テキサスの水辺より

お届けしています。踊る♪不動産投資家の覚え書きです。


テーマ:

昨日の日曜日はベリーダンスのワークショップがあったのですが、あともう少しでスタジオに着くというところで連絡があり、ワークショップはキャンセルでした。えーん

 

 

理由は生徒さんが少な過ぎて、、、って一体どうしちゃったんでしょう。

 

 

 

さて、ワークショップと言えば、自分記録になりますが、フラメンコ・フェスティバルのワークショップの様子を記しておきます。

 

 

 

 

★ ストレッチとウォームアップのクラス

 

これはマットピラティスの緩い感じと、バレエのバーレッスンをバー無しでやるようなクラスでした。

 

疲れない程度にほどよく身体がほぐれて、朝早いけれど行ってよかったと思います。

 

 

 

★ 中級テクニックのクラス

 

フラ友さんおすすめのインストラクターでしたが、たまたまこのクラスが向いていなかったのか、私には今一つでした。

 

 

足打ちの練習時間が毎回20分くらいあるのだけど、初心者レベルの簡単なプランタ、タコン、ゴルペの繰り返しで、でも振り付けクラスの実際の踊りではそれの何倍も複雑で、何倍もの速さになるのであまり役にたたなかったような気が、、、、 足を疲れさせただけ?

 

 

あと、毎回15分くらいターンだけを練習する時間があるのですが、何故かシャネターンとピルエットばかり練習させられました。シャネターンとピルエットはバレエのターンとほぼ同じなので、この2つは何とかなるのに。

 

 

フラメンコにはかかとに重心を乗せて回ったり、腰から回ったり、スポットを床において回ったりするフラメンコ特有のターンが色々あって、そういうフラメンコ特有のターンの練習をやって欲しかったなあ。

 

 

 

 

★ ソレアポルブレリアの振り付けクラス

 

このクラスの振り付けは私には非常に難しかったです。

動きが速過ぎて覚えられない。やっと覚えてもすぐ忘れる。

 

中級クラスと言っても、初級の方から上級の方、インストラクターまで生徒さんのレベルは様々なので、普通に付いていっている人もいれば、途中でやめて休憩している人もいました。

 

でも、インストラクターの踊りは素晴らしかったです。

マリア・モレノという小柄でチャーミングな方。

現在30歳だけど、舞台経験は20年以上だそうです。

今年の8月から3ヶ月間、東京の新宿のGarlochiでショーをされるそうですよ。

 

 

 

 

★ タラントの振り付けクラス

 

実は最初は別のクラスに登録していたのだけど、わけあってギリギリにこのクラスに変更したのですが、これが大正解でした。

 

一番気に入ったのがこのクラスです。爆  笑

 

インストラクターが素晴らしかったから。


彼はヘスス・カルモナというカンパニーのメンバーで、ショーも素晴らしかった。ヘススのカンパニーは、やはり去年の秋から3ヶ月間、新宿のGarlochiでショーをしていたそうです。

 

 

とにかく熱心なインストラクターで、一生懸命教えてくれるのです。

 

 

根気強く、皆ができるまで何度も何度も繰り返して、正面から、右から、左から、横からと、自分自身があちこちに移動しながら何度もお手本を見せてくれるし、最初から最後までずっと、誰よりも動きっぱなしで、バケツで水をかぶったように汗びっしょりになりながら教えてくれました。

 

 

あまりに汗びっしょりで、日本語のロゴ入りのTシャツの色が変わってしまっていたから、申し訳なくなるほど。

 

 

 

★ タンゴとブレリアのクラス

 

年配の男性インストラクターなのですが、1日目はとにかく徹底的にリズムを身体にしみこませるのがメインでした。

 

タンゴの曲にあわせて、シンプルな動きを何度も何度も何度も何度も何度もひたすら繰り返す。音楽が鳴ったら、意識しなくとも自然にできるようになるまで何回でも。

 

もしこのクラス一つだけだったら物足りなかったかもしれないけれど、この頃には疲れて足がパンパンになっていたので、こういう感じのクラスでありがたかったです。

 

 

 

全部中級クラスを受けましたが、テクニックと最後のクラスが初級レベル、振り付けクラスは中上級レベルではないかと思うくらい難易度が全然違いました。

 

最後に、ワークショップは全てギタリスト付きで、インストラクターが唄ってくれるので、ライブミュージックで踊れるのがよかったです。音譜 

 

色々あったけど、フラメンコ・フェスティバル、行ってよかったです。❤️

 

 

 

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:

ニューメキシコ大学の寮から一番近いスーパー(徒歩30分)に買い出しに行こうとした時、フラ友さんが「あの辺はあまり治安がよくないから気をつけてね」と言っていた。

 

 

隣のお部屋の人(ハワイから来ているベリーダンサーさん、フラメンコ歴はまだ1年)も、買い物に行く途中で何人もからお金をせびられたと言っていました。

 

 

確かに、私も路上にいる人達からお金をせびられました。真顔

スーパーのレジの人もびっくりするくらいアンフレンドリーでした。ニヤニヤ

 

 

 

まあ、気にしない、気にしない。

 

 

 

でも、翌日、とても嫌なめにあってしまった。下矢印

ニューメキシコ大学構内のベンチに座って、ワークショップで撮ったダンスの動画を見ていた時、ある女性が何か話しかけてきたのです。

 

 

「中国人」と耳に入ったので、私に話しかけているの?と顔をあげたところ、

 

いきなり「中国に帰りなさい」と言うのです。

 

「え?私は日本人ですけど?」

 

「関係ないわ、自分の国に帰りなさい。」

 

一体何?この人。滝汗

 

「そうしたいんですけど、アメリカ人と結婚しているので。」

 

 

と言い終わるや否や、急に声を荒げてファックユーと罵られました。

 

私に罵った後はすぐに去って行ったけど、すごくビックリした。ゲッソリ何かアジア人から嫌な目にあったことでもあるのでしょうか。

 

 

 

その日の夜は大きなショーがあったので、また気を取り直して、ショーを見に外のシアターへ。

 

 

 

そこでちょっとショックだったのが、そのシアターでチケットを見せる列に並んでいたのに後から来た人を先に通して私は後回しだったんですよね。普段なら気にしないけれど、罵られた後だからまたちょっと落ち込み〜。ダウン

 

 

 

私が小さくてよく見えなかっただけかも、とまた気を取り直し、

 

帰りはウーバーを利用したのだけど、ドライバーさんのミスで恐らく私の寮の少し手前で降ろされました。ドライバーさんは感じのいい人だったし、全く悪気はなく。

 

 

どちらにせよ私の寮は車が入れない細い通りにあるし、すぐに見つかるだろうと思って降りたのですが、、、、、、真っ暗で同じ建物がずらっと並んでいるから場所がよく分からず、、、、

 

 

その後、なんと夜11時に夜道を30分もさまよい歩くはめになってしまいました。

 

 

車が何台が通ったけれど、皆さん素通り。

 

 

ヒューストンだったら、お店の場所が分からずスマホの地図を見ながらウロウロしていたりすると誰かしら、May I help you?と聞いてくれるから、アルバカーキでも期待したけれど、、、、、

 

 

停まってくれるどころか、ノロノロ走っている車を追い越して、追い越し間際に「ファックユー!」と叫んでいきました。ガーン

 

 

あの大学、ガラの悪い所に建っているのかしらん。

 

 

もちろん、そういう人達はほんの一部だと分かっているけれど、残念ながら、一部の人達のせいでアルバカーキの印象が悪くなってしまいました。お好きな方がいらしたらすみませんっ。あせる

 

 

 

 

 

 

まあ、これも気を取り直して、ただ大学近くのセントラルアヴェニューにはB級グルメが色々あったので割と楽しめました。ナイフとフォーク

 

 

フラ友さんはショーの後に10時半くらいからディナーを食べるので、私は1回だけ付き合って、あとはずっとお一人さまご飯でした。

 

 

 

朝よく食べたサンドイッチ。

パンがさくっとしていて美味しかったです。

 

 

 

 

 

スクランブルエッグやベーコンの入った朝食用のブリトー

 

 

 

 

 

 

 

ベジタリアン用の野菜とキノアの入ったラップ。

 

 

 

 

 

 

ラーメン屋さんもあったんですよ。

 

 

 

 

 

 

 

そのすぐ近くに和食屋さんも、何故かメニューはほとんどラーメン。こっちのラーメンのほうが私は好みでした。

 

 

 

 

 

 

あと、ボリュームたっぷりの中華のテイクアウト。

2人分くらいある。

 

 

 

 

 

 

でも、一番気に入ったのは、セビチェリア。

ここでポキ丼が食べられるのです。

 

 

 

 

 

 

 

ご飯はちゃんとお酢がきいているし、トッピングに枝豆とか海藻サラダとかもあります。

 

 

 

 

 

 

アヒツナ、サーモン、アルバコア、シュリンプと4種類食べた結果、アルバコアが一番美味しかったです。あのお店、ヒューストンにもあればいいのにな。

 

 

 

 

あと、Frontierというレストランの絞りたてオレンジジュースがすっごく美味しかったです。おすすめ。

 

というわけで、治安の悪い?アルバカーキから無事に家に帰ってきました。

 

 

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)

テーマ:

フラメンコ・フェスティバルはニューメキシコ大学で開催されており、今年で30周年記念ですって。

 

 

大学もニューメキシコらしいピンクベージュ色の建物です。

 

 

 

 

 

 

 

この大学の舞踊専攻の学生は、フラメンコのクラスの履修が必須だそうで、この建物の中にダンススタジオが大小沢山あります。ワークショップはここで開催されます。

 

 

 

 

 

キャンパス内にはこんな銅像も。

 

 

 

 

 

 

フェスティバルは、ワークショップも、ほとんどのショーもキャンパス内で行われるし、参加者はキャンパス内の学生寮に安く泊まれるので私もそこに宿泊しました。

 

 

 

こんな感じの学生寮がいくつも並んでいます。ヒューストンのインストラクター、フラ友さんが合計5人参加していたのですが、私だけがかなり遠くに離れた寮でした。ギリギリに申し込んだから仕方ないけど、ついてない。えーん

 

 

 

 

 

 

しかも初日はどこのビルに行っていいか分からず、重いスーツケースを引きずってビルからビルへと1時間くらい探し歩いたから、そのせいでクタクタでした。あせる

 

 

そして、やっと割り当てられた私のお部屋は、、、、、

 

超質素。笑い泣き

 

 

 

 

 

い、いいんです、寝るだけだから。ニヤニヤ

 

 

お部屋は一人で使えて、バスルームは4人で1つをシェア。

 

 

各階にTVのあるラウンジがあって、地下におりると共同のキッチンとコインランドリーがあります。

 

 

ただ、この寮、どこに行くのも遠くって、カフェテリアも閉まっているし、おかげで1日に2時間くらいは歩いているかも。

 

 

 

私の1日のスケジュールはこんな感じです。

 

 

 

 

7時半に寮を出てスタジオへ。(徒歩15分)

 

 

★8時からウォームアップのクラス。

 

★9時からワークショップ1。

 

 

この後木陰のベンチで休憩して、朝ご飯のスナックを食べる。

スタジオ内は座る所もなく、皆さん廊下にペタンと座っています。

 

★11時半からワークショップ2。

 

レストランへランチに。(徒歩5分)

 

 

 

ランチ後寮に戻る。(徒歩20分)

 

寮でしばし休憩。

 

 

 

寮からまたスタジオへ。(徒歩15分)

 

 

★3時15分からワークショップ3。

 

★4時半からワークショップ4。

 

 

レストランへディナーに。(徒歩5分)

 

寮に戻る。(徒歩20分)

 

 

 

着替えてショーを見にシアターへ。(徒歩15分)

 

寮に戻る。(徒歩15分)

 

 

ショーの後フラ友さんと軽く食事に行ったりしたら更に徒歩10分くらい追加。

 

 

 

 

 

こんな感じで1日トータル約2時間は歩いています。

 

普段歩かないから、歩き疲れてクタクタ。くたくたヨレヨレ

 

 

 

こんなに歩かずにすむなら空き時間に練習できたけれど、とても無理です。マメと靴擦れと足の痛みで、、、、😹

 

 

今も音楽と靴音が聞こえて来るから、誰か寮で練習しているんだろうなあ。♪おんぷ

 

 

皆さんすごいです。

 

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

毎年6月に、ニューメキシコ州アルバカーキーで

全米最大のフラメンコフェスティバルが開催されます。

 

 

 

フラメンコの聖地である

スペインのヘレスで行われる

フラメンコフェスティバルの

アメリカバージョンと呼ばれているのだそうです。

 

 

丸々1週間、朝9時から夕方5時半まで

ワークショップがギッシリ。

 

夜はプロによるショーが7日間毎日あり、

多いときは

8時から劇場でのショー

11時からタブラオでのショー

と2回も❗️

 

 

 

ワークショップのほうは、

初級、中級、中上級、上級と4つのレベルに分かれていて、

 

中級クラスだけでも1日7クラスあるので

私はダンス4クラスとワームアップの合計5クラスに登録しました。

 

 

去年参加したフラ友さんに聞いてみると、

 

「あそこのレベル分けは

アメリカのレベルじゃなくて

スペインのレベルよ。

私は初級クラスで十分だったわ。

それから1日3クラスで十分。

それ以上取ると疲れてきて集中できなくなるから。」

 

 

とアドバイスされました。

 

 

でも、滅多にない機会だからと

 

思い切って中級クラスで登録しました。

 

 

それに、ベリーダンスのワークショップも

2時間X3つの6時間とか

3時間X2つで6時間とか

 

だいたい1日6時間ですもんね。

 

5時間くらい大丈夫でしょう。

 

なんて軽く考えていたら、早速ヨレヨレになってしまい、うたた寝してたみたいで起きたら夜のショーが終わってました。😭

 

せっかくいい席のチケットを取ったのに、ショック。😢

 

 

さて、あと5日、無事にこなせるでしょうか。

 

 

 

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

今週初めにあったライブオークションで私達が落札した家、

先住者が引っ越し準備中なので

まだ中がどうなっているのか分かりません。

 

 

築2年なので家の状態はかなりいいのではないかと

希望的観測で購入しました。

 

 

ちなみに前のオーナーさんは、この家に

わずか1年数ヶ月しか住んでいません。

 

家を買った直後にご主人がリストラにあい

仕事が見つからないままなので

家を手放すしかなかったそうで、、、、、

 

大変お気の毒なのですが

いいアパートが見つかったそうなので

彼らの引っ越し完了を待っているところです。

 

 

郊外の新興住宅地で、

外観はとてもきれいで家自体も大きいので

普通に買うとけっこうなお値段になると思います。

 

 

 

 

 

 

こういう家は賃貸に出してもすぐには

貸り手が付かないし、何より維持費が高いです。

 

 

固定資産税、HOA費、保険料だけで

毎月1000ドル以上はかかります。

 

 

 

 

余裕のある人はホールドして

数年後に売却でもいいかもしれませんが、

私達は、こういうタイプの家はフリップ(転売)します。

 

 

 

 

ちなみに、この家があるのは

何もなかっただだっ広い場所に開発された住宅地で、

今もドンドン新しい家が建ち続けています。

 

 

 

 

 

周りの家が新品だらけなので

新築の家よりは少し値段を下げるか、

もしくは、中をアップグレードして差を付けるか、

どちらで行くか家の中を見てからのお楽しみです。ニコ

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

今年の3月にHouston business journalからこういう記事が出ていました。

 

Houston riskiest market nationally for multifamily investors

 

集合住宅、アパート経営者にとってヒューストンは最もリスクが高いという内容でした。

 

意外でしたが、2016年に新規アパートが2600戸も増え、最初の2〜3ヶ月は無料にしなければ入居者が見つからないとも書かれていました。

 

 

 

確かに去年あたりから、賃貸の供給が需要に追いついてきたとは感じていました。

 

 

あちこちでアパートや住宅が建設中だし、ヒューストンに不動産投資をする人がすごく多いから。

 

州内はもちろん、他州(特にカリフォルニア)や国外(特にカナダと中国)の個人、法人の投資家が多く参入して、アパート経営や戸建ての賃貸をされています。

 

 

 

 

今年の3月に私達が募集をかけた家の周りには、個人の投資家さんばかりが5軒も同時期に募集をかけていました。

 

 

 

だからと言って供給過剰とまではいかず、借りる側にとって激戦ではなくなってきた、ちょうどいいバランスになってきたのでは

ないかと思っていました。

 

 

 

 

 

そして、今週また別の家で募集を出しました。

 

 

 

私達は入居者の募集をかける時、同じエリアの同じような条件の家の中をいくつか見てから適正な家賃を設定しています。

 

 

そうすると、1〜2年前より家賃がやや下がっている気がしたのです。

 

 

家の価格自体は確実に上がっていて、固定資産税や保険料も上がっています。

 

 

 

それなのに家賃自体はそれほど上がっていないか、むしろほんの少し下がっているのです。

 

つまり、2年前より利回りが悪くなっています。

 

 

まあ、仕方がないので周りの家賃設定にあわせて私達も家賃を設定し、募集をかけてみました。

 

 

 

すると、、、、、

 

 

 

 

あれ?

 

 

今ってサンクスギビングだっけ?

 

 

それともクリスマスだっけ?

 

 

というくらい閑古鳥なんです。

 

 

 

6月と言えば不動産業界は繁忙期のはずなのに、募集をかけてから3日の間に内見がたったの6件、そのうち申し込みがあったのが2件だけ。

 

 

家賃が1800ドル以上となると内見が少なくなるのが普通ですが、この家は家賃1500ドルで、しかも人気エリアです。

 

 

 

以前は、このエリアで募集をかけると同時に電話が鳴りっぱなし、2日もあれば申し込みは7件くらいはあり、入居者は当日か翌日に決まっていました。

 


ちなみに、この記事の家があるのと同じエリアです。

 

 

 

やっぱり賃貸市場の風向きが変わってきたのだなと思って、もう一度ちゃんと調べてみると、、、、、

 

 

ヒューストンのアパートの平均価格は

2016年3月が1598ドルのピークで、

2017年4月は1428ドルと、

やはり下がってきているようです。

 

 

 

原油価格下落で不動産業にも影響が出るのはだいたい2年後と言われているので、それの影響と、ここ数年でグンと供給が増えたのが原因でしょうか。

 

 

 

まあ、数年前が売り手市場過ぎたのかもしれません。

 

お陰で今回は問い合わせが少なく全然忙しくなかったですし、多くの人にお断りをしないで済んだのは助かりました。

 

内見が少ないものの、3日でとりあえず2件の申し込みがあり、条件のいい方のほうに決まったので、まだまだ安心していられる市場ではあると思います。

 

 

 

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

日本人駐在ご家族の家探しのお礼にと、

ランチをごちそうになってしまいました。

 

 

思っていた以上におしゃれなアジア系のお店。

 

 

 

 

 

食事も美味しかったです。

 

 

 

 

 

 

更にギフトカードもいただいてしまい、大変恐縮です。

 

 

彼女達はアメリカ国内で何度か引っ越されていますが、いつも家をきれいにお掃除をして、すぐに貸せる状態で引っ越されるそうなので、

 

 

 

ああ、私達も是非そういう人達に住んでもらいたい、とつくづく思いました。

 

 

 

 

私達が貸している賃貸物件で、先週末1軒空きが出たのですが、

 

 

家のあまりの汚さに気絶しそうでした。ゲッソリ

 

 

天井や壁にくもの巣が10カ所くらい。

ハエやゴキブリの死骸にホコリ、ペットの毛なんかが

壁の隅に落ちていて、窓枠や出窓部分は真っ黒。

 

 

2年間掃除していなかったのでは?滝汗

 

 

かと言ってプロの清掃業者を雇うほどではないし、

何かを壊されたとか、無くされたとかじゃないから

デポジットはほぼ返却して

夫と私が2人で掃除しました。えーん

 

 

 

 

夫も日本人駐在家族に貸したいと言っていますが、

 

 

残念ながら私達の賃貸物件は

どれも投資用に買ったものなので

一番利益の出易い価格帯

家賃1300ドルから1700ドルなのです。

 

 

 

駐在家族の方が探される家はもう少し

家賃が高いです。

 

 

ただ、2000ドル前後以上の賃貸物件となると

対象者が限られてくるし、

利回りも低くなるので私達は所有していないのです。

 

 

そういう家は、元々一般の人が住んでいて

住み替えたから貸すというパターンが

多いと思います。

 

 

 

さて、ヒューストンの賃貸市場と言えば

最近やや翳りが見えてきたのを感じます。下矢印

 

時間があるときに記事にするかもしれません。

 

 

 

 

 

いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

もう1週間前のことですが、

先週末は、ダウンタウンのコンベンションセンターで

イベントがあり、そこでパフォーマンスをしてきました。

 

毎年やっていて私は今年で5回目かな。

 

 

ただ、今月初めはちょっと仕事が忙しくなったり、

取っていたクラスのファイナルがあったり、

知りあいのご主人が事故で急逝しバタバタがあったり、

 

 

間際になっても何を踊るかも決まっていない状態でした。真顔

 

 

 

この日までに音楽を送ってください

と言われた日にやっと音楽を編集して、

ギリギリに間に合いました。

 

 

それが先週の月曜日。

 

 

火曜日から振り付けを考え始め、

 

水曜日に半日かけて振り付けを完成させ、

 

木曜日にやっと衣装のお直しも始めました。😓

 

 

ごく普通のブラウスをベリーダンス用の

ボレロにリフォームしたのですが、

思っていた以上に時間がかかってあせりまくり。

 

 

 

新しく買ったスカートの裾上げは間に合いそうになかったので

近くのテーラーに持って行き、特別料金を支払って

翌日までに仕上げてもらいました。

 

 

 

そして金曜日の午後、この日はカジュアルな

ラインエンターテイメントと呼ばれるパフォで、

練習を兼ねてさくっと踊りました。

 

 

 

その後、夜はドラムジャムというイベントがあり、

ドラマー達がドラムを叩くなか、

参加ダンサー達が好きに踊ってきました。

 

 

この時TV局の人がカメラを持って通ったのですが、

私達は映ったかどうか謎。

 

 

 

どちらにしてもオーケストラの好きな私は

ドラムソロだとノレナイのでだんだん苦痛になってきて、

20〜30分で退散。

 

 

家に帰って、夜遅くまで本番の練習をしました。

 

 

そして、翌日土曜日の夕方が本番。

 

 

この日は疲れないよう、練習しすぎないよう、

メイクに時間を取り余裕をもって会場に行きました。

 

 

 

ちなみに1曲目はノートルダムの鐘のエスメラルダのイメージで、

タンバリンを持ってジプシーフュージョンを踊りました。

 

 

 

 

ある程度の構想は練っていたものの、

こんな短い時間に、音楽の編集、振り付け、

衣装直し、全部よくできたな〜って自分で感動。てへぺろ

 

 

 

二曲目はアラビックポップで

ごく普通のキャバレースタイル(日本で言うオリエンタル)の

振り付けです。

 

 

 

実はこれは、思いっきり失敗しました。

 

 

こちらは大まかな動きしか考えていなかったからですが、

 

音楽が始まった途端に何をするのかすっかり忘れてしまって

ほとんど即興。

 

せっかく練習したのに。えーん

(え?もしもし?)

 

 

 

まあ練習時間が少な過ぎたのが原因ですね。下矢印

 

 

 

 

そして、

 

怒濤のパフォが終わり、燃え尽き症候群で

 

ぼーーーーーーーーーーーーーっ

 

としていたら

あっと言う間に1週間が終わってしまった。

 

 

あれ?この1週間何してたんだろう?

 

 

という感じ。

 

 

先週が1分たりとも気の抜けない忙しさだったから、

その反動でしょうか。

 

 

何しろ、衣装もまだ片付けていないし、

メイク道具やカーラーも出しっぱなし。

 

 

明日からいい加減シャキンとしようと思います。笑い泣き

 

 

 

 

 

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

久しぶりだと、またアメブロさん変わったんですね。

 

新しい機能のプレビューで見たら、下書きしていなかった記事が消えてしまったので、もう書く気が失せてしまっていました。ダウン

 

 

 

でも、先週はNYでベリーダンスのワークショップを受けたので、忘れないうちに自分記録に書いておきます。

 

 

 

★ Randa Kamel

 

憧れのランダ様を生で見られて、ワークショップを受けられて、それは嬉しかったです。ピンクハート

 

 

綺麗、ゴージャス、チャーミング、パワフル、

クイーンのようなオーラを放って、

やっぱり動画で見るよりずっと迫力がありますね。

 

 

一つ思ったのが、、、

 

彼女の振り付けは動きが速くてすごくターンが多かったのですが、彼女はライト・ターナー、右回り、時計回りのターナーなのでしょうか。

 

たまたまかもしれませんが、私が取ったランダのワークショップは、普通のターンも、ヒップサークルも、オミも、全てが時計回りでした。

 

 

右利き、左利きの人がいるように、ターンやオミも安定するほうが誰にでもあるそうで、、、、、

 

時計回りが得意な人のほうが多いみたいですが、実は私は反時計回りのほうが自然に楽にできるので、即興なんかで踊ったら反時計回りばっかりになってしまいます。

 

 

 

それはさておき、ワークショップの後にランダ様とツーショットで写真を撮ってもらおうとしたら、、、、

 

私の前にお願いに行った女の子たちがお断りされていました。びっくり

 

「メイクがとれてしまったから、メイク直ししてからね。」ですって。

 

 

メイクしてなくても十分おきれいなのに。(隠し撮りしてみた。ニヤリ

 

 

 

 

 

 

私は別のセミナーも受けていて、ダンサー達と同じホテルに泊まっていたわけじゃなかったので、彼女がメイクしている時にバッタリ会うこともなく、ツーショットの写真は撮れませんでした。

 

 

 

★ Tito

 

私のカリフォルニア時代の2人目のインストラクターがTitoの愛弟子さんでした。毎年1ヶ月くらい、Titoがいる時期にエジプトに滞在してプライベートを受けたりしていたそうです。

 

 

彼はチャーミングで、踊っている時の表情がいいですね。

 

 

でも、彼の振り付けは見た目より難しいし、ランダ以上に動きが速くてパワフル。男性だから当然か。

 

 

 

 

 

 

 

 

実は残念なことにこの時私は体調を崩してしまい、休み休みでしか受けられませんでした。チーン

 

 

何とかワークショップは最後までいたけど、その後ますます調子が悪くなり、、、、、

 

 

恐らく、ヒューストンに比べるとNYは華氏で20Fくらい気温が低かったので、風邪をひいてしまったようです。ゲホゲホ

 

 

 

 

 

体調悪くなっても、這ってでも行く!とショーには行きました。

どのダンサーもよかったけれど、ショーでのランダは特によかった。

 

とてもサービス精神旺盛で、歌をうたいながら登場して、踊ってはまたうたい、生粋のエンターテイナーでした。

 

 

 

 

 

 

 

実は、今はまた別の街に仕事関連のセミナーに来ています。

 

 

来月はダラスにウクライナのAlla Kushnir がやって来るので行けるといいな。

 

 

 

いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:

気がついたらアメブロを開けるのは1ヶ月半ぶり。ニヤニヤ

 

 

3月は仕事が忙しかったのもありますが、日本に一時帰国もしていました。

 

 

その間に取ったダンスのクラスは、

 

フラメンコとキゾンバ、

 

そしてソンとサルサ(これは友人のご主人がインストラクターをしているので受けました。)

 

 

フラメンコはワークショップに2クラス申し込んでいたのですが、初級クラスのほうは時差ボケで受けられず、中級クラスのほうはフラフラでも行きました。

 

 

 

中級クラスだと10年くらい経験のある生徒さんが多く、自分がどれだけダメダメか思い知らされ、えーん そのためすごい緊張感と集中力を要し、滝汗 その分得られるものも大きくてよかったです。

 

 

 

フラメンコショーも2回見たのだけど、久しぶりに会う友人と一緒だったのでおしゃべりに花が咲きショーの内容を覚えていないという、、、、あせる

 

 

 

アメリカに戻ってからは、2組の家探しが終了し、今週末はイースターでダンスはお休み。なので久しぶりにのんびりしています。

 

 

 

でも今週は久々ダンス旅行にNYに出掛けます。

 

 

夫と一緒なのであまりダンス三昧はできないと思いますが、楽しみ。照れ

 

 

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。