テキサスの水辺より

お届けしています。踊る♪不動産投資家の覚え書きです。


テーマ:

8月末にテキサスに上陸したハリケーン・ハービーの影響で、ハービー上陸中とその翌週は、ヒューストンとその近郊のほとんどの学校が休校でしたし、ダンススタジオも当然閉まっていました。

 

 

そのため、既に支払い済みだったフラメンコのクラスが2クラス連続でキャンセルになってしまいガッカリでした。ダウン

 

 

 

ちなみにこの辺のダンススタジオ、いったん支払った授業料はインストラクターの都合でキャンセルなら返金可能ですが、悪天候のためにキャンセルになった場合は返金してくません。

 

 

あとはインストラクター次第で、「来週振り替えのクラスを開講するわね」と言ってくれた人も一人いたのですが、結局開講されず。

 

 

生徒さん達ももう忘れてしまったみたいで、誰もそのことを口にする人はいません。なので私も言えない。キョロキョロ

 

たかがダンスのレッスン代くらいで細かいことは言うなって感じで、、、、

 

 

 

 

それから、7月半ばから新たに行き始めたベリーダンスのクラスを気に入っていたのですが、そのスタジオは浸水して今でもクローズしています。

 

 

 

そこのスタジオのクラス代、5回分まとめて支払ったばかりだったのですが、その場合はどうなるのだろう。ショボーン

 

 

もう1ヶ月クローズしているし、スタジオ修復のために生徒さんからも寄付金を募っていたほどで私も小額ですが寄付しました。そういう状態なので悪くて聞けません。

 


 

我が家もいまだに賃貸の家の修理中で、毎日、毎日色んな請求書がやってくるので、たかがダンスの授業料でもセンシティブになってしまいます。ガーン

 

 

 

 

 

一方で、スタジオに雇われているインストラクターではなく、個人でダンス教室を運営している方だと、

 

 

「9月と10月分のダンスの月謝は全額ハービーの被災者に募金します。」

 

 

と言っている太っ腹インストラクターさんもいます。

 

 

 

 

 

 

それから、チャリティショーをやるフラメンコダンサーさんが数人いて、入場料は100%寄付しますということで先週だけで3回もチャリティショーがありました。

 

 

私のインストラクターも出演していました。会場はほぼ満席。

 

 

 

 

 

 

 

この辺は、フラメンコ人口よりベリーダンス人口のほうが断然多いので、

 

 

チャリティショーはベリーダンスでもやればかなりの寄付金が集まるのではないかと思うのですが、、、、

 

今のところはなさそうです。

 

 

それどころか、今月予定されていたベリーダンスのショーが2件ともキャンセルになってしまいました。

 

 

 

家が駄目になってしまったり、車が駄目になってしまったダンサーさんが多いから、ショーどころではないのだと思います。

 

 

 

私達もハービーの爪痕が落ち着くまでに、あと1ヶ月はかかりそうです。ふう、、、

 

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

自分記録です。

 

 

アメリカ、ベリーダンス界のサラブレッドと言われる

 

スへイラ・サリンポーのワークショップを初めて受けてきました。

 

 

4日間のワークショップ中、最初の2日は事前にスへイラ・フォーマットを受けていないと受けられないワークショプ。

 

 

最後の2日間(12時間)は誰でも参加OKのワークショプでした。

 

 

私は彼女のワークショプは初めてだったので、最後の2日間だけ参加しました。

 

 

 

1日目:

 

 

6時間のうち、最初の1時間は彼女のおしゃべりを聞くだけでした。

 

彼女のオンラインクラスへの勧誘とか、

自分がどれだけ多くのダンサーを生み出したかとか、

大学生の娘さんイザベラの話しとか、

 

 

 

硬い床に座って話を聞いていると身体が痛くなってくるし、

 

それに、彼女のワークショップは1時間あたり34ドルなんですよね。

 

早く踊りにして欲しいなあ、なんて考えたりして、、、キョロキョロ

 

 

1時間後。

 

 

 

音楽をかけてくれて、やっと始まったーーーー!!音譜

 

 

 

ジャズダンスのクラスなんかでやるウォームアップを緩くしたような、長い、長い、長いウォームアップが45分くらいあり、

 

 

その後はずーーーっとドリル。

 

 

生徒さん達が円になって、歩きながら

 

色んな基礎的な動きをしながら、

 

最初は前を向いて、途中から後ろ向きになって、

途中から横向きになって、、、、

 

 

ところで皆さん、別に後ろ向きになれとか言われてもないのに、何故勝手に動いているのはてなマーク

 

 

 

休憩中に分かったのですが、どうやら参加者の何人かはスへイラの大ファン?信者?愛弟子さん達で、あちこち飛び回ってもう数えきれないほど何回もワークショプを受けているのだそう。

 

 

そして、そのドリルは彼女のクラスで毎回やるのだそうです。

 

 

更にその後分かったのですが、彼女のワークショプが初めての生徒さんは、22人中私を含めて3人だけでした。

 

 

やっぱりこの3人が要領を得ず、「え?次は何をやるの?」とキョロキョロしながら円を乱していたせいか、

 

途中から3人だけ後ろに回されてしまいました。びっくり

 

 

 

私は後ろに回されて円を乱さなくて済むとほっとしたのですが、

 

ベテランのインストラクターさんは、新入り扱いで後ろに回されたことが不服そうでした。ムキー

 

 

 

 

 

一つ困ったのが、スへイラさん、あまりお手本を見せてくれないこと。

 

たまに見せてくれても、

 

なにしろ体型が全然違うので、、、、

 

 

立派過ぎるくらいのド迫力バディだと、何をどうやっているのか、よく分からないことがあるんですよね。笑い泣き

 

 

ちなみに、お若い時の動画はすごくおきれいなのですが、今は別人のように全然違います。内緒。ウインク

 

 

 

どちらにせよ、ほとんどが口だけによる説明でした。

 

 

たとえば、

ヒップは反時計回りのインナーヒップサークルで、

チェストは時計回りで、手は5番ポジションで、

足はステップ、タッチしながら、

ハーフカウントで歩いて。

 

みたいな言い方です。

 

 

次はこうして、次はこう、

 

と次々に言うのだけど、、、、、、

 

 

実を言うと、彼女が言っていることを全部正確には理解できませんでした。滝汗

 

 

まさか私が英語ができないから?

 

 

今までベリーダンスでこんなことはなかったのに、一体どうして?

 

 

と真剣に悩んでしまう程混乱してしまったのです。

 

 

て言うか、誰もできてないんじゃないの?

 

だって、なんだかみんな、言われたのとは違う動きをしているし、それになぜか全然きれいに見えないのだけど?アセアセ

 

 

次々、矢継ぎ早に色んな動きをするんじゃなくて、

ゆっくり正確にしたほうがいいんじゃないの?

 

 

と、途中からちょっとやる気がうせてきて

適当に流していました。キラキラ

 

 

 

すると、名指しで注意。

 

「そこの貴方、間違っているわよ!」

 

 

 

 

 

彼女がインナーヒップサークルと呼んでいた動き、

私は普通にスモールヒップサークルをしていたのですが、

 

 

やっとお手本を見せてくれて分かったのが、

なーんだ。それって、オミじゃない。口笛

 

 

「ああ、分かりました。オミですね。」

 

と言うと、

 

「NO! オミはタヒチアンダンスで使う動きなのに、

アメリカのほとんどのベリーダンサーは間違った言葉を使っているのよ。

 

これからはインナーヒップサークルと呼ぶように。」

 

と注意されてしまいました。ゲッソリ

 

 

いやーん。

彼女、悪い人ではないのだけど、ちょっと怖いかもー。ガーン

 

 

他にもいくつかスへイラ用語がありましたが忘れてしまった。

 

 

 

でも、その後のジルのドリルはとても楽しかったし、

きれいなポーズの練習では沢山ほめてもらえました。

 

 

この日はジルの練習が一番よかったかな。

 

 

 

 

 

2日目:

 

 

2日目の最初の1時間は、前夜、彼女がディレクターをつとめるスへイラダンスカンパニーのショーが、いかに素晴らしかったかを語るおしゃべりタイムでした。 滝汗 踊りたい。(ぼそ。)

 

 

 

はい。ショーはとても素敵でした。

 

 

 

 

 

「ねえ、みんな、

 

ベリーダンスが上手い人は、どうせ子供の頃からバレエかジャズをやっていたんでしょう、上手くて当然よね、とでも思っているでしょう?

 

実は彼女達の中で子供の頃にダンスをやっていた人はいないのよ。

 

特にダンスの経験がないまま私のところでベリーダンスを始めて、数年の人達なのよ。」

 

 

と言っていました。

 

 

「だから、子供の頃にダンスのレッスンを受けていないから上手くならないなんてことは言い訳にはならないのよ。」

 

 

 

それはその通りですね。

 

 

 

でもですね、ショーに出ていた人達は

見た目20代の人達ばかりだったんですけど、、、ニヤニヤ

 

 

ワークショプを受けている人達は、30代から50代のとうのたった、、、いえ、落ち着いた年齢の人達ばかり。

 

 

全然年齢層が違うじゃなーーーい。うーん

 

 

 

 

気になって後で聞いてみると、そのショーに出ていた人達はやはりほとんどが20歳前後でダンスを始めた人達だそうです。

 

『ほら、やっぱりー。それなら別にすごくないよー。』

 

と思ったけど黙っておきました。

 

 

セイディもソニアも18歳でダンスを始めたと言ってたし、バレエは無理だけど、ベリーダンスなら20代から30代半ばまでに始めればじゅうぶんプロのパフォーマーになれると思います。

 

インストラクターなら、もっと遅く始めて教えている人がたくさんいます。

 

 

 

 

 

 

さて、この後、また長い、長いウォームアップをした後、2日目は振り付けのクラスが始まりました。

 

 

振り付けのクラスはすごく楽しかったし、いざクラスが始まると休憩はほとんどなく、無駄なおしゃべりもなくドンドン進んでいくので満足度が一気に高くなります。照れ

 

 

実は彼女のお母様の振り付けだそうで、シンプルだけどフェミニンで可愛くて、とてもよかったです。

 

 

彼女の振り付けのクラスはまた受けたいかも。

 

 

スへイラ、ちょっとプライドは高いけれど(バックグラウンドからして高くなって当然だと思います)基本的に肝っ玉母さんみたいな感じで面白い方でした。

 

 

 

 

 

 

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
もう5年半以上も前ですが、時間の無駄をしたと後悔した不動産投資セミナーを受けた時、この記事

 

 

自称コーチと名乗るセールスマンに

 

「不動産投資に対して貴方が恐れることは何か」をグループでディスカッションしなさいと言われました。ぐぅぐぅぼけー

 

 

 

私は「人の手では簡単にコントロールできない自然災害が怖いです。特にヒューストンはハリケーンが来ますし、、、。」

 

と答えたのですが、一嘲されてしまいました。

 

 

「災害なんてどこにいても何かしら起こる。そんなものを恐れてどうする。」

 

みたいなことを言われて相手にもされませんでした。ガーン

 

 

でも、ほらー、私の心配したとおりじゃん。ムキー

 

 

 

今まで特に大きな問題もなかったテキサス不動産投資ですが、今回のハービーさんの到来で初めて危機感を覚えました。

 

 

(ちなみに、Rich dad seminar reviewで検索すると、Rich Dad のセミナーは高額コースに勧誘するためのセールスピッチだと多くの苦情が寄せられているので、最近はもうこのセミナーはほとんど開催されていないようです。ほ。)

 

 

 

 

 

 

さて、賃貸物件の中で私達が一番心配していたエリアは、こんな感じになっていました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

実は、私達が賃貸にしている家のうち4軒が何らかの影響を受けました。

 


 

先週すぐに修繕工事にかかり、ダメージの少なかった2軒は来週中には工事完了できそうです。

 

 

かなりのダメージを受けた残り2軒は浸水したキッチンカウンターやキッチンアプライアンス(電化製品)などまで全部駄目になりました。

 

 

更にそのうち特に1軒は天井が崩れ、窓ガラスが割れていて、修繕に最低でもあと1ヶ月半かかりそうです。今はこんな状態。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

レジデントさんもお気の毒ですが、布製や革製の家具は全て駄目になり、取り外した壁、ドア、キッチンカウンター、フローリングの床などでフロントヤードは今でもゴミの山になっています。

 

 

 

 

 

 

 

ここの床は4年前に私達が夫婦2人でインストールしてフローリングにしたので、それを全て剥がさなきゃいけない時はとても悲しかったです。えーん


 

{6D03AE6A-41CA-4526-8485-0D776A4D2AAC}


 

 

 

 

 

 

この家のレジデントさんは本来は来年の5月までの契約でしたが、何と離婚を考えているそうで、これを機にと別々のアパートに引越されました。

 

 

修繕後に募集をかけて、次のテナントさんが見つかるかどうか、、、、、かなり心配ですね。真顔

 

 


 

 

 

 

 

 

 

他の3軒のレジデントさん達は現在友人や家族の家に身を寄せていますが、修繕後に元の家に戻って来てくれるそうです。ほ。


もちろん家賃請求は修理が終わるまでストップしています。そのため、今月は約6,000ドルくらいの4軒分の家賃が入ってこないことになります。

 

 

そして、これら4軒の修繕費用、2軒分の新しいキャビネットやキッチンカウンター、アプライアンス、ドアの購入費用、かなりの額になりそうです。ダウン

 

 

 

賃貸用の家は、火災などをカバーするスタンダードな保険とウィンドストーム保険には入っていますが、洪水保険には入っていません。(*ヒューストンのホームオーナーで洪水保険に加入していた人はたったの18%だそうです。私達が住んでいる家は念のために加入していたのですが、そういう家に限って全く問題無し。)

 

 

 

そもそも家を購入する時に Flood mapを見て氾濫区域に入っている家は買わないようにしていたのですが、それは意味がありませんでした。今回は、今まで一度も浸水したことのない場所が浸水したりしたので。

 

 

 

さて、損害による金銭面のほうは、賃貸物件だと政府の援助は受けられませんが、修繕費をすぐに支払えないなら低金利の政府のローンを組むことはできます。だからいざとなれば何とかなります。

 

 

 

 

まあ、起こってしまった自然災害は仕方がないので今後数年で頑張って損失を取り戻そうと思います。グー

 

 

 

今年に入ってから、ただでさえヒューストンの不動産市場は、スローになってきたと感じていたのに、、、、、、

 

 

今回の災害で不動産市場はしばらくは低迷し、すぐには復活しないと思います。しかし喉元過ぎれば、皆さん今回の被害のことは忘れてきて、またいずれ活発になるのではないかとは見ています。

 

 

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
続きを書こうと思ったのですが、忙しくてあっと言う間に1週間たってしまいました。あせる

 

 

長い話しを短くまとめると、

 

ホテルを出た後、洪水であちこちの道路が閉鎖されていたため、うんと遠回りをして6時間かけて家に戻ってきました。

 

 

今家に帰っちゃ駄目と皆に止められたので、誰にも内緒で。

ホテルを出る前、友人がFBにこの写真をポストしていて、ちょっと怖いなと思ったけれど、絶対に今日中に無事に帰ると決めて出発。プンプン

 

 

 

 

 

 

 

当然走っている車はほとんどおらず、いったん開いている道が見つかると対向車もなく運転は楽でした。

 

 

 

ダウンタウンに向かうフリーウェイは閉鎖されていたので、一般道でいったん南西へと向かい、それから南東に向かいました。

 

 

 

途中、TVでしか見なかった、道路が川状態でボートに乗っている人達を見かけました。本当にこういう状態の小規模版でした。ポーン

 

 

 

 

 

 

 

その後、どこに行っても深い水たまりと通行止めで、やっぱりまだ家に帰れないかもと思った時、、、、

 

 

「ルナ大丈夫?助けてあげたいけれど、今私の家の周りも川になっていて助けてあげられないの。気をつけて運転して。これを見て。」

 

 

と、フラメンコ仲間から洪水マップがテキストで送られてきました。

 

 

????

 

 

彼女、私が今運転中で、スタックしているってどうして分かったの?誰にも言っていないのに? 真顔

 

 

 

「ルナが車の中にいて、困っている様子を感じたから。」

 

 

ですって。怖い〜!!!滝汗

 

 

 

彼女にそんな能力があるとは知らなかったー。

 

 

 

 

と、話が逸れましたが、予定より48時間遅れて家に到着した時は本当にほっとしました。

 

 

無事に帰って来られて、家も猫達も無事だったのだから、何も文句はないです。

 

 

 

 

 

 

今はハリケーン・イルマがフロリダに向かっているということで、もうハリケーン・ハービーの話題はメディアから消えつつあります。

 

 

 

しかし、、、

アメリカ史上最悪の洪水をもたらしたと言われるだけあって、今でも浸水している場所があるし、ハービーの余波はまだまだ続いています。

 

 

 

ニュースではドラマティックな救出劇ばかり放映されていましたが、その後が大変なんですよね。

 

 

 

友人知人の中で家が浸水してしまって、しばらく住める状態ではない人が4人。

 

 

車が浸水して駄目になってしまった人が2人います。

 

 

 

私達が住んでいる家は大丈夫でしたが、賃貸にしている家は、、、、、

 

 

 

これは9日前の写真ですが、賃貸物件の様子を見に行った時のものです。

 

 


 

 

 

 

 

近くまで来ると、ナショナルガードのミリタリーの車が入っていたので、相当状態が悪いのだろうな、ああ、なんか嫌な予感が、、、。

 

 

 

 

 

 

つづく

 

 


 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

8月27日、日曜日の朝。

 

さて、カテゴリー4で上陸したハリケーン・ハービーですが、その後熱帯性暴風雨に弱まってヒューストン方面に向かい、既にヒューストンの高速道路は冠水してあちこち通行止めだと言っていました。

 

 

夫は、今日は絶対に家に帰っちゃ駄目だ、ダラスのホテルに泊まるようにと勝手にホテルを延泊して出発してしまいました。飛行機

 

 

本当なら今頃は家に向かって高速を走っていた頃なのにと、

読みが甘かったです。プンプン

 

 

でも、万が一に備えて、セキュリティの人に家の鍵を預けてきたので、お向かいの方に猫達の様子を見に行ってもらうようお願いしました。

 

 

お向かいさんが、「ここは雨が酷いけれど、浸水はしていないわ。猫達にはキャットフードを多めに置いてきたわ。」とテキストを送ってくれたので少し安心し、私は諦めてダラスに残ることにしました。

 

 

 

最初はダラスの日本食レストランをチェックしたり、ベリーダンスのワークショップを見つけて参加することにしたのですが、

 

やっぱり猫達と家のことが気になって、気になって、ショボーン

 

 

ワークショップ中、10分おきくらいに窓から見えるTVのニュースをチェック、スマホのニュースをチェック、ヒューストンに住んでいる友人達のFBの記事をチェック、というインストラクターの方にとっても失礼なことをしてしまいました。

本当にごめんなさい!!!あせる

 

 

 

その日の夜はベリーダンスのショーもあり、ダラスに泊まるなら見に行こうかとまで思っていたのですが、、、、、

 

 

ここまでダンスに集中できないのではショーに行っても全然楽しめないだろうなと判断し、2時間のクラスが終わるや否や、

 

 

結局ヒューストンに戻ることに決めましたビックリマーク

 

 

家に戻ることは誰からも止められたので、夫にはもちろん内緒で。

 

 

 

反対車線は車をチラホラ見ましたが、ダラスからヒューストン方面に向かう車などおらず、道は空いていてスイスイ。

 

 

 

途中から雨がかなり強くなってきて、何度かタイヤが水に取られたものの、すごい速さで近くまで戻ってこられました。

 

 

 

ところが、あと1時間強で家に着くというヒューストンの北の郊外で足止めをくらってしまいました。滝汗

 

 

なんか、パトカーが何台も停まっているなと思ったら、高速が閉鎖されていて、

 

 

「この先に行っても通行止めでダウンタウンは通過できないよ。」

 

とUターンさせられてしまったのです。

 

 

 

 

ならば、一般道を使って何とかして帰ろうと思ったけれど、一般道もあちこち閉鎖されていて同じ場所をグルグルまわっているだけ。

 

 

それ以上は南に進めませんでした。えーん

 

 

 

 

雨で夕方6時過ぎでも薄暗くなってきてしまい、家に帰るのは諦めました。笑い泣き

 

 

結局、その後Woodlandsというヒューストンの北にある街の

ホテルで2泊することになりました。

 

 

ホテルは食糧が品薄なようで、ハンバーガーやフライドチキンしかなかったので近所のレストランに行きましたが、当然どこも閉まっていました。

 

 

翌日の月曜日、相変わらず南に向かう道路は閉鎖しているし、スーパーもドラッグストアも閉まっているし、ガソリンスタンドも閉まっていたので、下手に動き回ってガソリンの無駄遣いをしないように仕方なくホテルに戻りました。

 

 

この日はお見舞いメールをくれた日本の友人達にメールの返信を

していたお陰でまだ気が紛れました。

 

 

ところが、近所に住む奥様が投稿したFBの写真を見ると、

 

これは、私達の住むコミュニティからも近い道路です。もうこんなになっているの?

 

 

 


 

 

投稿されたご近所さんのお宅。大変、こんなに水量が増えているではないの。ポーン

 

 

 

 

 

 

 

これは、ご近所のご主人の後ろ姿。私達はマリーナの中に住んでいるのですが、もうボートドックは水没しかかっています。

 

 

 

 

 

 

 

猫達にキャットフードを持って行ってくれているお向かいさんに聞くと、猫達は隠れていて姿は見当たらないと言うし、、、、真顔

 

 

 

私がホテルに滞在していたヒューストンの北は、その頃はまだ比較的安全でした。

 

 

逆に私が住む南東部は降水量が多く、浸水して避難している人達が多かったです。

 

 

 

私だけが安全な場所にいて、危険な場所にあの子達を残してきてしまい、申し訳ない気持ちでいっぱいでした。えーん

 

 

 

月曜日の夜も全然眠れなかったので、

 

 

やっぱり明日絶対に家に帰ろうビックリマーク

 

 

と決めて、火曜日の朝6時に起きて、7時にホテルを発ちました。

 

 

 

その辺のホテルは南から避難してきた人でどこも満室だと言っていたので、今出るともう泊まる所もないかもしれないし、ガソリンも家まで持たないかもしれないと思ったけれど、いてもたってもいられなくて。

 

 

まだ雨が降っていて、あちこち閉鎖されていたので、事前にネットで開いている道を調べてからホテルを出ました。

 

 

つづく

 

 

いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:

始まりは8月25日の金曜日のことです。

 

 

テキサス南東部にハリケーンが上陸すると言われ、スーパーマーケットの食糧品が調達されなくなると聞いていたので、早め、早めに買い出しに行きました。

 

金曜日のお昼でも一部(パンやシリアルやチップス)の棚は既に空っぽになっていました。

 

 

 

でも、金曜日は雨も風もまだたいしたことなく、

 

 

「まだ雨も降っていないのに、非常食のスナックを食べ過ぎて太っちゃう。」

 

 

「私は非常用ラム酒を飲み過ぎて、本番で飲む物がなくなっちゃう。」

 

 

 

とヒューストンの人達がFBに投稿していて、『よかった、私と同じ人がいて。爆  笑』なんて呑気に構えていました。

 

 

 

確かに、たいして雨も降っていないのに家に閉じこもって食べてばかりいてもなー、、、

 

とジムのピラティスを受けに行ったのですが、、、、、

 

 

その途中から、

 

 

ドッバーーーーー!!!!

 

ザザザーーーッ!!!

 

 

とバケツをひっくり返したような激しい大降りになってきました。雨

 

 

 

インストラクターの方が

 

「ワーオ!大変!大変!今日は早めに終わらせましょう。

みんな、気をつけて帰ってね。」

 

と30分で終わって帰され

 

傘なんてさしても意味がないほど土砂降りの雨の中、ずぶ濡れになって駐車場まで走って帰ってきたのですが、、、、

 

 

 

30分後、急に小降りになりました。

 

 

どうやら、一番ひどい時に家に帰されたみたい。笑い泣き

 

 

 

夫は家にいたのですが、隣のおじさんから電話があり、

 

「今車の運転中なんだけど、雨がひどいからパティオにある家具を濡れない場所に移動してくれないか?」

 

と言われたそうです。

 

 

で、やはりずぶ濡れになりながらソファやテーブルを移動したのですが、、、、、

 

 

その後からしばらく小降りが続きました。

 

 

しかし、金曜の夜はまた土砂降。

 

朝になるとまた小降りという状態で、土曜日の午後になりました。

 

 

 

これくらいで済めばいいね、ハリケーンが上手くそれてくれるといいねと話していたのですが、、

 

 

その頃の問題は、

 

日曜日の朝から夫が西海岸に発つ予定だったこと。

ヒューストンからのフライトは当然キャンンセル。

 

 

ダラスからなら普通に飛んでおり、チケットは日曜日の朝ダラス発に変更できたので、急遽ダラスまで車で行くことになりました。(ダラスの空港まで片道4時間強。チケットを変更して30分以内に家を出ました。)

 

 

この時点では、私は夫を空港に送り届けたらすぐに家に帰る予定で、家を空けるのは15〜16時間の予定でした。

 

 

 

土曜日の夜、私達がダラスのホテルに着くと、

 

 

テキサス州コーパスクリスティ北部のロックポートに上陸した

ハリケーン・ハービーが、ヒューストンに向かっているというニュースが飛び込んできました。

 

 

土曜日の夜11時から日曜日の朝5時までTVとスマホに釘付けになり、全く眠れない夜を過ごしました。真顔

 

 

つづく

 

 

 

いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

6月にオークションで買った家(この記事です)のその後です。

 

 

この家があるエリアは毎日のように新築がドンドン建っているので、何か付加価値を付けるか、値段を少々下げるなりしないと、築2年でも見向きもされなくなる場合があります。実際、3ヶ月から半年以上も売れずにマーケットに出ている中古の家が同じエリアに沢山あります。

 

 

私達は市場適正価格よりもやや低めの値段設定をしたにもかかわらず、最初のオファーは25,000ドルも値切られました。

 

その方はお断りし、最終的にほぼ言い値でオファーを出してくれた方に買っていただくことに決めました。

 

 

 

 

 

 

築2年であまり手がかからない物件だったのですが、


中はゴミ屋敷で、後片付けが非常に大変でした。あせる

(フォークロージャーの家はゴミ屋敷が多いです。)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ベッドルームはカーペットで、最初はグレーのカーペットだと思っていたら実は白でした。びっくり

 

 

前のオーナーさんが大型犬を3匹飼っていたそうで、カーペットの色が変わるほど毛が落ちていたのです。犬

 

 

1年しか住んでいないはずなのに、全く掃除をしていなかったんでしょうね。

 

 

 

 

ちなみに概算ですがかかった費用は

 

 

 

エアコンの修理:500ドル

(幸いにも大きな修理が必要なのはエアコンのみでした)

 

 

プロの清掃(窓ガラス、水回りのみ):150ドル

 

 

 

 

 

プロのタイルのクリーニング:300ドル

 

 

 

 

 

プロのカーペットのクリーニング:110ドル

(ペットの臭い消し、デオドラント込みです)

 

 

 

 

主寝室のカーペットはシミがとれなかったので、フローリングに張り替え:1,500ドル

 

 

 

 

 

 

 

ダイニングのアーチ型の窓にヒビが入っていたため新しいものをインストール:350ドル

 

 

 

 

 

 

花、樹木、芝生代:150ドル

(バックヤードの芝生が枯れて、フロントヤードの木は虫にやられてしまっていたので、抜いて新しい物を植えました。)

 


 

 

 

 

 

 

前オーナーさんの引越し費用:300ドル

(レンタル倉庫代1ヶ月分、梱包用の段ボール、ガムテーム代、

レンタルトラック代等。)

 

 

 

前のオーナーさん家族は大量の荷物を残したまま小さなアパートに引っ越されたのですが、荷物は処分したくない、でも置く所がないと言うので、残りの荷物は私達が梱包して、夫がトラックを借りてきてレンタル倉庫に運んだのです。

 

 

レンタル倉庫代は1ヶ月分だけ私達が支払って、後は前のオーナーさんが売却するなり、処分するなり考えるそうです。

 

 

 

 

捨てたゴミは30袋くらい。まだ食べられる食糧品や缶詰などは寄付しました。私達2人でやったので安価で済みましたが、あまりの荷物の多さにあと片付けだけで1週間はかかったかな。

 

(ちなみに、ご夫婦とお子さん1人と大型犬3匹の家族でしたが、私達の4倍くらいの荷物(ゴミが半分)でした。)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

清掃、修理総費用:3,450ドル

 

 

と、非常に少ない費用で済みましたが、、、、、

 

 

 

ただ、家を購入してから売却、クロージングまでの固定資産税、保険料、HOA費、光熱費などに約3,000ドルかかっているので、合計約6,450ドルです。

 

 

 

 

家を売って得た利益からこれらの費用と、売却時に発生する諸経費(約1万ドル)を差し引いた純利益は x万ドルとなる予定ですが、、、

 

これは決して不労所得ではありません。

 

 


 

 

信じられないほどの量の荷物を夫と2人で梱包し、トラックを借りて大量のゴミを何往復もして捨てに行きました。

 

大量の食糧品、飲料等を寄付に持って行く。

 

プロの方に頼んだ後の細かい拭き掃除、掃き掃除。はげた部分のペンキ塗り。

 

バックヤードの簡易プールの撤去。簡易プールは傾いていて、水が真っ黒で、藻が発生していて、夫はこれの撤去が一番大変だったそうです。

 

 

こういうのも全て誰かに頼んだとしても、2,000ドル増しくらいだと思いますが、夫は自分ですると言うので、、、やれやれ。

 

 

これらの力仕事、汚れ仕事、ブルーカラーワークに加え、私達がリサーチに費やした時間、オークションに行った時間、家を売るために週末にオープンハウスをした時間なども「仕事」なので、不労所得とは思えません。

 


 

 

しかし、この1ヶ月、オープンハウスをした日以外は、夫はゴルフ三昧、私はダンス三昧していたので、不労所得とまでは言えないけれど悪くはないと思います。

 

 今回はとても運がよく、しっかりと利益を出すことができましたが、同じエリアで何ヶ月も売れ残っている中古の家が沢山あるので、今後はますます慎重にならねばと思いました。いぬごや

 


実は、ヒューストンとその近郊は、どう見ても住宅供給過剰気味になっているので、投資家にとってはもはや採算性のすぐれたマーケットだとは感じません。(ここだけの話し)巷で言われるほどテキサスの不動産投資がよかったのは、7〜8年前から2〜3年前までじゃないかと、、、。(ぼそ。)それでも物件を見誤らなければ、まだまだ大丈夫だとは思いますが、、、。ウインク

 

 

 

 


 

 

 

いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)

テーマ:
 

1週間前、先週の金曜日の午後のことです。

 

「今日のタブラオ、スペインから来ている

ゲストダンサーが出演するので一緒に観に行かない?」

 

と、フラ友さんからメールが来ました。

 

 

私は仕事の後ジムに行っていたので

一度はお断りしたのですが、、、、

 

「6人以上集まらないとテーブルの予約ができないの。

まだ4人しか集まっていないからお願い、お願い。」

 

と言われて断れずに行ってきました。

 

 

 

あまりにギリギリだったし、

家に戻っていたら間にあわない時間だったので、

ジムに行った時のヨガパンツにTシャツのまま。

運転中にメイクしながらレストランに向かいました。口紅

 

 

 

でも、無理してでも行ってよかった。

すごく楽しかった。ニコニコ

 

 

{045D1F5B-02F3-4BFE-AAE9-1EF6E34D03F7}

 

 

 

 

結局5人しか集まらなかったけれど、

いい席に座れたし、

ダンサーさんが合計6人の豪華なショーでした。

(通常はダンサー2〜3人です。)

 

 

 

 

翌日は、そのゲストダンサー(若いスペイン人男性)による

ワークショップがあったので参加しました。

 

 

 

 

私のインストラクターが休暇中だったので

1ヶ月半ぶりのフラメンコ。

すご〜く楽しみにして行ってみると、、、ニコ

 

 

生徒さんはベテランの人が多くてさっそく気後れ気味、、、ガーン

 

 

 

インストラクターが3人、プロのパフォーマーが2人、

あとは十年以上選手のベテランのおじさま、おばさまというメンバー。

 

 

 

 

ギタリストもカンテも付いて、

贅沢なワークショップだったのですが、

インストラクターはスペイン語ですごい早口で

しゃべりっぱなしだから、

途中からよく分からなくなってきた。ahaha;*

 

 

 

お手本を見せてくれるより、説明している時間のほうが

長かったかもしれません。

 

 

フィン・デ・フィエスタという

ダンサー達がショーの終わりに見せる

ブレリアのストラクチャーの説明をしていました。

 

 

これは、たいてい即興で踊るそうだけれど、

ストラクチャーやルールが決まっていて、

カンテが唄い出してから踊り始めて、

 

まずマルカへを入れて、、、、

xxxを入れて、(聴き取れず)

ここでレマーテを入れて、ヤマーダ。

サリダの時はいったん後ろにターンして

ゴルペ、プランタプランタ、

ゴルペ、プランタプランタで

腕を上げ下げしながら退場、、、、

 

 

みたいな説明をしてくれていたのだけど、、、、

細かいことがよく分かりませんでした。ぼけー

 

 

長い説明が終わった後インストラクターが

「では、xxしましょう。」「皆さん、xxしてください」と

言っていた。????ショック

 

 

 

皆さん輪になったので

私もとりあえず輪の中に加わって、、、、、

 

 

一体なにをするんだろう?と思っていると、、、、

 

端の人から順番に即興で踊り出したのです。

 

ええ?順番に即興で踊れと言われたの?滝汗

 

 

 

そんなの無理、無理と焦っていると、

 

私の順番が来てしまい、

 

カンテさんは唄い出してしまった。

 

 

生徒さん全員がパルマを叩いて、

オレ!オレ!と盛り上げてくれているし、

 

インストラクターが

 

レマーテ!

 

ヤマーダ!

 

と言ってくれるので

その通りに動くしかない。

 

 

 

でも、音も取れず、

 

あわわわ〜とよろめきながら前に出て、ふと鏡を見ると、

 

手足めちゃくちゃで、タコ躍りをしている私が。ゲッソリ

 

これは酷い、酷過ぎる。笑い泣き

 

 

何がなんだか分からないうちに終わったけど、

 

 

多くのプロの人達の前で、

タコ踊りを披露したことがショックで

フラフラ〜、、、と家に帰ってきました。落ち込み

 

 

1ヶ月半ぶりで、

あんなに楽しみにして行ったのに、

 

 

真剣に、もうフラメンコやめようかしらんとまで

思いました。ガーン

 

 

 

 

 

そうこうしていると、通常のクラスが

今週から再開しました。

 

 

通常のクラスなら普通に付いていけるし、

むしろ物足りない、もっと〜と思うくらい。

 

 

やっぱりあのワークショップが

私にはレベル高過ぎたんだ。

 

 

あのショックと落ち込みをバネにもっと頑張ろ〜。

 

 

やっぱりフラメンコやめないから〜。プンプン

 

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
 

先週の日曜日、夫が以前から行きたがっていた教会の

礼拝に行ってきました。

 

日曜日だけではなく確か週に4回くらい礼拝があって、

週の平均礼拝者数が52,000人と言われています。

 

更にTV中継も行われている超大型の教会です。

 

テキサスにはこういう

メガチャーチと言われる教会が多いですが、

動員数という面で、

現時点ではこの教会がテキサス最大ですって。

 

 

(Webよりお借りしました。)

 

 

 

夫は敬虔なキリスト教徒というわけではないのに、

むしろキリスト教に矛盾を感じる点がある

とか言っているくせに、

 

ミーハーなので前から行きたがっていたんです。ニヤニヤ

 

 

 

 

ちなみに家の近くの教会もかなりモダンなのですが、

ここもそうでした。

 

 

 

音楽はパイプオルガンの伴奏で賛美歌をうたうのではなく、

ロックバンドをバックに現代風のメロディ。

 

 

 

牧師はスーツを着ていて、奥様も登場します。

 

 

 

ところで、教会は最後に寄付金用の入れ物が

まわってきますが、、、、

 

 

これだけ人数が多ければ、相当な寄付金が入るのでは

ないかしらんとよこしまなことを考えてしまい、笑い泣き

つい検索してみると、、、、

 

 

この教会の年間の寄付金、推定32ミリオンと出ました。びっくり

日本円で35億円くらい。

 

 

更に、ここの牧師の家は10.5ミリオンの豪邸

だと書いてありました。ポーン

日本円で11億円以上ですね。

 

 

もはや、牧師というより有能ビジネスマンですね。

 

 

 

 

 

 

 

 

さて、その後、私の希望で飲茶のお店に行きました。

Yauatchaという比較的新しいお店。

 

ヒューストンは飲茶のお店が少ないけれど、ここはおしゃれな飲茶レストランなんです。ニヒヒ

 

 

(Webより。)

 

 

 

 

ここはワゴンに点心を乗せて運んでくるのではなく、

一品ずつ普通に注文をします。

 

作り置きじゃないからその分美味しいのですが、

1個が結構大きいです。

 

 

 

 

 

 

最初に一気に7皿注文したのですが、2人でお腹いっぱいになります。

 

 

 

 

 

今日はBBQレストランに行き、またお腹いっぱい食べてしまったので、明日は野菜たっぷり使ってちゃんとお料理しなきゃ〜。ウインク

 

 

 

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

3年くらい前までかなりベリーダンスにはまっていたはずなのですが、ここ2〜3年はフラメンコのほうに熱をあげ、ベリーダンスはつい後回しになっていました。

 

 

時々ワークショップを受けて、

パフォーマンスのお声がかかればそのうちの半分くらいは受けて、

 

 

細々とは続けていますが、こういう状態だと

パフォのお声が掛からなくなるともうやめてしまうかも、、、、

 

先日行ったルイジアナでのイベントも不完全燃焼だったし、

 

とまで思っていたのですが、

 

 

急にまた楽しくなりました。てへぺろ

 

 

以前から気になっていた男性ベリーダンサーのクラスを、今週初めて受けてみたのですが、思っていた以上によかったんです。

 

 

受講者が多くて15人近くいたのではないかな。

 

東京でベリーダンスのクラスを何回か受けたことがありますが、さすがに都内だと生徒さんが多いですよね。

でも、ヒューストンだと2〜3人からせいぜい10人くらい。

 

ある程度踊れるようになるとクラスを取らなくなる人が多いです。

 

私もまだまだ学びたいことがあるけれど、それを提供してくれる所がなかなか見つからなくて。

 

 

 

 

しかし、今回受けたクラスはベテランさん達が多くて、手応えがあってとても楽しかったんです。

 

来週のクラスが楽しみ〜♪おんぷとまで思うなんて、すごく久しぶり。

 

 

今月と来月半ばまでフラメンコクラスがお休みで、

近場で特にワークショップやショーもなく、

かなり辛い日々でしたが、

(どうやらフラメンコ中毒になっている様子)

ベリーダンスのお陰で耐えられそうです。

 

 

なんと言ってもベリーダンスの良さは、

自分の選曲で、自分の振り付けで自分の好きに踊れること。ピンクハート

 

 

フラメンコだとそのレベルに達するまで、まだまだ何年も

かかりそうなので。

 

 

よし、またベリーダンスもがんばろうっと。メラメラ

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。