1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
2016年05月25日(水)

レストラン コニシ @ 矢口渡(東急多摩川線)

テーマ:東急多摩川線
うほほい,これですよ,これこれ.



ナポリボール,素敵でありなっしょ.

ミートボール オン ザ ナポリタンですね.

こういうのいただける洋食屋さんがありがたい.



《 レストランコニシ 》



久方ぶりの訪問です.

ではあるのですがアレです.

明らかに違うのです,以前と何かが違う.



営業時間中なのですがね.

室内灯がついておらんのですのよね.

覗いたらご主人がお一人でテーブルに座っておられた.

「いらっしゃいませ」と仰ったのでテーブルに座らせて頂いた.



壁が閑散としている.

貼られていたメニュウが見あたらない.

代わりにお品書きの小さなホワイトボードがカウンターに.



なるほど,そういうことなんですね.

お品数も随分と減ってしまったようです.

ああっ,お目当てのナポリボールが消えている.



そう言えば女将さんのお姿がありません.

こういう話題展開にはセンシティブな要素が含まれる.

それ以上の詮索は没義道,憶測も禁忌であると分別いたします.



ドリンクメニュウもありません.

ハイボールは出来る由をうかがう.

少しだけ濃いめに作っていただきます.



週末の午後の時間帯.

幸いに他にお客さんはおられない.

「ナポリボールを作っていただけますか」

そこで無理を承知でご主人にお願いをしてみます.



一瞬,ためらうご様子のご主人.

なるほど,やはり今はメニュウ外なのですね.

「ああ...はい,いいですよ」

すぐににっこりと微笑んでそうお応えくだすった.



ほんの短いその転瞬ではありますが.

私はご主人の自負を見たような気がした.

多くのお客さんを魅了したであろう銘品ナポリボール.

私の今更の注文にもあえてご対応下さる優しさを感じた.



やがて厨房からフライパンを操る音が響く.

がこん,がこんという音に芳ばしくケチャップが香る.

往時の賑やかさこそありませんがこうでなくっちゃねえ.

私は洋食店にいるという実感に大層な愉しみを感じている.





お気づきでしょうか.

トッピングされてるのはボールではなくハンバーグですよね.

現在はミートボールが無いので代用してくださったのでしょうか.

あらかじめパルメザンがたっぷりと振られているのがコニシ流です.





濃いめのハイボールをお代わりして.

しっとりとした風味のハンバーグを頬張る.

所々しっかりと「焼き」の入ったナポリタンを味わう.

どちらもこっくりと濃厚で正統洋食の美味,舌上の歓喜.



ドミグラスがしみこんだ趣きのある店内で.

いつまでもしみじみと味わっていたいけどそうもいくまい.



外はすっかりと初夏の陽光.

望む望まざるにかかわらず季節は巡るのです.

(過去のレストランコニシの記事 


AD
いいね!(30)  |  コメント(4)  |  リブログ(0)
2016年05月23日(月)

とある週末の過ごし方

テーマ:My Favorite...
お昼前に愛車の修理に.



オンボロですけどね.

もう20年以上も乗っている.

愛着のあることおびただしい.



そんな車ですからね.

信頼のおける主治医のところに.



ここに来るのはマニアックな車ばかり.

どんな故障でもピタリと治るから腕がいい.





夕方に帰って早めの晩酌.

先日購入したお気に入りのランプを灯けて.

たまにはよく冷えた白ワインなぞも呑んでみる.



そして早めの夕餉.

鶏のささみ肉を香草塩でかるく炙って.

たっぷりの野菜をサラダ仕立てにしていただく.



これには冷酒を.

ご飯を茶碗に一杯だけ.

梅昆布茶を吸い物の代わりにして.



愛猫が鼻を鳴らしている..

外はまだ明るい,いい季節.



ま,ええんでないの.

たまにはこういう週末も,ふははは.


AD
いいね!(39)  |  コメント(14)  |  リブログ(0)
2016年05月22日(日)

大菊総本店 @ 都立大学(東急東横線)

テーマ:東急東横みなとみらい線
この日は厚焼き玉子が頭から離れなかったんです.





そんな日ってありませんか.

実は私はしょっちゅうあります.

毎度どーでもいい事に心を捕らわれる男なのです.



《 大菊総本店 》



ここは中休み無し通し営業の優良店.

ピーク時前のガランとしたお蕎麦屋さんの空気って好き.

でもね,このあとあっという間に席が埋まっちゃう人気店です.



本日は焼き鳥もいっちゃう.

ここのすぐ近所にはですね,地元でも評判の最低店.

焼き鳥注文するとあからさまに嫌な顔する焼き鳥屋があります.

そんな極悪店には見向きもせずに蕎麦屋の極上焼き鳥をどうぞ.



もちろん,清酒と麦酒は併進で,うふふ.

優雅な夕刻を過ごすのにもってこいの布陣です.



優雅ついでにこういうのもいっちゃう.

うひひ,食っちゃう,そう言えばここでは初めてね.

なんともこりゃイケメンなカレーライスではねえすか.

これは確固たる美意識に裏打ちされた調理の一皿です.



湖上の白鳥のように優雅に過ごしながらもよ.

足で懸命に湖水を掻くがごとく脳内で思考している.

なんとなればよ,秘かにこんなものも別注しておくのだ.



で,こうする,うっきっき~.

青豆と福神漬けの彩りもいっそう鮮やかになる瞬間.



さらにさらにこうします.

燃える男の赤を散布するのです.

これは蕎麦屋カレーの穏当な作法である.



うっひぃ~い,駄目駄目,腰が抜けちゃう.

カレーには黄身のみがよろしいという意見もあるが.

私は白身の「とぅるるっ」とした口触りが好きでこうしている.



今気付いたのですがアレですね.

こうやって堤防を穿つように食べますとね.

終始均等な味わいが保てるって寸法ですぜ,旦那.

イケメンなだけじゃなく合理的に計算された一皿なのだ.



これは前から気付いていることではあるが.

カレーライスひとつ食うのにも甚だ面倒くさい男.

いつまでもそんなことでは困る,いい歳をして,ぶははは.



おまけ)まだまだあるよ,過去の大菊ワールド.

名物コロッケそば⇒

オプションでカレー南蛮コロッケそば⇒

実はラーメンも隠れた逸品⇒

豪華な気分で大吉弁当はいかが⇒



AD
いいね!(35)  |  コメント(8)  |  リブログ(0)
2016年05月21日(土)

すずや(鈴や)@三河島...の閉店

テーマ:追憶の酒場・忘却の食堂
先日ね,所用で三河島でした.



何年か前に路地探()でも歩いた街.

懐かしくなって少しだけ一人でうろうろしたんです.



そうだ.

この先に激渋のもつ焼き屋さんがあったんだ.

まだ開いている時間ではありませんが行ってみよう.



え?



えええ?



すずやというお店でした().

素晴らしいお店だっただけにとても残念,これも世の常.



近くのこのお寿司屋さんにもね.

閉店してしまう前に是非寄らなきゃね.

(これまでに閉店した銘酒場・食堂はこちらにまとめてあります





いいね!(29)  |  コメント(6)  |  リブログ(0)
2016年05月20日(金)

でかっ...ま,えぇじゃないの.

テーマ:自宅 酒と食卓
このお話は前回()の続きでおます.



路傍で買い求めた巨大なる筍,期せずして.

家人達の容赦ない論評に晒されることになった.



これを購入するに至る真意が理解できない.

育ち過ぎた筍が固くて不味いのは万人が知っている.

これは竹の子ではなくもはや竹になる寸前の姿ではないのか.

一体何の料理を作ろうというのか,誰に食べさせようというのか.



手が痺れるほど重たい思いをして持ち帰ったのだ.

心魂にも響く誹謗と揶揄にも屈する底の男ではない.

信念で行動する男,その一方でどうしましょと焦る男,わはは.



とりあえず家人を威圧して裁断を施しちゃう.

結構な重労働なので適宜援助をする必要もあります.

発生する大量の皮殻で家人の不満が再燃しないよう配慮します.



なんとか食用に耐えうる部分に到達しました.

なるほど,先っぽと皮を落としてしまうとアレですね.

思いのほか小さくなってしまってすこしガッカリしちゃうね.





ではありますがかなりデカいっすよ.

常用の鍋では入らないのでキャンプ用の大鍋を.

米のとぎ汁を大量に用意して数時間かけて下茹でするです.

落とし蓋には耐熱用のフライパンの蓋を用いるといいでしょう.



と,いうわけでして.

調理は明日となるわけです,楽しみだなあ.

ただね,今日も少しだけいただいてみてえじゃねすか.



若筍なら生で刺身という小粋も.

でも竹になる寸前筍ではねえ,うふふ,それも無理か.



生をちょいと炙ってカラシ醤油で.

うむ,いけるいける,エグ味も滋味です.

思いのほか固くはないよ,これなら安心安心.



さて,一晩かけてゆっくりと冷ましたブツです.

この後,どんな料理になったのかと申しますとね.



筍煮です.

きぬさやは農家のおばちゃんがおまけしてくれたものです.



筍のフライです.

タルタルを添えてソースでいただきます.





うほほい,ええよ.

なかなかええのんじゃねえですか.

竹の香も存分に程よい柔らかさに仕上がってます.

誹謗中傷の限りを発した家人達もまんざらではなさそうです.



そうよね,これ,これやんなきゃね.

もうこうなると巨大なブツとは縁遠い趣き.

油揚げとシンプルに炊き上げるのが好みです.





ぶほほい!

これも是非やりたかった.

巨大筍ならではの一品,うはは.

胡麻油を熱した鉄板で豪快に仕上げる筍ステーキ.



ほのかに残る筋っぽさも妙味.

がりっとナイフが入る素敵な食感.



肉味噌がいい仕事してるです.

甘辛の山椒風味にしたのは大正解です.



ただしね,ただしですよ,よろしいか.

我が家に大量の筍水煮が備蓄されたのは言うに及ばず.



翌日も翌々日も私の食膳に供せられたのも言うに及ばず.

ぶっははは,ま,えぇんじゃないの,筍の釜飯も美味であった.


いいね!(34)  |  コメント(16)  |  リブログ(0)
2016年05月19日(木)

さか本そば店 @ 鴨居(JR横浜線)

テーマ:JR横浜線
4月の初旬,諸事情で横浜線のとある街に.



諸事情が片付いてこのまま直帰という場面.

先刻より空模様が怪しい,ひと雨くるな,という場面.

馴染みのまったくない街ですが,うふふ,見つけちゃった場面.



《 さか本そば店 》





蕎麦屋さんでの雨宿りはいい.

清酒の1本や2本の嗜めればなおいい.

雨の香に舌が湿って酒が一層美味しくなる.



のれんが南風にあおられてはためいてます.

雨が降り始める前のそわそわした空気って好き.

大雨になるのは困るがこんな夕方には格別の風趣.





さか本そば,さか本丼,なるほど,なるほど.

下高井戸や八幡山とも同じ暖簾のようですな.

増田屋系列などと並ぶ優良街蕎麦の代表格老舗ですよね.





今日はあくまでも出掛けでの雨宿りの趣き.

雨の打ち付ける音を聞きながらカレー南蛮そばを軽く.

私は可能ならば玉(ギョク)落としでお願いしております.

矩を越えぬほどにたっぷりと七味を振ることにしております.



月見そばの場合はですね.

そばを3分の1ほど食べ進んでから黄身を割する.

カレー南玉落としでは最初からというのが私の流儀.



熱いカレーで卵が熱変性してゆく過程が好き.

溶け出してなお主張してそばに絡む白身が好き.

まろやかで濃厚になった丼中に夢中になるひと時が好き.





雨はほんの小降りで済んだようだ.

霧雨のような春の雨が残る,笠をささずに駅まで歩こう.



少し遠回りになるけど散策して帰る.

へえ,この辺りではタケノコが採れるのね.



畑の前に簀の子が下がった小屋が出ていた.

農家のおじさんとおばさんが野菜を売っていた.



きゃ~っ,これ,このタケノコ.

おまけしてくれたので思わず買っちゃった.

もちろん一番キョダイなやつよね,うっしっし.



さて,魅惑の巨大タケノコ料理.

以下.次回に続くのでごわす,うほほい.


いいね!(40)  |  コメント(4)  |  リブログ(0)
2016年05月18日(水)

とんみ @ 尾山台(東急大井町線)

テーマ:東急大井町線
酒場であり食堂である.



どちらが主で従というわけではありません.

昼夜を問わず酒飯を求める人々でにぎわうお店です.





帰宅途中,こんなので呑み憩う.

ご覧下さい,このお刺身ぴかぴかでしょ.

スーパーの店頭ものとは一線を画す趣きです.

冴えた包丁がきりりと入ったのが歴然としている.





ホール係の朗らかな女将さん.

「◯◯さん,鯖塩焼きご注文いただきましたぁ」

それを厨房に立つ痩身小柄なご主人.

「鯖塩焼き,あいよ~ぅ」とにこやかに受ける.

マニュアルの請け売りではない,真心のやりとり.



私はこちらのご主人の多くを知らない.

ではありますが調理に妙を得た方であるのがわかる.

おそらくはどちらかでしっかりと修行されたというのがわかる.



谷中生姜だってこの通り.

切ってレモンを添えるにとどまらず.

念の入った隠し包丁がいとも自然に施されている.



割烹の趣きを持ちながらも料金決して高くはない.

ご主人がその日河岸で仕入れたものが短冊に描かれる.

どれをいただいても確実に美味しいというのが伝わってくる.



ホルモン焼き,どちらかというと野卑な料理.

それがどうです,ご主人の手によるとこうなる.

野趣を残して矩を越えない華やかさの付け合わせも美しい.



どれもこれもが念の入った仕上がりです.

それでいて気安い惣菜という態をくずさない.

私はこういうおかずを肴にして酒を呑るのが大好きなのです.



軽く1,2杯,と思っていたがそうはいかない.

興が乗ってきて串カツ,うひひ,これも上等品.

これで大徳利を3本,私の寄り道は大変に豪華なものになる.



《 鴻池とんみ 》



ホント言いますとアレです.

ここのカレーライスを是非いただきたいのです.

いつもその前に満腹してしまって困っておるのです,わはは.



駅を降りて自宅のある方向と反対側ではあるが.

風情と料理に誘われてつい寄っちゃう,私の関所,うっふっふ.



あ,鴻池の由来,今日も聞くの忘れちゃった,むははは.

(過去の訪問の記事はこちらです





いいね!(34)  |  コメント(8)  |  リブログ(0)
2016年05月16日(月)

ほさかや @ 自由が丘(東急大井町線)

テーマ:東急大井町線
やってしまったのです,思わず,堪らず.



いろいろと調べてみますとね.

河豚のひれ酒,岩魚の骨酒と同じカテゴリー.

鰻酒(うなぎざけ)というものが戦前より存在したそうな.



きっかけはこのお方()の記事です.

当ブログにもおいでいただいているお方です.

以下,記事より引用させていただきます(ご本人ご了承済).

因みにおいらの祖父はうなぎのかば焼きをあっつ熱の燗酒をコップに
満たした中に「どぶんっ」と突っ込み、しばらくしてふやけたうなぎを
旨そうに食っていましたが、ガキだったおいらはクリビツテンギョウ、
想像の範囲を超えた食べ方に呆然としました。

今ではほんの少し興味が有ります。(笑)



ね!ね!ね!

なんとも魅かれる叙事ではないですか.

私はこれを読んでほんの少しどころではない.

多大なる興味を抱いてしまったのです,でありますので.



長く通っている近所の鰻やで.

これを決行する機会を得たのです.

週末の口開け,幸いに他のお客様もまばらです.



いつものスターティングセット.

からくり焼き2本にかしら焼きを1本.

もっきり注ぎの熱燗と湯呑み茶碗のキャベツ新香.



他人の目が気にならぬほどの豪毅な性分に非ず.

外道行為としてお店の方に叱責を受けぬ保証はない.

お酒が溢れちゃ勿体ないから一口すする,ケチだから,うはは.



しかるべくのち.

意を決して「どぶんっ」と突っ込む.

うわっはっきゃ~っ,やっちゃったやっちゃった.



新香をかじりかしら焼きを味わいながら.

幸いにしてお店の方に外道と咎められることもなく.

うなぎのふやけるのをゆるりと待つ幸せ,こたえられない.



頃合いを見て引き上げて.

画像を撮るのも忘れてかぶりつく.

うひぃっ,クリビツテンギョウの旨さとはこのことよ.



白焼きを用いるという手もあります.

ですがね,うふふ,この褐色に染まる清酒.

うなぎの脂とタレが溶け出し旨いことおびただしい.



勢い付いたらもう止まらない.

新しい熱燗酒をいただいて,うっふふ.

今度は心おだやかに「どぶんっ」しちゃうのよ~ん.

お酒おかわりの際はコップをおしぼりで拭うのも礼儀と心得る.



くぅ~っ,こりゃもう病み付きの美味さ.

なぜこれに今まで気が付かなかったんだろうか.

baboyさま☆,目からウロコの素敵食法,ご教示感謝です.



《 ほさかや 》

こちらは過去のうな玉食法

いいねえ,ここに来る愉しみがどんどん増えていくぞ.




いいね!(44)  |  コメント(10)  |  リブログ(0)
2016年05月15日(日)

here recently, ordinary days...

テーマ:My Favorite...
先日,とあるリサイクルショップで見つけた時計.



新品で1個598円,うふふ,思わず2つも衝動買い.



ようやく我が家での居場所が決まったのです.



こちらはキッチンの勝手口の上に.



もう一つは秘密基地に設置です.



ついでに基地もちょっとだけリニューアル,うふふ.



そういえばこんなものも衝動買い,1個10円!





これ何につかうのかなあ.

と思いつつこんな風に使ってるです.





庭で栽培している春菊の花が咲いた.

今度これを料理して食べてみようと思っているのですが.





焼きカレーを作った.

バターを塗ったグラタン皿にカレーライスとチーズ.

オーブンで6,7分,焦げたチーズがとろける美味さですよ.



青唐とタバスコのコラボも思いもかけぬ愉しさ.



天気がよいので家人と街を散歩.

駒沢公園近くにあるあのお店,自由が丘にも出来たのね.



屋上にはテラスも,気持ちよさそう.



私はというと,むふふ.

隣りにあるリキュールショップに.



表のテラスでイートインできる.

でもなあ,席料100円てどゆこと(笑).



あ,欲しかったスタンドランプ見つけた.

でもね,う~む,迷っちゃうなあ,ケチだから.



自宅で宅打ち.



油揚げの網焼きにキムチ,思いがけぬ美味しさ.



家人も宅打ち,わはは.



赤ワインだって宅打ちなら角七酌グラス,ごぞんじ.



さて,気になったあのスタンドランプはというと.



うはは,私だってたまには奮発もするのです.



内なる真情の如何はさておいてもいい季節になりました.


いいね!(33)  |  コメント(8)  |  リブログ(0)
2016年05月14日(土)

日の出食堂 @ 荏原中延(東急池上線)

テーマ:東急池上線
心の食堂で魅惑の新メニュウ.



きゃ~っ,きゃあ~っ.

良くないっすか,この容姿.

日の出特製ワンプレートランチです.



《 日の出食堂 》



あかん,あかん.

ウソついたらあきまへんで.





そんなけったいなメニュウ.

どこにも見当たらしまへんがな.

でありますので,すでにとっくにご明察です.



あつらえさせていただきます.

それぞれに別注でご用意いたすのです.



ここでの超定番料理,ウインナフライですね.

大昔より頑に赤ウインナ使用を固持する伝統惣菜.



目玉焼きは通常はダブル.

大将にお願いすると「へい,片目玉ね」と心易い.



こんなのでコップの清酒なめましてね.

ウーロン割りをチェイサーにゆるりとしましてね.

おもむろに注文いたしますとちゃちゃっと作って下さるわけです.



何をってコレですがな.

チキンライス600円です.



それにこうしちゃう.

うほほい,しちゃう,しちゃう.

マカサラもレタスも全部のせちゃう.



ウインナフライにソースをたっぷり.



一般に大衆食堂の目玉は固焼きが多いよね.

飯のオカズにするにはそれもまた一興ですからね.



でもね,うひひひ.

黄身の崩れる部分にぐりぐりしちゃう,しちゃう.

今日はこんなコトしちゃうから緩めにお願いしたのです.



こんなことしてアレです.

勝手なことをやっちゃイカンぞぉ.

と,怒られそうですが怒られないのです.

大将も女将さんも大層に朗らかで優しいのです.



自由闊達に酒飯を愉しめる場所.

それが優良大衆食堂なのですよ,ごぞんじ.



実はこの日,このお店でもうひとつ嬉しい出来事があった.

詳細については例によってここでは書かないのだ,むひひのひ♡



おまけリンク

(ラーメンも琴線に触れまくり

(ここは心の食堂 私にとって





いいね!(36)  |  コメント(2)  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>

AD

Amebaおすすめキーワード

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

ランキング

  • 総合
  • 新登場
  • 急上昇
  • トレンド

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。