以前、いただいた整体指導の資料。

 

凄い資料を手にとって当時のぼくはすぐさま一読したんだけど

 

驚くほど頭に入って来なかった。

 

正確に言うと、書かれていることが余りにも自分の手で感じとれないので

 

カラダや手を通して理解することが出来なかった。

 

一読して、今の自分じゃ全く手も足も出せない資料だと感じた。

 

その資料は顧みられることも無く、そのまま月日が流れた。

 

 

 

 

 

手に気を集められるようになって、

 

気が感じとれる手が育ってこないと整体指導は出来ない。

 

感応させて元気を呼び起こすのが整体指導なのだから。

 

 

 

 

 

感じられる手が育ってこないと

 

先生が、このカラダはここに穴があるだろと説明してくれても

 

自分の手で感じられない。

 

ここが弛緩しているだろ

 

ここに硬結があるだろ

 

ここに力の境目があるだろと言われても

 

自分の指で触れても感じることが出来ない。

 

先生が、ここは気が閊えて黒くなっているだろと説明してくれても

 

まったく見えない。

 

それはもう全く分からなかった。ガーン

 

感じれないんだから、当然観察した心身の在り方は違ってしまう。

 

 

 

 

 

感じられている内容が違うんだから

 

師匠が感じているもの、見ているものが、見えない。

 

まるで盲人の如くに見えない。ガーン

 

 

 

 

 

ところが他人との比較もせずに

 

コツコツと手に気を集めたり、活元運動をしていくと

 

感じられるカラダが育ってくる。

 

育ち方は自分オリジナルであって個性そのもの。

 

人によって様々。

 

 

 

 

 

あれっ!?

 

これって、先生が言っていた穴じゃん!

 

 

あれっ!?

 

異常な部位が黒く見えてる!

 

 

 

 

 

それはいつだって前触れもなく突然感じられるようになる。

 

 

 

 

 

 

 

 

実際に整体指導者として活動しだして

 

他者に愉気をさせてもらえる機会が日常になった。

 

自然と自分の指で感じられることが拡がってきた。

 

愉気を用いて働きかけているのは同じなのに

 

整体指導と治療が違っているのは何故なのか?

 

その疑問を抱えて先生の著作を読み返していたときに

 

以前、一読しただけで手も足も出ないと感じた閉じたままの資料の存在を思い出した。

 

探し出してきて読み返してみた。

 

 

 

 

 

あんなに難しく感じて拒絶反応を抱いた資料だったのに

 

不思議なことに今のぼくは拒絶反応を持たずに読んでいくことができた。

 

こんなことが書かれていたんだぁびっくり

 

自分の指で確認しながら毎日読み返す日々。

 

書かれていることが自分の指で感じられるようになっていた。

 

 

 

 

 

感じる能力が育ってない時代には

 

只の難解で価値が見いだせない資料だった。

 

感じられる能力が育ってきたことで驚きと発見の宝物に変わっていた。びっくり

 

 

 

 

 

自分の変化を客観的に感じるのって難しいけれど

 

資料を読んだときの自分の反応が余りに変化していたので

 

知らず知らずのうちに自分も変わってきていたんだと

 

嬉しい発見に励まされている今日この頃です。スター

 

 

 

 

 

 

※あわせて読むといい記事

 

 

 

 

野口整体指導室HP


 

ご提供中のメニュー

居心地の良いこころとカラダを取り戻す。自分らしく生きていくための整体指導。

 

心身について、より深く知りたい。

『気』を体験したい。

こころやカラダの不調がずっと改善しなくて困っている。

不調について原因不明と言われている。

 

新たな視点で心身について提案できる可能性があります。

お気軽にご相談ください。

 

 

 

リブログ・シェアは大歓迎です。

 

アメブロでは個別の相談や、メッセージに対する返信は行っておりません。

 

 

意識体、霊体であるぼくたちは

 

この現実世界、地球を体験するために

 

この道具に宿っている。

 

 

 

 

 

この道具とはカラダのこと。

 

心身一如でこころとカラダは同じもの。

 

 

 

 

 

地球で存在するために重要なのは

 

言うまでもなくこのカラダ。

 

 

 

 

 

このカラダをちゃんと感じ取っているだろうか?

 

 

 

カラダが教えてくれるメッセージをちゃんと聴いているだろうか?

 

 

 

 

 

 

カラダが嫌だ~ってメッセージを発しているのに

 

仕方なく出勤したり、登校したりしていない?

 

周囲の目を気にしてカラダからのメッセージに蓋をしていない?

 

 

 

 

 

生きているぼくらにとって究極のリアリティ、現実とは

 

まずカラダだよね。

 

カラダは本来は異常が生じると元に戻ろうとする平衡要求が湧きおこる。

 

ホメオスタシス。

 

 

 

 

 

深刻な異常状態としては

 

自分のカラダを自分のものと感じにくくなってしまう離人症などもある。

 

自分のカラダを自分と感じられないというのは

 

ひとときも安心を感じられないものすごく不安な状態。

 

 

 

 

 

感じないカラダを感じるためにはどうすればいいか。

 

カラダを傷つければ

 

痛みが生じるから嫌でもカラダを感じざる得ない。

 

止められないリストカットや自傷行為、SEX依存症などは

 

痛みや快感で強制的にカラダを感じさせることで

 

カラダを自分のものなんだと再認識させようとする

 

カラダが無意識に行っているホメオスタシスなんだと思う。

 

 

 

 

 

希薄になってしまったカラダの気配を

 

ふたたび感じるための行為としては合理的な手段だもんね。

 

一見異常な行為に見えるけれど

 

深刻な在り方の危機が生み出したカラダからのSOS。

 

 

 

 

 

 

 

カラダにとっては

 

感じない=死

 

だからね。

 

 

 

 

 

同調圧力の強いこの国では

 

自分のカラダが発しているメッセージよりも

 

周囲の目や世間体を気にするひとが多い。

 

だから好きなことをやりたいようにやっている目覚めた生き方をしている人以外は

 

カラダの声を聴く習慣をなくしてしまう。

 

 

 

 

 

そもそもカラダを感じていないのに

 

バーチャルリアリティーやゲームなどの仮想現実の技術革新に

 

世界中が熱狂して狂奔している。滝汗

 

 

 

 

 

当然、意識はさらに外向きになるために

 

内なるカラダというリアリティは益々失われてしまう。

 

 

 

 

 

だからこそワクワクやドキドキというカラダから湧き起こる衝動を行動にしてあげてほしい。

 

 

 

なぜかって?

 

 

 

 

 

 

 

 

人間は動物だから。

 

 

 

 

動くことで要求を実現していくことが自然である動物。

 

最も身近にある自然である

 

このカラダから湧き起こっている感覚に身を委ねてみよう。

 

自分軸って言葉が流行っているみたいだけど

 

究極の自分って

 

カラダというリアリティのことだからね。

 

そしてこのリアリティは

 

心地よさや幸せという体感と直結しています。ドキドキ

 

 

 

 

 

 

 

野口整体指導室HP


 

ご提供中のメニュー

居心地の良いこころとカラダを取り戻す。自分らしく生きていくための整体指導。

 

心身について、より深く知りたい。

『気』を体験したい。

こころやカラダの不調がずっと改善しなくて困っている。

不調について原因不明と言われている。

 

新たな視点で心身について提案できる可能性があります。

お気軽にご相談ください。

 

 

 

リブログ・シェアは大歓迎です。

 

アメブロでは個別の相談や、メッセージに対する返信は行っておりません。

 

 

自分が手を使ってるのはどんなとき?

 

 

 

 

朝起きると

 

歯ブラシを持って、歯を磨いたり。

 

包丁を持って料理をしたり

 

スマホを持って、画面操作したり

 

キーボードを打ったり、マウスを操作したり

 

ドアを閉めたり、開けたり

 

シャツを着て、ボタンをとめたり

 

ファスナーを上げたり

 

布団を畳んだり

 

外出時にはバックを持ったり

 

髪を洗ったり

 

顔を洗ったり

 

靴を履いて、紐を結んだり

 

掃除機を持って掃除したり

 

 

 

 

 

手で行っていることの大部分は

 

道具を持ったり

 

道具を扱ったり、操作したり

 

何かの作業だったり

 

力仕事をしている人なら、

 

物を押したりする力の出力先として使っていることもあるよね。

 

 

 

 

 

 

たくさん思いつくんだけど

 

今思いついたことの中に

 

手で味わう

 

手で感じるって

 

入っていたかな?

 

 

 

 

 

パリの高級ブランド店に初めて日本人が来るようになったころ

 

見た目だけじゃなくって

 

日本人ってことはすぐにバレてしまう。

 

 

 

 

 

その理由が

 

日本人は必ず「触らせてください」ってリクエストをしてくるからだったんだって。

 

さわって、感じたい。

 

物の良し悪しというか、相性なのか

 

とにかくさわって、感じたい。

 

 

 

 

 

パートナーに触れるときに味わっている?

 

家族に触れる時にちゃんと感じている?

 

 

 

 

 

人間は物じゃなくって生き物だからね。

 

実は味わいは日々違っている。

 

悲しいことがあった日

 

楽しいことがあった日

 

パートナーの味わいは変ってくる。

 

学校で辛いことがあれば当然味わいは変わる。

 

 

 

 

 

目を閉じて触れて

 

ちゃんと自分のパートナーかどうか判るだろうか?

 

このごつごつした手

 

この柔らかい手

 

手の大きさ

 

指の形

 

手のひらの厚み

 

皮膚の感触だってひとによって異なる。

 

 

 

 

 

 

 

 

ふれて味わうってコミニケーションをするようになると

 

相手が毎日一緒じゃないってことが分かってくる。

 

なんか元気ないのかなあ

 

今日は嬉しいことがあったのかなあ

 

毎日ふれていたら気分まで感じとれるようになってくる。

 

 

目の前のひとの存在まるごと

 

手で「ふれる」で味わう。

 

 

そこに体臭という味わいをプラスする。

 

もちろん視覚で見える表情の動きなどもプラスしていく。

 

すると

 

どんどん自分の大好きなひとの味わいが濃くなっていく。

 

同じ味わいなどない。

 

 

 

 

 

 

目の前のひとを感じる。

 

とくに温もりという安心を伴って感じるためには

 

手で感じるという選択肢しかないでしょ。

 

 

手で感じとる

 

手で味わう。

 

 

毎日使っていけば

 

手で感じとれることが増えていく。

 

 

 

 

 

手を感じることに使いだすと

 

あなたの住む屋根の下に

 

温もりという火が灯りだす。ラブラブ

 

 

 

 

 

 

※あわせて読むといい記事

 

 

 

 

 

 

 

 

 

野口整体指導室HP


 

ご提供中のメニュー

居心地の良いこころとカラダを取り戻す。自分らしく生きていくための整体指導。

 

心身について、より深く知りたい。

『気』を体験したい。

こころやカラダの不調がずっと改善しなくて困っている。

不調について原因不明と言われている。

 

新たな視点で心身について提案できる可能性があります。

お気軽にご相談ください。

 

 

 

リブログ・シェアは大歓迎です。

 

アメブロでは個別の相談や、メッセージに対する返信は行っておりません。

 

 

整体指導で頭部に愉気をしていたら

 

先生、今日は目を瞑っているのにものすごく明るいです。びっくり

 

まるで目を開けているみたい!

 

と教えてくださった。

 

 

 

 

だとしたら目を瞑って太陽を見上げている時と同じような体感なんだろうか。

 

 

 

 

頭の穴追いの愉気を受けていたときには

 

ぼくの指が特定の場所に愉気しているときに

 

瞼の裏というか、脳内というか

 

目を閉じているのに青い光が現れたり、

 

ある場所では黄色い光が現れていたんだそう。

 

 

 

 

 

様々な感受性の方がいる。

 

感じるというのも能力であり個性がある。

 

愉気を受けていると

 

温かくて心地いいとおっしゃる方

 

あっという間に寝落ちする方

 

とっても安心するという方

 

カラダの中に気の流れを感じ出す方

 

カラダの中で光を感じる方

 

中には目で輝く光が見えるなんて方もいた。

 

愉気を受けられた感想も様々。

 

 

 

 

 

 

愉気を行うぼくの感じ方は

 

気の感応が生じてくると

 

触れている手のひらに相手の方の気が集まってくる。

 

異常の程度が酷くて鈍っていると冷たく感じるし

 

働き過ぎで過敏な処だとチリチリと痛みを感じたり

 

場合によっては指先が焼かれるような痛みを感じることもある。

 

ただし異常の程度が酷すぎると全く感応が起こらず

 

ブラックホールみたいな空洞、虚空として感じてしまう。

 

気が滞っている処は目で黒く見えることもある。

 

 

 

 

 

愉気は誰しもに備わっている能力。

 

能力は使えば使うほど育つ。

 

使わなければ芽を出すことはない。

 

愉気というのは自家用薬とも言える働きもある。

 

ところが大部分の人たちは自家用薬を用いずに

 

お金を払って外の薬を用いている。

 

そもそも自家用薬が備わっていることを知らない。

 

知らないから手を当てると病気が治るなんて謳う宗教ビジネスにひっかかってしまう。

 

それほどまでに知らない。

 

 

 

 

 

備わっているのに、気づいていない働き。

 

目を向けてこなかった営み。

 

生命エネルギーの「気」。

 

いちど自分のカラダで感じて気づいちゃえばいい。

 

愉気は味わうほどに感じやすくなっていく。

 

カラダへ働きかける刺激って通常ならば

 

刺激を与えるほどにカラダは刺激に対して適応して

 

刺激を強くしていかなくちゃならなくなる。

 

ところが愉気という刺激は感じれば感じるほど

 

敏感に感じられるようなるという刺激。

 

感じれば感じる程、感応しやすくなる。

 

埋まったままにしておくには惜しい能力です。ウインク

 

 

 

 

 

 

※あわせて読むといい記事

 

 

 

 

野口整体指導室HP


 

ご提供中のメニュー

居心地の良いこころとカラダを取り戻す。自分らしく生きていくための整体指導。

 

心身について、より深く知りたい。

『気』を体験したい。

こころやカラダの不調がずっと改善しなくて困っている。

不調について原因不明と言われている。

 

新たな視点で心身について提案できる可能性があります。

お気軽にご相談ください。

 

 

 

リブログ・シェアは大歓迎です。

 

アメブロでは個別の相談や、メッセージに対する返信は行っておりません。

 

 

桜井識子さん情報によると

 

お守りは神社の神さまと繋がる発信機の役割があると紹介されている。

 

同じ識子さんファンの方から

 

お気に入りのお守りを寝る前に握って

 

神様を感じることを習慣としていると教えてもらってから

 

神さま霊能力を育てる練習にいいなぁと思って

 

お守りを買うことにしてみた。

 

 

 

 

神社の写真を見て

 

今まさに神社にいるという体感を呼び起こすことで

 

悪霊による頭痛を鎮めてもらったことがあるので

 

お守りがなくても神さまとは繋がれるはず。

 

 

 

※神さまと繋がって悪霊を祓えた体験

 

 

 

 

お守りを使って神さまを感じるってどんなだろう。

 

実際にお守りを握って

 

その神社を思い浮かべてみると

 

不思議なことにお守りによって神さまを感じ取れる濃度に違いがある。

 

最初はお守りの生地とか質感のせい?

 

と疑ってみたんだけど

 

同じ生地のものでも違いがあった。

 

神さまの波動の違いなんだろうか。

 

神さまとの相性の違いなんだろうか。

 

 

 

 

 

行きつけの大好きな神社のお守りが感じやすいのかしら?

 

だとしたら一瓶塚稲荷神社や井草八幡宮のお守りを握った時が一番心地いいはず。

 

それとも波動が高い山岳系神様の神社、筑波山神社や彌彦神社のお守りが感じやすいのかな?

 

 

 

 

ところが意外にもぼくにとって特に心地よく感じられたお守りは

 

都内の花畑大鷲神社のお守りでした。

 

酉の市の発祥の神社。

 

それまでも参拝の際には神さまと繋がれている感覚を感じさせてもらっていた神社。

 

ただし境内に池があって夏場の蚊柱がすごくて足が遠のいていた。

 

ちょっぴり反省しつつ

 

興味が湧いてきたので参拝頻度をあげて伺うようになった。

 

 

 

 

 

花畑大鷲神社は創建時期は不詳。

 

ご祭神は日本武尊。

 

平安時代後期。後三年の役で新羅三郎源義光が花畑大鷲神社で戦勝祈願をしている。

 

後三年の役は1083年~1087年。

 

なので都内では屈指の古社。

 

だから相当古い神さまがいらっしゃる神社になる。おねがい

 

 

 

 

 

神社があるのは東京都足立区の北端。

 

百メートル北は埼玉県草加市という場所で

 

都内にしては電車駅からは不便な交通の便。

 

参拝は車がおすすめ。

 

そのせいもあって普段は静かに参拝ができる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

参拝するとよく神社の神職さんや巫女さんと遭遇して

 

会釈していただける。

 

今回は巫女さんと会う前に二の鳥居に近づいていくと

 

正面からまっすぐ猫が向かってきた。

 

 

 

 

花畑大鷲神社では初めてのパターンの歓迎のサイン。

 

そして本殿に近づくと巫女さんが会釈して迎えてくれた。

 

 

 

 

 

いつものように朗々と祝詞を奏上。

 

光で包んでいただいて

 

とっても清々しい感覚でカラダが充たされていく。ラブラブ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

花畑大鷲神社は社叢に覆われているせいか

 

都内とは思えない空気が流れている。

 

とっても心地よくさせていただける神社。

 

都内では珍しく静かに参拝ができるお勧めの古社です。照れ

 

 

 

 

 

※桜井識子さんの「お守り」記事。

 

 

 

 

野口整体指導室HP


 

ご提供中のメニュー

居心地の良いこころとカラダを取り戻す。自分らしく生きていくための整体指導。

 

心身について、より深く知りたい。

『気』を体験したい。

こころやカラダの不調がずっと改善しなくて困っている。

不調について原因不明と言われている。

 

新たな視点で心身について提案できる可能性があります。

お気軽にご相談ください。

 

 

 

リブログ・シェアは大歓迎です。

 

アメブロでは個別の相談や、メッセージに対する返信は行っておりません。