上杉蒼太の鉄道&天体観測日記

鉄道全般ならびに鉄道模型、そして天体観測に関するブロクです。特に鉄道模型や天体観測好きの方大歓迎!


テーマ:

ここしばらく梅雨のせいか天候が安定せず、チャンスがありませんでしたが、久しぶりに晴れたので空に望遠鏡を向けてみました。まずは前にM8・M20・M16を撮影した際に漏れてしまったM17「白鳥星雲(オメガ星雲)」です。

2017年7月20日

 タカハシFC-76DC(76Dレデューサー装着・焦点距離417mm・F5.5) SXP赤道儀

コ・ボーグ36ED+ASI224MCでオートガイド

カメラ:ASI1600MC-COOL フィルタ:オプトロンUHCフィルタ(31.7mm)

GAIN:150 冷却温度:-15℃

 露出時間180秒×8+露出時間90秒×8

ステライメージ7・フラットエイド・PHTOSHOPCCにて画像処理(トリミングあり)

 

M16「わし星雲」のすぐ下にある星雲です。その形状から「白鳥星雲」「オメガ星雲」などと呼ばれていますが、この写真で見る限りでは鳥の形に近いように見えます。まあ、散光星雲は鳥の形のように広がることが多いですからね。

 

2017年7月20日

 タカハシFC-76DC(76Dレデューサー装着・焦点距離417mm・F5.5) SXP赤道儀

コ・ボーグ36ED+ASI224MCでオートガイド

カメラ:ASI1600MC-COOL フィルタ:オプトロンUHCフィルタ(31.7mm)

GAIN:200 冷却温度:-15℃

 露出時間180秒×12+露出時間90秒×12

ステライメージ7・フラットエイド・PHTOSHOPCCにて画像処理(トリミングあり)

 

続いてははくちょう座の天の川の中にある散光星雲NGC6888「三日月星雲」です。M17よりもはるかに淡い天体で、露出時間計54分でやっとこの程度です。前に撮影した網状星雲と同レベルかもしれません。

 

……それにしても、76DCでは焦点距離が短い上に光量が少ないのでこの手の天体を撮影するのは少し厳しいです(逆に北アメリカ星雲やアンドロメダ銀河・バラ星雲のような大型の天体ならば相性は抜群なのですが……)。やっぱり大口径・単焦点距離の反射望遠鏡が欲しいです。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事  もっと見る >>

テーマ:

昨日に続いて強烈な月明かりの中で撮影してみました。対象に選んだのは月明かりの影響を受けにくい惑星状星雲のM57「環状星雲(ドーナツ星雲)」です。

2017年7月8日

VC200L(焦点距離1800mm・F9) SXP赤道儀

コ・ボーグ36ED+ASI224MCでオートガイド

カメラ:ASI1600MC-COOL フィルタ:オプトロンUHCフィルタ(31.7mm)

GAIN:200 冷却温度:-15℃

 露出時間120秒×12+60秒×12

ステライメージ7・Neat Image v8・PHTOSHOPCCにて画像処理

(画像は中心部をトリミング)

 

ごく小さな天体ですが、想像以上に鮮やかに写りました。時間をかければここまでは写るといういい例になったと思います。ただ、天頂付近だったこともあってガイドがイマイチでした(この写真では何とか誤魔化していますが)。もう少し改善が必要なようです。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

久しぶりに天気が良くなったのですが、月齢は13。率直に言って淡い天体は何も見えません。というわけで、その月を撮影してみました。

2017年7月7日 VC200L(焦点距離1800mm・F9) SXP赤道儀

ZWO ASI224MC

ZWO IR 850nmパスフィルター 1.25インチ

AutoStakkert_2.6.8・RegiStax6・PHTOSHOPCCにて画像処理

 

「ティコの光条」でも有名なティコ・クレーターから欠け際付近です。VC200L+ASI224MCの組み合わせで月を撮影したのは初めてですが、ここまでよく撮れるとは思いませんでした。特に効果があったのは思うのはIR 850nmパスフィルターです。ASI224MCのように赤外線領域にも感度があるカメラならば使いでがあることがよく分かります。この組み合わせで月を撮るのはとても面白そうです。

実はこのフィルター、惑星撮影にも使えます。木星や最接近時の火星のように明るい天体ならば疑似Lバンド画像として撮影して、普通どおりに撮った画像(RGBバンド)とソフト(WinJUPOS)で合成するとこんな感じになります。

画像処理が一部上手くいかなくて不自然な模様もありますが、普通に撮影した画像よりも細かい模様が見えています。ASI224MCは使い方では色々な可能性がありそうです。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

ここしばらく撮影に使用しているBORG67FLですが、星像が膨らんでぼてっとした感じになってしまうという問題がありました。まあ、こういうレンズと言えばそれまでですが、さすがに酷すぎる気もしたのでネットの情報を元にパーツの接続法を変えてみました。その結果が下記の通り。

2017年6月24日

 BORG67FL(×0.85レデューサー装着・焦点距離255mm・F3.8) SXP赤道儀

ペンシルボーグ25+ASI224MCでオートガイド

カメラ:ASI1600MC-COOL フィルタ:オプトロンUHCフィルタ(31.7mm)

GAIN:200 冷却温度:-15℃

 露出時間300秒×12

ステライメージ7・フラットイメージ・PHTOSHOPCCにて画像処理

 

遠い昔に写真で見て以来どうしても撮りたかったNCG6992・93・94・95「網状星雲」です。何回か挑戦して失敗していたのですが、今回ようやく成功しました。GAINを200に設定した上で、露出にも時間をかけました。

この星雲は今から数万年前に爆発した超新星の残骸です。はくちょう座の天の川の中に浮かんでいるため、周囲の星の数が凄いです。

 

2017年6月23日

 BORG67FL(×0.85レデューサー装着・焦点距離255mm・F3.8) SXP赤道儀

ペンシルボーグ25+ASI224MCでオートガイド

カメラ:ASI1600MC-COOL フィルタ:オプトロンUHCフィルタ(31.7mm)

GAIN:150 冷却温度:-15℃

 露出時間180秒×4

ステライメージ7・PHTOSHOPCCにて画像処理

 

前にも同じ67FLで撮影したNGC7000「北アメリカ星雲」です。前回5/20の撮影時より露出時間は短めですが、星像はシャープになってすっきりしました。

ようやくBORG67FLが「使える」レンズになりました。これからも積極的に使っていこうと思います。焦点距離255mmでF3.8はやっぱり魅力的ですからね~。

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

ずーっと曇天が続いていましたが、やっと晴れたので久しぶりに撮影に挑戦しました。ただ……。一度修理から戻ってきたSTARBOOKTENに別の故障が複数見つかって再入院したので、今回はSXW赤道儀による撮影です(オートガイド不調の原因がまさか修理から戻ってきたSTARBOOKTENとは思わずかなり時間を無駄にしました)。

 

(6/18昼に写真を差し替えました。画像処理をやり直したため)

2017年6月17日

 タカハシFC-76DC(76Dレデューサー装着・焦点距離417mm・F5.5) SXW赤道儀

ペンシルボーグ25+ASI224MCでオートガイド

カメラ:ASI1600MC-COOL フィルタ:オプトロンUHCフィルタ(31.7mm)

GAIN:200 冷却温度:-15℃

 露出時間60秒×12+露出時間30秒×16

ステライメージ7・PHTOSHOPCCにて画像処理(トリミング無し)

 

まずはへび座の散開星団+散光星雲・M16「わし星雲」です。実際は散開星団だけがM16なのですが、「わし星雲」=M16というイメージがあります。

それはとにかく、ガイドが不調を極めたわりにはよく写りました(露出時間が半端なのはガイドエラーの写真を除外した為)。この写真ではわかりにくいのですが、星雲の中にある暗黒星雲……ハッブル宇宙望遠鏡の写真でも有名になった「想像の柱」がくっきりと写りました。口径は小さいものの解像度の高いFC-76ならではの一枚になりました。今度は大口径のVC200Lで直接狙ってみるのも面白そうです。

 

(6/18昼に写真を差し替えました。画像処理をやり直したため)

2017年6月17日

 タカハシFC-76DC(76Dレデューサー装着・焦点距離417mm・F5.5) SXW赤道儀

ペンシルボーグ25+ASI224MCでオートガイド

カメラ:ASI1600MC-COOL フィルタ:オプトロンUHCフィルタ(31.7mm)

GAIN:150 冷却温度:-15℃

 露出時間60秒×21+露出時間30秒×22

ステライメージ7・PHTOSHOPCCにて画像処理(トリミングあり)

 

続いてはいて座の散光星雲M8「干潟星雲」とM20「三裂星雲」です。この組み合わせは67FLでも撮影していますが、今回はFC-76でも撮ってみました。暗黒星雲がくっきりと写ったお陰で迫力のある一枚になりました。こうやって見るとかなーり大きな星雲だとわかります。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

しばらく曇天が続いた後、ようやく晴天になったので惑星の撮影に挑んでみました。

2017年6月5日 VC200L(焦点距離1800mm・F9) SXP赤道儀

ZWO ASI224MC  1679フレームより419フレーム選択

BORG コンパクト・エクステンダー・メタル+メタル延長筒×1

(合計焦点距離5400mm・F27)

ZWO UV IRカットフィルター 1.25インチ

AutoStakkert_2.6.8・RegiStax6・PHTOSHOPCCにて画像処理

 

まずは衝を迎えつつある土星です。現在はいて座付近の天の川の中にある為、高度が非常に低くシーイングも悪いのですが、この日は驚くほどの好シーイングでした。このタイミングで撮れたのは僥倖としか言いようがありません。カッシーニの隙間もよく見えますし、本体の模様もはっきりと捉えることができました。

 

2017年6月6日 VC200L(焦点距離1800mm・F9) SXP赤道儀

ZWO ASI224MC  1302フレームより325フレーム選択

BORG コンパクト・エクステンダー・メタル+メタル延長筒×1

(合計焦点距離5400mm・F27)

ZWO UV IRカットフィルター 1.25インチ

AutoStakkert_2.6.8・RegiStax6・PHTOSHOPCCにて画像処理

 

続いては翌日に撮影した木星です。薄雲がかかっていましたが、好シーイングは続いており、今までの中で一番の写真が撮れました。口径20センチでもシーイングさえ良ければここまで撮れるといういい例になりました!

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

来月、地球に最接近するジョンソン彗星(C/2015V2)を初めて撮影してみました。最接近と言ってもせいぜい約0.8天文単位(約1億2000万キロ)にしか近づかないので、昨年話題になった某映画に出てくる彗星のようにはなりませんのでご安心を(あの映画、とっても面白いですけどね)。

タカハシ76DC(焦点距離570mm・F7.5) SXP赤道儀

カメラ:ASI1600MC-COOL フィルタ:なし(装着し忘れた……)

GAIN:300 冷却温度:-15℃

 露出時間30秒×20+15秒×20

ステライメージ7・Neat Image v8・PHTOSHOPCCにて画像処理

 

レデューサー非装着の76DCと冷却CMOSカメラの組み合わせで撮影してみましたが、思ったより尾が写りました。さすがに距離が近くなってきたのでなかなか立派な姿になりました。予想より暗いのが残念ですが……。ただ、GAIN300で撮影したので画像がざらつきまくりでした。今度からはもっとGAINを落として露出時間を長くしてみます。

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

月明かりの影響も無くなったので、久しぶりに撮影してみました。ただ……。昨年買ったばかりのSXP赤道儀に付いていたSTARBOOKTENが故障して入院してしまった為、かつて使用していたSXW赤道儀を使用して撮影しました(ちなみに修理が終わるまでかなりかかそうとのこと。とほほ……)。

ちなみに今回の撮影ポイントは新しく見つけた所で、うっすらと夏の天の川が見えて南が非常に開けた絶好のポイントです。

2017年5月20日

 BORG67FL(×0.85レデューサー装着・焦点距離255mm・F3.8) SXW赤道儀

ペンシルボーグ25+ASI224MCでオートガイド

カメラ:ASI1600MC-COOL フィルタ:オプトロンUHCフィルタ(31.7mm)

GAIN:139 冷却温度:-15℃

 露出時間180秒×12

ステライメージ7・PHTOSHOPCCにて画像処理

 

まずはツイッターにも上げたはくちょう座の「北アメリカ星雲」ならびに「ペリカン星雲」です。前にも76DCで撮影していますが、今回は67FLとASI16000MCの組み合わせです。想像以上に派手な一枚になりました。というより、星の数の凄いこと凄いこと……。天の川の中なので当然ですが、圧倒されてしまいます。

 

2017年5月20日

 BORG67FL(×0.85レデューサー装着・焦点距離255mm・F3.8) SXW赤道儀

ペンシルボーグ25+ASI224MCでオートガイド

カメラ:ASI1600MC-COOL フィルタ:オプトロンUHCフィルタ(31.7mm)

GAIN:139 冷却温度:-15℃

 露出時間180秒×5

ステライメージ7・Neat Image v8・PHTOSHOPCCにて画像処理

 

お次は前にも撮影したさそり座のアンタレス周辺です。前に撮影した時と少し構図を変え、暗黒星雲がメインになるようにしてみました。敷き詰められた星を背景にしてみると、まるで暗黒物質で出来た生命体のように見えてしまいます。この写真のみ露出時間は15分です。

 

2017年5月20日

 BORG67FL(×0.85レデューサー装着・焦点距離255mm・F3.8) SXW赤道儀

ペンシルボーグ25+ASI224MCでオートガイド

カメラ:ASI1600MC-COOL フィルタ:オプトロンUHCフィルタ(31.7mm)

GAIN:139 冷却温度:-15℃

 露出時間180秒×12

ステライメージ7・PHTOSHOPCCにて画像処理

 

最後はいて座の反射星雲M8「干潟星雲」(下)とM20「三裂星雲」(上)です。昨年もちょっとだけ撮ってみたのですが、今回初めて本格的に撮ってみました。どちらもとっても綺麗ですね~。今度は76DCで個別に撮影してみたいです。

 

今回の撮影ではASI1600MCのGAINは全て139に統一しました。前回までは200で撮影していましたが拡大すると粒子状の荒れが目立ったからです。まだ仮説に過ぎませんが、今回のような明るい光学系で撮影する場合には低GAINの方がいいかもしれません。逆に大口径長焦点の場合は高GAINでも問題無さそうな感じがします。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

5/6のコミティアに向けて新刊の準備をしなければいけないのに星空が広がっていたのでついつい撮影に精を出してしまいました。仕方ないですよね。というわけで今回は惑星に挑んでみました。

2017年5月4日22時38分 VC200L(焦点距離1800mm・F9) SXP赤道儀

ZWO ASI224MC  2001フレームより500フレーム選択

BORG コンパクト・エクステンダー・メタル+メタル延長筒×1

(合計焦点距離5400mm・F27)

ZWO UV IRカットフィルター 1.25インチ

AutoStakkert_2.6.8・RegiStax6・PHTOSHOPCCにて画像処理

 

まずは衛を過ぎた木星です。初めて大赤斑をはっきりと捉えることに成功しました。これが目当てて撮影したようなものなので大満足です。シーイングは正直そんなに良くなかったと思いますが、今までの中で一番良く撮れたと思います。

 

2017年5月5日01時02分 VC200L(焦点距離1800mm・F9) SXP赤道儀

ZWO ASI224MC  1273フレームより318フレーム選択

BORG コンパクト・エクステンダー・メタル+メタル延長筒×1

(合計焦点距離5400mm・F27)

ZWO UV IRカットフィルター 1.25インチ

AutoStakkert_2.6.8・RegiStax6・PHTOSHOPCCにて画像処理

 

続いては今シーズン初撮影の土星です。夜中になるとそれなりの高さまで上がってくるようになったので狙ってみましたが、こちらも今までの中で一番の一枚になりました。カッシーニの空隙もくっきりと見えますし、表面の模様も明確に捉えることができました。低高度の悪シーイングを考えれば上等な方ではないかと思います。

 

2017年5月4日

 VC200L(焦点距離1800mm・F9) SXP赤道儀

コ・ボーグ36ED+ASI224MCでオートガイド

カメラ:ASI1600MC-COOL フィルタ:IDAS LPS-D1

GAIN:300 冷却温度:-20℃

 露出時間120秒×8

ステライメージ7・Neat Image v8・PHTOSHOPCCにて画像処理

 

おまけに土星がある程度高くなるまで待つ間に撮った「惑星」状星雲・M27「あれい状星雲」です。この天体は昨年も何度か撮っていますが、今回はVC200Lで撮影してみました。……しかし、想像以上に派手な天体です。ネビュラフィルタを使っていないのにこの色ですからね~。

 

いよいよ月明かりの影響も強くなる時期に入ってきたので今後更新間隔は落ちるかもしれません。もしかすると月や木星は撮るかもしれませんが。

いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:

ASI1600MC-COOLを導入したので色々試していますが、今回はファーストライト以来なかなか使う機会がなかったBORG67FLと組み合わせて撮影してみました。真夜中には夏の天の川も見えるようになったのでそれを狙ってみましたが……。山の上だったので気温はわずか3℃。夏の星空を冬の寒さの底で眺める羽目になりました。

2017年5月2日

 BORG67FL(×0.85レデューサー装着・焦点距離255mm・F3.8) SXP赤道儀

カメラ:ASI1600MC-COOL

GAIN:200 冷却温度:-15℃

 露出時間120秒×8

ステライメージ7・Neat Image v8・PHTOSHOPCCにて画像処理

 

まずはさそり座のアンタレスと球状星団M4です。初めて撮影しましたが、まずまずだったと思います。ただ、もう少しアンタレスを左に寄せて右側にある暗黒星雲をちゃんと入れたかったです。

 

2017年5月2日

 BORG67FL(×0.85レデューサー装着・焦点距離255mm・F3.8) SXP赤道儀

カメラ:ASI1600MC-COOL

GAIN:200 冷却温度:-15℃

 露出時間120秒×8

ステライメージ7・Neat Image v8・PHTOSHOPCCにて画像処理

 

続いてははくちょう座の中心部にあるγ星「サドル」を中心にして写してみました。この辺りには散光星雲があるのですが、何とか写すことができました。それにしても……凄い星の数です。天の川の中だから当然かもしれませんが。

 

初挑戦の組み合わせでしたが、得るものは大きかったです。レデューサー装備の67FLは非常に明るくなるので露出オーバーが恐かったのですが、想像以上に画像処理は楽でした(周辺減光も大したこと無し)。ただ、散光星雲を写すにはやっぱり専用のフィルタが必要なようです……。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。