1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
2016年09月29日(木)

代一元 上北沢店 @ 上北沢(京王線)

テーマ:京王線
これほどに,これほどまでに.



画になる風景を他には知らない.

ホームからも丸見えという素敵な立地.

ザッツ街中華インディードなたたずまい.



《 代一元 上北沢店 》



しかもですよ.

これ,鉄ちゃんじゃなくてもね.

愉しくなっちゃうんじゃねえですか.



こんなに直ぐ目の前を京王線が通るですよ.

京王ファンには間違いなく垂涎の立地ですね,わはは.



一番奥まった席に座る.

階段下でしょうか,頭上は斜めの造作です.

そこにもびっしりとメニュウの黄色い紙が貼ってあります.



わざわざコップ酒という表記がいいね.

ご主人の真面目さが出てる,そう思います.



コップはお水用のを兼用式です.

これいいんだよね,昼間から呑んでも人の目が気にならない.

ま,そうでなくても普段から全然気にならない私ですが,うはは.





餃子は比較的包み方が緩い式.

タレに浸けるとほろりと皮がほどける式.

しっかりと包まれたのも好きですが,こういう餃子も好き.



くぁ〜っ,いいねえ.

自家製酢漬けらっきょです.

餃子の間の手に齧ると桃源郷が香る.





こういうのね,こういうの.

こういうのもお願いしちゃう,肉野菜炒.

しっかりと純正中華風な味付けがなされてます.

私とてこのタイプにはソースは不要,わしわしいっちゃう.



えーっとアレです.

普段の私ならば間違いなくね.

チキンライスやカツカレーに心が奪われますよね.



でもね,うっふふ,えびそばなのです.

私にとりましてはレアなチョイスに属します.

餡かけ仕立てのプリップリの海老がラブリーです.



餡は熱いので火傷にご注意.

冷却用にうっひっひ,3杯目を追進しませんとね.



あ,美味しい,これちょー当り.

出汁の効いた塩味のスープに中華麺のかん水が香る.

自身の中にあるラーメンへの最も古い記憶を呼び起こす味.



年にほんの1回か2回,私のバアイ.

この海老そばや鳥そばが食べたくなる.

こういうのを欲させる空気がこのお店にはあるのです.



でもやっぱりね,うっふっふ.

カレーライスにワンタンも気になります.

きっと近々,また食べに来ちゃうんだろうなあ.



るろん,るろんと踏切が鳴り急行列車が疾走する.

車風にあおられて暖簾がめくり上がるのも風流です.


AD
いいね!した人  |  コメント(3)  |  リブログ(0)
2016年09月28日(水)

突然ですが,アクセス解析

テーマ:ブログ
私とて人の子でおます,うはは.

自分が書いた記事がどれくらいの方にお読みいただいているのか.



昨日はどの記事をお読みいただいたのか.

やはり気になりますので,ほぼ毎日アクセス解析するわけです.



時に意外な記事にアクセスが集中して驚くことがあります.



このところこの記事★この記事★に相当数のアクセスが.

う〜むむ...いったい何があったのでしょうか,不思議な気持ち.



AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)
2016年09月27日(火)

ベビースターライス

テーマ:変態食のススメ
安直調理は私の趣味です.



であるので,ほっひひひ.

自宅のでこういうの発見すると嬉しくなる.

でもこれ,誰が買って来たんだろうか,ま,いっか.



安直とはいえアレです.

そのまんまライスにふりかけなどはしまい.

そこに変態としての自覚と矜持があるのです.



キャベツと挽肉を塩胡椒で炒めます.

カレー粉とウスターでこっくりと味を付けます.



それをライスにたっぷりと盛り付けまして.



完成です.

それだけのことです,すみません.



ご留意点を一つだけ.

黄身を乗せる時には最新の注意をもってして.

でないと黄身が破れてぶっちゅーとなってしまいます.



何で黄身が破れるとアカンのかと申しますと.



これが出来なくなっちゃうからです.

変態儀式の割礼が出来なくなっちゃうからです.

それだけのことなんです,すみません,本当にすみません.



ベビースターと挽肉キャベツ,ライス,黄身.

パリぐちゃポリッとした三味一体の異次元的食感が素敵です.

今度はカレー餡かけにしてみようと企てている,どないだ,うひゃひゃ.


AD
いいね!した人  |  コメント(9)  |  リブログ(0)
2016年09月24日(土)

浅野屋 @ 中井(東京メトロ大江戸線)

テーマ:東京メトロ大江戸線
いつものように清酒を注文した.

すると小鉢に盛られたお通しが出てきた.



むう,これは.

しじみの佃煮とマヨ味のスパゲッティサラダ.

私はこの一見安直な取り合わせに只ならぬものを感じた.



《 浅野屋 》



全く馴染みのない上落合という場所.

諸用を済ませたら時間に若干の余地ができた.

土地の知識はない,習性のおもむくままに路地に入る.





そして見出すのです.

ガラス越しに見えるテーブル,全品50円引きの貼紙.

私はこういう人の目の向かぬ所に魅かれる性質なのです.

そしてその景観に只ならぬものを予覚する体質でもあるのです.



暖簾をくぐれば予覚が確信へと変わります.

近所の常連さま方が酒飯談笑中,これはいいお店だ.



小さな店内ですがなんとなく居心地がよい.

偶然に入ったお店が自分の波長と合うのは嬉しい.



この灰皿かっこいいね.

基本のメニュウは街蕎麦屋スタイルです.



ですが,このね,この,うふふ.

壁のメニュウに只ならぬ風流を感じてしまう.

周囲を飾る奴凧の折り紙が実にチャーミングです.



うむ,やはりだ.

やはり盛り付けにも只ならぬセンスが光るね,うひひ.



ウインナー350円.

紅生姜を添える感覚が抜群に素敵です.

きうりの横には味噌が,これ,もろきゅうですね.

この一皿に嘉悦しない呑んべはいないでしょう,うはは.



初めて訪れた街で.

まったくの偶然に入ったお店で.

知らない方々に混じって盃を重ねるのが愉しい.



さて,お店は通しご営業のようですが.

あまりの長っ尻は没義道と分別をします.

であるので,おそらくは只ならぬ一品であろうアレを.



と,思って注文したのですが,むはは.

至ってフツーのカレーライスでおました.



なに,結構,結構,これでいいのだ.

フツーのカレーライスこそ男子永遠の憧憬なのだ.

お蕎麦屋カレーの定法に則して七味を存分に用います.



オサレな造作のスプーンでね.

具材がごろごろと入ったカレーを食べ進む.



豚肉は薄切りに限る,ニンジンもたっぷりとね.

ああ,美味しい,安心の味,ドメスティックな香り.

そんなカレーライスを肴に清酒をもう一本追加しちゃうのです.



お店は大江戸線の中井駅が至近です.

さて,こういう慣れぬ土地ではご注意です.

あまりいい気持ちになって呑りすぎちゃうのはご禁物です.



なんでってアレです.

お帰りの車内で寝落ちしていまいますとね.

まったく見当違いな土地まで行ってしまうというね.



これまた只ならぬオマケ付きだからです,わははは.

しかし,一体どうしたら葛西に行っちゃうのでしょうか,ぶっはは.




いいね!した人  |  コメント(8)  |  リブログ(0)
2016年09月22日(木)

こんなに寒い日じゃあ...

テーマ:自宅 酒と食卓
10月中旬の陽季らしいっすよ.



秋の長雨とはよく言いますが.

こりゃもう氷雨っぽい趣きでしたよね.



となるとアレですよね.

湯豆腐なんかで熱いの(酒)ね.

呑りたくなっちゃうのが人情でなもんですよね.



であるので.

今年は早々に,うっふふふ.



すみません,まっ昼間っから.

9月にね,炭を熾すなんざ前代未聞ですよ.



私の特等席,ここは.

すみません,すみません.

昼間ですが長火鉢の前に座っちゃうですよ.



豆腐と浅蜊と大根.

それだけをざくっと昆布を敷いた小鍋で.

煮えるそばから醤油と葱,七味をふっていただく.



酒はね,酒は.

銅壺でいくらでもね.

熱燗が漬けられるって寸法です.



炭の塩梅をしながら呑むのは愉しいものです.

そんなして過ごす午後っての,うふふ,よくないっすか.



終日雨でしたのでね.

地下のマイ秘密基地を整頓したんです.

そしたらいろんなVHSビデオが発掘されました.



レンタルビデオ店のアウトレット品.

変な趣味がバレちゃいますね,ぶっははは.

ほとんどがヤクザもんかバイオレンスものですもんね.



こういうの片っ端から観て過ごす雨の休日.

これはこれで,たいそうに愉しいものであるのでした.


*** 私の長火鉢ライフ,もうちょっと見て,こちらです ⇒ ***





いいね!した人  |  コメント(10)  |  リブログ(0)
2016年09月21日(水)

スープ焼きそば,ついに自作成功なり,ぶはは.

テーマ:自宅 酒と食卓
スープ焼きそばをご存知でしょうか.



以前にあるお店で食べて大層に美味しかった.

以来,自作を重ねたのですが,なぜかうまくいかなかったのです.



ソース焼きそばをスープにぶち込むだけの安直調理.

などと侮ってはいけない,だからこそ麺が重要になってくる.

市販のソース焼きそばや中華麺をあれこれ試したが,どうもいけない.



でね,コレです.

先日のもっちり太やきそばです().

出会って変態の心には閃くものがあった,わはは.



まずはこれです.

麺にしっかりとした「焼き」が入る.

スープ焼きそばの命を吹き込む工程です.



これはお好みですが.

スープの塩分を勘案いたしましてね.

ソースは通常よりもシカエめといたしましょうや.



あとはラーメン鉢に盛り付けまして.



豚骨醤油スープに浸水します.

素人調理なのでスープは市販品でかまわぬ事とします.



叉焼,メンマ,ナルト,丼中は一見するとラーメンの趣き.

ですが主張している,紅生姜が,しっかりと焼きの入った麺が.

黒々としたスープの中で,俺は焼きそばだぞ〜と言い張っている.



うほほい,いいねえ.

見るからに味の濃ユめなおかず系食品です.

これは白飯の併進を是非ともお勧めいたします.



焼きそばかラーメンか曖昧なのが彼の持ち味です.

であるので,飲料も清酒と赤ワインの併進という曖昧な布陣,ぶはは.



青海苔散布という手もありますが.

ここは豚骨醤油ちゃんのお顔をたてまして胡椒で,うふふ.



この麺ね,強い焼きの入りもそうですが.

もっちり食感がスープの中でも損なわれないのです.

おそらく吸水率も低いので,この利用に適するのではあるまいか.



普段はやらないモンブラン食法も,きゃあ〜っ.

ソースの溶け出たスープが沁みて美味いことおびただしい.



失礼,あまりお聞きしないお名前ですが.

エライ,本当に偉い,まにわ製麺所,うっふふふ.


(*スープ焼きそば,自作がアレな方はこちら★で本格がいただけます)






いいね!した人  |  コメント(10)  |  リブログ(0)
2016年09月19日(月)

あらき @ 旗の台(東急池上線)

テーマ:東急池上線
憂悶と憧憬の青春時代を託した食堂.



《 あらき 》



紛うことなき街の定食屋である.

界隈は学生街というわけではないのですが.

その安さゆえ沿線のセイガク達が群れ集うお店です.



そのメニュウ.

どうです,いかがです.

いかにもそれ然としとるでしょう.



ええでっしょう.

実は本日はアレなんです.

35年ぶりに往訪の機会を得たのです.



店内は,う〜ん,少し新しくなってるね.

そりゃそうですよね,でも昔の趣きは残ってる.

ご主人も女将さんもお歳をめされたけどお元気そう.



学生時代のことですが.

ここで同級生とばったり会ったことがあるんですよ.

顔はお互いに知っているけど,口をきくほどでもない間柄.



同級生は何浪かしていて3,4歳年上だった.

当時の3,4歳って相当な格差を感じましたよね.

その同級生が日本酒で定食を食べていたんですよ.



「(定食屋でポン酒かよ,オッサンくせぇな〜)」

と,感じたのをポン酒を飲みながら思い出しました.

私も今や,当時の同級生の倍以上のオッサンですが,わはは.



色々なメニュウに目移りしながら.

35年の時を越えてチョイスした豚肉の巻き揚げ.

大葉と人参を巻き込んであるんです,これは街場の銘品.



ソースでももちろん美味いのですが.

ほんのりニンニクの香る特製ミソだれが付いてきます.



現在は学生時代より少しだけお金があるので,うふふ.

奮発してかにクリームコロッケも追加オーダーしちゃうです.



カラシをちょいとつけて.

じわり目頭が緩むのは憂悶の味.



とろけ出すクリームに寄り添うソースは憧憬の香り.



今はもうありませんが近くにスナックがあったんです.

部活の先輩が酔ってそこの壁を蹴りまくったことがあったっけ.

怖えマスターに怒鳴られて走って逃げたっけ,ぶはは,時効ですね.



いいね!した人  |  コメント(10)  |  リブログ(0)
2016年09月18日(日)

孤食礼賛「公園独り飯」

テーマ:My Favorite...
ご周知の通り大変に性格の暗い男です.



であるので,賑やかなランチは苦手である.

人の大勢集まる場所には足の向かない性質である.



天気の良い日には近所の公園へ.

根の暗さゆえベンチでの独り飯を厭わないのである.

いやむしろアレなんです,望んでそうするところがある.



加えてケチな男,スーパーの特価品は見逃さない.

自家製タルタルチキン南蛮弁当324円税込,上等である.





山里の趣きのあるお気に入りの公園で.

弁当を頬張り黒ビールを呑む,ワンカップを開ける.

口を利く必要もない,利く相手もいない,それでいい.



亦 愉しからずや 独り飯,うふ,ふふふ.



抜けるような青空の下,秋の陽射しの中.

孤独な境涯をひしひしと感じて私は嘉悦するのです.




いいね!した人  |  コメント(6)  |  リブログ(0)
2016年09月17日(土)

ある週末の祭囃子酒

テーマ:My Favorite...
お気に入りの神社があるのです.



東京23区内とは思えぬ閑静なたたずまい.

この頃はまだ,あたりに蝉しぐれがたちこめていた.



人の気配が少ない境内に.

祭囃子だけがリフレインしている.

こういう鄙びた縁日に出会うと私は嘉悦する.





お祭り情緒の街をぶらぶらと歩いて.

暖簾が掛かったばかりの馴染みの蕎麦屋に入る.



永きに渡って通い詰めているお店.

この季節には女将さんが必ずや作る冬瓜の煮物.

今年もいただくことができました,やっぱり美味しい.



あ,こちらの暖簾.

この内掛けがデフォルトスタイルなんです.

ちょいとめくれ上がってるのが営業中のしるし.



やがて出前に出ていたご主人が戻ってくる.

板場からちょいと顔を見せてにっこりと微笑んで.

挨拶代わりにこういうのちゃちゃっと作ってくださるのです.



親子煮かと思って箸を付ける.

え,これゲソですね,レタスと一緒に卵とじになってるの.

ご主人のこういう思い付き料理にはいつも感心してしまうのです.



何やら表が賑やかです.

町内会の子供神輿が通るんですね.

お巡りさんに先導されるのも都会祭りの風情.



手前は女将さんが丹念に刻んだモロヘイヤ.

ダブル包丁で叩いて,ご近所にもお配りするそうな.

「いつも手が痛くなっちゃうのよ〜」と女将さん嬉しそう.



クレオパトラの野菜.

食べると美人になるらしい.

これをたっぷりと蕎麦猪口に入れまして.



ずるるっと大きな音ですすり込む,夏の風流.

街角のスピーカーからはしきりに祭囃子が流れている.



さて,縁日でもひやかしていくかな,うふ,ふふふ.










いいね!した人  |  コメント(8)  |  リブログ(0)
2016年09月16日(金)

カツカレー焼きそば リメイク版,むはは.

テーマ:自宅 酒と食卓
先日,史上空前のアクセス数をマークしたこの記事ね.


思い付きで作ったカツカレー焼きそばだったんです().



実は全く知らなかったのですが,これって.

会津地方のご当地ソウルフードだったんですね.

であるので,むふふふ,今回は鋭意模倣調理しちゃうのです.



これ最近のお気に入りです.

行田市にある「まにわ製麺所」の製品.

うどん専門店が作る焼きそば用の蒸し麺です.

ケチだから20円引きの見切り品を選択します,わはは.



見た目は至って普通なんですがね.

ちょいと水を加えて炒めますってーとね.

ええ感じのもっちり焼きそばが出来上がるですよ.



ソースは付属しておりません.

お好みでオタフクソースをたっぷり用いるです.



う〜ん,いいねえ.

焼きの入りも上々です.

この蒸し麺は色々と前途有望だね.



あとはカツをのせてカレーをかけるだけ.

ネーミングから万人が理解出来うるシンプル構成.

こういう単純明快さが私の心に到来してやまないのです.



スタイリングにも諸説あるようです.

カレーは黄色系か褐色系か,全がけ式か半がけ式か.

本場ご当地でもいろいろなタイプがあるらしい,面白いね.



こりゃ絶対アレですね.

黒ホッピーが間違いなしですね.



うほほい,思わく通りに大変に美味しい.

もっちり太麺だからカツに負けない,カレーに負けない.

でもアレです,胸焼けに負けない強い身体が必要です,ぶはは.


いいね!した人  |  コメント(7)  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。