太陽と月に感謝 |  ZEPHYR

 ZEPHYR

    ゼファー ―― the field for the study of astrology and original novels ――

 作家として
 占星術研究家として
 家族を持つ一人の男として

 心の泉から溢れ出るものを書き綴っています。

たまたまなのですが。

鑑定でもネット講座でも、太陽と月のことが話題になっています。

 

ホロスコープ上、太陽と月が格別重要であることは間違いありませんし、それに占星術のことなど考えなくても、普通の感覚で、太陽と月が「他の星と違う」ということはわかっていただけると思います。

 

いや、天文学的には太陽が恒星、月は地球の衛星で、他の金星や木星は惑星だろうというのは当然のこととして。

 

視覚的にとても大きな天体であること。

たまたま地球上から見ると、太陽と月はほぼ同じサイズで(視覚的なサイズ)、だから重なる位置に来ると皆既日食とかになる。

 

不思議ですよね~。

太陽のほうがすごく遠くにあり、月はすごく近くにある。

それがたまたま、見た目上は同じくらいの大きさだなんて。

 

視覚的には「等価」とも言えます。

 

その一方、太陽は自ら輝きますが、月はそれを反射するだけ。

まあ、月以外の惑星も全部反射しているだけですが。

 

存在感の大きさは等価だが、機能はぜんぜん違う。

 

占星術上、太陽はトータルな自分であり、月はよりプライベートな側面を持つ自分です。

太陽は昼の自分、月は夜の自分という表現もあり。

月は動機で太陽を結果という見方もあります。

 

太陽と月のどちらが、個人のチャートで優勢なのかは、もちろんこれはその人のチャートを見なければわかりません。

太陽と月が誰にとっても等しく、同じような比率では作用していません。

まあ、たまにはほとんど同じという人もいますが……(あ、自分がそうかも)(笑)

 

これが車の両輪みたいにうまく機能すれば生きやすいし、またあえて同調しにくい人生を選択している人もいます。

これは魂の計画に沿った結果のホロスコープの特徴ということになりますから、別にそこには優劣はありません。

 

生きにくい人にしてみれば、「生きやすい人生が羨ましいわ!」と思われるかも知れないのですが、今回生きやすい人も、過去生のどこかで生きにくい経験もしていて不思議はありません。

転生のプロセスという長い目で見たら、そこには「差」などほとんどないと思われます。

 

大事なのは、今生きる人生を大切にすること。

それに尽きます。

 

それぞれの人生があるわけですが、この命を全うすること。

十全に体感すること。

 

ホロスコープは、あくまでも「この世的」なもので、物質的な表現です。

この地上に与えられたその人の存在ですから。

 

それを十全にクリアするほど、課題から自由になれます。

今回の人生でそれがうまくできるほど、自由度は増しますし、また次の人生も楽になるはず。

 

とりあえず。

自分の太陽と月に感謝。

 

 

☆占星術・タロット鑑定のお申し込み→こちら

☆2020年の12星座運勢→こちら

☆ゼファーの電子書籍→こちら

 

 

ポチしてくださると、とても励みになります。(^人^)

     ↓

 
人気ブログランキングへ