トヨタのWRC用とも言える、コンパクトSUVのmew

 ヤリス

 

 フォトは乗り降り時の、シートサポートで、お年寄り、には、絶対に必要な

機能。 こうした機能は、自動駐車も。縦列もOKだが、不可能の場合の

アラーとも充実。

 

 エンジンはnew1.5リッター120PS(2way、FF)で、車両重量 1.0トンで、

加速に十分なSPECとなっている。

 直進の安定性、ステアも良く回る。チルトハンドル、チルトシートも当然で

よくできている。

 実際の走行では、FFの2WDで、ピッチ、ロール、ヨーとも十分に抑えれて、

安定している。見たところ、4WDに見える。

 

 静音性も十分で、高級なコンパクトになっている。 ウィッツとは全く違う。

 

 CMは秀逸で、webで見てほしい。

 ここに、単にラリーだけの、SUVでないことが、はっきりする。

 

 マニュアルでの、shiftは、ショートストロールで、多少、HONDA的に、

カッチリしている。

 

※自動駐車時の音声サポートもいい。

 

 

 

 選ぶなら、2WDが良いと思う。 尚、SUSは、後輪のダブルウィッシュボン採用。

 4WD、AUTO、FF どれでも一級品で、多少、お高い。

 

 少し大きめで、4ドアは、セダン的に使えるし、デザインは、newTOYOTA、

 SIENTAに似ている、new トヨタで、名のヤリスもいい。

 

※hi-bridでは、エンジンルームは、プリウスと全く異なるように見える。

 従来のものより、燃費は、25%もUPしてるそうだ。 まあ、良く作ったものだ。

 

 new FITのライバルと言っているが、ちょっと、言い過ぎの、高級車。

静粛性も十分に、特にhi-bridでの、フィードバックで、ガソリンでも静かに。

 

 前方のウィンドウに情報の照射採用で、これはいい。

全車、同じコクピットに仕上げてあり、インパネも良いもの。ステアはちょっと太め。

 マニュアルの方が、良いと思う。

 フェイル・セーフも考慮の、バンパーレスな前後のデザインもいい。

印象は、イタリアンカーだ。

 

 高速での直進安定性は、2WDでも十分らしい。

 

 投影機、(レーザーアーム)は、RING状の、光波増幅で、太陽光等を、

十分な、F光束のレヴェルにアップ、仮想偏移、トモグラフィを利用して、

RING中央に、グラビトンを発生させる。

 太陽は、その光束で、地球に生命体を、発生させるが、このsystemは

月面に置かれた、培養槽に、発生したグラビトンをレーザーに変換して、

月の質量による、重力を利用して、例えば、竜宮のアミノ酸に、ランダムに、

微分・積分を繰り返し、時間の逆行を、(多分、フーリエ)、を起こし、蘇生を

行う。エーリアンの合成、地球のアミノ酸から、どういう生命体が、できるか、

のシミュレーションを行う。

 

 

 

 レーザーアームは、ものを攫むことも可能で、実は赤方偏移の壁の

修理に用いられる。

 原発の事故では、4足歩行のロボットに、AI 人工知能を積み、危険な、

人の入れない、場所に。これは、もう出来ているが、レーザーアームは

量子電子軌道のように、確率Pの、P=0の領域を、壁の位置にコントロール

 脳腫瘍等を、除去。傷を残さずに、腫瘍を除去出来得る。

 

 流量検出を行い、レーザーを使って、患部に、プラズマ振動を加えて、

切除する。

 当然、患部には、超音波フラックスを当てておき、そこへレーザーを

当てることで、そういう効果を起こしうる。(重力波レンズが本当)

 

 ※ やはり、宇宙の壁は、危険で、向こうへは入れないが、レーザーなら、

可能で、すぐに、black-holeへ逃げ込み、自由落下で、チューブを行く。

チューブの入り口は、自動的に、極小へ、(BLACK-WHITE・ホールは、

チューブを構成して、ホーキングの仮説を利用、)

 

 チューブの開口は、BLACK-HOLEの蒸発、で膨張側の質量密度を保ち、

WHITE-HOLE側で、開口を絞って、密度の変化をキャンセルする、或いは

White側を近傍に置いて、無の空間から、「正反粒子対」ができて、密度を

保つという、ホーキング仮説を満たすこともできる。

 宇宙空間に、こうしたチューブが、存在すると、ホーキング仮説が、成立

しそうで、遠い宇宙の斥力場との関係に一致すると面白い。

→外の銀河は閉じて、巨大なBLACK-HOLEになり、そこへ膨張の効果で、

斥力場を作っているが、このことは、上記の、チューブに一致しそう。

 

     以上  mode_hac-keplar2