オフィシャルブログ『Aliya Miharuの素ったもんだ』  Powered by アメブロ



1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 最初次のページへ >>

代々過呼吸に効く漢方

みなさん、ご存知私は小学3年生頃からパニック症候群です。現在も過呼吸やパニック症候群に悩まされる時があります。


我が家は代々遺伝?

祖父、母、に続き 過呼吸持ちです。


私は特に音に敏感です。

電波の音、周波数、テレビのついてないけど聞こえる音 に弱いのです。


このブログを読んでらっしゃるかたでパニック発作に悩まされてる方もいらっしゃるかもしれません。


参考になるかわかりませんし医学的な事も言えませんが、我が家ではこの漢方を祖父の代から飲んでいます。


朝山丸です。


一瓶高いです。でも長い間持っています。

海外に移住するときに祖母が持たせてくれた時から買ってないので5年は持ってるということですね。まだまだあります。

発作が起きそうな時に私はすぐに10粒くらい飲みます。過呼吸、パニックに。とは記載されてないですが、呼吸困難、、、、ってかいてあります。

文字がボケてよく読めません。


私は歌う前、寝不足で心臓がパクパクするとき、ストレスでパニックになる時前兆が来たらすぐに飲みます。

なのでバッグに一個。

台所に一個。

夫のバッグに一個。


もし悩んでる方がいらっしゃったらお試しあれ。


共鳴。共有。



希望の花

どこの国にいても、何をしてても、誰と何をしててもそこには必ず形は違えど困難がやってくる。

一人で乗り越えるか、誰かと肩を抱き合いながら乗り越えるか。誰かに助けてもらうか。


それぞれがそれぞれの道でおこる。



助けあって生きることって今まであまり経験がなかったけれど、この国に来て感じまくってる

こんな私でも人の役にたつことができる。

そんなチャンスを神様は私にくれた。

暮らし慣れた日本を離れてもう一度新しいスタートをきりたかったそんな五年前。

この五年でこの国で経験した良いことも悪いことも今は全部私の目の前でくるくる回りながら輝いている。


物が溢れていなくても、みんなではないけれど、めちゃくちゃいい笑顔をする人がたまにいる。
そんな時すごくすごく幸せになる。

駄菓子屋のあたりくじを引いたような感覚だ。

物価の安さや、気候のせいじゃない。

日本のような綺麗なトイレもないし、
エレベーターもたまに止まるし、
色々完璧でない。

完璧ではない中の自由さが人を笑顔にしているのかな。

完璧であろうとすると人は頑なになっていくのかな


しとしと

キース・ジャレット birth

を聞きながら

この国では今雨が降っております。

珍しくしとしと降っています。

ホッと安心する雨の音


水の音


生命の音


雨の音を聴いてると心が痒くなるんです。


なんというか胸の奥、しみるんです

不思議ですね。

昨夜から夫はヨーロッパに出張なので、

家が静かです。


毎日普通の生活をしていると

毎日何時間もピアノを弾いていたあの頃の自分を置いてきぼりにしてるのに気がつきます。

あの頃、良いコードを探すことだけ私は鍵盤を弾きながら、今の感情はどんな音。今の太陽の光はどんな音。

そんなことばかり思い描きながらピアノをひいていたのを思い出します。

今パソコンの不調子があり、音作りが出来ないので、かなり切ないです。

今度はちゃんとDTMに適したパソコンをかいたいなとおもいます。

Logo作ったり、企画書作ったり影像作ったり、音も作って そんな事を一台でやっていたので今度はわけないとダメだって思ってます。


いざ、曲が作れないって思うとメロディーって出てくるもんですねwww

前はちっとも浮かばなかったのに。

皆さん、
私が無事にパソコンを買えるように祈っていてくださいね。



折り紙



生まれて初めてくすだま折り紙というのを作ってみている。

私は日本の教育を受けていないので、折り紙とかは鶴しかおれない。わらべうたとか、童謡とか民謡とか日本の歌は幼稚園にも行ってないので知らない。


クラシックばかり聞いてきたからです。

母は、今講演会で日本の童うたを推奨してるけれども、おいおい。って思う。

私と兄は、知らんぜよ。w

お友だちから日本の折り紙を頂いたので娘と一緒にくすだまを作ろうと思い二人で折り方を必死に見る。意外と折り紙の本て難しい 


何おり、何おり

長女もうなる。次女もうなる。わたしもうなる。

一個花ができたら夢中になってきた


結構面白いじゃないか。


あ。晩御飯作るの忘れた。

この時をshareしたい

https://open.spotify.com/track/5fDmVPtwQAo45rLxKBUZod?si=cN8XKVBtS4O5XQDtXlJYVA

First touch. ..    枯葉が初めて湖の水面に触れる時
First touch.... 黒鍵を一つ選んでならしてみる時
First touch. .. ふわふわのコーヒーの泡にスプーンを入れる溢れる時
First touch. .. この人の手に初めて触れたあの時
First touch... 得体の知れない真四角のスマホという名のテクノロジーとのつながり。
First touch.... 最初に最後に見た父親の去っていく後姿
First touch... 病室に寝ている祖父の額
First touch... 南国で出会った新しい形の愛の中の友
Fisrt touch... 神様が初めて人に触れた瞬間
First touch... 人が初めて神様を裏切ったあの瞬間

毎日、きっと初めて触れる所が幾つもある。
普段は手の届かない所にも触れてみる。

普段は手の届かない自分の部分にも手を置いて

普段は手の触れたことのない相手の心にも手を添えて

普段は感謝しないところを見つけて

First touch ... 大きなお腹から力いっぱい蹴る小さな足
First touch .. 小さな命、愛の命 に初めて触れた時

そんなたくさんのたくさんのfirst touchを手の中に集めて私たちは今生きてる

First でありfinal であり、finalはfirstで、それは今生きてる世界は今ここに輝いていて、私たちの流すどんな涙も愛のなかに戻っていく

決して消えない記憶も、人と分かち合える愛の存在になるときがある。

どんなことも哀しみでしかないわけはない。
きっとその哀しみの中に小さく揺れている灯火があなたにも見つけられるはず

わたしと一緒に探してみませんか。

あだ名は宇宙人

先週日曜日にある人の話を聞きにいった。

『人は生きていると辛いことがあっても、目を背けてしまいます。
今日は、人生で一番辛かったときのことを敢えて思い出してみよう。ちょっとでいいからそれを書き出してみよう。私たちの悲しみに名前をつけて、そこに神様に入っていただこう』


わたしは目をつぶって自分の一番辛かった事はなんだったのだろうって思い返してみた。

すると案外一番自分にとってトラウマだと思っていた事が一番ではなかった。

嘘ではないこの事をこれを読んでる貴方とシェアしたくて書きます。


思い出したのは、暑い夏 夏休みに入る終業式の日沢山の荷物を持って汗だくでランドセルを背負って一生懸命持ち帰った。

その日も家に帰ったらまっすぐ自分の部屋に帰った。台所や洗面所にも行き気がしなくて汗だくのままベッドに横になった。

たださみしかった。何もかも嫌になった。


担任の先生は私を気づかってくれていたらしい。(母の話では)
でも私は人から愛を感じることができなかった。
いつも誰かに『お前は変だ。宇宙人だ。』

時にはからかわれた。あだ名は宇宙人。



特に勉強ができたわけでもない。
算数のドリルも、宿題も大っ嫌いで本当は覚えていたのにどうしてもやりたくなくて宿題は毎回やらなかった。
そして、毎回立たされた。

先生から呼び捨てで呼ばれるのも怖かった。
引っ張ってくれる友達を探してその子に依存した。
そして陰でなんと言われていたのかを聞いた時、私はズタズタに傷ついた。

本当の自分を押し隠して親にも嫌われたくないから反抗をしなかった。

いい子でいる事は辛かった。
でも良い子でいると皆大人は褒めた。
褒められた両親は誇らしげだった。

いい子でいることは私をもっと苦しめた。
歌を上手く歌うことで、私はもっと人からの評価を求めた。そして、うまく歌えなかった時、相手をがっかりさせたときの夜は壊れてしまうぐらい真っ暗な夜だった。

失敗を恐れては何もできない。
って良く子どもにも言ってしまうけれど、

私は
失敗を恐れすぎて自分を大事に出来なかった。

一人になるのが怖すぎて、八方美人だった。

今でもたまにココロがぽっかり穴があく時がある。

それは、もしかしてこの時の私の悲しみがまだここにいるからなのかな。



早いですね。

今日本は桜が咲く頃でしょうか。

皆さんいかがお過ごしですか。

あっという間に時間がたつのが早いですね。

私今日で37歳になりました。


日本にいれば、時間を感じるのでしょうが、一年中季節が変わらない国にいるので気がつけばーという感じです。

欲しいものおねだりしようと思いましたが、何も思い当たりません。

よーく考えて思いついたのは、家庭の平和、家族の健康(自分も含めて)。

毎年誕生日に願うのは、健康。です。

37歳もやっぱり一年元気で健康でいたい。

子供も無事に大きく育ってほしい。


私は将来やりたいことがあります。
45歳くらいになったらゆっくり夫と世界中旅に行きたい。宇宙も行ってみたいし、色んな国も見たい。

飛行機がすきなので飛行機に乗って新しい世界を見て刺激を受けたい。ドキドキしてワクワクして、そんな老後を、あ。。45-60歳くらいまで一気に進んでしまいましたが、旅に行きたいなー。

夢も希望も大きく、上を目指して アートを愛して これからも楽しみます!


よろしくお願い致します!

Miharu 


一つ二つの次

一日で沢山ドキドキして

沢山ホッとして

忙しい毎日です。

音に疲れ、少しのハプニングも私は臆病で動揺します。全然強くありません。

人が何ともない事でも、例えば家から歩いて5分のところにあるコンビニにいくことさえも、私にとっては時には、怖くて仕方ない時があります。

でも誰かと一緒なら大丈夫だったり小さな喜びを見つけるとすごく幸せが溢れるときがあります。

そんな感覚に自分で苦しむことが多く、一日中家に閉じこもってるときもあります。

でもそんな出来ない私も神様が傍にいて下さるって思うと涙が溢れます。

1日1日をくださってる神様に感謝です。


生まれ持って神様からいただいた才能があるとします。それが自分には何かわからないけれど、いただいた才能を何もしないで神様に返すのと、才能を生かして活用しれ神様に返すのとこれって全然違うなって。


だから、また音楽に向き合ってます。

私のスピードは遅いけれど、ずっと考えながら向き合います。


これからだ。

人に頼むのは簡単なこと。
でも自分にできそうなことなら、大変なことでもやってみなきゃわからないよね。
ここが私の成長していないところなんだよ。

でも本当自信ないんだよ。できないことが怖いんだよ。

でもやってみるよ。


出来なかったら、どうしてもできなかったら、次考えよう。


1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 最初次のページへ >>