師弟の絆は水よりも断然濃い |  ZEPHYR

 ZEPHYR

    ゼファー ―― the field for the study of astrology and original novels ――

 作家として
 占星術研究家として
 家族を持つ一人の男として

 心の泉から溢れ出るものを書き綴っています。

昨日のシリーズを書く前に、この記事を合間に挟みます。

 

 
 

先日、記事にしたオリジナル開発のスプレッドですが。→こちら

不思議なことがありました。

 

私の一番弟子というべき存在、小田原で鑑定を行っているニコさん。

彼女も今日の記事に書いています。

 

 

2018年の12月。

私は東京鑑定へ行く途中で、ニコさんを訪ねました。

元気にやっているかな~というのもあったし、彼女の鑑定士としての顔もチョット覗き見たいというのもあって、お仕事場にお邪魔したのです。

 

そのときに、私は自分のことを占ってもらったのです。

タロットで。

 

そのときに、ニコさんがカードを引いたスプレッドを見て、私は目をぱちくりさせたのです(あんまり大きな目でもないけど)。

なんとそれが……

これだったのです。

4枚をこの形に配置させるもの。

 

え――?

私はそのときにニコさんに言おうかどうしようか迷ったのです。

 

それ、私もやってるんですけど……と。

 

そう。

その頃、私はこのブログの月末の12星座占いを、ヤタガラス・スプレッドでやっていて、効力を研究していたのです。

(お客さんの占いで「テスト」はできませんので、鑑定では信頼のある方式を採っていました)

 

まだ完成形には至っていませんでしたが、この4枚からリンク・カードを引くという、基本的なところは決まっていました。

 

その基礎的な4枚、その配置。

それがまったく同じものだったのです。

 

こんな偶然もあるんだな、と思ったのですが。

たぶん、偶然じゃないんですよね。

 

ニコさんは、占星術ネット講座の1期生で、かつ、私に占星術講座をやる気にさせた人です。

私がお伝えしたことを、鑑定に役立てているかたは何人もいますが、ニコさんほど私から吸い取って、プロとして明確に役に立てている、という人は、そんなにいません。

そんな限られた中で、私を「教える気にさせた」希有の存在です。

(それ以前は、お願いされても断っていた)

 

まあ、この人をおいて「一番弟子」というべき存在はいない。

これは、どの期の講座の人も、おそらく理解してくれると思います。

 

しかも。

しかも!

 

ニコさんて、私と誕生日が1日違いなんですよね。

(生まれ年はもちろん違う)

 

太陽度数なんか、1度ちょっとしか違わない。

 

ということは?

 

太陽回帰という占星術の技法があるのですが。

これは出生時の太陽度数に、トランジットの太陽が戻ってきた瞬間のチャートで、その人の太陽回帰後の1年間を占うもの。

1度しか違わないということは、毎年、私とニコさんは、かなり近似の太陽回帰を迎え続けているわけです。

 

これが、この地球上で出会うこともない人物同士なら、環境も違うし、そんなにシンクロは明確でないし、太陽回帰の時刻や土地でもチャートは大きく違うわけです。

 

が、同じ日本で、しかも過去に接点ができていて、

かつ、同じ仕事をしているわけです。

 

このような2人ですから、見えざる何かが、同じような時期に、同じような何かを突き動かしても不思議ではありません。

「タロットで新しいスプレッドを開発しよう!」とか。

 

新スプレッドをいつからやり始めたのか、私も記憶が定かでないのですが。

たぶん2018年のどこか……

この頃、天王星が私たちの太陽にトラインで、新しいことをさせようとしていたはずなのです。

その前年あたりから効力は出ていたはず。

 

ただ……

 

そうやってそれぞれが独自に開発したスプレッドが、たまたま同じ枚数と配置(を基礎とする)だったというのは、すげえな、と。

 

師弟の絆というのか、魂の絆を痛感しました。

(ニコさんと私は古代バビロニア以来のお付き合い)

 

ところで、2018年12月。

ニコさんのスプレッドを目の当たりにしたとき、私が何か言ったかというと、そのときは言及しませんでした。

私の独自のスプレッドは、オリジナル・タロットが完成したときに発表すると決めていましたので。

 

まあ、そのときに伝えればいいかなと。

で、先日、スプレッド公表の前にニコさんにはメールで事情を説明しておきました。

 

私が何が言いたいかというと……

ニコさんの4枚スプレッドも

私のヤタガラス・スプレッドも

どちらもオリジナルです。

 

ニコさんは私から学んだわけではありません。

彼女が私から学んだのは、占星術のみです。

これは彼女の名誉のために!

 

それどころか、へたをしたら……

オメー、ニコサンカラ、4枚配置ヌスンダンジャネエカ?

とは突っ込まれかねない状況!(笑)

ヤベー (^_^;)

 

ニコさんのところで鑑定をお受けになる皆様。

この点は

誤解なきようにお願いしますね!

 

師弟の絆は、水よりも断然濃い。

 

 

☆美麗! ZEPHYRオリジナル・タロット注文受付→こちら

☆占星術・タロット鑑定のお申し込み→こちら

☆2020年の12星座運勢→こちら

☆ゼファーの電子書籍→こちら

 

ポチしてくださると、とても励みになります。(^人^)

     ↓

 
人気ブログランキングへ