日航123便の墜落が無ければ、


今のマイクロソフトは存在し得無かった !



GANREF | ¡­õ˾¤¦ȡà


「光軍物語」・「影武者」のブログ
ワントンの推奨ブログ



必見記事田村女史最新刊情報と「ヨチヨチ作戦」とは?


クリックすると新しいウィンドウで開きます


一部引用します。


 日本はすでに原子爆弾をもっており、日航機墜落事件はその爆弾を東京から大阪に

移送する途中であり、米国がその証拠をとらえようと黒塗りの軍用機で右翼を討った。

しかし機長はこれが攻撃であると理解した為、1000m以下のレーダーが把握できない

距離で飛んで雄鷹山に墜落した。

最終的には「高天原山」という地名に落ちて、520人が亡くなったが・・・


 米軍機はその後自衛隊機に打ち落とされたが、味方と思いきや、日航機はこの

自衛隊機から止めを刺されて墜落。大勢の犠牲者は生きていたが、核兵器の証拠隠滅等

のため、あるガスが捲かれて520人が死亡したと推定される。






wanton


私がユリアさんの記事を見ていて、一番引っ掛かったのは、以外にもこの部分です。

実は、数日前にブロ友のSHIHOさんの「なう」を目にしたからです。


『暴かれるか、日本航空123機墜落事故の真相?!70 』

必見→ http://hyouhei03.blogzine.jp/tumuzikaze/2011/10/123_1143.html  
from 飄(つむじ風) これが核心的見解か?



何故だか、最近この日航123便の墜落に関するものが、あちこちから出て来ています。

そして、その墜落にまつわる色々な陰謀説も出ているのは、皆さん御存知の通りです。

今更、何でこの事故を蒸し返すのかと疑問を持たれる人もおられると思いますが、やはり

この一件は、今現在とも大きく繋がっているからに他なりません。

私自身が一番注目しているのは、以下の論説です。



17名のトロンOSの研究者を載せた日本航空123便墜落事故 撃墜されたのか?

必見→http://blog.livedoor.jp/omttm202/archives/51462832.html

一部引用します。



<実は20年前に日本に無償のOSが存在した>


無償OSというと耳新しいもののように感じるが、実は20年程前、即ち「Windows」の
草創期の頃のこの日本に「トロン」というOSがあったのである。
「トロン」は坂村健・東大教授(当時、助手)が開発した基本OSでオープンソースであり
無償なのであった。


95年に「Windows95」が日本に上陸しパソコン市場を席巻し独占したわけだが、
実はその当時、日本の多くのパソコンメーカーはOSとして「トロン」の採用を希望
していたのである。
それがWindows95の独占的な採用になったのは、米国政府からの圧力だったの
である。
即ち、米国政府からの 「スーパー301条」による報復関税や輸入制限の制裁措置
をちらつかせた圧力に、当時の日本政府が屈した結果だったのである。


もしもこのとき日本のメーカーがパソコンのOSを「トロン」にしていたなら、無償というメリット
もあって世界中のパソコンに採用されていたかも知れないのである。
日本の基本OSが世界を席巻し、

現在のマイクロソフト「Windows」の躍進やOS市場の独占も無かったかも知れないのである。

― 引用終わり。


マイクロソフトといえば、ビル・ゲイツさんですが、この方は、今やNWOの中でも有力メンバー
の一人として、その名を知られています。

さぞかし、D.ロックフェラーさんなどとも、とても仲が良かったと推察されます。

D.ロックフェラーさんといえば、最近まで、アメリカの中でも実質的にナンバーワンの人で、
米政府はもちろんの事、軍産複合体やアメリカ軍部、CIAなどに絶大な権力を欲しいままにして
いた訳でありますから、何かをやろうとすれば、何の造作もいらなかったのではないでしょうか。

もちろん仮定の話としてですが、実質植民地の日本のジェット旅客機を撃墜するなんてのも
朝飯前の仕事だったでしょう。

まず間違いなく、こういった世界の巨大市場からのとてつもない利益が約束されていたパソコンや
OS市場の独占というのは、アメリカの至上命題だった可能性が濃厚です。

その至上命題にとって、最大の邪魔者であったトロンOSの研究者17名を乗せた日航123便

が、好都合にも、偶然に墜落してしまったという事になるのでしょうか。


私は、日航123便が何者かに撃墜されたなんて一言も言っておりません。

そもそも、そんな事を本格的に調べていたら、命が幾つあっても足りませんから。

無論、色々たくさんの証拠らしきものは、結構あるのですが、決定的な確証になるような

ものを残すなんてバカな真似をするのはプロの専門家にはいません



だから、いつの場合でも、所詮、陰謀論としてしか扱われず、常に闇から闇へと歴史の

闇に葬られて来て、今日に至ったという事になるのかもしれませんが

いつの世でも、そのようにして歴史が造られて来たのだと、賢者たちは教えてくれます。



ただ、私の読者の皆さんだけは、いつも聡明であって欲しいと願っています。

また陰謀論かと、毎度バカにして、それらを攻撃するような愚かな人間にだけは決して

なって欲しくないと申し上げておきます。



最後に、こういった流れてくる裏の情報には、常に2面性がある事を考慮しておくべきです。

真実の中に、幾つものウソを交えて、情報を撹乱させるプロパガンダの可能性。

そして、政権・軍事の中枢にいた人間が、日本人としての良心から密かに流す

真実の情報である可能性。


この二つを、同時に、いつも考えておかねばならないと思っています。


有難う御座いました。







米経済誌フォーブスが21日発表した2011年版の米国資産家400人の長者番付に


よると、 ソフトウエア最大手マイクロソフト 創業者のビル・ゲイツ氏の資産総額が


前年比50億ドル増の590億ドル(約4兆5千億円)で18年連続で首位となった。





関連記事


御巣鷹山の怪ーJAL123便の無念。


陰謀論だとかたづけていたら、やられてしまうだけだ


2.123便事件の真相とは 保存版


3.123便事件の真相とは 保存版


4.123便事件の真相とは 保存版


日航機墜落事故で亡くなった人の遺書とメモ書き


日航ジャンボ機の米軍戦闘機による撃墜事件=広島・長崎への原爆投下 ...




AD

コメント(13)