アメリカ在住向け 通じる発音を手に入れて英語環境で働こう

アメリカ英語の発音レッスンをしています。
北米生活16年目
北カリフォルニアからアメリカ生活が始まり→ロサンゼルス→カナダ→ロサンゼルス→カナダ→そして2016年の夏に念願のハワイへ引っ越し
アメリカ人夫とビーチを散歩するのが日課です


テーマ:
英語のブログも書いてます♪ life in hawaii and etc.


>>フラットAの発音レッスン
>>知らずに放送禁止用語を言っていた失敗談


昨日は、fact の母音(Flat A, æ)が発音できなくて fucked (母音はシュワ)に聞こえてしまったという失敗談を紹介しましたが、

今日はフラットAが発音できないと悪い言葉になってしまうという要注意単語を紹介していきます


フラットA がシュワに聞こえてしまうだけで、こんな危険な単語になるなんて

そういう要注意の単語が結構あるんです


特に日本語の「ア」は、シュワ(Schwa, ə, ʌ)に聞こえる傾向がある。
その上、フラットA の発音は日本語にないので難しい。
日本人にはこういうハンデがあるんです


だからと言って、発音できないという訳ではありませんので、
発音練習の際には、フラットA の練習をしっかりしてみてくださいね

ぜひ、この音をみんなで習得してみましょう

>>シュワの発音レッスン
>>フラットAの発音レッスン



それでは、今日のテーマである要注意単語を見てみましょう

単語は、
フラットA(本来言いたい単語)→シュワ(日本語のアになってしまうと、この単語に変化する)
という順に書いています





フラットA → シュワ

fact(事実)→ fucked(放送禁止用語)

fax (ファックスマシーン)→ fucks (放送禁止用語)

factory(工場)→前半が放送禁止用語に

faculty(学校の先生)→前半が放送禁止用語に

Kant(哲学者のカント)→ここには書けませんキャーンtと発音しましょう

sax(楽器のサックス)→ sucks(マジ最悪, that sucks の略)

sack (サップサック、袋)→ suck(最悪、ヘタ、吸う)




フラットA がシュワに変わるだけで、こんなに変わってしまうんですね

fac から始まる単語は、常に注意しておいたほうがいいかもしれません

上記の単語は、集中して練習してみましょう♪

ネイティブスピーカーで協力してくれる方がいる環境でしたら、ぜひこの単語の発音練習をしてみてくださいね

このフラットA だけの発音矯正レッスンも行いますので、指導の必要な方はぜひご連絡くださいませ。だいたい1時間~2時間で習得できますよ。




ちなみに、シュワを間違ってフラットA にしてしまうと悪い言葉になる単語もあるので、最後に紹介しておきます

その単語は、us(私たちに)


この母音はシュワです。


これを間違ってフラットA にしてしまうと


ass(お尻の下品な言い方)に変化


「私たちに」と言いたい時は、シュワ発音を意識してくださいね





最後まで読んでいただきありがとうございました。


ルンルン無料ニュースレター始めますルンルン ブログでは書けない英語発音のこと、アメリカのことをお届けします♪ぜひサインアップしてくださいね。応援よろしくお願いします。

http://eepurl.com/cpx-eD

(別ウインドウが開きます)


英語のブログも書いてます♪ life in hawaii and etc.
発音矯正レッスンの依頼は→発音矯正レッスン Accent Reduction American Accent Lesson
翻訳依頼は→英日翻訳、映像字幕翻訳、Japanese translation and subtitles


AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。