イタリアでモロッコごはん

イタリアでモロッコごはん

イタリア在住栄養士ritzcoが美味しいモロッコ料理情報を綴ります。
ず~っとやりたかったフランス語の勉強を再開!充実の勉強ライフも一緒にお届けいたします☆

いい加減、違う所に行ったら?

と思っちゃうくらい

海が好きなイタリア人。







 

もちろん山好きなイタリア人もいる。

 

 

山にセカンドハウスを持っている

友人宅にお招き頂いたこともある。

 

 

さすがに灼熱のフィレンツェに比べると

山の家は涼しいよね。

 

ただ、特に周りに何があるのでもない

山の家で子供達を退屈させないためには

かなり大人も頑張らないとな!って感じではあった。

 

 

その点、海が良いのは

子供達は子供達同士で

ずっと夜まで遊んでいる事だろう。

 

 

アメブロの回想機能で

4年前のこんな記事が上がってきていた。

 

 

イタリア人とのモロッコ縦断旅行のお話。


モロッコは広い。

 

広すぎる。

 

だから車で縦断する時も

かなりの時間を車の中で過ごす。

 

 

こうして車内でまた退屈している子供達を

遊ばせるとしたら海なんだよね〜チーン

 

 

モロッコに娯楽施設、無いからね真顔

灼熱の遊園地も辛いし

イタリア人はプールと海だったら

絶対に海を選ぶしね。

 

 

 

あのモロッコの旅の間も

イタリア人の友人は毎日到着する街の海に行きたがった。

 

 

まだ行きたいんかい!?

ってくらい毎日毎日海に行った。

 

 

お陰様で、色んな海岸を見ることが出来た。

 

 

モロッコの海岸、いいよ〜ハート

 

シャワーとか、トイレとか

整備されている所は少ないけれど

多くを求めなかったらサイコー爆笑

 

 

全て整備されている所を求めるのなら

モロッコという国を選んじゃ行けないよ、ベイベーグラサン

 

 

高速道路だけはイタリアより綺麗だけれどびっくりキラキラ

高速降りたら、そこはやはり、モロッコなのだよ。

 

 

その整備されていない国を

楽しめる心の余裕がある人だけ

その抜け感をサイコーに心地よく感じる人だけ

モロッコを旅すると感銘を受けると思うデレデレイエローハーツ

 

 

 

あー、年上ですね!

 

年下ですね!

 

って会話ほど意味がない気がするよね。

 

 

 

最近様々な年代の人達と

一緒に過ごしていて

自分の生まれた年って

きっとその年代の流行りのギャグとか

流行りの歌とかの物差しだけだと思う。

 

 

 

今日、たまたまYouTubeを開けたら

ローランド様がヒカキンさんの家を訪問して

ローランドの方が年下!だったのだけれど

 

「どれだけ生きたかより、どう生きたか?だよね。」

 

と言っていたラブ

 

 

深いよね。

 

 

 

 

 

 

きっと「どう生きるか」の力量も

生まれた時から決まっているのだと思うけれど

 

いくら歳を重ねていたって

何も学んでいない人(例えて言うならうちの義姉)もいれば

 

すごく若いのに

どれだけ濃い人生送ってきたのん??

って不思議な人もいる。

 

 

 

ローランド様の断捨離っぷりもすごかった。

無駄なものを一切排除する生活

私もしてみたいな。

 

 

この夏、捨てるぞ〜!!

 

お〜ぅニコ



ミニマリストと言えば

モロッコ人だよね。

 

 

モロッコ人のお宅にお邪魔するでしょ。

 

 

すごいよ、

 

サロンにはテレビしか置いていないの。

 

他の無駄なもの、一切なし。

 

洋服も最低限しか持っていない。

 

 

流石に大金持ちのお家にお邪魔した時には

ウォークイン クローゼットがあったけれど

庶民のお家の潔さと言ったらないね。

 

 

一度お泊まりに行って

ここのクローゼットの棚、使っていいわよ

と言われて

戸棚を見たら、彼女の洋服は3枚しかなかったっけ。

 

 

 

今は3枚にはできないかもしれないけれど

将来、子供達が巣立って旅人のような

自由な人生が送れるようになったら

私も洋服3枚、目指しまっす真顔

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

東京オリンピックのことなんか

すっかり忘れていた私。

 

 

イタリア人のS女史から

 

「もう、東京オリンピックの開会式が素晴らし過ぎるわ〜ラブ

 

とメッセージが入って

あらら、もう開会式観てるの!?

 

とテレビを付けました。

 


 

観客がいなくて寂しいね。

 

夏なのにジャケット着て

汗だくの選手達、お疲れ様だね。

 

東京の湿気を考慮して

半袖短パンの格好良いコスチュームを

デザインした国は素晴らしいね!


 

などと実家の両親と話していると

後ろから

S女史から電話がかかってきた。


 

2回目のワクチンを打って、ちょっとフラついているらしい。

 

なーんだ、夕食でも食べに来たら?と

誘おうと思っていたのに残念!



 

 

電話を切って、開会式中継している

イタリア人の解説者のコメントを聞いてみる。

テキトーな感想ばかりであまり面白くない。

 

イタリア人選手が出る試合中のあの白熱っぷりしか

面白くないから、早く競技が始まって欲しいね。

この解説者達、叫び続けるからねてへぺろ



 

 

 

夫が昼寝から起きてきて

あ、オリンピック、始まったの!?と

彼もテレビを見始まった。

 

 

そこに脳梗塞を患った長嶋茂雄さんがご登場。

 

夫が、これは誰なんだ?

この爺さんは誰なんだ!?

 

とうるさいので

三人とも有名なプロ野球選手だよ!

と答えながら夫をみると

 

ウググッえーんと感動でむせび泣いているポーン



 

な、何だよ、どうしたんだよ!?



 

「何て素晴らしいお年寄りを敬う姿なんだえーんえーんえーん

 

あーびっくりこのシーン、感動するところだったの!?ポーン


 

私は介護レベルがどれだけ?とか

現実的な事を検証しちゃったけどね真顔

ま、色んな角度から考えさせられるよね。

 

 

 

 

 

 

それより何より

目を奪われたのはコレだよね。





 

聖火台。

 

 

これ、私には

燃え盛るタジン炎

にしか見えなかったよね。

 

 

そこのタジンLOVERの奥様もそう見えた??

 

 

あれが何をモチーフにしていたのか

ご存知の方がいらしたら教えて下さいね。

 

大阪なおみに目を奪われていて

イタリア人解説者が説明していたのに

聞き逃してしまったわ。

 

 

世界中から東京に集まった選手達

頑張ってねぇ〜ルンルン

 

 

離れていても

繋がっていると

すごく感じる今日この頃。

 

 

突然メッセンジャーに

「死」のカードの写真が送られてきた。





 

ミラノのミーナだ爆  笑

今はバカンス中でサルデーニャの孤島に滞在している。

 

また仕事から逃避するために

誰かを想ってタロットを引いているのだろう。

 

 

「死」は決して悪い意味ではなく

新しく生まれ変わる

殻をぶち壊して

幼虫が美しい蝶々になる

 

というメッセージが降りてきたそうだ。

 

 

ミーナはライブを勉強する会で出逢った

まだ実際に会ったことのない友人だ。

 

↑こういうことって以前は有り得なかったよね。

 

 

ネット上で知り合い

でも会ったことのない友人ニヤニヤ

ひと昔前までは、意味不明よね。

 

 

フィレンツェに住んでいる友人には

もう半年も1年も会っていないのに

ミーナとは毎週ZOOMでライブをしている。

 

 

 

夏休み前は

夜9時に世界各地から集まって

ZOOMでヨガの先生とエクササイズを毎日やっていた。

今はみんなバカンスで飛び回っているので

また落ち着いたら集合すると思う。

 

 

もう、みんなが何処に住んでいるとか

全く関係なくなっている世の中。

 

ひたすら孤独を愛しながら生きてきた私も

不思議な引力によって引き付けられた

世界中から集まった、面白い人間達と

楽しく戯れるようになった。

 

 

 

たまにこうして

タロットの本日のメッセージなども

聞いてもいないのに勝手に送られてくる爆  笑


どんな日になるのかな?と思っていたら

とあるZOOMミーティングに参加したら

 

ずっと決断しなければならなかったことが

ものの10分で決定したり

 

昔思い描いていた

でも、自分ではすっかり忘れていた

ワクワクするプロジェクトを思い出したり。

 

 

この前も私、なんでお料理の先生やっているのだろう?

とふと感じる違和感について語ったけれど

もしかして私は、その思い出したプロジェクトのように

自分でやるより、何かを動かす方が向いているのかもな!?

と気付いたりした、収穫の多い1日だった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

私はワクチン接種など

全く関心のない人間なのだけど

 

今回ばかりは、自分の意思とは裏腹に

ワクチンを打たなければならないみたい。

 

医療通訳として医療機関に出入りするには

ワクチン接種は義務化されている。

 

 

私の年代の人間は7月末に接種期間が設けられている。

 

 

ワクチンを打っていない医療従事者は

常にPCR検査結果提出を強いられている。

 





 

公共病院に出入りする時には

病院側で検査手配をしてくれていたけれど

現在出入りしている医療機関はプライベートなので

毎回、毎回、毎回、毎回

48時間しか有効ではない検査結果を提出している。

 

 

1度目のワクチン接種後の

15日後からPCR検査は免除されるらしい。

 

そんなに安易にワクチンを信用しちゃっていいのかよ!?

とツッコミたくなるが

それで良いらしい。

 

 

私としては、ちゃんちゃら可笑しな話に感じるが

世の中がそれで良いと言えば、良いらしい真顔

 

 

 

そして私も毎回、毎回、毎回、毎回

鼻に綿棒を突っ込まれているのは

どうかな?と思うし

 

もう、子供は産まないし、

いつ死んでも良いくらい

毎日精一杯生きているので

今回はワクチンを接種することにした。

 

 

 

先日、どこの薬局でもPCR検査の予約が出来ずに

駅前の赤十字がボランティアでやってくれる検査場に

16時に行ったら.....

 

 

なんと閉まっていた。

 

 

あれれ?18時までって書いてなかったっけ??

 

 

鎖で縛られた門に近づいてみると

本日からバカンス期間限定営業時間になって

朝8時から14時までと時間変更されているではないか!

 

 

明日私は医療機関に10時に行かなければならないのに

これからどうすれば良いというのか??


薬局でのPCR検査は完全予約制。

予約せずにやってくれるのは

ヴェルディ劇場脇の薬局だ。

 

 

電話してみると、

「検査に必要なアプリが起動しなくて

 残念ながら今日はできません。」

とのこと。

 

 

ネットで検索すると

明日の朝9時にサンニコロの薬局で

予約可能になっていたので

仕方がない、ここで取り敢えず予約を入れておく。

 

 

翌朝、朝9時に薬局に行ってみると

まだ全然始まる様子もない。

9時10分過ぎくらいに始まって

15分程、結果まで待つから

 

う〜、10時のアポに間に

どうやったって間に合わないよね。

 

 

仕方なく遅刻。

 

 

やっぱり、精神衛生上、ワクチン打った方が良いみたい。

このまま医療通訳続けるのであればチーン



そして8月は薬局も順番に閉まったりして

街に残る人間は生きにくくなる。



病院の医師もバカンスに行ってしまうので

大抵の手術は7月一杯で終了。



8月はドクターは皆バカンス中なので

大病は絶対に避けたいところ。

倒れても執刀医がいないなんてことになりかねない。



実際、以前義姉の両足の壊疽が

酷くなったのは8月で、どこへ行っても

たらい回しで正確な診断が下るのに

非常に時間が掛かった…。



皆さん、8月だけでも健康にいるよう

心掛けましょうね!

フィレンツェで8月に倒れたらアウトよ〜滝汗




本日はイタリアでは犠牲祭でした。

イスラム教徒の皆様、おめでとうございます。

 

明日はモロッコで犠牲祭ですね。

 

モロッコの犠牲祭は

ほぼ日本のお正月の三が日のよう。

 

日本でお店が閉まることはありませんが

モロッコでは商店も何もかも閉まります。

 

イタリアのように

あら〜、犠牲祭だわ〜と気付いていながら

シラーッと普通の生活が出来ません。

 

↑これが一番私には厳しかった。







 

 

まず、商店をやっている人が

地方からの出稼ぎ組だったりすると

その商店を1ヶ月ほど閉めて地方に里帰り。

 

 

親族と共に皆羊を屠ることに集中します。

 

 

パン屋も閉まってしまいます。

大抵パンは小さめのアラビアパンが1個十円ほど。
 

だけど殆どのパン屋が閉まっているので

たまに頑張って開けているパン屋のパンの値段は跳ね上がります。

祝日営業ですからね!

 

 

だからみんなパンは家で手作りします。

 

 

そして犠牲祭体験初年度に

私が犯した一番の失態は

魚を買いだめして冷凍しておかなかったこと滝汗

 

なんと、魚屋も2ヶ月程営業していなかったのです。

私はモロッコの脂が乗ったイワシが大好きなので

もう、魚が恋しくて、恋しくてニヤニヤ


なぜこんなに休むかというと

1家で1頭羊を屠るので

冷凍庫は羊肉でいっぱいなのですよ。

 

 

それをなんと1、2ヶ月食べ続けるのね〜。

 

 

だから魚屋の出番がないわけ。

 

 

で、普通お肉ってモロッコでも高いんだけど

これでもか!ってくらい肉が有り余っているから

ここぞとばかりに来客の嵐なのね。

 

 

だって、わざわざ自分達の訪問のために

お金を使わせなくて済むから。

肉は、たんまりあるからね。

 

 

だから、うちでも羊、

お隣さんちでも羊、

親戚のお家に呼ばれては羊ガーン


だ、誰か、助けて〜笑い泣き

 

 

 

1年目、それを知らずにノホホンとお祭り当日を迎えてしまい

羊三昧の生活に絶望の淵に追いやられ

 

2年目、今度はイワシを冷凍しておいたら

夫の親友B氏に誘われて海辺の街に旅行に出てしまい

そのイワシは用無しとなってしまいました。

 

3年目、義姉も同時期にモロッコに帰っていたので

夫の実家で鉢合わせになるのが嫌で

親友B氏のお家に隠まってもらい

その後、また海辺の街へと旅行へ行って一件落着。


こうして振り返ってみると

長期休暇中ということもありますが

モロッコ人だって羊に飽きるので

すぐに海辺の街に旅行に行っているではないですか!


羊耐性は要らないけれど

イタリアに長年住んでいて

イタリアのいい加減さ耐性は付いたよ。

懐かしい記事が思い出として上がってきてたから

お時間あったら読んでね

 

 

 

 

 

 


 

 

 

2003年のクリスマス

義姉は脳卒中で一人暮らしの家で倒れていた。

たまたま通り掛かったモロッコ人の友人が

彼女が鎧戸を閉めたまま

中で動けなくなっているのを発見して

救急車を呼んでくれた。

 

 

 

ここからストーリーが始まっていたのなら

私はきっと当時婚約者だった夫に

私はこんな人と同居するつもりはない

と言っていただろう。

 

 

昨日の対談で聞かれたことで 


未だにこの不思議な時系列を思い出している。

 

 

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                        私とモロッコのストーリーは

婚約者よりも先に

私の友人とのモロッコ周遊旅行から始まっていたのだ。






 

 

モロッコ人と結婚した友人の「新婚旅行」と称する

モロッコ周遊旅行に誘われびっくり

 

いやいや、新婚旅行なんでしょ?

2人でゆっくりラブラブで楽しんで来なよハート

 

いや、アラビア語しか話せないご家族にも

お世話になるから、ちょっと心細くってさ。

リツコちゃんが来てくれたら心強いから、お願いお願い

 

 

え〜、ではお言葉に甘えて、

便乗させてもらうわラブ

 

 

 

20年前のモロッコは、今のモロッコと違って

もっともっと強烈な国だった。

今こそみんな新車を持っている時代だけれど

あの頃はオンボロの中古車だらけで

カサブランカの街はスモッグで、息を吸うのも辛かった。

 

 

 

そして私はホームスティを申し込んでもいないのに

なんとモロッコ人新郎ご家族の家に滞在し

モロッコの家庭の味を堪能し

彼らがどんな暮らしをしているのか

最初のモロッコ旅行からディープなモロッコ人の生活を

朝から晩まで体感することが出来た。

 

 

 

そこでは、年配のご両親を筆頭に

大家族がみんなで一緒に暮らしていた。

 

 

各部屋にあるモロッカンサロンのソファーは

クッションを取り除けばすぐにベッドに早変わり。

 

小さな部屋でも最低四人は寝床が確保でき

なんて合理的なのだろうびっくり!?

と感動した。

 

 

 

究極のミニマムスタイルで生活は繰り広げられ

各部屋には一切無駄なものが置いていなかった。

それはどのモロッコ人家庭に行っても同じだった。

 

 

部屋は毎朝掃除され、ピッカピカで塵一つないキラキラ

 

イタリア人も綺麗好きだけれど

モロッコ人は毎朝パン作りから始まって

凄まじい家事をこなしながらこの美しさを保っているのは

家事に対する根性が、根本的に違うのだと思った。

 

 

小さな子供からお年寄りまで

保育園も老人ホームも要らない

桃源郷のようなこの国の助け合いの

共存生活に、かつての昭和の匂いを感じて懐かしく思った。

 

 

 

これを見た後に夫と出逢ったのだ。

 

 

だから私はモロッコ人の家族が

病気で倒れれば、みんなが協力して

家で看病し続けることを知っていた。

 

 

近所の人まで協力してくれて

みんなで助け合っていくことも知っていた。

 

 

私と夫は結婚していなかったけれど

結婚式の日程は既に決まっていたのだから

お義姉さんになる人が倒れて

すぐにケア施設に放り込んだ、なんて

夫がモロッコのご家族に恥ずかしくて言えないことは

重々承知でいた。

 

 

それより、若い私達には

ケア施設に払うお金もなかった。

なぜなら義姉は倒れたと同時に職も失い

私達が基本的な生活費でさえ助けてあげなければならなかったから。

 

 

だから、私達は同居するしかなかったのだ。

 

 

イタリアをこよなく愛する夫を連れて

日本に移住するなんてことも

私には考えられなかった。

 

 

私でさえ耐えられなかった日本に

どうやったら夫が適応できるのか?

想像すら出来なかった。

 

 

 

もし同居生活が耐えられなくなったら

その後の事を考えれば良いと

その時は思って、出来る事をやった。

 

 

 

神様が私に何故初モロッコ人の家に

寝泊まりさせる経験をさせたのか?

今になって遡れば、仕組まれていたとしか思えないのだ。

 

 

 

 

 

 

 

本日は、渋谷区のこどハピさんとのコラボで

オンラインレッスンを開講させて頂きました。

 

 

お題は冷製パスタ♪





 

 

参加してくれた子供達は

とっても可愛くて

イタリアに関する質問にも答えてくれて

パスタに関するなぞなぞについても

う〜ん、と考えてくれておりました。





 

 

 

最年少の僕ちゃんは4歳!

4歳ってこんなにしっかりしているんだっけ??

 

作り終わった後に、パパに

「僕が1人で作ったから!」

とドヤ顔で言っていた爆  笑

と、ママからLINEでご報告を頂きましたラブ爆笑

 

 

4歳から料理できたら

モテる男!間違いなしだから

モテる人材英才教育のための

モチベーションUP子供料理教室ってのも

いいんじゃない??

 

と思いましてね。

 

これからも定期的に開催予定でございます。

こどハピさんと日程の調整が付きましたら

また告知させて頂きますルンルン

 

 

 

本日はご参加頂きありがとうございましたふんわりリボン

 

 皆様、こんにちは♪


18日の日本時間21時から


ビジネス英語&TOEIC専門

Englishパフォーマンスコーチの

ミルナー祐子さんにお招き頂き

Facebookライブで対談させて頂きます。







祐子さんが対談される目的は

これから一歩踏み出したいな!

という方々に向けて


"世界で活躍する日本人アントレプレーナー"に、

そのきっかけや、起業にかける情熱、

そして困難の克服等の実体験を伺い、

何かのきっかけや、新しい一歩への原動力になる!ため

なのだそうラブ



私の地味〜な公開版夕飯作りオンライン料理教室や

地味〜に病院に通い医療通訳している姿は

華やかなアントレプレナーさん達とは違いますが

地道に楽しく生きていきたい方には

参考になるかもしれませんウインク



会場は、祐子さんのタイムラインから💕

https://www.facebook.com/yuko.milner


お時間合う方は、是非遊びにいらして下さいね💝

 

 

私は、そもそも自分が何をやりたいのか

よく解っていない高校生だった。

 

 

留学制度がある高校に入って

アメリカに短期留学する夢を叶えたと同時に

アメリカの食生活にかなり失望させられて

一気に英語欲が冷めた時期が来てしまった。

 

 

私は当時のアメリカの食生活を送りながら

短期留学以上の期間を現地で過ごすことは想像できなかった。

 

 

 

路頭に迷った頃に出逢ったのが

最高に美味しいナチュラルチーズだった。

 

 

 

その背景にあるヨーロッパの食生活も

非常に興味深いものだった。

少なくともそこにはアメリカにはない歴史が感じられた。

 

 

私はそこに目掛けて進路を決めようと思ったけれど

食品系の学部というのは選択肢が狭すぎて

特に栄養士になりたい訳では無いのに

栄養士学科に進んだ。

 

 

結果、その選択はかなり私の人生に役立った。

和食から西欧の食事まで、徹底的に調理実習で叩き込まれた。

それは出汁の取り方、包丁の研ぎ方から教えてくれる

まるで花嫁修行のような実習だった。

 

 

当時の私は、こんな知識は

日本人であれば誰でも持っているもので

特別職場で使える知識ではないと思っていた。

 

 

栄養士の知識は資格を取るためには

病院で働くための知識や衛生に関する心得が必要だけど

こんなもの、所詮どこかの機関の下で

雇われるために必要なものということで

独立思考が強かった私には、全く興味がなかった。

 

 

チーズで何がやりたかったのか?と言われれば

そこも果たして、かなり疑問だったのだけれど

方向性としては、西欧の歴史ある食文化を

追求してみたいと思っていた。

 

 

 

で、お題に戻ると

昭和の私が社会に出る頃には

料理研究家と名乗る人々がキノコのように出現し始めた。

 

 

当時の私には、この人種が全く理解できなかった。

何やらずっと料理を研究して人前でお料理を披露する人種のようだった。

 

 

これって、誰でも成り上がれるんじゃね?

 

と思っていた。

 

 

実際誰でもなれるだろう。

特に資格も何もいらない。

 

 

ただその不審感から、私は

料理研究家とだけは名乗りたくない

と思っていたのだけれど

 

実際社会に出て

料理研究家という肩書きで

おまんまを食べられる人々は

 

それはそれは凄い人だということが判明した!

 

 

よく考えてみてほしい。

 

資格も何も要らない

誰でもなれる職業であれば

それだけ倍率は高くなるだろう。

 

 

なぜなら資格取得により、ふるいにかけられていない

無数の人間がそれを目指せるからだ。

 

 

料理が出来る人間、

特に何の努力もせずに器用にこなしてしまう人間が

この世に何人いるだろうか?

 

 

きっと世の中の半分の人間が

お料理を好きか、苦もなくこなしてしまうであろう。

 

 

そこで次に求められるのが

強烈な個性を発する人間性と

工夫された、市場が求めるお料理の数々だ。

 

 

 

まず、全てのお料理得意人間が

強烈な個性を持っている訳ではないので

ここでまた、ふるい落とされて

一握りの自己主張の強い人間に絞られる。

 

 

そこから試されるのは

市場のニーズを見極める審美眼と

その人のプレゼンテーションのセンスだ。

 

 

ここまできて

大多数のライバルを蹴落として

抜きん出るためには

相当マニアックに成功脳を持っている人しか生き残れない。

 

 

 

つまり、料理研究家として

生きていけている人間は

す、す、凄い才能の持ち主だということが判明したのね〜。

 

 これが近年、私が実際に料理研究家さん達と戯れてみて辿り着いた結論です。






 

 

世の中のみんなは資格を取って

箔をつけて、それを掲げて生きていけると

簡単に思っているかもしれないけれど

世間はそう、甘くはないですよ。

 

 

その資格って何万人が持っているのですか?

 

 

資格すら要らない料理研究家が

のし上がっていく方が

運も必要だし、センスも必要だし

何よりその人の個性が抜きん出て面白い必要があるし

 

資格なしの世界の戦いの方が大変じゃん!

 

ってお話よ。

 

 

だから、私は長年抱いていた

料理研究家への、そこはかとない疑念は

一気に払拭され、むしろ凄かった!

という結論に達したのでした。