あゝ、荒野

テーマ:

 

 

1966年に発表された寺山修司の小説を時代設定を変えて映画化した作品。原作は未読です。

 

2021年。少年院に入っていたことのある沢村新次は、昔の仲間でボクサーの山本裕二を恨んでいました。一方、吃音と赤面症に悩む二木建二は、新次とともに"片目"こと堀口からボクシングジムに誘われます。彼らは、それぞれの思いを胸にトレーニングに励み...。

 

原作小説が1964年の東京オリンピックの2年後に発表されているから、本作は次の東京オリンピックの後に年代を設定されているということでしょうか。未来ではあるけれど、そんなに先の話ではなく、現代の新宿を背景にしても左程違和感はありません。その辺りの設定は絶妙だったと思います。

 

東京オリンピックのお祭り騒ぎが終わり、華々しい世紀の大イベントの陰に隠された東日本大震災の爪痕も残っており、テロが起き、自衛隊が強化され、自殺問題や高齢化社会の問題がますます深刻化する時代。それは、まさに、この先にやって來る時代のようにも思われます。

 

これは原作の問題かもしれませんが、様々な人間関係や伏線がほぼ回収されないままラストを迎えることもあり、モヤモヤした感じが残ります。リアルな人生はそれ程スッキリとまとまるものではないですし、起承転結付けられるようなものではないですし、この辺りは意図的な演出なのかもしれませんが、それならそれで、もっとしっかりした放り投げ方をして欲しかったです。放置するような回収する方向への意思を覗かせているような中途半端感が気になりました。

 

新次を演じた菅田将暉の狂気を帯びた演技、二木健二を演じたヤン・イクチュンの内に秘めるものの熱量を感じさせる抑えた演技はともに印象的でしたし、その対照的な2人の絡みも良かったと思いますし、相当なトレーニングを積んだと思われるボクシングシーンも痛々しくて目を背けたくなったりもしましたが迫力ありました。

 

新次と健二の"古き良き時代の男臭い友情"物語は骨太で見応えありましたが、原作から時代設定を変えながらも消すに消せない昭和臭が漂う一因はなってしまったかと思います。戦争の時代を迎えようとする昭和初期と今が重ねられているのかもしれませんが...。

 

2人の関係を中心にそこに関係する人々、無関係な出来事が描かれていき、2人を取り巻く時代が伝わってきます。対照的な2人がともにボクシングに出会い、その中で新たな自分に出会っていく。その背景に2人を取り巻く大きな時の流れのようなものが見えてきて、それはそれで物語に厚みを加えてはいるのですが、その反面、中心になるべき2人の物語が薄れてしまった感じもしました。そして、周辺のアレコレを取り入れ過ぎたために長くなり過ぎてしまったような...。前篇157分、後篇147分、合わせると5時間を超えるというのは、少々、辛かったです。

 

長さを覚悟できれば見応えある作品だとは思います。観ておいて損はないかと...。

AD

花戦さ

テーマ:
花戦さ [DVD] 花戦さ [DVD]
5,076円
Amazon

 

 

鬼塚忠の小説「花いくさ」を映画化した作品。原作は未読です。

 

戦国時代の京都。頂法寺、六角堂には、花を生けることで世の平穏を祈る"花僧"と呼ばれる僧侶たちがいました。その中でも、立花の名手と言われていた専好は、織田信長のために花を生ける機会を得、その際に、千利休たちの心を掴みます。それから十数年。秀吉が天下統一を果たし、専好と利休は、交流を持つようになり、互いの道を高め合っていました。そんな頃、秀吉の驕りが目に付くようになり、利休は切腹に追い込まれ、専好の周囲にも秀吉の圧政の影響が及ぶようになり...。

 

豊臣秀吉と千利休の確執に、生け花の池坊が切り込んでくるオハナシ。題材としては興味深いものでしたし、お花が美しくを楽しめました。ただ、全体としては、何かと残念な作品だったと思います。

 

専好を演じた野村萬斎の表情筋を使いこなした顔芸は見事でしたが、クドイ感じは否めませんでした。秀吉を演じた市川猿之助もとっても嫌らしい感じが後を引きますが、猿之助のお公家顔は秀吉役には合わないような...。そんな中、千利休を演じた佐藤浩市が渋くてカッコよくて印象的でした。

 

人物の描き方としては、敵役の秀吉や三成の描き方が、一面的すぎるのも気になります。千利休、池坊専好が本気で戦った相手としては、あまりに薄っぺらで、専好たちの戦いそのものが深みに欠けてしまっています。

 

"池坊宣伝映画"なだけにあって生け花は見事。大掛かりな松の木から、一輪の野の花まで、それぞれの美しさが引き立たされていて実に魅力的でした。もっと花を前面に出して、生け花とその背景にある思想を語る物語に利休や当時の社会情勢や権力との関係を絡ませていった方が面白い作品になったのではないかと...。そして、大きな権力に個々人が蹂躙されようとしている時代の中で、武器を持たない戦いを挑んだ決死の覚悟にもっと焦点が当てられていたら、テーマがより明確になったのではないかと...。

 

楽しめる作品になり得る要素が色々あっただけに残念です。

AD

しゃぼん玉

テーマ:
しゃぼん玉 [DVD] しゃぼん玉 [DVD]
4,104円
Amazon

 

 

乃南アサの小説を基にした作品。原作は未読です。

 

親に見捨てられ、通り魔となって老人や女性を襲い、強盗を重ねて逃避行中の伊豆見。宮崎県の山深い村でけがをしたスマを助けたことがきっかけで彼女の家に居候することになります。金を奪って逃げようと考えていた伊豆見でしたが、スマや伊豆見を彼女の孫だと思い込む村人たちと接するうちに、気持が変わっていきます。ある日、10年振りに村へ帰ってきた美知と出会い...。

 

ベタと言えばベタです。愛情に恵まれず、荒んだ人生を歩み、犯罪にも手を染めた青年が、素朴な愛情や田舎のゆったりとした空気に触れ、真っ当な人生を歩んでいくようになる立ち直りの物語。よくあるお話ではありますが、丁寧な人物描写と美しい田舎の風景と実力派たちの演技力が観る者を作品の世界に惹き込み、深い味わいを感じさせてくれます。癒され、修復されていく伊豆見の気持ちの変化が、じんわりと観る者の心に溶け込んできます。

 

大切に扱われること、誰かの役に立っていると実感できること、その存在を認めてもらえること、居場所を持てること、挨拶やコミュニケーション、食事、身だしなみといった基本的な日常生活をきちんとすること、そんなことが、人が真っ当に生きていくためにいかに大切なのかということを実感させられました。そして、そうしたものを得られぬままに大人になったとしても、その気になればやり直せるのだというメッセージも伝わってきます。

 

度々登場する食事のシーンも印象的。コンビニもない地域。出来合いのものを買うというわけにもいかないという環境もあるのですが、手間暇をかけて丁寧に手作りされた料理が色々と登場します。食は命の基本。そこに、きちんと手をかけていくということは、やはり、人間らしい生活の基本なのでしょう。そして、愛情をこめて作られた料理をきちんと食べるということ。箸の持ち方を気にするようになった背景に、伊豆見の人生への向き合い方の変化が感じられました。

 

ラストのまとめ方も余韻があります。美知とどうなったのかについて触れられていなかったのは物足りなさが感じられましたが、スマの自宅に灯る電燈の温かさが胸に沁みました。

 

でもでも、柴犬さんが雨の中、ずぶ濡れは可哀想でした。犬小屋とか、軒先に入れるようになっているとか、雨をしのげるようにしておいて欲しかったです。風の強い日も陽射しの強すぎる日もあるワケで、どこか、屋根の下に入れるようになっていないといけないのではないかと...。気になってしまいました。可愛らしさと名演技で作品を支えている存在なだけに、そこが何とも残念でした。

 

それでも観て良かったです。お勧め。

残像

テーマ:
残像 [DVD] 残像 [DVD]
4,104円
Amazon

 

 

第二次世界大戦末期に迫害を受け、レジスタンスのシンボルとされるポーランドの画家、ヴワディスワフ・ストゥシェミンスキ(1893-1952)の実話に基づいた作品です。

 

1945年、スターリン時代のソ連の強い影響下にあったポーランド。アバンギャルドな作風で知られる画家ヴワディスワフ・ストゥシェミンスキは、全体主義に従うことを拒んだことから、大学教授の職を解かれ、美術館からは作品が撤去されてしまいます。けれど、学生たちの協力を得たヴワディスワフは権力と戦うことを決意し...。

 

自身の思想信条が受け入れられない社会の中で、自身の信念を貫いていくのか、社会の風潮に迎合していくのか...。そんな時代を芸術家としてどう生きるのか...。ストゥシェインスキという人物を描きカながら、そこに、表現する者としてのアンジェイ・ワイダ監督の姿が投影されているように思われます。

 

徐々に個人の思想が統制されるようになり、能力よりも思想や体制への忠誠が重視されるようになり...。社会主義も正義の実現を目指して始まったはずですが、それが、いつの間にか、個々人の人間性を圧迫するものとなっていく。"悪"の存在を全て排除しようとする"純粋な正義"の恐ろしさが伝わってきます。

 

そんな中でも、何らかの形で迫害されるストゥシェミンスキを助け、支えようとする人々がいたり、社会のイデオロギーを素直に受け入れる娘との間にも愛情が感じられる交流があったり、杖を突いて歩いているストゥシャミンスキに心遣いを示す市井の人々がいたり、過酷な日常の中にあるほんのりとした温もりも描かれていて、厳しい社会の中でも、個々人の人間性が完全に奪われているわけではないことも示されていて、ささやかな希望が感じられたりもします。

 

今の時代がどのような方向に向かっているのかを考えると、本作で描かれているような時代が繰り返されるかもしれない不安が高まります。この変化が感じられる時代の中で、私たちが何をすべきか、どう生きるべきか、そんなことも考えさせられます。

 

権力への抵抗を声高に訴える作品ではありませんが、実在した一人の芸術家の晩年に寄り添いながら、このまま暗い時代に戻ることを拒否する強い想いを湛えた作品のように思われました。

 

一度は観ておきたい作品だと思います。

TAP THE LAST SHOW

テーマ:
TAP -THE LAST SHOW- [DVD] TAP -THE LAST SHOW- [DVD]
5,076円
Amazon

 

 

十数年前、天才タップダンサーの渡真二郎は舞台での事故で引退を余儀なくされます。今では足を引きずりながら酒浸りの生活を送っていました。そんなある日、彼は付き合いの長い劇場支配人の毛利から、有終の美を飾るラストショーの演出を依頼されます。最初は乗り気でなかった渡でしたが...。

 

ラストのダンスシーンは圧巻。ですが、それだけです。本当にそれだけ。それまでの100分程は、我慢の時間。

 

ストーリーや人物設定が古臭く、登場人物たちの抱える悩みはありきたりで、その苦悩を背景とした言動もこれまで映画やドラマなどで使い古された感じで、演技もわざとらしく、あまりにコテコテでハナにつきます。悪い意味で昭和の学生の自主映画的な雰囲気が漂います。

 

オーディションや練習の場面での渡の態度も、矢鱈と威張り散らすだけで、平静でいる場面との落差があり過ぎ、違和感がありました。他の登場人物もそうなのですが、個々のキャラクターの設定があまりに不安定な感じがします。

 

お金がなくて困っていたはずなのに何故か資金の調達できていたみたいだったり、舞台に登場するダンサーがいつの間にか大勢になっていたり、背景が言及されていなくて唐突感のある部分があったり、渡のダンサーたちに当たり散らす場面やら、毛利の病を匂わせる場面やら、同じような描写がしつこく繰り返されるクドイ演出があったり、物語の描き方としてももっと工夫が必要だったのではないかと...。

 

けれど、タップダンスへの愛情に溢れた作品で、タップダンスの魅力を伝えたい、タップダンサーの活躍の場を作りたいという意欲は感じられます。そして、確かにダンスパートは魅力的でした。何といっても、クライマックスのショーは圧巻。このシーンがあることで、それまでの我慢の時間が報われます。

 

ダンスシーンの舞台裏を描いたメイキング映像とダンスシーンの映像を前面に出して編集し直したら、面白い作品になるのかもしれません。

湿地

テーマ:
湿地 [DVD] 湿地 [DVD]
4,320円
Amazon

 

 

「北欧ミステリーの傑作」と称されるアーナルデュル・インドリダソンの同名小説を映画化した作品。原作は未読です。

 

10月のレイキャヴィク。北の湿地のアパートで殺人事件が起きます。殺された男の部屋で発見された1枚の写真を手掛かりに捜査が進められるうち、30年前の事件との関連性が浮かび上がり...。

 

タイトルそのままのジメジメした空気が漂います。湿度が高く暗く地味な雰囲気。北国の凍てつく空気が伝わってくるようで、観ていて寒々としたものが感じられます。

 

あまり馴染のないアイルランドの人々なので、名前が難しかったりして、登場人物やその人間関係を把握しにくい面があるし、物語が複雑で気を抜いていると置いていかれそうになったりするのですが、観ていて重く陰鬱な空気がジワジワと沁み込んでくるような感じは、本作ならではの味わいになっていて、結構、癖になりそうだったりしました。

 

ただ、随分簡単に脱獄されたり、あまりに警察がだらしなかったり、時間的な問題もあるのでしょうけれど、登場人物たちの人物像や言動の背景の描き込みが足りず物語に深みが欠けたり、映画作品としての物足りなさもありました。原作は面白そうな感じがするので、読んでみたいと思いますが...。

 

作品全体の雰囲気は良かったのですが、それだけに勿体ない感じがしました。

希望のかなた

テーマ:

内戦が激化するシリアのアレッポで暮らしていたカーリドは、家族を殺され、妹とともにシリアを脱出します。混乱の中、妹とはぐれてしまいますが、数々の国境を越え、最終的には、フィンランドの首都ヘルシンキに辿り着きました。彼は難民申請をし、ハンガリー国境で生き別れた妹ミリアムを呼び寄せようとするのですが...。

 

ごく普通の人々の日常に入り込んでくる難民問題が描かれます。

 

登場する人々たちは、基本的に普通の善人たち。特別に正義のヒーローと言うわけでもありませんが、目の前で困っている人に手を差し伸べる優しさは持ち合わせていて、それぞれがそれぞれに誰かを支えたり助けたりしようとしています。そして、カーリド自身も、妹のために動こうとしますし、物乞いをする人に対しては少ない持ち合わせの中からお金を出したりもします。

 

そして、一方で、カーリドは理不尽な差別や暴力にも見舞われます。カーリドが住んでいたアレッポで小児病院までもが爆撃の標的となり、次々に無辜の命が奪われているニュースが流れる中、アレッポでは戦闘は行われておらずカーリドは故国で命の危険に晒されているわけではないとの理由で難民申請は却下されます。そして、きちんとした根拠もなく社会の問題の責任を難民に押し付け、難民を排除することが社会の改善に繋がると思い込み、理不尽にカーリドたちを攻撃する人々。理不尽な暴力や差別がなくならないのも、世の中の現実です。

 

全体にこの辺りの正義と悪の描き方のバランスが良かったと思います。善意も確かに存在し、悪も絶えず存在し続け、その中で、辛さや悩みを抱えながら生きていく市井の人々の姿に、リアリティが感じられました。

 

レストランを繁盛させようと、レストランをいきなり鮨屋にしてしまったりするのですが、おにぎりのような酢飯に分厚く切ったネタを乗せ、大きな酢飯に負けない程の大量のワサビを盛りつけた鮨。本作では、フィンランドという国の難民に対する厳しい姿勢が描かれていますが、日本の難民の受け入れに関する消極さは、フィンランドの比ではありません。難民申請をしてくる人々に対して山盛りのワサビを出しているような日本の姿勢を皮肉っているのかもしれません。

 

それにしても、この"鮨屋"パート、特に日本人は笑わずにはいられないでしょう。珍妙な和のテイストの日本ではあり得ないような衣装をまとい、「いらっしゃいませ」で客を迎える従業員たち。鮨を期待して喜んで入ってくる客たちの表情と、帰る時の落差。レストランが提供した鮨に客がどう反応したのか、直接的な描写はされていないのですが、をれを明確に示す客を送り出す映像にも笑わされました。

 

不寛容の時代を救うのは、ユーモアと笑いということなのでしょうか。笑いは心の余裕で、そこに、他の人を思い遣る余裕が生まれるのかもしれません。

 

カーリドを攻撃するネオナチの青年が、基本的にユダヤに敵対する関係にあるイスラム側にいたカーリドに"ユダヤ野郎"という言葉を投げつけますが、ネオナチがいかに難民の問題に関して無知なのかを皮肉っているようにも見えます。

 

それぞれの立場から、それぞれのやり方でカーリドを助けようとする善意の人たちがいて、特に理由もなくカーリドを攻撃する人もいて、善人ばかりでも、悪人ばかりでもない社会がバランスよく描かれ、ところどころに笑いが織り込まれ、重い社会問題を描きながらも、普通の人たちが普通に楽しめるエンターテイメント作品に仕上がっています。

 

一度は観ておきたい作品だと思います。お勧めです。

 

 

公式サイト

http://kibou-film.com/

探偵はBARにいる 3

テーマ:

東直己の「ススキノ探偵シリーズ」を原作とした作品。原作は未読です。本作は、映画化シリーズ第三作となり、第一作第二作は両方とも映画館で観ています。

 

ススキノのクラブでのトラブルを解決し、いつものようにケラー・オオハタに戻った探偵に、仕事が持ち込まれます。依頼主は、探偵の相棒である高田の後輩、原田誠。失踪した恋人の諏訪麗子を探して欲しいとのこと。高田にしては珍しく後輩の面倒を見ていることに興味を惹かれた探偵は、暇つぶしに軽い気持ちで依頼を引き受けますが...。

 

レギュラー陣の掛け合いや、小ネタは、過去の二作をベースにしていたりもしますが、過去二作を知らずに観ても十分に楽しめると思います。

 

基本的なストーリーの枠組みは、前二作とほぼ同じ。けれど、前二作よりもバイオレンスの臭いが薄まり、コミカルな部分が目立せられていて、ストーリー進行のテンポも良く、中だるみを感じずに最後まで物語の世界に身を委ねることができました。割と先の展開を読みやすい物語になっていて、サスペンス的な味わいは弱めです。けれど、ヘンに無理していない感じは良かったです。

 

このテのシリーズものの場合、段々、派手さや描写の強さを求めていくことでバランスを崩してしまったり、同じような登場人物たちの掛け合いがマンネリ化したりといった危険性を抱えていたりしますが、本作は、前二作との変化を見せながら、新しい魅力を加えていると思います。

 

かつては伝説の娼婦で、本作では肝っ玉母さんになった"モンロー"(鈴木砂羽)、北海道日報の記者の松尾(田口トモロヲ)、探偵の行きつけの喫茶店"モンデ"の峰子(安藤玉恵)、探偵と腐れ縁の古いタイプのヤクザな相田(松重豊)、ススキノで客引きをする源(マギー)といったレギュラー陣。それぞれのキャラクターもこなれてきた感じで、力のあるベテランの演技力もあり、物語を支え、味わいを深める重要な存在となっています。特に、本作では、安藤玉恵演じる峰子が印象的。

 

ちょっとセリフ(というか、探偵の独白)で説明し過ぎな感じがあったりとか、コミカルな部分の比重が大きくなったためにハードボイルドが薄まってしまったりとか、残念な部分もないわけではありませんが、全体的に見れば、面白い作品になっていると思います。

 

作中で取り沙汰される高田の"留学"については、どこか怪しげな感じが漂い、観ていて気になっていたのですが、エンドロールの後にその答えが映し出されます。次作も制作されるということなのでしょう。そこで提示される答えは、ほぼ予測通りだったのですが、それでも笑えました。全体に、ストーリーの展開に意外性はあまりなにのですが、それでも笑える、それでも楽しめるのは、映画作品として巧く作られているということなのでしょう。

 

本シリーズの中で一番楽しめました。

 

 

公式サイト

http://www.tantei-bar.com/

ラスト・シューティスト

テーマ:

 

 

1901年、ネバダ州。腰の痛みを見てもらうため、旧知の医師ホステトラーのもとを訪れた名ガンマン、ブックス。末期ガンと診断され、余命が僅かしか残されていないことを知ったブックスは、偽名を名乗り、ロジャース夫人の下宿屋で静かに最期の時を迎えようとします。けれど、かつて西部に名をとどろかせたブックスの存在は周囲に伝わっていき...。

 

無敵のガンマンも老いや死を避けて通ることはできず、人間の常として必ず死ぬことになります。数々の無敵の西部の男を演じてきたジョン・ウェインも同じ。本作には、西部の歴史に名を残すガンマンにもある人間としての弱い一面が描かれています。

 

すぐそこに忍び寄る避けられない死を自覚した老ガンマン。数多くの人間の命を奪ってきたタフガイが、迫る死期を自覚した時の孤独、悲哀、覚悟...。ブックスの表情や言動には、死への不安や恐怖も伝わってきますが、その恐ろしさに負けず、納得のできる最期を迎えようとする姿には凛々しさが感じられます。歴戦練磨のブックスにも不治の病との闘いには不慣れ。病に侵され徐々に弱っていく

 

医師のあまりにも明確で厳しい内容のブックスへの告知。そして、著名人であるブックスの名で儲けようと彼の元に寄ってくる人々。そこにブックスが想いを残したかつての恋人まで含まれていたり。彼の名で稼ごうとする人々の自身の欲望にあまりに忠実な天真爛漫ともいえる不躾さが滑稽です。

 

ブックスとロジャース夫人の息子、ギロムの関係も味わい深いです。ブックスはギロムに銃の撃ち方を教えますが、最終的には、ギロムが銃を放棄することを肯定します。ブックスは、銃の時代の終焉を受け入れたのでしょう。(まぁ、アメリカは、今も銃の時代を終えたとは言えないかもしれませんが...。)

 

ブックスは、自分が生きた時代をともにした敵を道連れにすることで、自身の力で銃の腕で生き残る時代の幕を引いたのでしょう。時代の転換点にあることへの自覚と腕前に対する自負があったからこその行動だったのかもしれません。自身の人生についても、自身が生きた時代についても、幕を引いた彼の姿に、ガンマンのダンディズムを感じます。ジョン・ウェインがいかに偉大な西部劇のスターだったかを実感させられます。

 

ジョン・ウェインの人生と西部劇らしい西部劇の最期を彩る作品として、後世に残る作品だと思います。