送迎も、仕事も、基本的に依頼されたら基本的には調整して受けます。その流れの中で頼まれなくてもやった方がいいって思えば勝手に追加することもあります。

近々、遠方職場から派生した仕事を請け負う予定。近場の職場も当面欠員が出るようなので、調整しつつ助っ人で半日とか入るかもって状況。

火曜は知人とお茶かランチの予定でしたが、お互いの時間の折り合いがつかなくなっちゃったので延期。夕方は、食事会がなくなった長男を会社最寄駅まで迎えに行くのと、次男の迎えと長女の習い事送り。

やらされてるとか義務じゃなくて、私がやりたくてしている、選んでいる事だから辛くない。義父の急変があるかもな不安はずっと付きまとうけれど、考えてもどうにもならないのだから、なるべく考えないようにしている。同じく、このまま仕事を増やしていくと、数年前と同じように微妙に扶養から外れる稼ぎになってしまうかもしれない不安。とりあえず今年は大丈夫だと思うから、もう少し流れに身を任せていこうと思います。
AD
午後から長男を研修先まで送ってきました。片道約50キロ、31日で終了します。最終日はお別れ食事会をするらしいから電車で帰宅予定で、最寄駅までの迎えで済みそうです。

義父のお父さん(90歳で亡くなりました)の17回忌命日でしたが、何もしませんでした。連れて行くこともなかったようですw

月日の流れるのが早いような、遅いような。惰性だけですすみづらいこの2か月でした。義父が最初に入院してから2か月、末期ガンの急変したら終わりと言われつつ…なので本当に複雑な日々です。自分の勤務環境も変わりそうな予感を含みつつ、子どもら4人の対応にも追われつつ。

罪悪感を手放しつつ、やれるところをやっていけたらいいのかな。あ、ウォシュレットの換気ファン?が止まっていたのを自力で直しました!そんなとこからで…(*゚ー゚)ゞ

【長男、次男、三男を連れて病院へ行って来ました。
ゼリーはダメと言われましたが、クーリッシュ(バニラ)はOKで、数回に分けて半分くらい飲みました。

米を食ったらいけない宗教か…何でこんなに生活を変えないといけないのか…まともな生活が送れないのか等、だいぶ絶食が辛くなっているのかもしれません…

帰ってから間もなく義妹さんも見舞いに行ったようで、リポビタンDを飲んだあと冷たい水が飲みたいと(私の時は冷たい水って言われて出したら何も味がないって突き返されたのでコーラを入れ直して飲んでいました)。そしてやはり『何で普通の生活が出来ないんだ』と機嫌が悪かったようです。難しいですね…】


土曜日の義父の様子です。
痛みが少なく、意識もあり、絶食が続くのは辛いのでしょうが…お腹が張って辛かったから食べるのを止めることにしたわけで…食事を再開すればお腹は苦しくなるのだろうし、どうせ…だからとそれでもよければ最期に好きな物を食べてもらってもいいのかな?治療しないって、こんなにいろいろ悩まないといけないなんて思わなかったわ。

写真は前日の舌をしまい忘れたチャーリーがそのまま寝た写真(笑)



朝から舌をしまい忘れていたチャーリーのマヌケ顔(笑)

次男の懇談会出席の為に勤務時間を30分早めたのに、行ったら出席者が減ったから近日予定の個人面談だけにしますと担任…

すごすごと帰宅、夕飯のカレーライスを作ってから三男をルームに迎えに。帰宅後長男を迎えにロングドライブ。夕焼け色がきれいで、そんな風景が好きだと改めて思い出しました。久しぶりに浜田省吾も聴きながら堪能しました。

長男と同期の子をターミナル駅まで乗せてのドライブも楽しかった(*^_^*)

一日の総運転時間数が5時間は疲れましたが、もし、実家に何かで週に何回か通うのもありかもしれないなってうっすら考えたり…でも疲れました(-_-)
研修中の長男からのLINEで、県外に飛ばされるかもって昼に知り、帰り道に泣きながら運転していたのに。夜よくよく聞いてみたら、飛ばされる同期は人事から電話があったらしく、長男は電話はないけど人員不足だし面談でもチラッと家賃補助7割出るのに実家からでいいの?って言われたからもしかするかもってことらしく。


あぁ、家族みんなが一緒に要られる時期って短いし貴重なんだなぁって痛感すると共に、あら、私、長男の事、あんまりかわいいとか大事とか思ったことなかったと思っていたけれど、大切な存在だったんだなって19年近く経てようやく気づいた鈍ちんな母な私です(笑)


そんなかわいい長男を金曜日は迎えに行ってきます(。・_・。)ノ