吉凶は常に表裏 |  ZEPHYR
新型コロナウイルスに関する情報について

 ZEPHYR

    ゼファー ―― the field for the study of astrology and original novels ――

 作家として
 占星術研究家として
 家族を持つ一人の男として

 心の泉から溢れ出るものを書き綴っています。

ん~~~~。

 

終わったあ!

 

と、大学の講義を終えて、土砂降りの雨の中を帰ってきました。

本当に、ドシャドシャとメッチャ降っていた。

 

ちょっと悩むのは……

 

この後期って、同じ講義を1日に2回するんですよね。

そうすると……

 

どうしても、2回目のほうがうまくなっている……

 

当たり前ですよね。

予行演習やって本番、みたいな流れだからです。

2回目のほうが悪くなるとしたら、そら、何かとんでもない勘違いをしているわけで。

 

もちろん、1回目を予行演習とは考えておらず、全力でやっているんですよ。

 

でも、例年はその1回オンリーだったので、その修正作業は翌年に持ち越されていたのです。

 

ところが。

今年は2回講義するので、どーしても、2回目に修正作業が起きちゃうわけです。(^_^;

 

あ、もちろんそれは講義内の伝えるべき情報とか、そういうことじゃないんですよ。

そこは絶対に等しく。

公正に。

差はない。

 

差があるのは、語り方であるとか、微妙な部分ですが、話の順番とか、言い回し的なものなんですよね。

でも、こういう部分の累積が講義(語り)の出来を構築しますし、学生の興味も引きつけるんですよね。

 

前にも書きましたが、マスクをしている分、自分の表情が伝わりにくいので、語り口調とか「間」とかが重要になってくるんですよ。

 

そこでの「差」は、

 

あ~、だりい

 とか

眠い~

 とか

 

思っている学生がいたとしても、しばしばハッとさせる効果を持っています。

ちゃんと聴いている学生は、たぶんあまり差はない。面白いと感じる度合いの差にはなるけれど。

 

曖昧な領域にいる学生や、かったるいと思って単位のために参加している学生には、たぶん学習の進み具合や理解の深みの差になる。

 

 

……といったところで。

 

じゃ、2回目の講義の修正せずに、1回目のコピーをただするのか?

 

いや、これはあり得ないでしょ。

 

長い目で見たときには、さらに大きな損失。

 

 

だって、修正が次年度でしかできないのでは、1年遅れ。

 

2回目に修正できるということは、今まで1年かかっていたものが、1日でできるということ!

 

これ、すげーなと思います。

だいたい、1年後にはうっかり、こうしようと思っていたことを忘れていることだってあるわけで。

 

ロスがない。

 

ひょっとして、大学講義の急速進化の時なのか?

そうなのか?

 

コロナ迷惑のおかげで。

 

 

……と、思うことにしときます。

 

そのほうが自分も上がりますし、気分が。

 

メリットとデメリット、吉凶は常に表裏。

 

 

☆占星術・タロット鑑定のお申し込み→こちら

☆2020年の12星座運勢→こちら

☆ゼファーの電子書籍→こちら

 

 

ポチしてくださると、とても励みになります。(^人^)

     ↓

 
人気ブログランキングへ