1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
2017-01-12 13:15:26

心の針

テーマ:ブログ

前回の問題。


私(本井)にとって、
《どんな時が喜び》なのかを当ててください。


…でしたね?


本当にたくさんのご応募ありがとうございました。


皆さん僕のことをイメージしながら、
本井ならこう言うに違いない…とか、
こうかも?…とあれこれ考えて下さったかと思います。


念は必ず伝わりますから、
あれから念波がビシバシ突き刺さってハリネズミ状態(笑)。


まさに一念三千…

しかも、僕の喜ぶ姿を思い浮かべながら。

 

実はこれが、

みんなが幸せになる『喜びの感情移入』のやり方なんです。


人の幸せや喜ぶ姿を思い浮かべる事ですね。


すると、
与えられた人は喜びがもらえるんです。


だから僕は喜んで幸せになれるんです(笑)。


でも喜びを与えた皆さんは、
与えたからと言って、
皆さんの中の「喜び事」が減る訳ではありません。


勿論お金などの物質は、
使ったり人に上げたりすると減ります。


けれども、
喜びや愛や希望や優しさなどの目に見えないものは、
人に上げたからと言って、
決して減らないようにできているんですね。


むしろ自分の中で喜び事が増幅するんです。


人に喜びを与えた人は、
自分の喜び事が増える法則があるんですね。


当選しなくても(笑)。


この言葉が、
命水のラベルの裏にも書いてあります。


喜べば
喜び事が喜んで
喜び集めて
喜びに来る


自分の周りの人が、
喜んでいる姿をいつも思い浮かべられる人、
自分や人の笑顔を思い浮かべられる人、
人がニコニコしていて、
常に喜び一杯の顔を浮かべることができる人…。


こういった人に不幸な人はいません。

 

病気にもなりません。


それはなぜかと言うと、
自分も一緒に喜んで笑顔でなければ、
イメージとして浮かばないからです。

 

怒りながら笑える人は、

せいぜい竹中直人さんくらいです(笑)。


人の喜びをイメージできる人は、

心の針が上を向いている証です。


でももし誰かが僕を恨んでいて、
僕の不幸をイメージしたとします。


これも一念三千で念は伝わりますが、
でも常に僕が喜びの波動を発散していれば、
それは自ずと恨みを思った人に跳ね返って行きます。

その念は鏡のように跳ね返り、
僕が一切受けることなく、

結局自分に増幅して戻って来るんです。

 

一時の流行語、
「倍返し」かもですね(笑)。

 

※贈り物を受け取らない時は、

その贈り物は誰のもの?


だから決して今回、
当選しなかったからと言って僕を恨んではいけません(笑)。


でももし僕が、
常に心の針が下を向いていて、
いつも不満だったり怒っていたり人を恨んでいたりしていた場合は、
僕はその恨んでいる人の念を受けてしまいます。


すると僕は不幸になり、
恨んだ相手も不幸になります。


人を呪わば穴二つ…とは、
そういう意味なんですね。


ですから、
もし僕の心の針が上を向いていて、
誰かが僕を恨んで心の針が下を向いていたとすると、
そこには念の世界では「すれ違い」が起きます。


ですから良くない波動を受けることはありません。


でもどちらかの心の針が斜めに接近していた場合は、
どこかで交差します。


両極の遠ざかる思いであれば、
決して未来において交差することはなく、
その人との縁が切れることになります。


でも交差した場合、
必ずどちらかの念の影響を受けます。


お互いが上に向く心の針になれば、
お互いの関係はどんどん良くなりますが、
どちらかが下に向く心の針に影響を受けたら、
それに引きづられてお互いが下に下がって行きます。


よってまた、
人を呪わば穴二つになって、
道連れで下に引っ張られるんですね。


じつはこれが、
憑依現象であり、
地獄界の手口でもあるんです。


闘争と破壊と不幸…、
国同士ならば戦争を生みます。


イエスの説いた、
「右の頬を打たれたら…」は、
まさに闘争と破壊の連鎖を断ち切る方法だったんですね。


なかなかできるものではありませんが。


ですから結論は、
なるべくいつも喜びと笑顔で満たされていること。


※実は、
僕もできない事を言ってます(笑)。


でも目に見えない愛と反省と感謝は、
唯一、
彼らの良くない波動を受けない方法でもあるんですね。


なぜなら、
恨みや怒りや嫉妬で一杯の彼らには、
人の喜ぶことも愛を与えることも反省もできず、
既に神から頂いている感謝も見つけられないから、
ものすごく「愛・反省・感謝」を持っている人は苦手なんですね(笑)。


「私は何も悪くない、
こうなったのは全部人のせいだ…」も、
彼らに引っ張られる『自分さえ良ければ』の思いですから、
自分に不幸の連鎖を招くことになります。


いつも不満を抱えていたり、

人に頼ってばかりいる人も同じです。


僕は頼ってばかりいる人の事を、
自分の足がないので「おんぶお化け」と呼んでます(笑)。


肉体を持たない不満だらけの憑依霊の特徴です。


自らの努力や自力を大切にしていると同時に、
いつも喜びと感謝で満たされている人には、
絶対に悪霊も不運も近寄って来ませんから、
良くない波動の影響を受けることなく、
もっともっと喜び溢れた人生になります。


だから僕はいつも社員に感謝しつつ、
なるたけ 無理して 厳しく接しています(笑)。


実は、
会社が31年以上も倒産せずに生き残っているのは、
この作用を多少なりとも心掛けているからだと思ってます。


僕なんかよりも頭が良くて、
財産も持っていて、
ずば抜けた能力もあり、
人脈もあり、
人から好かれる社長は大勢います。


しかもスマートで禿げてもいない経営者は、
それこそウジャウジャいます(笑)。


でも銀行の話では、
創業者で30年継続できる会社は、
現実的に0.02%…つまり5,000社中1社だけだそうです。


世界の大富豪も実は、
この目に見えない波動の法則を大事にしている人が多いのですね。


「運」もその目に見えない大きな一つです。


前回のブログ「苦楽の数」でも話したように、
物事の《考え方》や捉え方も目に見えないもので、
人生の幸と不幸をはっきりと分けてしまう重要なことです。


たまたま成功して、
大富豪になったなんて事はあり得ない話なのですね。

 

 

さて、話がどんどん膨らんできて、
当選者の発表が遅くなりました(笑)。


当選者10名の方は下記となります。


おめでとうございます!


「audrey」さん/「piccola」さん/「tanpopo3741」さん/「諒と悠のママ」さん/
「nekotekiucyujin」さん/*みぃたま?(ミ・?・ミ)?さん/「ミルキーウェイ」さん/
「soe」さん/「tidariana28」さん/「happygreen」さん
…以上10名        


そして更に、
今回とても良いコメントをして頂いた方、
下記4名の方も《特別賞》として当選者の中に入れます。


《特別賞1》「ahiru」さん


140 ■明けましておめでとうございます。
今回のブログを読んで、我が父の言葉を想いました。
現在84歳の父ですが、

今から4年前の80歳の時にたまたま訪ねてきた知人に、
『80年も生きてきたけど、良い事なんて何も無かった…』 
と話していたのを私は聞いてしまい、

父が少しでも楽しくなるようにとゴルフに誘いました。
ゴルフは10年ぶりと言いながらも喜んでくれて、

4回ほどゴルフに行った直後に病気が見つかりました。
その後手術もしましたが、

命水と巡り逢い、お陰様で現在はとても健康で過ごしています。
そして先日、父から『色々苦労したけど、イイ人生だよ』という言葉が聴けました。
私達親子は病気によって気づきを戴き、学ぶ事ができ、現在の幸せに繋がりました。
また命水とのご縁を戴けましたことも、感謝です。
問題の答えですが、

ブログの中で  『新しい年が迎えられた喜び』と仰っていますね。
でも………
『社長セミナーでウケた時』  、『奥様の機嫌が良かった時』じゃないかな?と思いました。
今年もどうぞ宜しくお願い致しますm(._.)m 
ahiru 2017-01-05 22:18:52 

 


《特別賞2》「ふわり」さん


169 ■明けましておめでとうございます
いつもありがとうございます(^^) 
本井社長やJESさんの、

命水のおかげで以前よりどこか安定した幸せを日々感じられて、

生きてることにささやかな喜びを感じられているように思います。
今回のブログを読み終わった直後、

小さな子どもがひ◯◯んのカレンダーの表紙の絵を見て読み上げました。
「あなたに会えてよカッパよカッパ」と(^-^)  。。
答え:あなたに会えて良かった にします。
ふわり 2017-01-06 07:14:48

 

 

《特別賞3》「miho」さん


193 ■お年玉クイズ♪
昨年は希望の命水と出会えたことで健康を頂き、

電磁波過敏症だったことにも氣付くことができました。
おかげさまで、やっと、やっと!人並みの生活が送れるようになりました。
ありがとうございます!
私にとって命水とのご縁は「運命の出会い」と言えるのではないかと。
ということで、

答えは「命水で皆が健康で幸せになること」かしら・・・。
あれ?ちょっと長いな( ̄△ ̄;) 
また一年、命水さんやサポセンの皆さんにはお世話になります!   
本井社長にもお会いできたら良いなぁ~♪
本年もどうぞよろしくお願い致します。
miho 2017-01-06 15:24:19 

 

 

《特別賞4》「和」さん


236 ■喜び
明けましておめでとうございます。
私の一番の喜びは、

家族が元気で楽しく幸せに過ごさせて頂けてる事です。
また、喜びを呼ぶ為に命水の様に中庸で有る事です。
美しい地球を子供へ…孫へ…次世代へ… 

地球さんが苦しく無い様、楽しく幸せな愛有る美しい地球を… 
そんな思いを持ちながら、まずは自分から家庭から… 
私は、予防医学…心身のバランスを整える事を意識してきたので、

命水に出会え心から感謝しています。
環境問題に対しても、命水は最高です。
ただ、環境破壊は進むばかりで悲しくなります。 
山に穴を開けたり…削ったり…地球さん痛いだろうなって思うと、

便利に使わせて頂いているトンネルなど、

ごめんなさいね~ありがとう…の気持ちで通らせて頂く様にしています。
あと、JESさんでは陰陽など、

バランスの事も丁寧に教えて下さるので、嬉しいです。
全ての方が命水に出会われ、

バランスを整えながら生きていかれれば幸せになり、

それが美しい地球へと繋がっていくのだろうに…と思うのですが…
その一歩が、愛溢れる家庭をつくる事かと…
バランスの取れた世の中になります様に~美しい地球になります様に。
今年も、どうぞ宜しくお願い致しますm(__)m
和 2017-01-08 13:46:29

 


…以上4名の《特別賞》を入れたら、
合計14名が当選と言う事になりますね。


喜びをたくさんもらったからお返ししなくちゃ(笑)。


さて、
今回の当選者へのプレゼント、
14名様に進呈する「いいもの」とは???


これです!
↓↓↓

 

↑完全無農薬でミネラルたっぷりの、
『魚沼産コシヒカリ5㎏』

 

 

↑会員限定販売のこだわりの中のこだわりの逸品、
㊙『社長スペシャル米5㎏』 
未公開品

 

上記のいずれか。
(※種類の選択できませんが玄米・精米は選択できます)

 

●応募方法


上記当選者は1/24までに、
以下のページにアクセスして送信して下さい。


「社長ブログ新年当選者」
https://1lejend.com/stepmail/kd.php?no=HSUDpwzIRnMa


※「備考欄」にご意見もあれば嬉しいです。

 

当選者の方々、
おめでとうございました。

 

 

◎ここまで読んで頂いた方へのおまけ!


更にオマケです。

 

★今回、
コメントに参加された方
267名全員に、
今回の進呈品を
《半額》で買える権利を進呈します!


両方とも《完全無農薬》でミネラルたっぷりの、
『魚沼産コシヒカリ5㎏』と、
会員限定販売のこだわりの中のこだわりの逸品、
『社長スペシャル米5㎏』の選択ができます。

 

生体ミネラルは勿論のこと、

ソマチットも大量に入ってます!


4,960円⇒半額 2,480円(税込)!


※正直言って大赤字です(笑)。

 

本当に皆さん全員を当選させたくなるような、
喜びのコメントだらけで。


※特に、
「髪の毛が生えた時…」のコメント(笑)


●お米半額購入権の応募方法


今回のコメントに参加された267名の方は、
同じく1/24までに、
以下のページにアクセスして注文して下さい。


「新年特別半額購入権」

■本井社長スペシャル米【白米】5kg
http://shop-jes.com/sp-hakumai.html


■本井社長スペシャル米【玄米】5kg
http://shop-jes.com/sp-genmai.html


■魚沼産コシヒカリ【白米】5kg
http://shop-jes.com/uonuma-hakumai.html


■魚沼産コシヒカリ【玄米】5kg
http://shop-jes.com/uonuma-genmai.html


注)画面上の「ご注文手続き」画面の「1.ログイン / 会員登録」とは、
JES相互扶助会員の登録のことではなく、
単に「JESモール」の会員登録の意味です。
よって、会員登録しなくても購入できます。

 

※但し、ご注文最終確認画面の備考「コメント」欄に、

『ご自分のブログ名(ニックネーム)』をお忘れなく!

 

 

また近々、
何かキャンペーンやるかも。

 

「スタッフブログ」に注目???

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2017-01-05 09:23:32

苦楽の数

テーマ:ブログ

明けましておめでとうございます
本年も宜しくお願い致します

 

今日から2017年の仕事始めです。

 

実は1/25に届けられる会員さん向け「ミネラルだより」に、
『苦楽の数』というタイトルで、
僕の書いた新年の挨拶が掲載される予定です。


けれども紙面に限りがあって、
用意した原稿のほとんどが、
見上編集長にカットされてしまいました(苦笑)。


結構リキ入れて書いたんだけどなぁ~


そこで今回、
新年の挨拶《ノーカット版》で、
ブログ読者の方々にはお届けしたいと思います。


※また編集長から、
「フライングだぁ~!」って言われそう(笑)。

 

 

さて、
人生には「苦しみ」と「楽(喜び)」のどちらが多いでしょう。


「私は苦しみだらけの人生だった」、
「楽な事や楽しい事なんてほとんどなかった」、
「今まで喜んだ記憶がない」…

 

そう感じていらっしゃる方も中にはいるでしょう。


でも本当にそうでしょうか?


今から約2千4百年前、
仏陀は人の逃れられない苦しみの種類を、
『生・老・病・死』の四つで大別しました。


『生』…生きる(この世に生まれる)苦しみ。


『老』…老いる苦しみ。


『病』…病気になる苦しみ。


『死』…死ぬ苦しみ。


その後には、
さらに次の四つの苦しみを追加しました。


『愛別離苦』…
愛する人といつかは別れなければいけない苦しみ。


『怨憎会苦』…
嫌いな人と会わなければいけない苦しみ。


『求不得苦』…
求めても得られない苦しみ。


『五蘊盛苦』…
人との外見や能力や精神の差などで悩む苦しみ。


この苦しみを全部合わせて、
『四苦八苦』と呼ばれたりします。


でも、
最初の四苦は自分だけ、
自分の肉体的な苦しみが中心です。


そして後の四苦が、
ほとんど人間関係で生じる苦しみだったり他人との比較…、
つまり、
自分以外の他者の存在(社会)があってこその苦しみになります。


しかし、
この八つの苦しみは、
本当に誰もが逃れることのできない苦しみなのでしょうか?


実は、
苦しみは
《考え方》さえ変えれば、
すべて喜びに変わってしまうのです。


手一つ見ても表裏があるように、
苦しみの『裏』には喜びがあるのです。


※手のひらは裏…裏で真実をつかむ!(笑)


まずは最初の四苦。


『生』…この世に生まれた喜び。


『老』…愛する子や孫に囲まれる喜び。


『病』…時間の余裕ができたり、
人から介護や面倒を見てもらえる喜び。


『死』…この世を卒業できる喜び。


では後の四苦はどうでしょう。


『生老病死』と違って、
自分だけの問題ではないので、
とても難しい苦しみです。


中には安易にこう考える人もいます。


『愛別離苦』…
愛する人と別れる苦しみを味わいたくないから、
最初から人を好きにならない。


『怨憎会苦』…
嫌な人と会いたくないから、
私の方から新しい人と接したくない。


『求不得苦』…
求めてもどうせ私なんて得られないから、
最初から諦めている方がマシ。


『五蘊盛苦』…
比較して落ち込んだり惨めになるのは嫌だから、
できるだけ他人を認めないでおこう…。


そういった人生は、
とても愚かな事のように思います。


後の四苦も、
自分以外の他者がいるからこそ社会で体験できることであり、
そこには数多くの学びと喜びが隠されています。

 

考え方を変えれば、

次のようになります。


『愛別離苦』…
いずれ別れが来ても、
人を愛する尊い喜びがあります。


『怨憎会苦』…
嫌な人と出会うことで、
そこに学びや気付きがあり成長できます。


『求不得苦』…
求めるからこそ、
それが得られる感謝と喜びがあります。


『五蘊盛苦』…
人との差によって、
より一層の進化と発展に繋がります。


このように仏陀は、
これらの苦しみを体験し受け入れることで、
大いなる悟りの道…、
つまり尊い喜びがあると言いたかったのではないでしょうか。


※苦集滅道→八正道→喜びと感謝(悟り)


つまり、
人がいろんな苦しみを体験するのは、
神がその苦しみの裏にある《喜び》に気付かせる為なんだよ…と。


人は現実的に社会に背を向け、
一人で生きていくことはできません。


だからどんな苦しみも自分にとっては学びの一つであり、
結局は、
『ありがとう!』 なんです。


人は誰も、
苦しむために生まれてきた人はいません。


人を不幸にするために生まれてきた人もいません。


つまり一人も例外はなく、
人は周りを幸せにし、
自分も幸せになるために生まれてきました。


自分だけ幸せで、
愛する家族も友人も皆不幸だったら、
決して自分の心は幸せな気持ちにはなれないからです。


そして幸せに生きるには、
幸せになる《考え方》がどうしても必要になります。


その考え方次第で苦しみも楽になり、
次の新たな希望や喜びへと繋がるものだと思います。


なぜなら、
苦楽は全て《自分の心の中》で決めているからです。


ですから、
自分の心の持ちようによって、
全ては『喜びごと』に変えられるのですね。


よって人生は、
少なくとも「苦しみ」よりも、
「楽(喜び)」の数が圧倒的に多いのです。


実は大宇宙の法則には、
多くの人と出会い《縁》を持つことで、
多くのことを学びながら、
そしてお互いが楽しむようにできていると私は思います。


中には砥石のように傷付け合うこともあるかと思いますが、
それも体験における学びであり、
いずれ時が経てば角が取れて丸く調和され、
互いが励まし合い、
扶け合う関係も有り得ると私は考えます。


限られた人生の中で出会った一人とは、
誰一人も例外なく間違いなく予定された方です。


しかし中には反面教師的な人、
性格的に嫌いな人もいるかもしれません。


そういった方たちともお互いに調和を図って行くには、
相手の良いところを《努力して探し出し》
それを心から認め、
そしてその人の良い所だけを見て《良い部分とだけ付き合っていく》ことです。

 

顧問の沼田医師の言う《いいとこどり》の考え方ですね。


それがお互いを成長させ、
大いなる発展と魂の進化への道に繋がるかと思います。


人生における苦しみはせいぜい8種類、
けれども喜びの数はと言うと…。


自然に触れている時が一番楽しい。


今朝も清々しい朝を迎えられた。


子どもの元気で笑顔を見ると安心する。


見たかった映画が見れてとても感動した。


今朝もスッキリ快便だ。


子どもが受験に合格した。


誕生日に祝ってもらった。


旅行に行けて楽しかった。


手料理を誉められ嬉しかった。


仕事で上司に褒められた。


欲しかったバッグがやっと買えた。


念願のコンサートチケットが手に入った。


美味しいご飯が食べれて幸せ。


人と分かち合える喜び。


ボランティアできる幸せ…等々。


苦しみは万人共通で数少ないけれども、
喜びの種類も数も、
このように人それぞれ無限にあります。


つまり、
圧倒的に苦しみよりも喜びの数の方が多いのです。


最後に…


乳がんと闘い、
24歳で生涯を閉じた、
長島千恵さんの最後のメッセージをお伝えします。

 

みなさんに、
明日が来ることは奇跡です。


それを知ってるだけで、
日常は、
幸せなことだらけで溢れています。。

 

 

また新しい年が迎えられた喜び…。


その一瞬一瞬を大切に、
そして皆さまと一緒にたくさんの喜びを受けたいと思います。

 

JES代表 本井秀定

 

参考:発展のためのアドバイス集《17》

 


※おまけ


JES社員に、
『会社や仕事以外』の普段の生活の中で、
自分にとって《どんな時が喜び?》なのか聞いてみました。


本当に、
無限に出てきました(笑)。


一例を紹介すると…
(skypのコメント順通り)


関川(男):
他者に貢献出来る喜び
成長できる喜び
知識や物をシェア出来る喜び


杉浦(女性):
ぐっすり眠れて嬉しい
美味しいご飯を食べれて幸せ
人の優しさに触れて幸せ
抽選が当たった時嬉しかった
知らない土地の散策をして知らなかった事が知れて嬉しい
サプライズをして喜んでくれるのが嬉しい
クーポンで安く買えて嬉しい
メールでなく、手紙を貰った時ぬくもりを感じる
健康でいれて幸せ
ダイエットに成功した時嬉しかった
目標が達成する喜び


武井(女性):
子どもが無事に産まれた時の喜び
作ったごはんを一生懸命食べてくれる喜び
自分の存在を誰かが必要としてくれた喜び
健康でいれることの喜び
健康が幸せであると気づけた喜び
願いが叶ったときの喜び
布団に横になった時の喜び


中野(女性):
子供に「ありがとう」と言われると嬉しい。
知らない人に優しくしてもらって嬉しかった(落ちた物を拾ってもらったり)
子供が早く寝てくれて自分の時間が出来た時は嬉しい。
ライブのチケットで良い席で嬉しかった。


石原(男):
自分の選んだプレゼントが喜ばれた。
重い荷物を玄関口まで運んで喜ばれた。
意中の人と初めてデートできた。
テニスが上手になってコーチに褒められた。
大学の合格通知を受け取ったとき


長谷川(女性):
綺麗な花が咲いて嬉しい
健康でいられることに幸せ
ずっと会いたかった人に会えた時の喜び
干した布団の温かさに幸せ


見上(男):
娘が夕食作ってくれた
気の合う仲間と久々に飲んだ
賭け事に勝った
落ち葉をはいてきれいになった
今日はカミさんが笑顔だった(笑)
面白い本に出会った
イメージ通りに料理が出来た
ギャグが受けた
会員さんが喜んでくれた


官野(女性):
お風呂(温泉)に入って幸せ
食後のデザートが幸せ
食べれることが幸せ
健康が幸せ


大澤(女性):
知らない事を知る喜び
子供の成長を感じ、共に楽しむ喜び
気の置けない友人が居る喜び
息を呑む風景に出会った喜び


古川(女性):
レストランの接客が気持ちよかった時
電車で誰かが誰かに親切にしているのを見たときほっこり
スーパーにギリギリに入って半額以下で買えた時ハッピー
尊敬する仲間とお酒を飲んでるとき幸せ
冬が終わって暖かい春の香りがした時
お風呂に浸かって本を読んでるとき
公園の芝生に敷物引いてゴロゴロしているとき
家族で他愛もない雑談をしているとき
化粧のノリが良かった日
コタツで横になって漫画観てるとき
岩盤浴で寝ているとき


松浦(女性):
人の優しさを感じて幸せ
欲しいものが購入できて幸せ
くじでいい物が当たって幸せ
誰かと遊べる幸せ
美味しいものを食べれる幸せ
睡眠できる幸せ
(ドラえもんでのび太君の「あったかいふとんでぐっすりねる!
こんな楽しいことがあるか!」という言葉がありとても共感できました)


佐藤(男):
きれいな風景を見た時の喜び
雰囲気の良い場所に来た時の喜び
雰囲気の良い人に出会った時の喜び
ゆったりとできる喜び
静かさの中に存在する喜び
真実を見つけた時の喜び
自らの心に入っていった時の喜び
家族がいることの喜び
猫の気ままさを見るときの喜び


堀江(女性):
毎日元気で健康に働くことの出来る喜び
毎日普通に過ごせることが出来る喜び
家族の存在そのものが喜び
縁ある全ての方の存在そのものが喜び


土方(男):
ご飯を美味しく食べることが出来て幸せ
家族が皆元気でいることの幸せ
仕事がミスなく無事に終わった時の喜び
人から「ありがとう」と言われた時の喜び


五十嵐(男):
時間通り事が運び、うまく行った時
セミナーや仕事で有難う!と言われた時
普段通り、いつもの生活が出来てる時
777が揃った時


金子(男):
仕事上で色々教えてもらい、知識が増える喜び
布団に入ったときの喜び
仕事が終わって自室に帰って飲むビールの最初の一口が
美味く感じる喜び


中村(男):
二度寝が出来た時
納豆ご飯を食べている時
自分が必要とされた時
身の回りの人が幸せな時


上地(男):
僕は運転が苦手なので無事に帰ってこれた事の喜び
それと、わりと別れの多い人生だったので家族と夜、会えた時の喜び
それと、道場には80歳を超えて入門してくれる方もいます。
そんな風に空手に先入観なく、挑戦してくれた喜びとか
あと、仕事した後、みんなでランチいった時のほっとする時
あと、最近だと、竹島水族館にカピバラがいまして、
予想外の所で好きな動物に会えた喜びとか


團原(男):
美味しいお米が食べれたときの喜び
初めてお客様から注文を受けた喜び
わからなくて助けてもらったときの感謝
よく眠れたときの喜び


熊谷(男):
健康診断の数値が良かった時は本当に嬉しい
異性から告白された時
読みが当たって大物が釣れた時
激痛の痛みが消えた時


中野「↑熊谷さん、妄想はダメです」
熊谷「告白されたい!」
中野「↑願望もダメです」
見上「 あっ、でも妄想している時も結構喜び!」
熊谷「妄想バンザイ!」
中野「 あ!私もありました!
良い夢が見れたときは嬉しい
妄想してるときは楽しい(笑)」


佐藤(女性):
飼い猫を邪険に扱ってもすり寄ってくる幸せ
好天に恵まれた散歩・ポタリング・旅行
facebookやtwitter、instagramでいいね!された時
思ってた以上に良かった映画を見た後
夜空に月を見つけた時(UFOは飛んでいないか探します)
お年寄りがお年寄りの犬と散歩をしている時
どっちも頑張ってと応援したくなります。
MSRビルの非常階段から富士山がきれいに見えた時
(ついでに地震雲は出ていないか観察してます)


岩田(女性):
夫や仲間と共に楽しむ喜び


瀬尾(女性):
「ママだいすき!」って子供に言われた時…等々。。

 

※JES本社6Fセミナールームにて


…さてここで問題!


私(本井)にとって、
《どんな時が喜び》なのかを当ててください(笑)。


実は、
たった一つ(11~12文字)です。


締め切りは1月11日まで。

 

正解は1/25「ミネラルだより」にて。


★みごと当てた方には、
先着10名様に何か《いいもの》をプレゼント!!

 

社員に聞いたらダメですよ~(笑)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2016-12-19 18:24:05

過去を見ている宇宙人

テーマ:ブログ

屋上で土作りをしていて、
ふと気が付くともう夜だった。


その夜は珍しく空気が澄み渡り、
いつもよりは星がたくさん見えた。


満天とは言えないが、
しばらくウッドデッキに座って、
うっとりと夜空の星々を見ていた。


そういえば幼い頃、
母親と二人で夜空の満天の星を見ていて、
衝撃に思ったことを思い出す。


※以下新潟弁ではなく、
分かり易く標準語に直してあります(笑)。


すごい星の数だね…、
でもあの星のどこかには、
宇宙人が住んでいるんだよね?


そうね、
きっとこのどこかの星には宇宙人が住んでいて、
私たち地球人をずっと観察しているのかもね。


えっ?
僕たちを見てる宇宙人がいるの?


いると思うわ、
でも残念だけど私たちには見えないわね。


大きな望遠鏡だったら見える?


そうね、
大きな望遠鏡だったら見えるかもね。
でもね、
あそこに大きく輝いている星があるでしょ?
あの星は今ではもう消えて無くなっているかもしれないのよ。


ええ~!
今僕たちが見てるあの星が、
本当はもういない…ってこと?


そうなのよ、
私たちは過去にあった星を、
「きれいだなぁ」と思って眺めてるかもしれないの。


だって今、
僕たちはちゃんとあの星が見えるのに、
もうあの星がないってどういうことなの?


それはね、
光にはスピードがあって、
私たちの目に見えるまでには時間がかかるの。


…???


何万キロも何百万キロも離れていればいるほど、
光が届くまでに時間がかかるから、
それが1時間の時間がかかれば、
1時間前の星を見てる…ってことになるわね。


…???


大人になって、
一生懸命に勉強すれば分かるようになるわよ(笑)。。

 

 

…今でこそ、
この母親の言葉は頭で理解できるが、
当時は全くその意味が分からなかった。


けれどもそれ以来、
星空を眺める毎に、
その頃に感じた不思議な感覚が甦る。


見えるのに無い、
無いのに見える…


「在る」と思っていた事が実は無かった。


「無い」と思っていた事が実は在った。


幼い自分にとっては、
言葉にならない神秘的な感覚が支配していた。


その頃から、
『時間と空間』について考えるようになったように思う。


過ぎた時間は決して元には戻せない。


亡くなった人と肉体で会うことはもうできない。


「今」と言う一瞬の時間はもう二度と来ない。


一度犯した失敗を、
消しゴムで消すこともできない…。


すべては『記憶』や『記録』という形で、
宇宙には残像だけは残っているのかも?


しかもその残像は、
確かにこの目で確認する事ができるのだ。


今この目で見える星の光は、
実体が過去に間違いなく存在していた、
数千年前、数億年前の「残像光」なのだから。


正確に言えば、
今目の前に《間違いなく在る》物も人の存在も、
1秒の数億分の1の、全ては過去の残像である。


「見える」という表現は、
何てあいまいで不確実のものなんだろう。


見えたからと言って、
在るとは限らない。


しかも反対に、

見えないからと言って、
無いと否定する事もできない。

 

まるで仏教の色即是空…。


変な事を考えた。


もし遠くのある星で、
宇宙人が私たちを望遠鏡で観察していたとする。


その望遠鏡には、
数千年前、数億年前の地球が見えているはずだ。

 

当時生活していた人々も。


今や絶滅した動植物も、
その望遠鏡のレンズを通して存在しているのだ。


地球上では既に死んでしまった生き物や人類も、
過去ではリアルに動き、
生きて生活している様子も実際に見えるはずだ。


たとえば、
数千年前に亡くなったイエスも仏陀も、
先祖の姿も顔も。


同じ地球上の時間軸に生きている私たちには過去が見えないが、
超超超精巧な望遠鏡なら、
遠く離れた星からは地球の過去が見えるはずだ。

 

10年前の地球や自分が見える星、

50年前の地球や自分が見える星、

100年前の地球や先祖が見える星…というように、

地球との距離によって見える過去は様々だろう。


もし、

その望遠鏡を覗いている宇宙人が地球外にいたとする。


その宇宙人はイエスに会いたいと思い、
光よりも早い超高速スピードを出すUFOに乗り、
望遠鏡を覗きながら地球に近づいて来たとする。


すると望遠鏡ではどのように見えるだろう。


きっと地球に近づく毎に、
まるでビデオの早回しのように、
高速回転でイエスの辿った人生が見えるに違いない。


つまり、
既に地球上に存在しないイエスの姿と人生が、
現実的に確かにこの目で見えるのだ。


今は存在しないイエスの人生の記録が、
この宇宙の空間には『残像』として間違いなく存在している…と、

そう考えられないだろうか。

 

それも『』の中に。

 

空間に存在する実体のない残像。。


それを、
「アカシックレコード」と呼んでいるのかもしれない。


※または「アーカーシャの記録」。


宇宙にはそういった残像での全ての記録が、
この宇宙空間にある無数の「光の粒」の中に間違いなく存在している。

 

光があるからこそ「見える」からだ。


人生及び魂の記録が、
宇宙の光の粒に記録されるのである。


それを「光子」と言うのかもしれない。


宇宙は何もない暗黒の闇ではなく、
その光子の層があまねく点在し、
縦横無尽に張り巡らされている。


その光子は、
まるで磁性体粉のように録画機能を持ち、
各々の指向性によってそれぞれの記録を保存するようだ。


記録と言っても、
時の権力者の手によって改ざんされた、
虚偽の歴史の教科書なんかではない。


光の層の中の一つの光子を見る事によって、
実際の過去の世界(時空)がリアルに、
そして、ビデオに録画されてるかのように忠実に見える。

 

宇宙空間には、

光子の位置によって自分の過去が全て記録されている…。

 

つまり、

自分の過去を振り返る「反省」とは、

地球からの距離によって年代が異なる何か月前の自分、

何年前の自分が記録されている光子とのチューニング作業ではないのか?

 

自分という一つの存在ではなく、

多くの光子とのチューニングも。

 

光子に記録されるものは、

実体のない「残像」という解釈もできるが、

実は光子が本当は「実体」であって、

私たちを含む万物の見えるもの全てが、

光子という実体からの投影された残像なのかもしれない。

 

※つまり私たち生命体は、

宇宙の光子という生命エネルギーから投影された存在…、

言い換えたら「光の子」とも言えるのかも?

 

今チューニングができる人が、
日本人で多くなってきたと聞く。


ビジョンと言う形で、
またはインスピレーションと言う形で。

 

※実は「ヨシュアの物語」は、

まさしくこの早回しで実際に見た体験である。


見える(受け取る)方たちはきっと、
宇宙に記録された光子の記憶の一部を、
きっと「チューニング」しているのだろう。


ヒットした感動する漫画やアニメ、
そして音楽や新商品などは全て過去現在未来を問わず、
またはあの世やこの世を問わず、
時間と空間を超えて、
現実的に宇宙にある光子の記憶を紐解いているに過ぎない。


シンクロニシティ(共時性・同時性原理)、
アポルツ現象、
ラジオニクス現象、
100匹のサル現象、
循環と連鎖の法則、
類友の法則、
原因結果(作用と反作用)の法則、
一念三千、
阿弥陀久茲…


これらは全て本人が意識してようがしてまいが、
宇宙の意思である、
記録の絆(縁)によってもたらされる法則であり現象だ。


これらの法則なり現象を設計したものがいるとすれば、
何らかの目に見えない意思と目的が働いたとしか思えない。


私は宇宙最大の愛は、
『縁』だと思っている。


チューニングも縁の一つ。


たとえば人と会う約束をするのに、
携帯かメールで日時を決めるだろう。


そして実際に会う事ができる。


私たちも宇宙の意思と同じように、
意思や目的があって人と約束し、
現実的に目に見える相手と出会う。


自分の両親も結婚相手も、
自分の子どもが生まれるのも、
このチューニング(縁)と同じ。


生まれる前に父母と縁で約束し、
そして愛する人と縁で出会い、
そして子供と縁で出会う。


出会った同級生も職場の同僚も、
お客様も業者も、
嫌いな人も好きな人も、
ペットを飼うのも食べるものも飲むものも。


全ては縁によって出会っている。

 

※それぞれ「多少の縁」と「他生の縁」があります。


以前に書いた、

命水と出会うのも選ばれるのも、
実はすべては宇宙の中の光子の縁による作用だ。


縁とは宇宙最大の愛…


実は『太陽への祈り』も、
宇宙の光との縁を結ぶ行為であり、
無数の光子とのチューニングなのだ。


しかもその祈りは、
多少なりとも宇宙の隅々まで間違いなく届いている。

 

これを仏教では、

『一念三千』と呼ぶ。

 


私たち天の川銀河に住む地球人にとって、
最大なる宇宙からの光とは、
全てを生かし育む太陽だ。


宇宙の意識が、
《慈愛の光》そのものだからだ。


私は朝の太陽への祈りをするたび、
太陽から一粒一粒の光子が降り注いでいるように感じる。

 

その光子の一つひとつには、

他の光子と繋がり、

そして宇宙の全ての「記録」と繋がっている。

 

祈りによって、

どんな疑問も問題も、

多くの解決のためのヒント(光)が授けられるような気がする。


空に浮かぶ月も星々も、
その慈愛を受け自ら光子体として輝いて反射し、
たとえ心が冷え切り暗黒の闇であったとしても、
私たちに慈愛の溢れた、

柔らかく暖かい光を届け続けている。


私たちは光を受けて生きている以上、
私たちも周りに光を与える存在になりたいものだ。


澄み切った夜空に輝く星々と同じように、
たとえ既に絶えてしまった後の残像光であったとしても、
永遠に宇宙に存り続け、

小さく輝き、光を与え続ける一つの光子として。


 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2016-12-16 15:02:45

波動とエビデンス

テーマ:ブログ

「希望の命水」の会員さんには、
医療関係者の方が多い。


特にドクターは、
この生体ミネラルの臨床例を重んじている。


ドクター向けの資料には、
一般の方には公表できない、
いろんな方々からのたくさんの症例がある。


すると、
ほとんどのドクターがその症例数やパターンに驚き、
登録される。


ただ悲しいかな、
ドクター本人、そして家族の方だけの愛飲にとどまる場合が多い。


実際には、
積極的に患者さんに勧めるドクターはほんの一握り。


専門医に行なったアンケートで、
「自分が癌になった場合に抗癌剤を使うか?」の問いに対し、
99%のドクターが『No』…と言っているようだ。

 

 

 

 

上記著者の医師:川嶋朗先生は、
以前当社が先生の講演会を撮影したことがあるが、
患者中心に考え治療されている数少ない先生かと思う。


勿論、
ほとんどのドクターは、
患者さんを治したいと真剣に考えているのは間違いない。


でも医者として、
西洋医学のガイドラインに記された方針に沿った、
治療しかできないのが現実なのだ…と川嶋先生は言う。


同時に、
患者さん一人ひとりの思いを汲み取る時間もない。


忙し過ぎるからだ。


真実を話せるドクターは少ない。。

 


最近お亡くなくりになられた、
安保徹先生は“真実を伝える医師”の第一人者だった。


当社の顧問医師:
沼田光夫先生と懇意にされていた先生だ。

 

 

 

 


安保先生は、
当然ながら生体ミネラルもよくご存知で、
それを採用した岩盤浴施設『嵐の湯』も利用されていた。


『嵐の湯』の免疫メカニズムについて指導されたのは、
生体ミネラルの開発者:川田薫先生。


『嵐の湯』の社長は当社で何度も講演をし、
ある場所の施設デザインは、
一部私がアドバイスしたものもある。


※「生体ミネラル」を使用していない施設もあるのでご注意。


安保先生が亡くなった事を、
会員のよっしさんから伺って初めて知った。

 

※よっしさんは、

いろんな事象の奥を掘り下げて書かれてますよ~。

http://ameblo.jp/yossy0358/


どうも不審な突然死だったらしい。


以前から安保先生の講演の中でも、
次のように話されていたようだ。


ここだけの話、
皆さんだけに言っちゃうんだけっども、
わだす狙われてるんですわ。


研究室は何度も荒らされてるし 
もし、突然死ぬようなことがあっだらば、
殺されたんだと思ってね…


確かに、
これだけ有名な先生が亡くなったにも拘らず、
マスコミでは一切、訃報報道がされていないのは不思議だ。

 

安保先生も数少ない、

患者一人ひとりの心の奥を理解して治療を行う、

素晴らしい先生だった。。

 


ところで一般に医療関係者は、
「エビデンス」を重んじる。


※「エビデンス」
医学および保健医療の分野では、
ある治療法がある病気・怪我・症状に対して、
効果があることを示す証拠や検証結果・臨床結果を指す。


医学では、
誰がやっても同じ結果の出る「再現性」とか、
「客観性」のあるデータが重んじられるのだ。


そういったドクターに対し、
もっとも嫌われる「ある種」の数値データがある。


それは『波動測定値』と呼ばれる、
目に見えない検査数値だ。


この検査はQRS(量子共鳴分析器)により、
物質のもつ微弱磁気エネルギーを測定している。    

        
物質のもつ微弱磁気エネルギーについては様々な見解があり、
医学的にも理論的にも未だ確立されていない。

            
検査結果については、
あくまでも一つの目安として参考するくらいだろう。            


しかし、
ある治療家の先生から勧められて、
「希望の命水」も、
その波動数値を測った事がある。


その波動測定器は、
誰が測っても同じ数値が出ると言う、
それこそ『エビデンス』に近い信頼性の高いものだった。


というのは、
ほとんどの波動測定器は、
「測る人の期待や思い込み」が混入し、多少なりとも影響してくるからだ。


そこで早速、
人の思惑が一切入らないこの機械で測ってみた。


調和する項目は、
疾病ごと、臓器ごと、免疫ごと、
血液・ホルモン・神経ごと、
ストレスの精神状態まで、
全部で数十項目の詳細なアイテムに分かれていた。


すると、
通常では有り得ない事が、
その実験室で起きてしまった。


±60,000段階まで数値が調べられる機械なのに、
全ての項目の針が最高値(+60,000)まで振り切ってしまった!

 

誰が調べても同じだった。


計測不能…。


これでは身体のどの項目にどれくらい良いのか、
その差が全く分からない。


困った測定士はやむなくそばにあった、
《高さ8.5センチのガラス瓶の上》に検体(命水)を乗せて、
再度計測した。


測定器からかなり遠ざけないと、
その波動数値の差異が出なかったからだ。


この方法は今まで数々の検体の中でも、
異例の測定法だった。


それでやっと計測できた。


※その数値結果が手元にあるのですが、
一般の方にはお見せできないのが残念。。


一般のドクターはこの数値を信用しないが、
目に見えない波動に基づいて施療を行い、
実績を上げている気功師等の先生方は皆驚いた。


以前調べた、
「紫外線透過率2.2%」もそうだったが、
やはり数字的に見てもとんでもない水らしい(笑)。


※参考:2015-11-06
『えっ?紫外線透過率2.2%…』


会員さんの中には、
「エビデンス」を重んじるドクター以外でも、
こういった波動やチャクラとか、
目に見えないものに敏感な先生方も多くなってきた。


実は今朝から、
JESサポートセンター長の五十嵐宛に電話が殺到している。


その理由は会員さんの人気ブログ、
「波動カウンセラー:マントくん」さんの記事を読んだ方からの、
『資料サンプル請求』の電話だった。


午前中だけで既に数十件、
この調子では数百件行きそうだ。


困った…。


今回のキャンペーンで用意した、
100ccサンプル7,000本が足りなくなってきた(笑)。


※参考:2016-12-05
『生体ミネラルは人を選ぶ?』


この「マントくん」さんの記事では、
「希望の命水」を波動の見地からおもしろく紹介されていた。


どうも読んでみると、
先程のよっしさんが紹介された方のようだ。


※参考:2016年12月16日(金)
マントくんのブログ
『希望の命水の秘密 保存版』


「マントくん」さんの話では、

飲むとチャクラ7まで行くとか。


覚醒にも繋がるのかなぁ…。


でもこうやって、
いろんな切り口から命水を紹介する方々が増えることは、

とても嬉しい。

 


「無知(ムチ)」は罪、
「無口(ムクチ)」はもっと罪?(笑)

 

「無苦智」とも言う???

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2016-12-14 19:28:38

ふぞろいの野菜たち

テーマ:ブログ

この前の久々の休みの日、
ずっと放っていた屋上菜園の土作りをしていた。


今年も「希望の農園」でたくさんの野菜が獲れたのは、
前もって土作りをしていたからだ。

 

※参考:2016-05-09

屋上菜園


でも獲れたものは、
スーパーで売っているような形の美しい野菜は、
何一つ獲れなかった。


虫も食っていて全てが不揃いだったが、
決して他では味わえない美味しさがそこにあった。

 


自分で丹精込めて作ったせいもあると思う。


プランターの土は収穫後に毎年疲弊するので、
牛糞を混ぜたり再生土を混ぜたりして、
今から土作りをしておかないと、
春の種蒔き用の土壌ができないからだ。


連作障害にもなってしまう。


かと言って昔のような『循環型農業』…、
つまり、
肥溜めを作って畑に撒く事など私にはできない。


※『循環型農業』
食べる→汲取式便所→熟成させるため肥溜めに移動→
肥溜めに山のミネラル(枯葉など)を混ぜる→
更に発酵させて肥料(下肥)→肥え桶で畑に撒く→
太陽の光をいっぱいに受けた野菜を収穫→食べる…  


『循環型農業』とは、
畑から一滴も、
ミネラルが枯渇する事がない永遠農法だ。


地球のこの還元力は偉大だ。


この『循環型農法』をやめ、
現代の『農薬農法』によって、
土壌のミネラル分は完全に失われてしまい、
そして化学肥料によって完全にバランスを崩してしまった。


形だけの美人…、
つまり、形も大きさも均一で美しいが、
中身がカラッポ…どころではない。


ミネラルのバランスの崩れた食品が蔓延した。


ミネラルのバランスの崩れた食品は、
私たちの身体のミネラルのバランスさえ崩す。


身体の中のミネラルの不調和…、
それを「病気」と言う。


かと言って、
有機ミネラル農法で作物を一から作るには本当に大変だ。


こんなことをふと思った。


私たちは、
本当に物質である食物さえ食べていれば生きて行けるのだろうか。


ずっと以前になるが、
こんなレポートを書いたことがある。

 

人は光を食べて生きている?


巷に氾濫する加工食品、インスタント食品、コンビニ弁当、外食…。


確かに生活は便利となり、
誰もが調理しなくても簡単に食事ができる時代となった。


同時に、
現在の人々は化学物質である食品添加物、
虫が食べたら死ぬ野菜を食べ続けている。


昭和58年の調査では、
成人男性で年間ボーリング玉2個分の化学調味料、
そして農薬を体内に摂取しているという。


重さにして約8㎏、
一度に摂取したら確実に死に至る量である。


ある栄養学の先生が言うには、
「このままの食生活では、人間の自然治癒能力は27歳で限界に達し、
健康のまま寿命を全うできる人はゼロ」…なのだそうだ。


養生訓にこんな言葉が出てくる。 


《万(よろず)の事十分に満(みち)て、
其(その)上に加え難きは、憂いの元(もと)なり》 


満ち足りることは、
憂いの始まりという意味だ。


人々は満ち足りた「便利な生活」と引き換えに、
「病気」という憂いを手に入れてしまったのではないか。


養生訓は心を豊かにする『心の養生』を中心に据えたが、
実際は身体を楽にすることばかり現代人は考えて、
反対に肉体を自らいじめているように思う。 


かといって現代ニッポン、
無農薬で虫の付いた食品はスーパーでは置いていない、
自宅で作るよりコンビニ弁当を買ってきたほうが安い、
添加物の味に子供たちも慣れてしまった、
共働きで調理する時間が取れない…など、
悲しいかな今さら昔の食生活は現実的に不可能である。


子供のころ畑で、
もぎ取ったばかりのキュウリの味を覚えているだろうか。


トマトでもキャベツでもナスでもいい。


夏の盛り、あの青臭くエグミもあるが、
みずみずしい味が口いっぱいに広がったことを思い出して欲しい。


形は悪いが塩や味噌さえあれば、
それを和えただけで充分なおかずになった。


そしてその頃、
食事は一番の楽しみだった。


春には春の、夏には夏の、秋には秋の、冬には冬の、
旬の野菜が食卓に並び、
季節を丸ごと食べていたあの時代。


それがもっとも自然に近い、
人間にとってストレスのない健康長寿の秘訣なのかも知れない。


太陽の自然光を一杯に浴び、
「育成光線」の働きでミネラルも豊富に含まれていた。


キャベツ1個を例に取ると、
現代のキャベツには昔のキャベツと比べると、
およそ6分の1しか栄養素が含まれていないと言われる。


同じ量のキャベツを食べたとしても、
圧倒的に栄養が足らないのが現代の食生活なのだ。


しかし皮肉にも現代は、

農薬と化学調味料、
カロリーだけは十二分に含まれている。


以前「特命リサーチ(日テレ)」という番組で、
何年間も食べずに生き続けている人を特集していた。


テレビでは、
「空気からタンパク質を生成する腸内菌が作用しているのでは?」…、
ということだったが、
結局なぜなのかは疑問のままで終わってしまった。


番組では、
数人の「食べないで生き続ける人々」を紹介していたが、
彼らの不思議な共通点として、
『通常の人よりも日光浴の時間が長い』ことを挙げていた。


人は光を食べて生きているのでは?…。


実際に別な研究によると、
太陽の光の一つである「育成光線」の働きによって、
傷ついた遺伝子を蘇生させ、
肉や野菜等の食材の栄養素を高め、
それを食することで「細胞一つ一つが満足する」働きが生じる…と。


「育成光線」とは遠赤外線の中の一つで、

食物の成長を促し免疫力を高める働きがある…、

と一般に言われている。


NASAの研究者の間でも、
『植物や動物は光を食べて生きている』…、

という説まである。


確かに、
太陽の光をいっぱい浴びた植物を動物が食べ、
それを人間が食べている。


しかしついつい食べ過ぎたり間食をするのは、
育成光線の欠乏した食材と、
低栄養素・高カロリー・農薬・化学物質等によって、
ますます心身ともにミネラル不足となって、
本能的に脳が『光とミネラル』を要求し、
ついお腹いっぱいになるまで食べ続けてしまう、
という結果になってしまうのでは?…。。

 

…以上のレポートは、
まだ生体ミネラルを知る前に書いていた。


2006年7月に受けたあのビジョン、
『光と水と鉱物』について考えていた頃のレポートであった。


光…


あの時のビジョンによるイメージでは、
暖かく慈愛に満ちた光だったように感じた。


ずっと私たちを見守ってくれているような、
まるで母親が私たちを見て微笑んでいるような。


または、
私たちの喜ぶ顔を見て、
それを喜んでいるような…。


それはひょっとして、
太陽の意識だったのかもしれないし、
地球の意識だったのかもしれない。


※それとも神から人類を見るまなざし?


いずれにしても、
私たちを常に見守り、
育もうとする意識が『光』だったような気がする。


そして、
このブログの記事を書いている時に、
それを裏付けるようないつものシンクロが働いた。

 

先程、
伝説のシェフ山本さんが突然来社されたのである。


※彼の作る料理は、
1年待っても予約が取れない…という伝説。


半年ほど前、
木村悠方子さんの紹介でお会いし、
箱根のラリック美術館内にある、
レストランの総料理長だった方である。


その時、
奇跡的にも彼の作った特別料理を戴き、
確かに伝説と呼ぶに相応しいほど、
今まで味わった事のない究極の美味しさを感じた。


※シェフの久々の休日だったらしいが、
木村さんの強引な手配による???(笑)。


一種の味の芸術である。

 

もちろん、

完全無農薬や食品添加物にも気を使い、

食材に耳を傾けながら手間暇かけて料理している。

 

彼は今度スポンサーの要望により、
六本木の一等地に仏レストランを開店するらしく、
その挨拶に見えたのだ。


※家賃はなんと月200万円!


山本シェフとはその箱根でお会いした以来、
今度のJES新レトルト食品「旨○カ○ー」の調理に関し、
様々なアドバイスとご指導をずっと頂いていた。


山本シェフは来社時にこう言った。

 

お金持ちの方は、
僕の作った料理に5万円も10万円もお店に払います。


でも、
美味しい料理なら時間とレシピさえあれば、
誰でも簡単に作れるんです。


その奥にあるもの…、
つまり人に感動(光)を与える料理、
そんな人が喜ぶ料理(光)を追求していくのが、
僕の料理人としての使命だと思っています。

 

そして帰り際、
山本シェフに将来の夢を聞いてみた。


何らかの形で、

「旨○カ○ー」で今までご指導して頂いた、

お返しができないか探りたかったからである。


すると彼から意外な言葉が返って来た。

 

…実は僕の夢は、
六本木の高級レストランで働くよりも、
木村さんのように被災地とか全国を巡り、
移動カーで500円くらいの美味しい丼物を作って、
皆さんの喜ぶ顔(光)が見たいんですね(笑)。


53歳の彼は、
まるで少年のように、
はにかみながら会社を後にした。


感動、喜ぶ料理、喜ぶ顔…、
これらは全て『光』と同じ同意語ではないのか。


同じ食材、
同じレシピで作っても、
それ以上の感動と美味しさを人々に与える秘訣は、
彼の意識による『光』が食材に注入されていたからだと思う。

 

食材の声を聞き、

食材が作って欲しい料理を僕は作るだけ。。


伝説…と、彼が言われた理由を知った。

 

よって人は、

農家にしろ料理人にしろ主婦にしろ、

作り手の意識にある『光』を食べて生きていると思う。

 

しかもその『光』は減るどころか、

与えれば与えるほどどんどん増えて行く。


ビジョンにあった、
『光と水と鉱物』。


その『光』とは、
私たちを育み生かし喜ぶ『意識』だったのである。


これを別な言葉で言えば、
『愛』だ。


そして『愛』には様々な表現方法がある。


どれを見ても、
何一つ同じ形の『愛』はない。


「スーパーが農家に」求める、
同じ形、同じ大きさ、同じ味。

 

※「スーパーが農家に」を、

「学校が生徒に」や「社会が個人に」…に差し替えたら?


むしろそういった均一の野菜は不自然、
不揃いにこそ本当の美しさや美味しさがあるような気がする。


人間と同じように。


有機で育てた野菜にも見た目や形や大きさが違うように、

人間も、

それぞれ顔や姿や個性や考え方が不揃いなのは、

本来の自然な形なのかも知れない。


自分が人と違っている事にコンプレックスやストレスを感じたり、

平均的になりたい…と無理して努力する事は、

この自然界に矛盾することのように思う。

 

よって必然的に苦しみを生む。

 

『そのままでいいんだよ』…

 

そう不揃いの野菜たちは、

私たちに教えてくれているような気がする。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2016-12-07 15:33:44

保存版/平成二十九年の『良き日』

テーマ:ブログ
2016-12-05 19:38:09

生体ミネラルは人を選ぶ?

テーマ:ブログ

生体ミネラルは、
通常の市販のミネラル水とは全く別物である。


よく聞くご家庭での夫婦の会話。


「あなた、
最近疲れが取れないって言うから、
このミネラルがいいよ…って、
私が通っている治療院の先生から聞いて試しに買ってみたけど、
あなたもこれ飲んだらいいかもよ。」


『…希望の命水?
なんか宗教っぽい名前だね。』


「いろいろ奇跡的な体験がたくさんあるらしいけど。」


『いくらするの?』


「1リットルで定価6,480円だけど。」


『え~!
ミネラル水はコンビニで100円ちょっとで売ってるよ~。』


「確かに(笑)。
でも特別な抽出方法で溶かした濃縮ミネラルで、
多くの医療関係者の先生方も推薦してて、
普通のミネラル水とは全く違うと聞いてるわ。」


『ふ~ん…プロが薦めてるのか、
…で、僕はどれくらい飲んだらいいの?』


「健康な人は1日30ccでいいって聞いてるけど。」
※または体重の半分cc


『そんなものでいいの?
そうか、
その分のミネラルが現代人に欠けているって事か…』


「でもご紹介頂いた先生に伺ったら、
《現在の体重か年齢の多い方を取る》…って聞いたわ。
あなたは45歳で体重が70㎏だから、
多い方の1日70ccになるんだ!」


『1日70ccか、
いつ飲んでもいいんだよね?、
じゃ早速キャップ1杯(※30cc)だけ飲んでみようか…、

(ゴクッ…)うわっ!酸っぱい!何これ!?』


「ね?(笑)
通常のミネラル水じゃないでしょ?
かなり濃縮したミネラル水が
調和良く溶け込んでいるのよ。」


『酸っぱいのは苦手だなぁ…、
いつもの晩酌の焼酎に混ぜてもいいの?』


「焼酎なら相性が良くてフルーティな味になる…って。
でもすぐに酔いが覚めるから飲み過ぎに注意…って聞いたわ。」


『お茶とかは?』


「キレート反応で真っ黒になったり沈殿するから、
入れ過ぎはダメかも。
反対にキレート反応しないものなら、

混じり気のない天然モノだからOKみたいよ。」

 

※安い日本酒は黄色くなります。

なぜでしょう???…                     添○物混入…かも?


『ふ~ん、
やっぱり普通のミネラルじゃないね…』


「だから昨日から炊飯にも味噌汁にも入れてるのよ、
煮沸してもミネラルは変化しないし、
身体に入るミネラルの量も変わらないんだって。」


※料理用にお得な《10倍濃縮液》があります。


『そう言えば、
今朝スッキリ目覚めたのはそのせいかも?
ご飯も味噌汁もいつもより美味しかったし。
でもそんなに早く体調に?…』


「ミネラルが身体に足らなかった証拠ね、
そういう人は即座に反応するらしいわ。」


『でも健康のために、
お昼(外食)も野菜中心だったけどなぁ。』


「私も知らなかったんだけど、
野菜の農薬や化学物質は水だけでは取れないし、
反対に身体からミネラルを奪ってしまうんだって。」


『それでどんどん、
身体からミネラルが枯渇していくのか…、
疲れやすかったのはそのせいかも。』


「そうね、
あなたに倒れられたらそれこそ大変だし、
子供たちの将来も心配だしね。」


『いや、
我が家の健康を守るお前に倒られたら一番困るよ~。』


「まっ!?
珍しいことを…(笑)」


『よし!
今日から試しに飲んでみるか!!』

 

 

…大体こういうパターンで、
ミネラル生活が始まっているご家庭が多い。


今までの『農添化生活』から、
本来の昔ながらの『健康生活』に変わった瞬間である。


大いなる原点回帰へのパラダイムシフトだ。


さて、この寒い時期、
夕食は鍋物にするご家庭も多いだろう。


その鍋に10~30ccの「希望の命水」を入れたら、
どれだけ身体に良い作用を及ぼすか分からない。
※「10倍濃縮液」は1~3cc

 

 

※命水を入れた方が左側、何も入れない方が右側。
左側の灰汁の多さときめ細かさ(分解能力)と、

右側の油が汚く浮いて凝固しているギトギト感の差に注目。(体の中も?)

お肉の味も全く違いますよ~。
―「ミネラルレシピ集」より。


それこそ僅か一日1滴でも、
将来にとって天地の開きが出てくる。


私は今まで何度も浄水場のそばを通るたびに、
「忍び込んで濃縮液を1本…」と思ったか分からない、
捕まってしまうが(笑)。

 

それほど現状は、
現代人に欠乏しているのがミネラルなのだ。


昔と比べてミネラルが少なくなった…
のではない。


ミネラル摂取量よりも、
100種類以上のミネラルのバランスが崩れてしまったのが、
病気や体調不良の一番大きな原因。
※沼田医師他の「単一ミネラル症候群」


これを「不調和」と呼ぶ。

 

さて、
生体ミネラルとは地球のエキス。


よってその浄化力はハンパない。

 

地球の「調和力」と呼んでもいいのかもしれない。


この地球(=100種類以上のミネラル)から、
全ての生命が生まれたからだ。
※川田薫先生の「生命発生実験」による。

 

ミネラルが数種類に偏った時に毒となり病気になる。
※研究者:ライナス・カール・ポーリング(ノーベル賞受賞者)


多過ぎたミネラル(ヒ素やカドニウム等の重金属)を排出するのも、
他のミネラル(微量金属元素)。


現代人は、
水に《溶けやすい》ミネラルは充分に摂ってはいるが、
水に《溶けにくい》ミネラルが完全欠乏状態なのだ。


その足りないミネラルを「湧水」や「天然水」で補うには、
毎日ドラム缶で3缶以上(600リットル)飲まなければ、
欠乏した1種類のミネラルを補えない…とさえ言われる。


原因は『ミネラル循環型農業』をやめて、
「農薬」と偏った数種類の「科学肥料」農法に変わった事が大きい。


「浄化力」は、
地球のシステムである循環によって発生する。

 

どんなに汚い菌の入った泥水でも、
蒸発し雲になりそして雨となって、
私たちの飲める美味しい飲料水となるのと同じだ。


ところで、

この生体ミネラルを飲まれている方に、
健康面での変化以外に圧倒的に多い変化とは…?

 

『運が良くなった!』

である。


なぜだろう?


その答えは、
自分の身体が『環境浄化体』に変わったからである。


1992年の、
地球環境サミットでの話を覚えているだろうか?


生体ミネラルの原料を汚泥河川にばら撒いただけで、
4か月後に魚が戻ってきたことを。


※参考:2016-11-20

『生命の一滴』
 


地球が身を削ってできた生体ミネラルを飲むことで、
排泄する便や尿を浄化し、
それを通して再度地球に還元し、
地球の浄化作用に協力しているからである。

 

よって、一般の人が出す便や尿とは違う、

調和の取れたミネラルたっぷりの便だ(笑)。

 

すべては「循環と連鎖の法則」で、

浄化するか破滅するかが決まる…


ミネランスソープ』や『ミネランスシャンプー』、
お風呂用の『鉱泉浴50』や農業用の『ミネチット』等、
ミネラル生活になればなるほど、
ますます健康だけでなく運も良くなるのは何ら不思議ではない。


特に今の時期は、

ミネラル鉱泉浴50』がお薦め。

 

「商品レビュー」も参照


下記は、

浜松市の川嶋さん(女性/社長業)からの手紙である。


「希望の命水を伝える喜びに、
毎日が感動の渦です。


本当に喜びは、
人に伝えることによって増幅するのですね。


以前JES様にご紹介差し上げたパンメーカーの社長も大変喜んで頂き、
今度から、
全部のパンに生体ミネラルを入れてくださるとのこと。


試食したところ、
とっても美味しくなり本当に感動しました。


また、
知人で入院された方からこんなご報告を頂きました。


希望の命水を病室のテーブルに置いていたら、
回診に来られた担当医師が手に取ってご覧になり、
『これは良いものだ!』…と仰られたとか。


知人は希望の命水の信頼感が増し、
『勧めてくれて有難う!』と仰って下さいました。
しかも、12日間の緊急入院を言い渡されていたのが、
8日間で退院できたとのこと。


一人ひとりが本当の価値を知り、
大切な方々に伝えきれたら、
本当に地球も人類も救えるのではないでしょうか。


希望の命水を農薬取りに使ったり、
鉱泉浴を入れたお風呂を流す時、
その排出される水の流れに沿って、
美しい環境に繋がって行くと思うと、
心から嬉しさが込み上げてきます。


毎日の事ですから、
感動を味わえる幸せ!


皆さんにこの喜びをお分けしたいと、
つくづく思う此の頃です…」。。

 

 

さて、
タイトルの『ミネラルは人を選ぶ?』…、
これについてお話ししたいと思う。


これは『発展のためのアドバイス集』にたくさん掲載しているので、
抜粋して紹介したい。


《№70》「川田先生との運命的出会い」より


川田:「全ての生命体は進化する事が目的なのです。
進化の要因はポジティブが元となっています。


つまり、希望ですね。
この希望の命水というネーミングは、
まさに生体ミネラルの代名詞でもあるんですね。


ですからひょっとして、
ミネラルが地球にとって、次の世代にとって、
必要な人を選んでいるのかもしれませんよ(笑)」。。

 

 

《№71》「ミネラルが人を選んでいる?」より


そういえば、
この仕事に関わっている方々は、
ある共通の一つの言葉を何度も言っている事に気付きました。


それは、
『私がこのミネラルを選んだのではなく、
ミネラルが私を選んでくれた』…です。


当初、嶋西先生にお会いした時、
私が先生の偉業を称えた時に、
『いえいえ、私は単に地球の道具に過ぎないんです。

神が私のこの右手に、この石を乗せてくれたんですよ、
これで全てを浄化せよ…』
と。。

 

 

《№81》「気高い民族と生体ミネラル」


…そのためには、
“自分さえ良ければ”の価値観ではなく、
他人も同じ神の子として認識し、扶(たす)け合いながら、
お互いが良くなる方向へと常に考え努力する…、
実はこれが、「真の人類の進化・発展に繋がる!」
…と確信したことがきっかけで、
生体ミネラルによる『相互扶助システム』が構築されたのです。


物質的なお金よりも、
『愛と真実』が頂点にある進化のためのシステムです。


そのためにこの水が、今の時代に、
いえ今の時代だからこそ、
私たちを選んでくれたように思うのです。


生体ミネラルは酸素や水と同じで、
私たちや他のあらゆる万物の生命体
(動物・植物・魚貝類・微生物等)の進化にとってなくてはならないもの。


なぜなら、
いわば全ての命の根本を支えてくれている、
『地球のエキス』そのものだからです。。

 

 

《№100》「ミネラルは地球からの贈り物」


私が嶋西先生と最初にお会いした時、
先生は『私がこの水を開発したのではなく、
神が私の右手にこの石を乗せてくれたのです』
…と謙虚に仰いました。
※無料DVD『生体ミネラル生みの親との対談』


その後にお会いした川田先生は、
ユーリー・ミラーの生命発生実験以来、
初めてこの生体ミネラルで生命の元となる
『原始有機体』を発生させることに成功された世界的権威者です。


同時に、
世界初とも言える《魂の重さ》を測られた物理学者でもあります。
※無料DVD『ミネラルの構造と機能』と『生命の誕生とその意味』


川田先生は当時、
東大の地震予知研究所の所長として抜擢されたにも関わらず、
それを蹴り、
嶋西先生から懇願されていた、
生体ミネラルの開発に協力する道を選ばれたのでした。


川田先生が関わらなかったら、
この生体ミネラルは間違いなく完成しなかったでしょう。


その川田先生も、
『私がこの水の研究を選んだのではなく、
ミネラルが私を選んでくれたのです』
…と。


この両先生がいらっしゃらなかったら、
生体ミネラルは現段階でも完成せず、
決して私たちの手に触れる事はなかったでしょう。


同時に、
私の右足は間違いなく切断されていたことでしょう。


両先生の研究と努力により、
ようやく今の生体ミネラルが完成し、
1992年の地球環境サミットの檜舞台で発表され、
「奇跡の水」として世界から脚光を浴びました。


しかし何という皮肉か、
量産計画の手前に研究所のスポンサーが破綻してしまったため、
膨大な開発費と抽出工場建設の借金をそのまま背負う羽目になり、
研究所と工場の閉鎖に陥ったのです。


それを救ったのが、
元・東レファインケミカルの石井社長です。


当時石井社長は、
ロシアから抗癌剤であるインターフェロンを初めて日本に持ち込み、
全国の医療界に普及された方です。


ところが、「とんでもない水があるらしい」…と、
聞き捨てならない噂を耳にした石井社長は、
開発者である嶋西先生の自宅に押し掛けます。


嶋西先生は石井社長に会うなり、
「君、顔色悪いね、肝臓かどこか悪いんじゃないの?」と、
生体ミネラルを1本差し出しました。


確かに当時の石井社長は、
東レグループの社運を一身に受け、
インターフェロンの普及のために不眠不休で奮闘しており、
連日の忙しさと接待で精神も肉体もボロボロでした。


「これ全部飲んでからもう一度来なさい。
話はそれからだ。」


呆気にとられた石井社長は、
頂いた生体ミネラル1本を持ち帰り、
疑いながらもチビチビ飲んでました。


まず最初に驚いたのは、
接待前に飲むと酒に酔わなくなったこと。


しかも翌朝の目覚めがスッキリしていて、
疲れが残らないこと。


身体に力がみなぎって顔色も良くなり、
精力的に仕事も集中できたこと…、
明らかに違いが現れました。


『な、何なんだこの水は…』

しかもこの生体ミネラルは、
農薬のような化学物質を除去し、河川まできれいにする…。

『この水で、農業、医療、食の全てが変わるかもしれない…』


そんな折、
石井社長はミネラル研究所が危機である事を知り、
迷わず自分の全財産と退職金の全てを投入し、
研究所が背負った膨大な借金を全て清算したのです
(※現在研究所兼抽出工場の会長職)。


『私がなぜ引き受けたのかはっきりと覚えてないんです、
何かすごい水と出会ってしまった…。


そう思ったらまるで何か《見えない意思》に、
ひょいと動されたようで…(笑)』。


このミネラルに関わった方のほとんどが、
なぜか一様に皆さん同じことを仰います。


『私がこの水を選んだのではない、
このミネラルが私を選んでくれた』
…と。。


※以上、会員向け『発展のためのアドバイス集』
冊誌(№100まで)1冊864円

 

 

ミネラルは人を選ぶ…?


つまり私は、
地球が生体ミネラルを飲む人を選んでいると思えてならない。


だからなぜか、
会員の方々で地震予知できる方が多いのも納得できたりするのだ。
※特に女性…アマテラス…シャーマン(笑)


ただ縁のある方しか、
このミネラルを飲むことはできないように感じる。


縁とは宇宙最大の愛である。


本ブログでの縁も。


しかし、

世の中の99%の方がこのミネラルの存在を知らない。


よって日本人男女平均で、
平均寿命(83歳)と健康寿命(72歳)の差が11年もある。


寝たきりで本人も家族も苦しむ期間だ。


知らずに苦しむ…


国も医療費負担で苦しむ…


未来の子どもたちも苦しむ…


苦しみの連鎖をここで止めるには、
“今”しかないと私は真剣に思っている。


生活のパラダイムシフト…、

それが未来へのパラダイムシフトに繋がると信じている。


未来を決めるのは、

今の私たち一人ひとりなのだから。。

 

 

 

★追記:
今まで生体ミネラル「希望の命水」を飲んだ事のない人は、
下記で申し込めば「サンプル100cc」を1本無料でお送り致します。


【一般の方専用】
http://www.j-smc.co.jp/meisui-sample.html


特にこれからは、
家族で鍋の中に10~30ccを入れて「健康鍋」に、
または「年越しそば」の茹で水とダシ汁に少量で。


締め切り:年内配送可能な12月26日まで


※会員登録義務は一切ありません。

 

 

また、
現在『JES相互扶助会員』さんで、
知り合いの方に年末までに分けたい場合は、
「サンプル100cc」を 最高10本! 今回無料でお送りします。


【相互扶助会員様専用】
http://www.j-smc.co.jp/meisui-sougo.html


※こちらも何ら義務や責任は一切ありません。


締め切り:年内配送可能な12月26日まで

 

 

一人でも多くの方に、

家族で楽しい年末年始を迎えて頂くために。。

 

初夢もきっと…?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2016-11-29 12:22:01

日本山人参伝説

テーマ:ブログ
2016-11-27 15:48:20

トランプ秘書と会談

テーマ:ブログ

11/2の神幸祭、
火の鳥が数百体も乱舞し、
当日に行かれて祈願された方は多い。


神幸祭のローソク祈願は、
原則は来年に向けての祈願だと言うのに、

早々と祈願成就された方の報告が後を絶たない。


よく聞かれることは、
「本井さんはどんな祈願を掛けたのですか?」…だ。


「どーか、宝くじが当たりますように」…、
とは言えない(笑)。


実は私が神幸祭を含め、

『心願成就』でここ数カ月掛けていた祈願は、
「トランプ氏が米国大統領に…」だった。


別に私は、
トランプ氏を好きだとか、
決して彼に肩を持っている訳でもない。


ただヒラリー氏が米国大統領になったら、
この日本も終わりになる危険性があった。


その理由は『TPP』


皆さんもご存知なように、
ヒラリー氏はTPP推進派、
トランプ氏は反対派だった。


なぜTPPに日本が加盟したらこの国が終わりになるかは、
会員向け無料レポート『食卓が変わる!』をお読みになれば分かるだろう。
※希望の方は無料送付


実は食だけではない。


金融も会社も経済も、
全て「彼ら」に乗っ取られてしまうからだ。


※既に半分近く乗っ取られてはいるが…


「彼ら」とは、
Mr.X氏のいう所のフリーメイソンである。


ヒラリー氏の真の素性は、
Mr.X氏から散々聞いていた。


米国のみならず、
日本、そして世界の未来が危うくなるからだ。


ロシアのプーチン大統領は、
「もしヒラリー氏が大統領になったら、
米国との核戦争も有り得る…」と、
真顔で側近に言ったとか言わなかったとか?…


彼女自身が決して悪い訳ではない。


彼女の「周り」が悪過ぎるのだ。


可哀想なくらい、
がんじがらめになっている。


※詳細は言えない。。


それで、
「ヒラリー氏になるよりは…」と思って祈願した。


11/8大統領選挙の日、
普段見ないテレビ速報にかじりついた。


日本の未来もこれで決まるからだ。


大方の予想に反して、
トランプ氏優勢の報道が流れた。


ホッと胸を撫で下ろした。


実は以前、
英国のEU離脱に関しても宝徳様に祈願した。


大方の予想は「EU残留」だったと思う。


しかし、
私が今まで宝徳様に祈願して、
その祈願成就率は、ほぼ100%である(笑)。


祈願が成就したからと言って、
トランプ氏が大統領で今後どうなるのかは分からない。


Mr.X氏は、
「フリーメイソン同士の戦いなのでどっちもどっち」…、
とは言うが。


しかしどちらかと言えば、
日本にとってトランプ大統領の方が、
取り敢えず目の前の大きな危機を免れられたのは事実だと思う。


選挙の情勢が、
ヒラリー優勢からトランプの流れに変わったのは、
言うまでもなく「私用メール問題」の再調査をFBIが発表したからだ。


FBI長官に、
退職さえ辞さない覚悟で、
職員たちが「再調査」を直訴したことによる。


それで、
ヒラリーとトランプの戦いは僅差となった。


けれども、
ヒラリー優勢は変わらなかった。


そしてこのままで行けば、
間違いなくヒラリー氏が大統領になっただろう。


しかし、
その後の選挙直前の2日前に、
「FBI再訴追ナシ」の発表が流れた。


この発表は、

ヒラリー陣営にとって、
喜ばしい好材料となるはずだった。


しかしこれが、
アメリカ国民の感情を動かす決定打となった。


「なーんだ、
やっぱりいつものヒラリーの圧力で…」


「今までと変わらない、
汚い政治になるだけ…」


私は、

昔の竹下総理時代の「ほめ殺し」を想像した。


※街宣車が竹下総理をほめちぎり、
それが悪印象となって逆のイメージをもたらす作戦。


もしこれがトランプ陣営の作戦だったなら、
彼のバックには、
かなり相当の「大衆心理を読み解く天才」がいたと思われる。


しかしいずれにしても、
今後日本にいろんな難題を突き付けられても、
TPPが破談になった方が遥かに良いと思われる。


お金より命(健康)が大切だからだ。


どっちに転んでも、
あらゆる面で大変な時代に突入した事は、
紛れもない事実だろう。

 

少なくとも「時間稼ぎ」にはなる。

 


実は2年ほど前、
トランプ氏の日本人秘書と食事した事がある。


そこで分かった事は、
意外にトランプ氏は『日本びいき』だということ。


でなければ、
日本人を側近の中の一人にする事もないだろう。


そして、
徹底した合理主義であり能力主義であること。


全体を的確に判断し、
頭もとても良いらしい。


間違った判断であった場合は、
一般の政治家によくありがちなプライド等に固執せず、
すぐに訂正し軌道修正する柔軟性も持っている。


社員に対しても、
結果を出せば過大な報酬を与え、
結果が出なければすぐに解雇するらしい。


それだけに、
自分にも厳しい人のようだ。


他にもいろいろと話を聞いたが、
彼の性格からして選挙中の過激発言は、
単なるマスコミ向けのパフォーマンスだったと思われる。


しかしここまで個性の際立った大統領は、
フィリピンのドゥテルテ大統領に匹敵するかもしれない。


トランプ氏は政治家ではなく、
あくまでも実践主義の実業家である。


ある意味で政治のやり方は、
田中角栄氏と似ているのかもしれない。


日本や世界に大きな変動が、
2020年の東京オリンピックまでに来ることは、
数年前から宝徳大社の宮司先生も危惧している。


「それまで健康に気を付け感性を磨きなさい」…と。


※日本民族の覚醒…?


今回の大統領選の結果は、
やはり着実にその方向に向かっているのだろうか。。

 

 


※余談:映画「Back to the Future Part II」で、
トランプ米国大統領を予言?


http://www.tontonpig.com/entry/2016/02/11/141631


↑あまりにもそっくりなので笑ってしまった。


でも映画のストーリーでは、
その後に暗黒な近未来になる…。


そこまでは当たって欲しくないものです。。


 

 

 

 

 

 

2016-11-25 11:50:39

電磁波は自分で守る!

テーマ:ブログ

前回の話した、
目に見えない脅威の中の一つに、
「電磁波」がある。


これがどれほど恐ろしいか、
ほとんどの日本人は知らない。


昨日は東京で初雪となり、
今日も寒い。


こんな日は、
ホットカーペットで電気コタツで電気ストーブで、
パソコンでもいじりながらTV見て携帯電話も充電して…。


自殺行為である(笑)。


社団法人「日本電磁波協会」の理事であり、
以前からJES会員さんでもある、
土田直樹先生に伺った。

 

以下は土田先生の弁。

 

…電磁波は、
目に見えないからこそ恐いんです。


知らず知らずの内に身体や精神を蝕む…


送電線や発電所付近の家については、
ガンとか白血病とか様々な弊害を心配されている方は多いと思いますが、
実はそんな外からの影響より、
今や『家(建物)の中』が数千倍も危ないんです。


昔は1件家で使われる総電気コードは150mほど、
今や日本の家屋の平均は、
1Kmを超えています。


電気コードで1キロ…、
でも我が家ではそんなに電気コードは無いと思うのですが。


本井さん、
この前、測定士の中村さんがあなたの家を調べたら、
2キロ以上あったと言ってましたよ(笑)。


え~!


実は、
電化製品のコードの長さなんてたかが知れてます。


ほとんどの家庭は、目には触れない、
『屋内配線』のコードの長さの合計が1㎞を超えているんです。

 

しかも太い。

 

電磁波は、
木造であれ鉄筋コンクリートであれ、
ほとんど全てを通過して、
人体を覆い包んで帯電します。


アースを取っていてもですか?


そのアースは、
せいぜい洗濯機か電子レンジくらいでしょ?


実は、
肝心の「屋内配線」をアースしてない家がほとんどなのです。


ウチも屋内配線を全部アースしたいけど、
結構予算が掛かるのでしょ?


確かに家全体をリフォームしたら、
それなりのお金が掛かります。


けれども、
もっと安価で簡単にできる対策があるのです。


それは最後にお話ししますね(笑)。


でも先生、
電磁波は何でも通すから、
いずれ外に逃げていくのでは?


現実はそれが違っていて、
家全体を覆っている断熱材や、
または電磁波防止材の壁紙が、
反対に電磁波を乱反射させて家の中に閉じ込めているのです。


え~!
まるで家の電子レンジ化…


ですから、
外にいるよりも密閉された家の中が圧倒的に危険なんです。


しかもIH調理器とか、
電子レンジのそばで調理なんかしたら…


そうですね、
特に2008年以前のIH調理器具は
即座に買い代えた方が良いです。


また、電子レンジに関しては、
調理中は最低でも60㎝以上離れなくてはいけません。


特に電子レンジは、
後ろに置いてはいけません。


え?、後ろに?


はい、
後ろに電子レンジを置いて加熱させながら、
他の調理をする方が多いと思うのですが、
人体との距離が60㎝以内になるので、

大量の電磁波が人の背面を覆います。


すると女性の方は特に、
子宮がんや更年期障害等の不安が出てきます。


もし電磁波が目に見えたら、
人体にパチパチ電流が走って見える?…


そうですね、
一般に家にいる時間の多い主婦は、
特に電磁波に神経を使った方が良いかと思います。


では2008年以降のIHは大丈夫?


はい、
我が家でも2008年以降のIHを使ってます。


それは、
各メーカーが一斉に電磁波対策のIHに切り替えたからです。


なぜ?


答えは簡単です、
海外で日本製のIHが売れないからです。


外国の方は、
それだけ電磁波の対策を取っており、
その影響を良く知っているからです。


知らぬは日本人だけ…、
と言う事ですね。


そして、
1階よりも2階の方が危険です。


1階の屋内配線と2階の、

屋内配線の「コードの束」が重なっているのが2階の床です。

 

2階の人は、

そのコードの束の上に寝ているようなものだからです。

 

ですから、

ベッドだとしても常に帯電状態です。


じゃあ、リニアモーターカーや、
新幹線はどうなんですか?


通常の新幹線よりも、
リニア新幹線は当然ながら電磁波障害を膨大に受けます。


乗らないに越したことはありませんが、
車内販売員は除き、
乗客は24時間乗り続けるものではないですよね?


そして、
駅に着けば外に出て歩きますよね?


それが多少なりともアースになっています。

 

※裸足で土の上を歩けばもっと良い(笑)…とも。

地球(アース)の浄化力の凄さは、

電磁波さえも吸収し調和してくれるのだ!


リニア新幹線は、
「病院でレントゲンを撮っても即座に放射線被曝しないのと同じ」…、
と言い訳してますが、
間違いなくその影響は受けると思います。


だからどうせ乗るなら、
通常の新幹線、
それもグリーン車にした方がより良いです。


なぜグリーン車?

料金高いし…。


新幹線のグリーン車と運転席だけは、
電磁波対策を取っているからです。


(!)そんな仕掛けが…


ですから、
電磁波を常時浴び続けている車内販売員のお仕事をなさっている方は、
是非とも職場替えをお勧めします。


女性、
しかもお若い方が多いですもんね…。


最も怖いのは、
電磁波が弱くても、

それを長時間浴び続けることが、
もっとも身体や精神にダメージを与えるのです。


帯電時間が長い…、
つまり電磁波に長時間さらされ続けるのが一番危険…、
ということですね。


あと問題は、
日本人も外国人も同じ人間の身体なのに、
日本だけその安全基準がかなり甘いのですね。


その安全基準の差がなんと、
数十倍から数百倍の差があるのです。


ですから、
日本の妊婦さんの統計では、
先天異常児の出生数が飛び抜けているのは、
電磁波が原因だと思わざるを得ないんです。


それはズバリ、
この時期にどの電化製品が原因なのですか?


電気(ホット)カーペットです。


電気毛布は10倍の危険率、
ホットカーペットの場合は100倍ほどの危険率になります。


100倍!!!


ですから特に、
妊娠初期3カ月は、

絶対にホットカーペットや電気毛布を使ってはいけません。


でも3か月と言っても、
妊娠が分かるのは3か月目くらいだし…。


中には、
「ウチは、電磁波99%カットのカーペットだから大丈夫!」と、
誤解して安心している人が多いのです。


えっ?
「電磁波カット」のカーペットも危険なんですか!?


電磁波には、
「電場」「磁場」があって、
電磁波カットの商品は、
全てが「磁場」だけのカットなんです。


家電量販店で、
『電磁波対策』のホットカーペットや電気毛布が販売されておりますが、
そのような製品は「磁場」対策のみになっていて、
「電場」対策にはなっておりません。


え!?
「電場」と「磁場」の両方を取る電化製品はない…、
と言うことですか?


そうです、
外国にもありません。


それはなぜかと言うと、
海外ではそれぞれの家庭で「アース」付きの三口コンセントで「電場」を外に逃がし、
しかも、
日本と違って元々電圧等(※ボルト・ワット・アンペア)が違うので、
全体的に電磁波の影響を受けにくい構造になっているです。


日本人だけが、
危険にさらされている…という訳ですね。。


しかも、
「磁場」は電源スイッチを切れば消えますが、
「電場」はスイッチを切っても放出され続けますから、
「電場」の方がどちらかと言えば危険なんです。


でも、
電気製品のコンセントごと抜けば安全?


多少は安心できます。


けれども残念ながら屋内配線には常に「電場」が放出され、
しかも乱反射で四方八方から、
家の住人の人体に帯電し続けていますから。


あっ、そうか…、
家にいる限り人体に、
電磁波でパチパチ帯電している状態…。


すると、
この時期に最も重要なことは、
まず
「電磁波99%カット」のカーペットや電気毛布に買い替える。

 

これで「磁場」は安心。


そして、
「電場」カットのアースを取り付けて外に逃がす、
…という結論しかありません。


そうすることによって、
そのカーペットを敷いたスペースだけが、
電磁波全ての影響を受けない唯一の「安全地帯」になるのです。


『魔法の絨毯』のようですね(笑)。


しかもその絨毯の上では、
充電中の携帯電話の電磁波も、
同様にアースして身体へ影響がないようにしてくれます。


携帯を充電したまま、
目覚まし代わりに枕元に置いて寝てる方が多いのですが、
常に睡眠中も脳が電磁波で帯電した状態になっています。


携帯を耳に付けて通話するよりも危険…、
と言うことですね?…


はい、

そしてそれら電磁波から身を守る方法は、
今回「日本電磁波協会」推薦の、

「プラグインアース」「アースインナーニット」の、
2点セットが安くて安心です。


①楽天『プラグインアースエルマクリーンII』
http://item.rakuten.co.jp/smc/l15/


A.楽天『アースインナーニット(シングルサイズ)』
http://item.rakuten.co.jp/smc/l16-3/


B.楽天『アースインナーニット(2帖タイプ)』
http://item.rakuten.co.jp/smc/l16/


C.楽天『アースインナーニット(3帖タイプ)』
http://item.rakuten.co.jp/smc/l16-4/


※ホットカーペットの場合は、
①と、AかBかCを選ぶ必要あり。


※『会員特別割引制度』がありますので、
会員さんは上記で
買わないでください。
(担当:中村までお電話で!)


●正直言ってこの商品、
ほとんどJESの利益はありません!(泣)

 

この「プラグインアース」と「アースインナーニット」の2点セットさえあれば、
部屋単位で安心と言えます。


しかも、
パソコンの「電場」を取るUSBコードも付いていますので、
同時にカーペットと使えますから、
大掛かりなリフォームするよりもかなりお得です。


なるほど!!


あと、
お客様からご相談やご質問があった場合は、
どんな事でも
JESの中村さんに伺ってください。


彼は当「日本電磁波協会」の、
全国でも数少ない『1級電磁波測定士』の免許に合格されましたから、
当協会が自身を持って、
どんな事でもお答えできるかと思いますよ。。


※電磁波測定士は全国で約1,000人、
内、「1級電磁波測定士」は2割しか合格しない…とか。

 

■お問い合わせ
(株)JES
1級電磁波測定士:中村友洋(28歳)
0120-998-711


顔は下記↓↓(笑)
スタッフブログ:『宴会』

 


◎怖い電磁波!
下記に
10項目以上思い当たる方は要注意!


(1)目の症状…目の疲れ、目の乾燥、耳鳴りが続く、見にくい、目が痛い、目がうずくなど


(2)皮膚の症状…乾燥する、赤くなる、できもの、アトピー性皮膚炎など


(3)鼻の症状…鼻づまり、鼻水など


(4)顔の痛み…顔がほてる、むくむ、水泡、ヒリヒリする


(5)口の症状…口内炎、鉄っぽい味がする


(6)歯や顎…歯や顎の痛み、こめかみが痛い


(7)粘膜の症状…乾燥、異常な渇き


(8)頭痛…単なる頭痛のみならず、めまい、忘れやすい、記憶喪失など


(9)疲労…異常な疲れ、ひどい肩こり、集中力の欠如


(10)めまい…気を失いそうな感覚、吐き気


(11)関節痛…肩こり、腰痛、腕や関節の痛み


(12)呼吸…呼吸困難、動悸


(13)しびれ…腕や足のしびれ、麻痺など


(14)静電気…よくピリッとする、溜まりやすい


(15)不眠…ぐっすりと眠れない、目覚めが悪い、疲れが取れない


(16)とにかく疲れる、ひどく体がだるい


(17)仕事を終えて家に帰ると疲れて動けない


(18)倦怠感が強く何も出来ない


(19)食事を作る元気もない


(20)血流が悪くなり頑固な冷えが起きやすい


(21)乾燥肌となって肌荒れが発生しやすい


(22)何となく気分が優れない、鬱、イライラなど


(23)疲れやすく何もできず家にこもってしまいがち

 


備考:

◎本井流検査の方法


我が家で、
僕が瞑想する時の方法があります。


瞑想は、
同じ「目に見えない」電磁波の環境下ですると、
良くない波動に邪魔されて深く入れないからです。

 

電磁波は「気」も狂わすものですから、

目に見えない世界から見たら当然と言えば当然ですね。


そこで、
上記のような症状をお持ちの方は、
『電磁波の検電器』を買って調べるのが一番です。


『検電器』

けれども上記の『検電器』を買わなくても、
一度、家の電気の「ブレーカー」を全て落として、
一晩寝てみてください。


翌朝、
スッキリと目覚めたなら、
今までかなり電磁波の影響を受けていた証拠になるかと。。

 

 

※ほんのまだ電磁波の触り部分ですが、

参考になりましたか?

 

「相互扶助会員」さんには、

もっと奥の部分を突っ込んだDVDを編集中で、

家庭でできる電磁波対策について、

全員に無料で進呈する予定です。

 

お楽しみに。。

 

◎推薦図書

 

何度もJESで講演された「船瀬俊介」氏の本↓

 

 

 

 

「日本電磁波協会」の土田先生と一緒に、

電磁波対策の活動を行っている医学博士「西谷雅史」ドクター↓

 

 

 

 

 

 

 

 


 

1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>