コメントは承認制です。反映されるまでに数日かかる場合があります。

 (∵)Ψ アメンバー申請承認の可否については
こちら をご覧下さい。

1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
2018年02月22日(木)

PS4をもらったので

テーマ:■ ちゅかぴい

僕はこれまで、テレビゲームといえば任天堂。

ファミコン、ゲームキューブ、wii。
GB、GBカラー、GBA-SP、micro、DS、3DSでした。

XBOXやらプレステやらには一度も手を出したことがなかったんだけど、去年の職場の忘年会のビンゴの景品で、PS4のスターウォーズバトルフロントエディション+みんなのゴルフってのが当たったので、初めて使ってみております。

 

バトルフロントはちょっとやってみたけど、面白さがさっぱりわからないので、みんなのゴルフだけをやっていました。

やってたって言っても、正月休みと、あと2回くらいかな? なんか宝の持ち腐れだなと思ってた。

 

そこで、思い切って自分でもひとつ、ゲームを買ってみようという考えに至った。

買ったのはこれ。前にビジネス英会話の先生が、勧めてくれたことがあるやつです。

 

 

このゲームソフトは毎年新作が出るということで、これは1年型落ちのやつ。

最新のは5000円以上するんだけど、これは新品送料込みで1736円でした☆

 

んで、さっきやってみたんだけど、んまあ、難しい!

コントローラーのボタンがいっぱいありすぎて困ってます。

 

『Lを押せ』と指示が出ても、Lボタンなんかないじゃないかーって、検索したりね。

Lボタンってのは、左の親指レバーをまっすぐ押し込むことらしいです。倒すだけで、押せるって事さえ知らんかった。

▼コントローラーの説明ページ
http://manuals.playstation.net/document/jp/ps4/basic/pn_controller.html
http://manuals.playstation.net/document/jp/ps4/basic/usecontroller.html

 

あと、△とか〇とか□とか×のボタンなんてのもあって、いちいちコントローラー見て、ボタン探して・・・。これは頭の体操になるわ。

 

さっき、こんなページを見つけました。

 

▼マッデンNFLの操作や攻略方法のページ

http://www.ne.jp/asahi/hzk/kommander/madden/index.html

 

これを見たら、軽くめまいがしました。

覚えなきゃならないことが多すぎる~。

 

末っ子くんのおかげで、せっかくアメフトの楽しみ方を知ったので、応援するだけじゃなく、自分でもゲームメイクを楽しんでみようと思ったのがきっかけです。

 

きっとアメフトがもっと面白くなるだろうなあって。

それに、日本語版は発売されておらず、ゲーム内世界は全部英語だから、リーディングとヒアリングの勉強にもなるかなって思ってます。

 

世界中のプレイヤーさんとおしゃべりしながら試合ができたりするらしいんですが、夢のまた夢だな~。

 

でも、強くなったらきっと、英会話力がつくね~!

仲良くなって、アメリカにNFLの試合観に来いよ~なんて誘ってもらったりしてね☆

 

はあ。

夢みたいなことばっかり考えてないで、コツコツやっていこう。

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2018年02月21日(水)

がっかり劇場版 マジンガーZ INFINITY

テーマ:■ 映画


(個人的な覚書です。読んでも面白くないです。)
 
観に行かねば! 

とずっと思いつつも、あれこれ忙しくて行けなかった本作品。今週金曜日までってことでギリギリですが、頑張っていってきました。
 
なんだこれ…。
 
いやー、もうね、わたくし的今年一番のがっかり映画まつりグランプリに決定です。
パチパチパチ。。。
 
それなりにぐっときたシーンもあったんですけどね。
 
以下、ネタバレありますので、これから楽しみにされている方は読まないでください。
あくまでも、個人的な感想です。僕には腑に落ちないことでも、辻褄を合わせることのできるマニアな方もおられるのかもしれません。ご指摘などは歓迎いたします。
 
改行カウントダウンいきます。
 

↓10
 
↓9
 
↓8
 
↓7
 
↓6
 
↓5
 
↓4

 


 
↓3
 
↓2
 
↓1
 
 
 
はい。
 
まず、水木アニキのOP主題歌(新録)はよかったです。
ものすごくワクワクしました。
 
グレートマジンガーの時代の10年後という設定です。僕が5歳のときの作品ですが、当時から空想未来のようなものだったから、細かいことはまあ、いいでしょう。
 
そんな中で、日産の現行ロゴ付けた未来カーとか、VAIOノートPCゴリ押し・・・。
興覚めだけどまあ、大人の事情諸々あるでしょうし、まあ、ここまではいいっす。
 
 
プロットも、演出も、全体を通して、パクリ要素満載でした。
巨大ロボットアニメの元祖は、その後のアニメからどんだけパクってもいいんだ、ってことなんでしょうか。それにしても残念です。
 
鋼鉄神ジーグは大傑作。真ゲッターロボもよかったから、期待してしまったんだよ。
余計に腹立たしいのかも。
 

まず全体。ロボットは3D CGでした。
ディテールの変化が、アステカイザー並とまではいわないけど、違和感ありました。回想シーンの方はよかったのにな。
 
量産型マジンガーZみたいなのは、ガンダムのジムみたいでした。量産型が作られる背景とか、必然性が描かれてないんだよなあ。だからただのパクリに見えちゃうんだよねえ。
 
基地やマシンのGUIはエヴァみたいでした。
漢字で出てくるやつね。んー、わけのわからんボタンやらレバーでええのに。マジンガーZなんだから。
 
富士山の6合目あたりに、光子力研究所(兼発電所)ってのが建設されていて、そこで『水力・火力・原子力発電に代わる、光子力発電』というのが行われ、全人類のエネルギー問題を解決したということです。
 
ラストのオチはエヴァのヤシマ作戦+ドラゴンボールZの元気玉でした。
地球上の全エネルギーをマジンガーZに集めるってやつ。それでもリアルタイムに世界中にオーロラビジョンとかで配信されているという中途半端さ。誰も困ってないっていう。 
 

お色気要員マジンガールズ。魔法少女アニメみたいでした。
そしてそのビューナスA軍団、マシンブラスターの必殺技の円月廻転と不動組みやってました。これは昔のちびっこへのサービスなのかな。永井豪ではないけど。
 
ミサイルパンチ(へそから出るミサイルです)は途中からミサイルp・・・って感じでごまかしてたかも。パンチじゃねえだろそれって突っ込まれるのが嫌だったんかな。がっかりだよ。そのくせ、ブレストファイヤーはいいのにね。あ、breastですが、英語では女性の身体の前面、胸部腹部全体のことを言います。なので本当はチェストファイヤー? まあいいか。
 
博物館に展示されてる本物のマジンガーZが、機械獣のビームを浴び、一瞬で破壊され、溶解しました。
それもどうなの? っておもうんだけど、悲しむ暇もなく、一瞬でまったくオリジナルと関係のない、しかもグレートと同じ超合金ニューZ製の『マジンガーZレプリカ』が製造され、主人公が搭乗。
 
それ、マジンガーZじゃねえじゃねえか。マジンガーZって紙飛行機折るレベルでパカパカ作れるような、そんなお手軽マシンだったのか。じゃあ、マジンガーZ量産しろい。少しでも破損したら、次々カプセルで現場に送り付けて、パイルダー移動するだけでいいっすね。感情移入できないっす。
 
2人乗りホバーパイルダーも一瞬で出来ちゃってさあ。
 
子供向けなのか大人向けなのか、そこはっきりしようよ。四次元ポケットから出てくるレベル。子供向けアニメだって、新兵器作ったりするには一応、開発期間ってのがあったよねえ。そういうところにわくわくするんじゃないのかなあ。
 
異世界から来た女が実は未来の自分のムスメだったって、まあそれはよくあるパターンだし、別にいいけど、そいつがロボットっていう設定は何なんだろう? しかも、インターフェイス(プラグ)がその世界と共通っておかしくないかい。
 
異次元空間の描写は、インターステラーを簡単にした感じで、わかりやすかった・・・かな。
 
タイプライター、意味不明。思念のブロックがムスメのものってのもわけがわからん。触っちゃいけないのもまあ、わからんでもないけど、・・・そもそもなんでムスメがインフィニティーの起動キーなんだろう?
 
なんで異次元とシームレスなドクターヘルほどのやつが、宇宙にふっとばされたくらいで死ぬんだろう?
てか、ここまでとてつもない存在に持ち上げといて、爆発して終わりってしょぼくないかい?
 
兜甲児の声優さん、森久保祥太郎さん。
ニャンニャカ声でイメージ違う~。
 
もっと違うのが、剣鉄也の関俊彦さん。
ピャーピャー軽いわい。剣鉄也はダンディーなんじゃい。
 
他はよかったです。
ボスの高木渉さんなんか、もうほんと素晴らしかったです。
 
ジェットスクランダーの射出シーンの、空飛ぶマジンガーZのBGMが、僕としては一番グッときたシーンでした。
 
文句言ったらきりがないので、この辺にしときます。
よかったところも少しはあったけどね。
 
がっかりでした。
 

 

 

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2018年02月20日(火)

おじいちゃんになったら

テーマ:■ 内々のこと

50歳になってもう半年が経とうとしております。
 
僕は23歳で結婚をして、25歳で父親になりました。
うちの両親も、同じだったはず。
 
いまの僕の歳にはもう孫がいたわけだ。
 
しかも、弟んちの方が、子どもが生まれたのは先だったので、50で孫が二人いたのか。なんと羨ましい。
 
まあしかし、うちの両親は喜んで孫と遊ぶというタイプではなかったから、嬉しかったかわからんけど。
 
もし僕に孫ができたらどうするかな?
 
 
僕は子育てをしてきた中で、やりたいことは全部やってきたっていう自負がある。
子どもはあっという間に大人になってしまう。子どもが小さい今しかできないことを、存分に楽しもうって気持ちを、いつも肝に銘じていた。
 
本気で遊んだ。
 
なるべく一緒に出掛けた。旅行もいっぱいしたし、小学校卒業イベントの遊園地の付きそいにも行ったりした。(父親の参加者なんか他にいなかったよ)
 
子どもたちをポケモンのオフ会に連れて行ったり。そのうちなぜか主催者になってしまっていた。20人くらい集めて温泉合宿とかもやったよ。子どもがポケモン卒業して、僕も行かなくなっちゃったけど。
 
コンサートにも連れてった。宇多田ヒカルとか!
ライブハウス、映画もいっぱい行った。柔術の試合に連れて行ったり、テント積んで子どもの友達も一緒に連れてって、海で野宿したこともあった。
 
長男がバイクを買うときは、タンデムで練馬の方のバイク屋まわったり、一緒に実車見に行ったりもした。原付もインパルスも僕がネットで見つけてやったんだ。
  
僕が子どもの時は、親(大人)が本気で遊んでくれるなんてことはなかった。子どもと一緒にバイク探すどころか、頭ごなしに禁止! って言うだけだったよな。
 
大人は仕事をしているもので、近所の大人もみんな働いていた。
父は「大人は子どもの言い分は聞いてはいけない」なんて言ってた(笑)
 
「週末は子どもと過ごそう」なんてのは、平成になってからじゃないかな? 家族旅行とか、正月ならともかく、大人と子供は遊ばなかった気がする。
 
ホンダステップワゴンのCMで「子どもと一緒にどこ行こう。」っていうコピーが流行ったのが1997年。つまり、そういう発想って新しかったってことなんだろうね。(僕はもっと前から、キャンピングカーでそこらじゅうに出かけてたけど)
 
 
僕が子どものころ、子どもの世界に関わる大人ってのは、それ自体が仕事の人(駄菓子屋やペットショップのおばちゃん、近所のプラモデル屋のおやじとか)、頭のおかしい人(働けない人)とか、紙芝居屋とかのお年寄りでした。
 
近所の公園の前の通りに、大日本帝国陸軍の略帽をかぶって、いつもニコニコしているおじいさんがいたな。あだ名は『バイバイ』。
 
僕は言われたことはなかったけど、歩いていると「バイバイ~」っていつも言ってきたかららしい。みんな気味悪がって避けてた。
今思えば、戦時を越えて、日本の子どもたちが平和に遊んでるのを見るのが、うれしくてしょうがなかったんだろうな。悪いことしたな。

 
 
ちょっと話しがずれちゃったけど、まあ僕の場合、子どもとのことは「やり残したことはない」くらいの気持ちでいます。また、子どものころに考えていた、理想の父親ってのを、自分なりに体現できました。
稼ぎに打ち込まなかった分、お金をかけてどうこうしてやるってのはできなかったけど。
 
こんなのも書いたな。
 
2005年12月14日(水)
特待生か中卒か
https://ameblo.jp/444/entry-10007072397.html
 
 
思い切ってジムニーを買ったのも、家族で遊びにいくためってのがあった。
子どもが小さい今買わないと、家族5人で軽自動車で出かけられない! という。
  
街や旅先で、幸せな時間を過ごしている親子連れを見たときとか、テレビでそういうドラマを見たりしても、羨ましいなーとか、こんなことをしとけばよかったなー、なんて感じたことは、ただのひとつもない。
 
うちのもあんな頃があったなー、懐かしいなー、って感じです。
 
長男が悪事を働いて小学校、中学校に呼び出されることもしょっちゅうあったけど、全部満喫した。そもそも、僕がガキの頃にしてきたことと比べたら、1/10にもいかないくらいのかわいいものでしたけど☆
 
病気や怪我もあったなー。
 
このブログ、『ブログテーマ:■ 内々のこと ( 490 )』のエントリーが一番多い。
(最初のころは家族のことはうっすらとしか書いてないし、写真も顔にスミ入れてたりするけどね!)
 
 
・・・という感じで、子育てでやり残したことはただのひとつもない、満足満足~な僕なのです。
あ、唯一、現在進行形のは、末っ子のアメフトの応援だ。
 
親として子どもと遊ぶのは、これで最後かな~? と思いながら、地力を100%出し切って楽しんでます。デザインしたり、グッズ作ったり、応援ページの運営したり!
 
 
これまでの僕の考え方、やってきたことが、間違ってるか正しいかはわからないけど、まあいま、なんとかやっていけてるし、人の道をそれているわけではないだろうとは思う。
 
孫ができたら、何がしたいかな?
 
いっしょに絵を描いたり、工作したり、創造性を高めるようなことができたらいいなあ。そのときはひたすら、褒めてあげたい。
 
あー、そうか。
 
子どもを褒めることが、僕には足りてなかったんだ、そういえば。子どもに「お父ちゃん、すごいねー」って言われたときに、「こうこうこうやって、こうしたら、おまえにもできるよ」みたいなことは教えてたけど、今思うと頭でっかちだったかな。
 
ちっちゃいときはともかく、自分の子どもを手放しで褒めるのって、なんか違う気がしていた。大人になったときに困らないように、なるべく導くように、指導するようにしてた。
 
でも、孫となったらそこは違うよね、きっと。
指導は親の役目だ。おじいちゃんおばあちゃんは「すごいね!」って言ってやるだけでいいんだね。
 
あー、これは楽しそう。それにとっても、気が楽だ。
はやくおじいちゃんになりたいです。
 
 

 

 

いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。