久しぶりのタイイング

テーマ:
どうもこんばんは。flyflyです。正月に書いたっきりでしたが、2016年もすでに4分1が終わってしまったのですね。早いものです。

今日は久しぶりにフライを巻いてみました。
想定しているのは6月の阿寒川。
スペントの釣りです。

フックをバイスにセットして・・・
久しぶりなのでやけにフックが太く感じます。
北海道は魚が大きいのでファインワイヤーでは折られたり伸ばされたりと色々な不具合がありますので、ヘビーワイヤーを使っています。

トーヨーマダラのスペント。
大きさは16番と18番かな。
ウイングはエアロドライウイングファインの白とミディアムダンを混ぜたもの。
1本は4束に分けられるので、1束を更に半分にして2色を混ぜました。

3769SP-BL
重いので沈みやすいはず。水面直下用ということにします。


モルフォファイバーなんて混ぜてみても面白そうです。
ただ、阿寒川の魚は派手な色を好まないので、そんなに本数はいらないかな。

3本巻いた時点て、使っているフックがTMC3769SP-BLだと気付く。
どうりで太く感じるわけだ。
フックの種類にも気付かないなんて。

フックをTMC100BLに取り替えて2本巻いた時点で
100BLはファインワイヤーであることに気付く。
そうそう、普段は100SP-BLを使っていたんだっけ。
こっちはヘビーワイヤーなんで、メインにしていたんだ。
こんなことも忘れてしまってました。

100BL
ファインワイヤーは怖いなぁ。


本当にスペントの釣りに行けるのかどうか、怪しいところがあるのですが、いつでも出撃できるよう、今日はスペントを量産したいと思います。
AD

新年を迎えて

テーマ:
皆さん、あけましておめでとうございます。

昨年も仕事が色々あり、釣りには全然行けない日々が続きました。タイイングもほとんどできず、ウェットフライなんかもう巻けないんじゃないかってくらい、釣りから離れた生活をしています。釣りには行きたくて仕方が無いのですが。

新年は何か良いことがある気がします。なんとなくですが、そんな気がします。もっと自由な時間、釣りに行く時間が増えてくれればと思います。

ほぼ放置している、このブロクに来てくださっている方、どうもありがとうございます。新年はもっともっと更新していきたいです。みなさんの新年が素晴らしい1年になることを心からお祈り申し上げます。
AD

2015年11月3日(火) 阿寒湖

寒くなってきたが、どうしても釣りに行きたくて、阿寒川へ。

ローソンで入漁券を買い、新しく出来たホテルの駐車場へ。ウェーダーを履きベストもロッドも準備し川へ向かっていくと、規則が書いてある看板が目についた。何気なく読んでいると、なんと阿寒川の釣り期間は10月までと書いてあるではないか!そういえば、11月に阿寒川に釣りに行ったことがなかったのはそういうわけだったのかと、ここで気付いた。釣り期間を確認してきたのだけど、「阿寒川は10月いっぱいまで」という但し書きを見落としていたようだ。

普段、いかに釣りと隔絶した生活をしているか...こんなことまで忘れてしまっていたなんて。

入漁券を買ってしまったので、阿寒湖に行くことにした。湖に来るのは5、6年ぶり。どこに入るべきかよく分からないので、とりあえず湖畔周辺に入ることにした。

フライはとりあえずヘアズイヤーを結び、マーカーをティペットに付けた。ウェーディングは控え目にし、岸よりを狙っていくが、魚っ気はまったく感じない。しばらく岸寄りを釣り歩いてみたが、アタリすらない。ポイントを変えてみたもののやはりだめ。風もあり寒くなってきたので、帰ることにした。
AD

2015年9月27日(日) 阿寒川

2015年9月27日日曜日 阿寒川

今日は久しぶりの休み。釣りに出かけ行こうと決めていたが、あいにくの雨。昼前に強く降るらしいので、強い雨が通り過ぎた後、川に着くよう家を出た。

夏以来の釣行だ。忘れ物がないよう準備したつもりだったが、熊鈴を忘れてしまった。熊スプレーは持ってきたのだが。笛を吹きながら山を歩く。北海道ならどこにでも熊はいると思っていた方が良い。久しぶりに見る阿寒川は水量もほどほどでいい感じに見えたが、ライズは見られない。

フライはCDCで巻いたMP52というカディスのフライを選んだ。時期的にテレストリアルもありだなと思っていたが、まずは様子見。

釣り始めてすぐに、上流に2人入っているのに気づいた。上流から釣り下ってきたようだ。話をしてみると、魚の姿を見ていないとのこと。やはりスレているようだ。

しばらく川を見ているとライズを見つけたがなかなか難しい場所だ。強い流れの奥の反転流でライズしている。フライをピーコックで巻いたパラシュートに替えて狙ってみる。何投かしてからフライが着水した直後ライズがあった。アワセのタイミングは悪くないと思ったのだが、一瞬の手応えを残し、フライだけが返ってきた。魚が少しでも針にかかってしまった以上、もう出てこないだろう。

フライをニンフに付け替え釣り上がった。状況は悪くないと思うのだが、魚からの反応はない。

小振りのスティミュレイターにしてみると、小さな魚はライズしてくるが、お目当てのサイズからは反応がなかった。

夕方になり、あと一時間で帰るうかなと思っていると、急に暗くなり、風が吹いてきた。遠くで雷の音が聞こえた。雨風はともかく、雷だけはどうしようもない。

雨も降ってきた。あきらめて帰ることにした。魚は釣れなかったが、釣りに来られたということだけで嬉しかった。
どうもこんにちは。8月に帰省した時に釣りに行ってきたので、そのことを書こうと思います。すぐに書こうと思っていたのですが、もう1ヶ月近く経ってしまいました。5,6年前は釣りにも行けたし、ブログを書く余裕もあったのですが、ここ3年ほどはそんな時間も捻出できない生活が続いております。この僕が全く釣りに行けないなんて、本当に悪い冗談としか思えません。

フライは昔巻いたものがたくさんあるのだが、お気に入りのものはほとんど使い切ってしまって、ボックスには入っていなかった。テムズに寄った際に、久しぶりにコマーシャルフライを買った。自分で使うフライは自分で巻く主義だったが、今はそんな時間がない。

久しぶりのコマーシャルフライ
久しぶりに購入


行き先は地元からちょっと遠い有名河川か、かつて通ったあの川か。夕方には地元の川にしよう。

車を走らせる間に某有名河川が見えてきた。この川に来たのは確か大学1年か2年の頃。前評判は良かったものの僕らには何も釣れなかった。いつかまた行ってみたいと思っていた。ここに来る予定ではなかったのだが、駐車スペースを発見し、そこに車を滑り込ませた。

夏らしく、暑い。何もしなくても汗がにじみ出てくる。ウェイダーを履くとさらに暑く感じるが、全く不快ではなかった。むしろこの感覚をずっと待ち望んでいた。ロッドはスコットのG2、9ft#5を選んだ。グラスロッドでも良かったのだけど、今日はグラファイトロッドで狭いループを作りたかった。

入渓してみると、水量が少ない。車から見ていて分かってはいたのだが、やはり少ない。フライは買ってきたものでなく、ボックスに入っていた、ロイヤルアトラクターの12番を結んだ。ピンポイントで白泡の上にフライを落とし、白泡の切れ目で待ち構えているであろうニジマスを狙ったのだが、かわいいサイズが1匹釣れたのみ。魚の反応は寂しいものだった。ニンフを沈めてみたけれど、何も反応がない。沈めて反応がないのは重症だ。そのうちに、川が濁ってきた。前日の雨の影響にしては遅すぎる。上流で何かあったのだろうか。水量が増える気配は全くない。濁りが入ったからといって状況は好転するわけでなく、次の川に向かう気持ちが強くなっただけだった。

次は別の某有名河川の上流へ向かった。もう10年以上前だろうか。このブログを始める前にはよく通っていたところだ。ちょっと神経質なニジマスがライズをしていて、もっと神経質なヤマメも釣れるところだ。

駐車スペースは昔のままだった。ただ、川に出てみて、渓相が変わっていてすこしガッカリした。渇水なのは真夏だから仕方ないとして、深い所や障害物が妙に少なく、悪い意味で流れがフラットになっていた。ドライフライを流していくが、反応がない。やる気のある魚がいれば、何かしらの反応があるものなのだが・・・

1区間釣り上がったが、魚の隠れ家になる所が極端に少なくなっていた。もう少し下流に入れば・・・

車を走らせ、だいぶ下流へ移動した。途中でラフティングの準備をしている人たちを見た。小学生くらいの子供もたくさんいた。夏休み中のイベントか何かだろうか。ラフティングとかち合わないように、ずっと下流に入った。

途中コンビニで買ったサンドイッチとカフェラテを一気に流しこむ。ちょっと雨が降った気がした。夏の午後だから急な雨はよくあることだ。もし雷が鳴ったらすぐに戻ろう。雷だけはダメだ。命にかかわる。

渓相は素晴らしかった。60cmのニジマスが潜んでいそうな気配がした。深みのある倒木の周りにフライを入れていく。ガバっと出てくれれば・・・

次は深みのある対岸の流れにフライを流していく。その時、上流からラフティングのボートがやってきた。この場所もラフティングエリアだったのだ。

あー、しまったと思うが、仕方ない。川は色々な人が色々な楽しみのために訪れる場所なのだ。次々にやってくるラフティングボートの人たちと挨拶を交わし、川から上がることにした。釣りはできなくなってしまったが、腹が立ったりは全くしない。フライフィッシングをしに川にやってきて、また違う楽しみのために川にやって来た人たちと出会ったのだ。川を通じて、それぞれ楽しんでいるということを見ることができたのだ。それだけで何かとても楽しい気持ちになった。

次の川に向かうことにした。次にいつここに来られるかは全く分からない。名残惜しいが仕方がない。

かつて通った川に向かうことにした。ニジマスが釣れる川だ。入渓すると上流にも下流にも釣り人がいた。川に入るまで気付かなかった。今更ポイントを変えるのも時間のロスだと思い、ちょっと待つことにした。下流の人がいなくなり、下流のプールへ向かった。川を見ているとライズがあった。例のロイヤルアトラクターを流すが、反応がない。ドリフトには問題はないので、フライがあっていないのだろう。パラシュートアントにすると案の定、ライズがあった。かわいいニジマスだった。ストマックに興味があったが、そのままリリースした。おそらく予想通りテレストリアルが入っているだろうから、わざわざ魚に負担を掛ける必要もないだろう。川から上がり、地元の川に向かった。

ニジマス
小さいニジマスだった。


ストーンフライの抜け殻
ストーンフライの抜け殻。川の水がきれいな証拠。


地元の川に着いたのはまさにイブニングライズの時間だったが、1年を通じてかなり釣り人が入っている川なので、ライズは見られなかった。ウェットフライをドロッパーにつなぎ、川へ入った。流れが強いので釣り上がるのは厳しい。ダウンクロスに投げて、スイングさせていく。シンクティップラインを使えばよかったと思うが、もう今さら車に戻る気がしない。

流れが強いので、転ばないよう気をつけながら釣り下っていく。魚からの反応はない。深い所も、良さそうなところもフライを流したが、ダメだった。

暗くなるまでウェットフライを流し、釣り下っていったが、結局何も釣れなかった。暗い中、車まで歩いた。ちょっと前なら月に数回はやっていたことだが、今年この時間まで釣りをしたのは初めてだった。明日はもう釣りには来られないだろう。次に釣りに来られるのはいつだろうか。ぼんやりと考えながら歩いた。
どうもみなさん、こんにちは。久しぶりの更新です。

ここ数年、色々と忙しく、釣りに行く回数が激減してしまいました。今年度はもっと釣りに行ければいいなと思っているのですが、どうなることやら。

連休だったので、超久しぶりにビッグファイト松本に行ってきました。

現地に着いたのはちょうど正午くらい。天気予報では3時ころから雨だったので、雨が降るまでちょっと楽しもうかと思いました。

風はそれなりにありますが、風が収まるのを待ってばちゃんとキャストできる程度。散発なライズはあるけれど、ドライでは難しいそうな印象。

何本かロッドを持ってきたけれど、今日はスコットのG2を使うことにした。5番なのでちょっと重たいフライでも大丈夫。4X12ftのリーダーに4Xのティペットを2.5ftほど継ぎ足して、14番のヘアーズイヤーをフリーノットで結んだ。ビーズヘッドだけど、コパーのものを選んだ。ここの魚は派手なフライを嫌う感じがする。コパーのビーズヘッドも嫌われるかも。

キャストをしてはしばらく待つが、うんともすんとも。やはりコパーよりも黒の方がいいかと思い、軽めの黒いビーズヘッドでパートリッジの代わりにCDCで巻いたヘアーズイヤーを変えた途端に一気に反応が良くなった。

軽いフライに変えたおかげでしっかりとターンオーバーしてプレゼンテーションできたのも大きかったのかもしれない。

CDCのヘアーズイヤーで。


3匹釣ったところで雨が降ってきた。時間は2時半だった。だいたい予定通りだなと思い、切り上げることにした。

今年はもっと釣りに行きたいなぁ。

アンダーハンドキャスティング

テーマ:
そういえば、正月にアンダーハンドキャスティング用のラインを買ったのですよ。Scientific Anglersのプロフェッショナル オーバーヘッド&DのWF-6-Fです。sageのXPに合わせて1度釣りをしたんですけど、いつのことだったか記憶が定かで無いのです。ニンフを沈めたからまだあたたかい時期ではなかったはず。

アンダーハンドキャスティングの練習は全然していないので、練習しながら釣ったんだっけ。リフトして、ボディターン、ハーフサークル、キャストって一応動きは分かってはいるつもりなんだけど、なかなかうまくは行かないものです。ラインはWFって書いてあるけど、シューティングヘッドみたいな感じなのかな。オーバーヘッドで投げるとビューンと飛んで行く感じ。6番7番くらいだと湖にちょうどいいと思います。

釣りから離れたくないので、フライフィッシャー誌は定期購読しているのです。ただ、あんまり読めていないのだけど。趣味を楽しむには余裕が必要なのだということを痛感しています。自由な時間が少ないと釣りよりも生活の方にその時間を使ってしまうので、フライも巻けないし本も読めないしとろくな事がありません。

この3年間で釣りに行ったのは15回です。3年で、ですよ!2011年には1年間で15回釣りに行っています。冬にはニュージーランドに行ったのでプラス3日です。2010年には16回、ニュージーランドに行ったのでプラス4日です。2009年にも同じくらい釣りに行っています。まー、少ない回数ながら釣りに行けているだけ良しとしますか。それにしても寂しすぎる。

北海道はもう秋の雰囲気になってきています。夏なんてほんのわずか。釣りができるのもあと数ヶ月ってところですかね。やろうと思えば冬場もできるとは思うのですが、さすがにねぇ。

今日は珍しく休みだったので、釣りに行こうと思ったのだけど、結局行かなかった。ずっと家にいたかった。もったいないような、贅沢な時間の使い方をしてしまった。来週は釣りに行けるかなぁ。行きたいなぁ。

久しぶりに書いてみました。

テーマ:
2014年ももう9月になってしまいました。

この1年で、こんなブログにもコメントをしてくださってありがとうございます。もう半年以上も前のコメントなのでお返事するのもなんですので、この場を借りてお礼を申し上げます。

釣りには4回行ってそのうち3回分はブログに書いたのですが、あと1回分が思い出せないし、写真も残っていないのです。とにかく釣りには行きたいのですが、なかなか時間が取れずに・・・それでも4回も行ったのですがから今年はちょっと頑張りました。色々と仕事のほうが立て込んでいましてね。困ったものです。

まだ9月なので釣りはできますので、もうちょっと頑張って行ってみようと思います。

2014年8月10日 阿寒川

この日は遠くからやってきた釣り友に誘われて阿寒川に出かけました。

阿寒川といえば、小さめのフライ、16番前後を使うことが多いと思うのですが、この日はちょっと大きめの、ヒゲナガサイズのフライへの反応が良いと釣り友から聞きました。フライボックスには色々入っているのですが、ちょうどいいサイズは品切れ中。もう全然タイイングしていないので。小さいカディスには反応してくれないので、マドラーミノーを使ってみたら、要所々々で反応があり、しかもなかなかいいサイズのニジマスが釣れてきます。2匹ほど倒木にティペットを巻きつけて逃げていった奴がいたりして。



夕方は一人で釣りました。普段は(というほど釣りに来てるわけじゃないのですが)グラスマスターのマリオ・ウジニッキモデルを使っているのですが、夕方はスコットのG2、9' #5を使ってみました。買ってすぐにロッドティップを阿寒川で紛失して、ロッド全部をアメリカに送って新しいティップを作ってもらったのですが、帰ってきてから全く使っていなかったので、久しぶりに使ってみたのですが・・・。

G2ってこんなに硬い竿だっけ?全然曲がってくれないけれど、適当に投げてもナローループが作れてしまう。いわゆるオートマチックって感じなんでしょうか。遠くに真っ直ぐ投げるにはいいけど、フワッと落とすキャストがやりにくく感じてしまう。しばらくグラスロッドに馴染んでいたせいでしょうか。

イブニング前に1匹釣って帰りました。