僕と世界の方程式

テーマ:
ネイサンは、他の人との意思の疎通が苦手で、自閉症スペクトラムと診断されます。父が事故で亡くなり、幼い頃から母、ジュリーとの2人での生活となりますが、ジュリーは、母親とも心を通わせることがネイサンとの生活に寂しさを感じていました。けれど、ネイサンは数学に関しては突出した才能の持ち主で、ジュリーは、高校の数学教師、ハンフリーズに指導を依頼します。やがて、数学オリンピックのイギリス代表の候補となり、台湾での合宿に参加。そこで、中国代表候補のチャン・メイと出会い...。

コミュニケーションの苦手さ故に周囲を戸惑わせるネイサン、自身の病と折り合いを付けられず孤立するハンフリーズ。ネイサンの数学オリンピック挑戦を通じて、ネイサンもハンフリーズも成長していきます。

台湾での合宿で、ネイサンのライバルとなるルーク。"自閉症だけど数学の才能があるから存在に価値がある"と感じている彼は、数学の能力に縋っています。周囲にそのつもりはなかったかもしれません。けれど、"障害はあるけれど"という枕詞を付けて才能を誉めることは、時として、"才能がなければ存在価値のない者"というメッセージを伝えてしまうのかもしれません。多くの"普通の人"が特に優れた能力がなくとも生きる価値を持つように、障害や病気があっても存在価値はあのですから...。

オリンピックでよい成績を残すことよりも大切なことを知ったネイサン。ずっと"頭がよくない"と馬鹿にしていた母、ジュリーからその"一番大切なこと"を教えられたというのも大きなポイントかもしれません。

ネイサンもチャン・メイも数学オリンピックでの成績よりも大切なものを得て、ジュリーも息子と関係を築け、ハンフリーズも自身の人生を取り戻す。そこに至るまでのそれぞれの過程をシンクロさせながら丁寧に描いていて、深みのある物語になっています。丁寧に張り巡らされた伏線も、きちん回収される隅々まで行き届いた作りになっていて、作品の世界に浸れました。

ユーモアも散りばめられて深刻になり過ぎず、地味ですが見応えのある作品でした。あちこちに登場する数学の問題は、何を問われているかも分からないレベルでしたが、それは気にする必要のないところでしょう。

観ておいて損はないと思います。


公式サイト
http://bokutosekai.com/info/
AD

生きうつしのプリマ

テーマ:
生きうつしのプリマ [DVD] 生きうつしのプリマ [DVD]
4,104円
Amazon


ドイツの小さなクラブをクビになった歌手のゾフィ(カッチャ・リーマン)は、父のパウルにインターネットのニュースを見せられます。そこには死んだ母エヴェリン(バルバラ・スコヴァ)と瓜二つの女性、ニューヨーク、メトロポリタン歌劇場のプリマドンナ、カタリーナ(バルバラ・スコヴァ)が映っていました。ゾフィは、父からカタリーナのことを調べてほしいと頼ま れ、 ニューヨークへ行き...。

映画館で予告編を観て、サスペンスタッチな雰囲気を予想していたのですが、外されました。タイトルから、オベラが絡んでくるのかと思ったら、それも違いました。ドロドロとした愛憎劇かと思ったら、そうでもありません。いろいろな要素をかき集めて収まり切れなくなってしまった感が漂います。

監督の実体験を元にしているとのことですが、人間関係がゴチャゴチャしすぎて分かりにくい上に、登場人物たちが、必要以上に秘密主義で観る者を混乱させます。

“悲劇”の大きな一因となっているパウルの心情に迫りきれていないので、愛憎劇も浅い上滑りなものとなってしまっています。

物語の中での設定と見た感じの年齢が合わず、それも、分かりにくさの原因となっていたかもしれません。

いずれにしても、変なところに無意味に無意味に物語を複雑に分かりにくくする要素が散りばめられ、集中力が削がれました。

物語の設定の大枠は面白いと思えただけに残念です。
AD

シング・ストリート 未来へのうた

テーマ:
シング・ストリート 未来へのうた [DVD]/マリア・ドイル・ケネディ
¥4,104
Amazon.co.jp


1985年、ダブリン。両親の離婚やいじめで暗い日々を過ごす14歳のコナー(フェルディア・ウォルシュ=ピーロ)は、音楽好きな兄と一緒にロンドンのミュージックビデオを見ることが唯一の楽しみでした。ある日、ラフィナ(ルーシー・ボーイントン)を見かけて一目惚れ。「僕のバンドのPVに出ない?」と口走ってしまいます。コナーは、彼女を振り向かせるために慌ててバンドを組み...。
 
眩しく真っ直ぐな青春を見ることができる映画です。
 
生まれてからの時間が短い程、将来の選択肢を多く持っているような気がします。そして、成長とともに、自身の能力の限界と現実の厳しさを知るようになり、選べる道がどんどん狭まっていき...。自分で自分の未来を考えるための思考力と情報量を十分に持ちにくい幼い頃よりずっと選ぶ力を持ち得る青春の時期は、自分の将来を選べる最後で最大の時期のようにも思えます。そんな時をどう生き、どう決断するのか...。
 
子どもの頃の夢を叶えられる人は多くはありません。現実は厳しく、その厳しさの中を自分の力で生きていかねばならないとなると妥協せざるを得ない場面も多く、夢だの何だの言っている場合ではなくなったりもします。本物の愛なんてものに巡り合える確率は低く、アツいロマンスもいつかは冷め、やがて、苦悩の元となったりもします。
 
けれど、それでも、夢を追うこと、愛を信じることに対する憧れを捨てきれなかったりもするわけで、本作のようなファンタジーに心惹かれてしまうのかもしれません。
 
ラストは、ついつい大人の目線で、パスポートは?、就労ビザは?何て考えてしまって、汚れきった大人になってしまった自分が情けなくなったりもしました。
 
音楽がとても良く、効果的に使われていて、それも、本作の心地よさを生み出しているのでしょう。
 
青春の気恥ずかしさと、戻らない過去の懐かしさが甦ってくるような作品です。
AD

コロニア

テーマ:
コロニア [DVD]/ヴィッキー・クリープス
¥3,564
Amazon.co.jp

1973年9月11日、フライトでチリを訪れたドイツ人のフライトアテンダント、レナは、恋人のジャーナリスト、ダニエルとの束の間の逢瀬を楽しんでいました。けれど、チリ軍部によるクーデターが発生。ダニエルは、反体制勢力として逮捕れ 、"コロニア・ディグニダ"に収容されます。そこは、表向きは慈善団体とされているものの、内実は"教皇"を自称する元ナチス党員、パウル・シェーファーがチリの独裁政権と結びつき、神の名のもとに住人を支配する脱出不可能な施設。ダニエルがそこに収容されたことを知ったレナは、彼を救うためにコロニア潜入し...。
 
フィクションな部分も盛り込まれているようですが、コロニアは実存したというのですから、スゴイお話です。40年間に5人が脱出に成功したとのことです。
 
日本でも、オウム真理教の問題があったり、戸塚ヨットスクールなど人を監禁して"鍛錬"しようという施設があったり、今でも北朝鮮のような国があったり、洋の東西を問わずこうした問題は起きています。他者を支配したいという欲望の強い人はいて、そこに権力が集まるとこうした事態が引き起こされるものなのかもしれません。特に宗教的な背景があると、人間が逆らえない神の存在を盾に絶対的な支配が行われやすいのかもしれません。
 
レナには、脱出困難な施設に入ったわりには、人から聞いたことをペラペラしゃべったり、案外、不用心なところがありヒヤヒヤさせられました。もう少し覚悟を持ってことに臨んでいただきたいものです。
 
都合よく監視の目が緩くなったりする場面もあり、気になったりもしました。
 
とは言え、人間の中にある恐ろしさを見せつけられる物語で、普通の人が不当に扱われない世の中を維持することの大切さが実感できる物語となっていて、今の日本の社会についても考えさせられますした。そして、同時にそんな恐ろしさや非道さに負けない人の強さも見せてくれています。
 
コロニアの実情を明らかにし糾弾するというよりは、レナとダニエルのロマンスに偏った感じもしますが、そのために重く暗くなり過ぎず、疲れずに観ることができたのかもしれません。そういう意味では、シリアスとエンターテイメントのバランスも程よかったのだと思います。
 
観ておいて損はないと思います。

抵抗-死刑囚の手記より-

テーマ:
抵抗-死刑囚の手記より- [DVD]/モーリス・ベアブロック
¥4,104
Amazon.co.jp

1943年のフランス、リヨン。ナチスに対するレジスタンス運動に身を投じ逮捕されたフォンテーヌ中尉は、連行される途中、車から脱出を図りますが、失敗。収監後も、様々に工夫を重ねて脱走を企て...。

今よりも、刑務所に収容されている人たちの人権が蔑ろにされていたけれど、監視は緩く自由度年が高かった時代のオハナシなので、気になる部分はありますが、それは時代背景で、当然のこと。

主人公が、ほとんど表情を動かさず、淡々と静かに描かれる物語に緊張感があり、作品の世界に引き込まれました。脱獄のための地道な作業や汚物処理などの監獄でのルーティンが丁寧に描写され、画面に緊迫感を生まれています。

音楽や効果音も上手く使われ、物語の味わいを深めています。

分と、比較的、短い作品ですが、緊張感がみなぎり、観終えて、程よい、疲労感を覚えます。ラストも、スッキリとバンザイという感じではなく、この後に、再度、レジスタンス運動に参加することになるであろうフォンティーヌの戦いを予感させる重さが残ります。

60年程前の古い作品ですが、重厚な見応えのある作品です。一度は観ておきたい作品だと思います。
今年もバレンタインがやってきました。新宿高島屋のバレンタインのフェアで見つけました。表の顔は夫へ、実は私が食べるチョコレート。イタリア、トリノのお店です。

DSC_0032.JPG

ヘーゼルナッツなどのナッツのペーストとカカオで作られるジャンドゥイオットで有名なお店です。
 
今回、買ってみた詰め合わせは”コビーノクラシコ7“です。
 
ジャンドゥイオット2種類。
ヘーゼルナッツペーストにミルクを加えた”トリノット“(三角形/赤/2個)
ミルクなしでヘーゼルナッツたっぷりの“トリノットマキシモ“(三角形/シルバー/2個)
 
お店の看板商品でもあるオリ ーブ オイルと海塩入りの"クルミーノ・アル・サーレ"(四角形/赤/1個)
 
ダークチョコレート(カカオ分75%/丸/2個)
 
トリノットは、甘め。ミルクも入ってまろやかに仕上がっています。
 
トリノットマキシモは、より濃厚にヘーゼルナッツが感じられます。こちらもやや甘め。ヘーゼルナッツの風味が口いっぱいに広がります。 
 
サーレは、程よい塩味とオリーブオイルの滑らかな感触が印象的でした。ちょっと甘さが強い感じはしましたが、なかなか美味しかったです。 
 
ダークチョコレートは、しっかりカカオが味わえます。シンプルだけど、ちゃんと作られたダークチョコレートは、やはり美味しいです。
 
今年も美味しいチョコレートに出会えたバレンタインデーでした。来年も楽しみです。

カンパイ!世界が恋する日本酒

テーマ:
カンパイ! 世界が恋する日本酒 [DVD]/オデッサ・エンタテインメント
¥5,076
Amazon.co.jp

 

木下酒造の杜氏で、外国人初の杜氏となったイギリス人のフィリップ・ハーパー。日本酒に関する著書を多く執筆し、ワークショップを通じて日本酒の魅力を世界に発信しているアメリカ人のジャーナリスト、ジョン・ゴンドナー。岩手にある南部美人、五代目蔵元の久慈浩介。日本酒に関わる3人を中心に日本酒の魅力に迫るドキュメンタリー。

 

ワインやウィスキーにのめり込み、その世界で高い評価を得るようになる日本人もいれば、日本の伝統文化の世界で力を発揮する外国人もいる。日本の伝統や文化は日本人にしか分からないなんて言う時代ではなくなっている現実が伝わってきます。

 

好きなことを語る人々からあふれ出る幸福感。勿論、好きな道であっても、もしかしたら、好きな道だからこそ、苦悩も大きいのかもしれません。けれども、どんなに苦しまなければならなかったとしても、多くの犠牲を払わなければならなかったとしてもやめられないのが、本当に好きなことと言えるのかもしれません。本心から好きになれるものと出会い、その道に邁進する人々の喜びが前面に出ているところが、本作の一番の魅力だと思います。

 

3人それぞれの物語が美しい映像と耳障りにならず場面を盛り上げるバランスのよい音楽で演出され、作品の世界に引き込まれました。

 

日本酒に関するドキュメンタリーで、日本酒を取り巻く情勢や酒造りのあり方の変化などには触れられていますが、日本酒そのものに関するアレコレが詳しく説明されているわけではありません。基本的な日本酒に関する知識は持っておいた方が楽しめる作品かもしれません。

 

日本酒をチビリチビリとやりながら、日本酒について語らいながら、観るのも楽しいのだろうと思います。

TV朝日の人気刑事ドラマ、"相棒"の劇場版第四弾。TVはプレシリーズから、劇場版は第一作から観ています。

屋敷で友だちとかくれんぼうをしていた瑛里佳が隠れていたクローゼットから出ると、他の人は全員死んでいました。事件の後、誰かに連れ去られたのか、瑛里佳は姿を消します。その7年後、警視庁特命係、右京と冠城は、香港から来たリュウとともに、国際犯罪組織"バーズ"を追っていました。そんな中、"バーズ"は成長した瑛里佳の映像を警察に送り、身代金を要求してきて...。

映画にする以上は...という意気込みがあるので仕方ないのでしょうけれど、これまでの劇場版は、大風呂敷拡げ過ぎて、そこが違和感を生み出していた気がしていました。今回は、瑛里佳に関する部分以外は、あまりアレコレ引っ掛からず、割と純粋に楽しめました。

問題は、瑛里佳に関する部分。瑛里佳が姿を消したのは7年前。そんなに昔の話ではありません。人種差別的ないじめが描かれていました/う。屋敷にいた全員が死んでしまうというのも不思議。"カンパイ!"で同時に飲んだわけでもないでしょうし、何人かは他の人の様子を見て警戒するのが自然なのではないかと...。身代金要求映像の髪型とリアルな瑛里佳の髪型の違う理由もよくわかりませんでした。自由に出歩けるようにするための変装にしてはあまりに中途半端だし...。"冠城亘"の名刺を見て大正解の読み方で読んでしまうのもあまりに不思議。普通、読めないでしょう。特に、瑛里佳は長く日本にいなかったのだし...。そして、瑛里佳が"レイブン"について、"本当の父親のように"と言っていることで、"レイブン"が誰だか想像がついてしまうし...。ここは、ハラハラドキドキ感を冷ましてしまっていて残念。

瑛里部分の残念さは少なからずありましたが、アレコレ目を瞑れば、それなりに楽しめるでしょう。まぁ、相棒ファン向け作品ではありますが...。TVシリーズではなかなか会えなくなってしまった二代目相棒の神戸尊、鑑識の米沢守の登場はファンにとって嬉しいところ。神戸さんの消え方は呆気なさ過ぎて物足りなかったですが...。

それでも、国家の名のもとに個人を犠牲にすることの酷さ、個人の犠牲を軽く受け止める国家権力の理不尽さを見据えたストーリーは、見応えありました。


公式サイト
http://www.aibou-movie.jp/

超高速!参勤交代リターンズ

テーマ:
超高速! 参勤交代リターンズ [DVD]/松竹
¥3,024
Amazon.co.jp
 
「超高速!参勤交代」の続編。前作も観て、ここに感想を書いています。

前作で無事、"参勤"を果たし藩の取り潰しを免れた湯長谷藩でしたが、彼らへの復讐に燃える老中、松平信祝の策略により、湯長谷藩で一揆が起きます。上手く解決できなければ、藩はお取り潰し。藩主、内藤政醇らは大慌てで帰郷しますが...。

面白かったです。行きに成功してメデタシメデタシと思ったけど、今度は帰らなきゃなりません。"行きはヨイヨイ"とはとても言えない大変な道のりでしたけど、帰りはもっと無理難題。5日で江戸へ行くのも難題でしたが、今度のリミットは行きの半分にも満たない2日です。その中でのドタバタ、悲喜劇が、結構、馬鹿馬鹿しくチープに描かれているのですが、これがなかなか笑えて、ジンときて、見応えありました。テンポもよく、映画の疾走感と物語の雰囲気がぴったりと合っています。

ベテラン揃いの演技陣も安定した演技で、観る者をエンターテインメントの世界に引き込んでくれます。

 

前作は"参勤"メイン、今作は"交代"よりも"戦闘"メイン。もうちょっと、"交代"に寄ってもよかったような気もしますが、前作とのバランスを考えると程よいところでしょうか。

 

前作同様、善玉と悪玉が実に明快に分けられた勧善懲悪な王道の娯楽時代劇。期待にきっちりと応えてくれる作品で、満足度は高めです。観ておいて損はない作品です。

 

前作と関連する内容ではありますが、観ていなくても問題なく楽しめると思います。そんなところも、親切設計。前作を観ていない方にもお勧めできます。

ニュースの真相

テーマ:
ニュースの真相 [DVD] ニュースの真相 [DVD]
4,104円
Amazon
 
ジョージ・W・ブッシュ大統領が再選を目指していた2004年のアメリカ。CBSニュースのベテランプロデューサー、メアリー・メイプスは、伝説的ジャーナリスト、ダン・ラザーがアンカーマンを務めるCBSの看板番組"60ミニッツⅡ"で、ブッシュの軍歴詐称疑惑を裏付けるスクープを放送します。けれど、"新証拠"として取り上げたものを保守派のブロガーが偽造と断じたことから、CBSは激しい非難を浴びます。同業他社の批判報道も激しくなり、上層部は事態を収束するため、内部調査委員会を設置します。そのメンバーにはブッシュに近い有力者も含まれ、軍歴問題は取材は打ち切りとなり...。
 
当時、この問題の渦中にあったメアリー・メイプスの著書「大統領の疑惑」を基に作られた映画で、ドキュメンタリータッチな作品となっています。事件の経過を丁寧に追っているのですが、全体にメリハリが薄く、平坦な感じがしました。
 
大マスコミの報道は時に社会に大きな影響を及ぼします。誤った情報が流されることで、人の命が失われることになる可能性だってあります。けれど、一方で、ジャーナリストたちが誤報を恐れ過ぎて自己規制に走ってしまったら、権力を持つ者たちが隠したい真実が明らかにされることがなくなってしまうかもしれません。マスコミを委縮させることは、基本的には権力を利することになり、普通の人々が抑圧される社会を生み出していくことに繋がりかねません。
 
報道の一部、それも時として、本質にはあまり影響を与えない小さな一部の問題を取り上げて、あたかも全てが嘘であるかのように印象付ける情報操作の巧妙さ。そこに嵌ってしまうのは、予め決められている放送日に間に合わせなければならないという焦り、他に先んじてスクープをものにしようというジャーナリストとしての功名心もあるのかもしれません。
 
実在の人物が実名で登場していてリアリティが感じられる一方、まだあまり遠い過去とはなっていない事件を扱っていて実在の人物たちへの遠慮や、全ての真相が明らかになっているわけではない事件を扱っている歯切れの悪さも感じられます。
 
メアリー・メイプスを演じたケイト・ブランシェット、ダン・ラザーを演じたロバート・レッドフォード、いずれも力のある演技で、権力に挑んだジャーナリストの使命感、自負、危うさ、苦悩を表現しています。
 
マスコミの反権力報道に対する国家権力の容赦なさが怖ろしいですが、一方で、こうした作品が世に出ること、"60ミニッツ"のチームによるアブダビの米軍兵による捕虜虐待のスクープに対して賞が与えられている点に、アメリカの社会には確かに健全な部分が残っていることが実感させられます。
 
私たちの生きる今の日本社会のことを考える上でも観ておきたい作品だと思います。