ジャニー喜多川さん、死去 |  ZEPHYR

 ZEPHYR

     ゼファー ―――――――――――――― the field for the study of astrology and original novels

 作家として
 占星術研究家として
 家族を持つ一人の男として

 心の泉から溢れ出るものを書き綴っています。

今朝、目覚めてて見ると、スマホにインストールしている複数の情報系アプリから、「ジャニー喜多川さん、死去」の告知が並んでいました。

 

ここしばらくの日本が持つ、大きな引退や交代、他界といった出来事の一部を目の当たりにして、眠気も飛びました。

 

緊急入院されたことは知っていましたが、きっとまた回復されて……とか、私はやや安直に思っていましたので、驚きました。

数多くの男性アイドルを世に送り出してきた方で、芸能界に与えた影響、貢献は比類ないものがあると言えるのでしょう。

 

 画像はアマテルで作成→高機能 占星術ソフト・アマテル

 

世代的にも環境的にも、おそらくすごく苦労されてきたのでしょう。

それはホロスコープ上にも読み取れる部分があります。

とくに土星、天王星、冥王星のTスクエアは、これは戦前にアメリカに生まれ、戦争や時代の変遷、価値観の大きな変化などの中で生きてきたことを示し、冥王星と太陽のスクエアは、生き直したことを表示していそうです。

 

このチャートは、ロスの正午で作成していますが、月はたぶん魚座ではないかと思っています。

火星、冥王星とグランド・トラインであること、金星は土星とゆるめのセクスタイルであることなどが、プロモーター、プロデューサーとしての活動を語っていそうです。

 

実際にはこのチャートだけでは説明できないことも多いのですが、多くの人間を育てること、それが芸能活動になり得る可能性などは、明確に確認できました。

 

驚嘆したのは、7月9日という日付です。

占星術講座の中でしか解説していない内容なので、この場では詳しくは申せませんが(すみません)、

ここまでなるものなのか、という驚きを禁じ得ません。

 

誰の死であれ、茶化すつもりも毛頭ございませんが、ここまで星は語り、辻褄を合わせてくるものなのかと……

 

 

これだけビッグな存在になると、功罪共にいろいろと言及される方々も多いと思います。

 

けれど、今は大きな足跡を残されたジャニー喜多川さんの死を悼み、ご冥福をお祈りするばかりです。

 

 

☆2019年度ZEPHYR占星術ネット講座・受講生募集中→こちら

☆岡山占星術初級教室・参加者募集中→こちら

☆占星術・タロット鑑定のお申し込み→こちら

 

 

ポチしてくださると、とても励みになります。(^人^)

     ↓

 
人気ブログランキングへ