本「みかづき」

テーマ:

みかづき

 

森絵都 集英社 2016年9月

 

 

みかづきみかづき
1,998円
Amazon

 

 

昭和36年。小学校用務員の大島吾郎は、勉強を教えていた児童の母親、赤坂千明に誘われ、ともに学習塾を立ち上げる。女手ひとつで娘を育てる千明と結婚し、家族になった吾郎。ベビーブームと経済成長を背景に、塾も順調に成長してゆくが、予期せぬ波瀾がふたりを襲い―。山あり谷あり涙あり。昭和~平成の塾業界を舞台に、三世代にわたって奮闘を続ける家族の感動巨編!

 

 

 

小学校用務員だった吾郎を説得し、千明は塾を始める。その当時は、塾は懐疑的な存在だった。
それが、時代とともに、塾の数も増え、塾の競争がおきる。
そして、千明が始めた塾は、わからないところを教える塾から、進学塾へと変貌を遂げる。
 
それに伴い千明と吾郎の仲もあやうくなっていく。
 
塾の変遷、文部省との関係の変化、教育に対する考え方等、多くの問題が語られている。
 
千明、吾郎の考え方の違い、その娘たち、三人三様の考え方・・・・・・・
ずっと、塾とかかわりを持っていた人たちばかりではない。
 
回り道をたくさんした。
それでも、教育の場に戻ってきたように思う。
 
孫の一郎。教育とは、かけ離れた場所にいた彼が、自らが気づき、始めたこと。
現代の問題点を提示している。
それを応援しようとする家族の人たちの姿がよかった。
 

 

<どんな子であれ、親がすべきことは一つよ。
人生は生きる価値があるってことを自分の人生をもって教えるだけ>
<一緒になるなら、ほどよく鈍感でおおらかな男を選びなさい>

千明の母、頼子の助言は、他にもあったが、的をえていると思う。

 

 

信念をもって、行動していても、思うようにいかないことは多くあるだろう。時代とともに、考え方が、変わることもあるだろう。

紆余曲折を繰り返しながら、周りの人の手助けを得て、前に進んでいくものではないだろうか。

 

 

 
お気に入り度★★★★★
AD

日本のいちばん長い日

 

 監督: 原田眞人

出演

役所広司 本木雅弘 松坂桃李 堤真一 山﨑努 神野三鈴 蓮佛美沙子 大場泰正
小松和重 中村育二 山路和弘 金内喜久夫 鴨川てんし 久保酎吉 奥田達士 嵐芳三郎
井之上隆志 矢島健一 木場勝己 中嶋しゅう 麿赤兒 戸塚祥太(A.B.C-Z)
田中美央 関口晴雄 田島俊弥 茂山茂 植本潤 宮本裕子 戸田恵梨香(特別出演)
キムラ緑子 野間口徹 池坊由紀 松山ケンイチ(特別出演)

 

2015年
 

 

 

 

『クライマーズ・ハイ』の原田眞人監督が、半藤一利の同名小説を映画化。1945年7月、連合国は日本にポツダム宣言受諾を要求。降伏か、本土決戦か…。玉音放送をめぐる政府首脳の動きと終戦反対派の青年将校たちのクーデター計画が明かされる。

 

 

 

 

 

 

8月15日、終戦の日。

その裏側で、こんなドラマが展開されていたとは!

 

 

 

昭和天皇の苦渋の決断。それは、日本を守るため。

終戦に向けて奔走した鈴木総理。

 

青年将校・畑中健二の起こしたクーデターは、それは、熱い熱い日本への思いがあったからこそ。

その胸の内を理解しているからこそ、中に入って板挟みとなった 陸軍大臣・阿南惟幾 。彼の行動の重みを感じた。

 

 

誰もが、日本を愛し、日本のためを思っての行動だったのだ。

史実に基づいた濃厚な映画だと思う。

 

 

お気に入り度★★★★★

AD

本「城崎裁判」

テーマ:

城崎裁判

 

著者:万城目学
編集:BACH
装丁:長嶋りかこ
発売日:2014年9月18日
価格:1,700円税込
 
 
小説家万城目学が城崎に滞在し、志賀直哉の足跡を追体験して書かれた書き下ろし新作。志賀直哉が、城の崎にて」の中で投石によって死なせてしまったイモリへの “殺しの罪” と、小説家の創作の源泉を探る温泉奇譚。
 
──これは本当に本なのか。そう、これは本なのだ。こんな妙ちきりんな小説を書いた物好きはどこのどいつだ。そう、私だ! などと、ひとりニヤニヤしてしまうような、不思議でたのしい一冊を作る仕事にかかわれたことを、とても光栄に思います。城崎にしかない、世界に二つとない本です。ぜひ、お湯につかって読んでください。ただし、表紙がタオルだからって、そのまま身体は洗わないでくださいね。 万城目学
 
 
 
 
「本と温泉」http://books-onsen.com/という企画のもと作られた本。城崎限定発売
 
城崎文芸館 万城目学企画展 にて購入した本です。
ブックカバーが、タオル地。こんな本、他に見たことない。
 
 
作家が城崎温泉に湯治に出かけた話。
志賀直哉の足跡を追体験し、温泉につかっていると、イモリに遭遇する。
 
といったふうに、温泉の露天風呂に入るたびに、不思議な生き物に出会うという、奇妙なお話。
 
城崎の温泉に最近行ったばかりの私にとって、あの温泉だと、その光景が、ありありと目に浮かんできて、親近感を感じることができた。
 
作家は、どんな罪に問われたのか?裁判の被告になった作家の運命は?
 
ユーモアがあり、最後の落ちには、にんまり。
 
お気に入り度★★★★
 
AD

天晴れアヒルバス

 

山本幸久 実業之日本社 2016年9月

 

 

 

アヒルバスのバスガイドになって12年、いつしかベテランになった高松秀子(デコ)。恋も仕事も充実…のはずが、後輩に追い抜かれっぱなしの日々。外国人向けオタクツアーのガイドを担当するが、最悪の通訳ガイド・本多光太のおかげでトラブル続発。デコは乗客に、そして自分にも幸せを運ぶことができるのか―!?アラサーのデコにもとうとう春が来る!?

 

 

ある日、アヒルバス の続編。高松秀子は、いつのまにかアラサーになっていた。

 

今では、バスガイドだけでなく、後輩に気を配ったり、問題ある社員の教育をしたり、企画を考えたりといろんな仕事を任されている。

 

後輩たちが、立派に成長したり、結婚していったりして、ずっと、仕事を続ける自分に、なんで?という思いはあるものの、お客さんの笑顔を見ると悩みなんて吹っ飛んでしまうデコなのだ。

 

デコこそ、バスガイドが天性なんだろうな。

お客さんのために頑張っている彼女の姿は素敵だ。

 

今回は、外人向けのツアーで、通訳の本多のいい加減な行動に客もまわりもいらだっているのを一緒に組んだデコが、どのような行動に出るのかが、みもの。

 

 

デコの存在が、まわりを明るくし、問題を解決の方にむけて進んでいる。

 

 

いろんなツアーがあって、参加したいなあ。

 

お気に入り度★★★★

本「よっつ屋根の下」

テーマ:

よっつ屋根の下

 
大崎梢 光文社 2016年8月

 

よっつ屋根の下よっつ屋根の下
1,404円
Amazon

 

 

勤め先の大病院の不祥事隠蔽を批判し、犬吠の地方病院に飛ばされた父。製薬会社に関係の深い実家を気にして、父についていこうとしない母。都会暮らしが好きなのに、父をひとりにできなくて、ついていったぼく。お母さんを責めないで!と言いながら、密かに自分を責めていた妹。たとえ自分は離れても、いつまでもそこにあってほしい、ぼくたちの「家」。それは、わがままだろうか。家族でいるのが大変な時代の、親子四人の物語。
 
 
 
父の行動は、正しかったのかもしれないが、勤めていた病院から、地方へ飛ばされる。
 
正義感の強い父の行動は、立派だと思う、しかし、そのことで、家族がバラバラになってしまったことでは、心を痛めたことだろう。
 
父と一緒に来たぼく。都会では、塾へ通い、ぼくには、進学の道が開けていたはず。
それを捨て、父を一人にできないとついてきたぼくはけなげだと思う。
ぼくが、友達ができ、この土地に慣れていく過程を描いたこの章が一番よかった。
 
母は、都会にとどまる。父と一緒に、どうして来なかったのか?と、この母に対して、悪い印象だった。しかし、彼女には彼女の事情があったのだと少し、見方が変わった。
 
母と残った妹。小さかったから、自分で判断ができず、母の意見に従った。大きくなってから、それでよかったのかと、ずっと自問を繰り返していた。
 
家族4人がそれぞれ、違った道を進む。
よっつ屋根の下という題名は、一つ屋根の下で、一緒に暮らさない家族ということだろう。
 
 
 
別々に過ごした時間は、その人にとって自分を見つめなおす時間だったに違いない。自立した四人。今まで、苦労を重ねた分、これから、いい関係を築いていけたらいいなと思う。
 
この物語を読んで、一つ屋根の下で、一緒に暮らさない家族というのもあるのだと思った。
 
お気に入り度★★★

本「光炎の人」

テーマ:
光炎の人
 
木内昇 角川書店 2016年8月

 

光炎の人 (上)光炎の人 (上)
1,728円
Amazon

 

光炎の人 (下)光炎の人 (下)
1,728円
Amazon

 

時は明治。徳島の貧しい葉煙草農家に生まれた少年・音三郎の運命を変えたのは、電気との出会いだった。朝から晩まで一家総出で働けども、食べられるのは麦飯だけ。暮らし向きがよくなる兆しはいっこうにない。機械の力を借りれば、この重労働が軽減されるに違いない。みなの暮らしを楽にしたい――。「電気は必ず世を変える」という確信を胸に、少年は大阪へ渡る決心をする。
 
大阪の工場ですべてを技術開発に捧げた音三郎は、製品化という大きなチャンスを手にする。だが、それは無惨にも打ち砕かれてしまう。これだけ努力しているのに、自分はまだ何も成し遂げていない。自分に学があれば違ったのか。日に日に強くなる音三郎の焦り。新たな可能性を求めて東京へ移った彼は、無線機関発の分野でめきめきと頭角をあらわしていく。そんなある日、かつてのライバルの成功を耳にしてしまい―!?
 
 
上巻
 
タバコ農家の貧乏な家の子、 音三郎 。
機械や電気に興味を持った音三郎は、学校も行ってないのに、独学で学び、知識を得ていく。努力家だ。
 
刻み煙草の工場 から、大阪の 伸銅工場に転職した音三郎は 、自分のお金で材料をそろえて、研究を続ける。
 
しかし、その技術は先をこされる。その悔しさ。
 
ここでは、一人の力の小ささを感じる。
多大の資金を使っての研究には及ばなかったということだ。
 
音三郎は、研究を進めるための世渡り術を得ていく。
 
 
 
下巻
 
戦争に翻弄され、生きるだけでもしんどい世の中で、自分の製品を作るのだという強い意志を持ち、日々挑戦することは、並大抵のことではない。
その姿は、技師としての鏡だ。
 
 
しかし、自分の力を試したい、自分の製品を作りたい、という強い思いが、いつのまにか、まわりがみえなくなっている。
なんという結末を迎えるのか。
 
開発だけに打ち込める環境があったなら・・・・・・・
くやしさが残る。
 
お気に入り度★★★★★

明るい夜に出かけて

 

佐藤多佳子 新潮社 2016年7月

 

 

 

 

 

 

今は学生でいたくなかった。きっかけになったトラブルはある。でも、うまく説明できないし、自分でも整理がついていない。実家を出て、バイトしながら、まったく違う世界で、自分を見つめ直すつもりだった。「歴史を変えた」と言われる伝説のあのラジオ番組が小説内でオンエア!「青春小説」に名作がまた誕生した。

 
 
ラジオを聞く人にとっては、たまらない一冊だろう。
私は、聞かないので、ラジオ番組のくだりには、入り込めなかったが、雰囲気は感じることができた。
 
大学を休学し、コンビニでバイトをする。
唯一の楽しみは、深夜のラジオを聞くこと・・・・・・・・
 
人生まっすぐに進む人ばかりではない。
立ち止まり苦しんでいる人がいる。
彼には以前、いろんな出来事があり、どうしたらいいのか悩んでいる。
 
そんな彼が、実際の友達を得ていく過程に応援したくなった。
少しづつでも前に進めていけたらいいなと思う。
 
青春小説として楽しめたと同時に作者のラジオ愛を感じた。
ラジオという共通するものがあるというのはいいことだなと思った。
 
お気に入り度★★★

本「城崎へかえる」

テーマ:
城崎へかえる
 
著者:湊かなえ
編集:BACH
装丁:本庄浩剛
発売日:2016年7月1日
価格:1,200円税込
2016年山本周五郎賞受賞の作家、湊かなえの書きおろし。
城崎へ行くのではなく、城崎へ“帰る”という女性が、ひとり喪失感を抱えて城崎を訪れる。その喪失感を埋めてくれたのは、かつて城崎を訪れた母との思い出と温泉、そして蟹でした。
本物の蟹の殻を思わせる特殊テクスチャー印刷。 殻から身を抜くように箱から取り出し、じっくり味わってみてください。
 
広島の因島出身、淡路島在住の湊かなえにとって、城崎は家族で訪れる安らぎの場所。書きおろしの新作となる本作は、著者が何度も滞在した城崎での記憶を背景に描かれた、小説家の母を持つ娘の物語。付き合っていた男と別れ、5年務めた会社を辞めた主人公は、10年ぶりに城崎温泉を訪れた。こころにポッカリと空いた「何か」を埋めるために。思い出の地で彼女は何を見つめ、何に気づいたのか。温泉と蟹が記憶のトリガーとなり、喪失したこころをやすらげる、あたたかな短編です。
 
 
 
 
 
 
 
「本と温泉」http://books-onsen.com/という企画のもと作られた本。城崎限定発売
 
毎日の生活に喪失感を感じている女性が城崎を訪れる。
 
城崎の出身でもないのに、なぜ「城崎へかえる」なのか?
 
そこは。10年前まで、毎年、母と来ていた場所だった。
 
 
 
温泉に入り、おいしいものを食べているうち、昔の記憶がよみがえり・・・・・・・
彼女の中に、変化が・・・・・・・
 
 
温泉っていいな!
 
動物温泉って、かわいい!
 
湊さんにしては、ダークではなく、暖かい話だった。
 
お気に入り度★★★★
 
 

城崎文芸館 万城目学企画展

テーマ:
城崎に行って、城崎文芸館にて、万城目学の企画展を見てきました。
 
 
 
 
<第1回目の企画展では、城崎の出版NPO「本と温泉」にて『城崎裁判』を書き下ろした小説家 万城目学を紹介する「万城目学と城崎温泉」展を開催。城崎における万城目の足取りをたどりながら、作家としての来歴も振り返ります。 >
 
今までの作品や『城崎裁判』に関する展示が多いですが、書斎の写真や愛用の湯のみなども置いてあり、少しだけ、万城目氏に近づいた気がしました。
 
 
 
 
これが本なの?と思うような作品が、城崎温泉 地域限定発売ということで、買ってきました。
タオルのブックカバーの万城目学「城崎裁判」
万城目さんのサイン入りが手に入り、興奮!
 
 
かにの質感のある 湊かなえ「城崎へかえる」
 
 
 
読むのが楽しみ!
 
本の感想は、後程・・・・・・・・・
 
 
 

本「ぼくの花森安治」

テーマ:

ぼくの花森安治

 

二井康雄 CCCメディアハウス 2016年7月

 

 

ぼくの花森安治ぼくの花森安治
1,512円
Amazon

 

 

 

花森安治と大橋鎭子を語れる数少ない人物が、満を持してペンをとりました。NHK連続テレビ小説「とと姉ちゃん」では描ききれなかった「暮しの手帖」の真実。誌面に独特の手書き文字を書き続けた元副編集長の視点から捉えた書き下ろし。

 

 

 

NHK連続テレビ小説「とと姉ちゃん」は、放送を終了したが、「暮らしの手帳」の花森安治のことを部下であった作者が語っている。

 

圧倒的な存在。

よく怒っていたようだ。

しかし、部下を食事に連れて行ったりと面倒見はよく、部下から尊敬されていた。

 

花森氏の語録も収録されており、彼の人となりがよくわかる。

 

 

商品テストのやり方が半端でない。よく、こんなことができたと感心した。

 

広告をとらずに続けた花森氏の考え方。

暮らしの手帳にかけた情熱がどんなだったか・・・・・・・・・

花森氏の強い信念を感じた。

 

 

そして、作者が、「暮らしの手帳」に入った理由、花森氏とどのような関わり方をしていたのかも書かれており、作者の花森氏への深い尊敬の念を感じた。

 

お気に入り度★★★★★