Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

ご訪問いただき、ありがとうございますラブラブ

布ナプキン・エコ洗剤の【えころじ庵】は・・・

エコなのに良く落ちる!ニコニコ

地球に優しい洗剤「わっしょい!!」「美真雪(みまゆき)」
中心に、おしゃれな布ナプキン八ヶ岳の手作り木製品 などを扱う
オンラインショップ【えころじ庵】のパワフル店主・坂元が綴る、
もりもり・盛りだくさんなブログです★

えころじ庵公式サイトはこちら♪

--------------------------------------------------

また、えころじ庵は、旅行会社ティ・アイ・コンソーシア(トラベルアイ)
エコロジー部門として運営しております。

国内・海外旅行、業務渡航、航空券手配、その他もろもろ・・・
旅のことなら、トラベルアイ  へ。
お気軽にお問い合わせください音譜


1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
2017-08-20 22:19:41

ビストロ29(ヴァンヌフ)三河島

テーマ:旅行会社

 

ヨーロッパ食肉産業視察ツアーで訪れたスペイン、アストルガは牛の町。

 

 

オビエド空港にも、牛のオブジェがあふれてまして、

見た目よりもはるかに重いのにも関わらず、

 

お肉屋さんツアーのお客様はこぞって購入(笑)

 

 

可愛いやん。

頑張って運んだ甲斐ありましたね。

 

フランス語で数字の29=肉」を表す「ヴァンヌフ」

 

 

入り口から可愛い豚ちゃんがお出迎え

 

 

素敵な店内

 

 

Cute!

 

      

            ↑

このレトロなミシンも、ホテルで見つけて購入。

 

飾ってあるだけのつもりのホテルの方も、

販売したことないので、びっくりされて、また、

 

めちゃくちゃ重いので、ヒコーキ乗るのに、エキストラ支払わされたりして(笑)

 

 

店内中が

 

 

可愛いい、かわいい。

 

 

このピアスをした牛さん ↓ はマドリッドで、

 

 

添乗員も購入しちゃいました(笑)

 

 

2階も素敵

 

 

階段を上がる途中もあちこちこだわっていて

 

 

都度カワイイ

 

 

ね。

 

 

窓辺もかわいい。 肉食系男子トラック。

 

 

どこまでも果てしなくかわいい。

 

 

楽しくって

 

 

なかなか

 

 

なかなか

 

 

たどり着けない(笑)

 

 

ひたすら可愛いを連呼しながら、やっとこ、4階に到着。

 

 

いよいよ、ランチ!

 

 

ピナクルビーフは、オーストラリアのグラスフェッド

草を食べて育った美味しい牛は

 

 

この間の食肉産業視察ツアーきっかけで、

仕入れることになったとのお話に感激!

 

 

ランプレドットは、イタリアはフィレンツェの中央市場で

 

 

地元のソウルフードとして美味しいと評判の「ネルボーネ(Nerbone)」で

 

 

みんなで、ほんのひとくち

 

 

バジルソースや辛味ソースなどつけて

 

 

ほんのちょっと、つまみ食いしただけに過ぎないのに

 

 

そのときの味見から、

素晴らしい商品として完成させてくださって、本当に素晴らしい。

 

内臓を捨てがちな日本人のために、本当に美味しく、

命をすべて、おいしく食べ尽くすことを教えてくれる商品化に感動しました。

 

 

ギアラはあなたを少女のように若返らせます!

鉄、女性は必ず摂るべし。

頭の回転を迅速に、年をとっても骨を心配しない。

亜鉛:糖の代謝に必要。

(バージョンアップされた新しいチラシのお写真を撮り損ねました。残念!)

 

 

あまりにうれしくて、

イタリアのコーディネーターガイドへ報告したら、とても喜んでくれたメール。

.................................................

す、す、すごいです!
中條さんマジスゴイ!
しかも超美味しそう!
 
焼肉にしたって、固くて美味しくないだろうに、日本はそういうふうに食べてるんだ…と落ち込みますよね。
だから、『う~ん、モツ煮込みか焼肉か…捨てるかな…』なんてガックリな答えが返ってくるんですよね。
 
研修でご自身で味わって驚いて納得して、それを日本で広めていく
さすがですよね。
またネーミングも説明もナイス。
これで、誰かイケメン俳優なんかがTVで『美味し~』なんて言ったら、はい、大ブーム間違いなし!ですよね。
朝、早起きして市場に行って、お店のオッチャンに無理言って食べていただいた甲斐がありありです。

.................................................

 

 

ハツは、分厚い上質牛タンのように美味しく

こんな心臓は初めていただきました。

 

 

レアー感も素晴らしく

 

 

お肉屋さんのハムカツは、ポテサラがたっぷり、やるね~。

 

 

ワインもすすんでしまいます。すごいね、29 ワイン。

 

 

楽しすぎて、くつろぎすぎました。

 

 

 

デザート、コーヒーまで、大満足。

ごちそうさまでした!

 

 

 

楽しかったね~(^^♪

 

ビストロ ヴァンヌフ 29

Bistro Vingt-Neuf 29

東京都 荒川区東日暮里6-3-1

03-6806-5254

JR常磐線三河島駅

三河島駅より徒歩1分
日暮里駅より徒歩13分
西日暮里駅より徒歩15分

 

 

ご一緒させていただいたツアーはこちらから

 

第50回 ヨーロッパ食肉産業視察ツアー2017
https://youtu.be/YpMh7BSd3oI

 

 

爆走☆添乗員のもりもり報告記(世界一の肉を喰らうの巻)
http://ameblo.jp/ecologian-tenshu/entry-12249132975.html

 

.....................................

㈱ティ・アイ・コンソーシア(トラベルアイ)
担当:坂元美香子 sakamoto.mikako@travel-i.net
Tel:03-3238-9400 Fax:03-3238-9401
東京都千代田区九段南3-3-6 麹町ビル5F

.....................................

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2017-08-12 23:46:21

格之進3連チャン!

テーマ:旅行会社

大好きな ” うに ” とお肉を一緒にするなんて、もったいない!

 

 

美味しいものと美味しいものを一緒にいただくなんて、

「邪道」 と思っておりました。

 

 

それが、いいお肉であるほど

 

 

温まってしまったらもったいないと、はらはらする上質な "うに" であるほどに。

 

恐れ多くももったいない、いけないことと思っていたのであります。

 

 

軽くあぶって、うにを乗せて、たまごの黄身と、「魚醬、しょっつる」 ならぬ、

黒毛和牛汁をたらりと

 

 

得も言われぬ美味しさに、もう倒れそう。

 

 

あまりにも

 

 

贅沢過ぎて

 

 

あまりにも贅沢過ぎるためか、画像向きが直せなくなっちゃっいましたが、

 

 

付きっきりで、愛でるように、

 

 

最も美味しく焼いて、最も美味しくカットしてくださり、

 

 

その美しさにもうっとり

 

 

「うにく」 倒れそう。

 

 

最後までしあわせは続き

 

 

〆のお茶漬けまで、贅沢過ぎっ

千葉社長、ごちそうさまでした!

 

 

格之進R

六本木の隠れ家で、名物の塊焼きを

自分の部屋のように和む空間(Room)の六本木(Roppongi)店で、ゆったり(Relax)と、まあるい(Round)気分になっていただきたいという願いを込めたRです。

.......................................................

 

 

さて、これは何でしょう?

 

 

ふふふ、熊の足。そして爪。

 

 

熊の爪でネックレス作ってみました(笑)

 

 

クマ骨付きロースト

 

 

くまのパテ、絶品でした。シェフの腕すごい!

 

 

くまのリエット、パテ、モンタデラ

 

 

くまのパイ包み、熊のソーセージ

 

 

くまのミートボール

 

 

熊の骨付きローストに夏野菜たっぷり

 

 

熊の足の裏はこんな感じ。蜂蜜なめる手は甘いといいますが、わかりません。

 

 

コラーゲンたっぷりは間違いない。

 

 

クマのカツ、くまコロッケ

 

 

そして熊のボロネーゼ

 

 

大きな熊がど~んと届いて、冷蔵庫(熟成庫)も獣臭くなっちゃう中、

作り方もどれが正解かわからない中で(笑)、

果敢に挑戦した熊尽くしバリエーションお見事でした。ごちそうさまでした。

 

辻調出身とのことで、親近感 (^^♪

 

 

メンバーの方が「お土産にお持ちくださった、「信州 市田書柿ミルフィーユ」

 

食後のお酒に合いそうな、懐かしいレーズンバターを想い出す逸品でした。

ありがとうございました。

 

 

<<熊を食べる。いのちをいただく。>> 

 

格之進Neuf

肉屋の「シャルキュトリー」と「塊焼き」を、季節の「岩手食財」と共に愉しむビストロ。「いわてと世界を繋ぐ」という思想が、共鳴し合った格之進の新しい(Nuef)お店。

 

 

6月に食肉産業視察ツアーでご一緒した、南州農場さんより差し入れ

 

 

鹿児島で作った黒豚の生ハム、堪能させていただきました。

 

 

南州農場さん、ごちそうさまでした!

 

.......................................................................

 

 

格之進F

一関・岩手の食財を、首都圏や世界の皆様へ発信する「旗艦店」

“FLAG SHIP SHOP TO THE FUTURE”と、“FOUNDATION”の2つの意味を持つ「F」

 

 

 

ご一緒したスペイン オビエド(Oviedo) は、なんと、牛の街で、楽しいオブジェがいっぱいでしたが、

結構大きくて、かなり重いワレモノ注意作品、3頭も仕入れちゃったんですよね~(笑)

 

 

「肉中華の会」開催

 

 

暑い夏を吹っ飛ばす

 

 

パワーチャージお料理がいっぱい

 

 

厨房は中華用のコンロでないので

 

 

シェフのご苦労いかばかりかと

 

 

辛さの美味しいお料理。このスープ、ごはん入れてもう一回食べたい!

 

 

まさか、ここで、ニーノとあつんこに会うとは思わなかったなぁ。

神田の野菜居酒屋 玄気 のおふたり

 

 

スペインコーディネーター通訳ガイドの Rumiko と

格之進さん3連チャンでごちそうになりました!

 

千葉社長、ありがとうございました。

 

 

3頭の牛と一緒に旅の想い出、置いて下さったらうれしいなぁ。

 

 

「肉おじさんを探せ!」 この画像、けっこう気に入ってます!



爆走☆添乗員のもりもり報告記(世界一の肉を喰らうの巻)
http://ameblo.jp/ecologian-tenshu/entry-12249132975.html

 

 

第50回 ヨーロッパ食肉産業視察ツアー2017
https://youtu.be/YpMh7BSd3oI

 

.....................................

㈱ティ・アイ・コンソーシア(トラベルアイ)
担当:坂元美香子 sakamoto.mikako@travel-i.net
Tel:03-3238-9400 Fax:03-3238-9401
東京都千代田区九段南3-3-6 麹町ビル5F

.....................................

 

食肉視察ツアーはおまかせください!

 

スペイン食肉産業視察ツアー2016→ ★★★

(ジローナ、バルセロナ 生ハム弾丸ツアー)

 

第49回食肉産業視察ヨーロッパツアー2016 → ★★★

(ドイツ、ハンガリー、イタリア)IFFAと食べられる国宝、マンガリッツァ豚を求めて

 フランクフルト、ブタペストとセゲト、ローマ

 

食肉産業視察カナダツアー2014 → ★★★

 

第47回食肉産業視察ヨーロッパツアー2014 →  ★★★
(デンマーク、ベルギー、フランス)ダニッシュクラウン、ガンダハム、熟成肉三大巨匠

 

第46回食肉産業視察ヨーロッパツアー2013 → ★★★
(ドイツ、オランダ、フランス) IFFAとメッツゲライ大食い横丁
 
第45回食肉産業視察ヨーロッパツアー2012 → ★★★
(スペイン、イタリア、フランス) バルセロナとイタリア牧場の白い牛

 

第44回食肉産業視察ヨーロッパツアー2011 → ★★★
(ドイツ、フランス) アヌーガ&ハウスメッツゲン・ダンカースハウス
 
第43回食肉産業視察ヨーロッパツアー2010 → ★★★
(イタリア、ドイツ、フランス) クラテッロ講習会とIFFAとCIBUS
 
食肉産業視察中国事情( 青島・北京 )2011 → ★★★

 

食肉産業視察タイ事情2013 → ★★★

 

フード連合食肉部会 タイ食肉産業視察ツアー2013 → ★★★

 

""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""
旅行のことなら、㈱ティ・アイ・コンソーシア(トラベルアイ)
担当:坂元美香子 sakamoto.mikako@travel-i.net
Tel:03-3238-9400 Fax:03-3238-9401
東京都千代田区九段南3-3-6 麹町ビル5F
えころじ庵  「爆走☆えころじ庵店主のもりもり日記
""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2017-03-27 00:27:26

社)日本食肉協会 "世界の肉屋を見る、肉を喰らう" その7 パリ0泊視察

テーマ:旅行会社

03:30 モーニングコール

04:00 ホテル発

06:35 バルセロナ空港発

08:30 パリシャルルドゴール空港着

 ~

19:30 パリ市内発

23:25 パリ発

19:25 羽田空港着

 

"世界の肉屋を見る、肉を喰らう!"

ハードなツアーの最終日、「パリ0泊」の視察は

 

 

パリ3大肉職人のお店も訪問もします。

 

 

トランジットとなりますので、スーツケースは

バルセロナから羽田までスルーチェックイン、パリでは荷物を受け取ることなく

早く空港からパリ市内へ出発出来ます。

 

あやうく、ユーゴさんとイブさんへのお土産も

羽田空港まで行っちゃうところでした。あぶないあぶない。

 

 

車中より、凱旋門を眺めて

 

 

熟成肉のカリスマ Yves-Marie Le Bourdonnec 

イブ・マイ・ブルドネックさんのお店へ

 

 

会長からお土産贈呈。

残念ながら、イブマリさんにはお会いできませんでした。

 

 

人気が出過ぎたためか、

イブ・マり・ブルドネックさんのお店は、撮影禁止になってしまったので

 

以前訪問時の熟成肉の画像はこんな感じです。→ ★★★

 

 

 

 

エッフェル塔で写真撮影のち、

 

 

ウィルソン通りにあるマルシェを歩く

 

 

露店マルシェとは言え、

 

 

お洒落なお店も増えてきましたよ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

マルシェ・モントルグイユ(Marche Montorgueili) は

 

 

昔、ランジス中央卸売位置があったレ・アールの近くに位置する

庶民的な雰囲気の商店街

 

 

ブーシェリー・モントルグイユ(Marche Montorgueili)

 

 

Stohrerストレーは、

1730年からマルシェ街モントルグイユ通りにお店を構える

 

 

 

 

昔ながらの正統派パティスリー

 

 

ケーキのみならず、シャルキュトリー(お惣菜)もあり

 

 

ストレー(Stohrer)のバケットとエクレアをみんなでお味見

 

 

レジス・コラン(Regis Colin) は残念、お休みでした。

 

 

 

 

ランチは、世界一のお肉屋さん

Hugo Desnoyer ユーゴ・デノワイエにて

 

 

恵比寿店の雰囲気ですね。

 

 

予約していた16区のターブルドットは、

バカンスに入ってしまいましたので

 


急遽、19区店のレストランでランチスタートです。

 

 

アジアン風春巻き

 

 

ミートボールみたいな肉団子

牛肉、仔牛肉、及び、子羊のスターター

 

 

仔牛のタルタル

 

 

生ハムのカルパッチョ

 

 

アーティチョークは旬のもの

歯でこそげるようにいただきます。

 

 

サトウダイコンとビーツのカルパッチョ

 

 

血のソーセージ

 

 

日本でおちょこを選ぶように、カットナイフを選びます。

 

 

 

 

それぞれのお皿に合わせた飲み物が注がれ

 

 

お肉はいくらでも出てきます。

 

 

デザート3種をシェアしていただきます。

 

 

 

2階の厨房もみせていただき

 

 

 

シェフとも記念撮影

 

 

オーナーのアラン・ミクリ氏登場でおおいに盛り上がる。

 

 

世界的に有名な高級眼鏡ブランドの経営者でもあり

 

 

メガネの世界では、二大巨頭のおひとりだそうで

 

あとで教えていただいたことには

パリで、クリスチャンディオールに会うくらいすごい方に

お会いしたのだそうです。

 

ユーゴ恵比寿店プレオープンのときにも、

アラン・ミクリさんがいらしていたことに、いま、気が付きました → ★★★

 


記念撮影

 

ユーゴさん16区のターブルドットがオープンした翌日に

訪問したときの模様はこちらから → ★★★

 

 

 

シャルキュトリーの巨匠 ジル ヴェロ

 

 

ほんと、美しい。

 

 

 

 

 

 

ジル・ヴェロ氏のお店から、歩いてボンマルシェへ向かう間に、

 

 

イブ・マリ・ブルドネックさんの小型店があります。

 

 

さらに小さなお店ですが

 

 

写真撮影はNGと言われず

 

 

高級なお肉を買いに来る方がいらしてました。

 

 

 

素敵なチーズ屋さん

 

 

 

 

グルメ・ラファイエット グルメ館は

 

 

お洒落なイートインがいっぱい

 

 

 

ひとりでできたもん!

 

 

 

ジル・ヴェロのお店も入っています。

 

 

 

 

 

 

 

 

..................................................................................

 

社)日本食肉協会"世界の肉屋を見る、肉を喰らう" その1 → ★★★

(ホセ・ゴードン氏(ボデガ・エル・カプリッチョ)の世界一の肉を喰らう)せか

 

社)日本食肉協会"世界の肉屋を見る、肉を喰らう" その2 → ★★★

(パンツォーネ村の小さな肉屋レストラン ダリオ・チェッキーニ氏 )

 

社)日本食肉協会"世界の肉屋を見る、肉を喰らう" その3 → ★★★

(幻の豚 チンタ・セネーゼ~シエナ)

 

社)日本食肉協会"世界の肉屋を見る、肉を喰らう" その4 → ★★★

(サン セバスチャン)

 

社)日本食肉協会"世界の肉屋を見る、肉を喰らう" その5 → ★★★

(セゴビア仔豚の丸焼き ~ ベナベンテ・パラドール)

 

社)日本食肉協会"世界の肉屋を見る、肉を喰らう" その6 → ★★★

(バルセロナ ~ フィレンツェ 美味しいもの)

....................................

 

こんな、”世界一の肉” を 喰らいたい方へ!

 

世界最高峰のステーキと銘柄牛・豚を訪ねて

スペイン、イタリアで「珠玉の美味しさ」を探る! ツアーがあるんです(笑)

 

第50回食肉産業視察ヨーロッパツアー2017年6月パンフレット→ ★★★

(お申込締切日 4月14日(金)ですが、定員になり次第締め切ります。)

 

 

㈱ティ・アイ・コンソーシア(トラベルアイ)
担当:坂元美香子 sakamoto.mikako@travel-i.net
Tel:03-3238-9400 Fax:03-3238-9401
東京都千代田区九段南3-3-6 麹町ビル5F

.....................................

 

食肉視察ツアーはおまかせください!

 

スペイン食肉産業視察ツアー2016→ ★★★

(ジローナ、バルセロナ 生ハム弾丸ツアー)

 

第49回食肉産業視察ヨーロッパツアー2016 → ★★★

(ドイツ、ハンガリー、イタリア)IFFAと食べられる国宝、マンガリッツァ豚を求めて

 フランクフルト、ブタペストとセゲト、ローマ

 

食肉産業視察カナダツアー2014 → ★★★

 

第47回食肉産業視察ヨーロッパツアー2014 →  ★★★
(デンマーク、ベルギー、フランス)ダニッシュクラウン、ガンダハム、熟成肉三大巨匠

 

第46回食肉産業視察ヨーロッパツアー2013 → ★★★
(ドイツ、オランダ、フランス) IFFAとメッツゲライ大食い横丁
 
第45回食肉産業視察ヨーロッパツアー2012 → ★★★
(スペイン、イタリア、フランス) バルセロナとイタリア牧場の白い牛

 

第44回食肉産業視察ヨーロッパツアー2011 → ★★★
(ドイツ、フランス) アヌーガ&ハウスメッツゲン・ダンカースハウス
 
第43回食肉産業視察ヨーロッパツアー2010 → ★★★
(イタリア、ドイツ、フランス) クラテッロ講習会とIFFAとCIBUS
 
食肉産業視察中国事情( 青島・北京 )2011 → ★★★

 

食肉産業視察タイ事情2013 → ★★★

 

フード連合食肉部会 タイ食肉産業視察ツアー2013 → ★★★

 

""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""
旅行のことなら、㈱ティ・アイ・コンソーシア(トラベルアイ)
担当:坂元美香子 sakamoto.mikako@travel-i.net
Tel:03-3238-9400 Fax:03-3238-9401
東京都千代田区九段南3-3-6 麹町ビル5F
えころじ庵  「爆走☆えころじ庵店主のもりもり日記
""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。