真の強さの道1 (ハードアスペクトなのに?) |  ZEPHYR

 ZEPHYR

    ゼファー ―― the field for the study of astrology and original novels ――

 作家として
 占星術研究家として
 家族を持つ一人の男として

 心の泉から溢れ出るものを書き綴っています。

大坂なおみ選手が、全豪オープンで優勝!

のニュース、試合ぶりに、ずいぶんと励まされる思いでした。

 

本当に強くなったな~。

すごいですね。

 

 

大坂選手のホロスコープです。

実はこの度、初めて確認いたしました。

出生時間が不明なので正午で作成していますが、この日が満月であったことは間違いありません。

 

正午だとこのように、太陽と月が誤差の少ないオポジションです。

このオポジション自体は、どの出生時間でも存在しています。

 

意外に思われるかたも多いかも知れませんが、結構ハードアスペクトが目立つチャートでしょ?

 

ホロスコープに関心のあるかたは、ネットの無料ホロスコープ作成サイトなどで、ご自分のチャートをご覧になったことがあるかもしれません。

そして、ハードアスペクトが強いと、

「運が悪そう」

とか

「幸せになれないのでは」

とか

「なんか、仕事とかでも成功しなさそう」

とか

いろいろ思ってしまったかも知れません。

 

でも、そうではない、ということを、大坂選手のチャートは教えてくれます。

羽生結弦選手なども火星(スポーツ)のハードアスペクトが非常に強い。

 

こうお伝えすると、

いや待て待て、

そんなすごい人たちを引き合いに出されても、

と思われるかも知れません。

 

実際、スポーツに限らず、実業界でも、芸術でも、秀でた才覚や能力を発揮している人は、ハードアスペクトが強いことが多い、ということはご報告できます。

もちろんソフトアスペクトもそうした傾向は生み出します。

が、ハードアスペクト持ちのほうが、目立った成果を上げていることが多いのです。

 

それはハードアスペクトのほうが強いからです。

強さは力であり、時には競争に打ち勝つものにもなります。

 

なあ~んだ、じゃ、弱肉強食社会の話ね。

とか、短絡しないでください。

 

そういう側面もある、というだけの話。

ハードアスペクトがたくさんあれば、それだけ強いわけで、じゃ、勝ちやすいのかというと、実はそうでもない。

ハードアスペクトの表現としては、本当にひどい目に遭う経験もあるわけで。

 

え? それじゃ、ハードアスペクトって、やっぱり凶なの?

凶角だよね?

 

ハイ。

その「吉凶」に分ける意識が、そもそも問題なのです。

 

私も便宜上、人に教えるときに吉凶をソフトアスペクト、ハードアスペクトでお伝えしてはいます。

人が意識する人生の中で、ハードの時はやはり「凶」と感じられるような体験は、かなりの確率で起きえるからです。

その教える段階で、ハードアスペクトは凶じゃないよ、などと言ったら、

「何言ってんだ! 現にこんなことが起きたじゃないか!」

という生徒さんからの非難にも繋がりかねないからです。

 

ですから、基本は基本、としてお伝えしています。

これ、全部、人の〝認識〟のせいなので。

 

でも、それだけで成り立つ、説明できると考えてはいけない。

 

もちろんこういったことは、占星術講座の中でも折に触れてお伝えしているのですが、この「表向き」のブログでも触れる機が熟したかも知れない、と思います。

 

ソフトとハード、人生の吉凶。

ホロスコープ上の「強さ」とは何なのか?

その観点で、どうしたら、人は幸せになれるのか?

 

こういったことを、しばらく呟いていきます。

明日に続きます。

 

 

あ、ちなみにですが。

うちの奥さんは、大坂なおみさん以上にハードアスペクトが強いです。

それはお伝えしておきます。

奥さんは大坂なおみさんのような、メジャーな活動、目立った成果を上げて、人に打ち勝つ人生など、まったく縁がありません。

 

 

☆美麗! ZEPHYRオリジナル・タロット注文受付→こちら

☆占星術・タロット鑑定のお申し込み→こちら

☆2020年の12星座運勢→こちら

☆ゼファーの電子書籍→こちら

 

ポチしてくださると、とても励みになります。(^人^)

     ↓

 
人気ブログランキングへ