こんばんファック!

レッツ!バスロマン!



最近局地的大ブームなファッキンスイーツ

「ブラックサンダー」

その波に乗り遅れないよう買い求めてみた

小市民ですから!

あるあるで放送された食材は、翌日夕食のメインディっシュですファック!



06013101



「ユ~ラク」

「BLACK THUNDER」

「ココアクッキークランチ」

ブラックサンダー

「黒い雷神」

「若い女性に大ヒット中」

「おいしさイナズマ級」



パッケージを彩るキャッチに寸分の狂いもなし!

おそろおそる食ってみた…



黒いイナズマが僕を攻める

炎すべて焼き尽くす

ファッキュ!



これはおいしいぞ~(辻氏風)

ココアのビターさが心をくすぐるぞ~(辻氏風)

焼酎飲みたくなるぞ~(辻氏風)



夢MORIオールスターズ 予想スタメン

森口 博子
森脇 健児
森 且之
大森 うたえもん
森末 信二
森川 美穂

夢MORIオールスターズ ベンチ入り

大森 玲子
森 公美子
森田 童子
藤森 夕子
遊佐 末森
森田 一義
森 光子
森重 久弥

AD
こんばんファック!

この土日は大学時代の友人が福岡に遊びにきたんだ

へぇ、じゃあ福岡のいろんなとこ連れて行ってあげたんだね?

だと?

馬鹿野郎!

土日とも家に引きこもってプロレスビデオ三昧だ!

これが俺たちのやり方!イッツアスモールワールド!



ただ、さすがにそれもファックだな、と思ったので

食べ物だけは美味しいものを食べてもらおうと思い

結局行ったのが

・テムジン(大名の)で餃子60個&手羽&野菜炒め&にんにくチャーハン
・一蘭(中州の。俺っちは奮発して秘伝のたれを5辛に♪)
・いろは(上川端にある水たきの美味しい店。ここはマジでお勧め。高いけど)

と箸にも棒にもかからないダメチョイスぶり!

おまけに俺っちは食いすぎで体調を崩したうえ

一蘭の5辛で完全に自爆してしまい

現在マイポンポンはデンジャラスアラーム継続発令中ファック!

友よ…スマンカッタ!

次くるときはもっと計画しておくぜファック!



それにしても食べ過ぎた…

ああ…明日からまたダイエットがんばらねえとな…



あ、メシ物ついでに

この前キャナルで映画見た後にグランドハイアットの地下1Fにある

「ゆとりの空間」

というところでメシ食ったぜ!

ここは料理研究科の栗原はるみさんプロデュースのお店

ビュッフェスタイルで野菜と豆物が中心の創作ヘルシーメニューが満載なんだファック!

ここはダイエット中の人でも全然問題ない店だ

俺っちもくせになりそうだぜ!

文句なくおススメ!

05110701



キャナルシティは早くもイルミネーション満載空間になってたよ

そのロマンティックな光景に女の子もJJ(ジュンジュワー)確定!

もしその場で「ロマンティックが止まらない」が流れたら

全員でダンスしてしまいそうな勢いだ!

C-C-B最高!
AD

ある日の会話

「4sama、なにかおごってくださいよ」

「ああ、いいっすよ!和民なんかどうですか?グヘヘ!」

「…私って和民ぐらいの価値のオンナなんですね…」

「ちょ…な…何を言ってるんですか?ネタですよ、ネタ!本当はどこでだっておごりますよ!」

「ほんとですか?じゃあ私と一心同体な友達もつれてくるので、おごってください!」

「もちろんですよ!」



そんなわけでこの前の金曜日にいってきたよ

渡辺通りの路地を入ったところに荘厳なたたずまいを見せる

鮨処 やま中 本店



上の会話後、この店を指定されインターネッツで調べた僕は顔面蒼白に…

この店は博多を代表する高級鮨店らしくお一人1万円は当たり前の店らしい

てことは僕の手出しは3万円…

しかし今までこのブログで様々なグルメを扱ってきたし

ネタの仕込みと思えば安いもんだ!と自分に言い聞かせ

別に彼女とかでもなく何の見返りも期待できない女性二人をつれて店内へ



店内はやっぱり高級感あふれる佇まいになっていて

僕も過去数回経験した座ってるだけでなんとなし緊張する感じだった

で、注文したのだがさすがに女性陣も遠慮したらしく

一番安い3150円のコースにいろいろつけて…という内容に。



きましたよ

0508214



0508215


0508216


0508217


1カン目のイカの塩握りから反則級のうまさ

はっきりいってこんなの食べたことないっツーの!

その他の鮮魚系は

口に入れた瞬間にとろとろに溶けちゃうか

ぷりぷりで凄い歯ごたえか

ってかんじで口に入れた瞬間、ネタの味と酢めしが絶妙に交わって

ほわーっと広がっていくのよ!

すまん、僕の貧困なグルメボキャブラリーではこれが限界!



目の前の客が頼んでいたのをみてついつい追加注文した殻つきウニは

もうウニの味を限界まで凝縮して濃くした、というぐらい濃厚な味わい

目をつぶってその余韻を確かめたくなるぐらい

凄すぎるぜ!



お会計はお一人7000円程度に収まった

想定していた金額より相当安くなってほっとした

最安のコースで量的には明らかに少なく感じるはずなのだが

店の雰囲気や料理そのものの質ですっぱり満腹になってしまい

追加注文がウニと茶碗蒸しだけだったためこの値段になった

これなら普段節約すれば行けなくはないね

なによりこの金額でこの満足感はなかなかないよ

お店も高級店なのに気取ったところが全くないのがうれしい!



久々に断然お勧めの店を発見

女性にかっこつけたい諸兄は今すぐ行くべし!



なお、この高級店でも終始乳首の話に没頭し

結局どこに言っても下ネタかよ

と自分自身のエロスピリッツを自画自賛

AD

今週はプライベートは楽しかったのだが

仕事でいやなことが多すぎた

そんな状況で金曜夜にテンション上げないはずがない!



今日は東京勤務時代の知人であるスカーレットさん(男性・仮名)とその友人の食事にご一緒させてもらうことに

向かったのは中州川端商店街の名店中の名店「せいもん払い」だ

実は川端商店街はキャナルシティへの通り道なのでよく通るのだが

正直全然知らなかった!

しかしいろいろリサーチした結果、内外でも話題の料理屋ということで

売りは新鮮な魚介類とうまい酒とのこと

そして僕が到着したときはすでに店の前は行列

鮮魚が売りな店での行列はなかなかない

そして店の前の「森伊蔵」の瓶が期待感をあおる…はやく飲みたい!



1時間ほど待ってようやく入店

おすすめ刺身やら呼子のイカやらを注文



0506115
おすすめ刺身の勇姿



写真にもあるが、見たことないぐらい分厚くきられた刺身

それでも赤身は口に入れてすぐ溶けてしまう

イカは皿の上で激しく動いているぐらいの新鮮さ

いやー、久々に美味しい魚を食べたよ!やっぱり博多はいい!

そして焼酎は久々の「魔王」!

甘い口当たりと香りが言うことないぜ!

文句なくこの店は凄い!

そんな店だけどお値段はどんな感じ?と言われても残念ながらお答えできない…

なぜなら…なぜかおごってもらったからだ!

しかも食事はすべて「時価」なので見当つかず!

きっと余裕があったときに行ったほうがいいかも!



二次会は中州、那珂川沿いのラウンジ、お店の名前を聞くの忘れた…

ここは二人が常連の店と言うことでいきなり豪華なVIPルームに通された

まもなくソムリエと思われる若干ぽっちゃりぎみの女性が注文にやってきた

スカーレットさん(仮名)が「今日は4samaのためにもちょっと珍しいワインを頼みましょうか」

とのことで4本ほどがテーブルに並べられ、梅の酸味がたまらない、と言う触れ込みのワインが選ばれた

ソムリエと思われる若干ぽっちゃりぎみの女性がワインをついでいく



0506116
つがれたワイン…なんか神々しい



うわー、なんだこの広がる香りは…

土の香りというかなんというか、よくわからないが多分ここは「芳醇」という単語を使うんだろうか?

しかもよくテレビで見るように空気に触れさせてから飲むとまた香りが違う

うーん、やっぱりワインって凄いかも、奥が深いんだろうな

ワイン好きが膨大なウンチク持って楽しむのもわからなくもない感じだ

僕など「スパークリングワインとシャンパンってなんかちがうんっすか~?」

などと質問し失笑されるぐらいだしなー



ひとしきりワインを楽しんだところでスカーレットさん(仮名)が

「4sama、葉巻でも吸ってみませんか?」

と提案してくださったので、折角の機会と言うこともありトライさせてもらった



0506117
男のダンディズムは葉巻が作る…



ひとしきり肺に入れたあたりでソムリエと思われる若干ぽっちゃりぎみの女性が

「肺まで吸い込むと死ぬほど苦しいので口の中でとめて香りを楽しんでください」

と一歩遅れたアドバイス!

重い!重たすぎる!この一撃だけで目の前がぐるぐるしてきた

「お酒を飲んでいるときに吸うとかなり酔いが回りますよ~」

とここでも素敵なアドバイス!

その後は酒と葉巻の相乗効果で完全にラリってしまった始末!

しかも明らかに金払ってない!多分相当な金額になっているはず…

このご恩は必ず…

肝心の店紹介が出来ていないが、女の子を口説くにはばっちりな店だと思う

雰囲気だけで女の子のホレ度が3割ぐらい増しになるのは間違いないよ!

いうならば「福岡 いい店 エロい店」と言ったところかな



たまにはこういう“大人の夜遊び”もいいものかも

引き出しを広げる意味でも

しかし見失いがちだが

引き出しを広げる前に痩せるのが先!

前日の二日酔いのダメージがきつく残る6/9

この日は会社の先輩とちょっとしたミーティングを行うため天神に

天神界隈で働くサラリーマンのためのパワーハウス「益正 」、その西通り店へ。

この店のいいところは

1.なんとなく立ち寄るとなぜかいつも空いてる
2.食べ物、飲み物ともに激安
3.チェーン系居酒屋なのに店の看板メニューが「カレー」

と男にたまらない要素が満載なのだ

で、いつもどおりに食べていたのだが見慣れぬメニューが

なんと夏季限定で「魅惑の辛口スペシャルカレー」なるものが登場しているではないか!

しかも値段がやっぱり益正価格の390円!

先輩と辛抱たまらなくなり早速注文

都落ちギャル男といった感じの店員が妙に甲高い声で

「僕はこれを食べた後、ジムに行くんです。汗いっぱいかきますよ!」

とイマジネーションあふれるメニュー紹介をしてくれた

で、早速食べてみたんだが、いや、これが結構美味しかったりするんだわ

唐辛子ベースの辛味が心地よい刺激

しかもこれが芋焼酎にあったりするから面白い

格安で素敵なB級グルメ体験

男だったらGo To MASUMASA!

病気したりした影響で86kg台まで落ちた僕の体重だが

この3日間で87.8kgにV字回復してしまった

2kg近くのリバウンドだ

こうなったら

だから何?

みたいな女子高生風開き直りで

この3日間のグルメロードを大紹介しちゃうぜ!



まず1日目、6/8は博多駅近くの餃子屋「旭軒

ここは一口餃子(焼き&水)が330円、手羽先が一本90円ととてもリーズナブル!しかもうまい!

餃子は一口サイズなので凄い勢いで胃袋へ収まっていく、特に熱々の水餃子はうまい!

手羽先はしょうゆの香ばしさがしみこんでいて、これまたいくつもいけそうな感じだ

当日はW杯予選日本vs北朝鮮戦が店の小さなテレビで放映中

日本が点を入れると店内は大盛り上がりで酒の一気飲み大会がスタート!

結局参加者が店を出るころには全員ラリラリだった…

全然関係ないが女性の先輩が片肘ついてタバコを吸っているときに

乳がテーブルにのっかってるのをみてじんわり汗をかいた



二次会はキャナルシティ近くのカラオケボックス「サウンドヴィレッジ

この店は広い部屋が比較的多いので多人数のときに重宝

また、ホームページをみて知ったがコスプレ衣装貸し出しサービスなんてのもあるらしく

お手軽にイメクラ気分を味わいたい方はぜひ!

全然関係ないが友人の嫁が深田恭子のアンセムナンバー

「キミノヒトミニコイシテル」をかわいくうたった


0506113



感服!

B級アイドルのナンバーを歌える嫁急募!

0506114  

幸せになれよ!てゆうか幸せにしちゃう!

先日羽田空港第2ターミナルへ行ったわけだが

立派なショッピングモールといった感じになっているね

連休などが絡まない日曜だったにもかかわらず凄い盛況ぶりだった

そんななかピエール・マルコーニというベルギーを代表する

ショコラティエのお店があるということで行ってみた



05082



親指大のチョコが5粒で1785円!1粒300円強

味は甘すぎることなく少しビターな大人の味といった感じ

アーモンドの香ばしさやフルーツの香りつけなど今まで食べたことのないチョコだった

なおチョコのデザインもさることながら包装も非常におしゃれな感じ

女の子へのプレゼントにいいかも、お勧め

しかしこういうみんなが喜ぶような仕事は刺激になるよ



さてこの羽田空港第2ターミナルは他にもレストランあり、展望ターミナルありで

デートスポットとしていい感じかも!特に夜!

ここからテイクオフして、ベッドにハードランディングだ!


50081

究極のクーポンブック「Tokyo Coupons」の魅力にすっかり魅せられてしまった僕と後輩は

後楽園ホールのZERO ONE MAX興行の観戦帰りに

またもクーポン協賛店に

今日は神田のアジア料理店「Laki Laki」に

ベトナムの333という名前のビールを飲みながら

インドネシアのスパイシーな鶏料理やエビ料理に舌鼓

写真のメニュー注文後にカレーと揚げバナナを注文

これがまた美味

店の雰囲気も神田にあるとは思えないアジアンムード満載で

オンナノコときたらきっと喜んでもらえるヨ!

しかもこれだけ食べてお値段はクーポンパワーで一人当たり1900円!



と、ここまではこのクーポンブックは魔法の書と思っていたが

二日連続のこの大食いぶり

半額なのをいい事についつい欲張って頼んでしまうわけだ!

はうあ!

このままではどう考えても太る!

ていうか痩せる要素がどこにも無し!

これダイエットブログじゃなかったのか?



前言撤回!

このクーポンブックは悪魔の書!

皆さんもご利用の際は計画的に…




著者: doitsu llc.
タイトル: Tokyo Coupons
食事代が半額になるという究極のクーポンブックを手にした僕と後輩は

早速記念すべき一店目に足を運んだ

会社から近いという理由でえらんだその店は

赤坂にあるホブゴブリンという本場イギリス料理を楽しめるしゃれたお店

また、スポーツバーという側面も持っていて店内ではスカパーのスポーツチャンネルが流れていた(奥のほうには大画面プラズマTVもあるらしい)

店に入ってびっくり

僕ら以外に日本人が一組だけであとは外人の皆さん

いきなりの異国情緒!

念のため注文前に確認すると確かに半額らしい、すげええ!

そこで早速メニューを注文

・フィッシュ&チップス ラージ
・シェフサラダ
・本日のカレー(二人分)

しかしメニューもオーダーも日本語だったが、最後のオーダー確認はなぜか英語でしどろもどろに「オ…オッケー!」と答える

一緒にホブゴブリンビールなるものを注文

これがフルーティな感じでとても飲みやすいビール!うまいぞ(荒岩風)!

興奮冷めやらぬうちにメニューが届く

なんというボリューム!4皿でテーブルが埋まってしまった!

フィッシュ&チップスは巨大な白身魚の南蛮あげと山盛りのポテトフライ!

食べてみるとこれが思ったより大味でもなく、ビネガーとの味とマッチして爽やかな味に!いくらでも入る!

あまり期待していなかったカレーはアジア風カレーと欧風煮込みカレーのコラボ

とくに煮込みカレーは具沢山で濃厚な味がGOOD!

結局この大食漢の僕でも、ギャボー!もう食えないデス!といってしまうくらいのボリューム!

その量と味にテンションあがりっぱなしの二人



そしてドキドキの会計タイム

いきなり割引なしの金額を提示されてあせるが

しっかりと半額だった

その額4600円。一人頭2300円!

あんなに食って美味しいビール2杯飲んでこの値段!

おかあさーん!

すげえ!このクーポンブック…魔法の書だよ!

また1店舗で使えるのは1回だけというルールらしいのでどうやって使ったことを記録するのかな?と思っていたら

このクーポンにはスタンプを押すページがあり、その店舗のスタンプを押してもらうことで使用済みを判断するということが発覚!

このやり方って海外旅行好きがパスポートにたまっていく入国スタンプをみてほくそ笑むような心理をうまくついてるぜ!

収集癖まで刺激するのか~!もう行きまくるしかないな!

というわけで「Tokyo Coupon」

興味が出た方は一度手にされてみては!




著者: doitsu llc.
タイトル: Tokyo Coupons
先日会社の後輩と赤坂のリトルアジアというインド料理屋に

するとテーブルに一冊の本が

その本は「Tokyo Coupons」というタイトルだった

タイトルからクーポンマガジンのようだが、折角なので中を読むと驚愕の記載が

なんとこの本を提示しただけで食事代が半額になるのだ!

そんな馬鹿な、と思い店の人にきくと間違いなく半額になるらしい

飲み物一杯無料とか一品料理一皿サービスとか聞いたことあるけど

ここまでダイレクトに会計を直撃するクーポンは聞いたことがない

すっかりテンションの上がった我々はその本を共同購入にいたった(3150円)

しかしこの本、食事代の半額も凄いがなぜかよく見ると協賛レストランは

外国料理中心で雰囲気のよさそうな店ばかり

グルメのナビ本としても十分効力を発揮しそうな内容

またまたテンションのあがった我々は早速今日(正確には14日)に

半信半疑で使ってみることにした

すると…

(続く)

次回予告
・「うまいぞっ!(荒岩風)」
・オーダーは日本語、オーダー確認は英語?
・ギャボー!もうくえないデス!
・収集癖まで刺激するのか~