有限実行する様に、すずさんは培ってきた生活術を鮮やかに披露していきます。ご近所の刈谷さんからのアドバイスを元に、様々な食材を使い保存食を編み出したり、衣服を裁断して新たな着物を作ったり。時には楠木将の楠公飯に挑んでちょっと失敗しても、皆で笑って次の糧にしたり。

すずの行動だけでなく、すずが妹のすみとの会話で、海軍と付き合うと食券が貰えると機密事項を漏らしてしまったり、また、空爆によって海から引き上げられた魚の小ささを嘆く晴美に絵で書くと大きくなるとすずが冗談めいたり……。と、食に関する描写を一つ一つ挙げていくとキリがない位です。

この映画の根底に通じているのは、例え戦況下であろうと生活と食事は常に根強く紐付けされており、生きる事は食べる事という一種当たり前の事例がいかに尊いか、という価値観です。その価値観が如実に表れるのは特に終盤。炊き出しに並んだすずと経子は、占領軍の残飯雑炊という事で、乱雑どころかアルミ蓋なんて入ったスープを恐る恐る飲み、舌鼓を打ってしまいます。「うーうーうまぁ!」

この台詞から漂う不思議な哀愁と共感性に、僕は図らずもグッときてしまいました。その後、皆が卓を囲むシーンで径子が自炊のご飯を食べて「こっちは全然味がない」と呟くユーモアさも何故だか染みてしまって。これらのシーンを、この時代だから皆、食に貪欲だった、という意地悪な見方も出来なくはないです。

けれど僕にとってこれらの台詞からは、哀愁やユーモアなだけでなく、何としても生きねばという強い生命力を感じさせてくれました。この絶妙な塩梅といいますか、食事描写が悲痛な戦争描写と「乖離」させられるではなく、どちらも並行に、平等に入り混じって描かれる事が、作品の普遍性を深めている理由だと感じたんですね。どんな時代でも基本的にそれが大事だよっていう。

 

そしてこの様な作風が、劇中途方もない受難に苛まれ、その度に悩み、傷付きながらしっかりと立ち上がるすずさんの姿その物と重なるんです。どれだけ大事な物を失っても、寄り添える居場所があるなら生き続ける事を選んだすずさんは、今の居場所を守る為に変わらぬ日常を送り続けます。野菜を切り、白米を炊き、ご飯を作る。それこそ、最初に書いた”使える物は使い、生活し続ける”ことこそが、すずさん、いえ、あの時代に生きる人達にとっての最大の戦いなんです。そう考えると些か早計かもしれませんが、僕にとってこの世界の片隅に。は紛れもなく食の映画でした。日常とはイコール食なのだなと。

 

ついでにもう一つ。僕がこう思うに達した理由がありまして。数多の優れたドキュメンタリー映画を作られてきた映画監督、松江哲明さんは、本作を独創的な作家性で知られる巨匠、塚本晋也監督が去年、自主制作で撮られて話題になった野火と絡めて評されていました。

 

野火もこの世界の片隅に。と同じく戦争をテーマの一つにしている作品なのですが、これもまた全く違うベクトルで食の映画でもあるんですね。

 

塚本監督自身が演じる主人公、田村が人間性を奪われる異常な戦況下の中で、死の淵に立っている上司から「腹減ったら俺のはらわた食っていいぞ」と笑いながら言われたり、凄まじい空腹の中で、人を食べるという行為だけは選ばんとする田村が草花に私を食べてという不気味な幻覚を魅せられたり。また、銃撃によって抉らされた自らの肩肉を躊躇泣く頬張ったりと……。書いているだけでグッタリとしてきますが、野火という映画は食という行為に関して、ひたすら潜在的な恐怖感を以って描ききっているんです。ただ怖がらせるだけでなく、田村という主人公の目線を通して、人間の尊厳を守って死ぬか、それとも他人の肉(広義的な意味で)を食らってでも生きるか、という究極の二択を観客に容赦なく突きつける作品になっています。

 

極端に作風が違う様に思えるこの二作ですが、いわばこの世界の片隅にと野火は、食に関してのスタンスが、ネガとポジの関係に当たるんじゃないかなと勝手に思っています。またラストについて、前者はすずさんを中心に、新たな家族を招いての温かな食卓を匂わせて終わりますが、野火は生きのびた田村が一人、書斎で食事をしている風景で終わります。この時の田村の異様に強調される咀嚼音が、より食という行為の底知れなさを浮き彫りにしていました。ここらへんの対比も記憶に残りますね。分かり易く比較してみると……。

 

・一先ずどんなに苦しくても、ご飯を食べて、前を向いて歩いていこうというのがこの世界の片隅に。

・死にたくなければ食え。そして、食って生きている事がどういう事か噛み締めろというのが野火。

 

だったなと両作を思い浮かべ、勝手に僕の中で結論付けてます。勿論どちらも優劣関係なく、評価されてほしい素晴らしい作品というのを前提に。そして改めて、この世界の片隅に。色々な意味をひっくるめて、『当たり前』の大切さを上からでも下からでもなく、すずと一緒に肩を並べて教えてくれる映画なのです。

 

そして僕がそんなこの世界の片隅に。で最も感動した理由についてお話します。

 

・僕の中での、この世界の片隅に。

僕がこの映画で思わず泣いてしまった、というか真剣にスクリーンを直視出来なくなる位号泣してしまった場面。

それは、不発弾が実は時限爆弾として生きていたせいで自らの右手と共に、一緒に手を繋いでいた晴美を失ったすずさん。少しづつ立ち直っていく中で皆で食卓を囲んでいる際、径子がふと「空襲来ないから魚も浮かないねぇ」と呟いた時、すずさんが魚の絵と共に晴美を思いだすと、誰かの手で頭を撫でられた瞬間です。

僕はこのシーン以降、頭の中で笑顔で魚の絵を描いている晴美がずっと瞼に浮かんできて、尚且つそんな晴美といた過去の記憶を、思い出を背負い生きていくすずさんにも涙腺決壊してしまい、スクリーンをまともに見れなくなってしまいました。もう、本当に辛くて辛くて。

 

どうしてこんなに辛いのに泣けてしまうのかって、僕にはこの誰かの手に撫でられるすずさんが、目の前で失った晴美や、脳味噌、いえ、石ころ一つで帰ってきた鬼ィちゃん、どこかにいってしまったリンさんや再会する事無く空の昇っててしまった両親、何より今まですずさんがその失った右手で一生懸命大事に描いてきた8歳から現在まで綴ってきた絵という、記憶もとい「思い出」にもう、無理しなくていいんだよと優しく赦してもらえたに見えたからです。

 

あの時限爆弾が吹き飛ばされてしまった物。それは右手と晴美という存在だけでなく、すずさんにとって何か印象に残った事、大切にしておきたい事、記憶に留めて置きたい事を形にする為の術その物なのです。それはある種すずにとっては、これからどうやってそういう事を形にしていこうか、という生きていく中での楽しみを奪われたと同様で。

代わりに背負わされたのが、自分のせいで晴美が死んでしまった。あの時なんで私はこうしなかったのか、どうして私が生き残り、まだ生きなければならなかったあの子が死んでしまったのか、という自責の念を背負わされてしまったんですよ。それこそ描写の一環として、無くなった右手を眺めて月日を反芻するすずさんが、6月は晴美ちゃんの手を握った右手、5月は周作さんの寝顔を描いた右手、4月は……とあのはつらつとした姿が嘘のように鬱々とならざるおえない程に。けれどこんな残酷な仕打ち、すずじゃなくてもどんな人だって自暴自棄になりますし、僕だったらとてもじゃないけど耐えられません。

 

それでも、すずさんは前を向いて生きる事を選びました。ここが自分の居場所だと、北条家に落ちて来た焼夷弾を、布団と水で必死に掻き消そうと足掻くまでに。そうして、径子からのすずさんの居場所はここでもいいしあっちでもいい。あんたの居場所はあんたで決めればいいからの、「思い出」からの赦しは、僕には例え比喩表現だとしても、どうしようもなく震えてしまい、そして思わず拳を握り心の中で叫びました。すずさん、生きて。頑張って、生きてと。

 

少し話がズレますが、僕にとって2016年の映画は全てではないにせよ、こんな風に思い出がキーとなる映画が根強く記憶に残っています。娘との思い出を悪用する邪悪に、思い出は逃げ込む場所じゃないと突っぱねるスーサイドスクワッド、ボタンのかけ違いから不幸な思い出に囚われた二人の少年少女が、互いに支え合うことを選び、過去も抱えながら未来に歩き出す聲の形、そして何より僕にとっては、隕石落下によって思い出その物を消された少女を時間を遡り少年が救いにいく、紛れもないヒーロー映画(昔こういう記事を書いたんで宜しければ……)君の名は。……と、どれも記憶に纏わる作品群でした。そしてこの、この世界の片隅に。どれもこの先ずっと忘れがたい作品となるのは間違いないのですが、僕はきっと年を重ねていく中でも、あの手の事はきっと忘れないと思います。僕もいつか、あの手に撫でられる日が来る気がするので。

 

本当にここまで長々とすみません。それでは次の項で纏めに入りましょう。

 

・自分なりのこの世界の片隅に。

物語としては、で僕はこの作品を食の映画と書き、その中でも特に記憶、思い出の描かれ方に打ちのめされたと書いてきました。では最終的に僕がこの世界の片隅に。はどんな映画?と聞かれたとしたら、こう答えます。

この作品はフォレスト・ガンプやベンジャミンバトンの様な、ある一人の誰かの人生をギュッと凝縮して描いた映画だよ、と。この映画の中で描かれるすずさんの人生はあくまで一部分、8差から21歳までの記録ですが、その後のすずさんがどう生きていくのかを、観客である僕らに思わず想像させてくれる様な濃密さに溢れており、尚且つ、すずさんから「私もこれから頑張って生きてるけぇ。あんたはどう?」と聞かれてる様な、そんな不思議な優しさに満ちていました。故に僕はこれは安直な表現になってしまいますが、挙げた二作に並ぶ様な、立派な人間ドラマだと思うんです。まごう事無く。だからこそ、見る人によって感想が変わる。だって、戦争映画も恋愛映画も人間その物が大きく関わってるから。

冒頭の繰り返しになりますが、この映画は非常に多面的な要素が多く、人によって受け取り方がまるで違ってくるのが最大の長所じゃないかなと。なのでこの映画を見た皆さん自身が率直に感じた事を大切にすれば、それでいいと思います。なんか投げやりみたいな文章ですが、そういう映画なんですよ……。それとやはり原作も読まないとですね、はい。

 

・最後に

既にネットでは様々な素晴らしい感想が挙げられている本作ですが、その中でも僕が特にこれは!と思った方々の感想をご紹介致します。是非リンクから飛んでみて、皆さんの感想を読みながら貴方自身のこの世界の片隅に。についての見解を深めてみてはいかがでしょうか。

しのさん 

映画『この世界の片隅に』感想 〜誰かが誰かの居場所になること【ネタバレ】

公開されてすぐに投稿された最速の、かつ作品の肝を非常に的確に捉えた、しのさんによる凄まじく完成度の高いレビュー。個人的にタイトルの解釈をこうも綺麗に……!と読みながらいいねが止まりませんでした。

ヒナタカさん 

映画『この世界の片隅に』描かなかったことの大切さ(ネタバレなし感想+ネタバレレビュー)

分かりやすい表現と高い共感性で知られる映画ブロガー、ヒナタカさんによる一字一文なるほどと膝を打つレビュー。また、映画と原作で媒体が変化してもテーマ性がブレない事を指滴してるのが流石です。マジで原作読まなきゃ。

ぬまがささん 

『この世界の片隅に』紹介マンガ

動物関係から映画まで、多岐に渡るユーモラスかつ可愛いイラストに定評があるぬまがささんによるイラストレビュー。未見な人には確実に興味をそそり、一度見た人なら思わず二度、三度見たくなる素晴らしいレビューです。

はまりーさん

この世界の片隅に

映画の感想の詩的さ、文学性に自分が尊敬しているフォロワーさん、はまりーさんの実体験を交えたレビュー。

ラストの文章ははまりーさんでしか書けない文章だと僕は真剣に思っています。

 

この四人の方のレビューも勿論、検索すればグッと来るレビューは多々あるので是非是非検索してみてください。きっと作品への理解度がどんどん深まります。

最後に、んな素晴らしい作品を世に生み出してくれた原作者であるこうの史代さん、そんな原作を大変な状況下の中でも、しっかりと映画へと漕ぎつけた片淵須直監督。そしてすずさんに命を吹き込んでくれたのんさん、もとい能年玲奈さん、全てのキャスト・スタッフ、クラウドファンティングで協力した皆さん全てに、感謝を。

こんな長々とした文章を最後まで記事を読んで頂き、大変ありがとうございました。

 

梶原でした。

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

※今回の記事には様々な作品の一部分、あるいは終盤の重大なネタバレが含まれております。予めご了承ください。

 

梶原です。

はい、早速前置きなしにじゃんじゃか発表していきましょう!

一応もしこちらの記事を先に閲覧してしまっている読者の方、簡潔に説明しますと

人が窓ガラスを割りながら落ちてくるシーンをランキングに纏めている記事です!!宜しければ前編のリンクを張っておりますのでお時間がありましたらそちらも宜しくです!では前編から引き続いて6位の発表です!

割りまくりの前編

6位:脱出!盾穴式着地割り!

キャプテン・アメリカ ウインターソルジャー

激熱度:★★★☆☆

激痛度:★★★★

さて、急にメジャータイトルが名を挙げました、皆大体好きなのではないでしょうか、キャプテン・アメリカウインターソルジャーから抜粋してみます。全編通してアクションの玉手箱の様な作品ですが、ここで取上げたいのはやはり中盤のエレベーターアクションです。1vsいっぱいの屈強な軍人達を拳一つでダウンさせまくるキャップの益荒男っぷりも素晴らしいこのアクションですが、皆さんに見て頂きたいのはこの後。

迫る追っ手を振り切る為にエレベーターを作動させて別の階に移動しようとするキャップ。

しかし時すでに遅し。先手が打たれてりやはり待ち伏せされていました。

万事休すのキャップ。さてどうするかというと当然

強化ガラスを盾で破壊し躊躇する事無くアイキャンフライですよ!すごい!

キャップの盾を使う戦闘方法は、基本的な守る・殴るだけでなくブーメランの様に投げて遠距離攻撃したり、アイアンマンのビームを反射させる為の中継地点にしたりと、もはや盾アクションの教科書みたいな豊富さを誇りますが、こんな風に窓ガラスを破壊してクッション代わりにする様な人はキャップが人類史上初なのではないでしょうか。

ぶっちゃけ着地時に相当なダメージを受けてはいるけど、あのキャップでさえ疑心暗鬼になって心が弱ると肉体も弱るんですよ。そういう意味でキャップに親近感が沸く名シーンでした。

 

5位:応報!悪徳社畜断罪割り! 

ある会社員

激熱度:★★★★★(ある意味)

激痛度:★★★☆☆

とうとう折り返しの5位です。

激痛映画の総本山、韓国より個人的に一押しのある会社員を。この作品、物語が中々辛くて新卒で入った会社が裏で殺人業を営んでいて、気づいたらそんな会社にズッポリ浜って抜け出せなくなっていた上に、諸々あって会社から殺されそうでござるという色んな意味で洒落にならない作品となっています。

とにかく会社を辞めたくて辞めたくて仕方のない主人公、ヒョンドは自分の人生を滅茶苦茶にした会社に、最終的にはぶち切れ金剛阿修羅モードで殴り込み部下同僚上司をこの世からリストラしまくるのですが最終的に殺すリストに載っているのは、ひたすらヒョンドをねちっこくイジメていた直属の上司、クォン理事。

ヒョンドにより壊滅状態の中でも、ヤケクソ気味に煽るクォン理事。

このどうしようもない根性の悪さには最早口はいらねえ!とばかりに全力で手を出すヒョンド。

阿修羅です。

怒りが天元突破に達したヒョンドは、この期に及んで向かってくるクォン理事を

左遷させました。地獄に。

若干好意的な見方をすればクォン理事もクォン理事で会社の犠牲者なんですが、劇中ではそんな酌量減軽もいらねえって位イヤな上司だったので、このシーンは本当にスッキリします。ある意味見る人によってはリアルを重ねて非常に燃え上がるシーンになるかと思います。僕は前職の上司がまんまクォン理事みたいな輩だったんで燃えに燃えました。

会社勤めがしんどいというそこの貴方ある会社員、真面目にお勧めです。いい薬です。

 

4位:悲痛!驚天意表まさかの死割り!

SPL 狼よ静かに死ね

激熱度:☆☆☆☆

激痛度:★★★★★

遂に4位ですね。ここで最も激痛度が高い作品を紹介します。覚悟してください。

あのスターウォーズのスピンオフ作品、ローグワンでのメイン参戦で名実ともに銀河最強になってきたアジアが誇る超アクションスター、ドニー・イェンさん。そんなドニーさんの一大出世作にして、未だに香港アクション映画史に名を刻んでいる名作、それがSPL 狼よ静かに死ねなのですが、そんな作品でドニーさんが窓ガラス壊しながら落下するシーンと聞いて皆さんはどんなシーンを思い浮かべるでしょうか?派手にガラス窓を破壊しつつ落ちながら戦うドニーさんとか、窓ガラスが豪雨の様に降り注ぐ中戦うドニーさとか想像するのではないでしょうか。

 

これがですね……。

 

あのサモ・ハン・キンポーさん演ずるラスボス、ポーとの長い激闘を終えて、一息置くドニーさんもとい主人公のマー。本当に冗談抜きで熾烈な死闘だったので、ここでマーも視聴者もこれで終わりかと思った矢先。

ところがどっこい、ポーは生きていた!

最後のプライドをかけてマーをガラスへと押し付けながら殺そうとするポー。意表を突かれた事とダメージが蓄積していたせいか、なすすべなく抵抗できないマー。やがてガラスが割れ、マーはそのまま落下し……。

不幸な事に、丁度真下に駐車していた自動車へと衝突。

マーは勿論、車中にいた女性とその子供も帰らぬ人となりました……・。

 

この車内にいた女性とお子さんはあろうことかポーの奥さんとその子供。因果応報と呼ぶには、マーの死も含めてあまりにもやるせなさすぎる結末です。この映画、SPL 狼よ静かに死ねはタイトルが示す様に暴力に暴力で抗う世界でしか生きていかれない男達の映画です。しかし、その意味を知るには、あまりにも重い窓ガラス落下シーンでした。

というかこれだけ他の作品と空気が違い過ぎてごめんなさい。でもどうしても挙げたくて……。

 

少ししんみりしてしまった所で、遂に残り3位から1位の発表です!

 

3位:参上!兄弟同時突入割り!

処刑人Ⅱ

激熱度:★★★★★★★

激痛度:☆☆☆☆☆

3位は溢れ出て止まらない中二マインドボンクラからお姉さんまで魅了した、カルト双子アクション傑作映画、処刑人の続編からです。全編通して監督、トロイ・ダフィーさんのこういうのって格好良いだろう?(ドヤアァだけで成形されて(いい意味で)いる本作ですが、その格好良さが大爆発するのがこの場面。

 

終盤、父、ノアと共に黒幕の本拠地に乗り込むマクマナス兄弟。父と黒幕、コンセイシオが過去を巡る問答をした末に、遂に決着をつける為のドンパチが始まります。その瞬間を待っていたんだ!とばかりに高所で待機していた兄弟の影が二つ!

その影は屋根の窓ガラスへと吸い込まれる様に落ちていき……!

 

そして!

 

見ろよ!スーパーヒーロー着地!スーパーヒーロー着地だ!!

 

どこかの赤い変態が煽ってますが、マジで男ならこんな風に派手に敵地に乗り込みたいよな!!という本作の監督、トロイ・ダフィーさんの満面の笑みが浮かんでくる様なこの世で最も格好いいガラス割り落下シーンでした。処刑人3、ずっと待ってるからねダフィー。

 

2位:伝説!物理的解雇通知割り!

ロボコップ

激熱度:測定不能

激痛度:★★☆☆☆

この企画を立ち上げるに関してこれはやっぱり外せません、

SF映画においても暴力映画において欠かせない傑作、ロボコップより多分誰もが一番即座に浮かぶガラス窓落下シーンなのではないでしょうか。改めてこの名シーンを振り返ってみましょう。

 

諸々企み、巨大企業オムニ社を手中に納めようと悪事を働いたジョーンズ保安担当。しかしロボコップの奮闘により、その悪事が暴かれてしまいました。ヤケになり、社長のオールドマンを人質にとります。

当然ロボコップは即射殺しようとしますが、プログラミングの仕様によってジョーンズを撃つ事が出来ません。万事休すかと思われた矢先。オールドマンは機転を利かせてその場でジョーンズを解雇し、彼を『撃てる』対象にしました。そう、アレです。

ジョーンズ!お前はクビだああああ!

です。瞬間、ジョーンズを撃てる対象へと認識したロボコップはありったけの弾丸をジョーンズにぶっこみ。

アワレなジョーンズは断末魔と共にビルの谷間に落ちていきました。悪徳上司、ここに死す!

はースッキリした。ここまで見ていてスッキリする窓ガラス落下シーンも他にないかもしれません。

それにしてもある会社員にしろ、悪い上司が派手に死ぬシーンってて何でこんなに心を打つんでしょうか。俺もこんな事した……いえ、何でもないです。

 

さぁて、次はとうとう、いよいよの第1位の発表です。

それでは栄えある窓ガラス割りながら落下映画、第一位は……!

 

1位:衝撃!切味最強割り!

   シャーキーズ・マシン

 

おめでとうございます!1位はあのシャーキーズ・マシンです!!

 

えっ、何このタイトル?と思われる方も少なくないと思いますので簡単に説明します。

かつて、アクションスターとして世間を賑わせた名優。バート・レイノルズさん。そんなレイノルズさんが自ら監督を務めたのが本作で、リアリティあふれる刑事ドラマと、今見ても強烈な暴力描写は、後々数多のポリスアクション映画に影響を与えていたりいなかったり。そんな作品でどこがロボコップ以上に衝撃だったのかというと……。

 

いきなりラストのシーンになっていまいますが、主人公のシャーキーが、宿敵となる殺し屋、ビリーとようやく対峙します。シャーキーに、お前にだけは殺されないと自ら死のうとするビリー。

勝ち逃げさせるか死ねぇ!とばかりにビリーに銃撃するシャーキー。

憤怒の弾丸を食らいながらビリーはエラい体勢で背後に窓ガラスに衝突して、そのまま物凄い落ち方をして、凄惨な戦いにようやく幕が下りるのでした。

 

さて、皆さんに唐突ですがちょっとクイズを出します。

 

ビリーの落下後、次はどんなシーンになると思いますか?ちょっと考えてみてください。

1番 長い戦いが終わり、同僚達と歓談するシャーキー

2番 混乱する現場の中、救急車に運ばれているシャーキーと、彼と話す上司

3番 家族と束の間の平穏を過ごすシャーキー

 

では正解を発表しましょう。

はい、即スタッフロールです。いやぁ、凄い。

 

一応事件の被害者である女性とブランコで戯れるシャーキーという映像がスタッフロールの後ろに流れていますが、マジで一切の会話シーンも日常シーンもしないでスパッとスタッフロールが流れて来ます。マジです。

多分画像だけだとそれって普通じゃね?と思われそうですが、僕ここまでスパッと切味鋭く終わる映画も初めて見ました。こう、余韻一切与えずっていう。

この衝撃は是非一度皆さんの目で確かめてください。多分落ち知っていてもビックリしますよ。保障します。

 

 

※※※

 

という訳で駆け足で紹介して来ましたが、如何でしたでしょうか。

奇妙なコンセプトで立ち上げた企画ではありますが、格好いい物から凄惨な物まで割とバラエティ豊富に揃えられたのではないか、と我ながらほくそ笑んでいます。

どれも窓ガラス割り関係なく良い作品ばかりなので、是非見ていただけると嬉しいです。

それではこんな長い記事を最後まで読んで頂大変ありがとうございました。

梶原でした。では、仕事して来ます……。

(出社時のぼくの精神状態)

 

おしまい。

 

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。